2019年11月30日

祝・南洋群島路線復活!

祝・南洋群島-日本路線復活!
さあ、日本の航空会社でサイパンへ!


スカイマーク(SKY)は29日、成田国際(成田)-北マリアナ・サイパン線に就航しました。これにより、日本を発着する南洋群島路線の定期便が一年半ぶりに復活しました。

今回定期便が就航したのは、成田と北マリアナのサイパンを結ぶ路線です。
サイパン島は、1919年から26年間日本が委任統治していた南洋群島を構成していた島です。日本にゆかりの深い島で、今も日本ととても深い関係を持ちますが、昨年5月にデルタ航空が運休してから、日本からの直行便が消滅していました。SKYの就航で、南洋群島と日本本土を結ぶ直行便が一年半ぶりに復活することになります。
路線再開を果たしたSKYは日本の航空会社。日本の航空会社によるサイパン線定期便は、ジャンボ機も飛ばした日本航空が2005年10月に運休してから実に14年ぶりになります。

日本と南洋群島を結ぶ路線の歴史は、日本の航空史のなかでも古く、1941年には横浜からサイパンやパラオへ飛行艇が就航しています。1945年の敗戦で米国管理下に移り、日本からの直行便は一時消滅していましたが、数十年を経て民間輸送が復活。長年にわたり、日本との架け橋になってきました。
南洋群島には、戦前から非常に多くの日本人が関わっています。それだけに、南洋群島への直行便再開は、単なる国際線の一路線が再開になった以上の出来事です。日本の航空会社で復活したというのが非常にうれしい出来事です。このような大切な島への直行便が韓国などの第三国からしかないというのは、なんとも情けないですし、、、。

SKYでは同じ南洋群島のパラオ線就航も目指していることが報じられています。今や再生の象徴となった航空会社が、古くからの繋がりを再生させる動きに注目です。

※南洋群島という呼び方は敢えて使っています。詳細は、昨年南洋群島路線が全廃となった際の記事をご参考ください。

(過去配信記事)□南洋群島 ついに日本路線全滅、訪問は第三国経由へ
http://johokotu.seesaa.net/article/459257770.html

posted by johokotu at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

山口宇部_11月バス便時刻変更

■山口宇部空港 アクセスバス便時刻変更(2019年11月)

11/30
◎宇部市交通局 イルミネーションバス 山口宇部空港→ときわ公園(空港発0・空港行0→1*・0)*特定日のみの運行
◎宇部市交通局 イルミネーションバス 山口宇部空港-ときわ公園-宇部新川駅( 0→ 3*)*特定日のみの運行

11月30日:
毎年恒例のイルミネーションバスが運行開始となります。山口宇部空港のエアポート・イルミネーションのほか、ときわ公園 TOKIWAファンタジア、勤労青少年会館 チャイルドドリーム、中央街区公園 サンタクロスロード、ヒストリア宇部(旧宇部銀行館)ライトアップの5つのイルミネーション会場へのアクセスとして運行されるもので、夕方以降に運行されます。11月30日〜12月22日の特定日(土曜・日曜)のみ運行で、今年はクリスマスイブとクリスマス当日の運行はありません。途中停留所は、ときわ公園、常盤町二丁目、宇部中央。宇部新川駅まで約25分310円。

イルミバスが走る!冬のイルミネーションイベント「光の街UBE2019」を開催します(宇部市公式サイト)
https://www.city.ube.yamaguchi.jp/houdou/kanko_global/2019/hikarinomachi2019-ibekare.html
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 山口宇部空港 | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

CUH_外国人航空経営許可

□CUH 外国人国際航空運送事業の経営許可

国土交通省(国交省)は28日、中国のウルムチ航空(CUH)から出されていた外国人国際航空運送事業の経営許可申請について同日付で許可したと発表しました。

CUHが許可されたのは、外国人国際航空運送事業の経営許可。中国との間の旅客運送事業で、具体的には、12月30日から中部国際(中部)-武漢-ウルムチ間週3往復、中部-済南-ウルムチ間週4往復の計画で許可されています。

外国航空会社の日本への新規乗り入れ許可 〜外国人国際航空運送事業の経営許可〜(国交省公式サイト)
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku05_hh_000150.html
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

◆今月の定期更新空港

◆今月の定期更新:国際空港

今月は、国際空港と称している空港のページを定期更新しました。

これらの空港は、数多くの路線が運航されている大きな空港ばかり。空港ターミナルが複数あるところも多く、それに合わせてページを別々に開設しています。広い空港から好みの行先へ飛んでみては?

 成田国際空港(成田空港) カテゴリ(千葉県)
 11/21 成田国際空港 総合
 11/20 成田国際空港 第3ターミナル
 11/19 成田国際空港 第2ターミナル
 11/18 成田国際空港 第1ターミナル

 東京国際空港(羽田空港) カテゴリ(東京都)
 11/16 東京国際空港 総合
 11/15 東京国際空港 国際線ターミナル
 11/14 東京国際空港 国内線第2ターミナル
 11/13 東京国際空港 国内線第1ターミナル

 中部国際空港(セントレア) カテゴリ(愛知県)
 11/11 中部国際空港 総合
 11/10 中部国際空港 第1ターミナル
 11/09 中部国際空港 第2ターミナル

 11/07 大阪国際空港(大阪府)(伊丹空港)

 関西国際空港(関空) カテゴリ(大阪府)
 11/05 関西国際空港 総合
 11/04 関西国際空港 第1ターミナル
 11/03 関西国際空港 第2ターミナル(国内線・国際線)
 11/02 関西国際空港 エアロプラザ

※関西国際空港・中部国際空港は、ちょうど現地調査をしましたので、定期更新と合わせて、内容の更新を行っています。

■注目空港 Pick up!
今月定期更新した空港で、最も注目の空港を取り上げます。

東京国際空港/東京都(羽田空港)
今月取り上げた定期更新空港で注目なのは東京国際空港(羽田空港)です。
羽田では、来年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて再開発が急ピッチで進行中。ターミナルの増築が次々に完成しているほか、巨大ホテル、産業拠点などの工事が大規模に進められています。来春からは新運航ルートを使用して国際線の大増発も行われる予定です。
今一番注目を集める日本の首都東京の玄関空港から飛行機で飛び立ってみませんか。

201911.jpg
拡張を続ける羽田空港。2020へ向けて動きを加速しています。
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

2019年11月26日

那覇_第2滑走路3月供用へ

■那覇空港 第二滑走路は来年3月26日に供用開始へ

国土交通省(国交省)は26日、那覇空港で建設を進めている第二滑走路を来年3月26日に供用開始すると発表しました。

滑走路が増設されるのは那覇空港。第二滑走路(2,700メートル)で、現在の空港の西側(海側)で増設工事が進んでいます。
この滑走路の供用開始により、現在年間13.5万回の滑走路処理容量が年間24万回まで拡大するとしています。

滑走路の供用開始に先立ち、1月15日には現滑走路と第二滑走路の間に当たる西側ターミナル地域に建設している新管制塔を供用開始するとしています。

滑走路の完成で、那覇空港は滑走路が既存の3,000メートルの滑走路と二本化されます。
これにより、飛行場の滑走路規模としては、伊江島の飛行場群三本(伊江島空港1,500メートル1本、米軍基地用2本、ほかに着陸帯LHDデッキも有)、米軍の嘉手納飛行場二本(3,688メートル2本)に次ぐ、沖縄県第三位になります(空港では最大)。観光客の急増で発着が増えている航空便の混雑緩和が期待されます。

那覇空港滑走路増設事業の供用について(国交省公式サイト)
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku06_hh_000028.html

OKA20191126.jpg
▲今年4月に那覇に行った際に撮影した第二滑走路工事の様子。
 写真は誘導路部〜滑走路北端にかけて。
OKA20191126b.jpg
▲同じく今年4月に撮影した建設中の新管制塔。
ラベル:那覇空港
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

2019年11月23日

成田_二重改札12/10解消へ

■成田国際空港(成田空港) JR線空港第2ビル駅の二重改札は12月10日に解消へ

成田国際空港(成田空港)と東日本旅客鉄道(JR東日本)、京成電鉄、成田空港高速鉄道は22日、来月10日に空港第2ビル駅のJR東日本成田線側にある二重改札を解消すると発表しました。

二重改札が解消されるのは空港第2ビル駅。12月10日早朝より実施するとしています。
JR東日本成田線から下車する場合、現在は京成電鉄側との境界にある出口改札を通り、さらに京成電鉄利用者と一緒になった出口改札を通過するに段階での改札通過が必要になっています。
12月10日以降は、京成電鉄側との境界にある出口改札を廃止。現在のJR線入口改札を出入り可能にして下車経路をこちらの改札に変更し、1回の改札通過で改札外へ出られるようにするとしています。

第2ビル駅では、JR線コンコースと検問エリアの間に京成電鉄コンコースが存在し横切る必要がありましたが、検問が廃止となったことで、京成電鉄コンコースを横切る必然性がなくなっています。合わせて、JR線の下車旅客が通過する京成電鉄コンコースエリアは、京成本線乗下車客、成田スカイアクセス線下車客も通行する場所で、動線交錯も発生。最初の改札で切符を取り忘れる利用者もいるなどのいくつかの問題を抱えていました。

鉄道乗車の際の二重改札は、新幹線や私鉄特急の改札口などではよく見られますが、一般電車ではなかなか見られない方式です。海外では鉄道に改札自体がない国も多く、日本人ですら戸惑う方式が海外からの表玄関にあるのは、なんとも残念な状態でした。

成田国際空港空港第2ビル駅のJR二重改札の解消について(成田空港公式サイト)
https://www.naa.jp/jp/20191122-JRnijyukaisatsu-.pdf

posted by johokotu at 02:00| 東京 ☔| Comment(0) | 成田国際空港(成田空港) | 更新情報をチェックする

2019年11月21日

AirX_成田ヘリ便就航

□AirX 成田-東京H間にヘリ便を就航

AirXは20日、成田国際空港(成田空港)-東京ヘリポート間のヘリコプター便を運航開始したと発表しました。

成田-東京ヘリポート間を18分で結び、1日8往復を運航しています。成田側は、空港内のヘリパットで発着し、ターミナルとの間には送迎が付きます。

ヘリの利用には条件があり、同日に成田空港発着飛行機の搭乗者に限り利用が可能。このため、予約時に飛行機の便名が必要となるとしています。

成田と都心を結ぶヘリ便は、様々な会社が参入しては運休を繰り返しています。今回は定着するのか注目されます。

AirX、成田国際空港と新木場間のヘリコプター直行便を運航開始 都内から成田国際空港まで最速の18分(PRTIMES公式サイト)
https://prtimes.jp/main/html/rd/amp/p/000000018.000028531.html
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

2019年11月20日

成田_アニメエリア新設へ

■成田国際空港(成田空港) アニメをテーマにしたエリアを新設へ

成田国際空港(成田空港)と、アニメツーリズム協会、KADOKAWAは18日、28日に成田国際空港(成田空港)第2旅客ターミナル本館2階にアニメをテーマにしたエリアを新設すると発表しました。

新しいエリアは、第2旅客ターミナル本館2階の北側に新設します。壁面にアニメキャラクターイラストなどを展示する成田アニメロード、飲食店とグッズショップを集めた成田アニメデッキの大きく2つのスペースを展開するとしています。

昨年4月に始まった、アニメ聖地88 “0番札所”アニメツーリズム・インフォメーションを拡張するもので、インフォメーションはエリア内に引き続き設けられる予定です。

日本ならではのコンテンツを活用し、玄関口の空港で旅の記念が残せるスポットとなる模様です。

成田国際空港 第2旅客ターミナル本館2階にアニメをテーマとしたエリアを新設  「成田アニメロード」「成田アニメデッキ」2019年11月28日オープン(成田空港公式サイト)
https://www.naa.jp/jp/20191118-naritaanimedeck.pdf
ラベル:成田
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | 成田国際空港(成田空港) | 更新情報をチェックする

成田_空港概要(3ビル)

情報交通ホットライン/日本空港情報館/成田国際空港(第3)
日本空港情報館
成田国際空港
第3旅客ターミナルビル

■施設の見どころ:◎◎◎◎= 中規模/LCC用に整備された専用ターミナル。簡素な造りや特徴的なサインが目立つ。大規模フードコートあり。
■見学者への対応:◎◎=== ターミナルパンフ有(5言語)/案内所 有/展望デッキ 無/ファン向け展示 無
■売店の充実度:◎◎◎== 売店・飲食店ともに適量。本屋・コンビニ・土産屋あり。国内初出店のLCCの店舗有
■アクセスの状況:◎◎=== 鉄道 約500メートル(空港第2ビル駅)/バス 有/自家用車は乗入不可


※情報は特記以外平成29年3月現在のものです。
T3001.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成27年6月撮影)
平成27年4月開業。格安航空会社(LCC)向けに整備された新しいターミナルです。本館とサテライトから構成されています。
本館は地上3階建て、サテライトは2階建て。両館を結ぶ連絡ブリッジ部が4階建てです。駐機方式はフロンタル方式(国際線)とサテライト方式(国内線)の併用、動線方式は1・1/2に近い多層方式です。本館は、1階に到着手荷物受取場、2階に出入口・ロビー・出発口、3階に国際線搭乗待合通路(搭乗待合室と搭乗口は各口ごとに階段を下りた2階部)があります。独立したサテライトとの間は地上4階の連絡ブリッジが結んでいます。サテライトは搭乗エリアとなっており、2階に搭乗待合室、1階に到着通路が整備されています。
館内のサインのうち、吊サインは灰地に白文字で幕タイプ。また、トイレ入口などで壁面に大きくサインを描き視認性を高めています。珍しいものとして、床面を使ったサインが特徴的で、陸上トラック素材のレーンを描き、出発・到着の経路を誘導しています。
国際線搭乗待合室が使用するエリアは、厳密には第2旅客ターミナルを改修した部分で、壁を隔てて第2旅客ターミナルとくっついています。
グッドデザイン金賞を日本の空港ターミナルで初めて受賞しています。
T3002.jpg旅客ターミナル前面
(写真は平成27年6月撮影)
貨物施設跡地に整備されたために出入口が限定されています。特に前面部分は制限区域に当たり、1階前面部分は利用者の立ち入りはできません。
令和元年9月にターミナル前面側に飛び出る形で増築されています(写真は増築前の様子)。
出入口は本館2階に1か所あります。専用歩道橋で制限区域をオーバーするようになっており、第2旅客ターミナル間を結ぶ通路、バス・タクシーのりば、第2ゲート方面への歩道のみに出入りできます。
自家用車はターミナル前で乗降できないため、第2の駐車場やカーブサイドで乗り降りして連絡バスか徒歩でアクセスする必要があります。

※令和元年09月05日:ターミナル前面側に増築
NRTT3003.jpgチェックインロビー
(写真は平成29年3月撮影)
ターミナル出入口は本館南西端にあり、本館2階ランド側(西側)は全面にわたりロビー空間となっています。南側にチェックインロビー、北側にフードコートが広がります。フードコートは実質的に出発ロビーを兼ねており、出発口前のロビー空間は通路幅程度になっています。
到着動線もチェックインロビーを北から南へ通行します。
案内所が出入口を入ってすぐのところにあります。
内装を簡素にしたターミナルで、配線などもむき出しです。内装はモノトーンを基調としていますが、このおかげで色のついたサインがかなり目を引きます。
T3004.jpgチェックインカウンタ
(写真は平成27年6月撮影)
アイランド方式に近いカウンタで、3区画6エリア(A-F)と端側に団体用のW、大型手荷物用のY、Zが設けられています。
ジェットスターグループ(ジェットスター・ジャパン(JJP)、ジェットスター(JST))、春秋航空グループ(SPRING(SJO)、春秋航空(CQH))、Peach Aviation(APJ)、チェジュ航空(JJA)が使用しています。

■第3ターミナル発着航空会社
国内線
その他航空会社
 APJ、JJP、SJO
国際線
バリューアライアンス加盟会社
 JJA
その他航空会社
 APJ、JJP、CQH、SJO、JST

※平成28年02月13日:SJO 国際線就航
※令和元年10月27日:VNL 全便運休、APJ 第1南から第3に移転、CQH 就航
T3005.jpg出発口
(写真は平成27年6月撮影)
出発口は本館2階北東側に、国内線用と国際線用が並んで設置されています。
NRTT3006.jpg▲サテライト側 搭乗待合室
NRTT3006b.jpg▲バスラウンジ 搭乗待合室
搭乗待合室
(写真は平成29年3月撮影)
国内線は本館北東端側からバスラウンジが直結150A-Dの搭乗口が設置されています。その横に連絡ブリッジに上るエレベータ・エスカレータなどがあり、4階連絡ブリッジからサテライトへ渡った後、サテライト2階に161-164、171-175の搭乗口があります。
国際線は本館3階の出国審査場通過後、免税店などが配置されたエリアとなります。搭乗待合室は第2を改修した南側に延びており、151-155ののりばがあります。
バスラウンジは国内線・国際線いずれでも使用できるスイングタイプです。
NRTT3007.jpgサテライト連絡ブリッジ
(写真は平成29年3月撮影)
本館とサテライトの間は連絡ブリッジを渡る必要があります。ブリッジ下を飛行機が通れるようになっているもので、地上約15メートル、4階レベルの高さがあります。本館、サテライト側とも2階レベルのため、行き来する際は2層分を上り下りする必要があります。
NRTT3007b.jpg搭乗口・エプロンルーフ
(写真は平成29年3月撮影)
サテライト側の搭乗は、搭乗橋はなく、エプロンルーフを通っての地上搭乗となります。
NRTT3008.jpg到着手荷物受取場
(写真は平成29年3月撮影)
到着手荷物受取場は本館1階にあります。国内線が北側、国際線が南側です。
T3009.jpg到着口・到着ロビー
(写真は平成27年6月撮影)
令和元年9月に増築され、到着口を出たところに到着ロビー空間ができました。あわせて、本館北西端側から2階に上っていた動線を南東側に変更。チェックインロビーを通らないと外に出られなかったものを2階に上がってすぐに外に出られるように変更しています。
本館北西端に2階に上るエレベータ・エスカレータがあり、到着口となっています。

※令和元年09月05日:到着ロビー 新設
T3011.jpg売店
(写真は平成27年6月撮影)
・本館2階チェックインロビー:8店舗(ローソン、Fa-So-La BOOKS、HIPSHOP、GRAN SAC'S、Fa-So-La DRUGSTORE、東京食賓館、V Store、SPRING JAPAN春)
・本館2階バスゲートラウンジ:1店舗(SPRING JAPAN秋)
・サテライト2階国内線搭乗待合室:2店舗(Jetstar shop、V Store vending)
・本館3階国際線搭乗待合通路:4店舗(Fa-So-La DUTYFREE、Fa-So-La DUTY FREE アネックス、Fa-So-La SOUVENIR AKIHABARA、Fa-So-La SOUVENIR AKIHABARAアネックス)、市中免税店引渡しカウンター
・本館1階国際線到着手荷物受取場:1店舗(Fa-So-La ARRIVAL DUTY FREE)

SPRING JAPAN秋はエリアの状況によって国内線搭乗待合室である場合と国際線搭乗待合室である場合に変化します。
SPRING JAPAN(春・秋)とJetstar shopは初出店(Jetstar shopはグループで世界初とのこと)。様々な店舗の比較が面白く、V Store vendingは自動販売機があるだけ。航空会社系の4店舗は区画されていない簡易的に見える店舗になっている一方で、他の店舗は、しっかりとした区画・内装で造られています。LCCターミナルの考え方が、LCC側と店舗側では大きく異なっていることがよく分かります(ローソン前が館内で一番冷房が利いています、、、)。

※平成31年?*月**日:Fa-So-La Watches & Accessories 閉店、Fa-So-La SOUVENIR AKIHABARAアネックス開店
※平成30年06月29日:Fa-So-La DUTY FREE アネックス 開店
※平成30年06月12日:Fa-So-La Bags 閉店
※平成29年11月15日:Fa-So-La ARRIVAL DUTY FREE 開店
※平成28年01月28日:市中免税店引渡しカウンター 開店
T3013.jpgサービス店
(写真は平成27年6月撮影)
簡素なターミナルですが、ひと通りサービス店も揃っています(すべて本館)。

・本館1階到着ロビー:手荷物宅配1店舗(GPA)、外貨両替1店舗(みずほ銀行)、携帯電話WiFiレンタル1店舗(J WiFi & Mobile)
・本館2階チェックインロビー:総合カウンタ1店舗(GPA(外貨両替・旅行保険・携帯電話WiFiレンタル))・外貨両替1店舗(みずほ銀行)

上記のほか、本館1階到着ロビーに鉄道乗車券自販機、バス乗車券カウンタ、ATM(セブン銀行・千葉銀行)、SIM自動販売機、本館2階チェックインロビーにATM(セブン銀行・イオン銀行)、証明写真機、本館3階国際線搭乗待合通路にATM(セブン銀行)・外貨両替機・旅行保険自動機があります。

※令和元年09月05日:鉄道乗車券自販機・バス乗車券カウンタ 移転(2階→1階)、J WiFi & Mobile・1階 ATM(セブン銀行・千葉銀行)・SIM自動販売機 開店
T3012.jpg飲食店
(写真は平成27年6月撮影)
本館2階北側にフードコートがあります。

・本館2階フードコート7店舗(caffe LAT 25°、TATSU SUSHI、ぼてぢゅう屋台、洋丼屋ONE BOWL、フレッシュネスバーガー、リンガーハット、宮武讃岐うどん)
・本館3階国際線搭乗待合通路:1店舗(caffe LAT 25°)
国内線は搭乗待合室内に飲食店はないので要注意です。

※平成30年?*月**日:カフェベネ(2階フードコート、3階搭乗待合室) 閉店、caffe LAT 25°(2階フードコート、3階搭乗待合室) 開店
T3016.jpg交通広場
(写真は平成27年6月撮影)
第3前の道路を超えた先に専用の交通広場が設けられています。専用歩道橋で渡った先にあり、路線バスのりば・おりば・ターミナル連絡バスのりばとタクシーのりば(呼び出し式)、身障者乗降場があります。自家用車やレンタカーなどは利用できません。簡易的な待合所が3か所あるほか、トイレのある専用待合所も設けられています。
バスのりばは1番-19番ののりばがあります(10番以降はのりばとしては未使用)。
ターミナル連絡バスは無料で、第3→第2→第3と第3→第2(北・南)→第1→東成田駅→第3の2系統が発着しています。

※平成31年03月28日:路線バス降車場 新設
※平成30年10月01日:ターミナル連絡バスのりば 移転(ターミナル前面→交通広場)
T3021.jpg礼拝室
(写真は平成27年6月撮影)
簡素なつくりのターミナルですが、礼拝室も設けられています。
2階チェックインロビーと3階国際線搭乗待合通路沿いにあります。
T3017.jpgかつてあった見どころ(旧・ターミナル連絡バス乗降場)
(写真は平成27年6月撮影)
ターミナル連絡バス乗降場は、平成30年9月までターミナル前面に設けられていました。
制限エリアで外に出られないため、のりばは完全に囲われた空間で、ターミナル連絡バスが到着した際のみ扉が開閉するようになっていました。

■就航路線(国内線)第3旅客ターミナル
■就航路線(国際線)第3旅客ターミナル
 →「就航路線」を参照

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※成田国際空港の公式サイトではありません。

開設月日 2015.04.08
初調査日 2015.06.13
前調査日 2017.03.04

ラベル:成田 空港概要
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 成田国際空港(成田空港) | 更新情報をチェックする

2019年11月19日

羽田_JAL・ANA増便詳細発表

■東京国際空港(羽田空港) JALとANAが来春の国際線増便詳細発表

日本航空(JAL)とANAは19日、東京国際空港(羽田空港)で2020年に増枠配分される予定の発着枠に関して、運航ダイヤなどを発表しました。

JALは、3月29日から、新規就航8路線8往復、増便3路線4往復の合計12往復増加とするとしています。
同時に同便数の成田発着を運休する成田切りも行われ、8路線9往復で実施されます(モスクワ線は現在ドモジェドボ線)。

ANAは、3月29日から、新規就航7路線7往復(ホーチミンシティ線は増枠とは関係ない就航)を増加、1路線1往復(増枠とは関係ないハノイ線の運休)を減少するとしています。また、就航日・就航便数未定ですが、新規就航7路線、増便1路線を増加するとしています(いずれも配分は1枠)。
同時に同便数の成田発着を運休する成田切りも行われ、就航日が決定した全8路線8往復で実施されます。ANAは、就航日・就航便数未定の8枠のうち現在成田発着がある2枠分(青島、サンフランシスコ)については、成田切りするかしないかは不明です。

毎度のことながら、成田切りが行われるため、今のところ、増枠に伴う、本邦各社の東京(成田・羽田)からの国際線増加は、(判明している26枠のうち)9往復増加のみと非常に残念な事態になります。

JAL:新規8路線8往復・増便3路線4往復
03/29就航
 シカゴ+1 ×
 ダラス+1 ×(羽田新規)
 ロサンゼルス+1○
 ニューヨーク+1 ×(増便1)
 ホノルル+2 ×(増便2)
 ヘルシンキ+1 ×(羽田新規)
 モスクワ シェレメチェボ+1×(羽田新規)
 シドニー +1 ×
 デリー+1 ×(羽田新規)
 上海 浦東+1○(増便1)
 大連+1◎(羽田新規)
ANA:(決定分)新規8路線8往復・運休1路線1往復、(未決定分)8枠8路線
03/29就航
 サンノゼ+1 ×(羽田新規)
 シアトル+1 ×
 ヒューストン+1 ×(羽田新規)
 ワシントン+1 ×(羽田新規)
 ロサンゼルス+1 ×(増便1)
 デリー+1 ×(羽田新規)
 ホーチミンシティ+1 ×▲
 (運休)ハノイ-1 ▲
就航日未定(便数も未定、枠はそれぞれ1枠)
 サンフランシスコ◆
 青島◆
 深圳◎
 モスクワ ドモジェドボ◎
 シドニー(増便)○
 ミラノ マルペンサ◎
 イスタンブール◎
 ストックホルム◎

 × 同時に成田発着便を同便数減らす成田切り便
 ◎ 東京(成田・羽田)発着が純増することが既に決まっている便(羽田新規路線)
 ○ 東京(成田・羽田)発着が純増することが既に決まっている便(羽田既存あり路線)
 ◆ 成田切りか純増か今のところ不明の便
 ▲ 増枠とは関係ない増減便
※便数はすべて1日当たり


2020年度より首都圏発着の国際線を大幅に拡充します(JAL公式サイト)
https://press.jal.co.jp/ja/release/201911/005392.html
2020年サマーダイヤの国際線路便計画を一部決定(ANA公式サイト)
https://www.ana.co.jp/group/pr/201911/20191119.html
ラベル:羽田 ANA JAL
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする

2019年11月18日

台風_11/18 アクセス乱れ解消

□台風19号災害の影響 11/18 空港アクセスの乱れ解消

18日、台風19号の影響で迂回運行していた仙台空港発着の三源郷エアポートライナーが平常運行に戻りました。これにより、仙台、福島、成田国際、東京国際などの各空港で発生していた、台風19号の影響によるアクセス交通の乱れが全て解消しました。

(11/18 22時現在)

■仙台空港:
・宮城県 川崎方面 みやぎ蔵王 三源郷エアポートライナー 国営みちのく杜の湖畔公園行・川崎町役場前行(タケヤ交通)::11/18- 平常運行再開
・その他バス路線:11/18- 平常運行(運休情報なし)

※公式な情報は、公式サイトで各自ご確認ください。

交通情報などのリンクを貼っておきます。

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/
 ・統合災害情報システム(DiMAPS) http://www.mlit.go.jp/saigai/dimaps/index.html
 ・災害・防災情報 http://www.mlit.go.jp/saigai/index.html(バス路線など運休情報等が一路線単位で公表されています。)

仙台空港公式サイト https://www.sendai-airport.co.jp/
タケヤ交通 http://www.takeyakoutu.jp/
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

2019年11月16日

台風_11/16- 福島 近隣鉄道ほぼ再開

□台風19号災害の影響 11/16〜 福島空港 近隣鉄道全路線ほぼ再開へ

交通各社は16日朝までに、台風19号の影響に関する16日以降の運行予定を発表しました。

宮城県内での道路通行止の影響により、仙台空港を発着するバス路線に迂回が発生しています。
16日は、福島空港近くを通る磐越東線が全線再開します。これにより、台風19号の影響による福島空港近隣JR線は全区間再開となります(水郡線のみ茨城県内の常陸大子以南で一部区間運休継続中)。

(11/16 6時現在)

■仙台空港:
・宮城県 川崎方面 みやぎ蔵王 三源郷エアポートライナー 国営みちのく杜の湖畔公園行・川崎町役場前行(タケヤ交通):10/16〜 道路通行止による迂回運行特別ダイヤ(停留所通過有)
・その他バス路線:11/16- 平常運行予定(運休情報なし)

■福島空港:
・郡山駅前行(福島交通):11/16- 平常運行予定
・最寄鉄道(泉郷が最寄駅、郡山がアクセスバス発着駅)
 JR水郡線:11/16- 常陸大子-西金間 終日運休予定(泉郷前後の郡山-常陸大子間は平常運行予定、運休区間はバス代行)
 JR磐越東線:11/16- 平常運行再開予定
 JR東北本線:11/16- 平常運行予定
 JR磐越西線:11/16- 平常運行予定
 東北新幹線:11/16- 平常運行予定

※公式な情報は、公式サイトで各自ご確認ください。
※道路通行止に伴う迂回は、開通後に再開される可能性あり。突如予定が変更されますので、公式サイトで確認することをおすすめします。

※福島空港付近のアクセス交通は、福島県内のJR線について台風19号の影響による運休が全て再開となりましたので、今後、福島空港関係の運休情報は更新しません。

交通情報などのリンクを貼っておきます。

国土交通省 http://www.mlit.go.jp/
 ・統合災害情報システム(DiMAPS) http://www.mlit.go.jp/saigai/dimaps/index.html
 ・災害・防災情報 http://www.mlit.go.jp/saigai/index.html(バス路線など運休情報等が一路線単位で公表されています。)

仙台空港公式サイト https://www.sendai-airport.co.jp/
福島空港公式サイト https://www.fks-ab.co.jp/

タケヤ交通 http://www.takeyakoutu.jp/
JR東日本 https://www.jreast.co.jp/
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

2019年11月15日

仙台_11月バス便時刻変更

■仙台空港(仙台国際空港) アクセスバス便時刻変更(2019年11月)

11/15
◎第一観光バス 鳴子温泉郷シャトルバス 仙台空港3番-ホテルオニコウベ( 0→ 1)


11月15日:
鳴子温泉方面が新設されます。2月21日までの期間限定運行(12月28日〜1月5日は運休)。途中停留所は、鳴子温泉駅のほか鳴子温泉郷の旅館12か所。空港発は三本木PAで5分のトイレ休憩、空港行はあ・ら・伊達な道の駅で約60分の昼休憩あり。送迎バス扱いで、事前予約制(当日空きがあれば利用可能)。鳴子温泉郷まで約1時間30分〜2時間30分2,500円。

鳴子温泉郷シャトルバス(みやぎ大崎観光公社公式サイト)
https://osakicity-navi.jp/miyagi/bus/

posted by johokotu at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

下地島_木材優良で沖縄初受賞

■下地島空港 みやこ下地島空港ターミナルが木材利用優良施設コンクールで沖縄県初めての受賞

下地島空港ターミナルは13日、今年3月に供用開始した旅客ターミナルビル(みやこ下地島空港ターミナル)が木材利用優良施設コンクールで受賞したと発表しました。

下地島空港ターミナルが受賞したのは木材利用推進中央協議会が主催している木材利用優良施設コンクール。建物としてみやこ下地島空港ターミナルを応募しており、木材利用推進中央協議会会長賞を受賞しています。
今年は全77件の応募があり、13件の受賞対象のひとつになったとしています。

みやこ下地島空港ターミナルは、チェックイン棟などで、国産のスギを用いた直交集成材(CLT)を大規模に用いるなどしています。

みやこ下地島空港ターミナルの受賞は、平成5年度から始まった同コンクールで沖縄県で初めての受賞となります。国内空港関係の建物では、来年4月に閉鎖されることが決まった熊本空港国内線旅客ターミナルビルが平成25年に受賞しているなど、数件の受賞実績があります。

みやこ下地島空港ターミナル、木材利用優良施設コンクールで沖縄県内初受賞(下地島空港ターミナル公式サイト)
https://shimojishima.jp/wp-content/themes/shimoji-airport/pdf/2019/191113_press.pdf
ラベル:下地島空港
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | 下地島空港 | 更新情報をチェックする

静岡_地上新サービス開始へ

■静岡空港(富士山静岡空港) 地上アクセス交通の新サービスを開始へ、カーシェアと駐車場予約サービス

富士山静岡空港は、来月から、地上アクセス交通の新サービスとして、カーシェアリングと駐車場予約サービスを開始すると発表しました。明日15日から駐車場の予約受付が開始されます。

富士山静岡空港で始まるのは、地上アクセス交通の新サービスで、カーシェアリングサービスと有料の駐車場予約サービスの二つです。
サービスの開始は、カーシェアリングサービスが12月中旬から、駐車場予約サービスが12月15日からとしています。

カーシェアリングは、タイムズモビリティが提供するサービスで、旅客ターミナル西側に専用発着場を3台分開設します。24時間365日利用できるサービスとして紹介されていますが、車の入出庫は5時30分〜23時30分のみ可能になるとしています。
駐車場予約サービスは、現在の第1駐車場の中で旅客ターミナルに近い一角を区切って始める新サービスです。開港以来初めての有料駐車サービスとなります。利用は12月15日からで、予約は明日15日から開始されます。

静岡空港は、ターミナル地区付近に住居や商業施設などがなく、一番近い交差点まで行くのも1キロほどある山の上にあります。このため、ほぼ100%の利用者が、自家用車、バス、タクシー、レンタカーなど何かしらの車でアクセスしています。
駐車場は、現在無料ですが、便数増加に伴って、使用頻度が高くなっており、繁忙時期には満車になることもあるとしています。今回の予約制駐車場は、お金を払ってでも確実に停めたい需要に応えるものになります。

駐車場予約サービス、カーシェアリングサービスの導入について(富士山静岡空港公式サイト)
http://www.mtfuji-shizuokaairport.jp/information/parking20191101/index.html
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | 静岡空港(富士山静岡空港) | 更新情報をチェックする