2018年04月02日

3公共用ヘリポート_3/31廃止

■三公共用ヘリポート 3月31日に供用廃止

国土交通省(国交省)は3月31日、公共用ヘリポートのうち、砂川ヘリポート、神戸ヘリポート、佐伯ヘリポートを供用廃止しました。

今回廃止されたのは、北海道砂川市にある砂川ヘリポート、兵庫県神戸市の神戸ヘリポート、大分県佐伯市の佐伯ヘリポート。3月31日に三つの公共用ヘリポートが廃止されています。

砂川は平成8年に開場した市営ヘリポート。足寄と占冠が廃止された後は日本最東に位置する単独の公共用ヘリポートとなっていました。
神戸は昭和62年に開場した市営ヘリポート。神戸空港のすぐそばに設置された単独の公共用ヘリポートでした。
佐伯は平成2年に開場した市営ヘリポート。枕崎が空港からヘリポートに変更されるまでは、日本最南・最西に位置する単独の公共用ヘリポートでした。

告示(官報公式サイト)
http://kanpou.npb.go.jp/old/20180301/20180301h07213/20180301h072130000f.html
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■空港関連施設 | 更新情報をチェックする

宮古_4月バス便時刻変更

■宮古空港 アクセスバス便時刻変更(2018年4月)

04/02
◎まるちくタクシー・かりゆしタクシー 宮古島くるりんバス 豊作まわり 空港ターミナル前→市役所前→平良港前→イオンタウン南店前→空港ターミナル前( 0→ 7)
◎まるちくタクシー・かりゆしタクシー 宮古島くるりんバス 大漁まわり 平良港前→市役所前→空港ターミナル前→イオンタウン南店前→平良港前( 0→ 7)


04月02日:
宮古空港と宮古島市市街地を結ぶ乗合タクシーの宮古島くるりんバスが開始されます。ジャンボタクシーによる定期乗合便ですが、名称はバスを使用しており、「路線バスのような運行サービス」とされています。9月28日までの期間限定運行。空港発着の反時計回りである豊作まわりと平良港前発着の時計回りである大漁まわりの循環系統が2系統あります。
途中停留所は、狩俣採石(ドン・キホーテ)、県合同庁舎前、サンエー前、市役所前、公設市場前、平良港前、実業高校前(宮古病院前)、イオンタウン南店前。停留所以外でも経路上であれば手をあげての乗車が可能です。
豊作まわりは一周50分。運賃は一律500円。

宮古島市内バス路線及び宮古島くるりんバスついて(宮古島市公式サイト)
http://www.city.miyakojima.lg.jp/soshiki/shityo/kankosyoukou/syoukou/oshirase/2015-0128-1546-31_bus.html
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

高松_完全運営民営化

■高松空港 高松空港株式会社による完全運営民営化開始

1日、高松空港の新しい民間運営がスタートしました。

高松空港を新たに運営するのは高松空港株式会社。三菱地所や大成建設など4社と香川県・高松市が出資する新会社で、1日から運営を開始しました。事業期間は2032年9月30日までです。

国管理空港の民営化は仙台空港に続いて2例目です。
なお、旅客ターミナルの運営を行ってきた高松空港ビルは平成29年11月に高松空港株式会社の完全子会社化されています。

民営化に合わせて、インフォメーションカウンタでことでん・JRくるり〜ん切符の販売を開始したほか、国際線到着出口SIM販売機1台を設置。今日からは、空港の公式サイトもリニューアルされています。
今後は、国内線搭乗待合室の拡張・リニューアル、免税店舗の拡張、国内線到着ロビーのリニューアル、駐車場の事前精算機・マルチリーダーの設置などを進めると発表。また、6月には琴平や祖谷を結ぶ定期路線バスを運行開始しアクセスを向上するとしています。

高松空港公式サイト
https://www.takamatsu-airport.com/

高松空港 2018年4月1日 民営化スタート!(高松空港公式サイト)
https://www.takamatsu-airport.com/news/press/20180401-579/
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | 高松空港 | 更新情報をチェックする