2018年10月26日

福岡_液体物購入制限緩和へ

■福岡空港 海外乗り継ぎ時も液体物購入制限を緩和へ

福岡空港旅客ターミナルを管理・運営する福岡空港ビルディングは24日、10月30日から空港内免税店で不正開封防止袋(STEBs)を導入すると発表しました。
これにより、海外のSTEBs導入空港で乗り継ぐ客へも液体物の販売を可能にするとしています。


福岡空港ビルディングが導入するのは、福岡空港国際線ターミナルビル3階の免税店での購入品を入れる専用の袋STEBs。この導入に伴い、これまで自粛してきた海外空港での乗り継ぎ客への液体物販売を緩和すると発表しました。10月30日から導入するとしています。

同様の措置は、平成27年に成田国際、中部国際、関西国際の3空港でスタート。平成28年には仙台空港や岡山空港でも開始されるなど、地方空港でも導入が広がっています。

福岡空港免税店へのSTEBs(液体物不正開封防止袋)導入について(福岡空港免税店公式サイト)
https://dfree.fuk-ab.co.jp/informationDetail.php?informationNo=27
ラベル:福岡空港
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | 福岡空港 | 更新情報をチェックする

関空_冬 JJP2路線就航へ

■関西国際空港(関空) 冬ダイヤでJJPが2路線を就航へ

国内航空各社は、今冬のダイヤ(10月28日〜2019年3月30日)を発表しました。関西国際空港(関空)では、ジェットスター・ジャパン(JJP)が2路線を就航します。

冬ダイヤで一番の注目点は、JJP高知(高知龍馬)線、JJP熊本(阿蘇くまもと)線の新規就航。高知線は12月19日から、熊本線は10月27日から、各1日1往復を新設します。

既存路線の増減便も複数あります。
ANAは、10月28日から、新千歳線を1日2往復を減便します。1月の一部日程で那覇線を1日1往復減便します。
JJPは、10月28日から、成田国際線を1日1往復増便します。
Peach Aviationは、1月10日から福岡線を1日1往復減便、12月28日〜12月30日と1月2日〜1月4日に新千歳線を1日3往復、宮崎線と鹿児島線、那覇線を各1日1往復期間増便します。3月23日〜3月30日に新千歳線を1日2往復、宮崎線と鹿児島線を各1日1往復期間増便します。

日本航空とスターフライヤー、バニラエア、日本トランスオーシャン航空は路線数・便数に変更はありません。

JJPの一部路線は、一部日程や期間・曜日により運航便数が細かく異なります。

今回のダイヤ変更により、関空発着は、一部期間を除き、7社15路線62往復+週4往復から7社17路線63往復と、路線数・便数が拡大します。

■10月28日以降の関西国際発着便就航先と便数
釧路 1:APJ1
千歳 10:APJ3*a・JAL3・ANA2(△2)・JJP(JAL)1〜3*b
仙台 3:APJ3
成田 6:JJP(JAL)4(+1)・APJ2
羽田 13:ANA5・SFJ(ANA)5・JAL3
新潟 1:APJ1
松山 1:APJ1
高知 1:JJP(JAL)1(+1)*c NEW!
福岡 5:APJ3*d・JJP(JAL)1・ANA1
熊本 1:JJP(JAL)1(+1) NEW!
長崎 1:APJ1
宮崎 1:APJ1*a
鹿児島 2:APJ2*a
奄美 1:VNL1
那覇 12:ANA4*e、JTA3、APJ3*f、JJP(JAL)1〜3(△週4)*a
宮古 1:ANA1
石垣 3:ANA1・JTA1・APJ1
*a 期間増便有 12/28-12/30・01/02-01/04 新千歳APJ3→6(+3)・宮崎APJ1→2(+1)・鹿児島APJ2→3(+1)、03/23-03/30 新千歳APJ3→5(+2)・宮崎APJ1→2(+1)・鹿児島APJ2→3(+1)
*b 新千歳JJP(JAL)・那覇JJP(JAL)は期間・曜日により運航便数が細かく異なります。
*c 期間途中からの就航 12/19- 高知JJP(JAL)0→1(+1)NEW!
*d 期間途中から減便 01/10-03/30 福岡APJ3→2(△1)
*e 期間減便有 01/08-01/10・01/15-01/17・01/21・01/24・01/28・01/29 那覇ANA4→3(△1)
*f 期間増便有 12/28-12/30・01/02-01/04 那覇APJ3→4(+1)

posted by johokotu at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | 関西国際空港(関空) | 更新情報をチェックする

伊丹_冬 JAL種子島線期就へ

■大阪国際空港(伊丹空港) 冬ダイヤでJALが種子島線を期間就航へ

国内航空各社は、今冬のダイヤ(10月28日〜2019年3月30日)を発表しました。大阪国際空港(伊丹空港)では、日本航空(JAL)が種子島線を期間就航します。

冬ダイヤで一番の注目点は、JAL種子島線の期間就航。12月28日〜12月31日と1月3日〜1月5日に1日1往復を新設します。

既存路線は期間増減便が多数あります。
ANAは、12月21日〜1月7日と2月5日〜2月12日に新千歳線、12月29日と12月30日、1月3日、1月4日に函館線、12月26日〜12月31日と1月2日〜1月7日に仙台線、12月26日〜12月28日と12月31日〜1月2日、1月5日〜1月7日に大分線、12月26日〜1月7日に熊本線と宮崎線、鹿児島線、12月21日〜1月7日と3月21日〜3月30日に那覇線を各1日1往復期間増便します。2月5日〜2月12日と3月21日〜3月30日に福岡線を1日1往復期間減便します。
日本航空は、12月21日〜1月7日に新千歳線を1日2往復、那覇線を1日1往復、12月22日と12月24日〜12月31日、1月2日〜1月6日に宮崎線と鹿児島線、12月28日〜1月7日に奄美線を各1日1往復期間増便します。

アイベックスエアラインズと日本エアコミューターは、路線数・便数に変更はありません。
天草エアラインは、一部日程で運休日があります。

今回のダイヤ変更により、伊丹発着は、一部期間を除き、5社26路線185往復で変更ありません。

■10月28日以降の大阪国際発着便就航先と便数
千歳 10:ANA6*a・JAL4*b
函館 2:ANA1*c・JAL1
青森 6:JAL3・ANA3
三沢 1:JAL1
秋田 6:ANA3・JAL3
花巻 4:JAL4
山形 3:JAL3
仙台 15:JAL8・ANA5*d・IBX(ANA)2
福島 4:ANA2・IBX(ANA)2
成田 4:ANA2・JAL2
羽田 30:ANA15・JAL15
新潟 10:JAL4・ANA3・IBX(ANA)3
但馬 2:JAC2
出雲 4:JAL4
隠岐 1:JAL1
高知 6:ANA6
松山 12:ANA9・JAL3
福岡 10:ANA5*e・JAL4・IBX(ANA)1
大分 7:ANA3*f・JAL3・IBX(ANA)1
熊本 10:ANA6*g・JAL3・AMX(JAL)1
長崎 7:JAL4・ANA3
宮崎 11:ANA6*g・JAL5*h
鹿児島 13:JAL7*h・ANA6*g
屋久島 1:JAC1
奄美 1:JAL1*i
那覇 5:ANA3*j・JAL2*b
*a 期間増便有 12/21-01/07・02/05-02/12 新千歳ANA6→7(+1)
*b 期間増便有 12/21-01/07 新千歳JAL4→6(+2)・那覇JAL2→3(+1)
*c 期間増便有 12/29・12/30・01/03・01/04 函館ANA1→2(+1)
*d 期間増便有 12/26-12/31・01/02-01/07 仙台ANA5→6(+1)
*e 期間減便有 02/05-02/12・03/21-03/30 福岡ANA5→4(△1)
*f 期間増便有 12/26-12/28・12/31-01/02・01/05-01/07 大分ANA3→4(+1)
*g 期間増便有 12/26-01/07 熊本ANA6→7(+1)・宮崎ANA6→7(+1)・鹿児島ANA6→7(+1)
*h 期間増便有 12/22・12/24-12/31・01/02-01/06 宮崎JAL5→6(+1)・鹿児島JAL7→8(+1)
*i 期間増便有 12/28-01/07 奄美JAL1→2(+1)
*j 期間増便有 12/21-01/07・03/21-03/30 那覇ANA3→4(+1)
* 期間就航有 12/28-12/31・01/03-01/05 種子島JAL0→1(+1) NEW!

posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | 大阪国際空港(伊丹空港) | 更新情報をチェックする