2020年04月16日

緊急事態_結局全国宣言

□緊急事態宣言 結局全国を対象に宣言、対象地域に97空港

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に関わる緊急事態宣言が16日、結局日本全土に拡大されました。

緊急事態宣言は、国から4月7日〜5月6日の期間で7都府県を対象に出され、その後、一部の道県が独自に追随して宣言。COVID-19の人から人への伝播を防ぐ唯一の方法である、人の行動制限をするため、移動自粛や営業自粛を進めていました。
しかし、宣言地域から宣言地域外への移動は止まず、ほとんどの都市で、目標としていた、人の動き八割減は未達成。潜伏期間が約2週間と言われる中で、半分の1週間も遅れて、対象地域が日本全土に拡大することになってしまいました。

これまで、国の緊急事態宣言地域に15空港、地方自治体の緊急事態宣言地域に20空港がありましたが、結局全97空港が対象に入ることになりました。

国土交通省も航空便の利用を自粛するよう呼びかけています。ANAは17日〜19日の三日間に欠航路線を大幅に増やす予定であるなど、国内線でも欠航が急拡大しています。利用者も激減しており、空港に乗り入れるアクセス交通の減便・運休も多数出ています。
また、各空港では売店や飲食店の閉店が続出。ターミナルの営業時間短縮はもちろん、一部施設の閉鎖も相次いでおり、中部国際ではターミナルの閉鎖も生じる事態になっています。

新型コロナウイルス感染症対策(内閣官房公式サイト)
https://corona.go.jp
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

WAJ_コロナで就航延期へ

□WAJ 新型コロナで新規就航延期へ 国内線では日本初

エアアジア・ジャパン(WAJ)は14日、4月25日に予定していた中部国際(中部)-福岡線の新規就航を延期すると発表しました。

「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響」と発表しています。
同路線を長期欠航する期間は4月25日〜4月30日。国際線の中部-台北桃園線も同期間欠航することが発表され、これにより、4月9日〜4月30日の間は、WAJは運航する便がなくなります。

COVID-19パンデミックの影響で、国内線の新規路線が就航延期となるのは初めてとなります(パンデミック後に新規就航し、その後長期欠航している路線は既にあります)。

エアアジア・ジャパン 新型コロナウイルス感染症の影響による運休について(追加)(WAJ公式サイト)
https://newsroom.airasia.com/news/2020/4/14/airasia-japan-to-suspend-operations-until-apr30
posted by johokotu at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

空港検疫_罹患若干下がる 4/15

□空港検疫 罹患率若干下がるも0.3%台後半 4月15日発表分

厚生労働省(厚労省)は4月15日12時現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


4月15日12時現在
罹 患 率 0.375%
無症状率 80.3%

国内の隠れ感染者数(推定値) 46.4万人
国内の無症状病原体保有者数(推定値)37.2万人

※罹患率・無症状率は空港検疫の全員検査開始後の値を抽出し、それを元に算出しています。海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。参考程度にお考え下さい。

(すべて正午発表)
・4/4〜4/5 :対象 1,486人、症状 有0 無0 =陽性 0人/罹患率0%
・4/4〜4/6 :対象 2,801人、症状 有0 無5 =陽性 5人/罹患率0.178%
・4/4〜4/7 :対象 4,064人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.221%
・4/4〜4/8 :対象 5,707人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.157% 
・4/4〜4/9 :対象 7,213人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.291%
・4/4〜4/10:対象 8,756人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.239%
・4/4〜4/11:対象10,010人、症状 有6 無17=陽性23人/罹患率0.229%
・4/4〜4/12:対象11,359人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.457%
・4/4〜4/13:対象12,680人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.410%
・4/4〜4/14:対象13,860人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.404%
・4/4〜4/15:対象14,921人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.375%

4月15日時点での罹患率をそのまま日本の人口(3月の推計人口1億2595万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約47.2万人になります。
国内のPCR検査陽性者は4月15日12時現在で7,964人ですから、隠れ感染者はあと約46.4万人もいると推定されます。八割は無症状ですから、37.2万人程が未だ気が付かずに国内を歩き回っていると推定されます。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年4月15日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10867.html



空港検疫の詳細も発表されています。
・4月03日:症状 有0 無1=陽性1人 67
・4月04日:症状 有0 無7=陽性7人 68・69・70・72・73・74・99
・4月05日:症状 有3 無3=陽性6人 71・75・100・101・102・103
・4月06日:症状 有3 無8=陽性11人 76・77・78・79・80・83・84・85・104・105・106
・非公表者:症状 有0 無2=陽性2人 81・82
・4月07日:症状 有1 無3=陽性4人 86・107・108・109
・4月08日:症状 有0 無2=陽性2人 87・110
・4月09日:症状 有0 無1=陽性1人 88
・4月10日:症状 有1 無5=陽性6人 111・112・113・114・115・116
・4月11日:症状 有0 無3=陽性3人 117・118・119
・4月12日:症状 有0 無2=陽性2人 120・121
・4月13日:症状 有0 無0=陽性0人 
・4月14日:症状 有0 無4(+4)=陽性4人 122・123・124・125
 空港別:成田1・羽田3
 男女別:男2・女2
 年代別:10代下0・20代1・30代0・40代1・50代0・60代0・70代0・80代上0・確認中2
 渡航元:米国1・確認中3
 居住地:東京2・神奈川1・確認中1


4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は11日間で49人となりました。
4月13日は、全員検査開始後初めて感染確認なしとなりました。
49人のうち有症状は8人のみ。無症状は41人で、無症状率は83.6%と、相変わらず八割を超えています。

新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_10868.html
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする