2020年05月30日

百里_外語愛称に批判続出?

■百里飛行場(茨城空港) 外国語愛称候補に批判続出?愛称について考える

百里飛行場(茨城空港)の新愛称について検討する有識者会議が28日に茨城県で行われましたが、一般から、外国語愛称候補に批判が続出しているようです。

新愛称はまだ検討段階で、そのうち英語・中国語は「Tokyo Ibaraki International Airport」「東京茨城国際機場」が候補に選定された模様。28日に有識者会議が行われたことで、各社が報道しています。
ただ、この名称に対して批判が続出しているようで、産経新聞によれば、意見募集の中で、「海外向けについては「東京と茨城は隣接していない」「誤解を招く」など批判的な意見も少なくなかった」と報じられています。YAHOO!JAPANのコメント欄でも結構辛辣な意見が並んでいますね。

百里は、東京都庁から80キロ強、一番近い東京都境からも60キロ強あります。成田国際ですら都庁から60キロ強、都境から40キロ強ですから、「Tokyo」を入れることに抵抗感がある人が多いようです。

大都市名を愛称に入れることについて、少し掘り下げてみます。

■目的に最適なTOKYO
今回の外国語の名称は、茨城だけではなく、東京圏(首都圏)の空港だということをPRすることを狙っていますから、「TOKYO」を入れることは言ってみれば目的通りと言えます。「勘違いする」との批判もあるようですが、まさに東京の空港だと「勘違い」させて利用してもらうのが目的なので、「してやったり」なところはあるのではないでしょうか。

成田国際も、当初は「新東京」(これは愛称ではなく正式名称)でしたから、似たようなものと言えば似たようなものです。下地島空港が、宮古(下地島)やみやこ下地島空港と紹介されるのも似ていると言えそうです。
国内で一番そっくりな命名は新千歳でしょうか。札幌飛行場があるにもかかわらず、「札幌空港」と思っている人も多いのか、東京国際空港では札幌などと表現されているほどです。そもそも所在地は札幌市内ではないし、鉄道や高速でアクセスすると間に2市がまたがります(市どうしは隣接しています)。「北海道外から見たら札幌へ行くために私が使う空港や!」という感じで「海外から見たら東京へ行くために私が使う空港や!」が百里というわけです。
仙台も、名取市の仙台から見たら反対の境目付近にありますが「仙台空港」ですね。

百里の場合、正式名称ではなく、愛称ですから、「そこまでかたいこと言わないで」といった感じでしょうか。
勘違いするとか愛称が最悪だから使うべきではないと言うなら、新聞だってテレビだって個人的に話す時だって「HYAKURI」と言えばそれで済むはず。それをほとんどの人は「茨城」となぜか愛称を使って言っているわけです。
米子市ではない美保を「YONAGO KITARO」と言う人や、神戸空港を大阪の空港と言う人があまり多くないのと同じで、空港側が使っていても、無意味だと思えば呼ぶときに使わなければ良いだけです。

■世界ではLCC主導でポツポツ存在
実は、似たように周辺大都市の名前を愛称で冠する空港は、欧州を中心に世界にはポツポツあります。

例えば、英国ロンドン周辺の6国際空港が一例。
ルートン、ガトウィック、スタンステッド、サウスエンドは厳密にはロンドンではなく、周辺の州の空港ですが、いずれも「LONDON ○○ AIPRORT」との愛称を使用しています。逆に、一番有名で、グレーターロンドン区域にあり、日本からも直行便があるヒースロー空港は「LONDON」を使っていないです。
80キロも離れていませんが、ガトウィック(ロンドン中心部から50キロ強)は、かつてANAがロンドンとして就航していましたが、間に千葉県が存在する百里と同じように、間に別の州が存在しています。

世界でもっとも有名なのは、フランクフルトの名称が付くドイツ・ハーン空港でしょうか。フランクフルトとは異なる州にあり、100キロ以上離れていますが、公式サイトでも普通に「frankfult hahn Airport」です。

欧州のセカンダリー空港は、ライアンエアがメイン空港を避けて就航して利用を定着させたところが多く、格安航空会社(LCC)主導で、一見詐欺のような名称を付けているところが結構あります。
スウェーデンのスカブスタ空港はストックホルム中心部から100キロ以上離れていますが「Stockholm Skavsta Airport」、ノルウェーのリュッゲ空港もオスロから約60キロ離れていますが「OSLO LOW COST AIRPORT」としてPRしています。パリから約80キロ離れた全く別の州にあるボーヴェ・ティレ空港は公営ですが「Paris-Beauvais」と紹介していますね。
いずれの空港も公共交通アクセスはバスのみで、百里によく似ています。

日本人がよく利用する大きな空港だと、米国ニューアークリバティー国際空港が良い例でしょうか。就航するユナイテッド航空では、ニューヨークとして紹介しています。ただし、この空港の場合、ニューヨークへの距離は近いです。

こうやって見ると、近くの大都市の名前を冠することは、普通のこと。空港を間違えた!となるようであれば「事前調査が足りなかったね」で終わりです。

■外国人は意外と東京周辺の空港だと思って使っている
百里に話を戻します。
日本人は同空港について「あくまでも茨城や北関東の空港でしょ」という感覚でしょう。しかし、TOKYOの名を冠していない今ですら、外国人は意外と東京周辺の空港(東京圏の空港)として意識して使っています。
国際線は中国路線と韓国路線が就航していますが、利用者のアクセスを見ていると、石岡や水戸のバスよりも、東京駅からのバスのユーザーが多いです(新型コロナウイルス感染症パンデミックの影響で欠航中)。そのあたりは、時間はかかっても安い方が良いといった需要に、非常にうまく応えているように感じます。

「あくまでも茨城の空港でしょ」と考えるのは、茨城県という行政単位を分かっているから。赤道などと一緒で、県境という境目を行動範囲の境目としている良い例です。
「茨城で普通分かるっしょ、」という方、先に挙げたボーヴェ・ティレ空港はオワーズ県にあるのですが「Oise Airport」でパリ周辺の空港だと分かりますかね?
外国人は、(水戸ならまだしも)茨城なんて都市(県ではなく都市)はほとんど知りませんから、県境は関係なく、都心からの距離(時間)位が比較項目になります。都心から東京国際は20キロ弱、成田は約60キロ強、百里は約80キロ強離れたところにある東京周辺の空港という程度の認識でしかありません。

茨城は東京圏というよりは首都圏といった感じなので、TOKYOでなくて、「KANTO」とか「METROPOLITAN」「CAPITAL」ぐらいにしとけよ、という意見もあるような気がします。しかし、関東の人が地方に行ったときに「東京から来ました」と言うのは定番(そもそも「○○県から来ました」と言う人は「東京から来ました」と言う人に次いで多いですが、「関東から来ました」とか「首都圏から来ました」という人はあまりいない)ですし、外国人が「KANTO」で果たして分かるのでしょうか。
東京人からすると違和感があるのかもしれませんが、TOKYOを使おうとしているのは、そんな程度の話です。

最近は成田に押され、さらに中国路線などは深夜便で羽田にも就航しているぐらいなので、なかなか太刀打ちできていませんが、百里は元々LCC誘致を最前面に出している空港です。
欧州のセカンダリー空港のように、TOKYOの知名度を最大限活用してLCCがもっと拠点にするようになってほしいものですね。

新愛称の決定は6月の予定。最終的にどうなるのか注目です。

それにしても、地元茨城新聞の題名は「頭に「Tokyo」」。IBARAKIより先にTOKYOが名前をつくことに、皮肉たっぷり「頭狂う」(とうきょう)とは、コピーセンス秀逸です、、、。

茨城空港の海外向け愛称案 頭に「Tokyo」(茨城新聞公式サイト)
https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=15906671128873
茨城空港に愛称「東京」正式決定へ 都心までは80キロ(朝日新聞公式サイト)
https://www.asahi.com/articles/ASN5X71N1N5XUJHB006.html
誤解招く「Tokyo」 茨城空港の新愛称案(産経新聞公式サイト)
https://www.sankei.com/economy/news/200528/ecn2005280046-n1.html
「東京茨城国際空港」近さアピールの海外向け愛称案 「誤解与える」と否定意見(毎日新聞公式サイト)
https://mainichi.jp/articles/20200530/k00/00m/040/043000c
国内では「茨城空港」、海外向けは「Tokyo」入れて愛称案…「検索でヒットしやすい」(読売新聞公式サイト)
https://www.yomiuri.co.jp/economy/20200324-OYT1T50284/
記事で紹介した海外の空港
 LCY https://www.londoncityairport.com/(英国:ロンドンシティ空港)
 LHR https://www.heathrow.com/(英国:ヒースロー空港)
 LLA https://www.london-luton.co.uk/(英国:ルートン空港)
 LGW https://www.gatwickairport.com/(英国:ガトウィック空港)
 STN https://www.stanstedairport.com/(英国:スタンステッド空港)
 SEN https://southendairport.com/(英国:サウスエンド空港)
 HHN https://www.hahn-airport.de/(ドイツ:ハーン空港)
 NYO https://www.skavsta.se/(スウェーデン:スカブスタ空港)
 RYG http://www.ryg.no/(ノルウェー:リュッゲ空港)
 BVA https://www.aeroportparisbeauvais.com/passagers/(フランス:リボーヴェ・ティレ空港)
 EWR https://www.newarkairport.com/(米国:ニューアークリバティー国際空港)

posted by johokotu at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

国際線_運航継続路線5/30

■国際線 運航継続路線 5月30日更新

新型コロナウイルスによる感染症拡大に伴う需要急減で国際線では大幅な欠航が生じています。
運航を継続している路線について、航空会社公式サイト、空港公式サイト、都道府県公式サイト、現地大使館公式サイトで発表されている情報で確認できた内容をまとめています。
個人で調べているため、反映しきれていない部分がありますのでご了承ください。


・状況は毎日変化しています。状況により運休していることがあります。
 あくまでも参考程度でご覧いただき、正確な情報は公式サイト等で各自ご確認ください。

下記は定期的に運航されている便のみです。このほかに日本国が手配する帰国用チャーター便が単発的に複数運航されていますので、確認することをお勧めします。

■5/1時点で運航継続が確認できた国際線 (一部日程で運休予定がある路線があります)
<東アジア>
韓国路線は成田国際、関西国際発着に限定中
・成田国際-ソウル ICN(仁川):KAL週7
・成田国際-ソウル ICN(仁川):AAR週7
・関西国際-ソウル ICN(仁川):JJA週3
・成田国際-ソウル ICN(仁川):ETH週2 ※5/3〜運航再開
中国路線は成田国際、関西国際発着に限定中/1社週1往復に限定中
・成田国際-哈爾浜 :SJO週1
・成田国際-瀋陽  :CSN週1
・成田国際-大連  :JAL週1
・成田国際-上海 PVG(浦東):ANA週1
・成田国際-上海 PVG(浦東):CCA週1
・成田国際-上海 PVG(浦東):CES週1
・成田国際-上海 PVG(浦東):CQH週1
・関西国際-上海 PVG(浦東):DKH週1
・成田国際-福州  :CXA週1
・成田国際-香港  :ANA週1 ※5/15迄週2
・成田国際-香港  :JAL週4 ※6/1〜週2
・成田国際-香港  :CPA週3
・成田国際-台北 TPE(桃園):JAL週4 ※4/30〜運航再開
・成田国際-台北 TPE(桃園):TTW週2 ※6/1〜週1
・成田国際-台北 TPE(桃園):EVA週* ※特定日運航(減便)
・成田国際-台北 TPE(桃園):CAL週* ※特定日運航(減便)
・関西国際-台北 TPE(桃園):TTW週1
・関西国際-台北 TPE(桃園):EVA週* ※特定日運航(減便)
・福岡  -台北 TPE(桃園):EVA週* ※特定日運航(減便)
・成田国際-高雄  :JAL週1 ※4/28迄週2
<東南アジア>
・成田国際-マニラ :JAL週1 ※5/15迄週2
・東京国際-マニラ :ANA週3 ※特定日は日本着のみ
・成田国際-ホーチミンシティ:ANA週3 ※日本着のみ
・成田国際-ホーチミンシティ:JAL週1 ※日本着のみ、5/9迄週2
・成田国際-ハノイ :ANA週2 ※日本着のみ、5/15迄週3
・成田国際-ハノイ :JAL週1 ※日本着のみ
・東京国際-バンコクBKK(スワンナプーム):ANA週7 ※日本着のみ
・東京国際-バンコクBKK(スワンナプーム):JAL週2 ※日本着のみ、6/1〜週1
・成田国際-クアラルンプール:ANA週3
・成田国際-クアラルンプール:JAL週2
・成田国際-シンガポール:AJX(ANA)週3
・成田国際-シンガポール:SIA週3
・成田国際-ジャカルタ:ANA週4
・成田国際-ジャカルタ:JAL週2 ※6/1〜週1
・東京国際-ジャカルタ:GIA週2
・関西国際-ジャカルタ:GIA週2 ※5/3〜運航再開、6/1〜週1
<西アジア・中央アジア・中東>
・成田国際-ドーハ :QTR週* ※特定日運航(減便)
・成田国際-アブダビ:ETD週1 ※5/18〜運航再開(帰国専用便)
<ロシア>
運航なし
<ヨーロッパ>
・東京国際-フランクフルト:ANA週3 ※6/1〜週5
・東京国際-フランクフルト:DLH週3
・成田国際-アムステルダム:KLM週2
・関西国際-アムステルダム:KLM週2
・成田国際-パリ  :AFR週3
・東京国際-ロンドン LHR(ヒースロー):ANA週2
・東京国際-ロンドン LHR(ヒースロー):JAL週4 ※6/1〜週3
<アフリカ>
・成田国際-アディスアベバ(ソウル経由):ETH週2 ※5/3〜運航再開
<南北アメリカ>
・東京国際-バンクーバー:ANA週3
・成田国際-バンクーバー:JAL週1
・成田国際-ニューヨーク JFK(ジョンFケネディ):ANA週1
・成田国際-シカゴ :ANA週3 ※6/1〜週7
・東京国際-シカゴ :JAL週1
・成田国際-ダラス :AAL週3
・東京国際-デトロイト:DAL週* ※特定日運航(減便)
・東京国際-シアトル:DAL週* ※特定日運航(減便)
・成田国際-ロサンゼルス:ANA週7
・東京国際-ロサンゼルス:JAL週1
・成田国際-サンフランシスコ:UAL週7
・成田国際-グアム :UAL週3
・成田国際-メキシコシティ:ANA週3 ※6/1〜週5
<オセアニア>
・東京国際-シドニー:ANA週3

■近日中に再開になる予定の路線
・成田国際-ソウル 仁川:JNA週1 ※6/5〜運航再開予定
・関西国際-ソウル 仁川:JNA週1 ※6/5〜運航再開予定
・成田国際-チューリヒ:SWR週2 ※6/1〜運航再開予定
・成田国際-バンクーバー:ACA週5 ※6/1〜運航再開予定
・成田国際-サンフランシスコ:ANA週3 ※6/1〜運航再開予定
・成田国際-ニューアーク:UAL週3 ※6/6〜運航再開予定

■近日中に欠航になる予定の路線
・東京国際-デトロイト:DAL週* ※特定日運航(減便) ※6/1〜 長期欠航予定

■5/1時点で運航状況が確認できなかった会社の路線
-

<日本>
ANA https://www.ana.co.jp/ja/jp/
JAL https://www.jal.co.jp/jp/ja/
APJ https://www.flypeach.com/
JJP/JST/JSA/PIC https://www.jetstar.com/jp/ja/
SFJ https://www.starflyer.jp/
SJO https://jp.ch.com/
WAJ/EZD/TAX/XAX https://www.airasia.com/ja/jp
SKY https://www.skymark.co.jp/ja/
<東アジア>
AAR https://flyasiana.com/C/JP/JA/index
ASV https://flyairseoul.com/CW/ja/main.do
ESR https://www.eastarjet.com/newstar/PGWHC00001
JJA https://www.jejuair.net/jejuair/jp/main.do
JNA https://www.jinair.com/booking/index
KAL https://www.koreanair.com/
TWB https://www.twayair.com/app/main
CCA https://www.airchina.jp/JP/JP/
CDC https://www.loongair.cn/
CDG http://www.sda.cn/
CES/CSH https://jp.ceair.com/
CHB http://www.westair.cn/portal/
CHH https://www.hainanairlines.com/JP/JP/Home
CQH https://www.ch.com/
CSC http://global.sichuanair.com/JP-JP
CSN https://global.csair.com/JP/JP/
CSZ http://www.shenzhenair.com/
CXA https://www.xiamenair.com/ja-jp/
DER http://www.jdair.net/
DKH http://www.juneyaoair.com/
GCR https://www.tianjin-air.com/
LKE http://www.luckyair.net/
OKA https://www.okair.net/
CPA/HDA https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP.html
CRK https://www.hongkongairlines.com/ja_JP/homepage
HKE https://www.hkexpress.com/ja/
AMU https://airmacau.jp/
CAL/MDA https://www.china-airlines.com/jp/jp
EVA https://www.evaair.com/ja-jp/
TTW https://web.tigerairtw.com/jp/
MGL http://www.miat.com/index.php?lang=jp
<東南アジア>
CEB https://www.cebupacificair.com/ja-jp
PAL https://www.philippineairlines.com/ja-jp/jp/home
BAV https://www.bambooairways.com/global-en/
HVN https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/home
VJC https://www.vietjetair.com/Sites/Web/ja-JP/Home
NCT https://www.nokscoot.com/jp/
THA https://www.thaiairways.com/ja_JP/index.page
TLM https://www.lionairthai.com/jp/
RBA https://www.flyroyalbrunei.com/japan/ja/
MAS https://www.malaysiaairlines.com/
MXD https://www.malindoair.com/
GIA https://www.garuda-indonesia.com/jp/ja/index
SIA/SLK https://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/home
TGW https://www.flyscoot.com/jp/
<西アジア・中央アジア・中東>
RNA https://nepalairlines.com.np/home/
AIC http://www.airindia.in/→在インド日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.in.emb-japan.go.jp/
VTI https://www.airvistara.com/in/en→在インド日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.in.emb-japan.go.jp/
ALK https://www.srilankan.com/en_uk/
QTR https://www.qatarairways.com/en/→在カタール日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.qa.emb-japan.go.jp/
UAE https://www.emirates.com/jp/japanese/
ETD https://www.etihad.com/ja-jp/
THY https://www.turkishairlines.com/ja-jp/
UZB https://www.uzairways.com/en→在ウズベキスタン日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.uz.emb-japan.go.jp/
VSV http://www.scat.kz/en/
<ロシア>
AFL https://www.aeroflot.ru/jp-en/
SBI https://www.s7.ru/en/
SHU https://www.flyaurora.ru/jp/→在ユジノサハリンスク日本国総領事館公式サイトで情報有(https://www.sakhalin.ru.emb-japan.go.jp/
<ヨーロッパ>
FIN https://www.finnair.com/jp-ja
SAS https://www.flysas.com/jp-ja/→在デンマーク日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.dk.emb-japan.go.jp/
LOT https://www.lot.com/jp/ja→在ポーランド日本国大使館公式サイトで情報有(/https://www.pl.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
DLH https://www.lufthansa.com/→在ドイツ日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.de.emb-japan.go.jp/
AUA https://www.austrian.com/?sc_lang=ja&cc=JP
SWR https://www.swiss.com/jp/JA
KLM https://www.klm.com/home/jp/ja
AFR https://www.airfrance.co.jp/JP/ja/
BAW https://www.britishairways.com/travel/home/public/ja_jp/→在英国日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.uk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
AZA https://www.alitalia.com/ja_jp
IBE https://www.iberia.com/jp/→在スペイン日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.es.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
<アフリカ>
MSR https://www.egyptair.com/en/Pages/HomePage.aspx→在エジプト日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.eg.emb-japan.go.jp/)臨時便情報豊富
ETH https://www.ethiopianairlines.com/jp/ja→総代理店 グローバルサービス公式サイトで情報有(http://www.gsa.co.jp/et/
<南北アメリカ> 
ACA https://www.aircanada.com/jp/ja/aco/home.html#/
AAL http://news.aa.com/
DAL https://news.delta.com/
HAL https://www.hawaiianairlines.co.jp/
UAL https://hub.united.com/
AMX https://aeromexico.jp/
<オセアニア>
QFA https://www.qantas.com/jp/ja.html
VOZ https://www.virginaustralia.com/jp/en/
ANZ https://www.airnewzealand.jp/
ACI https://jp.aircalin.com/jp/
ANG http://www.airniugini.jp/
FJI https://www.fijiairways.com/ja-jp/
THT https://www.airtahitinui.com/jp-ja


欠航確認
05/28
・成田国際-ヌメア :ACI週2 ※貨物専用便、旅客便は運航されていないようです

05/21
・成田国際-ソウル ICN(仁川):JJA週2 ※5/17〜欠航

05/20
・東京国際-台北 TSA(松山):CAL
・関西国際-台北 TPE(桃園):CAL
・東京国際-台北 TSA(松山):EVA

5/10
・東京国際-台北 TSA(松山):ANA週2 ※5/9〜欠航
・成田国際-ヤンゴン:ANA週3 ※ヤンゴン発のみ、5/10〜欠航

05/07
・成田国際-メキシコシティ:AMX週1.75 ※4日に1往復運航 5/7〜欠航
ラベル:感染症 国際線
posted by johokotu at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

空港検疫_罹患率若干増加5/29

■空港検疫 感染急増止まらず10人感染確認、愛知在住7人全員が行動歴非公開という異常事態 5月29日発表分

厚生労働省(厚労省)は5月29日12時現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


5月29日12時現在
罹 患 率 0.257%
無症状率 90.6%

国内の隠れ感染者数(推定値)30.7万人

※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
元にしている数値が異なるため差異あります。海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。参考程度にお考え下さい。


2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
■空港検疫全員検査結果(すべて12時現在)
・4/4〜4/5 :対象 1,486人、症状 有0 無0 =陽性 0人/罹患率0%
・4/4〜4/6 :対象 2,801人、症状 有0 無5 =陽性 5人/罹患率0.178%
・4/4〜4/7 :対象 4,064人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.221%
・4/4〜4/8 :対象 5,707人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.157%
・4/4〜4/9 :対象 7,213人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.291%
・4/4〜4/10:対象 8,756人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.239%
・4/4〜4/11:対象10,010人、症状 有6 無17=陽性23人/罹患率0.229%
・4/4〜4/12:対象11,359人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.457%
・4/4〜4/13:対象12,680人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.410%
・4/4〜4/14:対象13,860人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.404%
・4/4〜4/15:対象14,921人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.375%
・4/4〜4/16:対象15,988人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.375%
・4/4〜4/17:対象16,682人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.359%
・4/4〜4/18:対象17,385人、症状 有11無50=陽性61人/罹患率0.350%
・4/4〜4/19:対象18,231人、症状 有11無51=陽性62人/罹患率0.340%
・4/4〜4/20:対象19,009人、症状 有11無52=陽性63人/罹患率0.331%
・4/4〜4/21:対象19,843‬人、症状 有12無53=陽性65人/罹患率0.327%
・4/4〜4/22:対象20,268‬人、症状 有12無54=陽性66人/罹患率0.325%
・4/4〜4/23:対象20,986‬人、症状 有12無56=陽性68人/罹患率0.324%
・4/4〜4/24:対象21,344人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.323%
・4/4〜4/25:対象21,865人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.315%
・4/4〜4/26:対象22,552‬人、症状 有12無60=陽性72人/罹患率0.319%
・4/4〜4/27:対象23,347人、症状 有12無62=陽性74人/罹患率0.316%
・4/4〜4/28:対象24,079人、症状 有12無63=陽性75人/罹患率0.311%
・4/4〜4/29:対象24,671人、症状 有12無66=陽性78人/罹患率0.316%
・4/4〜4/30:対象25,382‬人、症状 有12無68=陽性80人/罹患率0.315%
・4/4〜5/1 :対象26,018人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.315%
・4/4〜5/2 :対象26,609人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.308%
・4/4〜5/3 :対象27,315人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.303%
・4/4〜5/4 :対象28,113人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.295%
・4/4〜5/5 :対象28,805人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.288%
・4/4〜5/6 :対象29,171人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.284%
・4/4〜5/7 :対象29,577人、症状 有12無72=陽性84人/罹患率0.284%
・4/4〜5/8 :対象29,983‬人、症状 有12無74=陽性86人/罹患率0.286%
・4/4〜5/9 :対象30,470人、陽性87人/罹患率0.285%
・4/4〜5/10:対象31,294人、陽性87人/罹患率0.278%
・4/4〜5/11:対象31,875人、陽性89人/罹患率0.279%
・4/4〜5/12:対象32,519人、陽性89人/罹患率0.273%
・4/4〜5/13:対象33,152人、陽性91人/罹患率0.274%
・4/4〜5/14:対象33,844‬人、陽性92人/罹患率0.271%
・4/4〜5/15:対象34,075人、陽性92人/罹患率0.269%
・4/4〜5/16:対象34,600人、陽性92人/罹患率0.265%
・4/4〜5/17:対象35,178人、陽性94人/罹患率0.267%
・4/4〜5/18:対象35,835人、陽性94人/罹患率0.262%
・4/4〜5/19:対象36,567人、陽性94人/罹患率0.257%
・4/4〜5/20:対象37,049人、陽性94人/罹患率0.253%
・4/4〜5/21:対象37,691人、陽性94人/罹患率0.249%
・4/4〜5/22:対象38,046人、陽性95人/罹患率0.249%
・4/4〜5/23:対象38,548人、陽性95人/罹患率0.246%
・4/4〜5/24:対象39,048人、陽性96人/罹患率0.245%
・4/4〜5/25:対象39,642人、陽性98人/罹患率0.247%
・4/4〜5/26:対象40,287人、陽性99人/罹患率0.245%
・4/4〜5/27:対象40,736人、陽性103人/罹患率0.252%
・4/4〜5/28:対象41,442人、陽性106人/罹患率0.255%
・4/4〜5/29:対象41,945人、陽性108人/罹患率0.257%

5月29日時点での罹患率をそのまま日本の人口(4月の推計人口1億2596万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約32.4万人になります。
国内のPCR検査陽性者は5月29日12時現在で16,532人ですから、隠れ感染者はあと約30.7万人もいると推定されます。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年5月29日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11587.html




1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
・4月03日:症状 有0 無1=陽性1人 66
・4月04日:症状 有0 無7=陽性7人 67・68・69・71・72・73・98
・4月05日:症状 有3 無3=陽性6人 70・74・99・100・101・102
・4月06日:症状 有3 無8=陽性11人 75・76・77・78・79・82・83・84・103・104・105
・非公表者:症状 有0 無2=陽性2人 80・81
・4月07日:症状 有1 無3=陽性4人 85・106・107・108
・4月08日:症状 有0 無2=陽性2人 86・109
・4月09日:症状 有0 無1=陽性1人 87
・4月10日:症状 有1 無5=陽性6人 110・111・112・113・114・115
・4月11日:症状 有0 無3=陽性3人 116・117・118
・4月12日:症状 有0 無2=陽性2人 119・120
・4月13日:症状 有0 無0=陽性0人 
・4月14日:症状 有0 無4=陽性4人 121・122・123・124
・4月15日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月16日:症状 有0 無1=陽性1人 125
・4月17日:症状 有0 無1=陽性1人 126
・4月18日:症状 有0 無1=陽性1人 127
・4月19日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月20日:症状 有1 無2=陽性3人 128・129・130
・4月21日:症状 有0 無2=陽性2人 131・132
・4月22日:症状 有0 無1=陽性1人 133
・4月23日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月24日:症状 有0 無3=陽性3人 134・135・136
・4月25日:症状 有0 無2=陽性2人 137・138
・4月26日:症状 有0 無1=陽性1人 139
・4月27日:症状 有0 無2=陽性2人 140・141
・4月28日:症状 有0 無3=陽性3人 142・143・144
・4月29日:症状 有0 無2=陽性2人 145・146
・4月30日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月01日:症状 有0 無1=陽性1人 147
・5月02日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月03日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月04日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月05日:症状 有0 無1=陽性1人 148
・5月06日:症状 有0 無2=陽性2人 149・150
・5月07日:症状 有0 無1=陽性1人 151
・5月08日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月09日:症状 有0 無2=陽性2人 152・153
・5月10日:症状 有0 無1=陽性1人 154
・5月11日:症状 有0 無1=陽性1人 155
・5月12日:症状 有0 無1=陽性1人 156
・5月13日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月14日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月15日:症状 有0 無2=陽性2人 157・158
・5月16日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月17日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月18日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月19日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月20日:症状 有0 無1=陽性1人 159
・5月21日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月22日:症状 有0 無1=陽性1人 160
・5月23日:症状 有0 無2=陽性2人 161・162
・5月24日:症状 有0 無1=陽性1人 163
・5月25日:症状 有0 無4=陽性4人 164・165・166・167
・5月26日:症状 有0 無3=陽性3人 168・169・170
・5月27日:症状 有0 無2=陽性2人 171・172
・5月28日:症状 有1(+1) 無9(+9)=陽性10人 173・174・175・176・177・178・179・180・181・182
 空港別:成田9・羽田1
 男女別:男5・女5
 年代別:10代下4・20代1・30代2・40代2・50代1・60代0・70代0・80代上0
 渡航元:英国1・マダガスカル1・非公開8
 居住地:東京2・愛知7・非公開1


4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、5月28日までの56日間で107人となりました。
107人のうち有症状は10人のみ。無症状は97人で、無症状率は90.6%となっています。


感染確認急増止まらず!!ウイルス持ち込み拡大の重大局面続く!!()
28日も感染者が確認され、7日連続感染確認となりました。7日連続の感染確認は、4月12日以来約1か月半ぶりとなります。
5月は中旬まで落ち着いてきたのに、ここにきて爆発的急増。感染確認が止まらなくなっています。

28日は、なんと、10人もの感染者が確認され、4月3日の全員検査開始以来、感染確認が100人を超えました。そしてそのうち8人が行動歴(滞在元)が非公開、うち7人は愛知県在住という異常事態になっています。愛知県在住者は5月25日にも一気に3人確認されており、何か罹患しやすい要因があるのでしょうか、、、。
同じ都道府県在住者が一気に確認されていること、10歳代以下も3人含まれていることから、家族といった集団感染が疑われる事象になっています。

さらに、4月20日以来1か月ぶりに有症状者が出現。こちらはマダガスカルから入国した東京都在住者ですが、集団感染と合わせ、機内での感染媒介の可能性が高い異常事態となっています。

1日の感染確認10人は、4月3日の全員検査開始以降で2番目に多く、10人超は4月6日以来、約2か月ぶり2回目です。
比較的感染確認の多かった4月上旬は入国者(検査対象者)がいまより多く1000人〜2000人ほどでした。いまは1日の入国者(検査対象者)は500人程度。実質的な感染率は2倍〜4倍で、感染確認拡大傾向は異様な状況です。

明らかに感染確認急増が続いており、ウイルス持ち込み拡大の重大局面を迎えています。
日本国内の緊急事態宣言が解除された瞬間、水際は緊急事態となっています。


空港検疫結果を見る際の注意点
4月3日以降、対象国(現在は111か国)からの入国する場合、全員がPCR検査の対象になっています。陰性・陽性にかかわらず、検査対象者は全員が到着翌日から数えて14日間までは外出自粛要請されています。

検査は空港内で実施されますが、検査結果が出るまで空港で待つ必要はなく、自宅等不特定多数の人が利用しない滞在施設への移動は許されています。ただし、移動は、不特定多数の人と接する公共交通の使用は禁止になっています。結果が出るまでは、ホテルなど不特定多数の人が利用する可能性のある施設での滞在は許されていませんので、検査結果が出るまで自宅等に滞在できない人は、空港内の検疫が用意した施設で待機しています。
検査結果が出るまでは1日程度で、結果が陰性の場合は開放(14日間の外出自粛付)、陽性の場合は入院等の措置となります。結果は1日程度で出ているようなのですが、この結果通知がかなり遅いようで、ネットサーフィンしていると、1週間後にやっと通知が来たといったSNSなども散見されますね。

当然、機内で感染した可能性もゼロではなく、日本到着直後はまだ発症前の可能性もあるため、結果が陰性でも、14日間は外出自粛、公共交通機関での移動禁止が求められています。このため、
・陽性の場合は、自宅療養か入院
・陰性の場合は、自宅待機(ホテル等不特定多数が利用する可能性のある施設での滞在でも可能)
といった感じです。

感染確認された人が不特定多数と接する可能性が唯一あるのは、入国〜結果通知までの間に自宅などに移動するタイミング+その後の自宅滞在中です。
例えば、空港から自家用車での帰路で、高速道路のサービスエリアでお手洗に寄るといったことも可能性があります。また、自宅での滞在時の外出自粛はあくまで自粛。感染確認までは1日程度かかるため、その間に、街中に出る可能性は完全なゼロではありません。

例えば、5月25日に感染が確認された4人のうち1人は、居住地が群馬県でした(発表では確認中とされていましたが報道で発覚)。翌日群馬県で入院したとの報道がなされ、当日中に群馬に帰っていたことが分かっています(この方が市中に出たかどうかは分かりません。群馬ぐらいだったらトイレ寄らずに帰れそうですし)。
今回の場合、愛知県では大騒ぎでしょうから、そもそもどこの国から入国しているのか(感染拡大していない国からの入国だと大問題ですし、ブラジルみたいに何も対策していない国だと感染は納得ではあるものの怖い事態です)、これらの方が不特定多数と接触せずに家に帰れているのか(あるいは空港にとどまっていたのか)、こんなに集中した理由は単に家族感染で数が多かっただけなのかなど、報道なども含めて注視したいと思います。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11584.html
ラベル:感染症 検疫
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする