2020年03月09日

肺炎_中韓から到着2空港限定

□新型肺炎 中国・韓国からの直行便到着を2空港に限定

日本国は9日0時、新型コロナウイルスによる肺炎が増加しつつあることから、やっと水際対策を強化。近隣諸国で感染が拡がる中国(香港・マカオ含む)・韓国全域からの入国制限を強化し、船舶・航空による旅客便の到着を、成田国際(成田)と関西国際(関空)の2空港に限定しました。

今回の水際対策強化は、法務省による「入国拒否対象地域拡大(韓国、イランの各一部地域の追加指定)」、厚生労働省(厚労省)による「検疫強化」、国土交通省(国交省)による「旅客便到着空港の限定」、外務省による「査証の制限強化」の大きく四点からなります。

入国拒否対象地域拡大は、7日までに適用されており、中国の一部地域に加えて、韓国、イランの感染集中地域が加わっています。
検疫強化は、中国・韓国から入国者に対して、入国後「検疫所長の指定する場所で14日間待機し、国内において公共交通機関を使用しないことを要請」しています。
いずれも、日本人や第三国経由での入国でも適用されます。

初めて適用される到着空港の限定措置は、9日以降、中国(香港・マカオ含む)・韓国全域からの船舶・航空による旅客便の到着を、成田国際(成田)と関西国際(関空)の2空港に限定しています。
査証の制限強化では、「中国及び韓国に所在する日本国大使館又は総領事館で発給された一次・数次査証の効力を停止」「香港及びマカオ並びに韓国に対する査証免除措置を停止」が行われています。


中国は、新型コロナウイルス肺炎が最初に確認された国で、8日時点で8万人以上が感染。韓国は、ここ1、2週間で感染者が急増しており、7千人を突破しています。外務省は既に、感染症注意情報を各国ともに全域を「レベル2:不要不急の渡航は止めてください。」、感染集中地域を「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」に指定しており、2月中旬以降、早期の一時帰国や渡航延期を至急検討するよう呼びかけて続けてきた地域です。
日本発着国際線の半分以上は中国・韓国との往来で、ここを抑え込むことで、水際での新型コロナウイルス流入阻止を行うことになります。


航空便は、到着を2空港に限定しましたが、日本航空(JAL)やANAは、東京国際(羽田)発の中国・韓国路線が残存している状況です(成田、羽田、中部国際、関空以外の空港からの中国・韓国路線は元々無し)。

日本の航空会社は、成田、関空発着便の複数路線が残りますが、外国社は一気に便数を絞ります。
特に、韓国社は9日までに軒並み長期欠航を決定。韓国大手のアシアナ航空すらも日本路線を全便欠航し、大韓航空も1往復のみに大幅減便します。
一方、中国便は、週数便程度ですが、飛び続ける路線が複数見られます。マカオ便も関西国際線が大幅減便して残存。香港は、キャセイパシフィック航空と香港エクスプレスが、13日以降、成田国際、関西国際の発着便も長期欠航する予定である一方、香港航空は一部路線が残る予定です。

感染集中地域以外は入国自体を拒否するものではないですが、それでも一気に航空便がなくなるのは、到着を2空港に限定することよりも、検疫強化と査証の制限強化が強く影響しているようです。
また、韓国に限っては、科学的根拠に基づかない対抗措置などと称して日本人に対しての査証免除停止などを急きょ開始。韓国人の訪日だけでなく、日本人の訪韓も減少するとみられることから、一気の航空便欠航を助長することになっています。(査証を取る手間が増えただけなはずですが、許可を下ろさないということか、あるいは査証を取ることができない事情のある渡航者が多いということでしょうか?)

東日本大震災や熊本地震の前例を見ると、中国や台湾は何とか飛ばそうとするのに対し、韓国はすぐに運休させてその後復便しないパターンが多いです。今回も同様の状況で、韓国の航空会社を中心に一気に路線が消滅しています。

地方空港では、国際線が中国・韓国路線しかない所が多く、今回の措置で国際線が全便欠航となる空港が多発することになります。
一方で、地方空港での国際線停止により、検疫官を窓口空港に集中させることもできるため、人繰りの面でも検疫強化に繋げられます。

空港は、海外からのコロナウイルス流入阻止の最前線です。
これまでは、蛇口から朱の水が入り放題な中でコップの中の赤い水を透明にしようとするアホみたいな対策が続いてきました。遅きに失した感はとても強いですが、感染蔓延国からの流入阻止の動きがやっと始まったことで、国内間での感染拡大防止の対策も少しは意味のあるものになってきそうです。
今後は、イランやイタリアなどの他の感染国からも流入制限をかけていくのか、注目されます。

日本における新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の抜本的強化について(在住韓国日本国大使館公式サイト)
https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMailDetail.html?keyCd=80482
To the people arriving in Japan from China and republic of Korea.(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00099.html
ラベル:韓国 中国 感染症
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

(韓)김포국제_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/海外空港特別編 김포국제공항(大韓民国)
日本空港情報館 海外空港特別編
김포국제공항
(大韓民国 金浦国際空港)

GMP0-000.jpg
김포국제공항(大韓民国 金浦国際空港)

■空港の概要
大韓民国(韓国)の首都ソウル西部にある都心型空港です。ソウル駅から15キロ程西方、ソウル特別市と仁川広域市にまたがる位置にあります(旅客ビルはソウル特別市側)。
1939年、日本軍により建設された飛行場です。太平洋戦争後は米軍基地となり、1958年に民間も利用する国際空港になっています。韓国の表玄関でしたが、仁川空港開港で国際線が移転。現在は、一部国際線が再開された以外は、国内線を中心にした空港になっています。
滑走路は二本が北西-南東方向に延びており、旅客ターミナル地区や貨物地区は東側一帯に整備されています。
旅客が利用する定期便が就航するターミナルは、北側に国際線ターミナル、南側に国内線ターミナルの2つが離れてあります。
2020年3月10日現在、日本からの直行便は、日本航空、ANA、大韓航空(Korean Air)、アシアナ航空(Asiana Airline)、チェジュ航空(Jeju Air)により2路線が就航しています。
2020年3月10日現在、新型コロナウイルス感染症蔓延国のため、日本との行き来に強い制限がかかっています。


■飛行場種別:(海外空港)
■滑走路延長:3,600m/3,200m
■空港コード:GMP/RKSS

■施設の見どころ:◎◎◎== 大規模/2つの旅客ターミナルは離れての配置。敷地内にショッピングモールあり。
■見学者への対応:◎◎◎◎= 案内所 有/ターミナルパンフ 有/送迎デッキ 有(韓国空港公社本社ビル内)/モニュメント 有
■売店の充実度:◎◎◎== 保安検査前、検査後の両エリアとも店舗が出店しています。(国際線出国待合室内は一般売店はありません)
■アクセスの状況:◎◎◎◎◎ 鉄道 有(空港鉄道仁川国際空港線、地下鉄5号線、地下鉄9号線)/バス 有(路線バス、アクセスバスとも複数路線有)
※就航路線は2020年3月10日、そのほかの情報は特記以外2018年3月現在のものです。

■撮影環境:(到着側は未確認)出発保安検査場付近に撮影禁止の表示があった以外は、空港内・ターミナル周辺は基本的に撮影可能でした。ただし、韓国は、戦争中の国家であり、空港施設は撮影禁止とされているようです。
※空港は軍事施設との扱いのようです。日本の外務省の海外安全情報では「軍事施設(その範囲は非常に広範囲にわたっているので注意が必要です),大統領官邸,警備兵等が警戒する重要施設及びその他撮影禁止表示のある区域や一部建造物の写真撮影は禁止されています。」とされています。
■日本からのアクセス:東京国際、関西国際から直行便が就航。日本からは直行便でのアクセスが主流です。日本線は、全て国際線旅客ターミナル発着となります。
■路線活用のヒント:ソウル周辺を目的地とする利用者が多いと思われます。韓国国内線は多数運航されていて、韓国国内全域へ飛べます。国際線は、日本線以外は北京線と上海線のみで乗継利用することはほとんどないと思われます。
■乗り継ぎ方法:
・日本線から韓国国内線への乗継:韓国は最初の到着空港で入国審査、税関審査が行われます。最終目的地までスルーチェックイン済みの場合も、手荷物を受け取っての検査が必要です。
国内線旅客ターミナルは離れた位置にあります。途中地下鉄駅を経由する地下道で歩いていくこともできます(所要時間約15分)が、1階5番から発着する無料シャトルバス(循環バス)が便利です(所要時間約10分、循環バスは貨物ターミナル行と旅客ターミナル行の2系統が運行されていますので注意)。
・韓国国内線から日本線への乗継:韓国は国際線出発空港で出国審査が行われます。出発地空港で日本の到着空港までの荷物も含めスルーチェックインができれば、手荷物を受け取る必要はありません。国内線ターミナルから国際線ターミナルへの移動、国際線チェックイン、出国手続きが必要です。
国際線旅客ターミナルは離れた位置にあります。途中地下鉄駅を経由する地下道で歩いていくこともできます(所要時間約15分)が、1階8番から発着する無料シャトルバス(循環バス)が便利です(所要時間約10分、循環バスは貨物ターミナル行と旅客ターミナル行の2系統が運行されていますので注意)。
※国籍や乗り継ぐ航空会社により経路が異なる場合があります。利用航空会社に確認することをお勧めします。

■国際線旅客ターミナル
GMPTI-001.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は2018年3月撮影)
ターミナル地区の北側に位置するターミナルです。南西-北東に広がるターミナルで、ランド側が南東側、エプロン側が北西側になります。韓国風の大屋根が目立つ外観です。
旅客が利用するのは地下1階-地上4階です。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は多層方式です。
地下1階に駐車場・連絡通路、1階に到着ロビー、2階にチェックインロビー、3階に出発ロビー・ラウンジ、4階に飲食店があります。
館内のサインは、灰地に白文字(日本語、英語、中国語併記)、ピクト色付きが主流です。
GMPTI-002.jpg2階 ターミナル前面
(写真は2018年3月撮影)
前面道路は2階レベルと1階レベルに接続しており、出発は2階になります。前面道路は北から南への一方通行で、出入口は北側から1-3の3か所あります。
GMPTI-003.jpg2階 国際線チェックインロビー
(写真は2018年3月撮影)
2階ランド側は全域が国際線のチェックインロビーになっています。
カウンタがある一部を除き、4階レベルまで吹き抜けた天井が高いロビーです。
ランド側に両替などのサービス店舗が数店舗出店しています。
GMPTI-004.jpg2階 国際線チェックインカウンタ
(写真は2018年3月撮影)
壁面沿いにカウンタが並んでいます。3階に上がる階段で左右大きく二か所に分かれています。ANAは向かって右側(北側)、日本航空は向かって左側(南側)を使用しています。
チェックインカウンタには、珍しい設備として、手荷物の確認モニタがあります。手荷物を預けた後、受託手荷物がベルトを流れていったか利用客が各自が確認するものです。ここを自分が預けた手荷物が通過しない場合は、手荷物の中身確認が必要になるため、航空会社から呼び出しを受けます。必ず流れたことの確認が必要になります。
GMPTI-005.jpg3階 国際線出発ロビー
(写真は2018年3月撮影)
出発ロビーは、チェックインロビーから階段を上った3階にあります。かなり広大な空間で、大屋根までの大きな吹き抜け空間になっています。
GMPTI-005-2.jpg4階 国際線出発ロビー(待合スペース)
(写真は2018年3月撮影)
3階の出発ロビーには椅子がほとんどありませんが、出発ロビーから左側の階段を上った4階は出国検査前に利用できる待合スペースになっています。椅子が多数配置され、コンセントも設置されています。
GMPTI-006.jpg3階 国際線出国口
(写真は2018年3月撮影)
3階中央に出国口があります。優先レーン併設。
案内は小さなデジタルサイネージですが、入口と少しずれて設置されています。
GMPTI-007.jpg
▲北側 39番搭乗口付近
GMPTI-007-1.jpg
▲南側 中央付近
3階 国際線搭乗待合室
(写真は2018年3月撮影)
3階エプロン側は全面に渡り搭乗待合室になっています。
搭乗改札は、出国手続き後右方向(北側)に36-39の4か所、正面にR1、左方向(南側)に34と35の2か所の合計7か所があります。
北側は天井が低いエリアで、南側は天井の高い新しい内装のエリアになっています。中央付近に有料ラウンジ(SKY HUB LOUNGE)があります。
GMPTI-008.jpg1階 国際線到着口・手荷物受取場
(写真は2018年3月撮影)
手荷物受取場、到着口は1階中央北側にあります。
到着案内は大きめのデジタルサイネージです。
国際線の到着客は、3階の搭乗橋から階段で2階へ降り、入国手続等を経て1階へさらに降りるルートになります。
GMPTI-009.jpg1階 国際線到着ロビー
(写真は2018年3月撮影)
1階ランド側は北側全域が国際線到着ロビーとなっています。中央に案内所があるほか、飲食店と銀行、モバイルなどのサービス店が数店舗出店しています。
GMPTI-010.jpg1階 ターミナル前面
(写真は2018年3月撮影)
到着は1階レベルにあり、前面道路が接続しています。
2階同様に北側から南側への一方通行です。出入口は北側から1-3の3か所あります。3車線の道路を挟んで交通島があり、タクシーは交通島側、バスは建物側から発着します。
GMPTI-011.jpg売店・サービス店
(写真は2018年3月撮影)
ターミナル内は、保安検査の前エリア、後エリアともに店舗があります。
売店は少なく、保安検査前エリアは、3階に薬局、コンビニエンスストア(セブンイレブン)があるのみ、保安検査後の搭乗待合室内は38番搭乗口付近に専門店1店舗(BOOK & GIFT)があるのみです。BOOK & GIFTにはペットボトル飲料等の販売はありません(搭乗待合室では飲食店で買うしか方法無し)。
サービス店は、1階を中心にモバイルカウンタ(kt、LG U+、SK)やカジノ案内(PARADISE、SEVEN LUCK)のカウンタ、1階と2階に外貨両替(友利銀行、新韓銀行)などがあります。
写真は3階出発口脇の店舗の様子。
GMPTI-012.jpg飲食店
(写真は2018年3月撮影)
ターミナル内は、保安検査の前エリア、後エリアともに店舗があります。
売店よりは数は多いです。保安検査前エリアは、1階に2店舗(ZOO COFFE、DUNKIN DONUTS)、2階に1店舗(PARIS BAGUETTE)、4階に3店舗(CAFE DE Specialtea's、フードコートFESTIVAL、BISTRO HANEULCHAN)があります。保安検査後の搭乗待合室内は、3店舗(木曽屋、CAFFE TIAMO、마리짱)があります。
写真は保安検査前エリア4階にあるフードコートFESTIVAL。
GMPTI-013.jpg免税店
(写真は2018年3月撮影)
総合免税店は、保安検査後の搭乗待合室内に2店舗(LOTTE DUTY FREE、CITY DUTY FREE)が出店しています。
GMPTI-013-2.jpg市中免税店引渡しカウンタ
(写真は2018年3月撮影)
保安検査後の搭乗待合室内南端に市中免税店引渡しカウンタがあります。ソウル市内などにある市中免税店で購入した商品を受け取る窓口です。
一番奥にパッキングコーナーがあり、韓国から飛び立つ前に袋を破いてパッキングを捨てることができます(免税品は国外で消費することを前提に税金が免除になるため、日本では出国が完了するまで袋は破れないはず、、、)。
GMPTI-013-3.jpg税金還付カウンタ
(写真は2018年3月撮影)
保安検査前エリアは2階にチェックインロビーにカウンタがあります。また、保安検査後の搭乗待合室内中央に税金還付カウンタがあります。自動機も設置されています。
GMPTI-014.jpgターミナル内クリニックなど
(写真は2018年3月撮影)
4階待合スペース脇に一部のサービス施設があります。クリニック(EHWA MEDICAL CENTER)、授乳室、ラウンジ(W PREMIUM LOUNGE)があります。
航空会社ラウンジは保安検査前エリア3階に2か所(AAR、KAL)、有料ラウンジは保安検査後の搭乗待合室に1か所(SKY HUB LOUNGE)があります。なお、搭乗待合室には出入口に赤絨毯の敷かれたVIP待合室(VIP SUITES)があります。
GMPTI-015.jpgモニュメントなど
(写真は2018年3月撮影)
館内には、モニュメントなど展示物がいくつか見られます。
最も目立つのは、3階出発ロビーにある巨大な壺のような展示物「O」。撮影スポットとなっており、表面に人の顔を表示できるようです。
このほか、4階待合スペースに絵画フォトスポットが設けられています。
GMPTI-016.jpg航空安全ラウンジ
(写真は2018年3月撮影)
3階出発口脇に航空安全ラウンジがあります。航空の安全に関する情報展示を併設した待合スペースです。
飛行機に乗る前に、安全のしおりに書いてあるような内容を、より詳しく学べます。

■国内線旅客ターミナルビル
(未訪問)

■アクセス施設
GMP0-011.jpg地上アクセス施設(鉄道)
(写真は2018年3月撮影、国際線前地上入口)
空港鉄道仁川国際空港線とソウル地下鉄5号線、9号線の合計3路線が乗り入れています。いずれも地下線で整備されており、3路線とも国際線と国内線の間にあります。各ターミナルからは地下通路を通ってアクセスすることになります。
空港鉄道は各駅に停まる一般列車のみの発着で、ソウル駅-仁川国際空港間の一般鉄道です。
地下鉄は2路線とも終着地ではありません。5号線は、ソウル中心部を東西に結ぶ路線で、永登浦区庁、光化門、東大門歴史文化公園、オリンピック公園などへアクセスできます。9号線は、漢江の南岸を川に沿って東西を結ぶ路線で、国会議事堂、高速バスターミナル、綜合運動場などへアクセスできます。
GMP0-012.jpg地上アクセス施設(バスのりば)
(写真は2018年3月撮影、国際線前)
各ターミナルの1階カーブサイドにバスのりばがあります。
市内行・地方行の路線バス、仁川国際空港行のバス等が多数発着しています。
プラットホームには待合室も設けられており、バス券も発券できます。
GMP0-013.jpg地上アクセス施設(タクシーのりば)
(写真は2018年3月撮影、国際線前)
各ターミナルの1階カーブサイドにバスのりばがあります。
国際線側は交通島南端側にあります。のりばは大型専用、インターナショナル専用(外国語可能)などにより分かれています。配車スペースには係員が配置されており、案内を受けることが可能です。
GMP0-014.jpg地上アクセス施設(駐車場)
(写真は2018年3月撮影、国際線入口)
国際線旅客ターミナル前地下と、国内線旅客ターミナル前に駐車場があります。
GMP0-015.jpg地上アクセス施設(駐輪場)
(写真は2018年3月撮影)
駐輪場も設けられています。
写真は国際線旅客ターミナル前のものですが、かなり多くの自転車が詰め込まれています。

■その他施設
GMP0-009.jpgSKY CITY(ロッテモール)
(写真は2018年3月撮影)
空港敷地内ターミナルエリアの中央部にSKY CITYというショッピングモールがあります。ロッテモールを核として百貨店、スーパー、ホテル、映画館などがあります。
空港施設以外の施設としては、このロッテモールのほか、ウリドゥル病院、ゴルフ練習場などが設置されています。

■日本からの就航路線(国際線)
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線 欠航中)
就航路線変遷(2018年4月22日以降)
※2020年03月06日:AAR(ANA)関西国際 長期欠航
※2020年03月08日:KAL(JAL)関西国際 長期欠航
※2020年03月09日:JAL(KAL)東京国際・ANA(AAR)東京国際・AAR(ANA)東京国際・KAL(JAL)東京国際・JJA関西国際 長期欠航
※大規模欠航中(日本路線全便長期欠航)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■김포국제공항(韓国 金浦国際空港)についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
김포국제공항(韓国 金浦国際空港)の公式サイト(日本語版あり)
※「情報交通ホットライン」は日本をはじめとする空港を紹介する私設サイトです。
※김포국제공항(韓国 金浦国際空港)の公式サイトではありません。

開設月日 2018.04.22
初調査日 2018.03.21
前調査日 2018.03.21
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | ■海外空港 | 更新情報をチェックする

2020年03月08日

熊本_新タミ15店舗発表

■熊本空港(阿蘇くまもと空港) 新ターミナルの15店舗を発表

4月1日から熊本空港(阿蘇くまもと空港)の運営を受託する熊本国際空港は6日、4月7日に供用開始する熊本空港の新国内線旅客ターミナルビルとサテライトビルの店舗内容を発表しました。

開業するのは全部で15店舗。13店舗は現在の国内線旅客ターミナルビルからの移転で、2店舗(タリーズコーヒー、セブン-イレブン)が新規出店になるとしています。
保安検査後エリアは物販店3店舗、飲食店1店舗。ラウンジも設置されます。航空手続きの施設のないサテライトビルには、物販店6店舗、飲食店3店舗、サービス店1店舗が入る予定です。

新国内線旅客ターミナルビル等の店舗のご案内(熊本国際空港公式サイト)
https://www.kmj-ab.co.jp/news-detail.html?id=20200306194010&caten=news
ラベル:熊本空港
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | 熊本空港(阿蘇くまもと空港) | 更新情報をチェックする

2020年03月07日

南樺太も 全欠航の日本線拡大

□新型肺炎で南樺太でも全便欠航 欠航する日本発着路線が次々拡大

新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、全便欠航する路線の発生が次々に拡大しており、影響が止まりません。7日には、南樺太(サハリン)の路線でも全便欠航が発生することになりました。

全便欠航路線が発生するのは、ロシアのオーロラ航空(SHU)。7日から新千歳-ユジノサハリンスク線週5往復を長期欠航するとしています。成田国際-ユジノサハリンスク線は継続されますが、南樺太との行き来も閉じられることになります。
在ユジノサハリンスク日本国総領事館によりますと、今回の欠航は、「ロシア連邦運輸省の決定」に従ったとしており、今後、別のロシア路線に運休が拡大する恐れが出てきました。

周辺各国では、ロシアだけでなく、欠航が次々拡大中。9日から中国・韓国からの入国制限が強化されることに伴い、韓国路線がほぼ全欠航となることが発表されています。

中国本土路線をはじめ、アジア各国路線で全便欠航が増えていますが、ロシアが実効支配している南樺太路線の日本発着便も全便が長期欠航する路線が出ることになってしまいました。

オーロラ航空による新千歳−ユジノサハリンスク間の定期便の運航中止について(在ユジノサハリンスク日本国総領事館公式サイト)
https://www.sakhalin.ru.emb-japan.go.jp/itpr_ja/190306seminar_00031.html
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

NCA_夏 路便数変更無

□NCA 4月ダイヤ発表、路線数・便数は変更なし

新中央航空(NCA)は、2020年夏ダイヤ(3月29日〜10月24日)の初期に当たる4月のタイムテーブルを発表しました。3月28日までの冬ダイヤと路線数・便数に変更はありません。

国内線:路線数・便数変更なし
新設:ありません。
増便:ありません。
減便:ありません。
運休:ありません。

※国際線は未就航の航空会社です。

特定日(大型連休の27日・29日・30日)を除き、調布-大島線1日2往復(特定日は3往復)、調布-新島線1日2〜3往復(日月水木金土3、火2=週20往復、特定日は4往復)、調布-神津島線1日2〜3往復(日月3、火水木金土2=週16往復)、調布-三宅島線1日2〜3往復(火水金土3、日月木2=週18往復)の1日9〜10往復(週68往復)の運航です。

タイムテーブル(NCA公式サイト)
https://www.central-air.co.jp/timetable.html
ラベル:NCA
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

AMX_夏 路便数変更無

□AMX 夏ダイヤ発表、路線数・便数は冬ダイヤと変更なし

天草エアライン(AMX)は、2020年度夏ダイヤ(3月29日〜10月24日)の初期に当たる3月29日以降の時刻表を発表しました。3月28日までの冬ダイヤと路線数・便数に変更はありません。

国内線:路線数・便数変更なし
新設:ありません。
増便:ありません。
減便:ありません。
運休:ありません。

※国際線は未就航の航空会社です。

大阪国際-熊本線・熊本-天草線各1日1往復、福岡-天草線1日3往復の運航です。

(AMX公式サイト)
https://www.amx.co.jp/time/
ラベル:AMX
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

JJP_夏 1増1減へ

□JJP 夏ダイヤ発表、1路線就航1路線運休へ

ジェットスター・ジャパン(JJP)は、2020年夏期運航スケジュール(3月29日〜10月24日)の時刻表を発表しました。

国内線:1路線新設・1路線運休へ
新設:3月27日から関西国際(関空)-下地島線週3〜6往復を新設します。
増便:ありません。
減便:ありません。
運休:5月11日から関空-高知線週4往復を運休します。

国際線:3路線再開へ
新設:6月1日から成田国際(成田)-上海浦東線週4往復、成田-台北桃園線週7往復、6月15日から成田-香港線週7往復を新設(再開)します。
増便:ありません。
減便:ありません。
運休:ありません。

航空券は既に1月に販売開始されています。
国内線は、期間・曜日によって細かい増減便があります(内容には反映していません)。
国際線は、時刻表の発表を遅らせていたため、他の航空会社と異なり、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた内容になっています。新設予定の3路線は、すべて新型コロナウイルス感染症拡大による長期欠航している路線です。

06/15
◎(国際線)JJP 成田国際-香港  ( 0→週7)

06/01
◎(国際線)JJP 成田国際-上海 浦東( 0→週4)
◎(国際線)JJP 成田国際-台北 桃園( 0→週7)
○JJP 関西国際-下地島 (週4→週6)

05/11
×JJP 関西国際-高知  (週4→ 0)

05/01
○JJP 関西国際-下地島 (週3→週4)

03/27
◎JJP 関西国際-下地島 ( 0→週3)


ジェットスター 時刻表/運賃・料金表(JJP公式サイト)
https://www.jetstar.com/jp/ja/help/articles/flight-schedules
posted by johokotu at 18:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

但馬_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/但馬飛行場(コウノトリ但馬空港)
日本空港情報館
但馬飛行場(コウノトリ但馬空港)

TJHTOP.jpg
但馬飛行場(コウノトリ但馬空港)

■飛行場の概要
兵庫県豊岡市にあるその他の空港(旧その他の飛行場)です。
平成6年、豊岡市中部の山間に開港しました。兵庫県北部の但馬(たじま)地方に位置する空港で、隣接する丹波(たんば)地方と合わせた玄関空港となっています。
平成27年1月に空港基本施設と空港周辺施設の運営一体化が行われ、民間運営が開始されました。
令和2年3月現在、国内線のみの運航で、日本エアコミューターにより1路線(大阪国際線)が運航されています。格安の市民割引運賃や欠航時のバス代替輸送など珍しいサービスがある空港です。


■飛行場種別:その他の空港(旧その他の飛行場)
■設置管理者:(設置管理)兵庫県(運営)但馬空港ターミナル
■滑走路延長:1200m
■空港コード:TJH/RJBT
■旅客ビル管理者:但馬空港ターミナル


■施設の見どころ:◎◎=== 小規模。前面が全面ガラス張りのターミナルです。ロビーは小さいですが、吹抜が目立つ開放的な雰囲気です。多目的ホールを併設。ターミナル脇にYS-11等を展示しています。
■見学者への対応:◎◎◎◎= 案内所 無/ターミナルパンフ 有(小冊子)/送迎デッキ 無料/ファン向け展示 有/ロビーに飛行機が吊り下げられているほか、展示物もやや多めです。1日1組限定の個人見学ツアーが有。
■売店の充実度:◎◎=== 売店1店・飲食店2店/但馬地方の土産は充実しており、地元豊岡特産の鞄なども販売しています。飲食店は別棟に高級店あり。
■アクセスの状況:◎◎=== 鉄道 無/バス 有/最寄駅(国府駅)から自動車で5分程度。ぎりぎり自転車圏内ですが、山の上にある空港で、空港に行くのはややきついです。路線バスは航空便に合わせた最低限の設定。


※就航路線は令和2年3月、そのほかの情報は特記以外令和元年9月現在のものです。
TJH001.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は令和元年9月撮影)
地上3階建。管制塔併設のターミナルビルです。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は単層方式です。旅客施設は1階に集中しており、チェックインロビー、搭乗口・搭乗待合室、到着口がすべて1階にあります。2階は事務室エリアで一般利用者の立ち入りはほとんどできず、3階屋上が送迎デッキです。ボーディングブリッジはなく、全便地上搭乗になります。
前面はガラス張り、ランド側が2階までの吹抜になっており、非常に明るいターミナルです。
館内のサインは灰地に白文字が主流。ピクトに色をつけています。

ターミナル管理者で空港の運営者である但馬空港ターミナルは、ATR42-600機材「コウノトリ号」(機体記号JA05JC)を所有しており、JACが運航しています。

※平成30年07月21日:JA05JC 就航
TJH002.jpgターミナル前面
(写真は令和元年9月撮影)
曲線が目を引く屋根を持つ前面です。建物の出入口は3口で、到着側、出発側、多目的ホールにそれぞれ設けられています。

バスのりばは1か所で、航空便に合わせた路線バスが運行されています。(1日数便)
■のりば 豊岡営業所行・城崎温泉行(全但バス)

※令和元年07月20日:峰山駅行(全但バス) 新設
※令和元年09月21日:峰山駅行 運休
TJH003.jpgロビー
(写真は令和元年9月撮影)
1階ランド側からみて左側にロビーが広がっています。チェックインロビー、出発ロビー、到着ロビーが同一フロアに並んで一体化しています。
ランド側は全面に渡って吹抜になっている明るいロビーです。天井から水上飛行機が吊り下げられているのが目を引きます。
TJH004.jpgチェックインカウンタ
(写真は令和元年9月撮影)
ロビー右端にあります。日本航空グループ(運航は日本エアコミューター)のカウンタです。
JALCARGOの貨物受付もこのカウンタで行われます。
TJH005.jpg出発口・搭乗待合室
(写真は令和元年9月撮影)
チェックインカウンタの左側に設置されています。入口は1か所です。
搭乗待合室内に売店・飲食店はありません。
06.jpg手荷物受取所
(写真は平成21年3月撮影)
ロビー側から撮影。ちょうど雨降り後で地上搭乗の飛行場らしくたくさんの傘が干されていました。
1階ランド側から見て左側にあります。
ターンテーブルは直線タイプで1か所です。
TJH009.jpg到着口
(写真は令和元年9月撮影)
1階ランド側から見て左側に設置されています。出口は1か所です。
出口脇にコウノトリのブロンズ像が置かれています。
TJH011.jpg売店
(写真は令和元年9月撮影)
1階ロビー中央に1店舗(本陣)があります。ロビーに什器を置いただけで区画分けした売店で、レンタカー窓口が併設されています。
地元豊岡産の鞄など雑貨の土産が比較的充実しています。
TJH012.jpg飲食店
(写真は令和元年9月撮影)
1階ランド側から見て左端に1店(カフェテラスターミナル)があります。ロビーを区切って営業している喫茶タイプの店舗で、新聞・本が置かれています。
TJH015.jpg展望・送迎デッキ
(写真は令和元年9月撮影)
3階屋上が展望・送迎デッキになっています。ランド側、エプロン側とも眺められるデッキです。
柵は低く、縦方向のみのため、小さな子供でも眺めやすいです。
TJH016.jpg展望・送迎デッキからのながめ
(写真は令和元年9月撮影)
デッキから見たエプロン側の様子。ターミナルは滑走路の東側にあり、午前が順光条件です。
正面には神鍋高原方面の山々の風景が広がります。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
TJH014.jpg多目的ホール
(写真は令和元年9月撮影)
1階ランド側から見て右側には多目的ホールがあります。
催事場としての利用が多いようです。訪れた日は家電品の展示販売会場となっており、多くの人で賑わっていました。

ホール入口付近に空港に関する展示物がありますが、催事開催時には隅へ追いやられ、見学できません。
TJH018.jpg会議室等
(写真は令和元年9月撮影)
2階部分は旅客向けエリアではありませんが、特別会議室と会議室があります。但馬空港ターミナルの事務所では印紙・証紙・葉書などの販売が行われています。
TJH017.jpgモニュメント
(写真は令和元年9月撮影)
ロビーには昭和3年製作の水上飛行機MC-1機(地元の名が入った城崎第1号機)が吊り下がっています。
到着口脇には、コウノトリのブロンズ像「こうのとりかえる」(高橋宏至氏製作)(写真)があります。
JACのカウンタには木製のコウノトリ模型などが展示されています。
TJH021.jpg地上アクセス施設(駐車場)
(写真は令和元年9月撮影)
ターミナルの前に58台分の無料駐車場があります。空港前の道路をはさんで臨時駐車場があり、多目的ホールでイベントが開催される際などに利用されています。
レンタカー各社は空港周辺にはありません。予約を入れておけば、空港駐車場にて受け渡しまたは豊岡市内のレンタカー事務所に送迎がある場合があります。
TJH023.jpg地上アクセス施設(駐輪場)
(写真は令和元年9月撮影)
ターミナル前駐車場の一角に駐輪場が設けられています。
TJH019.jpg火山弾と上佐野火山
(写真は令和元年9月撮影)
但馬空港の滑走路南端付近には上佐野火山があり、その噴火口跡があります。ターミナルビル正面には空港造成時に出てきた火山弾が展示されています。
上佐野火山の噴火口跡に近づくことはできませんが、空港主催の見学ツアーで見に行けることがあるようです。
TJH031.jpg旅券事務所
(写真は令和元年9月撮影)
旅客ターミナルの南側に兵庫県旅券事務所但馬空港窓口があります。週5日間、旅券の申請・交付が行われています。
非常に珍しく空港に旅券発行所があるのに国際線が飛んでいないとは残念な限りです。
TJH032.jpg周辺見所施設(展示機)
(写真は令和元年9月撮影)
旅客ターミナル北側に飛行機展示場があり、エアーニッポン塗装のYS-11機とエアロコマンダーの680FL機が展示されています。
のじぎく兵庫国体のマスコット「はばたん」も展示されていた時期がありました。
TJH033.jpg周辺見所施設(芝生広場)
(写真は令和元年9月撮影)
このほか、空港周辺ではターミナルのすぐ北側の格納庫周辺に芝生広場があり、飛行機を眺められます。簡易的な水道施設があり、本格的ではありませんが、芝生広場では夏場キャンプサイトとして貸し出しが行われています。

※平成30年08月18日:芝生広場をキャンプサイトとして貸出開始(〜10/14)
※令和元年06月29日:キャンプサイト貸出(〜10/31)
TJH035.jpg周辺見所施設(西側公園)
(写真は令和元年9月撮影)
空港区域西側の高台は西側公園となっており、ターミナル地区が一望できます。
こちら側の地区にもいくつか施設があり、西日本で唯一スカイダイビングができるとしているスカイダイビング関西が格納庫にあります。また、隣接地には、兵庫県但馬広域防災拠点の建物が準備されています。
TJH034.jpg周辺見所施設(別棟飲食店)
(写真は令和元年9月撮影)
旅客ターミナル外の別棟に飲食店が1店舗(大空の駅 ジェットストリーム)があります。

※平成**年**月**日:但馬屋 閉店
※平成23年01月01日:西田屋 開店
※平成25年12月20日:西田屋 閉店
※平成26年06月22日:大空の駅 ジェットストリーム 開店
TJH038.jpg周辺見所施設(コウノトリ)
(写真は令和元年9月撮影)
空港造成地の南東斜面に、コウノトリのつがいを表現した植栽による巨大な絵があります。
TJH099.jpg周辺見所施設(公立豊岡病院 但馬救命救急センターヘリポート)
(写真は令和元年9月撮影)
但馬空港から北東へわずか2キロ弱の所に公立豊岡病院があり、ヘリポートが設けられています。このヘリポートを発着するドクターヘリは、平成22年4月に導入されています。非公共用ヘリポートにも分類されない離着陸場ですが、早期判断での救急出動を積極的にしており、ドクターヘリの出動回数は、断トツ日本一の発着回数を誇ります。平成29年度には年間出動回数が2千回を超え、定期便が年間700往復ほどしかない但馬空港とは対照的に忙しいヘリポートとなっています。
現在、病院と空港を短絡する道路整備工事が進んでおり、空港も含めた広域防災拠点としても注目されています。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
大阪国際(伊丹)JAC*1
*1:但馬発便が欠航の場合、大阪国際(伊丹)空港経由新大阪駅行の代替バスを運行(有料)。但馬地方在住・在勤の場合、通常運賃より割安になる助成制度あり。

就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
-

■空港所在地
空港所在地をクリック(Googleマップ)
■但馬飛行場(コウノトリ但馬空港)についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
但馬飛行場(コウノトリ但馬空港)旅客ビルの公式サイト△(但馬空港ターミナル株式会社)
但馬から全国の空へ△(但馬空港推進協議会)
但馬飛行場(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※但馬飛行場(コウノトリ但馬空港)の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2009.03.20
前調査日 2019.09.07
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 但馬飛行場(コウノトリ但馬空港) | 更新情報をチェックする

聖火_空港通過時刻確定

□東京五輪聖火リレー 各地の空港でも通過時刻が確定

東京2020オリンピック聖火リレーの通過時刻が順次発表されています。各地の空港の通過時刻も出揃いました。

今回の聖火リレーは、3月20日11時〜11時50分に、航空自衛隊松島基地(宮城県)で聖火到着式が開催されてからはじまります。

空港では、上五島空港の5月8日が一番最初。13時55分にスタートします。この空港は定期便は飛んでいませんので、航空機との共演は難しそうです。
5月は空港でのリレーが連続していて、5月15日には山口宇部空港周辺で実施されます。こちらは朝一8時45分開始で、残念ながらちょうど定期便は就航していない時間帯での実施となります。
翌々日の5月17日には、隠岐空港周辺で実施。16時10分出発で、ここも定期便の運航は終了しています。
静岡空港は空港区域内のみで行われますが、8時30分〜8時39分のわずか9分と超短時間(6月25日)。フジドリームエアラインズのFDA181便出雲線が8時20分発であるため、富士山・飛行機・聖火の共演が見られるのか注目です。

航空関係のリレー地では、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館が一番最初で、4月5日11時に同地を出発し、25分間リレーが行われます。
千葉では成田国際空港周辺で7月3日に実施。航空科学博物館を14時10分に出発し、三里塚さくらの丘に14時50分に到着するルートで、40分と比較的長い時間、滑走路脇を聖火が走ります。実際に動く航空機と聖火を一緒に見るならばここが狙い目かもしれません。
航空関係で最後に登場するのは、埼玉・所沢で、所沢市民体育館から所沢航空発祥記念館前芝生広場までルート上全てが日本初飛行場跡地。宙に思いを馳せる七夕の夜に航空関係唯一の夜間飛行で19時7分に出発、19時40分にゴールします。途中、街中の展示機材としてエアーニッポン塗装のYS-11、到着地でC-46A輸送機を聖火と同時に見られます。

仙台空港が望める千年希望の丘相野釜公園発着のリレーは、6月22日12時30分〜12時40分の10分間で走り抜けます。

聖火リレーは、3月26日から全国858市区町村を巡るルートで行われる予定です。
新型コロナウイルスの感染蔓延国となってしまっているので、予定通り開催されるのか、気になる状況です。

■空港
・長崎県:上五島空港(5月8日13時55分発=出発側)
・山口県:山口宇部空港 ふれあい公園(5月15日08時45分発=出発側)
・島根県:隠岐空港 空港ふれあい公園駐車場前(5月17日16時10分発=出発側)
・静岡県:静岡空港 富士山静岡空港貨物ターミナル地区前→石雲院展望デッキ(6月25日08時30分発→08時39分着

■航空関連施設
・宮城県:航空自衛隊松島基地(3月20日11時00分〜11時50分=聖火到着式)
・岐阜県:岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(4月5日11時00分発=出発側)
・千葉県:航空科学博物館→三里塚さくらの丘(7月3日14時10分発→14時50分着
・埼玉県:所沢市民体育館→所沢航空発祥記念館前芝生広場(7月7日19時07分発→19時40分着)※セレブレーション会場:所沢航空記念公園

■空港周辺
・宮城県:千年希望の丘相野釜公園→千年希望の丘相野釜公園慰霊碑前(6月22日12時30分発→12時40分着

東京2020オリンピック聖火リレー聖火到着式 ブルーインパルスによる「オリンピックシンボル」飛行等が決定! (東京2020オリンピック公式サイト)
https://tokyo2020.org/ja/torch/news/news-20200220-01-ja
オリンピック聖火リレールート情報(東京2020オリンピック公式サイト)
https://tokyo2020.org/ja/torch/route/
posted by johokotu at 03:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

大分_23年にもホーバー復活へ

■大分空港 2023年にも海上アクセスをホーバーで復活へ

大分県は4日、大分空港へのアクセスの改善に関する調査結果を発表しました。2023年以降に大分市内-空港間にホーバークラフトによる海上アクセスの導入を目指すとしています。

調査は2018年から実施されたもので、大分市内-空港間のアクセスは、船舶による「海上アクセス」の導入が最も有効かつ効果的として、海上アクセスについての調査検討を行っています。
このなかで、ホーバークラフトが最も有効と分析。バスだと約1時間かかる大分市内-空港間を25分で結ぶ計画で、200万人を回復した空港利用者のうち、利用者数を年間30〜40万人台で想定しています。県が船舶等を保有して民間事業者が運航を行う上下分離方式を採用することで収支確保できるとしています。

今年4月にも運航事業者を確保し、 10月以降に船舶の設計・建造と発着地の設計・整備を開始。2023年以降に運航開始を目指すとしています。

大分空港のアクセス交通は、現大分空港が開港した1971年から2009年までホーバークラフトが運行されていて、空港脇には専用航走路も残っています(フェリーターミナルは撤去済み)。
一方で、船体の国内生産は終了しており、民間航路もイギリスにある程度。実現までのハードルは高いですが、世界的にも珍しい海上アクセスが復活となるのか注目されます。

※専門用語ではホバークラフトらしいのですが、大分県ではホーバークラフト、ホーバーフェリーという名称が一般的で、大分県の発表もホーバークラフトとしているため、同呼称に統一しています。

大分空港への海上アクセスの導入について(大分県公式サイト)
http://www.pref.oita.jp/soshiki/10850/airport-access.html
(参考)■大分空港 ホーバーに最後のにぎわい(過去の配信記事 平成21年10月13日配信)
http://johokotu.seesaa.net/article/130168896.html

posted by johokotu at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | 大分空港 | 更新情報をチェックする

肺炎_やっと入国規制強化

□新型肺炎 やっと入国規制強化へ、9日からは中韓全域からの入国を規制へ

新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、やっと入国規制が強化されることになりました。

法務省は、7日0時から、日本に入国することができない外国人として、上陸の申請日前14日以内に大韓民国(韓国)の慶山市・安東市・永川市・漆谷郡・義城郡・星州郡・軍威郡、イラン・イスラム共和国(イラン)のコム州・テヘラン州・ギーラーン州のいずれかに滞在歴がある外国人を新たに指定し、入国規制を強化しました。
さらに、9日0時からは、中国・香港・澳門・韓国からの入国者について、検疫所長が指定する場所での14日間待機と公共交通機関の使用を制限。8日までに発給された一次査証及び数次査証の効力が3月末日までの間停止されることになりました。中韓全域からの流入を実質停止する規制がなされることになります。

当該地域ではここ数日で新型コロナウイルス感染症の罹患者が急増しており、感染流入対策を強化したことになります。
先月28日以降、外務省も、感染症危険情報について、韓国の慶山市・安東市・永川市・漆谷郡・義城郡・星州郡・軍威郡、イランのコム州・テヘラン州・ギーラーン州、イタリアのロンバルディア州について「レベル3:渡航は止めてください。(渡航中止勧告)」に引き上げており、韓国とイランのそれぞれ全域を「レベル2 不要不急の渡航中止(感染症)」に引き上げています。

中国以外の感染蔓延国からの流入を制限している国・地域は、世界各地で多くなっていますが、日本はこれまで中国の一部地域以外からの入国を規制していませんでした。
遅きに失した感はありますが、感染蔓延国からの流入がやっと実質停止され、ウイルスの流入リスクが縮小。今後は、国内間でのウイルス感染の拡大阻止に力を傾けられるようになります。

すでに中国の航空会社は日本と中国を結ぶ便についてその多くが長期欠航中ですが、韓国の航空会社は日本と韓国を結ぶ便をまだ多数運航しています。今回の措置を受け、韓国の航空会社各社は相次いで9日以降の大幅な長期欠航を発表。アシアナ航空が日本路線全便、大韓航空は成田国際-ソウル仁川線以外の日本路線全便、エアプサンも日本-釜山間全路線などを長期欠航することを発表しています。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否について (法務省公式サイト)
http://www.moj.go.jp/content/001316538.pdf
新型コロナウイルス感染症に関する政府の取組及び査証の取扱い(在大韓民国日本国大使館公式サイト)
https://www.kr.emb-japan.go.jp/people/safety/safety_200306.html
新型コロナウイルス感染症に関する注意喚起について(3月7日(土) 00:00時点)(成田国際空港公式サイト)
https://www.narita-airport.jp/jp/news/20200117
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2020年03月06日

鳥取_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/鳥取空港(鳥取砂丘コナン空港)
日本空港情報館
鳥取空港(鳥取砂丘コナン空港)

TTJTOP.jpg
鳥取空港(鳥取砂丘コナン空港)

■飛行場の概要
鳥取県鳥取市にある地方管理空港(旧第3種空港)です。
昭和17年、現在より南に設置された福田軽飛行機の試験滑走路がこの空港の始まりです。その後昭和32年の鳥取市営を経て、昭和42年7月、県営となると同時に現在地に移転し供用開始されました。
鳥取県東部の玄関空港です。平成26年11月に、鳥取を代表する観光地名と、鳥取出身漫画家の作品名名探偵コナンから「鳥取砂丘コナン空港」という愛称が付きました。平成27年12月には、館内を作品の装飾一色にしています。平成30年7月には国際線と国内線が連結する大規模改修が完了しています。
運営の民間委託(特定運営事業等)が実施されており、平成30年7月1日に民営委託がスタートしています。
令和2年3月現在、国内線のみの運航で、ANA(全日本空輸)により1路線のみが就航しています。


■飛行場種別:地方管理空港(旧第3種空港)
■設置管理者:(設置管理)鳥取県(運営権者)鳥取空港ビル
■滑走路延長:2000m
■空港コード:TTJ/RJOR
■旅客ビル管理者:鳥取空港ビル


■施設の見どころ:◎◎◎== 小規模/ターミナルは異なる時期に整備された2つがくっついた構造。国内線側は茶系色、国際線用は白色を基調とした対照的なデザインです。装飾が名探偵コナン一色で作品ファンは一見の価値あり。
■見学者への対応:◎◎◎◎◎ 案内所 有/ターミナルパンフ 有/展望デッキ 無料(2か所)/ファン向け展示 有/広報誌(鳥取空港新聞)はネットでも公開されています。
■売店の充実度:◎◎=== 売店4店・飲食店4店/売店の商品数は少なめです。
■アクセスの状況:◎◎=== 鉄道 無/バス 有/最寄駅(鳥取大学前駅)から徒歩20分ほどの立地です。鳥取市中心部からも近いですが、アクセスバスは便数が少なめで、自家用車が主要交通手段です。


※就航路線は令和2年3月、そのほかの情報は特記以外令和元年9月現在のものです。
TTJ001.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は令和元年9月撮影)
昭和60年7月に滑走路1,800メートル化・ジェット機就航に合わせて開館したターミナルと平成8年4月に完成した国際会館を平成30年7月に一体化した旅客ターミナルです。ランド側から見て左側(西側)が歴史の長い国内線側、右側(東側)が新しい国際線側です。いずれも駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1・1/2層方式です。

ターミナル外観は、元々2つの建物であったため、西側と東側で大きく異なります。
西側は、砂丘の砂の色のような外壁が目立つデザインです。ランド側の一部が吹抜となっています。1階に国内線チェックインロビー、2階に国内線出発ロビーと搭乗口、屋上に展望デッキがあります。
東側は、白を基調としたガラス張りデザインです。中央部に大きな吹抜があり、自然採光の明るいターミナルとなっています。空港パンフによれば、「鳥取の「鳥」、世界・未来へ羽ばたく「鳥」をイメージ」しているそうです。1階に国際線チェックインロビーと国際線到着ロビー、2階に国際線出発ロビーと搭乗口、入国審査場、屋上に展望デッキがあります。 この建物は国際会館として整備されており、かつては国際交流センターがありました。
西側と東側を繋ぐ部分(連絡施設)は、1階に国内線到着ロビー、2階に売店・飲食店があります。
館内のサインはあまり多くなく、やや灰がかった黒地に白文字のものや白背景のものがいくつか見られる程度です。

※平成27年03月01日:空港愛称(鳥取砂丘コナン空港) 新設
※平成30年07月28日:大規模改修完了、連絡施設 開業
TTJ002.jpgターミナル前面
(写真は令和元年9月撮影)
肌色の丸い柱とそこに付く丸い照明が目を引くカーブサイドです。ターミナルへの入口は、国内線側に2か所、中央連rなく施設に1か所、国際線側に2か所あります。就航会社がすべてANAグループであるため、特に航空会社の案内看板などは見当たず、出発側に緑地に黒文字、到着側に黄地に黒文字のサインがあります。

バスのりばは4か所です。2009年から春夏秋の土休日などに鳥取砂丘との間を結ぶ乗り合いジャンボタクシーが運行されています。(航空便にあわせた最低限設定の運行、鳥取駅まで約20分)
■1番 空港連絡バス鳥取駅行、賀露循環線鳥取駅行(日ノ丸自動車)
■2番 青山剛昌ふるさと館前行、倉吉駅行(日ノ丸ハイヤー)
■3番 鳥取砂丘コナン空港周遊バス 砂丘会館行(日ノ丸自動車)

※平成22年04月01日:三朝商工センター行 運行会社を日ノ丸自動車から変更
※平成26年04月01日:ゆめぐりエクスプレス 湯村温泉行(日本交通) 新設
※平成26年12月21日:但馬⇔鳥取空港リムジンバス 湯村温泉行 新設
※平成27年04月01日:賀露循環線 鳥取駅行 新設
※平成27年04月18日:鳥取砂丘コナン空港周遊バス 鳥取大学前駅行・砂丘センター行(鳥取県) 新設
※平成27年05月18日:青山剛昌ふるさと館前行 新設
※平成28年04月02日:鳥取大学前駅行・砂丘センター行 運休(3/27最終運行)
※平成28年05月01日:鳥取砂丘コナン空港周遊バス 砂丘会館行(日ノ丸自動車) 新設
※平成28年05月21日:ゆめぐりエクスプレス 湯村温泉行 運休
※平成31年04月01日:三朝商工センター行 運休(3/31最終運行)
TTJ003.jpg国内線 チェックインロビー
(写真は令和元年9月撮影)
国内線チェックインロビーは、1階ランド側から見て左側(西側)にあります。2階までの吹抜空間でガラス張りとなっています。
大きな荷物が引っ掛かりやすい点字ブロックではなく、その代わりに誘導マットを導入しています。
TTJ004.jpg国内線 チェックインカウンタ
(写真は令和元年9月撮影)
国内線チェックインカウンタは、チェックインロビーの左端に設置されています。カウンタはすべてANAグループのカウンタです。
TTJ005.jpg国内線 出発ロビー
(写真は令和元年9月撮影)
国内線出発ロビーは2階ランド側から見て左側(西側)にあります。チェックインロビー中央寄りの階段を上ったすぐの領域です。このため、非常に狭いスペースのため、中央寄りの売店・飲食店スペースなどで待つ必要があります。
TTJ006.jpg国内線 出発保安検査場・搭乗待合室
(写真は令和元年9月撮影)
国内線出発保安検査場とその行列領域は、国内線出発ロビーの大部分を占めています。
2階西側のエプロン側は、国内線搭乗待合室となっています。搭乗口、搭乗橋はそれぞれ1か所です。特別待合室もあり、出発ロビー脇に専用入口が設けられています。
案内掲示は、濃灰地の反転フラップ板が採用されています。

出発ロビーと搭乗待合室の間は大きなガラスごしに見ることができます。
TTJ008.jpg国内線 到着手荷物受取場
(写真は令和元年9月撮影)
1階ランド側から見て中央やや左側(西側)にあります。ターンテーブルは1か所です。
TTJ009.jpg国内線 到着口
(写真は令和元年9月撮影)
1階ランド側から見て中央にあります。到着口とも1か所です。
案内掲示は、搭乗口同様、濃青色の反転フラップ板です。
平成30年の改修で、西側にあった出口が中央側へ変更されています。

※平成30年07月28日:到着口 移転(1階西側→1階中央)
TTJ010.jpg国内線 到着ロビー
(写真は令和元年9月撮影)
1階ランド側から見て中央にあります。
平成30年の改修で新たにできた領域で、広い待合空間に総合案内所と飲食店を配置。西側寄りにレンタカーカウンタが並んでいます。旧ロビー空間はそのまま残っており、現在は椅子が並べられた待合空間になっています。

※平成30年07月28日:到着ロビー 移転(1階西側→1階中央)
TTJ003i.jpg国際線 チェックインロビー
(写真は令和元年9月撮影)
国内線チェックインロビーは、1階ランド側から見て右側(東側)にあります。国内線と異なり、天井の低いロビーです。
このロビー脇にはかつて国際交流センターがありました。このため、国際線施設のある東側の建物はいまだに「鳥取空港国際会館」という名前が付いています。

※平成30年04月01日:国際交流センター 廃止(館外へ移転)
※平成30年07月28日:喫茶ポワロ、コナン探偵社 開店
TTJ004i.jpg国際線 チェックインカウンタ
(写真は令和元年9月撮影)
国際線チェックインカウンタは、チェックインロビーの中央寄りに設置されています。特定の航空会社向けではないため、航空会社のサインなどはありません。
TTJ005i.jpg国際線 出発ロビー
(写真は令和元年9月撮影)
国際線出発ロビーは2階ランド側から見て左側(西側)にあります。ランド側がガラス張りになっていて、非常に明るいロビーです。青色と緑色のソファが並んでいます。
ロビー空間は2か所が催事スペースとされており、催事に利用が可能です。
TTJ006i.jpg国際線 出国検査場
(写真は令和元年9月撮影)
国際線出国検査場は、国際線出発ロビーの西端にあります。入口手前の案内掲示は、差込式です。
エプロン側は国際線搭乗待合室で出発口、搭乗橋はともに1か所です。国際線搭乗待合室内には売店・飲食店はありません。
TTJ009i.jpg国際線 到着手荷物受取場・到着口
(写真は令和元年9月撮影)
1階ランド側から見て右側(西側)の最も中央寄りの位置にあります。
入国検査場は2階にあり、到着手荷物受取場と税関は1階に降りてからあります。到着口はスモークガラスを採用しており、中の様子が分からないようになっています。案内掲示は、電光サイネージが用意されています。
TTJ010i.jpg国際線 到着ロビー
(写真は令和元年9月撮影)
1階ランド側から見て右側(西側)の最も中央寄りの位置にあります。
このスペースには案内所などはなく、中央側に隣接する国内線到着ロビーの施設利用が便利です。
TTJ011.jpg売店
(写真は令和元年9月撮影)
売店は2階中央などにあります。

・1階 国際線到着ロビー 1店舗(コナン探偵社)
・2階 国内線出発ロビー 2店舗(ANA FESTA・鳥取大丸)
・2階 国内線搭乗待合室 1店舗(ANA FESTA)

鳥取県全域の土産が用意されています。コナン探偵社は名探偵コナン関連のグッズ専門店です。空港限定コナン商品もあり。

※平成30年07月28日:コナン探偵社 開店、鳥取大丸 移転(1階→2階)
TTJ012.jpg飲食店
(写真は令和元年9月撮影)
飲食店は各所に分散しています。

・1階 国内線到着ロビー 1店舗(すなば珈琲)
・2階 国内線出発ロビー 2店舗(アゼリア・大江ノ郷自然牧場−HANARE−)
・2階 国際線出発ロビー 1店舗(アジアンリゾート ラウンジ 陶庵)

スタバはありませんがすなばはあります。

※平成28年04月16日:すなば珈琲(国際線2階) 開店
※平成29年11月20日:すなば珈琲 移転(国際線2階→国内線1階到着ロビー)
※平成29年11月21日:アゼリア 閉店(工事に伴う一時閉店)
※平成30年03月08日:すなば珈琲 移転(国内線1階到着ロビー→国内線1階ターミナル外)
※平成30年06月15日:すなば珈琲 移転(国内線1階ターミナル外→国内線1階到着ロビー)
※平成30年07月28日:大江ノ郷自然牧場−HANARE−・アゼリア・アジアンリゾート ラウンジ 陶庵 開店
TTJ015d.jpg
▲西側送迎デッキ
TTJ015i.jpg
▲東側送迎デッキ
送迎デッキ
(写真は令和元年9月撮影)
送迎デッキは、西側、東側の2か所あります。いずれも屋上に設置されており、ともに無料です。階段を使わないと行けません。

メインのデッキは西側で、2階西端の外階段からアクセスします。屋根はありません。ランド側、エプロン側も眺めることができます。2階のデッキ出口付近にはダイヤブロックで作った展示物あり。
フェンスは、目の高さが広く横長に開いているタイプです。

東側は狭いデッキです。2階東側の階段からアクセスします。名探偵コナンの恋人用装飾になっており、メモリアルスポットとして鐘を整備しています。メモリアルポストが設置されており、ここから郵便物を出すと、空港オリジナルデザインの割印が押されます(回収は週1回)。
フェンスは、目の高さが広く横長に開いているタイプです。
TTJ016d.jpg
▲西側送迎デッキからの眺め
TTJ016i.jpg
▲東側送迎デッキからの眺め
送迎デッキからの眺め
(写真は令和元年9月撮影)
いずれの送迎デッキも正面は日本海が広がる風景です。搭乗橋はそれぞれ正面にありますが、東側は駐機位置が斜め前になるので、飛行機の撮影は西側の方がしやすいです。建物はエプロンの南側に位置しており、ほぼ終日順光条件です。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
東側はフェンスの先に低いガラス柵があり、駐機中の機体の撮影には不向きです。
TTJ014.jpg特別待合室
(写真は令和元年9月撮影)
東側には有料で利用できる特別待合室が2室用意されています。
TTJ031.jpgコナンホール
(写真は令和元年9月撮影)
東側中央部には広い吹抜空間があります。
センタープラザと呼ばれた空間で催事などに利用されてきましたが、鳥取砂丘コナン空港命名後、コナンホールに改称されました。名探偵コナンのトリックアートなどオリジナルコンテンツが多数設置されており、空港最大の撮影スポットになっています。飛行機到着直後などは撮影者で行列ができるほどです。
頭上に隠れているキャラクターもいるので注目です。
TTJ017.jpgキッズ図書コーナー
(写真は令和元年9月撮影)
コナンホール奥にはキッズ図書コーナーがあり、低いテーブル・イスも用意されています。書籍は絵本などが中心。かなりの冊数がありますが貸し出しなどは行われていません。
TTJ018.jpgモニュメント
(写真は令和元年9月撮影)
国際会館前にご覧のような目立つモニュメントがあります。因幡地方の伝統芸能「麒麟獅子舞」のモニュメントで、ターミナル脇に説明文が立っています。
このほか2階東端に、飛行機模型など飛行機に関する展示物が見られます。
TTJ034.jpg
▲到着ロビー展示
TTJ032.jpg
▲グッズ売店コナン探偵社
TTJ033.jpg
▲プリクラ機とコインロッカー
名探偵コナン装飾
(写真は令和元年9月撮影)
愛称を鳥取砂丘コナン空港に命名した後、平成27年12月5日から、愛称の由来になったアニメ「名探偵コナン」の装飾が、ターミナル内全域で大々的に行われています。
ロビー空間はもちろん、搭乗橋から装飾があり、横断幕などにもキャラクターが登場。到着ロビーの鳥取県観光スポット案内もコナンが紹介する展示になっています。
国際線チェックインロビー周辺は特に装飾が多いです。前述のコナンホール周りに展示物が多数あるほか、ロビー端側に、撮影スポットの喫茶ポワロ(飲食店ではありません)、名探偵コナンの関連グッズを販売する売店(コナン探偵社=こちらは本物の売店)、名探偵コナンプリクラ機、名探偵コナンデザインのコインロッカーなどが設置されています。
TTJ021.jpg地上アクセス施設(駐車場)
(写真は令和元年9月撮影)
ターミナルビル正面などに無料駐車場が用意されています。
ターミナルビル正面に第1駐車場(434台)、その西側に第2駐車場(146台)と第3駐車場(150台)、さらにその西側に第4駐車場(48台)があります。
第3駐車場に電気自動車用の充電器が設けられています。

※平成20年03月**日:第2駐車場(87台) 新設(438台→523台)
※平成28年03月**日:第3駐車場 新設(523台→667台)
※平成30年08月?*日:第4駐車場 新設(665台→778台)
TTJ022.jpg地上アクセス施設(レンタカー専用駐車場)
(写真は令和元年9月撮影)
平成24年にターミナルビル西側にレンタカー専用駐車場が設けられました。
レンタカーカウンタで受け付けたのち、この駐車場で受け渡しになります。

※平成24年04月**日:レンタカー専用駐車場 新設
TTJ023.jpg地上アクセス施設(レンタサイクル)
(写真は令和元年9月撮影)
令和元年7月にレンタサイクルサービスが始まりました。1階国内線到着ロビーの総合案内所で受け付け出来ます。
駐輪場はターミナルビル東側に設けられています。

※令和元年07月27日:レンタサイクル 開始
TTJ041.jpg周辺見どころ施設(旧飛行場跡地)
(写真は令和元年9月撮影)
空港領域の南側に東西方向に国道9号線が走っていますが、この付近には昭和42年まで使われていた旧飛行場があった領域になっています。国道自体がその跡地を活用したものになっています。
写真は空港入口交差点付近を東を向いて撮った写真で、空港入口バス停などがあります。
15.jpgかつてあった見どころ(世界夢広場)
(写真は平成19年11月撮影)
現在第3駐車場の場所に「世界夢広場」という小さな公園がありました。平成4年11月に設けられたミニ公園で、散策路に世界24都市を絵タイルで表現しており、「世界一周ゲーム」が楽しめるようになっていましたす。また、ミニ滑走路やミニ管制塔があり、空港を擬似体験できるほか、小型機も展示されていました。

※平成28年03月**日:芝生広場 閉鎖
※平成30年**月**日:世界夢広場 閉鎖

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
東京国際(羽田)ANA
就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
-
※事前購入型または特定便のみしかない乗継割引設定路線は平成25年8月に公開を終了しました。(H22.4.1 ANA新千歳・大館能代・秋田・庄内・富山・能登・小松、H**.**.**稚内・旭川・女満別・中標津・釧路・函館 新設、H24.3.25 ANA中標津 廃止)


■就航路線(国際線)
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線は無し)
※i1:定期チャーター便

就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成29年09月30日:KEA*i1務安 就航
※平成30年01月02日:KEA*i1務安 運休(12/30最終運航)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■鳥取空港(鳥取砂丘コナン空港)についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
鳥取県の公式サイト(とりネット)△(県の紹介と観光の項目に空港管理事務所のページあり)
鳥取空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※鳥取空港(鳥取砂丘コナン空港)の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2007.11.22
前調査日 2019.09.07
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥取空港(鳥取砂丘コナン空港) | 更新情報をチェックする

2020年03月05日

11空港_国際線が全便欠航

□11空港 新型肺炎拡大の影響で国際線が全便欠航

新型コロナウイルス感染による肺炎拡大による航空需要急減に伴い、日本を発着する中国路線や韓国路線などで減便が相次いでいます。国内11空港で国際線が全便長期欠航する事態になっています。

令和2年1月1日現在で国際線の定期便が就航していたのは31空港(旭川、新千歳、函館、青森、花巻、仙台、百里(茨城)、成田国際(成田)、東京国際(羽田)、新潟、富山、小松、静岡、中部国際(中部)、関西国際(関空)、美保(米子)、岡山、広島、徳島、高松、松山、北九州、福岡、佐賀、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、那覇、下地島、新石垣)ありました。

しかし、1月下旬以降、日本発着国際線が相次いで欠航。2月下旬までは、最初の発生国である中国路線と香港路線、マカオ路線がメインでしたが、2月下旬以降は韓国での感染拡大に伴って韓国路線が欠航し始めました。
そして、3月に入ってからは、日本での感染拡大に伴って、中長距離路線も含めた世界各地を結ぶ便に欠航・減便が一気に拡大しています。

特に、中国・香港・韓国路線が中心の地方空港への影響が深刻。
4日の時点で、旭川、函館、青森(3/8〜)、花巻、新潟(3/8〜)、富山、美保(米子)、徳島(3/11〜)、佐賀、下地島、新石垣の11空港で、発着する国際線が、全便欠航しているか、数日以内で全便欠航することが決定しています。
上記以外の空港も、大幅に減便となっており、既に夏ダイヤ以降運休となる路線も出始めている状況です。

新型コロナウイルスの感染拡大は留まっておらず、欠航便・減便は毎日増加している状況です。今後も国際線が全便長期欠航となる空港が出てくる恐れがあり、注目されます。
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

美保_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/美保飛行場(米子空港/米子鬼太郎空港)
日本空港情報館
美保飛行場
(米子空港/米子鬼太郎空港)

YGJtop.jpg
美保飛行場(米子空港/米子鬼太郎空港)
2020年子年イチオシ空港
「子年」は美保飛行場(米子空港/米子鬼太郎空港)へ行こう!

文字通り子年主食(米)の空港です。今年はネズミに会いに米子GO!

■飛行場の概要
鳥取県境港市にある共用空港(旧その他飛行場)です。
自衛隊美保基地に隣接する防衛省管理の空港で、昭和44年6月に公共用飛行場としての指定を受けました。
弓ヶ浜半島の中央部、中海に突き出る形で整備されています。山陰の空港として唯一国際線の定期路線が就航する、鳥取県西部と島根県東部の玄関空港となっています。平成21年に滑走路の2500m化と旅客ターミナルの増築が実施されています。
平成22年に米子空港という別称とは別に愛称「米子鬼太郎空港」が決定しました。行政などが積極的に使う空港名が3つもある空港は日本でここだけです。
令和2年3月現在、国内線はANA(全日本空輸)により1路線、国際線は香港航空と上海吉祥航空により2路線が就航しています。


■飛行場種別:共用空港(旧その他飛行場)
■設置管理者:防衛省
■滑走路延長:2500m
■空港コード:YGJ/RJOH
■旅客ビル管理者:米子空港ビル


■施設の見どころ:◎◎=== 小規模。外装・内装ともレンガ調の壁面がよく目立ちます。天井が高いところがあまりなくこぢんまりとした印象です。
■見学者への対応:◎◎◎== 案内所 有/ターミナルパンフ(A2判を小さく折りたたんだもの) 有/展望デッキ 無料/ファン向け展示 有(見学者ホール)
■売店の充実度:◎◎=== 売店7店・飲食店3店/商品数はやや多めで、鳥取県全域の土産に加え、島根県の土産も見られます。
■アクセスの状況:◎◎◎== 鉄道 有(JR境線米子空港駅)/バス 有/隠岐へのフェリーの港への連絡バスや境港市のコミュニティバス路線も有


※就航路線は令和2年3月、そのほかの情報は特記以外平成30年9月現在のものです。
SKYVIEW
YGJSKYVIEW1.jpg YGJSKYVIEW2.jpg
出雲→隠岐便の右窓席から撮影。空港北西側上空。
空港は日本海と中海に囲まれた弓ヶ浜半島にあります。空から見ると弧型の半島の美しさが目立ちます。空港は半島を分断するように配置されているのが分かります。写真手前側は島根半島で島根県の領域になります。(平成30年9月撮影)

YGJ01.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成26年9月撮影)
昭和55年10月に誕生したターミナルです。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1・1/2層方式です。平成21年に拡張工事が行われており、ランド側から見て右側に建物が広がっています。左側に国際線、右側に国内線を配置しています。
1階に到着口とチェックインロビー、2階に売店、搭乗口、搭乗待合室、飲食店、屋上に展望デッキのある分かりやすい配置です。
ターミナル内のサインは、白地に黒文字で統一されています。各案内板は、出発関係なら緑色、到着関係なら黄色のラインによりアクセントを加えています。
YGJ002.jpgターミナル前面
(写真は平成30年9月撮影)
レンガ調の柱と丸い照明が目を引くカーブサイドで、ターミナルへの入口は側面1か所含め5か所です。
バスのりばは4か所あります。路線バスも運行があります。(いずれも航空便に接続する程度の運行、米子駅まで約25分)
■1番 路線バス 米子駅行、隠岐汽船連絡バス(七類港行・境港駅行、米子駅行)、皆生温泉行、ゑびすライナー 美保神社前行*a(日ノ丸自動車)
■2番 境港市民バス 生活コース 左回り・右回り、メインコース 左回り・右回り(はまるーぷバス)
■3番 連絡バス ANAクラウンプラザホテル米子行(日ノ丸自動車)
■4番 連絡バス JR松江駅行(松江一畑交通・日ノ丸ハイヤー)

※a:ゑびすライナーは、例年GWと秋〜正月に運行(美保関灯台行 29年度4/29-5/7・9/16-12/3の土休・1/1-1/3、30年度4/28-5/6・7/1-11/30
の土休、31年度4/27-5/6・7/13-9/30・10/27-11/30の土休、美保神社前行 30年度12/1-12/2の土休・12/3・1/1-1/3)

※平成25年12月20日:三朝温泉行(流通) 新設
※平成26年03月21日:三朝温泉行(流通) 運休(3/16最終運行)
※平成26年07月25日:倉吉駅行(日ノ丸自動車) 新設
※平成27年09月01日:倉吉駅行(日ノ丸自動車) 運休(8/31最終運行)
※平成27年10月03日:美保関灯台行・美保神社行(日ノ丸自動車) 新設(期間運行)
※平成27年12月05日:美保関灯台行・美保神社行 運休(12/3最終運行)
※平成29年04月02日:鳥取駅行(日本交通・日ノ丸自動車) 運休(3/31最終運行)
※平成30年06月16日:皆生温泉行(日ノ丸自動車) 新設
YGJ003.jpgチェックインロビー(国内線・国際線)
(写真は平成30年9月撮影)
1階ランド側から見て左側にチェックインロビーがあります。国際線・国内線ともに同じエリアにあります。
※平成25年12月20日:SKY就航 カウンタ新設
※平成27年09月01日:SKY全便運休、拠点撤退
YGJ004.jpgチェックインカウンタ(国内線・国際線)
(写真は平成30年9月撮影)
国内線用カウンタはチェックインロビーの中央寄りにあります。ランド側から見て中央左側にANAグループのカウンタがあります。
国際線用カウンタはチェックインロビーの左寄りにあります。左半分はASVカウンタ、右半分はCRKカウンタとなっています。

※平成28年09月14日:CRK 就航
※平成28年10月23日:AAR 拠点撤退、ASV 就航
YGJ005.jpg出発ロビー
(写真は平成30年9月撮影)
2階ランド側から見て右側、平成21年に拡張された区域が出発ロビーとして使用されています。
出発口がある建物中央付近は天井が低く、ロビー空間となっている建物端側は天井が高くなっています。ロビー空間の周囲は売店・飲食店が取り囲むように設置されています。
平成21年の拡張直後はキリンの置物、訪れた平成22年7月には法勝寺一式飾りが展示されていました。中央部には鬼太郎が飛んでいます。
YGJ006.jpg出発口・搭乗待合室
(写真は平成30年9月撮影)
2階中央部に設置されています。入口は1か所で、国内線、国際線とも同一の出発口を利用します。国際線の場合は、手荷物検査後、待合室内にある出国検査場で出国審査を受けることになります。
搭乗待合室内の搭乗口は国内線側2か所、国際線側1か所。搭乗橋は2か所あります。
案内掲示は、平成21年の改装に合わせてモニタタイプを採用しています。平成25年に一部拡張されています。
YGJ009.jpg到着口(国内線)
(写真は平成30年9月撮影)
1階ランド側から見て右端に設置されています。手荷物受取場のターンテーブルは1か所、到着口も1か所です。
案内掲示は、搭乗口同様、モニタタイプです。
YGJ010.jpg到着ロビー(国内線)
(写真は平成30年9月撮影)
1階ランド側から見て右側が到着ロビーになっています。
到着口前に総合案内所があります。
YGJ009I.jpg到着口・到着ロビー(国際線)
(写真は平成30年9月撮影)
国内線のロビーとは反対側、1階ランド側から見て左端に設置されています。国内線同様、ターンテーブル、到着口とも1か所です。入国審査場は手荷物受取場のちょうど上の部分(2階)にあります。
脇にレンタカーカウンタがあります。
案内掲示は、モニタタイプです。
YGJ011.jpg売店
(写真は平成30年9月撮影)
2階出発ロビー周辺に3店舗(ANAFESTA、前浜やダイマツ、BEEWING)、1階到着ロビーに1店舗(セブンイレブン)、国内線搭乗待合室に1店舗(BEEWING2)、国際線搭乗待合室に免税店1店舗(永山免税店)があります。
売店では、鳥取土産のほか、島根県東部のお土産も充実。空港愛称にも使われているゲゲゲの鬼太郎グッズも豊富です。
※平成29年01月10日:ポプラ 閉店
※平成29年02月10日:セブンイレブン 開店
※平成30年?*月**日:こりと〜る 閉店
YGJ012.jpg飲食店
(写真は平成30年9月撮影)
2階出発ロビーわきに3店舗(炉端かば、阿礼、日乃屋カレー×LA BAR)があります。
炉端かばは空港には珍しい飲み屋さん。阿礼は出雲そばも提供する蕎麦処です。日乃屋カレー×LA BARはカフェです。

※平成30年12月01日:ラバール 日乃屋カレー×LA BARにリニューアル
YGJ017.jpgラウンジ大山
(写真は平成30年9月撮影)
2階ランド側から見て左側は平成21年の改装前は売店区画でしたが、改装によりラウンジ大山が配置されました。
この空港は地方空港としては珍しく、休憩どころが充実しているのが特徴のひとつで、1階中央部は貸会議室、2階には特別室も用意されています。
搭乗待合室拡大に伴い催事場が廃止されています。
※平成25年10月15日:コミュニティールーム(白砂・青松) 閉鎖
※平成25年12月20日:貸会議室 新設
YGJ015.jpg送迎デッキ
(写真は平成30年9月撮影)
屋上に設置されています。入場無料。屋根やベンチはありません。出入口は1か所ですが、国内線側と国際線側に分かれるようにして設置されています。
平成21年の改装前までは低いフェンスでしたが、改装で高いフェンスに低く変更されています。
デッキ入口付近は狭いですが、見学者ホールとなっていて、就航している飛行機の写真パネルが掲げられています。
デッキを会場にビアガーデンが開設される時期もあります。
YGJ016.jpg送迎デッキからのながめ
(写真は平成30年9月撮影)
正面は中国山地が広がっています。左斜め前方に、この地方の象徴である大山が見え、きれいな写真が撮れることで有名です。搭乗橋は正面にあります。エプロンの北西側に位置しており、昼以降が順光条件です。
この空港は、自衛隊と共用空港のため、旅客機だけでなく、自衛隊機も頻繁に離着陸しています。ビジネス機も飛んでおり、多彩な飛行機を楽しめます。また、ちょうどデッキ正面に掩体壕らしきものが見え、軍民共用であることを感じさせます。
ターミナルビルは滑走路の端付近に設置されており、離陸の瞬間を撮影するのは難しそうです。
YGJ018.jpgモニュメント
(写真は平成30年9月撮影)
愛称を米子鬼太郎空港としたのを機に、館内にはゲゲゲの鬼太郎関連のモニュメントが大増殖中。ターミナル正面には「米子空港2500m滑走路完成記念像」として一反木綿に乗る鬼太郎と目玉のおやじの像があります。ベンチにも鬼太郎がデザインされているなど、愛称のごとく鬼太郎一色の空港になっています。
平成28年3月に鬼太郎関係のモニュメントがリニューアルされています。新たに手荷物受取場と到着ロビーに天井画が登場したほか、出発ロビーにステンドグラス「妖怪たちの森」ができています。
YGJ019.jpg無人販売スポット
(写真は平成30年9月撮影)
到着ロビーと出発ロビーに無人販売スポット「Gainare Oasis」が設置されています。国内初の無人販売スポットで、地元のサッカーチーム「ガイナーレ鳥取」を応援するものになっています。
自動販売機のように電気が要らないもので、野菜の無人販売所のように、ペットボトルの水が置かれ、そのわきに代金を納める箱が置かれているだけの設備です。

※平成29年10月02日:無人販売スポット 新設
YGJ020.jpg金箔貼りカート
(写真は平成30年9月撮影)
米子空港には1台だけ金箔貼りのカートがあります。
YGJ15.jpg地上アクセス施設(駐車場)
(写真は平成26年9月撮影、P4)
ターミナルビル正面に556台分の空港駐車場、空港入口付近にP1とP2、空港東側にP3とP4の駐車場が用意されています。いずれも無料駐車場です。
レンタカー各社は周辺にはありません。レンタカーカウンタで受け付けたのち空港駐車場にて受け渡しになります。
YGJ16.jpg地上アクセス施設(JR米子空港駅)
(写真は平成26年9月撮影)
空港のすぐ東側にはJR境線が通っており、滑走路延伸で線路を迂回させたのを契機に、もうすこし南側にあった大篠津駅を移設し平成20年に米子空港駅が開業しました。
空港ターミナルからは屋根つきの通路と歩道橋で結ばれ、徒歩5分ほどでアクセスが可能です。
JR西日本では、境線の各駅にゲゲゲの鬼太郎のキャラクター名を付けた愛称を付けており、米子空港駅は「べとべとさん駅」とされています。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
東京国際(羽田)ANA
*1:神戸経由便
*2:AKXによる運航便


就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成23年01月05日:ANA*2中部国際 運休(01/04最終運航)
※平成25年12月20日:SKY*1百里・SKY成田国際・SKY神戸 就航
※平成26年04月01日:SKY新千歳・SKY東京国際・SKY那覇 就航
※平成26年10月26日:SKY新千歳・SKY成田国際・SKY東京国際 運休(10/25最終運航)
※平成27年02月01日:SKY*1百里 運休(1/31最終運航)
※平成27年09月01日:SKY神戸・SKY那覇 運休(8/31最終運航)

※事前購入型または特定便のみしかない乗継割引設定路線は平成25年12月に公開を終了しました。(※H22.4.1 ANA新千歳・大館能代・秋田・庄内・富山・能登・小松 新設、H23.6.1ANA稚内・旭川・女満別・紋別・釧路・函館 新設、H25.1.7 ANA帯広 新設)


■就航路線(国際線)
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線欠航中)
就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成28年09月14日:CRK香港 就航
※平成28年10月23日:AAR(ANA)ソウル仁川 運休(10/21最終運航)、ASVソウル仁川 就航
※平成29年01月13日:ASVソウル AAR共同運航便化
※令和元年10月01日:ASV(AAR)ソウル 運休(9/29最終運航)
※令和02年01月11日:DKH上海浦東 就航
※令和02年02月11日:DKH上海 長期欠航
※令和02年02月18日:CRK香港 長期欠航

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■美保飛行場(米子空港/米子鬼太郎空港)についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
美保飛行場(米子空港)旅客ビルの公式サイト△(米子空港ビル株式会社)
美保飛行場(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
航空自衛隊美保基地の公式サイト◎

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※美保飛行場(米子空港/米子鬼太郎空港)の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2007.11.22
前調査日 2018.09.03
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 美保飛行場(米子鬼太郎空港) | 更新情報をチェックする

2020年03月04日

肺炎_国内線も減便が発生へ

□新型肺炎 ウイルス汚染国になった影響で国内線でも減便が発生へ

ANAと日本航空(JAL)、スターフライヤー(SFJ)、SPRING(SJO)は4日、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で国内線を減便すると発表しました。

ANA、JALともに6日〜12日の一部日程、SFJは11日〜18日、SJOは7日〜15日の一部日程で国内線の一部便を減便するとしています。
ANAは、新千歳、東京国際(羽田)、中部国際(中部)、大阪国際(伊丹)、広島、高松、福岡、那覇の8空港を発着する路線で、便数の多い路線を主に減便します。
JALは、旭川、釧路、帯広、札幌、新千歳、函館、青森、仙台、羽田、小松、伊丹、岡山、広島、徳島、高松、高知、松山、福岡、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、奄美、与論、那覇の26空港を発着する路線で、小規模路線も含まれている印象です。
SFJは、羽田-北九州線を1往復減便します。減便対象のSFJ93便に接続する福北バスは運休となるとしています。
SJOは、新千歳-成田国際線を一部日程で減便します。

新型コロナウイルスによる肺炎は、中国から始まっており、これまで、中国路線を中心に国際線のみで減便が相次いできました。国内でもウイルス感染が蔓延しつつあり、ついに国内線にも影響が出ることになってしまいました。

新型コロナウイルスの影響に伴う路線・便数計画の一部変更について(ANA公式サイト)
https://www.ana.co.jp/ja/jp/notice/notice_011.html
新型コロナウイルス肺炎の影響に伴う一部路線の減便について(2020年3月4日更新)(JAL公式サイト)
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/dom/200304/
新型コロナウィルスの感染拡大に伴う一部路線の運休および減便について (SFJ公式サイトからのリンク)
https://ssl4.eir-parts.net/doc/9206/announcement/56526/00.pdf
新型コロナウイルスの影響に伴う国内線欠航のお知らせ(SJO公式サイト)
https://jp.ch.com/Help/News/c6caff16ea4942a6862836d030ef65d1.html

ラベル:中国 SJO SFJ JAL 感染症 ANA
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする