2020年06月16日

中部_国際旅客便再開延期

■中部国際空港(セントレア) 国際線旅客便再開は明日に延期

中部国際空港(セントレア)の国際線旅客便再開が明日に延期されました。

中部国際空港(セントレア)では4月1日から国際線旅客便が全便欠航しています。フィリピン航空(PAL)が中部国際-マニラ線の再開を予定しており、本日マニラ発のみ運航される予定でしたが、欠航となりました。このため、2か月半ぶりの国際線再開はお預けとなりました。

元々中部国際発は本日の再開予定はなく、明日17日に運航予定で、再開は1日延期となります。
PALでは、上記2便を単発で運航した後、25日から週2往復で中部国際-マニラ線の定期運航を再開する予定です。

現在、国際線旅客便の運航が継続されているのは、成田国際(1日20往復弱程度)、東京国際(1日5、6往復程度)、関西国際(1日2、3往復程度)、福岡(2週に1往復程度)の4空港のみとなっています。

2020年6月16日午後3:59投稿(セントレア公式Twitter)
https://twitter.com/Centrairairport/status/1272785916755537922
posted by johokotu at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | 中部国際空港(セントレア) | 更新情報をチェックする

山口宇部_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/山口宇部空港
日本空港情報館
山口宇部空港

top.jpg
山口宇部空港

■飛行場の概要
山口県宇部市の海沿いに設置されている特定地方管理空港(旧・第2種空港)です。
昭和41年7月に宇部空港として開港しました。昭和54年に滑走路が2,000メートルとなりジェット化、翌昭和55年に山口宇部空港に改称しました。山口県の玄関空港で、県庁所在地の山口市と県西の主要都市下関市の中間に位置しています。
日本航空は平成になってからの就航。令和2年6月16日現在、国内線のみの運航で、スターフライヤーと日本航空、ANAにより1路線が就航しています。
※令和2年6月16日現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で大幅な欠航が生じています。


■飛行場種別:特定地方管理空港(旧・第2種空港)
■設置管理者:(設置)国土交通大臣、(管理)山口県
■滑走路延長:2500m
■空港コード:UBJ/RJDC
■旅客ビル管理者:山口宇部空港ビル


■施設の見どころ:◎◎=== 中規模/カーブサイドの波打った上屋が印象的なきれいなターミナル。空港周辺は公園が広がり、彫刻作品が多数展示されています。
■見学者への対応:◎◎◎== 案内所 有/ターミナルパンフ 有(A3判三つ折り)/送迎デッキ 有料/ファン向け展示 有/山口関連の展示も充実しています。
■売店の充実度:◎◎=== 売店・飲食店は出発ロビーに集中。商品数はやや多めで山口県全域の土産が手に入ります。
■アクセスの状況:◎◎=== 鉄道 有(JR宇部線草江駅)/バス 有/空港前に草江駅があります。徒歩圏内の駅ですが、本数が少なく、使い勝手は悪いです。


※就航路線は令和2年6月16日、そのほかの情報は平成29年5月現在のものです。
UBJ001.jpg国内線(旅客ターミナルの特徴)
(写真は平成29年5月撮影)
国内線と国際線、空港ビルアネックスの3種類の旅客ターミナルが並んで建っています。カーブサイドから見て左側が空港ビルアネックス、中央が国内線ターミナル、右側が国際線ターミナルです(写真は国内線ターミナル)。
国内線ターミナルは、平成12年に出来た新ターミナルです。1階にチェックインロビーと到着ロビー、2階に出発ロビーがあります。屋上には展望デッキが設置されています。
ターミナルのパンフレットによると、「利用者の利便性、快適性、更にはユニバーサルデザインを取り入れた建物」と紹介されています。建物全体を海に見立ててデザインされており、ガラスと金属を多用して「海とつながる広く明るい豊かな空間」を表現しているそうです。
設置されているサインは、出発関係は緑色、到着関係は黄色を使って目立たせています。
UBJ002.jpgターミナル前面
(写真は平成29年5月撮影)
カーブサイドに沿って続く波打った屋根が目を引きます。
ターミナルビルへの正面出入口は、国内線ターミナルが3か所、国際線ターミナルが1か所です。

バスのりばは4か所。アクセスバスのほか、県庁所在地の山口市、県東の周南市、県北の萩市へ乗合タクシーが運行されています。(いずれも航空便ダイヤに合わせた程度の便数、下関駅前まで約75分)。
■1番 新山口駅行(宇部市交通局)
■2番 宇部新川駅行(急行)、めぐりーな め11系統丸山公園行、め11系統宇部新川駅行(清水川経由)、め73系統宇部新川駅行(沼・大学病院経由)・宇部新川駅行(沼・大学病院正門口経由)、め74系統宇部新川駅行(フジグラン宇部・五十目山経由)、東12系統宇部興産中央病院行、東12系統・東S1系統宇部新川駅行(フジグラン宇部経由)
■3番 下関駅行、フジグラン宇部行(サンデン交通)
■4番 おいでませ山口号(防長交通・船木鉄道)

※イルミネーションバスときわ公園行・宇部新川駅行(宇部市交通局)を毎年11月下旬〜12月下旬に運行(H26 11/30-12/23、H27 11/29-12/25、H28 11/27-12/25、H29 11/19-12/25、H30 11/23-12/25、R1 11/30-12/22/いずれも特定日のみ)

※平成23年08月12日:山口駅行 新設
※平成24年04月01日:空港循環線 宇部新川駅行(五十目山経由、丸山公園経由)・丸山公園行(宇部市交通局) 運休、めぐりーな 宇部新川駅行(ときわ公園経由、清水川経由、フジグラン・清水川経由)・丸山公園行 新設
※平成26年10月01日:め39系統宇部新川駅行(ときわ公園・大学病院経由)・め49系統宇部新川駅行(フジグラン宇部・清水川・大学病院経由) 新設
※平成29年10月01日:め19系統宇部新川駅行(ときわ公園・大学病院正門口経由)・め29系統宇部新川駅行(フジグラン宇部・清水川・大学病院正門口経由)・め39系統・め49系統 運休、め73系統宇部新川駅行(沼・大学病院経由)・宇部新川駅行(沼・大学病院正門口経由)、め74系統宇部新川駅行(フジグラン宇部・五十目山経由)、東12系統宇部興産中央病院行、東12系統・東S1系統宇部新川駅行(フジグラン宇部経由) 新設
※平成30年10月26日:山口駅行(防長交通・中国ジェイアールバス) 運休(10/25最終運行)
UBJ003.jpg国内線(チェックインロビー)
(写真は平成29年5月撮影)
1階ランド側から見て左側に設置されています。
UBJ004.jpg国内線(チェックインカウンタ)
(写真は平成29年5月撮影)
建物端側から日本航空、ANAのカウンタが並びます。
スターフライヤーは、全便ANAが共同運航しており、手続きはANAカウンタで行われます。
羽田線しか飛んでいませんが、東海道・山陽新幹線や新北九州空港との競争が激しいためか1日前までの予約運賃が安く、利用者は多めです。
UBJ005.jpg国内線(出発ロビー)
(写真は平成29年5月撮影)
中央にある階段をのぼった2階に出発ロビーがあります。やや高い天井から自然光の入る明るいロビーです。ロビーをぐるりと取り囲む形で売店やレストランが配置されています。
UBJ006.jpg国内線(保安検査場入口)
(写真は平成29年5月撮影)
2階出発ロビー正面に設置されています。入口は2か所。入口付近に液晶モニタの案内板があります。案内板は、出発ロビーにもテレビモニタによるものが設置されています。
UBJ007.jpg国内線(搭乗待合室・搭乗口)
(写真は平成29年5月撮影)
搭乗待合室は、出発ロビーと同じフロアを壁で隔てただけの場所にあります。売店は1店(ANAFESTA)のみです。
搭乗口は2か所、搭乗橋も2か所あります。搭乗口とコンコースの境は低いフェンスがはられているだけになっています。
UBJ008.jpg国内線(手荷物受取場)
(写真は平成29年5月撮影)
手荷物受取場は1階にあります。ターンテーブル、到着口とも1か所。ターンテーブルには秋芳洞の模型が展示されています。
UBJ009.jpg国内線(到着口)
(写真は平成29年5月撮影)
1階ランド側から見て右側にあります。
案内表示はテレビモニタです。
UBJ010.jpg国内線(到着ロビー)
(写真は平成29年5月撮影)
到着口の前には、総合案内所が設置されているほか、乗り合いタクシーカウンタ、レンタカーカウンタ、売店1店(物産館たまや)、宇部市PRコーナーがあります。
UBJ001i.jpg国際線(旅客ターミナルの特徴)
(写真は平成29年5月撮影)
国際線ターミナルは昭和55年7月にできたターミナルです。1階にチェックインロビーと到着ロビー、2階に出発ロビーがあります。
UBJ004i.jpg国際線(チェックインロビー・カウンタ)
(写真は平成29年5月撮影)
1階ランド側から見て左側に設置されています。
長年チャーター便しか飛んでいなかったため、ご覧の通り、ガランとしていることが多かったですが、平成28年11月から平成31年4月まで冬期期間のみ国際線定期便が就航していました。令和元年の冬は再び運休しています。

※平成28年11月28日:ASV 就航(冬期のみ就航)
※平成31年04月01日:ASV 全便運休
UBJ005i.jpg国際線(出発ロビー)
(写真は平成29年5月撮影)
国際線の出発ロビーは、国際線ターミナルの2階にあります。
この階には、出発口・出国審査場と搭乗待合室のほか、空港とサンデン交通の事務所があります。
ロビーは全域が航空関係の展示コーナーのようになっており、パネルや模型が所狭しと並べられています。
UBJ006i.jpg国際線(搭乗待合室入口)
(写真は平成29年5月撮影)
出発ロビー中央に設置されています。
案内表示はモニタタイプです。国際線も国内線と同じ搭乗橋を利用しており、出発口を通ったあと、連絡橋を通って、国内線ターミナル側へ行くことになります。
UBJ009i.jpg国際線(到着口・到着ロビー)
(写真は平成29年5月撮影)
1階ランド側から見て右側にあります。
到着ロビー周辺は「おいでませ山口観光プラザ」となっていて、一見すると到着ロビーのようには見えません。
手荷物受取所のターンテーブル、到着口とも1か所です。案内表示はモニタタイプです。
UBJ011.jpg売店
(写真は平成29年5月撮影)
売店は国内線2階出発ロビーを中心に出店しています。国際線ターミナルは搭乗待合室内に免税店があるのみです。
国内線ターミナルは、1階に1店(ヤマザキYショップ)、2階は出発ロビーに3店舗(やまぐち特産品プラザ、ANAFESTA、豆子郎)、搭乗待合室内に売店1店(ANAFESTA)があります。
飲食店では各店とも山口の名産品を使ったメニューがあり、チェーン店のココスも空港限定メニューが出されています。
※平成24年03月31日:詩仙堂 閉店
※平成**年**月**日:物産館たまや 閉店、豆子郎・ヤマザキYショップ 開店
※平成28年11月28日:免税店 開店
UBJ012.jpg飲食店
(写真は平成29年5月撮影)
飲食店は国内線2階出発ロビーに飲食店3店(ココス、角打ち鍋島、あす花亭)があります。
飲食店では各店とも山口の名産品を使ったメニューがあり、チェーン店のココスも空港限定メニューが出されています。
UBJ013.jpg展望デッキ
(写真は平成29年5月撮影)
屋上に設置されています。有料。国内線ターミナル、国際線ターミナルの両方にあり、両ターミナル間を結ぶ通路がメインデッキのようになっています。
フェンスは低く、棒タイプであるため、小さな子どもでも眺められます。エプロン・滑走路側のほか、駐車場側も見えるのが特徴です。
14.jpg展望デッキからのながめ
(写真は平成23年7月撮影)
正面は周防灘が広がっています。搭乗橋のあるスポットの正面にはデッキがなく、ご覧の通り、搭乗橋に隠れた飛行機を撮影する形になります。旅客ターミナルは、エプロン・滑走路の北側に設置されており、基本的に撮影は逆光条件。離着陸する飛行機を撮影するのであれば、周囲に広がる公園を利用した方が良いかもしれません。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
UBJ015.jpgラウンジ「きらら」
(写真は平成23年7月撮影)
国内線ターミナル2階にラウンジ「きらら」があります。有料ですが、一部のクレジットカードと当日の航空券提示で無料利用できます。
UBJ017i.jpgおいでませ山口観光プラザ
(写真は平成29年5月撮影)
国際線ターミナル1階に「おいでませ山口観光プラザ」ががあります。
観光プラザは、色鮮やかにペイントされた柱やパネルが目立つコーナーで、山口県内の名所を紹介しています。国際線ターミナルにあるため、見に来る人がほとんどおらず、閑散としていました。
UBJ017d.jpg宇部市PRコーナー
(写真は平成29年5月撮影)
国内線ターミナル1階到着口横に「宇部市PRコーナー」があります。
地元宇部の名産や名所を紹介するコーナーになっています。
19.jpg山口ケーブルビジョン
(写真は平成23年7月撮影)
国内線ターミナル2階出発ロビー中央の展示コーナーに、山口ケーブルビジョンのマルチビジョンが設置されています。
45面のモニタが並べられており、テレビ局気分を味わえます。
20.jpgモニュメント
(写真は平成23年7月撮影)
ターミナル正面には山口宇部空港のモニュメントがあります。
山口宇部空港のある宇部市は彫刻のまちとして知られており、国内線ターミナルに円Bと宇宙、国内線ターミナルと国際線ターミナル間にGravitation、駐車場周辺などに6作品、空港横のふれあい公園に3作品が飾られています。いずれもUBEビエンナーレの受賞作品で、空港では紹介チラシも配布されています。
UBJ021.jpgイベント広場
(写真は平成29年5月撮影)
国内線ターミナルビルと国際線ターミナルビルの間にはイベント広場があります。
山口宇部空港では、イベント広場や前面道路沿い、中央のガーデンゲートなどに広く薔薇を植えており、バラ園となっています。また、冬場はイルミネーションを展開しています。
毎年5月にはバラ園が満開、11月から1月にかけては光の街UBEの一部としてエアポート・イルミネーションが展開され、多くの人が訪れます。

※平成25年05月**日:バラ園 開設
UBJ001R.jpg空港ビルアネックス
(写真は平成29年5月撮影)
国内線ターミナルビルの東側に空港ビルアネックスがあります。
空港の事務所とレンタカーカウンタがあります。
空港ビルアネックスのレンタカーカウンタで受け付けたのち送迎または隣接する専用駐車場で受け渡しになります。
UBJ016.jpg地上アクセス施設(駐車場)
(写真は平成29年5月撮影)
駅前に鉄道駅がある好立地ながら、便数が少ないために使い勝手の悪い山口宇部空港。自家用車でのアクセスがかなり重要で、ターミナル前には約1500台分の無料駐車場が用意されています。
22.jpg鉄道アクセス施設(JR宇部線草江駅)
(写真は平成23年7月撮影)
空港入口から徒歩1分ほどのところにJR宇部線の草江駅があります。日本の空港の中でかなり便利な立地の鉄道駅ですが、運行便数が少なく利便性はあまり高くありません。
駅係員もいない無人駅で、小さな待合所があるのみ。きっぷは列車内の発券機で発行するか、駅前の西村商店で購入できます。
21.jpg周辺見所施設(ふれあい公園)
(写真は平成23年7月撮影)
空港の東側に「ふれあい公園」が広がっています。ミニ滑走路や風力発電機などがある公園で、飛行機の離着陸を眺められます。
18.jpgかつてあった見どころ(友好協定紹介パネル)
(写真は平成23年7月撮影)
国内線ターミナル1階到着口横に済南国際空港との友好協定を紹介するパネルがあります。
山口宇部空港は平成21年3月に中国山東省の済南国際空港と友好協定を結んでおり、観光PRやチャーター便運航などを実施しています。
16.jpgかつてあった見どころ(サテライトブース)
(写真は平成23年7月撮影)
国内線ターミナル2階出発ロビーに、地元FMラジオ局FMきららのサテライトブースがありました。毎週土曜日に「HAPPY AIRPORT 山口宇部空港」が生放送されていました。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC  
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
東京国際(羽田)SFJ(ANA)・JAL・ANA
*d1:JEXによる運航便あり
就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成26年10月01日:JEX合併によりJALに変更(JAL*d1→JAL)
※平成26年10月26日:SFJ(ANA)東京国際 就航
※令和02年04月20日:ANA東京国際 長期欠航
※令和02年05月18日:JAL東京国際 長期欠航
※令和02年06月15日:JAL東京国際 再開
※令和02年06月16日:ANA東京国際 再開

※事前購入型または特定便のみしかない乗継路線は平成25年7月から公開を終了しました。(H22.4.1 ANA新千歳・大館能代・秋田・庄内・富山・能登・小松 新設、H23.2.1 JAL新千歳・青森・三沢・秋田・山形・小松 新設)


■就航路線(国際線)
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 定期就航路線なし
*i1:定期チャーター便
就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成27年01月09日:AAR*i1ソウル仁川 就航
※平成27年03月01日:AAR*i1ソウル 運休(出発便は2/27、到着便は3/1最終運航)
※平成27年12月04日:AAR*i1ソウル仁川 就航
※平成27年03月27日:AAR*i1ソウル 運休(3/25最終運航)
※平成28年11月28日:ASVソウル仁川 就航
※平成29年01月11日:ASVソウル AAR共同運航便化
※平成29年03月27日:ASV(AAR)ソウル 運休(3/25最終運航)
※平成29年10月30日:ASV(AAR)ソウル仁川 就航
※平成30年03月26日:ASV(AAR)ソウル 運休(3/24最終運航)
※平成30年10月29日:ASV(AAR)ソウル仁川 就航
※平成31年04月01日:ASV(AAR)ソウル 運休(3/30最終運航)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■山口宇部空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
山口宇部空港旅客ビルの公式サイト◎(山口宇部空港ビル株式会社)
山口宇部空港の公式サイト△(山口宇部空港利用促進振興会)
山口宇部空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※山口宇部空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2007.03.07
前調査日 2017.05.27

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 山口宇部空港 | 更新情報をチェックする

大館能代_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/大館能代空港(あきた北空港)
日本空港情報館
大館能代空港(あきた北空港)

ONJtop.jpg
大館能代空港(あきた北空港)

■飛行場の概要
秋田県北秋田市にある地方管理空港(旧第3種空港)です。
秋田県北部地域のアクセス向上のため、平成10年7月、秋田県第二の空港として開港しました。道の駅大館能代空港が併設とされています。世界遺産の白神山地や十和田八幡平国立公園に近い空港です。空港の位置が大館市と能代市の中間部に当たることから正式名は「大館能代空港」、大館能代空港利用促進協議会が募集した愛称は秋田県北部の空港であることを示す「あきた北空港」となっています。
山の中にあり、雪や霧による欠航が年間十数件発生していましたが、平成24年に日本で初めてGPS利用の進入方式を採用、欠航数を減らしています。
令和2年6月16日現在、国内線のみの運航で、ANA(全日本空輸)により1路線(東京国際線)のみが運航されています。


■飛行場種別:地方管理空港(旧第3種空港)
■設置管理者:秋田県
■滑走路延長:2000m
■空港コード:ONJ/RJSR
■旅客ビル管理者:大館能代空港ターミナルビル


■施設の見どころ:◎◎◎== 小規模/秋田杉を随所に使ったターミナルは周辺の環境と調和することを目指したもの。空中回廊があるなど小さいながらも見どころが多いターミナル。
■見学者への対応:◎◎=== ターミナルパンフ 有(A4判三つ折り)/案内所 有/展望デッキ 無料/ファン向け展示 無/ファンクラブ 有
■売店の充実度:◎◎=== 売店1店・飲食店3店/秋田県北部の土産が目立ちます。
■アクセスの状況:===== 鉄道 無/バス 有/最寄駅は秋田内陸線小ヶ田駅(徒歩で30分程度かかります)。バスは飛行機便に合わせた最少設定で利便性はよくありません。


※就航路線は令和2年6月16日、そのほかの情報は特記以外平成29年8月現在のものです。
01.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成20年8月撮影)
開港に合わせて完成した新しいターミナルビルです。
地上2階建て(一部3階)。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1・1/2層方式です。1階にチェックインカウンタ、2階に売店と搭乗口、搭乗待合室、飲食店、3階に展望デッキがあります。
館内は随所に秋田杉を使ったターミナルで「森の空港」を演出。ターミナルパンフによると「色調的にも周囲の環境と調和するカラーでデザイン」しているようです。ランド側は大きな吹抜となっている明るいターミナルで、出発ロビー上空に空中回廊も見られます。
ターミナル前面のネオンサインは、かつて「大館能代 あきた北空港」と書かれていましたが、道の駅指定を契機に正式名の「大館能代空港」に変更されています。入口部の銘板には天然秋田杉を使用しています。
館内のサインは濃灰地に白文字のものが主流。出発関係は下部に緑色、到着関係は下部に黄色を配したサインが見られます。
02.jpgターミナル前面
(写真は平成20年8月撮影)
木製品が目立つ赤色の大きな屋根のある前面です。正面出入口は2か所です。

バスのりばは1か所です。秋田二次アクセスを進める会などが協力し、能代市内行と大館市内行の乗合タクシー、玉川温泉行きと十和田湖行の乗合タクシー「愛のりくん」、森吉山周遊タクシーが運行されています。(大館まで約60分)
■のりば 鷹巣方面(大館鳳鳴高校前行=秋北タクシー)

※平成23年07月01日:能代ステーション行 運休
※平成25年10月01日:秋北バスターミナル行 運休、大館鳳鳴高校前行 新設
ONJ003.jpgチェックインロビー・カウンタ
(写真は平成29年8月撮影)
1階、ランド側から見て左側(東側)にチェックインロビーがあります。大きな吹抜空間になっています。
カウンタは、ANAのものが設置されています。カウンタ上部にある木の部分がかなり目を引きます。
※航空便欠航時に便数の多い秋田空港便への無料送迎バス・タクシーが運行されています。
ONJ005.jpg出発ロビー
(写真は平成29年8月撮影)
中央部の階段を上った2階に設置されています。
床面にも秋田杉を使った落ち着いた雰囲気のロビーです。
ONJ006.jpg出発口
(写真は平成29年8月撮影)
2階出発ロビーに設置されています。入口は1か所。
案内掲示は濃紺地に白文字のフラップ板です。
ONJ007.jpg搭乗待合室
(写真は平成29年8月撮影)
出発ロビーと異なり、床面にはカーペットが敷かれています。搭乗改札、搭乗橋とも1か所です。搭乗待合室内に売店・飲食店はありません。
出発ロビーとの間がガラス張りになっており、見送りに最適です。
07.jpg到着口
(写真は平成20年8月撮影)
1階、ランド側から見て西側に設置されています。手荷物受取所のターンテーブルは1か所、出口は1口です。
出口脇に出発口同様の濃紺地に白文字のフラップ板が設置されています。
ONJ010.jpg到着ロビー
(写真は平成29年8月撮影)
1階にあります。出口正面に総合案内所とレンタカーカウンタ、建物端側に交番があります。
毎月8のつく日は秋田犬によるお出迎えが行われています。
ONJ011.jpg売店
(写真は平成29年8月撮影)
2階出発ロビー脇に1店舗(ANAFESTA)が出店しています。
秋田北部を中心とした土産がコンパクトに販売されており、岩手や青森の土産も一部取扱いがあります。

※平成20年10月**日:あきた北エアポートサービス 閉店
ONJ012.jpg飲食店
(写真は平成29年8月撮影)
1階チェックインロビーに喫茶が1店舗(オープンカフェ・ピッコロ)、2階出発ロビーにレストランが1店舗(ポートワン)があります。
比内地鶏や馬肉などの地元食材を使った料理もあり。3日前までの予約で弁当も販売されています。ファンクラブ会員特典で割引などがある場合があります。

※平成29年02月01日:オープンカフェ ピッコロ 移転(1階到着ロビー→1階チェックインロビー)
ONJ013.jpg送迎デッキ
(写真は平成29年8月撮影)
3階、ランド側から見て右側(西側)に設置されています。入場無料。
屋根はついていますが、先端部分には屋根がない状態です。柵は低いです。
デッキ入口に就航機材のシートが展示され、体験できます。
ONJ014.jpg送迎デッキからのながめ
(写真は平成29年8月撮影)
正面には秋田北部、阿仁周辺の山並みが広がります。ターミナルはエプロン北側に設置されており、終日逆光条件です。
デッキは、ランド側から見て右側に設置されていますが、東京国際(羽田)路線は搭乗橋の左側にスポットインするため、飛行機は一部が搭乗橋に隠れてしまいます。建物の左側部分には空港管理事務所が入居しており、配置を逆にしていれば羽田路線の見送り客も飛行機を見えたはずですが、、、。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
ONJ015.jpg空中回廊
(写真は平成29年8月撮影)
3階エレベータとデッキの間には、出発ロビー上空に空中回廊が設けられています。空中回廊を抜けると正面はガラス張りになっており、搭乗待合室とエプロンを一望できます。
ONJ016.jpg空港圏域観光PRコーナー
(写真は平成29年8月撮影)
1階から2階へあがる階段を上がりきったところは空港圏域観光PRコーナーになっています。秋田北部の魅力を「和紙による人形と、ペーパークラフトのジオラマで再現」(現地案内板)しています。
ONJ019.jpgほじょ犬・ペット犬専用トイレ
(写真は平成29年8月撮影)
旅客ターミナルビル横に別棟でほじょ犬・ペット犬専用トイレが設置されています。補助犬トイレを設置する空港はいくつか見られますが、さすがは秋田犬の地元らしく、この空港のものはペット犬の利用も可能です。道の駅ですが、夜間閉鎖範囲にあり、夜間の利用はできません。
なお、空港内では秋田犬を活用したPR活動を展開していますが、旅客ターミナルビル内は、補助犬とANAペットらくのりサービス利用のペット以外の一般ペットの同伴は禁止されています。

※平成29年02月08日:ほじょ犬・ペット犬専用トイレ 新設
ONJ018.jpgモニュメントなど
(写真は平成29年8月撮影)
建物の内外にはいくつかモニュメントがあります。
最も目立つのは、駐車場中央のシンボルゾーンにある白神山地の母神像。館内では、秋田名物のなまはげ像、秋田杉の伐根入組子衝立、白神という絵画などが目を引きます。
到着ロビーでは大館が誇る秋田犬のぬいぐるみが出迎え、床面には犬の足跡をデザインするなど楽しげな演出もされています(前述しましたが8日のつく日には生きた秋田犬がお出迎え)。このぬいぐるみを小さくしたものが限定グッズとして販売されています。
16.jpg陸上アクセス施設(駐車場)
(写真は平成20年8月撮影)
無料駐車場が整備されています。ターミナル前に386台分の第1と第2(夜間閉鎖)、空港入口付近に25台分の第3(夜間も開放)があります。第3駐車場にはお手洗棟があります。
レンタカー各社は周辺にはありません。レンタカーカウンタで受け付けたのち空港駐車場にて受け渡しになります。

※平成22年09月12日:第3駐車場 開場
ONJ031.jpg道の駅大館能代空港
(写真は平成29年8月撮影)
大館能代空港は、ターミナル地区部分が道の駅として指定されています。
メインの建物は旅客ターミナルビルがそのまま活用されています。ターミナルビルと第1・第2駐車場は夜間閉鎖されており、24時間運営しているのは第3駐車場と駐車場前のお手洗棟のみです。
道の駅のスタンプは、1階到着ロビーに空港のスタンプと並べて設置されています(押し間違い注意)。道の駅のキーホルダーとマグネットは、1階のオープンカフェ ピッコロで発売。道の駅の記念きっぷは、2階出発ロビー奥の大館能代空港ターミナルビルの事務所で販売されています。(夜間閉鎖のためすべて昼間のみの取り扱い)

※平成22年09月12日:道の駅大館能代空港 指定
ONJ032.jpgターミナル前庭
(写真は平成29年8月撮影)
第1・第2駐車場と第3駐車場の間に噴水などがある広場があります。
ONJ033.jpg周辺見所施設(空港ふれあい緑地)
(写真は平成29年8月撮影)
空港周辺は、空港ふれあい緑地として整備されています。スポーツ緑地やクロスカントリーコースなどがあります。ターミナルの西側付近には空港を模した展望台も設けられています(展望台から滑走路は見えづらく、未舗装駐車場からの方がよく見えます)。
bag.jpgかつてあったみどころ(ショッピングバッグ)
(写真は平成20年8月撮影)
かつて営業していたあきた北エアポートサービスのショッピングバック。
紫地と白地で抽象的な模様を描いています。中央には、大館能代空港ではなく「あきた北空港」の文字が配置されていました。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
東京国際(羽田)ANA
*d0:特定曜日のみの運航
*d1:CRFによる運航便あり


就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成23年01月05日:ANA*d1大阪国際 運休(1/4最終運航)
※令和02年04月17日:ANA東京国際 特定曜日のみの運航に変更(ANA→ANA*d0)
※令和02年06月16日:ANA*d0東京国際 毎日運航に変更(ANA*d0→ANA)

※事前購入型または特定便のみしかない乗継割引設定路線は平成25年10月から公開を終了しました。(H22.4.1 ANA鳥取・美保・石見・岡山・山口宇部・高松・高知・松山・福岡・北九州・佐賀・大分・熊本・長崎・宮崎・鹿児島 新設、H22.9.1 ANA広島 新設、H22.10.31 ANA富山・小松 新設、H23.1.5 ANA大阪国際・関西国際・神戸 新設、H23.2.1 ANA関西国際 廃止、H23.10.30 ANA徳島 新設、H23.12.23 ANA岡山 廃止、H24.3.25 ANA高松・松山・長崎 廃止、H24.6.1 ANA小松 廃止、H24.10.28 ANA小松・高松・長崎 新設、H24.12.13 ANA岩国 新設、H25.3.31 ANA岡山・広島 新設)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■大館能代空港(あきた北空港)についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
大館能代空港(あきた北空港)旅客ビルの公式サイト△(大館能代空港ターミナルビル株式会社)
大館能代空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
大館能代空港どっと混む!◎(大館能代空港利用促進協議会)

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※大館能代空港(あきた北空港)の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2008.08.24
前調査日 2017.09.26
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大館能代空港(あきた北空港) | 更新情報をチェックする

利尻_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/利尻空港
日本空港情報館
利尻空港

RIStop.jpg
利尻空港

■飛行場の概要
北海道利尻郡利尻富士町にある地方管理空港(旧第3種空港)です。
北海道北方に浮かぶ利尻島の北東部に位置する離島空港です。昭和37年に道内初の離島空港として開港しました。平成11年に滑走路が1800mになりジェット化されています。
過去には稚内路線が就航していましたが、令和2年6月16日現在、国内線のみの運航で、JAL(北海道エアシステム)とANAにより2路線が運航されています。(ANAは夏期のみ期間運航)


■飛行場種別:地方管理空港(旧第3種空港)
■設置管理者:(設置管理)北海道(管理委託先)利尻富士町
■滑走路延長:1800m
■空港コード:RIS/RJER
■旅客ビル管理者:(管理)北海道(管理委託先)利尻富士町


■施設の見どころ:◎◎=== 小規模/前面の大ガラスと吹抜が目立つ。利尻島の岩石を配すなど独特な雰囲気。
■見学者への対応:◎==== パンフ 無/空港案内所 無/送迎デッキ 無料/航空ファン向け展示等 無
■売店の充実度:◎==== 売店0店・飲食店1店/見学時は閉店中で詳細は不明。
■アクセスの状況:◎◎=== 鉄道 無/バス 有/タクシー 有


※就航路線は令和2年6月16日、そのほかの情報は平成28年10月現在のものです。
01.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成22年1月撮影)
平成10年、滑走路延長に合わせて完成した新しいターミナルビルです。
駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1層方式です。ボーディングブリッジはなく、全便地上搭乗になります。ビルは2階建てで、1階に搭乗施設が集中。2階には送迎デッキと飲食店があります。
大きな青色ガラス張りの正面が目を引くターミナルです。ランド側には開放感あふれた吹抜があり、コンクリートと木製品がマッチした内装になっています。
館内のサインは木製白文字のもので統一されています。
RIS002.jpgターミナル前面
(写真は平成28年10月撮影)
平らな屋根と石目調の歩道が目を引く前面です。正面出入口は出発側と到着側の2か所です。
バスのりばは1か所で、島を一周する路線バスが一部便のみ経由します。(例年5月から10月は航空便発着時間帯に運行、鴛泊FTまで約20分)
■バスのりば Aコース鴛泊経由営業所行、Bコース沓形行、空港便鴛泊方面行、空港便沓形方面行(宗谷バス)
RIS003.jpgロビー
(写真は平成28年10月撮影)
1階は一体化したロビー空間になっており、ランド側から見て左側がチェックインロビー、中央が出発ロビー、右側が到着ロビーです。左右端部は天井が低いですが、中央部は2階までの吹抜。ランド側は全面ガラス張りで太陽光が差し込む非常に明るいロビーです。
床面は石目調が大部分を占めていますが、一部に木製の部分があり、木製のイスが並んでいます。

RIS004.jpgチェックインカウンタ
(写真は平成28年10月撮影)
1階ランド側から見て左端に設置されています。ロビー左側からANAグループ、日本航空グループ(HAC)のカウンタが並んでいます。ANAは夏期のみ、JALは通年運航ですが、ANAのほうが広いです。

※平成23年10月01日:ANA冬期期間運休、北海道エアシステム(HAC)就航。HACカウンタ開設。
※平成28年10月30日:HAC JAL便名に統一しカウンタをJALに変更

RIS006.jpg出発口
(写真は平成28年10月撮影)
1階中央にあります。入口はロビー側に飛び出た構造をしています。
案内掲示はテレビモニタを採用しています。
搭乗待合室内に売店等はありません。
RIS009.jpg到着口
(写真は平成28年10月撮影)
1階ランド側から見て右端にあります。手荷物受取所は小さな受取所ですが、ターンテーブルが1レーン設置されています。
出口横に警察、正面にレンタカーカウンタがあります。
RIS012.jpg売店・飲食店
(写真は平成28年10月撮影)
中央にある階段を上ると、展望ホールになっており、飲食店が1店(喫茶りしり)出店しています。軽食を提供しており、地元系メニューとして昆布ラーメンなどがあるようです。
RIS014.jpg送迎デッキ
(写真は平成28年10月撮影)
2階のエプロン側に送迎デッキがあります。入場無料。先端まで屋根付です。柵は低く、非常に見やすい環境ですが、柵から建物端までやや距離があります。
09.jpg送迎デッキからのながめ
(写真は平成22年1月撮影)
正面目の前に利尻富士が展開します。恐らくは日本で最も雄大な景色が展開する空港デッキですが、1日1便だけの運航で、シャッターチャンスはほとんどありません。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
RIS016.jpg陸上アクセス施設(駐車場)
(写真は平成28年10月撮影)
ターミナルの前に135台分の無料駐車場があります。周囲に岩石が配置された珍しい光景が広がります。
空港内にレンタカーカウンタがあり、予約を入れておけば、空港駐車場にて受け渡しがある場合があります。
11.jpgモニュメント
(写真は平成22年1月撮影)
目立つモニュメントはターミナル前面中央にある利尻空港のモニュメントでしょうか。
空港内吹抜部の壁面には「記念撮影−北のはじまり−」と題されたレリーフが掲げられており、出発側は利尻、到着側は礼文が表現されています。また、2階吹抜に面した転落防止柵のガラスにはリシリコマドリが描かれ、利尻の特徴が出ているターミナルになっています。
12.jpg周辺見所施設(空港前広場)
(写真は平成22年1月撮影)
空港入口付近はエプロンに面する形で広場が設けられています。ベンチが設置されていますが、周囲よりもやや低い位置にあり、エプロンを眺めると見上げるような感じになります。
13.jpg周辺見所施設(旧ターミナル区域)
(写真は平成22年1月撮影)
空港入口の手前、アクセス道路がカーブするあたりに旧ターミナル・エプロン区域があり、旧駐車場は、除雪車などの駐車場として使用されています。
平成28年10月現在、ターミナルは完全に撤去されており、旧駐車場などが見られるのみです。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC  
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先 運航会社
( )内は共同運航による運航会社
札幌(丘珠)JAL*4
新千歳ANA*3
*1:HACの乗り継ぎ割引を利用し、札幌(丘珠)乗継で利用できる乗継路線(1週間以内の乗り継ぎであれば割引の利用可能)
*2:ANKによる運航便
*3:AKXによる運航便
*4:HACによる運航便


就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成23年10月01日:ANA*2新千歳 運休(9/30最終運航)、HAC札幌 就航
※平成24年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※平成24年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※平成25年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※平成25年07月01日:HAC札幌 JAL共同運航化
※平成25年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※平成26年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※平成26年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※平成27年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※平成27年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※平成28年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※平成28年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※平成28年10月30日:HAC(JAL)札幌 運休(10/29最終運航)、JAL*4札幌 就航、HAC*1釧路・HAC*1函館・HAC*1三沢 設定終了
※平成29年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※平成29年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※平成30年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※平成30年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※令和元年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※令和元年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※令和02年06月16日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)

※事前購入型または特定便のみしかない乗継割引設定路線については、平成25年10月から公開を終了しました。(H24.6.1 ANA仙台・東京国際・新潟・小松・中部国際・大阪国際・関西国際・神戸 新設、H24.10.01 ANA仙台・東京国際・新潟・小松・中部国際・大阪国際・関西国際・神戸 廃止、H25.6.1 ANA秋田・仙台・福島・東京国際・新潟・中部国際・大阪国際・関西国際・神戸 新設、H25.10.01 ANA秋田・仙台・福島・東京国際・新潟・中部国際・大阪国際・関西国際・神戸 廃止)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■利尻空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
利尻空港◎(フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)サイト内)
国土交通省北海道開発局の公式サイト◎(港湾・空港の項目に空港紹介ページあり)

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※利尻空港の公式サイトではありません。
※利尻空港の公式サイトはありません。

開設月日 2009.06.08
初調査日 2009.05.22
前調査日 2016.10.02

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 利尻空港 | 更新情報をチェックする

全欠2空港_定期便再開

■全便欠航2空港 相次いで定期便再開

全路線全便が欠航している6空港のうち、2空港で相次いで定期便が再開します。

相次いで定期便の運航が再開されたのは南紀白浜、富山の2空港。南紀白浜は15日に既に再開、富山は今日16日から再開されます。
いずれも国内線の再開で、南紀白浜はJAL(ジェイエア)、富山はANAが東京国際(羽田)線を限定便数再開します。

2空港とも新型コロナウイルス感染症パンデミックに伴い全路線全便欠航となっていたもの。南紀白浜は5月17日以来、富山は5月13日以それぞれ約1か月ぶりの定期便再開となります。

また、唯一の就航路線である羽田線が曜日運航となり、定期便運航が特定曜日のみとなっていた能登と石見が14日から、大館能代が今日16日から毎日運航に戻ります。

都道府県をまたいだ移動はまだ自粛が要請されていますが、緊急事態宣言解除後、国内線利用者が徐々に増えています。再開される定期便も増え、2空港の再開で全便欠航が続いている空港は2つになりました。
残る2空港のうち、下地島は19日に定期便の運航が再開される予定です。

■新型コロナウイルス感染症関連の長期欠航路線(国内線)(日々更新中)
http://johokotu.seesaa.net/article/474369416.html
posted by johokotu at 08:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする

空港検疫6/15_14日着11人

■空港検疫 14日着で11人も感染、またパキスタンからの入国者に大量確認、罹患率0.32%超え 6月15日発表分

厚生労働省(厚労省)は6月15日12時現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


空港検疫での感染確認急増中!
ウイルス持ち込み拡大の異常事態!!

()
6月15日12時現在
罹 患 率 0.326%
無症状率 93.5%

国内の隠れ感染者数(推定値)39.3万人

(比較用)東京都:罹患率0.039%=感染  5,544人、人口 13,982,622人(2020年4月)
(比較用)パキスタン:罹患率0.067%=感染139,230人、人口 2億777万人(2017年)


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
元にしている数値が異なるため差異あります。海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。参考程度にお考え下さい。


2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。(6月13日分までが反映されていると推定)
■空港検疫全員検査結果(すべて12時現在)
・4/4〜4/5 :対象 1,486人、症状 有0 無0 =陽性 0人/罹患率0%
・4/4〜4/6 :対象 2,801人、症状 有0 無5 =陽性 5人/罹患率0.178%
・4/4〜4/7 :対象 4,064人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.221%
・4/4〜4/8 :対象 5,707人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.157%
・4/4〜4/9 :対象 7,213人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.291%
・4/4〜4/10:対象 8,756人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.239%
・4/4〜4/11:対象10,010人、症状 有6 無17=陽性23人/罹患率0.229%
・4/4〜4/12:対象11,359人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.457%
・4/4〜4/13:対象12,680人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.410%
・4/4〜4/14:対象13,860人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.404%
・4/4〜4/15:対象14,921人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.375%
・4/4〜4/16:対象15,988人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.375%
・4/4〜4/17:対象16,682人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.359%
・4/4〜4/18:対象17,385人、症状 有11無50=陽性61人/罹患率0.350%
・4/4〜4/19:対象18,231人、症状 有11無51=陽性62人/罹患率0.340%
・4/4〜4/20:対象19,009人、症状 有11無52=陽性63人/罹患率0.331%
・4/4〜4/21:対象19,843‬人、症状 有12無53=陽性65人/罹患率0.327%
・4/4〜4/22:対象20,268‬人、症状 有12無54=陽性66人/罹患率0.325%
・4/4〜4/23:対象20,986‬人、症状 有12無56=陽性68人/罹患率0.324%
・4/4〜4/24:対象21,344人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.323%
・4/4〜4/25:対象21,865人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.315%
・4/4〜4/26:対象22,552‬人、症状 有12無60=陽性72人/罹患率0.319%
・4/4〜4/27:対象23,347人、症状 有12無62=陽性74人/罹患率0.316%
・4/4〜4/28:対象24,079人、症状 有12無63=陽性75人/罹患率0.311%
・4/4〜4/29:対象24,671人、症状 有12無66=陽性78人/罹患率0.316%
・4/4〜4/30:対象25,382‬人、症状 有12無68=陽性80人/罹患率0.315%
・4/4〜5/1 :対象26,018人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.315%
・4/4〜5/2 :対象26,609人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.308%
・4/4〜5/3 :対象27,315人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.303%
・4/4〜5/4 :対象28,113人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.295%
・4/4〜5/5 :対象28,805人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.288%
・4/4〜5/6 :対象29,171人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.284%
・4/4〜5/7 :対象29,577人、症状 有12無72=陽性84人/罹患率0.284%
・4/4〜5/8 :対象29,983‬人、症状 有12無74=陽性86人/罹患率0.286%
・4/4〜5/9 :対象30,470人、陽性87人/罹患率0.285%
・4/4〜5/10:対象31,294人、陽性87人/罹患率0.278%
・4/4〜5/11:対象31,875人、陽性89人/罹患率0.279%
・4/4〜5/12:対象32,519人、陽性89人/罹患率0.273%
・4/4〜5/13:対象33,152人、陽性91人/罹患率0.274%
・4/4〜5/14:対象33,844‬人、陽性92人/罹患率0.271%
・4/4〜5/15:対象34,075人、陽性92人/罹患率0.269%
・4/4〜5/16:対象34,600人、陽性92人/罹患率0.265%
・4/4〜5/17:対象35,178人、陽性94人/罹患率0.267%
・4/4〜5/18:対象35,835人、陽性94人/罹患率0.262%
・4/4〜5/19:対象36,567人、陽性94人/罹患率0.257%
・4/4〜5/20:対象37,049人、陽性94人/罹患率0.253%
・4/4〜5/21:対象37,691人、陽性94人/罹患率0.249%
・4/4〜5/22:対象38,046人、陽性95人/罹患率0.249%
・4/4〜5/23:対象38,548人、陽性95人/罹患率0.246%
・4/4〜5/24:対象39,048人、陽性96人/罹患率0.245%
・4/4〜5/25:対象39,642人、陽性98人/罹患率0.247%
・4/4〜5/26:対象40,287人、陽性99人/罹患率0.245%
・4/4〜5/27:対象40,736人、陽性103人/罹患率0.252%
・4/4〜5/28:対象41,442人、陽性106人/罹患率0.255%
・4/4〜5/29:対象41,945人、陽性108人/罹患率0.257%
・4/4〜5/30:対象42,536人、陽性118人/罹患率0.277%
・4/4〜5/31:対象43,128人、陽性122人/罹患率0.282%
・4/4〜6/1 :対象43,985人、陽性126人/罹患率0.286%
・4/4〜6/2 :対象45,237人、陽性127人/罹患率0.280%
・4/4〜6/3 :対象45,985‬人、陽性128人/罹患率0.278%
・4/4〜6/4 :対象46,920人、陽性132人/罹患率0.281%
・4/4〜6/5 :対象47,648人、陽性135人/罹患率0.283%
・4/4〜6/6 :対象48,405人、陽性138人/罹患率0.285%
・4/4〜6/7 :対象49,350人、陽性139人/罹患率0.281%
・4/4〜6/8 :対象50,395人、陽性145人/罹患率0.287%
・4/4〜6/9 :対象51,493人、陽性145人/罹患率0.281%
・4/4〜6/10:対象52,208人、陽性160人/罹患率0.306%
・4/4〜6/11:対象53,035人、陽性162人/罹患率0.305%
・4/4〜6/12:対象53,684人、陽性163人/罹患率0.303%
・4/4〜6/13:対象54,486人、陽性168人/罹患率0.308%
・4/4〜6/14:対象55,547人、陽性171人/罹患率0.307%
・4/4〜6/15:対象56,730人、陽性185人/罹患率0.326%

6月15日時点での罹患率をそのまま日本の人口(5月の推計人口1億2590万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約41.0万人になります。
国内のPCR検査陽性者は6月15日12時現在で17,238人ですから、隠れ感染者はあと約39.3万人もいると推定されます。

2日連続で1日の検査数が千人を超えました。週末は利用者が少し多くなる傾向があるようです。
罹患率が0.32%を超え、4月24日以来の高水準となっています。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年6月15日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11879.html






1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。(6月14日到着分までが反映)
・4月03日:症状 有0 無1=陽性1人 66
・4月04日:症状 有0 無7=陽性7人 67・68・69・71・72・73・98
・4月05日:症状 有3 無3=陽性6人 70・74・99・100・101・102
・4月06日:症状 有3 無8=陽性11人 75・76・77・78・79・82・83・84・103・104・105
・非公表者:症状 有0 無2=陽性2人 80・81
・4月07日:症状 有1 無3=陽性4人 85・106・107・108
・4月08日:症状 有0 無2=陽性2人 86・109
・4月09日:症状 有0 無1=陽性1人 87
・4月10日:症状 有1 無5=陽性6人 110・111・112・113・114・115
・4月11日:症状 有0 無3=陽性3人 116・117・118
・4月12日:症状 有0 無2=陽性2人 119・120
・4月13日:症状 有0 無0=陽性0人 
・4月14日:症状 有0 無4=陽性4人 121・122・123・124
・4月15日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月16日:症状 有0 無1=陽性1人 125
・4月17日:症状 有0 無1=陽性1人 126
・4月18日:症状 有0 無1=陽性1人 127
・4月19日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月20日:症状 有1 無2=陽性3人 128・129・130
・4月21日:症状 有0 無2=陽性2人 131・132
・4月22日:症状 有0 無1=陽性1人 133
・4月23日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月24日:症状 有0 無3=陽性3人 134・135・136
・4月25日:症状 有0 無2=陽性2人 137・138
・4月26日:症状 有0 無1=陽性1人 139
・4月27日:症状 有0 無2=陽性2人 140・141
・4月28日:症状 有0 無3=陽性3人 142・143・144
・4月29日:症状 有0 無2=陽性2人 145・146
・4月30日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月01日:症状 有0 無1=陽性1人 147
・5月02日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月03日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月04日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月05日:症状 有0 無1=陽性1人 148
・5月06日:症状 有0 無2=陽性2人 149・150
・5月07日:症状 有0 無1=陽性1人 151
・5月08日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月09日:症状 有0 無2=陽性2人 152・153
・5月10日:症状 有0 無1=陽性1人 154
・5月11日:症状 有0 無1=陽性1人 155
・5月12日:症状 有0 無1=陽性1人 156
・5月13日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月14日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月15日:症状 有0 無2=陽性2人 157・158
・5月16日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月17日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月18日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月19日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月20日:症状 有0 無1=陽性1人 159
・5月21日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月22日:症状 有0 無1=陽性1人 160
・5月23日:症状 有0 無2=陽性2人 161・162
・5月24日:症状 有0 無1=陽性1人 163
・5月25日:症状 有0 無4=陽性4人 164・165・166・167
・5月26日:症状 有0 無3=陽性3人 168・169・170
・5月27日:症状 有0 無2=陽性2人 171・172
・5月28日:症状 有1 無9=陽性10人 173・174・175・176・177・178・179・180・181・182
・5月29日:症状 有0 無4=陽性4人 183・184・185・186
・5月30日:症状 有0 無4=陽性4人 187・188・189・190
・5月31日:症状 有0 無1=陽性1人 191
・6月01日:症状 有0 無2=陽性2人 192・193
・6月02日:症状 有0 無3=陽性3人 194・195・196
・6月03日:症状 有0 無3=陽性3人 197・198・199
・6月04日:症状 有1 無2=陽性3人 200・201・202
・6月05日:症状 有0 無1=陽性1人 203
・6月06日:症状 有0 無6=陽性6人 204・205・206・207・208・209
・6月07日:症状 有0 無14=陽性14人 210・211・212・213・214・215・216・217・218・219・220・221・222・223
・6月08日:症状 有0 無2=陽性2人 224・225
・6月09日:症状 有0 無2=陽性2人 226・227
・6月10日:症状 有0 無0=陽性0人
・6月11日:症状 有0 無4=陽性4人 228・229・230・231
・6月12日:症状 有1 無12=陽性13人 232・233・234・235・236・237・238・239・240・241・242・243・244
・6月13日:症状 有0 無6(+1)=陽性6人 245・246・247・248・249・250
 空港別:成田5(+1)・関空1
 男女別:男4(+1)・女1・非公表1
 年代別:10代下1・20代0・30代2・40代0・50代2(+1)・60代0・70代0・80代上0・非公表1
 渡航元:フィリピン4・パキスタン1(+1)・非公表1
 居住地:福島2・埼玉2(+1)・東京1・非公表1

・6月14日:症状 有0 無11=陽性11人 251・252・253・254・255・256・257・258・259・260・261
 空港別:成田9・関空2
 男女別:男7・女4
 年代別:10代下4・20代4・30代1・40代2・50代0・60代0・70代0・80代上0
 渡航元:インドネシア1・パキスタン9・ロシアオランダ1
 居住地:宮城3・千葉2・愛知4・大阪2


4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、6月14日までの73日間で186人となりました。
186人のうち有症状は12人のみ。無症状は174人で、無症状率は93.5%となりました。

13日着分がまた一日遅れで1人追加されました。これで13日着は6人の感染が確認されています。
14日着は11人感染。1日10人以上の感染は、2日ぶりで、全員検査が始まった4月3日以来5回目です。
入国者の感染確認がこの3週間、爆発的に急増中です。

14日着の11人中、9人がパキスタンからの入国者です。NHKによりますと、日本国籍者が5人、外国籍者が7人だったとしています。

仙台市の発表によりますと、パキスタンから14日着で宮城県仙台市在住者が5人陽性確認されたとしています。今回の発表では、宮城県の感染者は3人のみ。パキスタンからの入国者はここのところ1日遅れの発表が多いので、14日正午現在の発表分に含まれていないものとみられます。5人のほかに陰性者も2人同行しているとのことです。
(6月16日18時追記)仙台放送の報道によりますと、仙台市在住の5人ではなく、仙台市在住は3人のみ。2人が千葉県在住で、検疫後なぜか申告の住所に滞在せずに仙台市まで移動し滞在していた人でした。したがって、14日発表分に含まれている方々でした。わざわざ成田から遠い宮城まで移動したわけですが、途中のSAPAでトイレに寄ったりしていないですね、、、。

このほか、14日にパキスタンからの入国した愛知県在住者が10歳代未満含む4人も確認されており、家族感染が疑われます。

パキスタンは日本の約2倍程度の罹患率ですが、ここまで毎日毎日、しかも家族感染者が多く確認されているところをみると、相当感染が広がっているとみられます。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11887.html

空港検疫で新たに12人感染確認 新型コロナ(NHK公式サイト)
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200615/k10012471541000.html
空港検疫による新型コロナウイルス感染症患者の発生について(仙台市公式サイト)
https://www.city.sendai.jp/kenkoanzen-kansen/shise/koho/kisha/r2/0615corona.html

(6月16日18時下記リンク追記)
空港検疫で仙台市などの5人が感染確認 宮城県や仙台市の感染者数統計には含めず(仙台放送公式サイト)
https://nc.ox-tv.co.jp/news/detail/2020061600006
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする