2019年10月20日

日本国を感じる空港見学(旅行前)

※2019年10月にアップした2019年8月の旅行記です。数日公開したのち、当該日に移動します。
■2019.09 新潟・庄内の旅行前

■JRで格安移動できる季節がやって来た
今夏、七月と八月は予定が目白押しだったので、学生が減る九月に空港訪問を計画。夏だから有効期間の長い青春18きっぷを活用することにし、土日二回を活用して空港訪問することにした。

JR路線のある本土4島のうち、長く行けていないところから絞ったら、帯広、札幌、函館、庄内、福島、福井、但馬、鳥取、徳島が候補になった。このうち、前回訪問時以降、帯広、鳥取、徳島が増築、函館が内装の大規模変更を行っており、庄内は国内線就航会社が増えた。これらの空港は訪問先としては魅力的だ。
このうち、東京から二日以内に18きっぷのみで空港訪問できるのは庄内、福島、福井、但馬の四空港位。福島のみが日帰り可能圏で、庄内、福井、但馬は二日必要だ(鳥取も二日で行き来は出来るが、空港見学するのは時刻的に難しい)。
残りの空港は二日間かかる上、函館、鳥取、徳島は最低片道、帯広、札幌は往復ともに飛行機移動が必須となる。
複数空港を一緒に訪問できるのは、帯広と札幌、鳥取と但馬で可能だろうか。片道飛行機の各空港は、鉄道の片道で途中別の空港に立ち寄ることも可能だ。

色々悩んだ挙げ句、最初の週は、ジェットスター・ジャパン(JJP)就航で少しだけ改修した庄内に行くことにした。
庄内までは、東京からだと意外と距離があり、単純な18きっぷ使用なら、片道最短でも10時間ほどかかる。今は、夜行列車がなく24時間通しでの移動が出来ないから、普通に行こうとすると、二日間は必要となってしまう。
そこで、片道JJPにして日帰りできないか探ってみたものの、運航時間帯が夕方と中途半端なためにJJPを活用しての日帰りは不可能だった。ANAなら朝晩の便があるので、それなら片道飛行機でもギリギリ日帰り可能だが、値段が高く、空港訪問時間がほぼない。羽田発朝一便に乗っても、空港をすぐに出るバスに乗らないと東京に帰れないのだ。

結局二日かかるなら、往復とも電車の方が断然値段が安くなるので、飛行機は利用しないことにした。往路は東京を朝イチで出て、一日目の夕方と二日目の午前を見学に充当。復路は現地を昼頃出て東京深夜着となる行程を考え始めた。

■行きは上越線、帰りは東北本線
18きっぷ利用の場合、東京から庄内への移動は、上越線経由東北本線経由になる。ムーンライトがあれば活用したいところだが、東北本線は元から無いし、上越線も数年前に運行がなくなってしまった。土日休みだと、土曜の朝出て日曜の深夜に帰ってくるしか方法がない。

標準的な乗り継ぎ時間だと、上越線経由は10時間、東北本線経由は11時間ほどだ。
普通に考えると所要時間の短い上越線経由で行きたいが、上越線経由は運行便数が多くない。特に復路は、谷川岳が立ちはだかり、越後湯沢-水上間で遅い時刻に電車の運行がなかった

このため、自動的に、行きは上越線経由、帰りは東北本線経由となった。

往路は朝イチ便からの接続が良く、庄内に15時台に着ける。
一方の復路は、庄内を出たあと、新庄経由で乗り継ぐ経路なら、11時前に出れば終電に間に合うようだ。

乗り方は決まったものの、単純往復+庄内のみ訪問だと、少し余裕がある。そこで、往復の途中で別の空港に寄ることにした。
初日に庄内へ直行するなら、二日目の帰りに山形、仙台、福島のいずれかに寄れそう。一方、庄内を二日目朝訪問とするなら、初日に新潟に寄れそうだ。
東京からの単純往復は東北本線沿線の方がしやすく、新潟は前回訪問から時間が経っているので、今回は、初日に新潟に寄り、庄内訪問は二日目朝にすることにした。

■帰りは米沢で時間割く
初日(往路)は、朝イチ便を乗り継いで新潟へ。新潟にはちょうど正午前に着くので、そこから新潟空港に立ち寄り。新潟を15時半に出られれば、19時には鶴岡にたどり着くので、その行程にした。
どうせ一日目に庄内に行けないなら、もっと新潟にいても良かったが、後述のレンタカーの関係上、この列車になった。

二日目(往路)は、朝イチで庄内空港を見学。その後、鶴岡駅まで戻り、あとはひたすら鉄道乗り継ぎ旅だ。
鶴岡10時51分発に乗れば、新庄・小牛田経由か新庄・米沢経由で23時38分には上野に戻れる。

鶴岡から新庄に出て、新庄から福島の間で東北本線へ至るルートは、大きく三つのルートがある。
(1)奥羽本線に乗らない陸羽東線経由(小牛田から東北本線)
(2)羽前千歳まで奥羽本線に乗る仙山線経由(仙台から東北本線)
(3)福島まで奥羽本線オンリー(福島から東北本線)

の三つの行き方だ。
距離はどのルートでも大きく変わらないが、(2)はダイヤの関係上、鶴岡10時51分発の乗り継ぎではその日中に東京へ戻れない。

(3)奥羽本線オンリー(新庄・米沢経由)で新庄から乗る電車は一昨年に秋田に行ったとき(→http://johokotu.seesaa.net/article/453900667.html)にも利用している。山形で一時間待ちがあり、後から追ってくる村山始発の区間電車を活用して山形空港に寄ることも可能だ。しかし、山形には、まさに一昨年に行ったばかりで無理して行かなくても良いので、迷ってしまった。

もっと早い時刻に庄内を出られれば、仙台や福島に寄れるのでは?と、これらの経由で、もう一便早くすることも検討した。が、陸羽西線の便数が少なすぎ、一便早くすると、鶴岡発が9時と二時間も前倒しになってしまう。この場合、庄内空港見学が終わるかも分からない上、レンタカー屋が開いていない可能性もある。結局、仙台や福島に寄ることは断念した。

で、(3)ルートで山形空港立ち寄りに傾きかけていたのだが、よくよく調べてみたら、50分ほど早い10時発で、新潟方面行きがある。それで村上、坂町と乗り継ぐと、米沢に15時半過ぎに着けることが分かった。この場合、米沢で二時間待ちで、前述の鶴岡10時51分発から(3)新庄・米沢経由で乗り継ぐのと同じ電車に乗ることができるのだ。
米沢には、まだ訪問したことがない公共用ヘリポートがあるので、二時間の待ち時間を使ってその見学を行うことにした。近年行ったばかりの山形空港にバタバタ小一時間で寄るより、意味があると判断した。

坂町・米沢経由の決定ルートは、村上と坂町でそれぞれ一時間ほどの待ち時間がある。加えて米沢で二時間待ちだから、もしも接続がうまくいっていれば、四時間早く帰りつけるはずのルートだ。
坂町から米沢間は山岳部なので、大雨などの影響を受けやすいが、ここが不通になれば、あとから出る10時51分発で新庄経由で帰れるし、米沢から先は、緊急事態には新幹線振り替えも可能なので、この経路に確定した。

※ちなみに、鶴岡10時発の電車は、そのまま上越線方面へ乗り継げば、21時台には上野に戻ることができる。上越線方面はこれが東京へその日中に戻れる最終電車になる。越後湯沢-水上間の電車が少ないからこんなに早い終電になる。東北本線のように少なくとも一時間に一便でも走っていれば、庄内地方に13時頃までいられる総乗車時間なのだが、、、。なんとも残念だった。

アクセスの予約(鉄道)
すべて鈍行利用。指定席等もとる必要がなかったため、予約は不要だった。
事前準備は青春18きっぷの用意のみだった。

現地移動の予約(バス、レンタカー)
新潟駅から新潟空港まではリムジンバス、路線バスを利用。予約は不要だった。

庄内空港は、車で行くか、鶴岡か酒田からアクセスバスで行くしかない。
しかし、鶴岡で朝10時の電車に乗るために使えるバスは空港発8時過ぎの便しかない。見学に時間がかかると乗り遅れのリスクもあるので、庄内での移動は、自由に回れるレンタカー利用とした。
レンタカーは、借りる代金がかさむものの、日の出とともに動き始められるし、車中泊にすれば、ホテル代を浮かせる。レンタカーなら空港周囲の公園も回りやすい。

鶴岡には数件の格安レンタカーがあるため、できればそれらを利用したかったが、初日の貸し出しが営業時間に間に合わないので断念した。実際には19時以降も開いている店は大手のオリックスとトヨタしかなく、選択肢はほぼなかった。一方で、電車のダイヤからすると、もっと遅い時刻に貸出しとすることも可能なのだが、レンタカー屋が最長の店舗でも20時までの営業だったため、新潟滞在は4時間限定(空港滞在は実質二時間程度)となった。
結局鶴岡での貸し出し・返却で最安値が出たオリックスレンタカーでの利用となった。

宿泊の予約
今回は夜通し車を借りて、車中泊とした。

今回訪問する空港は、頑張る割には、という感じだが、新潟と庄内の二空港と米沢ヘリポートのみの訪問となった。
■ここまでの教訓!
庄内へはLCCは使いづらい←1日1往復では使えません
庄内への行き方は乗り継ぎダイヤで決定←全部で大きく5ルートあり

■今回の予定旅程
08/31 SAT
自宅04:00(JR京浜東北線等)→05:09上野駅05:13(JR高崎線)→06:55高崎駅07:12(JR上越線)→08:17水上駅08:28(JR上越線)→10:18長岡駅10:29(JR信越本線 快速)→11:29新潟駅11:50(新潟交通)→12:15[新潟空港]14:10(新潟交通)→14:44新潟駅15:43(JR白新線・羽越本線)→17:06村上駅17:10(JR羽越本線)→18:47鶴岡駅19:00(レンタカー 6q)→19:10道の駅庄内みかわ
(道の駅庄内みかわ 車中泊)
09/01 SUN
道の駅庄内みかわ06:00(レンタカー 10q)→06:15[庄内空港]09:00(レンタカー 15q)→09:30鶴岡駅10:00(JR羽越本線)→11:35村上駅12:26(JR羽越本線)→12:38坂町駅13:33(JR米坂線)→15:35米沢駅15:45(レンタサイクル)→16:15[米沢ヘリポート]17:00(レンタサイクル)→17:30米沢駅17:44(JR奥羽本線)→18:30福島駅18:50(JR東北本線)→20:23新白河駅20:28(JR東北本線)→20:51黒磯駅20:56(JR東北本線)→21:48宇都宮駅21:50(JR東北本線)→23:38上野駅23:43(JR京浜東北線等)→01:00自宅

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☔| Comment(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

台風_10/20 成田 山梨バス再開へ

□台風19号災害の影響 10/20 成田国際 山梨方面のバス一部再開へ

交通各社は20日朝までに、台風19号の影響に関する20日以降の運行予定を発表しました。

東京と金沢を結ぶ北陸新幹線が長野-上越妙高間で運休が続いていることから、東京国際(羽田)-富山線、羽田-小松線で臨時便運航、機材大型化が行われています。予約はほぼ満席が続いています。

(10/20 6時現在)
■10/20 羽田-富山線:
 ANA 定期便4(一部便の機材大型化)
■10/20 羽田-小松線:
 ANA 定期便4(一部便の機材大型化)
 JAL 定期便6・臨時便1

※公式な情報は、公式サイトで各自ご確認ください。


このほか、福島県内、宮城県内、長野県内、山梨県内での浸水、道路通行止の影響により、仙台空港、福島空港、成田国際空港(成田空港)、東京国際空港を発着するバス路線に運休などが発生しています。
20日は、成田空港発着のバス路線で再開があります。

(10/20 6時現在)

■仙台空港:
・宮城県 川崎方面 みやぎ蔵王 三源郷エアポートライナー 国営みちのく杜の湖畔公園行・川崎町役場前行(タケヤ交通):10/16〜 道路通行止による迂回運行
・その他バス路線:10/20 平常運行予定(運休情報なし)

■福島空港:
・郡山駅前行(福島交通):10/20 迂回運行特別ダイヤ
・最寄鉄道(泉郷が最寄駅、郡山がアクセスバス発着駅)
 JR水郡線:10/20 郡山-泉郷-常陸大宮間 当面の間運休予定(11/1から郡山-泉郷-常陸大子間・西金-常陸大宮間の運行再開予定告知済み)
 JR東北本線:10/20 松川-本宮間・安積永盛-新白河間 終日運休予定(本宮-郡山-安積永盛間本数を減らして運行予定)
 JR磐越東線:10/20 全線(郡山-いわき) 終日運休予定
 JR磐越西線:10/20 平常運行予定
 東北新幹線:10/20 平常運行予定

■成田国際空港:
・長野県 長 野方面(長野駅行=アルピコ交通、成田空港交通):10/20 平常運行予定
・山梨県 甲 府方面(竜王行=千葉交通、山梨交通):10/20 平常運行再開予定
・山梨県 南東部方面(河口湖駅行=京成バス):10/20 一部便運休予定(10/21まで一部運休予定告知済み)
・東京都 大 崎方面(大崎駅西口バスターミナル行=WILLER EXPRESS北信越・京成バス・千葉交通):10/20 一部便運休予定(10/23まで一部運休予定告知済み)
・その他バス路線:未確認

■東京国際空港:
・山梨県 甲 府方面(竜王行=京浜急行バス・山梨交通):10/20 平常運行再開予定
・山梨県 南東部方面(富士山駅行=京浜急行バス・富士急行バス):10/20 全便運休予定(10/20まで運休予定告知済み)
・その他バス路線:未確認

※公式な情報は、公式サイトで各自ご確認ください。
※高速道路通行止に伴う運休、迂回が多いので、開通後に再開される可能性あり。頻繁に予定が変更されていますので、公式サイトで確認することをおすすめします。

交通情報などのリンクを貼っておきます。

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/
 ・統合災害情報システム(DiMAPS) http://www.mlit.go.jp/saigai/dimaps/index.html
 ・災害・防災情報 http://www.mlit.go.jp/saigai/index.html(バス路線など運休情報等が一路線単位で公表されています。)

福島空港公式サイト https://www.fks-ab.co.jp/
仙台空港公式サイト https://www.sendai-airport.co.jp/

ANA https://www.ana.co.jp/
JAL https://www.jal.co.jp/

JR東日本 https://www.jreast.co.jp/
福島交通 https://www.fukushima-koutu.co.jp/
会津自動車 https://www.aizubus.com/
タケヤ交通 http://www.takeyakoutu.jp/
アルピコ交通 http://www.alpico.co.jp/traffic/
山梨交通 http://yamanashikotsu.co.jp/
京成バス http://www.keiseibus.co.jp/
京浜急行バス http://www.keikyu-bus.co.jp/
富山地方鉄道 https://www.chitetsu.co.jp/
小松バス http://komatsubus.jp/
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☔| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

成田・羽田_即位バス影響へ

■成田国際空港(成田空港)・東京国際空港(羽田空港) 即位礼正殿の儀で一部のバス路線に影響へ

22日に行われる即位礼正殿の儀に伴い、20日〜25日に成田国際空港(成田空港)と東京国際空港(羽田空港)発着バス路線の一部で停留所通過や運休等が行われます。

影響が出るのは、成田空港と羽田空港発着のバス路線。20日〜25日の一部路線で、停留所通過や運休等が行われます。
影響については、東京空港交通と京浜急行バスが発表しています。(京成バスや千葉交通、ビィートランセ等は発表なし)

いずれも即位礼正殿の儀に伴って長時間・大規模な交通規制が行われることから予め運休等の措置をとるものになります。
また、羽田、成田に乗り入れるバス各社が、大幅な遅延などが出る可能性があるとしています。

6月に大阪で行われたG20ほどの大規模運休はなく、一部路線のみでの運休や停留所通過となります。


一方、鉄道便は通常運行予定です。
このうち、京浜急行電鉄は、21日夜のみ、航空便の遅延等が生じる可能性があることから、羽田空港を出る最終便(羽田空港国内線ターミナル駅24時20分発普通京急蒲田行)をエアポート急行品川行に変更するとしています。


また、羽田、成田の両空港では、19日〜26日の間の注意喚起がなされていて、ゴミ箱やコインロッカー閉鎖などが行われています。


※正式な情報は公式サイトで各自ご確認下さい。
■停留所通過
・アマン東京:20日〜24日 全便通過
・シャングリ・ラ ホテル 東京:21日 一部便通過、22日・23日 全便通過
・東京駅丸の内北口(丸ノ内ホテル):23日 一部便通過
・マンダリンオリエンタルホテル東京:23日 一部便通過
・大手町フィナンシャルシティグランキューブ/星のや東京:23日 一部便通過
・東京駅八重洲北口(鉄鋼ビル):23日 一部便通過
・東京駅八重洲南口:23日 一部便通過
・東京シティエアターミナル(T-CAT):23日 一部便通過
・パークハイアット東京:22日・23日 全便通過
・京王プラザホテル:21日〜24日 全便通過
・ホテル椿山荘東京:23日 一部便通過
・ホテルグランドパレス:23日 一部便通過
・東京ドームホテル:23日 一部便通過
・秋葉原駅(東側交通広場/ヨドバシカメラ前):23日 一部便通過
・グランドハイアット東京:21日〜24日 全便通過
・ザ・リッツカールトン東京:22日・23日 全便通過
・ホテルニューオータニ:21日〜24日 全便通過
・東京ガーデンテラス紀尾井町:22日・23日 全便通過
・ザ・プリンスギャラリー東京紀尾井町:22日・23日 全便通過
・赤坂エクセルホテル東急:22日・23日 全便通過
・ザ・キャピトルホテル東急:22日 一部便通過、23日 全便通過
・The Okura Tokyo:21日〜24日 全便通過
・ANAインターコンチネンタルホテル東京:22日・23日 一部便通過
・アンダーズ東京:22日・23日 一部便通過
・パレスホテル東京:21日〜24日 全便通過
・ザ・ペニンシュラ東京:21日〜24日 全便通過
・帝国ホテル:21日〜24日 全便通過
・第一ホテル東京:23日 一部便通過
・三井ガーデンホテル銀座プレミア:23日 一部便通過
・コートヤード・マリオット銀座東武ホテル:23日 一部便通過
・銀座駅(有楽町):23日 一部便通過
・ニューサンノホテル:23日 一部便通過
・ザ・プリンス パークタワー東京:21日〜24日 全便通過
・東京プリンスホテル:23日 一部便通過
・コンラッド東京:22日・23日 一部便通過
・パークホテル東京:23日 一部便通過
・ロイヤルパークホテル ザ汐留:23日 一部便通過
・ホテル ザ セレスティン東京芝:23日 一部便通過
・芝パークホテル:23日 一部便通過
・ウェスティンホテル東京:21日〜24日 全便通過
・シェラトン都ホテル東京:20日〜24日 全便運休
・渋谷エクセルホテル東急:23日 一部便通過
・渋谷駅西口:23日 一部便通過
・セルリアンタワー東急ホテル:21日〜25日 全便通過

■運休
・羽田-渋谷方面:23日に一部便運休
・羽田-東京駅方面:23日に一部便運休


即位礼正殿の儀に伴うバス運行について(10/18更新)(京浜急行バス公式サイト)
http://www.keikyu-bus.co.jp/topics/2019/1008_1857.html
10月20日(日)〜25日(金)「即位の礼」に伴うリムジンバスの運行について(東京空港交通公式サイト)
https://www.limousinebus.co.jp/news/191020_4.html
10月21日(月)羽田空港発ダイヤの一部変更について(京浜急行電鉄公式サイト)
https://www.keikyu.co.jp/report/2019/1021.html
東京国際空港・成田国際空港利用についてのお願い〜10月19日から26日までの期間はお時間に余裕を持ってお越しください〜(国土交通省公式サイト)
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku07_hh_000123.html
10月19日(土)〜10月26日(土)に成田空港をご利用されるお客様へ(成田国際空港公式サイト)
https://www.narita-airport.jp/jp/news/gosokui201910
10月19日(土)〜10月27日(日)の羽田空港利用に関するお願い(日本空港ビルデング公式サイト)
https://www.tokyo-airport-bldg.co.jp/information/211/
【重要】10月19日(土)〜10月26日(土)の羽田空港利用に関するお願い(東京国際空港ターミナル公式サイト)
http://www.haneda-airport.jp/inter/info/N0000472/Information.pdf
posted by johokotu at 03:00| 東京 ☔| Comment(0) | ■関東地方(その他) | 更新情報をチェックする

中部_冬 ANA2期休2期就へ

■中部国際空港(セントレア) 冬ダイヤでANAが2路線を期間運休、2路線を期間就航へ

国内航空各社は、今冬のダイヤ(2019年10月27日〜2020年3月28日)を発表しました。中部国際空港(セントレア)では、ANAが2路線を期間運休、2路線を期間就航します。

冬ダイヤで一番の注目点は、ANA旭川線、ANA女満別線の期間運休とANA函館線、ANA大分線の期間就航。ANA旭川線は12月2日〜12月19日(12月7日除く)に1日1往復、ANA女満別線は11月25日〜12月19日と1月14日〜1月23日に1日1往復をそれぞれ期間運休、ANA函館線とANA大分線は12月27日〜1月5日に各1日1往復期間就航します。

既存路線の増減便は複数あります。
ANAは、10月27日から仙台線を1日1往復減便、熊本線を1日1往復増便、福岡線を1日4往復(2月23日以降は3往復)減便します。
日本航空は、10月27日から新千歳線を1日1往復減便します。
スカイマークは、10月27日から新千歳線を1日1往復、那覇線を週5往復減便します。
スターフライヤーは、10月27日から福岡線を1日3往復増便します。
ジェットスター・ジャパン(JJP)は、10月27日から最大便数で福岡線を1日1往復増便します。

期間増減便もあります。
ANAは、12月27日〜1月5日に長崎線、宮崎線、鹿児島線、12月27日〜1月5日と3月20日〜3月28日に那覇線を各1日1往復期間増便します。また、新千歳線を12月2日〜12月19日と1月7日〜1月23日に1日2往復期間減便、12月27日〜1月5日に1日1往復期間増便します。

AIRDO、ソラシドエア、アイベックスエアラインズ、エアアジア・ジャパン、日本トランスオーシャン航空は、路線数、便数に変更はありません。
JJPの一部路線は、一部日程や期間・曜日により運航便数が細かく異なります。

今回のダイヤ変更により、中部国際発着は、一部期間を除き、10社19路線87+週5往復から10社19路線85往復となり、便数が縮小します。

■10月27日以降の中部国際発着便就航先と便数
旭川 1:ANA1*a
女満別 1:ANA1*b
千歳 16:ANA5*c・JAL4(△1)・WAJ3・SKY2(△1)・JJP(JAL)1〜2*d・ADO(ANA)1
函館 1:ADO(ANA)1
秋田 2:ANA2
仙台 7:ANA3(△1)・IBX(ANA)2・WAJ2
成田 5:ANA3・JAL2
羽田 3:JAL2・ANA1
新潟 2:ANA2
松山 3:ANA2・IBX(ANA)1
福岡 12:SFJ(ANA)6(+3)・JJP(JAL)2〜4(+1)*d・ANA2(△4)*e・IBX(ANA)1
大分 2:IBX(ANA)2
熊本 3:ANA3(+1)
長崎 2:ANA2*f
宮崎 3:ANA3*f
鹿児島 8:ANA2*f・SKY2・SNA(ANA)2・JJP(JAL)1〜2*d
那覇 12:JTA4・SKY3(△週5)・ANA2・SNA(ANA)2・JJP(JAL)1〜2*d
宮古 1:ANA1
石垣 1:ANA1
*a 期間運休有 12/02〜12/06・12/08〜12/19 旭川ANA1→0(△1) 期間運休
*b 期間運休有 11/25〜12/19・01/14〜01/23 女満別ANA1→0(△1) 期間運休
*c 期間減便有 12/02〜12/19・01/07〜01/23 新千歳ANA6→4(△2)・期間増便有 12/27〜01/05 新千歳ANA6→7(+1)
*d 新千歳JJP(JAL)・福岡JJP(JAL)・鹿児島JJP(JAL)・那覇JJP(JAL)は期間・曜日により運航便数が細かく異なります。
*e 期間増便有 02/23〜03/28 福岡ANA2→3(△3)
*f 期間増便有 12/27〜01/05 長崎ANA2→3(+1)・宮崎ANA3→4(+1)・鹿児島ANA2→3(+1)
*g 期間増便有 12/27〜01/05・03/20〜03/28 那覇ANA2→3(+1)
* 期間就航有 12/27-01/05 函館ANA0→1(+1) 期間就航・大分ANA0→1(+1) 期間就航

posted by johokotu at 02:00| 東京 ☁| Comment(0) | 中部国際空港(セントレア) | 更新情報をチェックする

関空_冬 1就航1運休へ

■関西国際空港(関空) 冬ダイヤでAPJが奄美線を新規就航、JJPが下地島線を運休へ

国内航空各社は、今冬のダイヤ(2019年10月27日〜2020年3月28日)を発表しました。関西国際空港(関空)では、Peach Aviation(APJ)が奄美線を新規就航、ジェットスター・ジャパン(JJP)が下地島線を運休します。

冬ダイヤで一番の注目点は、APJ奄美線の新規就航とJJP下地島線の運休。APJ奄美線は12月26日から1日1往復を新設、JJP下地島線は12月1日から週3往復を全便運休します。
APJ奄美線は、APJと合併するバニラ・エアが5月6日まで運航していた路線で、約8か月空けての再開となります。

既存路線の増減便は細かくあります。
ANAは、10月27日から新千歳線を1日1往復減便します(一部日程は減便なし、一部日程は1日2往復減便)。
Peach Aviation(APJ)は、10月27日から成田国際線を1日1往復増便、12月26日から福岡線を1日1往復減便します。
ジェットスター・ジャパンは、10月27日から高知線を週3往復減便(ごく一部の日程で週4往復を加えての運航有)、下地島線を週1往復減便します。また、最多便数で、10月27日から新千歳線を1日1往復増便、那覇線を1日1往復減便します。

期間増減便もあります。
ANAは、1月7日〜1月29日に那覇線を週3往復期間減便します。
APJは、12月26日〜1月31日に新石垣線を1日1往復期間増便します。また、鹿児島線を、11月11日〜11月23日に1日1往復、1月7日〜3月28日(一部日程除く)に週4往復期間増便します。

日本航空とスターフライヤー、日本トランスオーシャン航空は路線数・便数に変更はありません。
APJとJJPの一部路線は、一部日程や期間・曜日により運航便数が細かく異なります。

今回のダイヤ変更により、関空発着は、一部期間を除き、7社17路線63往復+週4往復から7社17路線60往復+週4往復となり、便数が縮小します。

■10月27日以降の関西国際発着便就航先と便数
釧路 1:APJ1
千歳 10:ANA2〜4(△1)*a・APJ3・JAL3・JJP(JAL)1〜3(△1)*a
仙台 3:APJ3
成田 6:JJP(JAL)3〜4*a・APJ1〜2(+1)*a
羽田 13:ANA5・SFJ(ANA)5・JAL3
新潟 1:APJ1
松山 1:APJ1
高知 週4:JJP(JAL)週4(△週3)
福岡 4:APJ2(△1)*b・JJP(JAL)1・ANA1
熊本 1:JJP(JAL)1
長崎 1:APJ1
宮崎 1:APJ1
鹿児島 2:APJ2+週4(+週4)*c
奄美 1:APJ1(+1)*d NEW!
那覇 11:ANA4*e、JTA3、APJ3、JJP(JAL)1〜2(△1)*a
宮古 1:ANA1
下地島 週3:JJP(JAL)週3(△週1)*f
石垣 3:ANA1・JTA1・APJ1*g
*a 新千歳ANA・新千歳JJP(JAL)・成田国際JJP(JAL)・成田国際APJ・那覇JJP(JAL)は期間・曜日により運航便数が細かく異なります。
*b 期間途中から減便 12/26〜 福岡APJ3→2(△1)
*c 期間減便有 10/27〜11/10・11/24〜01/06・02/04〜02/20(一部日程除く) 鹿児島APJ2→2、期間増便有 11/11〜11/23 鹿児島APJ2→3(+1)
*d 期間途中から就航 12/26〜 奄美APJ0→1(+1) NEW!
*e 期間減便有 01/07〜01/09・01/14〜01/16・01/20〜01/23・01/27〜01/29 那覇ANA4→3(△1)
*f 期間途中から運休 12/01〜 下地島JJP(JAL)週3→0(△週4) 運休
*g 期間増便有 12/26〜01/31 新石垣APJ1→2(+1)

posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | 関西国際空港(関空) | 更新情報をチェックする

2019年10月19日

台風_10/19 山梨バス一部再開へ

□台風19号災害の影響 10/19 東京国際 山梨方面行アクセスバス一部再開へ

交通各社は19日朝までに、台風19号の影響に関する19日以降の運行予定を発表しました。

東京と金沢を結ぶ北陸新幹線が長野-上越妙高間で運休が続いていることから、東京国際(羽田)-富山線、羽田-小松線で臨時便運航、機材大型化が行われています。19日は、臨時便が縮小されています。予約はほぼ満席が続いています。
新幹線については18日に新たな告知があり、運休区間(長野-上越妙高間)を10月25日に再開する予定であることが発表されています。

(10/19 6時現在)
■10/19 羽田-富山線:
 ANA 定期便4・臨時便0(△2)(一部便の機材大型化)
■10/19 羽田-小松線:
 ANA 定期便4(一部便の機材大型化)
 JAL 定期便6・臨時便1(△1)

※公式な情報は、公式サイトで各自ご確認ください。


このほか、福島県内、宮城県内、長野県内、山梨県内での浸水、道路通行止の影響により、仙台空港、福島空港、成田国際空港、東京国際空港(羽田空港)を発着するバス路線に運休などが発生しています。
19日正午からE20中央自動車道の通行止め区間(八王子JCT-大月IC)を再開する予定であることが発表されました。このため、羽田空港発の山梨方面のバス路線が一部再開する予定です。

(10/19 6時現在)

■仙台空港:
・宮城県 川崎方面 みやぎ蔵王 三源郷エアポートライナー 国営みちのく杜の湖畔公園行・川崎町役場前行(タケヤ交通):10/16〜 道路通行止による迂回運行
・その他バス路線:10/19 平常運行予定(運休情報なし)

■福島空港:
・郡山駅前行(福島交通):10/19 迂回運行特別ダイヤ(航空便に合わせた5往復、中央工業団地は休止)
・最寄鉄道(泉郷が最寄駅、郡山がアクセスバス発着駅)
 JR水郡線:10/19 郡山-泉郷-常陸大宮間 当面の間運休予定(11/1から郡山-泉郷-常陸大子間・西金-常陸大宮間の運行再開予定発表
 JR東北本線:10/19 松川-本宮間・安積永盛-新白河間 終日運休予定(本宮-郡山-安積永盛間は本数を減らして運行)
 JR磐越東線:10/19 全線(郡山-いわき) 終日運休予定
 JR磐越西線:10/19 平常運行予定
 東北新幹線:10/19 平常運行予定

■成田国際空港:
・長野県 長 野方面(長野駅行=アルピコ交通、成田空港交通):10/19 迂回運行
・山梨県 甲 府方面(竜王行=千葉交通、山梨交通):10/19 高速道路通行止による全便運休予定(10/20からの運行再開予定発表
・山梨県 南東部方面(河口湖駅行=京成バス):10/19 全便運休予定(10/21まで運休予定告知済み)
・東京都 大 崎方面(大崎駅西口バスターミナル行=WILLER EXPRESS北信越・京成バス・千葉交通):10/19 一部便運休(23日まで一部運休予定発表
・その他バス路線:未確認

■東京国際空港:
・山梨県 甲 府方面(竜王行=京浜急行バス・山梨交通):10/19 竜王発全便運休予定・羽田発一部便運行再開予定
・山梨県 南東部方面(富士山駅行=京浜急行バス・富士急行バス):10/19 全便運休予定(10/20まで運休予定告知済み)
・その他バス路線:未確認

※公式な情報は、公式サイトで各自ご確認ください。
※高速道路通行止に伴う運休、迂回が多いので、開通後に再開される可能性あり。頻繁に予定が変更されていますので、公式サイトで確認することをおすすめします。

交通情報などのリンクを貼っておきます。

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/
 ・統合災害情報システム(DiMAPS) http://www.mlit.go.jp/saigai/dimaps/index.html
 ・災害・防災情報 http://www.mlit.go.jp/saigai/index.html(バス路線など運休情報等が一路線単位で公表されています。)

福島空港公式サイト https://www.fks-ab.co.jp/
仙台空港公式サイト https://www.sendai-airport.co.jp/

ANA https://www.ana.co.jp/
JAL https://www.jal.co.jp/

JR東日本 https://www.jreast.co.jp/
福島交通 https://www.fukushima-koutu.co.jp/
会津自動車 https://www.aizubus.com/
タケヤ交通 http://www.takeyakoutu.jp/
アルピコ交通 http://www.alpico.co.jp/traffic/
山梨交通 http://yamanashikotsu.co.jp/
京成バス http://www.keiseibus.co.jp/
京浜急行バス http://www.keikyu-bus.co.jp/
富士急行バス https://bus.fujikyu.co.jp/
富山地方鉄道 https://www.chitetsu.co.jp/
小松バス http://komatsubus.jp/
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☔| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

大分_冬 ANA中部線期就へ

■大分空港 冬ダイヤでANAが中部国際線を期間就航へ

国内航空各社は、今冬のダイヤ(2019年10月27日〜2020年3月28日)を発表しました。大分空港では、ANAが中部国際(中部)線を期間就航します。

冬ダイヤで一番の注目点は、ANA中部線の期間就航。12月27日〜1月5日に1日1往復を新設します。

既存路線の増減便は小規模です。
ANAは、12月25日〜12月27日、12月30日〜1月2日、1月6日に大阪国際線を1日1往復期間増便します。

日本航空、ソラシドエア、ジェットスター・ジャパン(JJP)は路線数・便数に変更はありません。
JJPは、一部日程や期間・曜日により運航便数が細かく異なります。

今回のダイヤ変更により、大分発着は、一部期間を除き、5社4路線24往復で変更ありません。

■10月27日以降の大分発着便就航先と便数
成田 1:JJP(JAL)1〜2*a
羽田 14:JAL6・ANA4・SNA(ANA)4
中部 2:IBX(ANA)2
伊丹 7:ANA3*b・JAL3・IBX(ANA)1
*a 成田国際JJP(JAL)は期間・曜日により運航便数が細かく異なります。
*b 期間増便有 12/25〜12/27・12/30〜01/02・01/06 大阪国際ANA3→4(+1)
* 期間就航有 12/27-01/05 中部国際ANA0→1(+1) NEW!

posted by johokotu at 03:00| 東京 ☁| Comment(0) | 大分空港 | 更新情報をチェックする

伊丹_冬 JAL種子島線期就へ

■大阪国際空港(伊丹空港) 冬ダイヤでJALが種子島線を期間就航へ

国内航空各社は、今冬のダイヤ(2019年10月27日〜2020年3月28日)を発表しました。大阪国際空港(伊丹空港)では、日本航空(JAL)が種子島線を期間就航します。

冬ダイヤで一番の注目点は、JAL種子島線の期間就航。12月28日〜1月5日に週5往復を新設します。
この他、期間中2日間だけですが、JALが徳之島線を1日1往復期間就航します。
さらに、乗員繰りで欠航が続いていた天草エアライン熊本線1日1往復が12月1日から再開されます。

既存路線は期間増減便が多数あります。
ANAは、11月14日〜11月16日と12月20日〜1月6日、2月7日〜2月11日に新千歳線、12月28日と12月29日、1月3日〜1月5日に函館線、10月27日〜11月30日(一部日程除く)に福岡線、12月25日〜1月6日に仙台線と大分線(一部日程除く)、長崎線と宮崎線、鹿児島線、12月25日〜1月6日と3月20日〜3月28日に那覇線をそれぞれ1日1往復期間増便します。
JALは、12月20日〜1月6日に新千歳線を1日2往復、那覇線を1日1往復期間増便します。12月24日〜1月6日に宮崎線と鹿児島線(一部日程除く)を1日1往復期間増便します。12月27日〜1月6日に奄美線を1日1往復期間増便します。

アイベックスエアラインズと日本エアコミューターは、路線数・便数に変更はありません。
天草エアラインは、一部日程で運休日があります。

今回のダイヤ変更により、伊丹発着は、一部期間を除き、5社26路線185往復で変更ありません。

■10月27日以降の大阪国際発着便就航先と便数
千歳 10:ANA6*a・JAL4*b
函館 2:ANA1*c・JAL1
青森 6:JAL3・ANA3
三沢 1:JAL1
秋田 6:ANA3・JAL3
花巻 4:JAL4
山形 3:JAL3
仙台 15:JAL8・ANA5*d・IBX(ANA)2
福島 4:ANA2・IBX(ANA)2
成田 4:ANA2・JAL2
羽田 30:ANA15・JAL15
新潟 10:JAL4・ANA3・IBX(ANA)3
但馬 2:JAC2
出雲 4:JAL4
隠岐 1:JAL1
高知 6:ANA6
松山 12:ANA9・JAL3
福岡 10:ANA5*e・JAL4・IBX(ANA)1
大分 7:ANA3*f・JAL3・IBX(ANA)1
熊本 10:ANA6・JAL(AMX)3・AMX(JAL)1*g 再開
長崎 7:JAL4・ANA3*h
宮崎 11:ANA6*h・JAL5*i
鹿児島 13:JAL7*j・ANA6*h
屋久島 1:JAC1
奄美 1:JAL1*k
那覇 5:ANA3*l・JAL2*b
*a 期間増便有 11/14〜11/16・12/20〜01/06・02/07〜02/11 新千歳ANA6→7(+1)
*b 期間増便有 12/20〜01/06 新千歳JAL4→6(+2)・那覇JAL2→3(+1)
*c 期間増便有 12/28・12/29・01/03〜01/05 函館ANA1→2(+1)
*d 期間増便有 12/25〜12/31・01/02〜01/06 仙台ANA5→6(+1)
*e 期間増便有 10/27〜11/13・11/17〜11/30 福岡ANA5→6(+1)
*f 期間増便有 12/25-12/27・12/30〜01/02・01/06 大分ANA3→4(+1)
*g 期間途中からの就航 12/01〜 熊本AMX(JAL)0→1(長期欠航の終了) 再開
*h 期間増便有 12/25〜01/06 長崎ANA3→4(+1)・宮崎ANA6→7(+1)・鹿児島ANA6→7(+1)
*i 期間増便有 12/24〜01/06 宮崎JAL5→6(+1)
*j 期間増便有 12/24〜12/30・01/01・01/02・01/04〜01/06 鹿児島JAL7→8(+1)
*k 期間増便有 12/27〜01/06 奄美JAL1→2(+1)
*l 期間増便有 12/20〜01/06・03/20〜03/28 那覇ANA3→4(+1)
* 期間就航有 12/28〜01/05 種子島JAL0→週5(+週5) NEW!
* 期間就航有 12/31・01/03 徳之島JAL0→1(+1) NEW!

posted by johokotu at 02:00| 東京 ☁| Comment(0) | 大阪国際空港(伊丹空港) | 更新情報をチェックする

函館_冬 ANA中部線期就へ

■函館空港 冬ダイヤでANAが中部国際線を期間就航へ

国内航空各社は、今冬のダイヤ(2019年10月27日〜2020年3月28日)を発表しました。函館空港では、ANAが中部国際(中部)線を期間就航します。

冬ダイヤで一番の注目点は、ANA中部線の期間就航。12月27日〜1月5日に1日1往復を新設します。

既存路線の増減便は小規模です。
ANAは、12月28日と12月29日、1月3日〜1月5日に大阪国際線を1日1往復期間増便します。
日本航空は、11月2日〜11月4日と12月28日〜1月5日に札幌線を週11往復期間減便します。

AIRDOは路線数・便数に変更はありません。

今回のダイヤ変更により、函館発着は、一部期間を除き、3社6路線19+週4往復で変更ありません。

■10月27日以降の函館発着便就航先と便数
札幌 5+週4:JAL5+週4*a
千歳 2:ANA2
奥尻 1:JAL1
羽田 8:ANA3・JAL3・ADO(ANA)2
中部 1:ADO(ANA)1
伊丹 2:ANA1*b・JAL1
*a 期間減便有 11/02〜11/04・12/28〜01/05 札幌JAL5+週4→4(▲週11)
*b 期間増便有 12/28・12/29・01/03-01/05 大阪国際ANA1→2(+1)
* 期間就航有 12/27-01/05 中部国際ANA0→1(+1) NEW!

posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | 函館空港 | 更新情報をチェックする

2019年10月18日

成田_北ウェイティング閉鎖へ

■成田国際空港(成田空港) 北側国内線施設の北ウェイティングエリアを閉鎖へ

成田国際空港(成田空港)は26日正午に北ウェイティングエリアを閉鎖すると発表しました。

成田空港が閉鎖を発表したのは、第2ターミナル北隣にある北側国内線施設の北ウェイティングエリア。26日正午に閉鎖するとしています。

同エリアは、搭乗用施設としての使用を平成27年4月に終了した後の平成26年7月に、搭乗待合室だった空間を、滞在空間として整備し直したもの。多数のイスや仮設コンセント、畳などが置かれ、夜間野宿者に人気の場所となっていました。

10月26日12:00(正午)から北ウェイティングエリアが閉鎖します(成田空港公式サイト)
https://www.narita-airport.jp/jp/news/kita_close_20191026
成田国際空港北側国内線施設(日本空港情報館内で公開している配信ページ)
http://johokotu.seesaa.net/article/303200404.html
ラベル:成田
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☔| Comment(0) | 成田国際空港(成田空港) | 更新情報をチェックする