2020年01月16日

千歳_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/千歳飛行場
日本空港情報館
千歳飛行場

top.jpg
千歳飛行場(千歳基地)入口

■飛行場の概要
北海道千歳市と苫小牧市にまたがる共用空港(旧・その他飛行場)です。
大正15年、千歳村民により開設した着陸場が前身。昭和14年に旧日本軍基地となり、終戦後は米軍基地を経て、昭和26年民間機が就航しました。昭和32年には航空自衛隊が移駐されて軍民共用飛行場となり、昭和63年に隣接地に新千歳空港が開港するまで、北海道の表玄関として活躍しました。
旅客ターミナルは平成4年まで使用され、その後も飛行場機能はそのまま残存。現在は航空自衛隊千歳基地としての機能がメインとなっていますが、新千歳空港に隣接する共用空港として扱われており、新千歳空港を離着陸する民間機が千歳飛行場のエリアに駐機されることも見られます。
令和2年1月現在、旅客ターミナルは撤去され、千歳空港発着としての定期旅客便の就航はありません。


■飛行場種別:共用空港(旧・その他飛行場)
■設置管理者:防衛省
■滑走路延長:(A)2700m/(B)3000m
■空港コード:===/====
■旅客ビル管理者:(旅客ビルなし)


■施設の見どころ:◎==== 大規模/新千歳空港に隣接する珍しい飛行場で、旅客機は基本使用しない共用空港になっています。旅客ターミナルはありません。
■見学者への対応:===== (旅客ターミナルはありません)
■売店の充実度:===== (旅客ターミナルはありません)
■アクセスの状況:◎==== 鉄道 無/バス 無/旧ターミナル地区はJR南千歳駅から徒歩20分ほど


※就航路線は令和2年1月、そのほかの情報は特記以外平成23年5月現在のものです。
01.jpg旧ターミナル地区(旅客ターミナル跡地 正面)
(写真は平成23年5月撮影)
千歳空港の東側、新千歳空港の北方に、旅客ターミナルがありました。このターミナルは平成4年の新千歳空港ターミナル移転に伴い閉館。平成7年に商業施設「千歳NEWS」となりましたが、3年で閉店となり、平成13年に解体されました。
現在、旅客ターミナル跡地は更地になっています。
02.jpg旧ターミナル地区(旅客ターミナル跡地 更地の様子)
(写真は平成23年5月撮影)
滑走路と旧前面道路との間に大きな更地が広がっています。

旧ターミナル地区へ公共交通機関を利用してアクセスする場合、新千歳空港のターミナル地区との間にある、エアカーゴ前バス停が最寄りとなります。徒歩15分ほどのところにあります(後述の南千歳駅まで徒歩約20分、新千歳空港国内線旅客ターミナルまでも徒歩30分ほど)。
03.jpg旧ターミナル地区(旅客ターミナル跡地 前面)
(写真は平成23年5月撮影)
旅客ターミナル跡地の前面道路はそのまま残っており、車いす乗降場のスロープなどが残存しています。
04.jpg格納庫群
(写真は平成23年5月撮影)
千歳飛行場エリアには自衛隊施設以外も整備されています。最も目立つのが3つの格納庫で、政府専用機格納庫、海上保安庁格納庫、日本航空格納庫が並んでいます。この周辺のスポットは民間向けにも運用されており、新千歳空港発着の飛行機が駐機されることがあります。
05.jpg旧ターミナル地区(駐車場跡地)
(写真は平成23年5月撮影)
駐車場跡地は舗装された空間がそのまま残っています。訪問した平成23年は新千歳空港旅客ターミナル改修工事の工事ヤードとして使われていました。
06.jpg地上アクセス施設(南千歳駅)
(写真は平成23年5月撮影)
千歳飛行場旧旅客エリアの北東には北海道旅客鉄道の南千歳駅があります。千歳線、石勝線、千歳空港線の3線が接続するこの駅は新千歳空港ができるまで千歳空港駅と称していました。
この駅から旅客ターミナルの間には長い連絡橋が接続していましたが、旅客ターミナル取り壊しに伴い、連絡橋も撤去されています。現在、駅から旧旅客エリア付近へ向かい、国道36号線を越える連絡歩道橋がありますが、実はこれが旧連絡橋で、旧旅客エリアとの境目で切断されています。
旧ターミナル地区から目の前に見えますが連絡橋が分断されているため、徒歩でアクセスする場合、南側へ大回りして約20分かかります。
07.jpg周辺見所施設(空港公園)
(写真は平成23年5月撮影)
南千歳駅の東側には空港公園があります。園内には千歳飛行場・新千歳空港の歴史に関する案内板や、村民顕彰の碑、北海1号機、酒井憲次郎操縦士のモニュメントが設置されています。
この公園は柏台公園と言われており、平成20年に空港公園として再整備されたものです。設置されているモニュメント類は、元々新千歳空港構内に平成7年に設置された空港公園にあったもの。新千歳空港の新国際線ターミナル工事に伴い平成19年に同公園が廃止されたため、千歳市が移設しています。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線なし)
就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
-

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■千歳飛行場についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
-
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※千歳飛行場の公式サイトではありません。

開設月日 2011.06.06
初調査日 2011.05.28
前調査日 2011.05.28
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新千歳空港/千歳飛行場 | 更新情報をチェックする

成田_TYO-NRT詳細発表

■成田国際空港(成田空港) エアポートバス成田・東京の詳細発表

京成バス、ジェイアールバス関東、ビィー・トランセホールディングスの3社は15日、2月1日に各社の路線を統合して誕生するAIRPORT BUS『TYO-NRT』(エアポートバス東京・成田)の運行ダイヤを発表し、予約受付を開始しました。

エアポートバス東京・成田は、京成バスとジェイアールバス関東が運行している東京シャトルと、ビィー・トランセホールディングスが運行しているTHEアクセス成田を統合するもの。運行便数は、現在255便(東京シャトル113便、THEアクセス成田142便)から284便に拡大します。東京駅発着はほぼ全時間帯にわたり、10分間隔化されます。
予約可能便は、東京側発133便中37便のみに限定。昼間時20分間隔で設定されており、ほぼ全便が予約不可能便と同時刻続行運行となる予定です。

今回発表された運行ダイヤによりますと、統合は、二種類のバスを大きく再編することなく統合した印象です。
銀座駅、東京駅での乗降場所統一は実現しましたが、発着地が増えて分かりにくさが増加した上、予約可能便は限定、トイレ有車両とトイレ無車両が大幅に混在するなど、サービス品質はバラバラのままとなる模様です(予約可能便は基本トイレ付)。

TYO-NRT│エアポートバス東京・成田公式サイト
https://tyo-nrt.com/
posted by johokotu at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 成田国際空港(成田空港) | 更新情報をチェックする

道7空港_ビル民間委託開始

■北海道七空港 ビル事業の民間委託を開始

北海道エアポートは15日、北海道七空港(稚内、旭川、女満別、釧路、帯広、新千歳、函館)の旅客ターミナルビル、貨物ターミナルを運営する八社を完全子会社化、八社を通じてビル施設等事業を開始したと発表しました。

北海道エアポートの完全子会社となったのは、稚内空港ビル、旭川空港ビル、女満別空港ビル、釧路空港ビル、帯広空港ターミナルビル、新千歳空港ターミナルビルディング、札幌国際エアカーゴターミナルビル、函館空港ビルデングの八社。1月に各社を完全子会社化し、15日付で、八社を通じたビル施設等事業を開始したとしています。

空港全体の民間委託は、6月以降、来年3月までに順次スタートする予定です。

北海道内7空港特定運営事業等 ビル施設等事業開始について(北海道エアポート公式サイト)
https://www.hokkaido-airports.co.jp/pdf/press_20200115.pdf
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ■北海道地方(礼文・その他) | 更新情報をチェックする