2019年05月28日

大分_国際線増築6/1〜供用

■大分空港 国際線ターミナル増改築部を6月1日に供用開始へ

大分航空ターミナルは26日、大分空港国際線ターミナルを6月1日にリニューアルオープンすると発表しました。

リニューアルオープンするのは、大分空港国際線ターミナル。増改築工事を進めてきたもので、6月1日に供用されます。

今回のリニューアルでは、チェックインロビーと出国待合室等が拡張されます。
これにより、複数便の同時間帯使用が出来なかった状況が改善されて、就航可能な時間帯が拡大。「新規航空路線の就航や増便の対応が可能」になると発表されています。

大分県では、今秋に開催されるラグビーワールドカップ2019日本大会で、東京・神奈川以外では唯一決勝トーナメント戦(準々決勝)が行われることになっていて、来県者の増加が見込まれています。
大分空港では、年度利用者数が、平成後期に一時140万人まで落ち込んでいますが、昨年度に16年ぶりに200万人台まで回復。国際線の伸びが大きく寄与しており、今回の増改築で国際線の自由度が増すことで、過去最多だった平成9年度(1997年度、2,074,956人)の利用者数を突破できるのか注目されています。

【お知らせ】国際線ビルリニューアルオープンのお知らせ(令和元年6月1日)(大分航空ターミナル公式サイト)
https://www.oita-airport.jp/news/detail/103
ラベル:大分空港
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | 大分空港 | 更新情報をチェックする

旭川_屋上飲食テラス開業

■旭川空港(北海道のまん中・旭川空港) 屋上に新飲食店ジンギスカンテラスがオープン

旭川空港ターミナルは25日、旭川空港(北海道のまん中・旭川空港)屋上にジンギスカンテラス「カムイチカプ」をオープンしました。

旭川空港にオープンしたのは、ジンギスカンテラス「カムイチカプ」。屋上に設けられた新しい飲食店で、屋根付きのテラスが新設されています。
ジンギスカンを食べられるテラスとして、和寒町にある金子精肉店の味付きジンギスカンや旭川の大雪地ビールなどが提供されています。

営業期間は5月25日〜10月初旬頃までの夏期期間限定。営業時期は毎日11時〜17時(7月と8月は19時30分まで、ラストオーダーは30分前)となっていて、近隣企業の仕事終わりに宴会しに来るというよりは、観光客向けの時間設定となっています。

旭川空港では、昨年秋からリニューアルが順次完成中。引き続き、9月のグランドオープンを目指して、既存エリアなどで工事が進められています。

旭川空港ジンギスカンテラス「カムイチカプ」オープン!!(旭川空港ターミナル公式サイト)
https://www.aapb.co.jp/post-6373/
ラベル:旭川空港
posted by johokotu at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | 旭川空港(北海道のまん中・旭川空港) | 更新情報をチェックする