2018年04月26日

静岡_優先者の提案概要発表

■静岡空港(富士山静岡空港) 特定運営事業等、三菱地所・東急電鉄グループの提案概要を発表

静岡県は25日、静岡空港(富士山静岡空港)の運営委託に係る優先交渉権者の選定に関して、選定結果と審査講評、選定事業者(三菱地所・東急電鉄グループ)の提案概要を発表しました。

三菱地所・東急電鉄グループの提案概要によりますと、路線の増加やアクセス交通、空間演出などが目立つ計画です。

「リージョナル・ランドマーク・エアポート」を掲げており、旅客数は、現在の11路線61万人を5年後の2023年に101万人、20年後の2038年に17路線(国内9・国際8)135万人まで増やすことを目指すとしています。
非旅客にも言及しており、現在の100万人を200万人に増やすとしています。

具体的な内容では、航空ネットワークの拡大として、具体的に仙台、成田国際、高松、香港、バンコク、グアムを表明。三菱地所がコンソーシアムを組む高松や下地島、東急電鉄が運営にかかわる仙台とも連携するとしています。

今回の発表では、選定の第一次審査から双日を代表企業とするS&Jグループとの一騎打ちであったことが明らかにされました。第二次審査の結果はすでに発表されている通り、三菱地所・東急電鉄グループが162.1点、S&Jグループが146.7点でした。

富士山静岡空港特定運営事業等優先交渉権者選定結果等の公表について(富士山静岡空港公式サイト)
http://www.mtfuji-shizuokaairport.jp/about-airport/uneiken/senteikekkagaiyou/
posted by johokotu at 03:00| 東京 ☁| Comment(0) | 静岡空港(富士山静岡空港) | 更新情報をチェックする

羽田_到着免税4/27開業

■東京国際空港(羽田空港) 到着時免税店を開設へ、国際空港への出店出揃う

東京国際空港(羽田空港)の国際線旅客ターミナルを運営する東京国際空港ターミナルは25日、到着時免税店を27日に開業すると発表しました。

東京国際空港ターミナルが発表したのは、到着時免税店の開業。2階国際線到着エリアに設置するもので、「TIAT ARRIVAL DUTY FREE SHOP」を27日に開業するとしています。
営業時間は24時間営業とするとしており、日本の空港で唯一となる模様です。

到着時免税店は、昨年成田国際空港、4月1日に関西国際空港にも開業しており、26日に中部国際空港でも開業予定で、国内4空港目の開業となります。
今回の開業で、国際線が就航する国内の4国際空港全てで到着時免税店が開業することになります。

東京国際空港ターミナルに「到着時免税店」が新規オープン(東京国際空港ターミナル公式サイト)
http://www.haneda-airport.jp/inter/info/N0000340/TIAT_ARRIVAL_DUTY_FREE.pdf
ラベル:羽田
posted by johokotu at 02:00| 東京 ☁| Comment(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

仙台_検査手順変更でスムーズ化

■仙台空港(仙台国際空港) 国内線保安検査手順を変更してスムーズ化を推進

仙台国際空港は25日、国内線保安検査手順を変更し、搭乗券の事前確認と待ち時間表示サービスを開始しました。

仙台国際空港が始めたのは、国内線保安検査手順の変更。これまで保安検査と同時に実施していた搭乗券の確認を事前に行うよう変更したほか、保安検査待ち時間を表示するディスプレイを設置しました。
保安度向上を図りつつ、よりスムーズな保安検査を実現」するために行ったとしています。

この変更で、保安検査場の混雑緩和が期待されます。

国内線保安検査の検査手順の変更および保安検査待ち時間表示サービスの開始について(仙台国際空港公式サイト)
https://www.sendai-airport.co.jp/news/%e5%9b%bd%e5%86%85%e7%b7%9a%e4%bf%9d%e5%ae%89%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e3%81%ae%e6%a4%9c%e6%9f%bb%e6%89%8b%e9%a0%86%e3%81%ae%e5%a4%89%e6%9b%b4%e3%81%8a%e3%82%88%e3%81%b3%e4%bf%9d%e5%ae%89%e6%a4%9c%e6%9f%bb/
ラベル:仙台空港
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする