2020年03月20日

コロナ_本邦国際線全欠拡大

□新型コロナ 本邦社の国際線全便欠航が拡大

新型コロナウイルスによる感染症の影響で、日本の航空会社で国際線が全便欠航が一気に拡大しています。

最初に国際線が全便欠航となったのは、スターフライヤーで、11日から国際線全2路線(中部国際(中部)-台北線・北九州-台北線)を欠航しています。当初18日までの期間欠航の予定でしたが、19日以降も欠航が継続されています。

今日20日には、国際線全便欠航が一気に拡大。エアアジア・ジャパン(WAJ)とPeach Aviation(APJ)、エアージャパン(AJX)が国際線全便欠航を始めます。
WAJは、唯一運航してきた国際線1路線(中部-台北線)の欠航を拡大。台湾の入国制限強化により20日から全便欠航しています。
APJは、20日に台北桃園発着の4路線を全便欠航し、国際線全18路線が欠航になりました。APJは路線数が多いですが、1路線を除いて中国・香港・台湾・韓国路線で影響を一気に受けています。
AJXは、唯一自社運航している国際線1路線(成田-シンガポール線)が20日から欠航されます。

すでに数日以内に国際線全便の長期欠航になることが発表されているのがジェットスター・ジャパン(JJP)とスカイマーク(SKY)の2社。
JJPは3月31日までに国際線全7路線を全便欠航します。JJPは中国・香港・フィリピン路線で、フィリピンの入国制限強化でここにきて欠航が拡大しています。
SKYも19日に長期欠航を発表。26日から、唯一の国際線1路線(成田国際-サイパン線)を欠航します。

この結果、日本の航空会社で国際線運航が残っているのは、ANAと日本航空(JAL)、SPRING(SJO)の3社のみとなります。
これらの3社も長期欠航が多数出ていますが、ANAとJALは多方面に多数の便を運航しているため、まだ複数便が残存しています。SJOは、新型コロナウイルス震源地の中国路線のみで影響は大きいですが、なんとか路線を維持している状況です。

国際線:新型コロナウイルス感染症の影響に伴う国際線運航便の運休について(SFJ公式サイト)
https://www.starflyer.jp/int_jp/news/2019/news_20200304_information.html
名古屋(中部)ー台北(桃園)線の一部運休について(追加)(WAJ公式サイト)
https://newsroom.airasia.com/news/2020/3/19/airasia-japan-to-suspend-several-operations-on-ngo-tpe-route
新型コロナウイルスの感染拡大に伴う一部の運航便の運休および減便について(2020年3月18日更新)(APJ公式サイト)
https://www.flypeach.com/news/suspension
新型コロナウイルス感染拡大に伴う国際線路線・便数計画の一部変更について(ANA公式サイト)
https://www.ana.co.jp/ja/jp/topics/notice200206/
ジェットスター国際線運休路線一覧および 国際線航空券の変更・払戻しについて (JJP公式サイト)
https://www.jetstar.com/_/media/files/japan-and-korea/japan/news/2020/202003_jetstar.pdf
「成田−サイパン線」運休のお知らせ (SKY公式サイト)
https://www.skymark.co.jp/ja/news/detail/__icsFiles/afieldfile/2020/03/19/20200319_news.pdf
新型コロナウイルス肺炎に関する航空券の特別対応や各種対応について(JAL公式サイト)
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/other/200228/
【0319更新】新型コロナウイルスの影響に伴う対応(SJO公式サイト)
https://jp.ch.com/Help/News/91fa48c510fa4cd69b107cc7458a2010.html
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

肺炎_汚染日本から入国制限100超

□新型肺炎 ウイルス汚染国日本からの渡航者を入国制限する国・地域が急増、ついに100か所超える

外務省は19日、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、日本からの渡航者・日本人に対する関する各国・地域の入国制限措置及び入国後の行動制限について19日6時現在で外務省が把握している状況を発表しました。日本からの入国・入域制限が行われている国・地域が急増、ついに100か所を超えました。

外務省の把握している状況によりますと、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で、日本からの入国・入域制限が行われている国・地域が112か所と急増。入国後に行動制限措置がとられている国・地域が88か所あるとしています。
外務省ではほぼ毎日情報を更新しており、日々、入国制限を行う国・地域が増えています。国以外の地域も含まれますが、外務省が発表している世界の国数は196か国ですので、世界の半数の地域から締め出されることになりました。

欧州で国境閉鎖が急増したことで入国制限する地域が増えたほか、これまで行き来できてきたアジア各国の入国制限も一気に増加しています。

日本から直行便(同一便名の経由便含む)がある国では、入国制限国・地域としてアラブ首長国連邦、インド、韓国、スリランカ、中国、デンマーク、ネパール、ポーランド、マレーシア、モンゴル、インドネシア、エジプト、カザフスタン、カタール、カナダ、スイス、スペイン、台湾、ドイツ、パキスタン、ベトナム、ロシアが該当。新たに制限した国は軒並み航空便の取りやめが発生しています。
また、入国後の行動制限措置が行われている国・地域では、エチオピア、オーストラリア、シンガポール、タイ、台湾、中国、トルコ、ニュージーランド、ネパール、ブルネイ、ベトナム、香港、マカオ、南アフリカ、ミャンマー、ロシア、アラブ首長国連邦、英国、ニューカレドニア、フィリピン、仏領ポリネシア、米国・グアム、ポーランドは日本からの直行便(同一便名の経由便含む)があり、利用する際には、十分な確認が必要になりそうです。

日本は感染拡大防止に失敗した感染蔓延国であると認知する国も増えていますが、世界的感染になり、鎖国状態にする国が増え始めてきました。

今回の内容は19日現在の状況。日々制限する国が増加していますので、海外へ渡航・居住・滞在している場合には、最新状況を確認することが重要となります。

新型コロナウイルス (日本からの渡航者・日本人に対する 各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)(外務省公式サイト)
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html
ラベル:感染症
posted by johokotu at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

松山_夏 APJ全便運休へ

■松山空港 夏ダイヤでAPJが全便運休へ

国内線定期便就航航空各社は、今夏のダイヤ(3月29日〜10月24日、一部航空会社は一部期間のみ)を発表しました。松山空港では、Peach Aviation(APJ)が全便運休します。

夏ダイヤで一番の注目点は、APJの全便運休。3月29日から関西国際線1日1往復を運休して全便を運休、拠点撤退します。

ANA、日本航空、アイベックスエアラインズ、ジェットスター・ジャパン、日本エアコミューターは、路線数・便数に変更はありません。

今回のダイヤ変更により、松山発着は、一部期間を除き、6社9路線37往復から5社8路線36往復と、社数・路線数・便数が減少します。

■3月29日以降の松山発着便就航先と便数
千歳 1:IBX(ANA)1
成田 2:JJP(JAL)2〜3*a
羽田 12:ANA6・JAL6
中部 3:ANA2・IBX(ANA)1
伊丹 12:ANA9・JAL3
福岡 4:JAL4
鹿児島 1:JAC1
那覇 1:ANA1
*a 成田国際JJP(JAL)は期間・曜日により運航便数が細かく異なります。
* 運休有 03/29- 関西国際APJ1→0(▲1) 運休
ラベル:関空 APJ 松山空港
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | 松山空港 | 更新情報をチェックする