2020年02月23日

百里_東京バス県補助終了

■百里飛行場(茨城空港) 東京線バス茨城県の補助終了も営業割引は継続へ

関東鉄道は18日、4月1日から高速バス茨城空港東京線の運賃を改定すると発表しました。茨城県の運行補助が終了しますが、営業割引を継続するとしています。

茨城空港東京線は、百里飛行場(茨城空港)-東京駅間の高速バス。現在は片道1,530円で運行していますが、茨城空港発着便の航空利用者を確保するために茨城県が運行補助を出しており、当日の航空利用者は500円で乗車できるようになっています。

空港アクセスバスに都道府県が補助を出して格安で運行しているのは非常に珍しい存在でしたが、2020年度から茨城県が運行補助を打ち切るため、4月1日に実質値上げするとしています。
届出上の実施運賃は片道1,780円ですが、急激な運賃変更にならないよう営業割引を継続適用し、片道1,530円(新設の小人運賃は770円)に据え置くとしています。

周辺地域から東京駅までの高速バスの運賃は、石岡からは1,530円、茨城町西ICからは1,930円。茨城空港-つくばセンターは1,050円での運行で、距離が長く茨城県外に出た方が運賃が安いという逆転現象が解消されることになります。

茨城空港〜東京線 運賃改定について(関東鉄道公式サイト)
http://kantetsu.co.jp/news/20021801_bus.html
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

空港偏愛漫画ラストフライト

□飛行機・空港偏愛漫画「前略 雲の上より」がラストフライト

講談社は21日、「前略 雲の上より」の単行本最新刊7巻〔完〕の発売を開始しました。

「前略 雲の上より」は、原作竹本真氏、作画猪乙くろ氏による飛行機・空港偏愛漫画。漫画やドラマなどでは航空に関する話題ばかりの中で、空港にスポットを当てた非常に珍しい漫画でした。
21日に最新刊の7巻の販売を開始しましたが、本刊が最終刊となり、「ラストフライト」と紹介されています。既に漫画雑誌イブニングでの連載は1月28日発売の2020 No.4号で終了しています。

かなりマニアな内容でしたが、空港内の非常に細かい描写は注目で、ラストフライトは残念でなりません。
7巻では、福岡、高知、札幌、沖永良部、新潟、成田国際の6空港のエピソードが収録。1巻から7巻までに39空港(女満別、釧路、帯広、札幌、新千歳、函館、青森、秋田、仙台、庄内、山形、成田国際、東京国際、八丈島、新潟、富山、小松、松本、静岡、中部国際、大阪国際、関西国際、南紀白浜、出雲、岡山、広島、山口宇部、高松、松山、高知、北九州、福岡、熊本、長崎、宮崎、鹿児島、沖永良部、那覇、宮古)が取り上げられました。

ちなみに同漫画では、題名含め様々な有名フレーズの引喩が多数ありますが、日本空港情報館ブログではそこからもじった情報もありますので、探してみて下さい。

【最新刊】原作 竹本真/作画 猪乙くろ『前略 雲の上より』の単行本F巻〔完〕が本日発売開始! 飛行機・空港偏愛漫画、いよいよラストフライト! 桐谷、ヘッドハンティングで海外へ!?(講談社イブニング公式サイト)
https://evening.kodansha.co.jp/news/4985.html
ラベル:漫画
posted by johokotu at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

静岡_2月バス便時刻変更

■静岡空港(富士山静岡空港) アクセスバス便時刻変更(2020年2月)

02/23 富士山の日!
◎富士急行 富士山静岡空港-河口湖駅( 0→ 1)


02月23日:
河口湖方面が新設されます。途中停留所は、御殿場プレミアム・アウトレット、御殿場駅、富士急ハイランド。河口湖駅まで約2時間55分4,000円。

富士山静岡空港と御殿場プレミアム・アウトレット、河口湖を結ぶ バス運行を2月23日より開始予定 〜富士山静岡空港と富士急行が基本協定を締結〜(富士急行バス公式サイト)
https://bus.fujikyu.co.jp/news/detail/id/550
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 静岡空港(富士山静岡空港) | 更新情報をチェックする

熊本_暫定Tマップを公開

■熊本空港(阿蘇くまもと空港) 暫定ターミナルのマップを公開

熊本国際空港は18日、4月7日から使用開始する暫定ターミナルのマップを公開しました。

暫定ターミナルは、駐車場の東側に整備されるもの。現国際線旅客ターミナルビルと繋がるターミナルビルとサテライトビルの二棟で、旅客が利用する1階部分のマップが公開されました。

暫定ターミナルビルは、南側にバスのりば・タクシーのりば、西側に出入口がある配置。保安検査前エリアは、最低限必要なチェックインロビーと到着ロビーがあるのみで、搭乗待合室も1階に整備されます。保安検査後搭乗待合室との間にラウンジと複数の物販店が設けられます。
サテライトビルは、暫定ターミナルビルの手前側(西側)にある建物で、コンビニエンスストア、物販店、フードコートができるとしています。

熊本国際空港公式サイト
https://www.kumamoto-airport.co.jp/company/
(参考)暫定ターミナル工事の様子を取り上げた旅行記:席で左右された快適旅(1日目)
http://johokotu.seesaa.net/article/465891377.html
ラベル:熊本空港
posted by johokotu at 05:00| 東京 ☁| Comment(0) | 熊本空港(阿蘇くまもと空港) | 更新情報をチェックする

北大東_年利用最多2万人突破

■北大東空港 2019年年間利用者数最多2万人突破

国土交通省(国交省)は13日、大阪航空局の管内空港の利用概況集計表速報値(平成31年・令和元年暦年)を発表しました。北大東空港の年間利用者数は2万人を突破、過去最多を更新しました。

12月は速報値となりますが、西日本の空港の2019年利用者数が出揃いました。大阪航空局の発表は暦年合計は出ていないため、各月の発表数の単純合計となりますが、北大東空港の2019年利用者数は21,651人で2万人を突破、開港以来、過去最多となりました。前年比15.1%増で3千人弱増加しています。

2万人突破は年度も含め開港以来初めてとなります。

利用実績速報(大阪航空局公式サイト)
http://ocab.mlit.go.jp/about/total/report/
ラベル:北大東空港
posted by johokotu at 04:00| 東京 ☀| Comment(0) | 北大東空港 | 更新情報をチェックする

佐賀_年利用最多80万人突破

■佐賀空港(九州佐賀国際空港) 2019年年間利用者数最多80万人突破

国土交通省(国交省)は13日、大阪航空局の管内空港の利用概況集計表速報値(平成31年・令和元年暦年)を発表しました。佐賀空港(九州佐賀国際空港)の年間利用者数は80万人を突破、過去最多を更新しました。

12月は速報値となりますが、西日本の空港の2019年利用者数が出揃いました。大阪航空局の発表は暦年合計は出ていないため、各月の発表数の単純合計となりますが、佐賀空港の2019年利用者数は812,666人で80万人を突破、開港以来、過去最多となりました。前年比6.8%増で5万人強増加しています。

年度利用者数では、すでに昨年度に80万人を超過しています(大阪航空局発表の数値では80万人未満)。

佐賀空港では、新型コロナウイルスによる肺炎拡大の影響で中国便の一部欠航が生じており、年度利用者数も80万人台となるか注目されます。

利用実績速報(大阪航空局公式サイト)
http://ocab.mlit.go.jp/about/total/report/
ラベル:佐賀空港
posted by johokotu at 03:00| 東京 ☀| Comment(0) | 佐賀空港(九州佐賀国際空港) | 更新情報をチェックする

但馬_年利用最多4万人突破

■但馬飛行場(コウノトリ但馬空港) 2019年年間利用者数最多4万人突破

国土交通省(国交省)は13日、大阪航空局の管内空港の利用概況集計表速報値(平成31年・令和元年暦年)を発表しました。但馬飛行場(コウノトリ但馬空港)の年間利用者数は4万人を突破、過去最多を更新しました。

12月は速報値となりますが、西日本の空港の2019年利用者数が出揃いました。大阪航空局の発表は暦年合計は出ていないため、各月の発表数の単純合計となりますが、但馬飛行場の2019年利用者数は42,105人で4万人を突破、開港以来、過去最多となりました。前年比10.1%増で4千人弱増加しています。

年度利用者数では、すでに昨年度に4万人を超過しています。

利用実績速報(大阪航空局公式サイト)
http://ocab.mlit.go.jp/about/total/report/
ラベル:但馬飛行場
posted by johokotu at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | 但馬飛行場(コウノトリ但馬空港) | 更新情報をチェックする

関空_年利用最多3千万人突破

■関西国際空港(関空) 2019年年間利用者数最多3千万人突破

国土交通省(国交省)は13日、大阪航空局の管内空港の利用概況集計表速報値(平成31年・令和元年暦年)を発表しました。関西国際空港(関空)の年間利用者数は3千万人を突破、過去最多を更新しました。

12月は速報値となりますが、西日本の空港の2019年利用者数が出揃いました。大阪航空局の発表は暦年合計は出ていないため、各月の発表数の単純合計となりますが、関空の2019年利用者数は31,796,376人で3千万人を突破、開港以来、過去最多となりました。前年比10.2%増で300万人弱増加しています。

3千万人突破は年度も含め開港以来初めてとなります。

利用実績速報(大阪航空局公式サイト)
http://ocab.mlit.go.jp/about/total/report/
ラベル:関空
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | 関西国際空港(関空) | 更新情報をチェックする