2020年01月04日

◇アップした旅行記一覧

■これまでにアップした旅行記

2019年09月 「深夜空港でDREAMS見たNEW!
 訪問空港:鳥取・但馬・関西国際・徳島・中部国際
 様々な障害を乗り越えてやっと着いた深夜の空港で夢(DREAMS)を見たというお話
 ■旅行後の話題:格安移動のDREAMSを考える
 旅行前0日目1日目2日目3日目旅行後

2019年08月・09月 「日本国を感じる空港見学NEW!
 訪問空港:新潟・庄内
 空港見学したら日本国を体感できたというお話
 ■旅行後の話題:訪日外国人の困り事から日本国の問題を考える
 旅行前1日目2日目旅行後

2019年05月 「アルプス越えて陸から北へ
 訪問空港:富山・小松・能登・松本
 アルプスを越えて陸上から北の陸へ行ってみたというお話
 ■旅行後の話題:空港にある陸上施設(スポーツ施設)と行政施設
 旅行前1日目2日目旅行後

2019年04月 「席で左右された快適旅
 訪問空港:東京国際・熊本・福岡・静岡
 指定座席で快適さが左右された旅だったというお話
 ■旅行後の話題:よく分からない空港アクセス交通
 旅行前1日目/2日目(旅行無)/3日目旅行後

2019年02月 「富士を眺めに大島へ
 訪問空港:大島
 空港から日本一の富士山を眺めてきましたというお話
 ■旅行後の話題:富士山が見える空港
 旅行前1日目2日目旅行後

2019年01月 「駅から便利に空港訪問
 訪問空港:百里
 鉄道駅からのバスアクセスでも便利な空港だったというお話
 ■旅行後の話題:意外と多い駅からバスが便利な空港
 旅行前1日目旅行後

2018年09月 「いつもおき楽に邦基知る
 訪問空港:東京国際・出雲・隠岐・美保
 出雲、隠岐、伯耆を旅すれば、いつもおき楽に邦基が分かるブラタモ旅になるというお話
 ■旅行後の話題:なぜそこに空港があるのか、ブラブラしながら解き明かします
 旅行前1日目2日目3日目4日目旅行後

2018年08月 「ダイナミックに繋ぐ旅
 訪問空港:大阪国際・大分・名古屋
 トロトロ鈍行からビュンと航空へダイナミックに繋いだら、子供達と未来にダイナミックに繋がったというお話
 ■旅行後の話題:空港で子供と楽しもう
 旅行前1日目/2日目(旅行無)/3日目旅行後

2017年09月 「飽きずに驚きの秋田へ
 訪問空港:大館能代・青森・秋田・山形
 飽きずに秋田に行ったらびっくりなんとの連続だったというお話
 ■旅行後の話題:山の頂上付近に造成された空港
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2017年05月 「維新を感じに萩・石見へ
 訪問空港:東京国際・山口宇部・石見
 萩・石見で維新150年を感じてきましたというお話
 ■旅行後の話題:次々出てくる空港キャラクター
 旅行前1日目2日目旅行後

2017年03月 「空港に泊まってみよう
 訪問空港:成田国際・広島・岡南・神戸・関西国際
 空港で快適に寝る方法を調べてみましたというお話
 ■旅行後の話題:空港野宿の実態
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2016年04月 「高くて行きづらい島へ
 訪問空港:東京国際・奄美・喜界
 ダイヤ不便で運賃高い。奄美行くのをアマくミ過ぎたというお話
 ■旅行後の話題:利用維持に重要な運航ダイヤ
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2015年08月(2) 「二週連続で南東北へ
 訪問空港:仙台
 震災から4年経って人の動きを感じられたというお話
 ■旅行後の話題:まだまだ整備できる空港へのアクセス鉄道
 旅行前1日目旅行後

2015年08月(1) 「鉄道で今度は南東北へ
 訪問空港:山形
 乗り継ぎ不便だから結局新幹線を使いましたというお話
 ■旅行後の話題:空港でも増えてきた自転車アクセス
 旅行前1日目旅行後

2015年07月 「格安に東海道を横断
 訪問空港:名古屋・中部国際・静岡
 飛行機に乗りたいのに夜行は電車が便利だったというお話
 ■旅行後の話題:飛行機の夜行便
 旅行前1日目2日目旅行後

2015年02月 「潰れる空から九州へ
 訪問空港:東京国際・福岡・宮崎・鹿児島・熊本・佐賀
 航空会社の破たんに振り回された旅行だったというお話
 ■旅行後の話題:SKYの破たんと羽田発着枠
 旅行前1日目2日目旅行後

2014年09月 「格安の波に乗って中四国へ
 訪問空港:成田国際・広島・松山・岡山・美保・出雲
 格安乗るにも成田はやっぱり不便だったというお話
 ■旅行後の話題:格安航空誘致に重要な空港アクセス
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2013年02月 「快適バスで日帰り見学
 訪問空港:百里
 アクセスバスは安くて速くて快適だったというお話
 ■旅行後の話題:一社しか飛んでいない空港
 旅行前1日目旅行後

2012年11月 「最後は火山の空港へ
 訪問空港:三宅島
 最後に訪問したのは驚きの火山の島でしたというお話
 ■旅行後の話題:三宅島便就航の傾向と対策
 旅行前1日目2日目旅行後
 ※2000年雄山噴火の影響により大きな被害を受けている地域の旅行記です。被災されている皆様に心よりお見舞い申し上げます。噴火はいまだ続いており、訪問時と状況が大きく変化している可能性があります。

2012年11月 「そうだ那覇行こう
 訪問空港:成田国際・那覇
 LCCで那覇へ行ったらひどい!ばっかりだったというお話
 ■旅行後の話題:エアアジア・ジャパンも含めたLCC3社を徹底比較
 旅行前1日目2日目旅行後

2012年09月 「佐渡でトンだ事態
 訪問空港:佐渡・新潟
 佐渡に飛行機に乗りにいったらトンだ事態になりましたというお話
 ■旅行後の話題:地方空港と羽田発着枠の関係
 旅行前1日目2日目旅行後

2012年9月 「初LCCにハラハラ
 訪問空港:関西国際・長崎・岩国・福岡・北九州・東京国際
 LCCに乗ったら、脅された!急がされた!恥かいた!というお話
 ■旅行後の話題:フイルムカメラの使用基準
 旅行前1日目2日目3日目4日目旅行後

2011年5月 「北海道へ弾丸旅行
 訪問空港:東京国際・新千歳・帯広・札幌
 北海道を急いで回って霧雨に3連敗してきました!というお話
 ■旅行後の話題:北海道の小さな飛行場
 旅行前1日目2日目旅行後

2010年12月 「南の果てから
 訪問空港:東京国際・那覇・石垣・波照間・新石垣
 南の果てに加え新石垣の見学会も行ってきました!というお話
 ■旅行後の話題:八重山地方のアクセス
 旅行前1日目2日目旅行後

2010年09月 「最後の広島西へ
 訪問空港:東京国際・神戸・鹿児島・広島西・名古屋
 広島便より新幹線よりSKY鹿児島便のほうが安いやん!というお話
 ■旅行後の話題:空港の廃港騒動
 旅行前1日目2日目旅行後

2010年07月 「隠岐がる?旅行へ
 訪問空港:東京国際・出雲・隠岐・美保・鳥取・神戸・徳島・大阪国際
 隠岐楽隠岐がるに行ったつもりが上陸時間短くて何もできませんでしたというお話
 ■旅行後の話題:愛称が付いている空港
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2010年05月 「東の端を視察へ
 訪問空港:東京国際・新千歳・札幌丘珠・釧路・帯広・中標津
 北方領土を根室から視察してきましたという話
 ■旅行後の話題:札幌飛行場の路線撤退騒動
 旅行前1日目2日目旅行後

2010年02月 「琉神と球美島へ
 訪問空港:東京国際・沖縄那覇・久米島・中部国際・成田国際
 久米島で琉神マブヤーに会ってきましたという話
 ■旅行後の話題:国内の離島空港の状況
 旅行前1日目2日目旅行後

2010年01月 「再び南へ
 訪問空港:成田国際・沖縄那覇・沖永良部・鹿児島・大阪国際・神戸・徳島・東京国際
 沖永良部へ遊覧飛行かと思ったら自分が最悪の席だったという話
 ■旅行後の話題:薩南諸島へのアクセス
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2009年12月 「過去と未来へ
 訪問空港:鹿児島・種子島・屋久島・枕崎・宮崎・東京国際
 いよいよ宇宙へ進出します!という話
 ■旅行後の話題:南九州にある空港の過去
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2009年08月 「夏の離島めぐり
 訪問空港:成田国際・福岡・対馬・壱岐・小値賀・上五島・福江・長崎・那覇・南大東・北大東
 離島に行ったら世界が回っちゃいましたという話
 ■旅行後の話題:離島めぐり後に巻き込まれたとんでもない事態
 旅行前1日目2日目3日目4日目5日目6日目7日目8日目旅行後

2009年05月 「日本最北端へ
 訪問空港:稚内・利尻・礼文・オホーツク紋別・女満別・弟子屈・旭川
 日本の最北端でぼったくられ続けましたという話
 ■旅行後の話題:全国にある旧軍飛行場
 旅行前1日目2日目3日目4日目旅行後

2009年03月 「奄美群島へ
 訪問空港:鹿児島・喜界・奄美・徳之島
 地図と地上係員に騙されましたというお話
 ■旅行後の話題:徳之島の地図と実態
 旅行前1日目2日目3日目4日目旅行後

2009年02月 「伊豆諸島周遊!?
 訪問空港:神津島・大島・八丈島
 結構欠航にはまってしまいましたというお話
 ■旅行後の話題:旅行時の天候を振り返る
 旅行前1日目2日目3日目4日目旅行後

2009年01月 「宮古諸島へ
 訪問空港:成田国際・沖縄那覇・伊江島・宮古・多良間・下地島・東京国際
 お椀に乗っては与論に行けませんでしたというお話
 ■旅行後の話題:下地島定期便復活の可能性
 旅行前1日目2日目3日目4日目旅行後

2008年12月 「初離島は最西端
 訪問空港:神戸・石垣・与那国・粟国・沖縄那覇・東京国際
 与那国にマイルで行けなかったというお話
 ■旅行後の話題:予約しにくいマイル
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2008年12月 「遠い南紀へ
 訪問空港:南紀白浜・関西国際・東京国際
 南紀白浜の滑走路を独占しました!というお話
 ■旅行後の話題:世界遺産に行ける便利な空港
 旅行前1日目2日目旅行後
 ※2011年台風12号の影響により大きな被害を受けた地域の旅行記です。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。訪問時と状況が大きく変化している可能性があります。

2008年10月 「バタバタと北陸へ
 訪問空港:富山・能登・小松・福井
 行き先を直前に決めたら現地でバタバタになっちゃったというお話
 ■旅行後の話題:日本にある軍民共用空港
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2008年09月 「鉄道で南東北へ
 訪問空港:庄内・山形・仙台
 海近くの空港でも海はなかなか見えません!というお話
 ■旅行後の話題:各地方の地域ハブ空港
 旅行前1日目2日目3日目旅行後
 ※2011年東日本大震災の影響により大きな被害を受けた地域の旅行記です。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。訪問時と状況が大きく変化している可能性があります。

2008年08月 「中日本から北東北へ
 訪問空港:名古屋・秋田・大館能代・花巻・東京国際
 日本第二位の湖の上で道に迷ってしまったというお話
 ■旅行後の話題:平成生まれの新しい空港
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2008年07月 「日本最長の海の下
 訪問空港:東京国際・三沢・青森・函館・奥尻
 日本最長の地底トンネルは真っ暗でうるさかったですというお話
 ■旅行後の話題:北海道離島へのアクセス
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2008年05月 「日本最長の海の上
 訪問空港:東京国際・松山・高松・徳島・高知
 日本最長の海上橋梁はとにかく長かったですというお話
 ■旅行後の話題:地域ならではの空港の珍しい施設
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2007年12月 「意外と広い九州へ
 訪問空港:東京国際・福岡・佐賀・長崎・宮崎・鹿児島・枕崎・天草・熊本
 九州は意外と広くて時間がかかったなあというお話
 ■旅行後の話題:九州で定期便を運航する地域航空会社
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2007年11月 「羽田から中国へ
 訪問空港:東京国際・広島・岡南・岡山・鳥取・美保・出雲・石見・広島西
 話題の羽田発着で中国!?へ行ってきましたというお話
 ■旅行後の話題:国内にある近隣空港
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2007年06月 「初夏の道内グルリ
 訪問空港:東京国際・女満別・紋別・旭川・札幌・帯広・釧路・中標津・新千歳
 なんだか霧霧霧っとしていたなあというお話
 ■旅行後の話題:意外な道東の気候
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2006年03月 「初の空港訪問
 訪問空港:山口宇部・新北九州・東京国際
 スタフラの社長と就航記念品に驚愕してしまいましたというお話
 ■旅行後の話題:新航空会社スターフライヤーの戦略
 旅行前1日目2日目旅行後
ラベル:旅行記
posted by johokotu at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

◆2020年使いたいアクセス

■新年特集 2020年に使いたい空港アクセス交通はこれだ!


今年も三が日を過ぎてもまだまだ新年特集!全国に100近くもある空港を発着する、今年話題になりそうなアクセス交通を取り上げます。
実は便利な空港アクセス交通を、今年は選んでみては?

1.下地島空港/沖縄県宮古空港/沖縄県
バス 系統9番みやこ下地島空港リゾート線 みやこ下地島空港-空港ターミナル前-シーブリーズカジュアル前(宮古協栄バス)
 新規路線(昨年3月新設)
下地島空港の定期便再開にあわせて、下地島と宮古の両空港を経由する新しいバス路線が実現しています。同一市内に二つの空港があるのは、日本広しと言えども宮古島市だけ。それらが結ばれているだけでも珍しいですが、新設された路線は二系統あり、その日の気分で選択もできてしまいます。日本最長の無料橋から宮古ブルーの海を眺められるなど、観光気分も楽しめる路線です。
このうち、宮古共栄バスの新路線は、伊良部島にも停留所を設けた、地元民も使えるバス。伊良部島、下地島の行きたいところにより行きやすくなっています。
もしも、じっさい宮古ブルーにラブしたら、バスで伊良部、下地へ行ってみよう。

2.成田国際空港(成田空港)/千葉県
鉄道 成田スカイアクセス線 成田空港-京成上野(京成電鉄)
 既存路線
新幹線計画の失敗で、陸の孤島、欠陥空港などと言われ続けて40年。成田国際空港(成田空港)への鉄道アクセスが少しずつ改善中です。
昨年10月には、新幹線崩れの京成スカイライナーが増発。全時間帯通じて20分間隔運行になり、利便性が大幅に向上しました。(一般電車は相変わらず陸の孤島な40分間隔)。
さらに、空港運用時間の拡大に合わせて、深夜時間帯の増発も実現しています。格安バス便に圧され気味の鉄道利便性がわずかですがアップしています。
それなり多頻度、一直線。今年、成田へは、便利になりたいスカイライナーで行こう。

3.徳島空港(徳島阿波おどり空港)/徳島県
バス 鳴門公園-徳島阿波おどり空港-ゆめタウン徳島(徳島バス)
 新規路線(昨年10月新設)
徳島空港発着のバス路線が大幅再編。鳴門と徳島市内を結ぶ一般路線バスが廃止となり、鳴門と藍住方面を結ぶ系統に変更されました(徳島市内へはリムジンバスが引き続き運行)。
地元民の利便性が高まったほか、近くの高速バス拠点である松茂にも停まるようになったことで、県内各所を結ぶ高速バスへの乗り継ぎ利用も便利になっています。
今年はトクトクになるとか夢がある。バスに乗って松茂係長にアイに行きたいですね。

4.奄美空港/鹿児島県
バス 赤木名外金久-奄美空港-古仁屋海の駅(しまバス)
 新規路線(昨年10月新設)
奄美大島北部にある奄美空港から南端の古仁屋への直行バス路線が復活しました。
奄美空港の路線バスは、数年前に30分間隔化、さらに昨年系統を空港で分割して乗り継ぎ拠点化するなど、路線維持の試行錯誤が続いている路線です。昨年10月のダイヤ改正で、名瀬市内へ30分間隔はそのままに系統を再編。赤木名の利便性を向上させた上で、空港から直接島南部にも行きやすくしています。
奄美のバスは、待ち時間の余裕をあまり見なくても乗れちゃいます。これはもう、バスで古仁屋へ来にゃ損損。

5.新千歳空港/北海道
鉄道 千歳線他 新千歳空港-札幌-小樽(北海道旅客鉄道)
 既存路線
国際線ターミナルが拡張し、訪日客が増えている新千歳。鉄道駅も、昨年、訪日客を意識した改修を完了しています。
さらに利用者増に対応し、快速エアポートの、昼間時毎時4便(15分間隔)から毎時5便(約12分間隔)への増発と、更なる速達列車となる特別快速の朝晩時間帯の新設が、今春に行われることになっています。
2020年は、前身の空港直結駅である南千歳駅=旧千歳空港駅が開設されてから40周年の記念年。快速エアポートの指定席uシートも20周年を迎えます。
今年の千歳からの移動は、便利になる快速のuシートに、オタる有志とちと積極的に乗ってみては?

6.静岡空港(富士山静岡空港)/静岡県
バス 富士山静岡空港-新金谷駅(大鉄アドバンス)
 新規路線(昨年7月新設)
開港から10年を経て、実質最寄駅の金谷駅への直行バスが、ついにスタートしました。
遠回り経路を通る藤枝駅まで35分、実は道路を通ると最寄ではない島田駅まで25分に対し、金谷駅まではたった15分。距離が短いので、渋滞リスクも少なく、バスに乗る抵抗感も低めです。
現在のダイヤは駅での接続が良くないため、静岡方面への乗り継ぎは、藤枝行きや島田行きと大差はないですが、今後の増便・ダイヤ次第では一便早い電車に乗れるようになる可能性も。定時性と速達性向上が期待される路線です。
今回は、一年間の実証運行の予定。利用が定着して延長されるのか期待です。
空港と新幹線が交わる地で決意する。鉄道に乗るなら、まずはバスでアクセスするしかありません。おーい、お茶の飲み比べのように、大井川沿いの静岡でちゃんとバスを乗り比べてみようよ。

7.那覇空港/沖縄県
バス 那覇空港-瀬長島ホテル前(中部観光サービス)
 新規路線(昨年7月新設)
「俺だけの那覇空港」と言えば瀬長島、瀬長島と言えば「俺だけの那覇空港」。そんな、スポッターに大人気の瀬長島へ那覇空港から路線バスが新設されました。もう、渡さんと一緒に日本最南端の赤嶺駅に渡らなくても良いんです。空港から直行できるようになりました(バスは赤嶺駅を経由します)。
地に足のつかないフワフワした人も、地べたを這いずる乗り物好きな人も、那覇空港を満喫するなら、今年は、立ち湯の地べたを這いずって、足をつけずにフワフワ浮きながら、眺めるのが大ブーム。あなただけの那覇空港を探りに、ぜひ瀬長島で、背中流してみませんか。

8.長崎空港/長崎県
バス 長崎空港-元諫早駅(島原鉄道)
 新規路線(昨年10月新設)
島原方面のバスが再編され、諫早までに大幅短縮されました。一見、利便性低下に感じますが、諫早〜島原間を鉄道乗り継ぎとすることで、定時性を確保。さらに、バスの距離が短くなったことで便数の増加を実現し、加えて、元諫早駅での島原鉄道との乗り継ぎを考慮したダイヤとして、トータルの利便性を大幅に向上させました。
鉄道とバスが同じ会社だから実現したもので、双方の資産を最大限に活かしつつ、多頻度ライドアンドライドとした好例。アクセスに悩む地方空港の参考になりそうな事例です。
さらに、島原鉄道はオリエンタルエアブリッジとも提携し、長崎空港を拠点にした動きが拡大しています。
おしまいにバラバラ行くより、初めから拠点に集めたライドアンドライドなら、高頻度で、便利で、はやいさ。

9.東京国際空港(羽田空港)/東京都
鉄道 羽田空港国内線ターミナル駅・羽田空港第1ビル駅・羽田空港第2ビル駅・羽田空港国際線ターミナル駅・羽田空港国際線ビル駅(東京モノレール・京浜急行電鉄)
 既存路線
今年3月、東京国際空港(羽田空港)のターミナル名称変更に合わせて、鉄道駅の名称が変わります。
これまでビル、ターミナルなどと会社により分かれていた表現や、日本語と英語でバラバラだった駅名を統一。同じ駅なのにまるで違うようだった駅がやっと名実ともに同じ駅になります。
今年は東京オリンピック・パラリンピック観戦で海外からの玄関駅になる羽田空港。大勢やって来る訪日外国人がまず最初にぶち当たるのがカオス過ぎる駅名です。迷いの原因が消え去る名称変更に大きく期待です。
頭狂になりそうな迷い所はねだんより切符の買い方より改札の通り方より駅名。ビルかタミか、国際線か第3か、羽田か成田か大田か蒲田たたたーっか田テトリス田か。OKYOのように何度唱えても、駅名を記名されても、分からないものは分からない。tOKYOへは分かりやすくなる鉄道で。□い頭を○くして、羽□+T○KY○を、たったかたったか行き来しよう。

10.選んで使おう、すべての空港アクセス交通へ!
日本全国、どの空港アクセス交通も注目点はいっぱい。上記9路線以外にも日本には多くの空港アクセス交通があります。
今年は、便利な路線を探して乗ってみませんか。


■1月1日時点で、空港(ターミナル)から徒歩10分圏内に公共のアクセス交通がない空港(▲は定期便就航空港)
福井、大分県央、与論▲、粟国、慶良間、北大東▲、南大東▲、波照間

■アクセス交通の変化を調べよう
バス便」ラベルから過去のバス路線変化が検索できます。
鉄道便」ラベルから過去の鉄道路線変化が検索できます。
船舶便」ラベルから過去の船舶路線変化が検索できます。
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする