2019年11月07日

成田_基本計画53年ぶり改訂

■成田国際空港(成田空港) 基本計画を53年ぶりに改訂

国土交通省(国交省)は6日、成田国際空港(成田空港)の基本計画を改訂すると発表しました。

基本計画の改訂は、成田空港の更なる機能強化の合意内容に沿って行われるもの。現在の計画は昭和41年に定めたものを踏襲しており、改訂は、開港後初めてで、開港前以来53年ぶりとなります。

内容は、「横風用滑走路の計画を廃し、新たにB滑走路延長・C滑走路新設を行 ことに伴い、滑走路の配置・空港敷地の面積等に関する項目を改定」したとしています。
具体的には、旧計画で1060ヘクタール程度だった空港敷地が2600ヘクタール程度に倍増している他、昭和48年度末に全工事完成とされていた工事完成の予定期限を「滑走路等は令和12年(2030年)を目処に、
所要の諸施設はその後の需要に応じて順次」と変更。その他必要な基本事項に「空港の設置管理は、航空機騒音等による障害の防止、生活環境の改善等を着実に実施しつつ行う。」を加えるなどしています。

更なる機能強化については、今年3月に国、千葉県、地元市町、成田国際空港株式会社からなる四者協議会で、合意されています。
結局、昭和48年の全工事完成は実現しないまま、50年ほど遅れて内容が改訂されることになりました。

成田国際空港の基本計画を改定します〜成田国際空港の更なる機能強化に向けて〜(国交省公式サイト)
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku07_hh_000125.html
ラベル:成田
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | 成田国際空港(成田空港) | 更新情報をチェックする

CDC_外国人航空経営許可

□CDC 外国人国際航空運送事業の経営許可

国土交通省(国交省)は6日、中国の長竜航空(CDC)から出されていた外国人国際航空運送事業の経営許可申請について同日付で許可したと発表しました。

CDCが許可されたのは、外国人国際航空運送事業の経営許可。中国との間の旅客運送事業で、具体的には、11月7日から中部国際(中部)-西安間、12月2日から中部-杭州間と関西国際-杭州間各週7往復の計画で許可されています。

外国航空会社の日本への新規乗り入れ許可 〜外国人国際航空運送事業の経営許可〜(国交省公式サイト)
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku05_hh_000148.html
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする