2018年10月24日

那覇_冬 SFJ北九州線期休へ

■那覇空港 冬ダイヤでSFJが北九州線を期間運休へ

国内航空各社は、今冬のダイヤ(10月28日〜2019年3月30日)を発表しました。那覇空港では、スターフライヤー(SFJ)が北九州線を期間運休します。

冬ダイヤで一番の注目点は、SFJ北九州線の期間運休。10月28日〜11月15日に1日2往復を期間運休します。11月16日以降は、1日1往復に減便して再開予定です。

既存路線の増減便も多数あります。
日本航空は、東京国際(羽田)線を10月28日〜11月30日に週3往復、12月1日〜1月7日に1日1往復期間増便します。12月21日〜1月7日に大阪国際(伊丹)線を1日1往復期間増便します。
ANAは、12月21日〜1月7日と3月21日〜3月30日に伊丹線を1日1往復期間増便します。1月8日〜1月10日・1月15日〜1月17日・1月21日・1月24日・1月28日・1月29日に関西国際(関空)線を1日1往復期間減便します。1月8日〜2月7日に福岡線を週4往復それぞれ期間減便します。12月3日〜12月20日(一部日程を除く)に新石垣線を1日1往復期間減便します。
スカイマークは、10月28日から神戸線を1日1往復減便します。
ソラシドエアは、10月28日から中部国際(中部)線を1日1往復増便します。
Peach Aviationは、12月28日〜12月30日と1月2日〜1月4日に関空線を1日1往復期間増便します。
ジェットスター・ジャパン(JJP)は、10月28日から中部線を最大便数で1日1往復増便します。

バニラエア、日本エアコミューター、日本トランスオーシャン航空、琉球エアーコミューターは路線数、便数に変更はありません。

JJPは、一部日程や期間・曜日により運航便数が細かく異なります。

今回のダイヤ変更により、一部期間を除き、那覇発着は、11社32路線152往復から11社32路線150往復と便数が減少します。

■10月28日以降の那覇発着便就航先と便数
千歳 1:ANA1
仙台 1:ANA1
茨城 1:SKY1
成田 6:JJP(JAL)2〜4(△週3)*a、VNL2、ANA1
羽田 30:JAL12*b、ANA12、SKY6
新潟 1:ANA1
小松 1:JTA1
静岡 1:ANA1
中部 12:JTA4・SKY3・ANA2・SNA(ANA)2(+1)・JJP(JAL)1〜2*a
伊丹 5:ANA3*c、JAL2*d
関空 12:ANA4*e、JTA3、APJ3*f、JJP(JAL)1〜3(△週4)*a
神戸 5:SNA(ANA)3、SKY2(△1)
岡山 1:JTA1
広島 1:ANA1
岩国 1:ANA1
高松 1:ANA1
松山 1:ANA1
福岡 20:ANA8*g・JTA6・SKY4・APJ2
北九州 1:SFJ(ANA)1(△1)*h
長崎 1:ANA1
熊本 1:ANA1
宮崎 1:SNA(ANA)1
鹿児島 2:SNA(ANA)2
奄美 1:RAC1
沖永良部 1:JAC1
与論 1:RAC1
北大東 0.5:RAC0.5*i
南大東 1.5:RAC1.5*j
久米島 7:RAC6、JTA1
宮古 15:JTA8・ANA6・RAC1
石垣 18:JTA/RAC8・ANA6*k・SNA(ANA)2・VNL2
与那国 1:RAC1
*a 成田国際JJP(JAL)・中部国際JJP(JAL)・関西国際JJP(JAL)は期間・曜日により運航便数が細かく異なります。
*b 期間増便有 10/28-11/30 東京国際JAL12→12+週3(+週3)・12/01-01/07 東京国際JAL12→13(+1)
*c 期間増便有 12/21-01/07・03/21-03/30 大阪国際ANA3→ 4(+1)
*d 期間増便有 12/21-01/07 大阪国際JAL2→ 3(+1)
*e 期間減便有 01/08-01/10・01/15-01/17・01/21・01/24・01/28・01/29 関西国際ANA4→ 3(△1)
*f 期間増便有 12/28-12/30・01/02-01/04 関西国際APJ3→4(+1)
*g 期間減便有 01/08-02/07 那覇ANA8→7+週3(△週4)
*h 期間運休有 10/28-11/15 那覇2→0(△2) 期間運休
*i 北大東RAC 那覇発週4・北大東発週3/南大東同日乗継 直行運賃で利用可(那覇発週3・北大東発週4)
*j 南大東RAC 那覇発1+週3・南大東発1+週4/北大東同日乗継 直行運賃で利用可(那覇発週4・南大東発週3)
*k 期間減便有 12/03-12/05・12/07-12/12・12/15-12/20 新石垣ANA6→5(1△)

posted by johokotu at 02:00| 東京 ☔| Comment(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

福岡_冬 ANA宮古線運休へ

■福岡空港 冬ダイヤでANAが宮古線を運休、2社が2路線就航へ

国内航空各社は、今冬のダイヤ(10月28日〜2019年3月30日)を発表しました。福岡空港では、ANAが宮古線を運休、オリエンタルエアブリッジ(ORC)が小松線、アイベックスエアラインズ(IBX)が中部国際(中部)線を就航します。

冬ダイヤで一番の注目点は、ANA宮古線の運休と、ORC小松線、IBX中部線の新規就航。いずれも10月28日から、ANA宮古線は1日1往復を運休、ORC小松線は1日2往復、IBX中部線は1日1往復を新設します。

既存路線の増減便も多数あります。
ANAは、10月28日から宮崎線を1日1往復減便、一部日程を除き対馬線を1日1〜2往復増便します。期間増減便は、10月28日〜2月23日(一部日程を除く)に中部線を1日1〜2往復、2月5日〜2月12日と3月21日〜3月30日に伊丹線を1日1往復、1月8日〜2月7日に那覇線を週4往復それぞれ期間減便します。12月28日〜12月31日と1月2日〜1月4日に福江線を各1日1往復期間増便します。宮崎線と中部線の減便は、それぞれORCの増便、IBXの就航に合わせた減便です。
スカイマークは、10月28日から新千歳線を1日1往復増便します。
IBXは、10月28日から小松線を1日2往復減便します。ORCの就航に合わせた減便です。
Peach Aviationは、1月10日から関西国際線を1日1往復減便します。
ジェットスター・ジャパン(JJP)は、10月28日から最大便数で中部線を1日2往復増便します。
ORCは、10月28日から宮崎線を1日1往復増便します。

日本航空、日本エアコミューター、日本トランスオーシャン航空、スターフライヤー、フジドリームエアラインズ、天草エアラインは、路線数、便数に変更はありません。

JJPは、一部日程や期間・曜日により運航便数が細かく異なります。

今回のダイヤ変更により、福岡発着は、一部期間を除き、12社28路線181往復から12社27路線183往復と、路線数・便数が縮小します。

■10月28日以降の福岡発着便就航先と便数
千歳 6:JAL2・SKY2(+1)・ANA1・APJ1
花巻 1:JAL1
仙台 7:IBX(ANA)4・ANA1・JAL2
茨城 1:SKY1
成田 9:JJP(JAL)3〜7*a・ANA2・APJ2・JAL1
羽田 54:ANA18・JAL17・SKY11・SFJ(ANA)8
新潟 3:ANA1・FDA(JAL)1・IBX(ANA)1
松本 2:FDA(JAL)2
小松 4:ORC(ANA)2(+2) NEW!・IBX(ANA)1(△2)・ANA1
静岡 4:FDA(JAL)4
小牧 5:FDA(JAL)5
中部 13:ANA6(△1)*b・SFJ(ANA)3・JJP(JAL)2〜4(+1)*a・IBX(ANA)1(+1) NEW!
伊丹 10:ANA5*c・JAL4・IBX(ANA)1
関空 5:APJ3*d・JJP(JAL)1・ANA1
出雲 2:JAC2
徳島 2:JAL2
松山 4:JAL4
高知 2:JAL2
対馬 5:ANA5〜6(+1)*a
福江 4:ORC(ANA)3・ANA1*e
天草 3:AMX(JAL)3
宮崎 13:JAL7・ORC(ANA)5(+1)・ANA1(△1)
鹿児島 1:JAC1
屋久島 1:JAC1
奄美 1:JAL1
那覇 20:ANA8*f・JTA6・SKY4・APJ2
石垣 1:ANA1
*a 成田国際JJP(JAL)・中部国際JJP(JAL)・対馬ANAは期間・曜日により運航便数が細かく異なります。
*b 期間減便有 11/26-12/12・01/09-01/24 中部国際ANA7→5(△2)、期間増便有 02/24-03/30 中部国際ANA7
*c 期間減便有 02/05-02/12・03/21-03/30 大阪国際ANA5→4(△1)
*d 期間途中から減便 01/10-03/30 関西国際APJ3→2(△1)
*e 期間増便有 12/28-12/31・01/02-01/04 福江ANA1→2(+1)
*f 期間減便有 01/08-02/07 那覇ANA8→7+週3(△週4)
* 宮古ANA1→0(△1) 運休

posted by johokotu at 01:00| 東京 ☔| Comment(0) | 福岡空港 | 更新情報をチェックする