2020年10月01日

緊急警報!空港検疫2桁陽性!

緊急速報! 空港検疫で本日発表分二桁人数陽性確認!

空港検疫での入国者に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の全員検査で、本日発表分で二桁人数の感染が確認されました。

1日に陽性が確認されたとして発表があったのは全部で13人です。9月30日到着分が11人、速報に近い1日到着分が2人。9月30日東京国際到着分4人のうち3人が米国から入国の10歳未満という異常事態となっています。

空港検疫でのCOVID-19感染確認の発表分で一日二桁人数を超えるのは11日ぶりです。

入国者の感染が急に増え始めたのは、5月末〜6月上旬、6月末〜7月上旬に続くもの。これまでは、外出自粛制限や移動制限等の緩和のタイミングや、国内での感染増加の少し前のタイミングに当たっています。
今回も、東京都のGO TO トラベル開始とタイミングか重なっており、国内での感染増加が再び始まるのか注目されます。

少し下火になりつつあった入国者の感染がまた増えてきました。
国際線の発着する空港への不要不急の来港はしばらく自粛しませんか?


詳細は2日0時にアップ予定の日々の記事で書きます。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_13891.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

新千歳_空港概要(総合)

情報交通ホットライン/日本空港情報館/新千歳空港(総合)
日本空港情報館
新千歳空港

top.jpg
新千歳空港

■飛行場の概要
北海道千歳市と苫小牧市にまたがる国管理空港(旧・第2種空港)です。(旅客ビルは千歳市側)
昭和63年、隣接する千歳空港から自衛隊基地と分離する形で移転、開港した空港です。場所は分離したものの、両空港はつながっており、現在も管制業務は防衛省と共通運用しています。北海道最大で、道内路線のハブ空港となっています。
平成22年3月に国際線ターミナルビルが完成、平成23年7月に連絡施設などを全面オープンしています。現在、令和2年1月中の完成を目指し国際線ターミナルの再整備工事が進んでいます。
平成29年7月に、旅客ビル管理者が北海道空港から新千歳空港ターミナルビルディングに変更されています。
特定運営事業等の運営移行が始まっており、一括管理される北海道七空港のひとつです。令和2年1月にビル施設等事業の民間委託が開始(既存空港ビル会社である新千歳空港ターミナルビルディングを空港運営受託者である北海道エアポートが完全子会社化することによる開始)。令和2年6月1日、空港事業全体の完全民営化がスタートしています。


■飛行場種別:国管理空港(旧・第2種空港)
■設置管理者:(設置管理)国土交通大臣(運営権者)北海道エアポート
■滑走路延長:(A)3000m/(B)3000m
■空港コード:CTS/RJCC
■旅客ビル管理者:北海道エアポート※
※平成29年7月1日に会社分割により旅客ビル管理者が北海道空港から新千歳空港ターミナルビルディングに変更
※令和2年1月15日に新千歳空港ターミナルビルディングが北海道エアポートの完全子会社化
※令和2年10月1日に会社合併により旅客ビル管理者が新千歳空港ターミナルビルディングから北海道エアポートに変更


※情報は特記以外令和元年6月現在のものです。
■国内線-国際線連絡施設
CTS022-3.jpg2階 連絡通路(シュタイフ ディスカバリーウォーク)
(写真は平成28年7月撮影)
東側にある扇状の国内線ターミナルと、西側にある方形の国際線ターミナルは向かい合うように設置されていて、両ターミナル間には連絡施設(通路)が設けられています。
長さは約230メートル。国内線、国際線両ターミナルの2階、3階と接続しています。2階部分は、国内線は売店区画部分、国際線は到着ロビーに直結しています。動く歩道が設けられているほか、ヘルプカーと呼ばれる無料電動カートを運行し、利便性向上が図られています。
平成28年に通路部分がシュタイフ ディスカバリーウォークになりました。

※平成28年04月29日:シュタイフ ディスカバリーウォーク 開業
CTS022-4.jpg3階スマイルロード
(写真は平成28年7月撮影)
連絡施設の3階部分はスマイルロードとしてエンターテインメント施設や特徴的な店舗が多数出店しています。
大型施設としては、チョコレートの製造過程などを見学できる「ロイズチョコレートワールド」、キャラクター施設として「ハローキティ ハッピーフライト」と「ドラえもんわくわくスカイパーク」が通路に沿って設置されています。これらの施設はグッズ販売スペースも充実しています。
売店4店舗(北海道牛乳カステラ、Hello Kitty Japan、ジャージーブラウン、ツルハドラッグ)、飲食店1店舗(スターバックス)が出店しています。

※平成**年**月**日:HOKKAIDO Plant、Deli 閉店
※平成26年04月15日:VERY BERRY FARM 閉店
※平成26年04月25日:ART LIFE DEPO 蝦夷屋 開店
※平成26年11月30日:月寒あんぱん 閉店
※平成**年**月**日:北かり、サーティーワンアイスクリーム、ART LIFE DEPO 蝦夷屋 閉店
※平成27年07月17日:ロイズチョコレートワールド リニューアル(ベーカリーエリア新設)
※平成28年03月13日:シュタイフ ネイチャーワールド 閉店
※平成28年07月22日:ハローキティ ハッピーフライト 開店

■アクセス交通施設
CTS021a.jpg鉄道アクセス施設(JR新千歳空港駅)
(写真は令和元年6月撮影)
国内線ターミナル地下部分にJR北海道の新千歳空港駅があります。駅ナンバリングはAP15。
県庁所在地札幌市の中心駅である札幌駅まで快速で約40分です(約30分に1本の運転)。
駅改札口隣に待合室がありその中に2店舗(おみやげ売店・ウイングス&ホイールス)、地下2階の駅ホームに2店舗(キオスク・弁当売店)が出店しています。改札口隣にツアーカウンター(みどりの窓口)とツインクルラウンジがあります。
==================
陸上アクセス施設(バスのりば)

(写真は平成28年7月(南北)、平成22年5月(国際)撮影)
バスのりばは、国内線ターミナル1階前面、国際線ターミナル1階にあります。スキー場直行のバスが冬期の期間限定で多数運行されるのが特徴です。
国内線ターミナル前
国内線の場合、路線バスは南北両端(1番、2番と28番、29番)、空港リムジンバスは中央付近の2か所(12番、13番、14番と20番、21番、22番)から発車します。
・許可者乗降場(01番の先):千歳アウトレットモール・レラ無料シャトルバス
・01番:千 歳方面(路線バス 空4番支笏湖線支笏湖行・空5番大和線新星行・空6番空港市内線本町2丁目行=北海道中央バス、16番勇舞空港線長都駅東口行=千歳相互観光バス・道南バス)
・02番:千 歳方面(路線バス 千歳駅前行=あつまバス)
 厚 真方面(路線バス 厚真行=あつまバス)
 苫小牧方面(路線バス 30番苫小牧駅前行(星が丘団地経由・植苗経由)・白老緑泉郷行=道南バス)
 室 蘭方面(はやぶさ号 室蘭観光協会前行(登別東インター前経由あり)=道南バス)
 登別温泉方面(登別温泉エアポート号 足湯入口行=道南バス)
 浦 河方面(特急ひだか優駿号 浦河ターミナル行=道南バス)
 穂 別方面(穂別出張所行=道南バス)
・03番:(団体バスのりば)
・04番:(団体バスのりば)
・05番:(団体バスのりば)
・06番:(団体バスのりば)
・07番:(団体バスのりば)
・08番:(身障者用)
・09番:-
・10番:(予約タクシーのりば)
・11番:(一般タクシーのりば)
・12番:澄 川方面(円山バスターミナル行=北都交通)
 真駒内方面(アパホテル&リゾート<札幌>行=北都交通)
 桑 園方面(北9条西14丁目桑園行=北都交通)
 ニセコ方面※(ニセコひらふ行=ニセコバス)
 定期観光バスエアー&支笏湖コース(札幌第一観光バス)
・13番:大谷地方面(地下鉄大谷地駅行=北海道中央バス・北都交通)
 麻 生方面(地下鉄北24条駅行=北海道中央バス)
 発 寒方面(地下鉄宮の沢駅行=北海道中央バス)
 東 区方面(サッポロビール園行、地下鉄東区役所駅前行=北海道中央バス)
・14番:札幌駅方面(ロイトン札幌行・中島公園経由京王プラザホテル札幌行=北海道中央バス・北都交通)
 札幌駅方面札幌都心直行便(中島公園行=北都交通・北海道中央バス)
・15番:-
・16番:(身障者用)
・17番:(一般タクシーのりば)
・18番:(予約タクシーのりば)
・19番:-
・20番:大谷地方面(地下鉄大谷地駅行=北海道中央バス・北都交通)
 麻 生方面(地下鉄北24条駅行=北海道中央バス)
 発 寒方面(地下鉄宮の沢駅行=北海道中央バス)
 東 区方面(サッポロビール園行・地下鉄東区役所駅前行=北海道中央バス)
・21番:澄 川方面(円山バスターミナル行=北都交通)
 真駒内方面(アパホテル&リゾート<札幌>行=北都交通)
 桑 園方面(北9条西14丁目桑園行=北都交通)
 定山渓方面(湯ったりライナー号 定山渓車庫前行=北都交通)
 帯 広方面(とかちミルキーライナー 帯広駅前行・十勝川温泉行=北都交通・おびうん観光)
 旭 川方面(旭川駅前行=北都交通・旭川電気軌道)
 網 走方面(網走バスターミナル行=網走バス)
・22番:札幌駅方面(ロイトン札幌行・中島公園経由京王プラザホテル札幌行=北海道中央バス・北都交通)
 札幌駅方面札幌都心直行便(中島公園行=北都交通・北海道中央バス)
・23番:(団体バスのりば)
・24番:(団体バスのりば)
・25番:(団体バスのりば)
・26番:(団体バスのりば)
・27番:(団体バスのりば)
・28番:千 歳方面(路線バス 空4番支笏湖線支笏湖行・空5番大和線新星行・空6番空港市内線本町2丁目行=北海道中央バス、16番勇舞空港線長都駅東口行=千歳相互観光バス・道南バス)
・29番:千 歳方面(路線バス 千歳駅前行=あつまバス)
 厚 真方面(路線バス 厚真行=あつまバス)
 苫小牧方面(路線バス 30番苫小牧駅前行(星が丘団地経由・植苗経由)・白老緑泉郷行=道南バス)
 室 蘭方面(はやぶさ号 室蘭観光協会前行(登別東インター前経由あり)=道南バス)
 登別温泉方面(登別温泉エアポート号 足湯入口行=道南バス)
 浦 河方面(特急ひだか優駿号 浦河ターミナル行=道南バス)
 穂 別方面(穂別出張所行=道南バス)
・30番:千歳アウトレットモール・レラ無料シャトルバス

国際線ターミナル前
バスのりばは3か所を使用しています。国内線ターミナル前を発車したバスの一部が経由するものになっています。令和元年8月にのりば位置がターミナル建物出入口前に移転しています。
・84番:札幌駅方面(ロイトン札幌行・中島公園経由京王プラザホテル札幌行=北海道中央バス・北都交通)
 札幌駅方面札幌都心直行便(中島公園行=北都交通・北海道中央バス)
 大谷地方面(地下鉄大谷地駅行=北海道中央バス・北都交通)
 麻 生方面(地下鉄北24条駅行=北海道中央バス)
 発 寒方面(地下鉄宮の沢駅行=北海道中央バス)
 東 区方面(サッポロビール園行・地下鉄東区役所駅前行=北海道中央バス)
 澄 川方面(円山バスターミナル行=北都交通)
 真駒内方面(アパホテル&リゾート<札幌>行=北都交通)
 桑 園方面(北9条西14丁目桑園行=北都交通)
・85番:支笏湖方面(路線バス 空4番支笏湖線支笏湖行・空5番大和線新星行・空6番空港市内線本町2丁目行=北海道中央バス)
 千 歳方面(路線バス 千歳駅前行=あつまバス)
 厚 真方面(路線バス 厚真行=あつまバス)
 定山渓方面(湯ったりライナー号 定山渓車庫前行=北都交通)
 帯 広方面(とかちミルキーライナー 帯広駅前行・十勝川温泉行=北都交通・おびうん観光)
 旭 川方面(旭川駅前行=北都交通・旭川電気軌道)
・86番:長 都方面(路線バス 16番勇舞空港線長都駅東口行=千歳相互観光バス・道南バス)
 苫小牧方面(路線バス 30番苫小牧駅前行(星が丘団地経由・植苗経由)・白老緑泉郷行=道南バス)
 室 蘭方面(はやぶさ号 室蘭観光協会前行(登別東インター前経由あり)=道南バス)
 登別温泉方面(登別温泉エアポート号 足湯入口行=道南バス)
 浦 河方面(特急ひだか優駿号 浦河ターミナル行=道南バス)
・98番:千歳アウトレットモール・レラ無料シャトルバス

※ニセコ方面路線バスは夏のみ、定期観光バスエアー&支笏湖コースは春〜秋のみ
※国内線2番・28番・国際線66番 スキーバスニセコ方面(ニセコひらふ行)は冬期のみ。(H25年度 12/14-3/23、H26年度 12/1-3/29、H27年度 12/1-3/27、H28年度 12/1-3/26、H29年度 12/1-3/25、H30年度 12/1-3/31、R元年度 12/1-3/31)
※国内線12番 スキーバス夕張方面(ゆうばりホテルシューパロ行)は冬期のみ(平成29年度以降は運休)。(H25年度 11/30-3/30、H26年度 12/6-3/30、H27年度 12/5-4/3、H28年度 12/17-1/11・2/3-3/26)
※冬期にツアーのスキーバス複数路線あり(グッドスポーツ(ホワイトライナー)ニセコ方面、加森観光(ビッグランズ号)ルスツ方面、北海道アクセスネットワーク(北海道リゾートライナー)ルスツ・ニセコ方面・キロロ方面・サッポロテイネ方面・定山渓方面・富良野方面・トマム方面など)

路線変遷
※平成21年10月21日:洞爺湖温泉方面東町サンパレス行(道南バス)運休(10/20最終運行)
※平成22年12月15日:国際線のりば変更(66番・67番→65番、68番→66番)
※平成23年04月01日:地下鉄麻生駅(直行)・地下鉄北24条駅(地下鉄東区役所前駅経由)(北海道中央バス)廃止、地下鉄北24条駅行・地下鉄東区役所前駅新設(路線再編)
※平成23年07月06日:のりば変更(1番〜32番→1番〜30番)
※平成24年04月01日:苫小牧西港フェリーターミナル行(北都交通) 新設
※平成25年?*月**日:室蘭産業会館前行を室蘭観光協会前行に変更
※平成25年07月01日:札幌駅前行・札幌駅前ターミナル行(札幌都心直行便、北海道中央バス・北都交通)新設
※平成25年12月01日:札幌駅前行・札幌駅前ターミナル行(札幌都心直行便)運休
※平成26年02月28日:定山渓車庫前行 じょうてつ 撤退
※平成26年07月19日:ニセコひらふ行(北海道中央バス・ニセコバス)新設(夏期運行、〜9/15)
※平成27年04月01日:千歳アウトレットモール・レラ無料シャトルバス のりば変更(1番→許可車乗降所、28番→30番)
※平成27年08月01日:ニセコひらふ行(北海道中央バス・ニセコバス)新設(夏期運行、〜9/27)
※平成28年07月01日:地下鉄東区役所駅前行(地下鉄大谷地駅未経由)運休、サッポロビール園行・札幌都心直行便中島公園行 新設
※平成28年07月30日:ニセコひらふ行(北海道中央バス・ニセコバス) 新設(夏期運行、〜9/25)
※平成28年10月01日:16番勇舞空港線長都駅東口行(千歳相互観光バス・道南バス) 新設、系統番号変更(3番→空4番、5番→空5番、6番→空6番)
※平成29年03月27日:ゆうばりホテルシューパロ行(北海道中央バス・夕張鉄道) 運休(国内線12番)
※平成29年08月01日:ニセコひらふ行(北海道中央バス・ニセコバス) 新設(夏期運行、〜10/15)
※平成30年04月01日:北9条西14丁目桑園行(北都交通) 新設
※平成30年04月25日:旭川駅前行(北都交通・旭川電気軌道) 新設
※平成30年08月01日:特急うらかわ号浦河ターミナル行 運休、特急ひだか優駿号浦河ターミナル行 新設、ニセコひらふウェルカムセンター行(北海道中央バス・ニセコバス) 新設(夏期運行、〜10/14)
※平成31年04月01日:苫小牧西港フェリーターミナル行 運休
※令和元年07月20日:網走バスターミナル行 新設
※令和元年08月01日:ニセコひらふ行(ニセコバス・札幌第一観光バス) 新設(夏期運行、〜9/30)
※令和元年08月30日:国際線バスのりば移設(65番・66番 廃止→84番-86番・98番)
※令和元年10月15日:網走バスターミナル行 運休
※令和元年12月20日:網走バスターミナル行 新設
CTSTD001N.jpg CTSTD001S.jpg
▲国内線バスのりば北側  国内線バスのりば南側▲
i02.jpg
▲国際線バスのりば
==================
陸上アクセス施設(駐車場)

国内線ターミナルと国際線ターミナルに挟まれるような形で、旅客ターミナルビル地域の中央部分にAとBの2つの駐車場が設置されています。
平面駐車場で、合わせて3,395台分用意されていますが、利用度は高いです。前述の国内線-国際線間連絡通路がA・Bの2駐車場間にあり、両ターミナルへのアクセスが容易になっています。
レンタカー各社は南千歳駅周辺などに点在しており、空港ターミナルから送迎車でアクセスする形となります。
平成23年7月のリニューアル以降、エンターテインメント施設として注目を集め、非航空利用者も多いことから、空港に近いアウトレットモール・レラと連携し、レラの駐車場を利用して無料連絡バスで訪問できるようになっています。
21s.jpg 21n.jpg
A駐車場(北側)▲     ▲B駐車場(南側)
CTS023.jpg陸上アクセス施設(レンタカーカウンタ)
(写真は令和元年6月撮影、国内線側)
レンタカーカウンタは国内線旅客ターミナルビル1階と国際線旅客ターミナルビル1階にあります。
国内線は、ランド側から見て左側(北側)の中央寄りに多数のカウンタが並んでいます。

カウンタで手続き後、前面中央部にある送迎車の乗降スペースから空港周辺の営業所へ送迎になります。多くのレンタカー会社が空港から車で10〜15分ほど離れた場所に営業所を設けており、送迎車の待ち時間も含めると、空港到着から貸出しまでは小一時間はかかると考えておいた方が良いです。

■その他施設
shinchitose24004.jpg貯雪ピット
(写真は平成24年5月撮影)
新千歳空港では、「エコ・エアポート」の実現に向け、「雪を利用した環境施策(クールプロジェクト)」を推進しており、平成22年から雪冷熱供給施設が設置されています。
滑走路脇に貯雪ピットが設けられ、冬の間に降った雪を保存し、夏場、そこから得られる冷熱エネルギーを利用して旅客ターミナルの冷房に使用しています。
(写真は国内線旅客ターミナルから見た貯雪ピット)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■新千歳空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
新千歳空港旅客ビルの公式サイト(北海道エアポート株式会社)◎
新千歳空港運営受託者の会社公式サイト◎(北海道エアポート株式会社)
新千歳空港旅客ビル関係会社(旧親会社)の公式サイト(北海道空港株式会社)△
新千歳空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
国土交通省北海道開発局の公式サイト◎(「港湾・空港」の項目に空港紹介ページあり)

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※新千歳空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2007.06.06
前調査日 2019.06.25

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新千歳空港/千歳飛行場 | 更新情報をチェックする

長崎_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/長崎空港
日本空港情報館
長崎空港

top.jpg
長崎空港
平成23年12月15日からA滑走路地区が大村飛行場として分離されました。

■飛行場の概要
長崎県大村市にある国管理空港(旧・第2種空港)です。
大村湾に浮かぶ箕島に造成した日本初の海上空港として昭和50年5月開港しました。長崎県の玄関空港で、離島便も数多く運行されていることから「日本の西の空の玄関口」としてPRされています。
元々は自衛隊との共用空港(大村空港)として本土側にあり、当時使用していた滑走路は海上の空港が開港した後もA滑走路として主に自衛隊が利用していました。海上の滑走路はB滑走路とされていましたが、平成23年12月15日、A滑走路側を防衛省設置管理の大村飛行場として分離、現在は海上側のみが長崎空港となっています(航空管制は大村飛行場、長崎空港とも国土交通省管轄)。
令和2年10月1日現在、国内線のみの運航でJAL(日本航空・ジェイエア)、ANA(全日本空輸・ANAウイングス)、オリエンタルエアブリッジ、ソラシドエア、スカイマーク、Peach Aviationにより7路線が運航されています。
※令和2年10月1日現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で大幅な欠航が生じています。
※令和2年10月1日現在、COVID-19パンデミックの影響で全便欠航中の航空会社:ジェットスター・ジャパン、中国東方航空、香港エクスプレス航空


■飛行場種別:国管理空港(旧・第2種空港)
■設置管理者:国土交通大臣
■滑走路延長:3000m(旧B滑走路)
■空港コード:NGS/RJFU
■旅客ビル管理者:長崎空港ビルディング
※旧A滑走路(1200m)地区は平成23年12月15日より防衛省設置管理の大村飛行場に変更になっています。


■施設の見どころ:◎◎◎◎◎ 中規模/島に造成された海に浮かぶ空港。ターミナルビルは中央の大きな鐘と赤い外壁が非常に目立つ珍しいデザイン。館内も教会のようなデザインで、壁面の随所に濃い色を配色するなど見どころの多い空港です。
■見学者への対応:◎◎◎== 案内所 有/ターミナルパンフ 有(実質的にパンフとして機能している館内情報誌が充実)/送迎デッキ 無料/ファン向け展示 有/福祉施設対象や幼稚園・保育園対象の見学ツアーも実施。
■売店の充実度:◎◎◎== 売店18店・飲食店5店/長崎全域の土産があり、離島土産も充実しています。
■アクセスの状況:◎◎◎== 鉄道 無/バス 有/船舶 有/大村市の沖合2キロほどのところにあり、歩行者も渡れる箕島大橋で結ばれています。最寄駅(諏訪駅)から自動車で15分ほどです。バスは長崎県各方面に運行しており、長崎市内行のバスは昼間20分に1本と多頻度運行です。

※就航路線は令和2年10月1日、そのほかの情報は特記以外平成26年12月現在のものです。
SKYVIEW
skyview1.jpg skyview2.gif
大村市内の高台、空港東側から撮影。
長崎空港は大村市の沖合に造成されています。陸側には大村飛行場(A滑走路と海上自衛隊)があり、長崎空港はその海側に滑走路と旅客エリアがあります。沖合にある空港島は、箕島を人工的に埋め立ててて造成されており、NAGASAKIと書かれた花文字山が目立ちます

01.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成23年7月撮影)
国内線側は開港に合わせて、国際線側は平成6年に誕生したターミナルです。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1・1/2層方式です。
1階にチェックインカウンタと到着口、売店・飲食店、2階に売店・飲食店と搭乗口、搭乗待合室、3階に展望・送迎デッキがあります。館内は教会のようなデザインで、一部のエスカレータ上部に長崎県内の天主堂のステンドグラスをモチーフにしたタペストリーを吊り下げるなど、非常に珍しいデザインの空港ターミナルです。
ターミナル内のサインは、あまり多く配置されていませんが、濃灰地に白文字が主となっています。主要な案内板には日本語と英語の併記となっています。
平成20年12月にリニューアルが完了しました。
NGS002.jpgターミナル前面
(写真は平成26年12月撮影)
白い屋根と細い柱、ターミナル正面のガラス面が非常に目立つ前面です。車道は3車線が接続しています。
バスのりばは5か所。西肥自動車、島原鉄道バス、長崎県交通局、長崎自動車により5方面のバスが発着しています(長崎駅前まで約40分、昼間20分に1本程度)。また、2か所のタクシーのりばがあり、7番のりばから佐世保駅みなと口行の乗合ジャンボタクシーが運行しています。(約55分)

■1番 国際線降車専用
■2番 佐世保方面(佐々バスセンター行・松浦町国際通り行=西肥自動車)
■3番 諫早方面(本諫早駅前行=島原鉄道)、大村方面(諫早駅前行(長崎医療センター経由あり)=長崎県交通局)
■4番 長崎駅前行(浦上(長大東門前)経由、浦上・住吉経由)=長崎県交通局、長崎駅前行(住吉・道の尾経由)=長崎自動車
■5番 長崎駅前経由ココウォーク茂里町行(出島道路経由)=長崎県交通局・長崎自動車

■路線変遷
※平成21年11月20日:島原方面(愛野展望台経由島原外港行・雲仙温泉行・小浜温泉行=島原鉄道バス)新設
※平成22年04月01日:佐世保方面大野行 運休
※平成24年11月01日:長崎駅前行(浦上・住吉経由)、ココウォーク茂里町行(住吉・道の尾経由) 新設
※平成25年05月01日:ココウォーク茂里町行(住吉・道の尾経由)を長崎駅前行に延伸
※平成27年01月06日:ハウステンボス行・佐世保駅前行(高速道路経由) 新設(実証実験)
※平成27年03月29日:ハウステンボス行・佐世保駅前行(高速道路経由) 運休
※平成27年12月01日:松浦町国際通り行 新設
※平成29年09月08日:空港エクスプレスおむらん号 JR大村駅行・大村IC行(合同タクシー・大村ラッキータクシー) 新設
※平成29年12月07日:JR大村駅行・大村IC行 運休(12月6日最終運行)
※平成29年12月23日:空港エクスプレスおむらん号 JR大村駅行(合同タクシー・大村ラッキータクシー)
※平成30年01月09日:JR大村駅行 運休(1/8最終運行)
※令和元年10月01日:島原港行(島原鉄道) 運休(9/30最終運行)、本諫早駅前行 新設
※令和02年03月29日:長崎駅前行(住吉・道の尾経由=長崎自動車) 運休(3/28最終運行)
NGS003-2.jpg国内線(チェックインロビー)
(写真は平成26年12月撮影)
1階、ランド側から見て左側が国内線チェックインロビーとなっています。
032.jpg国内線(チェックインカウンタ)
(写真は平成24年9月撮影)
建物端側から、スカイマーク(SKY)、日本航空グループ(JAL・JAR)、Peach Aviation(APJ)、ANAグループ(ANA・AKX)のカウンタが並んでいます。
2路線を運航しているソラシドエア(SNA)と、3路線を運航するオリエンタルエアブリッジ(ORC)は、それぞれ全便ANAと共同運航しており、ANAグループのカウンタを利用します。ANAカウンタ1番の購入手続(自動チェックイン機、2番の搭乗手続(自動チェックイン機)、3番の搭乗手続・航空券購入窓口、4番の手荷物受付窓口は共通利用の窓口となっています。
平成21年8月の時点では、建物端からORC、JAL、ANAのカウンタが並んでいました。ORCは、元々は長崎航空と称していた、長崎空港の旅客ビルを運営する長崎空港ビルディングが筆頭株主の航空会社。長崎から3路線を運航しており、地域航空として珍しくカウンタを大きく構えていましたが、ANAとの共同運航開始に伴い、平成21年10月に閉鎖され、跡地がSKYカウンタに改装。さらに平成24年3月からはAPJカウンタが新設されています。

※平成24年03月25日:APJカウンタ新設
※平成30年09月06日:JJP新規就航(カウンタ位置確認中)
NGS004.jpg国内線(出発ロビー)
(写真は平成26年12月撮影)
2階はほぼ全面に渡って出発ロビーと搭乗待合室になっています。ランド側から見て中央が国内線用、右側が国際線用です。
出発ロビーは高い天井とそこから釣り下がる時計、そして教会のような特徴的なデザインが目を引きます。
ロビー周囲は売店とレストランが多数設置されています。特別室などが多いのも特徴で、ランド側から見て左端に特別待合室が3室と団体待合室3室、中央にビジネスラウンジ1室と特別室2室が配置されています。団体待合室側にビジネスサポートセンターあり。
05.jpg国内線(出発口)
(写真は平成21年8月撮影)
国内線出発口は、出発ロビー中央付近に設置されています。離島便もあり便数が多いためか、出発口前には広範囲にわたって整列用のポールが立っているほか、脇にある案内掲示も大きくなっています。
出発口は黄緑色のデザインの壁面で囲って目立つようにしてありますが、持込品などの注意を促す看板が多数立てられ、出発口を示すマークがやや見にくくなっていました。
案内掲示は、濃灰地に白文字の電光掲示が採用されています。
NGS005-2.jpg国内線(搭乗待合室)
(写真は平成26年12月撮影)
2階エプロン側は全面に渡って搭乗待合室で、1番-3番、5番-7番までの6か所の搭乗ゲートがあります。
待合室内には航空会社系の2店舗(BLUESKY、ANAFESTA)が出店しています。
平成20年のリニューアルまでは出発口脇に一部ガラス張りになっている部分があって見送りも可能でしたが、売店区画拡大に伴い閉鎖されてしまいました。
NGS006-2.jpg国内線(手荷物受取場)
(写真は平成26年12月撮影)
国内線手荷物受取場は1階中央にあります。内部は1番・2番と3番の大きく2か所に分かれています。
NGS007.jpg国内線(到着口)
(写真は平成26年12月撮影)
国内線到着口は1階中央にあります。到着口は3口が並んでいます。壁面を黄色し目立たせています。
到着案内は大型液晶タイプです。
NGS006.jpg国内線(到着ロビー)
(写真は平成26年12月撮影)
1階、ランド側から見て中央から右側にかけてが到着ロビーになっています。
中央部分に総合インフォメーションがあるほか、国際線チェックインロビー側にレンタカーカウンタ、宅配サービスなどが並びます。売店やレストランも数店あるのが特徴のひとつです。
NGS009-2.jpg国際線(チェックインロビー)
(写真は平成26年12月撮影)
1階、ランド側から見て右側に設置されています。
NGS010.jpg国際線(チェックインカウンタ)
(写真は平成26年12月撮影)
共用カウンタとなっており、写真左側は国内線なども含めた団体カウンタになっています。

※平成25年03月31日:大韓航空(KAL)運休、拠点撤退
※平成25年07月24日:JNA 就航
※平成27年10月25日:JNA 運休、拠点撤退
※平成28年10月18日:ASV 就航
※平成31年01月19日:HKE 就航
NGS008-2.jpg国際線(出発ロビー)
(写真は平成21年8月撮影)
2階ランド側から見て右側、やや奥まった区域に国際線の出発ロビーがあります。
ロビー内には韓国と中国に関する情報コーナーがあり、観光情報が掲示やパンフ配布が行われています。
NGS008-2.jpg国際線(出発口)
(写真は平成26年12月撮影)
2階、ランド側からみて右側に設置されています。ロビーから見るとやや奥まった見づらいところにあります。出発待合室内には免税売店も設置されています。
NGS009.jpg国際線(到着口)
(写真は平成26年12月撮影)
1階、ランド側から見て一番右側に配置されています。出口は2か所です。
092.jpg国際線(到着ロビー)
(写真は平成21年8月撮影)
1階、ランド側から見て右側が国際線到着ロビー区域になっています。
国内線側と一体になったロビーですが、こちら側には売店などはなく閑散とした区域です。出口正面には少しですが黒を基調にしたイスが並んでいます。
NGS011.jpg売店
(写真は平成26年12月撮影)
売店は2階出発ロビーなどに点在しており、数は多めです。

・1階:3店舗(スカイショップ(櫻林コーナー併設)、福砂屋、セブンイレブン)
・2階:12店舗(エアポートショップMiSoLa-海空-、長崎県農水産物アンテナショップ、みろくや、まるなか本舗コーナー、V・VAREN PORT、岩崎本舗、ハウステンボス、#99 SWEETS AVENUE、チョコレートハウス、和泉屋、ANAFESTA、長崎一番)
・2階国内線搭乗待合室内:2店舗(BLUESKY、ANAFESTA)
・2階国際線搭乗待合室内:1店舗(免税売店)

お土産としては、ちゃんぽんと皿うどん、角煮まんじゅう、鯨、壱岐焼酎あたりが注目でしょうか。空港限定商品も多数取り扱いがあり、売店区画が非常に多いので、色々回って楽しめます。

※平成**年**月**日:いけどき屋、Airport Shop、たらみ 閉店
※平成30年03月15日:和泉屋 開店
※平成30年04月13日:チョコレートハウス 開店
※平成30年04月27日:V・VAREN PORT 開店
※平成30年06月14日:#99 SWEETS AVENUE 開店
※平成30年06月26日:エアポートショップをエアポートショップMiSoLa-海空-にリニューアル
bag.jpgショッピングバック
(写真は平成21年8月撮影)
長崎空港ビルディング直営売店のショッピングバック。
白地に濃紺、赤、緑の三色で、「NAGASAKI AIRPORT」の大きな文字とグラバー園、崇福寺、大浦天主堂の三つの絵が描かれています。写真では分かりませんが、側面は赤と濃紺一色になっており、ターミナルビル同様、濃い色での表現が好きな県なのでしょうか。
上部にある「PREMIUM NAGASAKI 極上の長崎へ」は、長崎観光のブランドフレーズだそうです。
113.jpg飲食店
(写真は平成24年9月撮影)
飲食店は1階と2階に点在しています。

・1階:2店舗(つばき、牡丹)
・2階:3店舗(スターバックス、鮨どころしょうぶ、レストランエアポート)

つばきで五島うどん、しょうぶで鯨、エアポートで角煮を食べられます。
NGS012.jpg展望デッキ
(写真は平成26年12月撮影)
3階屋上部分は展望デッキになっています。入場無料。
全面に渡って張られている板張りの床が目立ちます。一部に屋根がついており、イスも設置されています。
フェンスは高いものが設置されており、撮影用にやや大きな穴が開いているタイプです。フェンス自体の目はそれほど細かくなくコンパクトカメラで正面を写すだけならばあまり気にせず撮影できます。
13.jpg展望デッキからのながめ
(写真は平成23年7月撮影)
エプロン側は、正面に「NAGASAKI」の大きな文字が展開します。フェンスは高く、やや撮影には不向き。ターミナルは滑走路の北東側に位置しており、午前が順光条件です。長崎を拠点としているORCが飛んでいるなど、地方空港としては高頻度で飛行機が離着陸しており、撮影チャンスは多いです。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
NGS006-0.jpg駐機場
(写真は平成26年12月撮影)
ORC運航便などで端側のスポットで地上搭乗・降機となる場合、徒歩でのアクセスとなるため、乗降機時に駐機場を地上レベルから眺められます。
大規模空港では、搭乗橋の整備が進み、オープンスポットだとバス輸送のことが多いですから、比較的珍しいかもしれません。
NGS017.jpgグッバイコーナー
(写真は平成26年12月撮影)
2階出発ロビーと搭乗待合室の間にはグッバイコーナーと称するガラスで区切られた場所が2か所あります。二つの区画の間に電話が設置されています。
コーナー脇にビーチクラフト機のフライトシミュレーターが展示されています。
NGS016.jpgモニュメント
(写真は平成26年12月撮影)
最も目立つモニュメントは屋上に設置されている長崎の鐘でしょうか。平成8年に増設されたものです。
建物自体が教会の内装をイメージにしたデザインでモニュメント的。平成20年のリニューアルで館内の一部のエスカレータ上部に長崎県内の天主堂のステンドグラスをモチーフにしたタペストリーを展示しています。
NGS015.jpg地上アクセス施設(駐車場)
(写真は平成26年12月撮影)
鉄道のない海上空港ということもあり、自動車アクセスは重要視されています。ターミナルビル正面に858台収容の有料駐車場があります。
レンタカー各社は、第2ビルや箕島大橋を渡った本土側に出店しています。レンタカーカウンタで受け付けたのち送迎車により送迎する形になります。
NGS014.jpg海上アクセス施設(船舶ターミナル)
(写真は平成26年12月撮影)
海上空港だけあって、空港島南側には船舶ターミナルもあります。
安田産業汽船により時津行とハウステンボス行が運行されています。(時津まで約25分、1時間に1本程度の運行)

※平成25年02月01日:長与行(大村湾観光汽船) 運休
NGS018.jpg長崎空港第2ビル
(写真は平成26年12月撮影)
ターミナルビル北側に長崎空港第2ビル、さらにその北側にはORCの本社事務所があります。第2ビルには複数の会社の事務室が入っているほか、複数のレンタカー会社、飲食店1店(食堂みしま)があります。
19-1.jpg大村飛行場 滑走路(旧A滑走路)
(写真は平成23年7月撮影)
長崎空港の対岸の大村市市街地側には大村飛行場があります。長崎空港が沖合に展開する昭和50年まで旅客機も離着陸していた飛行場(大村飛行場)で、現在も現役で稼働しています。
大村飛行場は、大正12年に旧海軍の航空基地です。日中戦争でも活用されており、戦争中は西日本の重要な拠点となっていました。民間利用は、戦後、昭和30年に軍民が共用する大村空港として発足し、昭和34年に旅客定期便が就航しています。第2種空港としての開港は昭和35年です。
昭和50年の沖合展開後、30年以上もの間、長崎空港として国土交通省が一括管理し、こちらの滑走路がA滑走路、長崎空港の滑走路はB滑走路とされていました。平成23年12月に管轄が国土交通省から防衛省に移って大村飛行場として分離され、A・Bという滑走路の分類がなくなりました。
19-2.jpg大村飛行場 旧旅客ターミナルビルとエプロン
(写真は平成23年7月撮影)
大村飛行場滑走路(旧A滑走路)の東側には、大村空港として旅客機がA滑走路を離着陸していた時代に利用していた旧旅客ターミナルビルが平成23年まで残存していました。昭和34年に完成した建物で、長崎空港ビルディングのナビック大村旅行センターがあったほか、エアフライトジャパンの事業所などが入っていました。旧A滑走路が長崎空港から大村飛行場として分離するのに合わせ、平成23年に建物は解体されています。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC  
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
成田国際(成田)APJ*d0
東京国際(羽田)JAL・SNA(ANA)・ANA
中部国際(セントレア)ANA*d4
大阪国際(伊丹)JAL*d5
関西国際(関空)APJ*d0
神戸(マリンエア)SKY
対馬(対馬やまねこ)ORC(ANA)
壱岐ORC(ANA)
福江(五島つばき)ORC(ANA)
那覇ANA
*d0:一部曜日のみの運航
*d1:JAL共同運航便はJAL国際線との乗継時のみ
*d3:JEXによる運航便あり
*d4:AKXによる運航便あり
*d5:JARによる運航便あり
*d6:ANKによる運航便あり
*d7:神戸経由便


就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成21年11月01日:ORC宮崎 運休(10/31最終運航)、ORC壱岐・ORC対馬・福江・ORC鹿児島 ANA共同運航便化
※平成22年10月31日:JAL名古屋 運休(10/30最終運航)
※平成22年12月16日:SKY神戸・SKY*d7東京国際 就航
※平成24年03月25日:APJ関西国際 就航
※平成24年04月01日:ORC(ANA)鹿児島 運休(3/31最終運航)
※平成25年03月31日:SNA(ANA)那覇 運休(3/30最終運航)、ANA那覇 就航
※平成26年10月01日:JEX合併によりJALに変更(JAL*d3→JAL)
※平成27年09月01日:SKY*d7東京国際 運休(8/31最終運航)
※平成27年10月25日:SKY*d7東京国際 就航
※平成30年09月06日:JJP(JAL*d1)成田国際 就航
※令和02年03月29日:APJ成田国際 就航
※令和02年04月10日:JJP(JAL*d1)成田国際・APJ成田国際・APJ関西国際 長期欠航
※令和02年04月13日:SKY*d7東京国際 長期欠航
※令和02年04月17日:ANA*d4中部国際 長期欠航
※令和02年04月20日:ANA東京国際・ANA*6大阪国際・ANA那覇 長期欠航
※令和02年05月01日:SKY神戸 長期欠航、APJ成田国際・APJ関西国際 再開
※令和02年05月07日:APJ成田国際・APJ関西国際 長期欠航
※令和02年06月01日:ANA東京国際・ANA*d4中部国際 再開
※令和02年06月19日:SKY*d7東京国際 再開(出発便のみ・一時再開)、APJ成田国際・APJ関西国際・SKY神戸 再開
※令和02年07月22日:JJP(JAL*d1)成田国際 再開
※令和02年08月06日:SKY*d7東京国際 再開(到着便追加・一時再開)
※令和02年08月07日:ANA那覇 再開(一時再開)
※令和02年08月18日:SKY*d7東京国際・ANA那覇 長期欠航、JJP(JAL*d1)成田国際 一部曜日のみの運航に変更(JJP(JAL*d1)→JJP(JAL*d1)*d0)
※令和02年09月08日:APJ成田国際・APJ関西国際 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和02年10月01日:JJP(JAL*d1)*d0成田国際 長期欠航

※事前購入型または特定便のみしかない乗継運賃設定路線は平成25年7月から公開を終了しました。(H22.4.1 ANA 新千歳・函館・大館能代・秋田・庄内・仙台・福島・新潟・富山・能登・小松 新設、H23.2.1 JAL 新千歳・函館・青森・三沢・秋田・山形・仙台・新潟・小松 新設、H24.3.25 ANA 大館能代 廃止、H24.10.28 ANA 大館能代 新設、H25.3.31 ANA 稚内 新設)


■就航路線(国際線)
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期就航路線 長期欠航中)
*i1:定期チャーター便

就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成23年10月08日:CES上海 JAL共同運航便化
※平成23年03月28日:東日本大震災に伴いKALソウル仁川 運休
※平成23年05月27日:東日本大震災に伴いCES(JAL)上海 運休
※平成23年06月14日:CES(JAL)上海浦東 再開
※平成23年12月31日:KALソウル仁川 再開
※平成25年03月31日:KALソウル 運休(03/30最終運航)
※平成25年07月24日:JNAソウル仁川 就航
※平成27年03月29日:JNAソウル KAL共同運航便化
※平成27年10月25日:JNA(KAL)ソウル 運休(10/23最終運航)
※平成28年10月18日:ASVソウル仁川 就航
※平成29年01月11日:ASVソウル仁川 AAR共同運航便化
※平成31年01月19日:HKE香港 就航
※平成31年03月31日:ASV(AAR)ソウル仁川 運休(3/29最終運航)
※令和元年06月01日:TTW*i1台北桃園 就航
※令和元年10月19日:TTW*i1台北 運休(10/16最終運航)
※令和02年02月07日:CES(JAL)上海 長期欠航
※令和02年03月10日:HKE香港 長期欠航

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■長崎空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
長崎空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
国土交通省九州地方整備局長崎港湾・空港整備事務所の公式サイト◎

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※長崎空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2007.12.15
前調査日 2014.12.09

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 長崎空港 | 更新情報をチェックする

久米島_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/久米島空港
日本空港情報館
久米島空港

top.jpg
久米島空港

■飛行場の概要
沖縄県島尻郡久米島町にある地方管理空港(旧第3種空港)です。
沖縄本島西に浮かぶ久米島にある離島空港です。昭和38年米国民政府援助資金により建設された飛行場で、島の北西部のリーフ上に位置しています。航空法に合わせた供用開始は昭和52年。平成9年にジェット化されています。
令和2年10月1日現在、国内線のみの運航で、琉球エアーコミューターと日本トランスオーシャン航空(JTA)により1路線が運航されています。(夏場JTAにより東京国際線が季節運航されます。)


■飛行場種別:地方管理空港(旧・第3種空港)
■設置管理者:沖縄県
■滑走路延長:2000m
■空港コード:UEO/RORJ
■旅客ビル管理者:久米島空港ターミナルビル


■施設の見どころ:◎◎◎== 小規模/大きく飛び出た屋根が非常に目を引く、真っ白なターミナルです。モニュメントが非常に多いです。
■見学者への対応:◎==== ターミナルパンフ 無/空港案内所 無/展望デッキ 無料/ファン向け展示 無/楽天イーグルスグッズの展示コーナーあり。
■売店の充実度:◎==== 売店4店・飲食店2店/久米島の土産は一通り入手できます。飲食店は立ち食い1店のみ。
■アクセスの状況:◎==== 鉄道 無/バス 有/バスは航空便に合わせた運行


※就航路線は令和2年10月1日、そのほかの情報は平成22年2月現在のものです。
01.jpg旅客ターミナルの特徴
平成9年、滑走路延長に合わせて完成したターミナルビルです。
地上3階地下1階建。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1・1/2層方式です。1階にチェックインロビーと搭乗口、売店・飲食店、搭乗待合室、2階・3階(屋上)に送迎デッキがあります。エプロン側が一段低くなっているため、1階から搭乗橋で飛行機に搭乗する珍しい構造になっています。
波をイメージしたという大きな屋根と白さが目を引くターミナルで、青色ガラスがアクセントになっています。
館内のサインは灰色地に白文字が主流で、ピクトに色をつけているものが見られます。
02.jpgターミナル前面
曲線の美しい屋根のある全面です。エプロン側と異なり、ランド側は琉球石灰岩を強調する外壁になっています。モニュメント類が多く展示されています。
平成30年にバイクラックが設置されました。

バスのりばは1か所で、島の南東部の旧仲里村方面とを結ぶ路線が運行しています。(真謝まで約40分/航空便に合わせた運行(長時間遅延は未接続))
■のりば バス営業所行(久米島町営バス)

※平成30年11月17日:バイクラック 新設
03.jpgチェックインロビー・出発ロビー
1階ランド側から見て右手がチェックインロビー・出発ロビーです。中央に高い吹抜があるのとは対照的に天井が低いです。
04.jpgチェックインカウンタ
1階ランド側から見て右手奥に設置されています。JTAグループ(JTA・RAC)のカウンタです。
JALデザインですが、JALマークは背面のみで上部にはJTAのロゴが並びます。
05.jpg搭乗口
1階ランド側から見て右手にあります。入口は1か所です。
搭乗案内掲示はソラリーボードが採用されています。
06.jpg搭乗待合室
1階ランド側から見て右手側にあります。
桃色と黄色のアクセント色が目を引くイスが多く並べられている待合室です。正面は前面ガラスになっていて、エプロン側を眺められます。飲食を兼ねた売店が1店舗出店しています。
搭乗改札は1か所で、搭乗橋(ゲート1)と地上搭乗口(ゲート2)の2か所の出発口があります。搭乗橋からは上下移動無く搭乗できます。地上搭乗の場合は、中央にある階段を下りて地下1階からの搭乗になります。
07.jpg手荷物受取場
1階ランド側から見て左手側にあります。
国内線では珍しくなってきた傾斜型のターンテーブルを採用しています。
ターンテーブルの中央には、空港職員が廃船をリメイクしたというサバ二が展示されています。
08.jpg到着口・到着ロビー
1階ランド側から見て左手側にあります。
わきに交番とレンタカーカウンターがあります。
到着案内掲示はソラリーボードが採用されています。
09.jpg売店
1階中央ランド側に売店区画があり、横並びに売店3店(久米島薬草、空港売店山城、久米島印商店)が出店。このほか、搭乗待合室に1店舗(カフェリア・ニューロン)が出店しています。
島内の土産はだいたい手に入る印象で、雑貨の取り扱いが充実している店もあります。一部店舗でクレジットカードが使えません。
※平成**年**月**日:コーラルウェイ、勝おみやげ品店、土産ショップ久米島 閉店
※平成28年10月**日:久米島印商店 開店
10.jpg飲食店
1階中央に1店舗(パーラー球美)があります。立ち食い店で、中央部の吹抜下にテーブルといすが用意されています。
2階にコワーキングスペースを兼ねた1店舗(風人カフェ) があります。
※平成**年**月**日:パーラー松原 閉店
※平成**年**月**日:パーラー球美 開店
※平成28年04月30日:風人カフェ 開店
11.jpg中央吹抜
建物の中央部分は高い屋根までの吹抜になっています。1階部分はコミュニケーションプラザと命名された広間になっていて、楽天イーグルグッズの展示スペースになっているほかゲーム機が数台置かれています。
2階は中央吹抜まわりが飲食店区画となっていますが、平成22年に訪問した際には閉店していて、片方はゲーム機が多数置かれてミニゲームセンター状態になっていました。ランド側正面はオープンギャラリーと命名された空間で、広範囲に渡り全面ガラスとなっている、眺めの良い空間になっています。
平成29年に2階にキッズルームが新設されています。1階到着ロビー授乳室前にキッズルームで利用する寄贈絵本の回収ボックスが設置されます。
※平成29年01月20日:キッズルーム風童 新設
12.jpg送迎デッキ
2階のランド側外周部分と3階屋上部は送迎デッキとして開放されています。入場無料。
2階ランド側から見て右手の出口から出ると「屋外ギャラリー」、左手から出ると「屋上広場」です。ランド側に直接降りられる階段も整備されています。
2階・3階とも手すりは低く、棒状タイプなので撮影には適しています。
13.jpg送迎デッキからのながめ
正面には西銘崎のリーフが広がり、その向こうに東シナ海が広がっています。
ターミナルは滑走路の東側に設置されており、午後が順光。ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
15.jpg陸上アクセス施設(駐車場)
ターミナルの前に379台の無料駐車場があります。
駐車スペースは芝生緑化されており、駐車場スペース内にも木が点在する面白い駐車場になっています。
レンタカー各社は、空港周辺には数店があり、空港のカウンタで手続後、営業所まで送迎またはレンタカー用駐車場にて受渡になります。
14.jpgモニュメント
館内はモニュメントが非常に豊富です。
中央吹抜まわりの壁面には「島の詩」「悠久海音」という2作品を展示。建物前面にはシーサーや楽天の人形、鯨型のいすなど複数の作品が展示されています。
16.jpg周辺見所施設(空港わきの公園)
ターミナル地区のすぐ北側にはあずまやがある小さな公園が整備されています。
エプロンを一望と行きたいところなのですが、木々が成長し、ながめはあまりよくありません。
17.jpg周辺見所施設(西銘崎)
空港は曲線を描くリーフをぶち抜く形で整備されており、滑走路北端側から西側のリーフへ出ることができます。滑走路脇にはテトラポットが続いています。
※海であり、足場が悪いですので、訪問する際は自己責任でお願いします。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
那覇RAC・JTA*2
*1:久米島発は那覇経由便
*2:一部曜日のみの運航


就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成21年07月17日:JTA*1東京国際 就航(夏期期間就航)
※平成21年10月01日:JTA*1東京国際 運休(9/30最終運航)
※平成22年07月16日:JTA*1東京国際 就航(夏期期間就航)
※平成22年09月01日:JTA*1東京国際 運休(8/31最終運航)
※平成23年07月15日:JTA*1東京国際 就航(夏期期間就航)
※平成23年09月01日:JTA*1東京国際 運休(8/31最終運航)
※平成24年07月13日:JTA*1東京国際 就航(夏期期間就航)
※平成24年09月01日:JTA*1東京国際 運休(8/31最終運航)
※平成25年07月13日:JTA*1東京国際 就航(夏期期間就航)
※平成25年09月01日:JTA*1東京国際 運休(8/31最終運航)
※平成26年07月18日:JTA*1東京国際 就航(夏期期間就航)
※平成26年09月01日:JTA*1東京国際 運休(8/31最終運航)
※平成27年07月17日:JTA*1東京国際 就航(夏期期間就航)
※平成27年09月01日:JTA*1東京国際 運休(8/31最終運航)
※平成28年07月16日:JTA*1東京国際 就航(夏期期間就航)
※平成28年09月01日:JTA*1東京国際 運休(8/31最終運航)
※平成29年07月15日:JTA*1東京国際 就航(夏期期間就航)
※平成29年09月01日:JTA*1東京国際 運休(8/31最終運航)
※平成30年07月14日:JTA*1東京国際 就航(夏期期間就航)
※平成30年09月01日:JTA*1東京国際 運休(8/31最終運航)
※令和元年07月13日:JTA*1東京国際 就航(夏期期間就航)
※令和元年09月01日:JTA*1東京国際 運休(8/31最終運航)
※令和02年04月23日:JTA那覇 長期欠航
※令和02年07月17日:JTA那覇 再開、JTA*1東京国際 就航(夏期期間就航)
※令和02年09月01日:JTA*1東京国際 運休(8/31最終運航)、JTA那覇 長期欠航(再欠航)
※令和02年10月01日:JTA*2那覇 再開(一部曜日のみの運航での再開/JTA→JTA*2)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■久米島空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
久米島空港旅客ビルの公式サイト(久米島空港ターミナルビル)◎
久米島空港(Wikipedia)◎

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※久米島空港の公式サイトではありません。

開設月日 2010.03.09
初調査日 2010.02.27
前調査日 2010.02.27
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 久米島空港 | 更新情報をチェックする

釧路_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/釧路空港(たんちょう釧路空港)
日本空港情報館
釧路空港(たんちょう釧路空港)

top.jpg
釧路空港(たんちょう釧路空港)

■飛行場の概要
北海道釧路市と白糠郡白糠町にまたがる国管理空港(旧・第2種空港)です。(旅客ビルは釧路市側)
昭和36年7月、公共用空港として開港しました。釧路湿原に近い丘陵地に設置された空港で、ひがし北海道の拠点空港のひとつです。高地でありながら湿原と海岸に近いため、初夏を中心に非常に霧の多い空港ですが、計器類の性能向上により、欠航を減らしています。
特定運営事業等の運営移行が始まっており、一括管理される北海道七空港のひとつです。令和2年1月にビル施設等事業の民間委託が開始されています(既存空港ビル会社である釧路空港ビルを空港運営受託者である北海道エアポートが完全子会社化することによる開始)。
令和2年10月1日現在、国内線のみの運航で、JAL(日本航空・北海道エアシステム)、ANA(全日本空輸・ANAウイングス)、AIRDO、Peach Aviationにより5路線が運航されています。


■飛行場種別:国管理空港(旧・第2種空港)
■設置管理者:国土交通大臣
■滑走路延長:2500m
■空港コード:KUH/RJCK
■旅客ビル管理者:釧路空港ビル※
※令和2年1月15日に北海道エアポートの完全子会社化


■施設の見どころ:◎◎◎== 中規模/周辺の見どころをモチーフにした外観・内装は特徴的。
■見学者への対応:◎◎=== ターミナルパンフ 有(A2判をT字に切り取って小さく折りたたんだパンフ配布)/空港案内所 有/送迎デッキ 無料/航空ファン向け展示 少々
■売店の充実度:◎◎◎== 売店8店・飲食店3店・サービス店1店/釧路で水揚げされた海産物が充実。
■アクセスの状況:◎==== 鉄道 無/バス 有(飛行機便に合わせた運行)


※就航路線は令和2年10月1日、そのほかの情報は特記以外平成25年7月現在のものです。
1.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成22年5月撮影)
平成8年7月に完成した新しいターミナルです。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1・1/2層方式です。
1階にチェックインロビーと到着ロビー、2階に売店と搭乗口、搭乗待合室、3階にレストランと展望デッキがあります。入口を入って左側にチェックインロビー、中央に飲食店と2階へ上がる階段、右側に到着ロビーと総合案内所が配置されています。
中央部は、曲線の美しい緑ガラス張りの大屋根になっており、出発ロビーは2階から吹抜の大空間になっています。空港の愛称にも使われている「たんちょう」のイラストなどが多数あり、「Welcome To KUSHIRO」とかかれた垂れ幕がいたるところにあります。中央部吹抜のまわりに多数の店舗があり、ターミナルをぐるぐるまわって楽しめます。
大屋根は「雌阿寒、雄阿寒岳」をモチーフにしているそうで、緑色のガラスは「釧路湿原」、建物を縁取る赤いラインとグレーの外壁で「丹頂鶴」を表現したそうで、地元のシンボルをモチーフにした建物になっています。
2.jpgターミナル前面
(写真は平成22年5月撮影)
カーブサイドの部分は、ターミナルビル本体とは独立した屋根が設置されています。正面出入口は、左右2か所ずつの合計4か所です。
ちょっと見にくいですが、航空各社のマークは、「出発」などの看板に一緒になっています。
前面には、北の動物たちとして、シマフクロウ、タンチョウ、ヒグマ、エゾシカのモニュメントが置かれています。

バスのりばは2か所で、空港アクセスバスと路線バスが運行されています。(航空便接続のみ程度の最低限設定。釧路駅前まで約50分)
■1番のりば 釧路市役所前行(阿寒バス/空港シャトルバス)
■2番のりば 30阿寒線 釧路駅前行・阿寒湖畔行、88リフレ線 釧路駅前行・山花温泉リフレ行(阿寒バス/路線バス)、阿寒エアポートライナー 阿寒湖バスセンター(阿寒バス)、帯広駅バスターミナル(北海道拓殖バス)

※平成22年05月01日:定期観光くしろ湿原一周号 運行開始(〜9/20)
※平成29年07月01日:阿寒エアポートライナー 阿寒湖バスセンター行 新設
※平成30年08月01日:帯広駅バスターミナル 新設
kushiro003.jpgチェックインロビー・カウンタ
(写真は平成25年7月撮影)
1階に設置されています。正面から左側のランド側にPeach Aviation(APJ)のカウンタがあり、端からANAグループ(ANA・AKX)とAIRDO(ADO)、日本航空グループ(JAL・HAC)のカウンタが並びます。
AIRDO(ADO)とANAグループカウンタは一体化しています。

※平成24年09月07日:トランスアジア航空(TNA)就航
※平成25年03月31日:ADO就航
※平成26年05月31日:TNA撤退
※平成28年10月30日:HAC JAL便名に統一
※平成30年08月01日:APJ就航
kushiro004.jpg出発ロビー
(写真は平成25年7月撮影)
中央部にある階段を2階に上ると、吹抜大空間になった出発ロビーになります。緑を基調としたデザインで、天井にはタンチョウの絵が描かれています。天井が低い1階とは打って変わり、中規模空港では珍しい開放感あふれたつくりで、旅立つわくわく感が湧いてきます。
kushiro005.jpg搭乗口
(写真は平成25年7月撮影)
2階出発ロビーにあります。1階から階段上った斜め正面にあり、最短距離で搭乗口に到達できます。
案内掲示は反転フラップ板です。看板類が深緑色で統一されている中、やや薄い青緑色のデザインになっています。
国際線就航時は、国内線用と国際線用の2つに分離されます。
kushiro04-2.jpg搭乗待合室
(写真は平成22年5月撮影)
2階エプロン側にあります。エプロン側はガラス張りとなっており、到着と分離用の通路がある典型的な構造です。椅子なども緑を強調したデザインになっています。
国際線就航時は、国内線用と国際線用の2つに分離されます。
kushiro08-2.jpg手荷物受取場
(写真は平成22年5月撮影)
1階エプロン側にあります。上部からつり下がる案内板はこのターミナルで統一されている緑色をしています。黄色を使うことが多い到着系設備でもこの色づかいとは珍しいです。
国際線就航時は、国内線用と国際線用の2つに分離されます。
kushiro08.jpg到着口
(写真は平成18年6月撮影)
1階にあります。2か所の出口があり、タンチョウの置き物が出迎えてくれます。正面がレンタカー案内所、横にバスを含めた案内カウンタがあります。
案内掲示はテレビモニタによる案内です。
kushiro05.jpg売店・サービス店
(写真は平成22年5月撮影)
2階出発ロビーの吹き抜け周囲にぐるりと売店が並んでいます。

・2階:売店6店舗(たんばや、BLUESKY、かわしま、ANAFESTA、美雪屋本舗、Butler)、サービス店1店舗(シャインブレス)
・2階搭乗待合室内:2店舗(BLUESKY、ANAFESTA)

※平成25年**月**日:霧蘆 閉店
※平成25年02月01日:SOMES 開店
※平成**年**月**日:吉田屋 閉店、美雪屋本舗 開店
※平成28年06月01日:ラオックス 開店
※平成29年01月10日:ラオックス 閉店
※平成29年09月26日:佐藤紙店 閉店
※平成30年08月**日:Butler 開店
kushiro010.jpg飲食店
(写真は平成25年7月撮影)
・3階:2店舗(たんちょう、北斗)
・1階:1店舗(ら・ぽ〜と)

3階の店舗は、すべて飛行機の離着陸が見られますが、窓の外は展望デッキで、間に人が入ってしまうこともあります。

※平成22年06月30日:はまなす閉店
※平成**年**月**日:エリーゼ閉店、コゼット閉店、赤いベレー閉店、福寿庵閉店
kushiro11.jpg展望デッキ
(写真は平成22年5月撮影)
平成23年1月1日から無料化されています。出入口が建物の両脇に2か所あり、滑走路側にデッキが広がっています。屋根はありません。
kushiro12.jpg展望デッキからのながめ
(写真は平成22年5月撮影)
正面は白糠町方面の低山が展開しています。ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に位置しており、離陸の瞬間は斜め気味になることが多いようです。
kushiro015.jpgたんちょうプラザ
(写真は平成18年6月撮影)
観光客が多いせいか、2階出発ロビー脇に「たんちょうプラザ」という観光案内スペースがあります。釧路湿原をはじめとするひがし北海道の観光スポットが紹介されています。
2階にはこのほか、有料待合室や会議室などが設置されています。
kushiro10.jpg館内サイン
(写真は平成18年6月撮影)
この空港で目を引くのは、深緑色に統一されたサインシステムです。看板の大部分が深緑の地に白文字という見やすいものになっています。これらは「釧路湿原」の緑を表現しているそうです。館内案内図も随所に設置されており、利用しやすい空港といった印象です。
3階に上がるエスカレータ脇にはレストランを紹介する大きな看板も見られます。
kushiro13.jpg陸上アクセス施設(駐車場)
(写真は平成22年5月撮影)
ターミナルビル前面に756台分用意されています。有料。釧路市街地から車でも30分ほどかかるため、車でのアクセスが多いようです。
レンタカー各社は空港のすぐ正面の道路沿いに並んでいます。レンタカーカウンタで受け付けたのち送迎車により送迎する形になります。
kushiro10.jpgモニュメント
(写真は平成22年5月撮影)
空港愛称の通り、丹頂鶴に関するモニュメントが多数見られます。正面中央部に丹頂鶴のオブジェがあるほか、正面に掲げられている空港名には丹頂鶴付き。到着ロビーには丹頂鶴のはく製とかぜになるときというモニュメントが展示されています。ターミナル正面には複数の動物のオブジェが並んでいます。
平成24年には空港開港50周年を記念し、空港模型とB747-400の主脚用タイヤが2階出発ロビーに展示されました。
kushiro020.jpg釧路空港宣伝特使
(写真は平成25年7月撮影)
平成25年4月に演歌歌手の山内惠介さんを釧路空港宣伝特使に任命、館内各所に写真のような紹介が出ています。山内さんは「釧路空港」という曲を歌っており、楽曲CDは空港内売店で販売されています。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC  
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
札幌(丘珠)JAL*d5
新千歳ANA*d3
成田国際(成田)APJ
東京国際(羽田)JAL・ADO(ANA)
関西国際(関空)APJ
*d1:HACの乗り継ぎ割引を利用し、札幌(丘珠)乗継で利用できる乗継路線(1週間以内の乗り継ぎであれば割引の利用可能)
*d2:一部曜日のみの運航
*d3:AKXによる運航便あり
*d4:ANKによる運航便あり
*d5:HACによる運航便あり

路線変遷
※平成22年06月01日:JAL中部国際 休止(05/31最終運航)
※平成22年07月01日:ANA*d3札幌 休止(05/30最終運航)・ANA*d3新千歳 就航
※平成22年07月16日:ANA*d4大阪国際 就航(夏期期間就航)
※平成22年08月30日:ANA*d4大阪国際 運休(08/29最終運航)
※平成23年04月09日:HAC新千歳・HAC函館 運休(04/08最終運航)
※平成23年04月29日:HAC函館 就航
※平成23年05月09日:HAC新千歳 就航
※平成23年06月01日:HAC新千歳 運休(05/31最終運航)
※平成23年07月15日:ANA*d4大阪国際 就航(夏期期間就航)
※平成23年08月01日:HAC函館 運休(07/31最終運航)
※平成23年09月01日:ANA*4大阪国際 運休(08/31最終運航)
※平成24年04月01日:ANK合併によりANAに変更(ANA*d4→ANA)
※平成24年07月13日:ANA大阪国際 就航(夏期期間就航)
※平成24年09月01日:ANA大阪国際 運休(08/31最終運航)
※平成25年03月31日:ADO(ANA)東京国際 就航
※平成25年07月01日:HAC札幌 JAL共同運航便化
※平成25年07月12日:ANA大阪国際 就航(夏期期間就航)
※平成25年09月01日:ANA大阪国際 運休(08/31最終運航)
※平成26年07月18日:ANA大阪国際 就航(夏期期間就航)
※平成26年08月02日:JAL*d2中部国際 就航(夏期期間就航)
※平成26年09月01日:ANA大阪国際 運休(08/31最終運航)
※平成26年09月02日:JAL*d2中部国際 運休(08/30最終運航)
※平成27年07月17日:ANA大阪国際 就航(夏期期間就航)
※平成27年08月01日:JAL*d2中部国際 就航(夏期期間就航)
※平成27年09月01日:JAL*d2中部国際 運休(8/29最終運航)、ANA大阪国際 運休(8/31最終運航)
※平成28年07月15日:ANA大阪国際 就航(夏期期間就航)
※平成28年08月02日:JAL*d2中部国際 就航(夏期期間就航)
※平成28年09月01日:JAL*d2中部国際 運休(8/30最終運航)、ANA大阪国際 運休(8/31最終運航)
※平成28年10月30日:HAC(JAL)札幌 運休(10/30最終運航)、JAL*d5札幌 就航、HAC*d1利尻・HAC*d1函館・HAC*d1三沢 設定終了
※平成29年07月14日:ANA大阪国際 就航(夏期期間就航)
※平成29年08月01日:JAL*d2中部国際 就航(夏期期間就航)
※平成29年09月02日:JAL*d2中部国際 運休(8/31最終運航)、ANA大阪国際 運休(8/31最終運航)
※平成30年07月14日:ANA大阪国際 就航(夏期期間就航)
※平成30年08月01日:APJ関西国際 就航
※平成30年08月03日:JAL*d2中部国際 就航(夏期期間就航)
※平成30年09月01日:JAL*d2中部国際 運休(8/30最終運航)・ANA大阪国際 運休(8/31最終運航)
※令和元年08月01日:ANA大阪国際・JAL*d2中部国際 就航(夏期期間就航)
※令和元年08月21日:ANA大阪国際 運休(8/20最終運航)
※令和元年09月03日:JAL*d2中部国際 運休(8/31最終運航)
※令和02年04月09日:ANA東京国際 長期欠航
※令和02年04月10日:APJ関西国際 長期欠航
※令和02年05月01日:APJ関西国際 再開
※令和02年05月07日:APJ関西国際 長期欠航
※令和02年06月19日:APJ関西国際 再開
※令和02年08月01日:ANA東京国際 再開、APJ成田国際 就航、JAL*d2中部国際 就航(夏期期間就航)
※令和02年08月07日:ANA大阪国際 就航(夏期期間就航)
※令和02年08月18日:ANA大阪国際 運休(8/17最終運航)
※令和02年09月01日:JAL*d2中部国際 運休(8/31最終運航)、ANA東京国際 長期欠航(再欠航)
※令和02年09月08日:APJ成田国際・APJ関西国際 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d2)
※令和02年10月01日:APJ*d2成田国際・APJ*d2関西国際 毎日運航に変更(APJ*d2→APJ)

※事前購入型または特定便のみしかない乗継運賃設定路線は平成25年7月から公開を終了しました。(H23.2.1 JAL小松・大阪国際・岡山・出雲・松山・福岡 新設、H24.3.25 ANA福島 廃止、H24.10.1 JAL関西国際 新設、H25.1.7 ANA広島・JAL広島 新設、H25.2.1 JAL南紀白浜 新設、H25.3.7 JAL新石垣 新設、H25.3.31 ANA秋田・福島 新設)


■就航路線(国際線)
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
 (定期便就航路線はありません)
路線変遷
※平成24年09月07日:TNA台北桃園 就航(定期便化)
※平成26年06月06日:TNA台北 運休(5/30最終運航)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■釧路空港(たんちょう釧路空港)についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
釧路空港運営受託予定者の公式サイト◎(北海道エアポート株式会社)
たんちょう釧路空港旅客ビルの公式サイト(釧路空港ビル株式会社)△
釧路空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)
国土交通省北海道開発局の公式サイト◎(「港湾・空港」の項目に空港紹介ページあり)

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※釧路空港(たんちょう釧路空港)の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2007.06.06
前調査日 2013.07.14
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 釧路空港(たんちょう釧路空港) | 更新情報をチェックする

利尻_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/利尻空港
日本空港情報館
利尻空港

RIStop.jpg
利尻空港

■飛行場の概要
北海道利尻郡利尻富士町にある地方管理空港(旧第3種空港)です。
北海道北方に浮かぶ利尻島の北東部に位置する離島空港です。昭和37年に道内初の離島空港として開港しました。平成11年に滑走路が1800mになりジェット化されています。
過去には稚内路線が就航していましたが、令和2年10月1日現在、国内線のみの運航で、JAL(北海道エアシステム)により1路線が運航されています。(ANAは夏期のみ期間運航)


■飛行場種別:地方管理空港(旧第3種空港)
■設置管理者:(設置管理)北海道(管理委託先)利尻富士町
■滑走路延長:1800m
■空港コード:RIS/RJER
■旅客ビル管理者:(管理)北海道(管理委託先)利尻富士町


■施設の見どころ:◎◎=== 小規模/前面の大ガラスと吹抜が目立つ。利尻島の岩石を配すなど独特な雰囲気。
■見学者への対応:◎==== パンフ 無/空港案内所 無/送迎デッキ 無料/航空ファン向け展示等 無
■売店の充実度:◎==== 売店0店・飲食店1店/見学時は閉店中で詳細は不明。
■アクセスの状況:◎◎=== 鉄道 無/バス 有/タクシー 有


※就航路線は令和2年10月1日、そのほかの情報は平成28年10月現在のものです。
01.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成22年1月撮影)
平成10年、滑走路延長に合わせて完成した新しいターミナルビルです。
駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1層方式です。ボーディングブリッジはなく、全便地上搭乗になります。ビルは2階建てで、1階に搭乗施設が集中。2階には送迎デッキと飲食店があります。
大きな青色ガラス張りの正面が目を引くターミナルです。ランド側には開放感あふれた吹抜があり、コンクリートと木製品がマッチした内装になっています。
館内のサインは木製白文字のもので統一されています。
RIS002.jpgターミナル前面
(写真は平成28年10月撮影)
平らな屋根と石目調の歩道が目を引く前面です。正面出入口は出発側と到着側の2か所です。
バスのりばは1か所で、島を一周する路線バスが一部便のみ経由します。(例年5月から10月は航空便発着時間帯に運行、鴛泊FTまで約20分)
■バスのりば Aコース鴛泊経由営業所行、Bコース沓形行、空港便鴛泊方面行、空港便沓形方面行(宗谷バス)
RIS003.jpgロビー
(写真は平成28年10月撮影)
1階は一体化したロビー空間になっており、ランド側から見て左側がチェックインロビー、中央が出発ロビー、右側が到着ロビーです。左右端部は天井が低いですが、中央部は2階までの吹抜。ランド側は全面ガラス張りで太陽光が差し込む非常に明るいロビーです。
床面は石目調が大部分を占めていますが、一部に木製の部分があり、木製のイスが並んでいます。

RIS004.jpgチェックインカウンタ
(写真は平成28年10月撮影)
1階ランド側から見て左端に設置されています。ロビー左側からANAグループ、日本航空グループ(HAC)のカウンタが並んでいます。ANAは夏期のみ、JALは通年運航ですが、ANAのほうが広いです。

※平成23年10月01日:ANA冬期期間運休、北海道エアシステム(HAC)就航。HACカウンタ開設。
※平成28年10月30日:HAC JAL便名に統一しカウンタをJALに変更

RIS006.jpg出発口
(写真は平成28年10月撮影)
1階中央にあります。入口はロビー側に飛び出た構造をしています。
案内掲示はテレビモニタを採用しています。
搭乗待合室内に売店等はありません。
RIS009.jpg到着口
(写真は平成28年10月撮影)
1階ランド側から見て右端にあります。手荷物受取所は小さな受取所ですが、ターンテーブルが1レーン設置されています。
出口横に警察、正面にレンタカーカウンタがあります。
RIS012.jpg売店・飲食店
(写真は平成28年10月撮影)
中央にある階段を上ると、展望ホールになっており、飲食店が1店(喫茶りしり)出店しています。軽食を提供しており、地元系メニューとして昆布ラーメンなどがあるようです。
RIS014.jpg送迎デッキ
(写真は平成28年10月撮影)
2階のエプロン側に送迎デッキがあります。入場無料。先端まで屋根付です。柵は低く、非常に見やすい環境ですが、柵から建物端までやや距離があります。
09.jpg送迎デッキからのながめ
(写真は平成22年1月撮影)
正面目の前に利尻富士が展開します。恐らくは日本で最も雄大な景色が展開する空港デッキですが、1日1便だけの運航で、シャッターチャンスはほとんどありません。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
RIS016.jpg陸上アクセス施設(駐車場)
(写真は平成28年10月撮影)
ターミナルの前に135台分の無料駐車場があります。周囲に岩石が配置された珍しい光景が広がります。
空港内にレンタカーカウンタがあり、予約を入れておけば、空港駐車場にて受け渡しがある場合があります。
11.jpgモニュメント
(写真は平成22年1月撮影)
目立つモニュメントはターミナル前面中央にある利尻空港のモニュメントでしょうか。
空港内吹抜部の壁面には「記念撮影−北のはじまり−」と題されたレリーフが掲げられており、出発側は利尻、到着側は礼文が表現されています。また、2階吹抜に面した転落防止柵のガラスにはリシリコマドリが描かれ、利尻の特徴が出ているターミナルになっています。
12.jpg周辺見所施設(空港前広場)
(写真は平成22年1月撮影)
空港入口付近はエプロンに面する形で広場が設けられています。ベンチが設置されていますが、周囲よりもやや低い位置にあり、エプロンを眺めると見上げるような感じになります。
13.jpg周辺見所施設(旧ターミナル区域)
(写真は平成22年1月撮影)
空港入口の手前、アクセス道路がカーブするあたりに旧ターミナル・エプロン区域があり、旧駐車場は、除雪車などの駐車場として使用されています。
平成28年10月現在、ターミナルは完全に撤去されており、旧駐車場などが見られるのみです。

■就航路線(国内線)
  ANA   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC  
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先 運航会社
( )内は共同運航による運航会社
札幌(丘珠)JAL*4
*1:HACの乗り継ぎ割引を利用し、札幌(丘珠)乗継で利用できる乗継路線(1週間以内の乗り継ぎであれば割引の利用可能)
*2:ANKによる運航便
*3:AKXによる運航便
*4:HACによる運航便


就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成23年10月01日:ANA*2新千歳 運休(9/30最終運航)、HAC札幌 就航
※平成24年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※平成24年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※平成25年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※平成25年07月01日:HAC札幌 JAL共同運航化
※平成25年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※平成26年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※平成26年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※平成27年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※平成27年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※平成28年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※平成28年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※平成28年10月30日:HAC(JAL)札幌 運休(10/29最終運航)、JAL*4札幌 就航、HAC*1釧路・HAC*1函館・HAC*1三沢 設定終了
※平成29年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※平成29年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※平成30年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※平成30年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※令和元年06月01日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※令和元年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)
※令和02年06月16日:ANA*3新千歳 就航(夏期就航)
※令和02年10月01日:ANA*3新千歳 運休(9/30最終運航)

※事前購入型または特定便のみしかない乗継割引設定路線については、平成25年10月から公開を終了しました。(H24.6.1 ANA仙台・東京国際・新潟・小松・中部国際・大阪国際・関西国際・神戸 新設、H24.10.01 ANA仙台・東京国際・新潟・小松・中部国際・大阪国際・関西国際・神戸 廃止、H25.6.1 ANA秋田・仙台・福島・東京国際・新潟・中部国際・大阪国際・関西国際・神戸 新設、H25.10.01 ANA秋田・仙台・福島・東京国際・新潟・中部国際・大阪国際・関西国際・神戸 廃止)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■利尻空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
利尻空港◎(フリー百科事典ウィキペディア(Wikipedia)サイト内)
国土交通省北海道開発局の公式サイト◎(港湾・空港の項目に空港紹介ページあり)

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※利尻空港の公式サイトではありません。
※利尻空港の公式サイトはありません。

開設月日 2009.06.08
初調査日 2009.05.22
前調査日 2016.10.02

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 利尻空港 | 更新情報をチェックする

伊丹_10月バス便時刻変更

■大阪国際空港(伊丹空港) アクセスバス便時刻変更(2020年10月)

10/05
×阪急バス 160系統 大阪国際空港6番-日出町( 4→ 0)
×阪急バス 160系統 大阪国際空港6番-日出町-新大阪(10→ 0)

10/01
◎神姫バス 新大阪駅北口-伊丹空港0番-ゆりのき台4丁目(空港発0・空港行0→3・2)
◎神姫バス 新大阪駅北口←伊丹空港0番←ゆりのき台4丁目←関西学院大学(空港発0・空港行0→0・1)


10月05日:
豊中市(日出町)・新大阪方面の路線バスが廃止されます。
※新大阪駅へはリムジンバスは運行が継続されます。
10月01日:
兵庫県三田方面が新設されます。空港からは大阪方面へ/からの利用はできません。空港から利用できる途中停留所は、フラワータウンセンター、えるむプラザ前、けやき台1丁目、センチュリープラザ前。ゆりのき台4丁目まで約50分760円。予約は不要です。

豊中市域(阪北線・吹田線)運行内容の変更について(阪急バス公式サイト)
https://www.hankyubus.co.jp/news/images/20201005t.pdf
2020年秋 ダイヤ改正について(神姫バス公式サイト)
https://www.shinkibus.co.jp/sysfiles/wtn/1232/20201001kaisei2.pdf

posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 大阪国際空港(伊丹空港) | 更新情報をチェックする

広島_10月バス便時刻変更

■広島空港 アクセスバス便時刻変更(2020年10月)

10/01
×備北交通 広島空港3番-三次工業団地( 3*→ 0)*新型コロナウイルス感染症の影響で1往復に減便


10月01日:
三次方面が9月30日の運行をもって路線廃止となります。

三次⇔広島空港連絡バス 運行終了のお知らせ(備北交通公式サイト)
http://bihoku.co.jp/info/%e4%b8%89%e6%ac%a1%e2%87%94%e5%ba%83%e5%b3%b6%e7%a9%ba%e6%b8%af%e9%80%a3%e7%b5%a1%e3%83%90%e3%82%b9%e3%80%80%e9%81%8b%e8%a1%8c%e7%b5%82%e4%ba%86%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | 広島空港 | 更新情報をチェックする

■10月国内線時刻変更

■国内線航空便ダイヤ変更(2020年10月)

今月の時刻表から
ANA おかげさまでANAは8年連続、 世界最高評価「5スター」を 獲得いたしました。
JAL  旅の予約は、早めがおトク。 JAL国内線割引運賃 先得 ご搭乗日の330日前から予約OK 
SKY Webサイトへはこちらから www.skymark.jp
SFJ  
FDA 
ORC

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による需要急減で大幅な長期欠航が生じていますが、COVID-19に起因する欠航・再開に関する情報はこちらには記載していません。 

10/27
◎JAL 女満別 -札幌  ( 0→週3)※HAC0→週3、火水木・12/25-1/5運航(11/3・1/1・2/11・2/23除く)

10/25
新規就航 但馬JAL・鹿児島IBX・屋久島JAL・喜界JAL・沖永良部JAL・与論JAL・下地島SKY
全便運休 旭川ANA・札幌FDA・成田国際IBX/SKY・小松IBX・大阪国際JAC・但馬JAC・出雲JAC・隠岐JAC・松山JAC・福岡JAC・鹿児島JAC・種子島JAC・屋久島JAC・奄美JAC・喜界JAC・沖永良部JAC・与論JAC・那覇JAC・下地島JJP
使用ターミナル変更 APJ成田国際 (国内線)第3→第1南に変更
使用ターミナル変更 SFJ東京国際 第2→第1南に変更(全路線が第1南に集約)
◎APJ 新千歳 -那覇  ( 0→ 1)
◎APJ 仙台  -那覇  ( 0→ 1)
◎SKY 東京国際-下地島 ( 0→ 1)
◎IBX 中部国際-鹿児島 ( 0→ 1)※ANA共同運航便
◎IBX 大阪国際-鹿児島 ( 0→ 1)※ANA共同運航便
◎SKY 神戸  -下地島 ( 0→ 1)
◎SKY 那覇  -下地島 ( 0→ 2)
×ANA 旭川  -中部国際( 1→ 0)→COVID-19で運休前倒し
×ANA 女満別 -中部国際( 1→ 0)→COVID-19で運休前倒し
×FDA 札幌  -静岡  ( 1→ 0)※JAL共同運航便
×JJP 新千歳 -中部国際( 1→ 0)※JAL国際線乗り継ぎ時のみJAL共同運航便
×IBX 新千歳 -松山  ( 1→ 0)※ANA共同運航便
×IBX 仙台  -成田国際( 1→ 0)※ANA共同運航便→COVID-19で運休前倒し
×IBX 仙台  -小松  ( 1→ 0)※ANA共同運航便
×ANA 仙台  -福岡  ( 1→ 0)→COVID-19で運休前倒し
×JJP 庄内  -成田国際( 1→ 0)※JAL国際線乗り継ぎ時のみJAL共同運航便
×IBX 成田国際-小松  ( 1→ 0)※ANA共同運航便→COVID-19で運休前倒し
×SKY 成田国際-中部国際(週2→ 0)→COVID-19で運休前倒し
×IBX 成田国際-広島  ( 1→ 0)※ANA共同運航便→COVID-19で運休前倒し
×JJP 成田国際-下地島 ( 1→ 0)※JAL国際線乗り継ぎ時のみJAL共同運航便
×ANA 成田国際-福岡  ( 2→ 0)→COVID-19で運休前倒し
×ANA 新潟  -福岡  ( 1→ 0)
×IBX 小松  -福岡  ( 1→ 0)※ANA共同運航便
×JJP 中部国際-鹿児島 ( 1→ 0)※JAL国際線乗り継ぎ時のみJAL共同運航便→COVID-19で運休前倒し
×JJP 関西国際-福岡  ( 1→ 0)※JAL国際線乗り継ぎ時のみJAL共同運航便→COVID-19で運休前倒し
×JJP 関西国際-熊本  ( 1→ 0)※JAL国際線乗り継ぎ時のみJAL共同運航便→COVID-19で運休前倒し
×JJP 関西国際-下地島 ( 1→ 0)※JAL国際線乗り継ぎ時のみJAL共同運航便
×ANA 福岡  -宮古  ( 1→ 0)→COVID-19で運休前倒し

JAC 共同引受に伴うJAL便名への統一
◎JAL 大阪国際-但馬  ( 0→ 2)※JAC0→2
◎JAL 大阪国際-屋久島 ( 0→ 1)※JAC0→1
◎JAL 出雲  -福岡  ( 0→ 2)※JAC0→2
◎JAL 出雲  -隠岐  ( 0→ 1)※JAC0→1
◎JAL 松山  -鹿児島 ( 0→ 1)※JAC0→1
◎JAL 福岡  -鹿児島 ( 0→ 1)※JAC0→1
◎JAL 福岡  -屋久島 ( 0→ 1)※JAC0→1
◎JAL 鹿児島 -種子島 ( 0→ 3)※JAC0→3
◎JAL 鹿児島 -屋久島 ( 0→ 4)※JAC0→4
◎JAL 鹿児島 -喜界  ( 0→ 2)※JAC0→2
◎JAL 鹿児島 -沖永良部( 0→ 3)※JAC0→3
◎JAL 鹿児島 -与論  ( 0→ 1)※JAC0→1
◎JAL 奄美  -喜界  ( 0→ 3)※JAC0→3
◎JAL 奄美  -徳之島 ( 0→ 2)※JAC0→2
◎JAL 奄美  -与論  ( 0→ 1)※JAC0→1
◎JAL 徳之島 -沖永良部( 0→ 1)※JAC0→1
◎JAL 沖永良部-那覇  ( 0→ 1)※JAC0→1
○JAL 鹿児島 -奄美  ( 7→ 8)※JAC0→2・JAR7→6
○JAL 鹿児島 -徳之島 ( 3→ 4)※JAC0→1・JAR3→3
×JAC 大阪国際-但馬  ( 2→ 0)
×JAC 大阪国際-屋久島 ( 1→ 0)
×JAC 出雲  -福岡  ( 2→ 0)
×JAC 出雲  -隠岐  ( 1→ 0)
×JAC 松山  -鹿児島 ( 1→ 0)
×JAC 福岡  -鹿児島 ( 1→ 0)
×JAC 福岡  -屋久島 ( 1→ 0)
×JAC 鹿児島 -種子島 ( 3→ 0)
×JAC 鹿児島 -屋久島 ( 4→ 0)
×JAC 鹿児島 -喜界  ( 2→ 0)
×JAC 鹿児島 -奄美  ( 1→ 0)
×JAC 鹿児島 -徳之島 ( 1→ 0)
×JAC 鹿児島 -沖永良部( 3→ 0)
×JAC 鹿児島 -与論  ( 1→ 0)
×JAC 奄美  -喜界  ( 3→ 0)
×JAC 奄美  -徳之島 ( 2→ 0)
×JAC 奄美  -与論  ( 1→ 0)
×JAC 徳之島 -沖永良部( 1→ 0)
×JAC 沖永良部-那覇  ( 1→ 0)

10/24
×JJP 関西国際-熊本  ( 1→ 0)※JAL国際線乗り継ぎ時のみJAL共同運航便

10/05
×FDA 札幌  -松本  ( 1→ 0)※JAL共同運航便

10/01
全便運休 利尻ANA
◎ANA 新潟  -那覇  ( 0→ 1)→COVID-19で就航延期
×ANA 利尻  -新千歳 ( 1→ 0)

※以下の航空会社は10月中は新規就航・運休等の変更はありません。
-

※以下の航空会社は10月中は新規就航・運休等の変更があります。
-


※以下の航空会社の変更点は現在調査中です。
  ANA  全日本空輸グループ(ANA、AKX)
  SFJ  スターフライヤー
  ADO  AIR DO
  SKY  スカイマーク
  SNA  ソラシド エア
  IBX  アイベックスエアラインズ
  ORC  オリエンタルエアブリッジ
  JAL  日本航空(JAL、JAR、HAC)
  JAC  日本エアコミューター
  JTA  日本トランスオーシャン航空
  RAC  琉球エアーコミューター
  WAJ  エアアジア・ジャパン
  SJO  SPRING
  NCA  新中央航空
  AMX  天草エアライン
  NJA  新日本航空
  TAL  東邦航空
  JJP  ジェットスター・ジャパン
  FDA  フジドリームエアラインズ
  APJ  Peach Aviation
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

■10月国際線時刻変更

■国際線航空便ダイヤ変更(2020年10月)

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)による需要急減で大幅な長期欠航が生じていますが、COVID-19に起因する欠航・再開に関する情報はこちらには記載していません。

10/28
◎(国際線)TZP 成田国際-バンコク スワンナプーム( 0→週2.5)※日本着のみ

10/25
◎(国際線)APJ 成田国際-台北 桃園( 0→週3)
×(国際線)APJ 新千歳 -台北 桃園(週7→ 0)
×(国際線)APJ 仙台  -台北 桃園(週7→ 0)
×(国際線)JJP 成田国際-上海 浦東(週7→ 0)
×(国際線)JJP 成田国際-香港  (週7→ 0)
×(国際線)JJP 成田国際-台北 桃園(週7→ 0)
×(国際線)JJP 成田国際-マニラ (週7→ 0)
×(国際線)SKY 成田国際-サイパン(週7→ 0)
×(国際線)APJ 東京国際-ソウル 仁川(週7→ 0)
×(国際線)APJ 東京国際-上海 浦東(週7→ 0)
×(国際線)JJP 中部国際-マニラ (週4→ 0)
×(国際線)APJ 関西国際-ソウル 仁川(週21→ 0)
×(国際線)APJ 関西国際-上海 浦東(週7→ 0)
×(国際線)APJ 関西国際-香港  (週7→ 0)
×(国際線)APJ 関西国際-高雄  (週7→ 0)
×(国際線)JJP 関西国際-マニラ (週3→ 0)
×(国際線)APJ 那覇  -香港  (週7→ 0)
×(国際線)APJ 那覇  -台北 桃園(週21→ 0)
×(国際線)APJ 那覇  -高雄  (週7→ 0)
×(国際線)APJ 那覇  -バンコク スワンナプーム(週7→ 0)

10/23
◎(国際線)CSZ 成田国際-無錫  ( 0→週1)

10/21
×(国際線)HDA 新潟  -香港  (週2→ 0)※3/4最終運航
×(国際線)HDA 徳島  -香港  (週2→ 0)※3/7最終運航
×(国際線)HDA 福岡  -香港  (週14→ 0)※3/8最終運航
×(国際線)HDA 那覇  -香港  (週4→ 0)※3/5最終運航

10/16
◎(国際線)TZP 成田国際-ソウル 仁川( 0→週2)

10/03
◎(国際線)ACA 成田国際-トロント( 0→週3)

10/02
◎(国際線)JAL 成田国際-広州  ( 0→週1)※週1減便での臨時便就航

10/01
×(国際線)JAL 成田国際-シドニー( 0→週0.5)※日本発のみ週1減便での臨時便就航の終了

posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

空港検疫9/30_また低感染国確認

■空港検疫 また低感染国からの入国者の感染2人確認 9月30日発表分

厚生労働省(厚労省)は9月30日12時現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


空港検疫での感染確認急増中!
ウイルス持ち込み拡大の異常事態!!

(×××)
9月30日12時現在
罹 患 率 0.414%
無症状率 95.9%

国内の隠れ感染者数(推定値)43.9万人

(比較用)東京都:罹患率0.182%=感染25,544人、死亡率0.0029%=死亡407人/人口13,993,721人(2020年8月)
(比較用)タ イ:罹患率0.005%=感染 3,564人、死亡率0.0000%=死亡 59人/人口 約6,891万人(2017年)←9月14日に感染3,475人・死亡58人(16日間で感染89人増/死亡1人増)


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
元にしている数値が異なるため差異あります。海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(9月28日分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
・4/4〜4/5 :対象 1,486人、症状 有0 無0 =陽性 0人/罹患率0%
・4/4〜4/06:対象 2,801人、症状 有0 無5 =陽性 5人/罹患率0.178%
・4/4〜4/07:対象 4,064人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.221%
・4/4〜4/08:対象 5,707人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.157%
・4/4〜4/09:対象 7,213人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.291%
・4/4〜4/10:対象 8,756人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.239%
・4/4〜4/11:対象10,010人、症状 有6 無17=陽性23人/罹患率0.229%
・4/4〜4/12:対象11,359人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.457%
・4/4〜4/13:対象12,680人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.410%
・4/4〜4/14:対象13,860人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.404%
・4/4〜4/15:対象14,921人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.375%
・4/4〜4/16:対象15,988人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.375%
・4/4〜4/17:対象16,682人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.359%
・4/4〜4/18:対象17,385人、症状 有11無50=陽性61人/罹患率0.350%
・4/4〜4/19:対象18,231人、症状 有11無51=陽性62人/罹患率0.340%
・4/4〜4/20:対象19,009人、症状 有11無52=陽性63人/罹患率0.331%
・4/4〜4/21:対象19,843‬人、症状 有12無53=陽性65人/罹患率0.327%
・4/4〜4/22:対象20,268‬人、症状 有12無54=陽性66人/罹患率0.325%
・4/4〜4/23:対象20,986‬人、症状 有12無56=陽性68人/罹患率0.324%
・4/4〜4/24:対象21,344人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.323%
・4/4〜4/25:対象21,865人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.315%
・4/4〜4/26:対象22,552‬人、症状 有12無60=陽性72人/罹患率0.319%
・4/4〜4/27:対象23,347人、症状 有12無62=陽性74人/罹患率0.316%
・4/4〜4/28:対象24,079人、症状 有12無63=陽性75人/罹患率0.311%
・4/4〜4/29:対象24,671人、症状 有12無66=陽性78人/罹患率0.316%
・4/4〜4/30:対象25,382‬人、症状 有12無68=陽性80人/罹患率0.315%
・4/4〜5/01:対象26,018人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.315%
・4/4〜5/02:対象26,609人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.308%
・4/4〜5/03:対象27,315人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.303%
・4/4〜5/04:対象28,113人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.295%
・4/4〜5/05:対象28,805人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.288%
・4/4〜5/06:対象29,171人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.284%
・4/4〜5/07:対象29,577人、症状 有12無72=陽性84人/罹患率0.284%
・4/4〜5/08:対象29,983‬人、症状 有12無74=陽性86人/罹患率0.286%
・4/4〜5/09:対象30,470人、陽性87人/罹患率0.285%
・4/4〜5/10:対象31,294人、陽性87人/罹患率0.278%
・4/4〜5/11:対象31,875人、陽性89人/罹患率0.279%
・4/4〜5/12:対象32,519人、陽性89人/罹患率0.273%
・4/4〜5/13:対象33,152人、陽性91人/罹患率0.274%
・4/4〜5/14:対象33,844‬人、陽性92人/罹患率0.271%
・4/4〜5/15:対象34,075人、陽性92人/罹患率0.269%
・4/4〜5/16:対象34,600人、陽性92人/罹患率0.265%
・4/4〜5/17:対象35,178人、陽性94人/罹患率0.267%
・4/4〜5/18:対象35,835人、陽性94人/罹患率0.262%
・4/4〜5/19:対象36,567人、陽性94人/罹患率0.257%
・4/4〜5/20:対象37,049人、陽性94人/罹患率0.253%
・4/4〜5/21:対象37,691人、陽性94人/罹患率0.249%
・4/4〜5/22:対象38,046人、陽性95人/罹患率0.249%
・4/4〜5/23:対象38,548人、陽性95人/罹患率0.246%
・4/4〜5/24:対象39,048人、陽性96人/罹患率0.245%
・4/4〜5/25:対象39,642人、陽性98人/罹患率0.247%
・4/4〜5/26:対象40,287人、陽性99人/罹患率0.245%
・4/4〜5/27:対象40,736人、陽性103人/罹患率0.252%
・4/4〜5/28:対象41,442人、陽性106人/罹患率0.255%
・4/4〜5/29:対象41,945人、陽性108人/罹患率0.257%
・4/4〜5/30:対象42,536人、陽性118人/罹患率0.277%
・4/4〜5/31:対象43,128人、陽性122人/罹患率0.282%
・4/4〜6/01:対象43,985人、陽性126人/罹患率0.286%
・4/4〜6/02:対象45,237人、陽性127人/罹患率0.280%
・4/4〜6/03:対象45,985‬人、陽性128人/罹患率0.278%
・4/4〜6/04:対象46,920人、陽性132人/罹患率0.281%
・4/4〜6/05:対象47,648人、陽性135人/罹患率0.283%
・4/4〜6/06:対象48,405人、陽性138人/罹患率0.285%
・4/4〜6/07:対象49,350人、陽性139人/罹患率0.281%
・4/4〜6/08:対象50,395人、陽性145人/罹患率0.287%
・4/4〜6/09:対象51,493人、陽性145人/罹患率0.281%
・4/4〜6/10:対象52,208人、陽性160人/罹患率0.306%
・4/4〜6/11:対象53,035人、陽性162人/罹患率0.305%
・4/4〜6/12:対象53,684人、陽性163人/罹患率0.303%
・4/4〜6/13:対象54,486人、陽性168人/罹患率0.308%
・4/4〜6/14:対象55,547人、陽性171人/罹患率0.307%
・4/4〜6/15:対象56,730人、陽性185人/罹患率0.326%
・4/4〜6/16:対象57,935人、陽性197人/罹患率0.340%
・4/4〜6/17:対象58,813‬人、陽性199人/罹患率0.338%
・4/4〜6/18:対象59,684人、陽性202人/罹患率0.338%
・4/4〜6/19:対象60,455人、陽性205人/罹患率0.339%
・4/4〜6/20:対象61,274人、陽性208人/罹患率0.339%
・4/4〜6/21:対象62,447‬人、陽性208人/罹患率0.333%
・4/4〜6/22:対象63,602‬人、陽性215人/罹患率0.338%
・4/4〜6/23:対象65,042人、陽性218人/罹患率0.335%
・4/4〜6/24:対象66,035人、陽性222人/罹患率0.336%
・4/4〜6/25:対象67,070‬人、陽性229人/罹患率0.341%
・4/4〜6/26:対象67,859人、陽性232人/罹患率0.341%
・4/4〜6/27:対象68,951人、陽性238人/罹患率0.345%
・4/4〜6/28:対象70,601人、陽性242人/罹患率0.342%
・4/4〜6/29:対象71,925人、陽性243人/罹患率0.337%
・4/4〜6/30:対象73,252人、陽性244人/罹患率0.333%
・4/4〜7/01:対象74,187人、陽性250人/罹患率0.336%
・4/4〜7/02:対象75,487‬人、陽性250人/罹患率0.331%
・4/4〜7/03:対象76,596人、陽性252人/罹患率0.328%
・4/4〜7/04:対象78,409人、陽性253人/罹患率0.322%
・4/4〜7/05:対象80,152人、陽性259人/罹患率0.323%
・4/4〜7/06:対象82,268人、陽性271人/罹患率0.329%
・4/4〜7/07:対象84,135人、陽性274人/罹患率0.325%
・4/4〜7/08:対象85,253人、陽性279人/罹患率0.327%
・4/4〜7/09:対象86,470人、陽性282人/罹患率0.326%
・4/4〜7/10:対象87,830人、陽性287人/罹患率0.326%
・4/4〜7/11:対象89,209人、陽性297人/罹患率0.332%
・4/4〜7/12:対象90,811人、陽性310人/罹患率0.341%
・4/4〜7/13:対象92,456人、陽性330人/罹患率0.356%
・4/4〜7/14:対象94,231人、陽性343人/罹患率0.363%
・4/4〜7/15:対象95,351人、陽性348人/罹患率0.364%
・4/4〜7/16:対象96,541人、陽性361人/罹患率0.373%
・4/4〜7/17:対象97,668人、陽性365人/罹患率0.373%
・4/4〜7/18:対象98,911人、陽性373人/罹患率0.377%
・4/4〜7/19:対象100,593人、陽性382人/罹患率0.379%
・4/4〜7/20:対象102,155人、陽性391人/罹患率0.382%
・4/4〜7/21:対象103,910人、陽性402人/罹患率0.386%
・4/4〜7/22:対象104,880人、陽性417人/罹患率0.397%
・4/4〜7/23:対象105,940人、陽性421人/罹患率0.397%
・4/4〜7/24:対象107,106人、陽性436人/罹患率0.407%
・4/4〜7/25:対象108,299人、陽性441人/罹患率0.407%
・4/4〜7/26:対象109,652人、陽性452人/罹患率0.412%
・4/4〜7/27:対象111,085人、陽性458人/罹患率0.412%
・4/4〜7/28:対象112,631人、陽性476人/罹患率0.422%
・4/4〜7/29:対象113,662人、陽性489人/罹患率0.430%
・4/4〜7/30:対象114,871人、陽性511人/罹患率0.444%
・4/4〜7/31:対象116,027人、陽性519人/罹患率0.447%
・4/4〜8/01:対象117,354人、陽性524人/罹患率0.446%
・4/4〜8/02:対象119,365人、陽性529人/罹患率0.443%
・4/4〜8/03:対象121,477人、陽性536人/罹患率0.441%
・4/4〜8/04:対象123,702人、陽性559人/罹患率0.451%
・4/4〜8/05:対象125,219人、陽性565人/罹患率0.451%
・4/4〜8/06:対象126,895人、陽性573人/罹患率0.451%
・4/4〜8/07:対象128,056人、陽性584人/罹患率0.456%
・4/4〜8/08:対象129,544人、陽性590人/罹患率0.455%
・4/4〜8/09:対象131,048人、陽性599人/罹患率0.457%
・4/4〜8/10:対象132,628人、陽性605人/罹患率0.456%
・4/4〜8/11:対象134,226人、陽性611人/罹患率0.455%
・4/4〜8/12:対象135,216人、陽性619人/罹患率0.457%
・4/4〜8/13:対象136,592人、陽性624人/罹患率0.456%
・4/4〜8/14:対象137,745人、陽性625人/罹患率0.453%
・4/4〜8/15:対象138,997人、陽性629人/罹患率0.452%
・4/4〜8/16:対象140,531人、陽性633人/罹患率0.450%
・4/4〜8/17:対象142,248人、陽性636人/罹患率0.447%
・4/4〜8/18:対象144,090人、陽性648人/罹患率0.449%
・4/4〜8/19:対象144,995人、陽性651人/罹患率0.448%
・4/4〜8/20:対象146,300人、陽性656人/罹患率0.448%
・4/4〜8/21:対象147,682人、陽性664人/罹患率0.449%
・4/4〜8/22:対象149,251人、陽性666人/罹患率0.446%
・4/4〜8/23:対象150,854人、陽性667人/罹患率0.442%
・4/4〜8/24:対象152,706人、陽性674人/罹患率0.441%
・4/4〜8/25:対象154,399人、陽性678人/罹患率0.439%
・4/4〜8/26:対象155,316人、陽性683人/罹患率0.439%
・4/4〜8/27:対象156,580人、陽性688人/罹患率0.439%
・4/4〜8/28:対象158,223人、陽性693人/罹患率0.437%
・4/4〜8/29:対象159,863人、陽性699人/罹患率0.437%
・4/4〜8/30:対象161,732人、陽性704人/罹患率0.435%
・4/4〜8/31:対象163,677人、陽性709人/罹患率0.433%
・4/4〜9/01:対象165,991人、陽性718人/罹患率0.432%
・4/4〜9/02:対象167,347人、陽性726人/罹患率0.433%
・4/4〜9/03:対象168,983人、陽性735人/罹患率0.434%
・4/4〜9/04:対象170,276人、陽性739人/罹患率0.434%
・4/4〜9/05:対象171,758人、陽性746人/罹患率0.434%
・4/4〜9/06:対象173,279人、陽性748人/罹患率0.431%
・4/4〜9/07:対象174,770人、陽性752人/罹患率0.430%
・4/4〜9/08:対象176,346人、陽性757人/罹患率0.429%
・4/4〜9/09:対象177,283人、陽性758人/罹患率0.427%
・4/4〜9/10:対象178,579人、陽性761人/罹患率0.426%
・4/4〜9/11:対象179,893人、陽性764人/罹患率0.424%
・4/4〜9/12:対象181,437人、陽性771人/罹患率0.424%
・4/4〜9/13:対象183,118人、陽性779人/罹患率0.425%
・4/4〜9/14:対象184,741人、陽性781人/罹患率0.422%
・4/4〜9/15:対象186,551人、陽性786人/罹患率0.421%
・4/4〜9/16:対象187,555人、陽性787人/罹患率0.419%
・4/4〜9/17:対象189,105人、陽性795人/罹患率0.420%
・4/4〜9/18:対象190,966人、陽性805人/罹患率0.421%
・4/4〜9/19:対象193,091人、陽性811人/罹患率0.420%
・4/4〜9/20:対象194,821人、陽性816人/罹患率0.418%
・4/4〜9/21:対象196,823人、陽性827人/罹患率0.420%
・4/4〜9/22:対象198,624人、陽性834人/罹患率0.419%
・4/4〜9/23:対象199,691人、陽性842人/罹患率0.421%
・4/4〜9/24:対象201,229人、陽性846人/罹患率0.420%
・4/4〜9/25:対象202,759人、陽性853人/罹患率0.420%
・4/4〜9/26:対象204,353人、陽性858人/罹患率0.419%
・4/4〜9/27:対象206,253人、陽性864人/罹患率0.418%
・4/4〜9/28:対象208,427人、陽性871人/罹患率0.417%
・4/4〜9/29:対象210,633人、陽性878人/罹患率0.416%

・4/4〜9/30:対象211,922人、陽性878人/罹患率0.414%

9月30日時点での罹患率をそのまま日本の人口(8月の推計人口1億2593万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約52.1万人になります。
国内のPCR検査陽性者は9月30日0時現在で82,053人ですから、隠れ感染者はあと約43.9万人もいると推定されます。

検査人数は21日連続で千人を超えました。7日ぶりに千五百人を下回っています。二日前のデータが反映されていると考えられますので、月曜の到着客が少ない傾向にあるようです。

昨日の詳細発表で3人感染者が出ていますが、全体発表では感染者増加は0人でした。久々に数値反映が遅れたことになり、非常に珍しい状況です。罹患率は減少していますが、引き続き0.41%台となっています。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年9月30日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_13828.html








空港検疫検査 到着日別詳細結果(9月29日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
4月03日:症状 有0 無1=陽性1人 66
4月04日:症状 有0 無7=陽性7人 67・68・69・71・72・73・98
4月05日:症状 有3 無3=陽性6人 70・74・99・100・101・102
4月06日:症状 有3 無8=陽性11人 75・76・77・78・79・82・83・84・103・104・105
4月07日:症状 有1 無3=陽性4人 85・106・107・108
4月08日:症状 有0 無2=陽性2人 86・109
4月09日:症状 有0 無1=陽性1人 87
4月10日:症状 有1 無5=陽性6人 110・111・112・113・114・115
4月11日:症状 有0 無3=陽性3人 116・117・118
4月12日:症状 有0 無2=陽性2人 119・120
4月13日:症状 有0 無0=陽性0人 
4月14日:症状 有0 無4=陽性4人 121・122・123・124
4月15日:症状 有0 無0=陽性0人
4月16日:症状 有0 無1=陽性1人 125
4月17日:症状 有0 無1=陽性1人 126
4月18日:症状 有0 無1=陽性1人 127
4月19日:症状 有0 無0=陽性0人
4月20日:症状 有1 無2=陽性3人 128・129・130
4月21日:症状 有0 無2=陽性2人 131・132
4月22日:症状 有0 無1=陽性1人 133
4月23日:症状 有0 無0=陽性0人
4月24日:症状 有0 無3=陽性3人 134・135・136
4月25日:症状 有0 無2=陽性2人 137・138
4月26日:症状 有0 無1=陽性1人 139
4月27日:症状 有0 無2=陽性2人 140・141
4月28日:症状 有0 無3=陽性3人 142・143・144
4月29日:症状 有0 無2=陽性2人 145・146
4月30日:症状 有0 無0=陽性0人
5月01日:症状 有0 無1=陽性1人 147
5月02日:症状 有0 無0=陽性0人
5月03日:症状 有0 無0=陽性0人
5月04日:症状 有0 無0=陽性0人
5月05日:症状 有0 無1=陽性1人 148
5月06日:症状 有0 無2=陽性2人 149・150
5月07日:症状 有0 無1=陽性1人 151
5月08日:症状 有0 無0=陽性0人
5月09日:症状 有0 無2=陽性2人 152・153
5月10日:症状 有0 無1=陽性1人 154
5月11日:症状 有0 無1=陽性1人 155
5月12日:症状 有0 無1=陽性1人 156
5月13日:症状 有0 無0=陽性0人
5月14日:症状 有0 無0=陽性0人
5月15日:症状 有0 無2=陽性2人 157・158
5月16日:症状 有0 無0=陽性0人
5月17日:症状 有0 無0=陽性0人
5月18日:症状 有0 無0=陽性0人
5月19日:症状 有0 無0=陽性0人
5月20日:症状 有0 無1=陽性1人 159
5月21日:症状 有0 無0=陽性0人
5月22日:症状 有0 無1=陽性1人 160
5月23日:症状 有0 無2=陽性2人 161・162
5月24日:症状 有0 無1=陽性1人 163
5月25日:症状 有0 無4=陽性4人 164・165・166・167
5月26日:症状 有0 無3=陽性3人 168・169・170
5月27日:症状 有0 無2=陽性2人 171・172
5月28日:症状 有1 無9=陽性10人 173・174・175・176・177・178・179・180・181・182
5月29日:症状 有0 無4=陽性4人 183・184・185・186
5月30日:症状 有0 無4=陽性4人 187・188・189・190
5月31日:症状 有0 無1=陽性1人 191
6月01日:症状 有0 無2=陽性2人 192・193
6月02日:症状 有0 無3=陽性3人 194・195・196
6月03日:症状 有0 無3=陽性3人 197・198・199
6月04日:症状 有1 無2=陽性3人 200・201・202
6月05日:症状 有0 無1=陽性1人 203
6月06日:症状 有0 無6=陽性6人 204・205・206・207・208・209
6月07日:症状 有0 無14=陽性14人 210・211・212・213・214・215・216・217・218・219・220・221・222・223
6月08日:症状 有0 無2=陽性2人 224・225
6月09日:症状 有0 無2=陽性2人 226・227
6月10日:症状 有0 無0=陽性0人
6月11日:症状 有0 無4=陽性4人 228・229・230・231
6月12日:症状 有1 無12=陽性13人 232・233・234・235・236・237・238・239・240・241・242・243・244
6月13日:症状 有0 無6=陽性6人 245・246・247・248・249・250
6月14日:症状 有0 無11=陽性11人 251・252・253・254・255・256・257・258・259・260・261
6月15日:症状 有0 無2=陽性2人 262・263
6月16日:症状 有0 無3=陽性3人 264・265・266
6月17日:症状 有0 無3=陽性3人 267・268・269
6月18日:症状 有1 無2=陽性3人 270・271・272
6月19日:症状 有0 無2=陽性2人 273・274
6月20日:症状 有0 無7=陽性7人 275・276・277・278・280・281・282
6月21日:症状 有0 無1=陽性1人 279
6月22日:症状 有1 無7=陽性8人 283・284・285・286・287・288・289・290
6月23日:症状 有0 無4=陽性4人 291・292・293・295
6月24日:症状 有0 無5=陽性5人 294・296・297・298・299
6月25日:症状 有0 無3=陽性3人 300・301・302
6月26日:症状 有0 無5=陽性5人 303・304・305・306・307
6月27日:症状 有0 無0=陽性0人
6月28日:症状 有0 無7=陽性7人 308・309・310・311・312・313・314
6月29日:症状 有0 無0=陽性0人
6月30日:症状 有0 無1=陽性1人 315
7月01日:症状 有0 無1=陽性1人 316  
7月02日:症状 有0 無6=陽性6人 317・318・319・321・322・323 
7月03日:症状 有0 無10=陽性10人 320・324・325・326・327・328・329・330・331・332
7月04日:症状 有0 無5=陽性5人 333・334・335・336・337
7月05日:症状 有0 無4=陽性4人 338・339・340・341
7月06日:症状 有0 無2=陽性2人 342・343
7月07日:症状 有0 無3=陽性3人 344・345・351
7月08日:症状 有0 無14=陽性14人 346・347・348・349・350・352・353・354・355・357・358・359・360・361
7月09日:症状 有0 無3=陽性3人 356・371・372
7月10日:症状 有1 無16=陽性17人 362・363・364・365・366・367・368・369・370・373・374・382・383・384・385・386・387
7月11日:症状 有0 無17=陽性17人 375・376・377・378・379・380・381・388・389・390・391・392・393・394・396・407・412
7月12日:症状 有1 無10=陽性11人 395・397・398・399・400・401・402・403・404・405・406
7月13日:症状 有1 無13=陽性14人 408・409・410・411・413・415・416・417・418・419・420・421・422・423
7月14日:症状 有0 無3=陽性3人 414・424・425
7月15日:症状 有0 無9=陽性9人 426・427・428・429・431・432・435・436・437
7月16日:症状 有0 無5=陽性5人 430・433・434・441・444
7月17日:症状 有0 無10=陽性10人 438・439・440・442・443・445・446・447・449・450
7月18日:症状 有0 無6=陽性6人 448・451・452・453・454・457
7月19日:症状 有1 無14=陽性15人 455・456・458・459・460・461・462・463・464・465・466・467・468・469・470
7月20日:症状 有1 無11=陽性12人 471・472・473・474・475・476・477・478・479・480・481・484
7月21日:症状 有2 無7=陽性9人 482・483・485・488・489・490・491・492・493
7月22日:症状 有0 無10=陽性10人 486・487・494・495・496・497・498・499・500・504
7月23日:症状 有0 無2=陽性2人 501・503
7月24日:症状 有2 無13=陽性15人 502・505・506・507・508・509・510・511・512・513・514・515・520・521・522
7月25日:症状 有0 無13=陽性13人 516・517・518・519・523・524・525・526・527・528・529・530・531
7月26日:症状 有0 無12=陽性12人 532・533・534・535・536・537・538・539・540・541・542・544
7月27日:症状 有0 無10=陽性10人 543・545・546・547・548・549・550・551・552・553
7月28日:症状 有0 無22=陽性22人 554・555・556・557・558・559・560・561・562・563・564・565・566・567・568・569・570・571・572・573・580・587
7月29日:症状 有0 無10=陽性10人 574・575・576・577・578・579・581・582・583・584
7月30日:症状 有1 無1=陽性2人 585・586
7月31日:症状 有0 無5=陽性5人 588・590・591・592・596
8月01日:症状 有0 無9=陽性9人 589・593・594・595・597・598・599・600・602
8月02日:症状 有0 無20=陽性20人 601・603・604・605・606・607・608・609・610・611・612・613・614・615・616・620・621・622・623・624
8月03日:症状 有0 無7=陽性7人 617・618・619・625・626・627・628
8月04日:症状 有0 無10=陽性10人 629・630・631・632・633・634・635・636・638・639
8月05日:症状 有0 無9=陽性9人 637・640・641・642・643・644・645・646・647
8月06日:症状 有0 無7=陽性7人 648・649・650・651・652・653・654
8月07日:症状 有0 無7=陽性7人 655・656・657・658・659・660・662 
8月08日:症状 有0 無8=陽性8人 661・663・664・665・666・667・668・669
8月09日:症状 有0 無9=陽性9人 670・671・672・673・674・675・676・677・678
8月10日:症状 有0 無5=陽性5人 679・680・681・682・683
8月11日:症状 有0 無4=陽性4人 684・685・686・687
8月12日:症状 有0 無2=陽性2人 688・689
8月13日:症状 有0 無1=陽性1人 690
8月14日:症状 有0 無7=陽性7人 691・692・693・694・695・696・697
8月15日:症状 有0 無3=陽性3人 698・699・700
8月16日:症状 有1 無9=陽性10人 701・702・703・704・705・706・707・708・709・711
8月17日:症状 有0 無4=陽性4人 710・712・713・714
8月18日:症状 有0 無3=陽性3人 715・716・717
8月19日:症状 有0 無10=陽性10人 718・719・720・721・722・723・724・725・726・727
8月20日:症状 有0 無2=陽性2人 728・729
8月21日:症状 有0 無2=陽性2人 730・731
8月22日:症状 有0 無7=陽性7人 732・733・734・735・736・737・738
8月23日:症状 有0 無4=陽性4人 739・740・741・742
8月24日:症状 有0 無5=陽性5人 743・744・745・746・747
8月25日:症状 有0 無1=陽性1人 748
8月26日:症状 有0 無9=陽性9人 749・750・751・752・753・754・755・756・757
8月27日:症状 有0 無3=陽性3人 758・759・760
8月28日:症状 有1 無7=陽性8人 761・762・763・764・765・766・767・768
8月29日:症状 有0 無3=陽性3人 769・770・771
8月30日:症状 有0 無7=陽性7人 772・773・774・775・776・777・778
8月31日:症状 有0 無11=陽性11人 779・780・781・782・783・784・785・786・787・788・789
9月01日:症状 有1 無9=陽性10人 790・791・792・793・794・795・796・797・798・799
9月02日:症状 有0 無2=陽性2人 800・801
9月03日:症状 有0 無6=陽性6人 802・803・804・805・806・807
9月04日:症状 有0 無5=陽性5人 808・809・810・811・812
9月05日:症状 有0 無4=陽性4人 813・814・815・816
9月06日:症状 有0 無5=陽性5人 817・818・819・820・821
9月07日:症状 有0 無0=陽性0人
9月08日:症状 有1 無2=陽性3人 822・823・824
9月09日:症状 有0 無3=陽性3人 825・826・827
9月10日:症状 有0 無7=陽性7人 828・829・830・831・832・833・834
9月11日:症状 有2 無3=陽性5人 835・836・837・838・839
9月12日:症状 有0 無5=陽性5人 840・841・842・843・844
9月13日:症状 有0 無4=陽性4人 845・846・847・848
9月14日:症状 有0 無3=陽性3人 849・850・851
9月15日:症状 有0 無7=陽性7人 852・853・854・855・856・857・858
9月16日:症状 有1 無7=陽性8人 859・860・861・862・863・864・865・866
9月17日:症状 有1 無8=陽性9人 867・868・869・870・871・872・873・874・875
9月18日:症状 有0 無4=陽性4人 876・877・878・879
9月19日:症状 有0 無10=陽性10人 880・881・882・883・884・885・886・887・888・889
9月20日:症状 有0 無8=陽性8人 890・891・892・893・894・895・896・898
9月21日:症状 有2 無6=陽性8人 897・899・900・901・902・903・904・905
9月22日:症状 有0 無5=陽性5人 906・907・908・909・910
9月23日:症状 有0 無7=陽性7人 911・912・913・914・915・916・917
9月24日:症状 有0 無3=陽性3人 918・919・920
9月25日:症状 有0 無2=陽性6人 921・922・923・924・925・926
9月26日:症状 有0 無7=陽性7人 927・928・929・930・931・932・933

9月27日:症状 有1 無7=陽性8人 934・935・936・937・938・939・940・941
9月28日:症状 有0 無2=陽性2人 942・943
9月29日:症状 有0 無7(+5)=陽性7人 944・945・946・947・948・949・950
 [空港別] 成田3(+3)・関空4(+2)
 [男女別] 男6(+4)・女1(+1)
 [年代別] 10代下0・20代2(+1)・30代1(+1)・40代1(+1)・50代3(+2)・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] 中国1(+1)・フィリピン2(+2)・パキスタン1(+1)・ウクライナ1・フランス1・非公表1(+1)
 [居住地] 東京2(+2)・大阪5(+3)
9月30日:症状 有0 無1=陽性1人 951
 [空港別] 羽田1
 [男女別] 男0・女1
 [年代別] 10代下1・20代0・30代0・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] タイ1
 [居住地] 兵庫1


合計6人の陽性確認が発表されました。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、9月30日までの181日間で874人となりました。
874人のうち有症状は35人です。無症状は839人で、無症状率は95.9%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者は出ませんでした。
29日関空着フィリピンから入国の大阪府在住者が2人連番確認されており、団体感染が疑われます(20代男・50代男)。

ここのところ空港検疫で感染確認が急増している、低感染地域からの感染者がまた確認されてしまいました。(中国1人・タイ1人)

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_13865.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする