2020年03月31日

コロナ_陽性の1/4は帰国者

□新型コロナウイルス感染症 陽性の4人に1人は帰国者、渡航中止勧告急拡大

外務省は31日、49か国・地域に対し、感染症危険情報レベルをレベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告))に引き上げると発表しました。さらに、レベル3の国・地域を除く、全世界に対しても、感染症危険情報レベルをレベル2(不要不急の渡航は止めてください。)に引き上げたとしています。

今回の措置は、新型コロナウイルスによる感染症のパンデミックに伴うもの。3月下旬には、国内で陽性と確認される事例の4人に1人は帰国・入国者であることが発覚したとしており、その点なども考慮して渡航中止勧告になっています。

今回感染症危険情報がレベル3に引き上げられたのは、世界49か国・地域。これまで一部地域だけだった中国、韓国が全土指定された他、感染者が激増している米国、欧州でまだ指定されていなかった英国など、世界各地で指定が拡がっています。
レベル3の国・地域は、既に欧州などで指定されていた26か国・地域と今回増加分で、一気に73か所まで急拡大しました。

新たに指定された地域のうち、日本からの直行定期便があるのは、インドネシア、韓国、シンガポール、タイ、台湾、中国、フィリピン、ブルネイ、ベトナム、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、カナダ、米国、英国、フィンランド、ポーランド、エジプト、トルコです。既に多くの便が欠航となり、渡航は難しいですが、感染を拡大させる帰国者がまだまだ続いていることから、渡航の中止を勧告することになってしまいました。

帰国・入国者が日本国内の患者全体の4分の1を占めるという衝撃的な数値が出てきてしまい、そのような人が集まる空港は感染リスクが高いことが、改めて示された形です。
ぜひ、海外渡航は止めることを強くお勧めします。

全世界に対する感染症危険情報の発出 (レベルの引き上げ又は維持)(外務省公式サイト)
https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/info0330.html
ラベル:感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 🌁| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

コロナ_夏で再開路線も

□新型コロナウイルス感染症 夏ダイヤ開始で再開路線も発生へ

新型コロナウイルスによる感染症のパンデミックの影響で、国際線の欠航が拡大するなか、夏ダイヤの開始で再開となる路線が出てきました。

夏ダイヤが始まった29日以降、日本航空が東京国際-台北松山線や成田国際(成田)-バンクーバー線、キャセイパシフィック航空が成田-香港線を再開するなど、ダイヤの境目で、わずかながら再開路線が出てきています。

各国が入国制限を行い、簡単に渡航できない状況ですが、一部の航空会社は、ダイヤ設定できる路線を探っており、なんとか再開にこぎつけた格好。再開路線の便数はわずかで、相変わらず欠航はどんどん拡大しているため、全体では目立ちませんが、なんとか世界と繋がりを保っています。
航空便の欠航・再開予定は毎日変化しており、今後、便を少しでも維持していけるのか注目されます。

〔3月29日以降搭乗分〕新型コロナウイルス肺炎の影響に伴う一部運休・減便・時間変更について(2020年3月30日更新)(JAL公式サイト)
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/inter/200313/index.html
重要なお知らせ 2020年4月、5月にキャセイパシフィック、キャセイドラゴンでご旅行予定のお客様へ(CPA公式サイト)
https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP/travel-information/travel-preparation/travel-advisories/important-information-for-cathay-pacific-and-cathay-dragon-passengers-jp.html
ラベル:JAL 感染症 CPA
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫_コロナ患者50人突破

新型コロナウイルス感染症 空港検疫での確認患者が50人を突破

厚生労働省(厚労省)は30日、新型コロナウイルスによる感染症に関して、空港検疫で確認された患者数が50人を突破したと発表しました。

前回発表後の3月27日〜29日の三日間で20人増え、空港検疫での確認された患者数は全部で51人となりました。28日には一日で11人増加。大多数は欧州からの帰国者で、南米からの帰国者が2人確認されています。無症状病原体保有者18人と九割を占めています。
ここ数日で感染者が急増している北米からの帰国者は含まれておらず、検査対象者が限定されていることが窺えます。

初期の頃は、中部国際など他空港でも患者が確認されていますが、今回確認されたのは、成田国際と東京国際のみ。近隣諸国では乗り継ぎでの利用も禁ずる空港が多く、欧米からの入国は、欧米路線の直行便がまだ残っている空港に限定されてきた模様です。 
残念ながらこれらの空港は、いま、二次感染リスクが非常に高い空港とも言えそう。特に、羽田空港では、29日から国内線が発着する第2ターミナルからも国際線の発着がスタートしており、国内旅行なら外国帰りと交わらないと言えなくなってきています。

新型コロナウイルスによる感染症のパンデミックの影響で、ここ数週間は欧米からの緊急帰国者が増加しています。今月中旬頃は、市中に入ってから陽性が発覚するケースが相次いでいましたが、その多くは旅行から帰国した人。一方で、現在は、便数もかなり絞られてきており、全世界への渡航危険度が上がってから数日経つことから、旅行帰りよりは現地駐在員などの緊急帰国の比率が増加していると思われます。現地の人と触れ合うことがより多いと思われ、また、検疫対象が拡大したことで、患者発覚急増に繋がっている可能性があります。
患者比率が大きく変わらないのであれば、空港検疫での患者確認急増は、水際での流入阻止が機能しはじめていることも示唆しており、空港でも感染爆発の重大局面を迎えていると言えそうです。

1月、2月に武漢からの緊急帰国者を輸送したチャーター機で空港検疫でPCR検査陽性が発覚したのは15人ですが、陰性の人も含め、ほとんどの人は、千葉県のホテルなどで14日間の強制(扱いは任意)隔離を行っています。
しかし、欧米からの帰国者は、陰性の場合、今のところ、あくまでも自主隔離。遠出の自粛などで全国各地のホテルが空室で苦しんでおり、滞在場所はいくらでもありそうですが、強制隔離するようなことはありません。このため、1月、2月よりも市中での感染リスクは上がっている印象です。

30日12時現在で、国内でPCR検査陽性者は1866人。次々に感染が発覚している羽田空港を抱える東京都では、感染爆発の重大局面として、不要不急の外出自粛の要請が続いている状況です。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について (空港検疫)(厚労省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10606.html
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする