2020年12月03日

検疫週間速報_原因は現地感染増?

■空港検疫(週間速報) 11月陽性者急増の原因は入国規制緩和ではなく現地感染増加か?

厚生労働省(厚労省)は2日、空港検疫での新型コロナウイルス感染症検査状況の11月三週目(11月15日〜11月21日)分の速報値を発表しました。
11月に陽性者が急増した一因が、現地での感染者増加による可能性が見えてきました。


厚労省の速報は、週間の検体数と陽性者数を、日本国籍者、外国籍者別に、滞在国ごとに出した非常に細かいデータです。11月11日以降毎週水曜日に過去4週間分が発表されています。2日の公表で、10月4日〜11月21日分が公表されたことになりました。
速報のため、日々の発表のデータとかなりのズレが生じていますが、分析に活用できます。

11月は罹患率が急増
11月は過去最多の陽性者数を記録してしまいましたので、速報が出た11月の三週分を少し細かく見てみます。

11月01日〜11月07日は、検体10,589・陽性84で罹患率は0.79%。
11月08日〜11月14日は、検体10,823・陽性89で罹患率は0.82%。
11月15日〜11月21日は、検体11,627・陽性79で罹患率は0.68%。
三週合計は、検体33,039・陽性252で罹患率は0.76%。130人に1人は感染者という超高感染状態でした。

月間の感染者数は11月分までが12月1日に公表されています。検査数も推定値にはなってしまいますが、毎日発表されていますので、月間の罹患率は以下であることが分かっています。
5月は検査数18,628(推定)・陽性者数45=罹患率は0.24%
6月は検査数30,250(推定)・陽性者数124=罹患率は0.41%
7月は検査数43,878(推定)・陽性者数277=罹患率は0.63%
8月は検査数47,982(推定)・陽性者数190=罹患率は0.40%
9月は検査数48,310(推定)・陽性者数162=罹患率は0.34%
10月は検査数66,494(推定)・陽性者数217=罹患率は0.33%
11月は検査数49,381(推定)・陽性者数353=罹患率は0.71%

こうして見ると、11月は特に前半が悪く、罹患率も10月までより急増していることが分かります。入国者が多かった低感染9か国からは11月から原則検査なしで入国できるようになっています。このため、検査数が減少し、罹患率が高めに出るようになっているとは言え、陽性確認数は多過ぎる印象です。


続いて国籍別の罹患率を見ると以下のようになります。
11月01日〜11月07日は、日本国籍者0.75%、外国籍者0.83%。
11月08日〜11月14日は、日本国籍者0.54%、外国籍者1.02%。
11月15日〜11月21日は、日本国籍者0.52%、外国籍者0.79%。
三週合計は、日本国籍者0.75%、外国籍者0.83%。
(10月04日〜10月31日は、日本国籍者0.34%、外国籍者0.35%)

10月の4週間は日本国籍者と外国籍者の罹患率に差はなく0.35%程度でした。11月に入ってからは、日本国籍者、外国籍者ともに急上昇しています。

欧米からは日本国籍者、アジアからは外国籍者の感染が多い
国別を細かく見ていくと、11月の3週間は以下のような印象を受けます。
・欧米は、入国者の日本国籍者比率が高く、日本人の罹患率も高め。
・アジアは、入国者の外国籍者比率が圧倒的に高く、罹患率も外国籍者の方が高い国が多い。

全体の感染者数は4月以降、外国籍者の方が多い状態がずっと続いてきました。そんな中で、10月に外国籍者の入国規制が緩和され、11月の陽性者急増が重なったため、「外人入れないよう入国緩和をやめろ!」という議論まで出てきてしまっています。
しかし、全体で見ると、7月頃までは明らかに外国籍者の罹患率が高かったですが、8月頃以降は、日本国籍者の感染が増え、その差は縮まってきています。このため、11月の急増が、規制緩和で増えた外人が主因とは言える状況にありません。
今回公表された国別・国籍別データを見ると、欧米露は両者仲良く増加〜日本国籍者がより増加気味で、南アジア・インドネシアからの入国は外国籍者ばかりが増えた印象です。
規制緩和要因と言えるのは、南アジアやインドネシア程度で、それ以外は規制緩和要因とははっきり言えない数値と言えます。

その中でも、11月の米国の増え方は特に異常でした。米国を例に見てみます。

米国からは日本人はずっと帰国が可能で条件は変わっておらず、規制緩和で日本人の入国者数が増えたわけではありません。にもかかわらず、日本国籍者の感染者も、外国籍者同様に増えています。

10月4日〜10月31日の四週間のデータを見ると、米国からの入国者の罹患率は、日本国籍者0.20%・外国籍者0.25%・全体0.21%です。
これが、11月1日〜11月21日では、日本国籍者0.84%・外国籍者0.95%・全体0.88%に増加しています。増え方(増加比)はわずかながら日本国籍者の方が大きい位です。

米国は累計感染者数から計算すると、25人に1人は感染体験者(4%)。10月以降現地感染者は爆増を続けていて、入国者の感染が多くなるのは当たり前といえば当たり前です。
つまり、11月に空港検疫で感染確認が急増している原因は、入国規制緩和したためというよりは、単純に現地で罹患してきた人が増えたためと言えそうです。
(11月の日本-米国間では、ホノルル線が本格再開する変化が起こっています。)

世界の感染が激増したのにつられて、入国者の感染者増加も起きているので、入国規制を緩和しなくても、空港検疫での陽性確認は増加してしまうとみられます。
対策するのなら、(日本人も含め)全面入国禁止としなければ意味がありませんが、国民保護の観点からいくと、日本人に対して、「帰ってくるな!滞在国で治療してもらえ!」とは言えないのでしょう。


もちろん、アジアなどでは、陽性者が外国籍者ばかりのところ、と言いますか、入国者が外国籍者ばかりの国もあります。しかし、厚生労働省の今回のデータを見る限りでは、陽性者が日本国籍者ばかりの国も結構見られます。
一見外国籍者の方が罹患しやすいと見えながら、日本国籍者と大きな差はないですから、外国人差別をしないように注意したいところですね。

入国禁止までは流石にやり過ぎ。でも、130人に1人は感染者なのですから、油断することなく、皆仲良く14日間の自主隔離を頑張ってもらえば、それで良い気がします。(それが実行出来ないとか、自主隔離を緩和するとかは、対策としては最悪手です)

※ちなみに、11月に行われた入国規制緩和(検査なし入国への変更)には、大きく2パターンあります。
ひとつは低感染9か国から入国の場合、もう一つは(感染蔓延国でも)条件付きで超短期滞在し日本に戻ってくる日本人の場合です。
いずれの場合も、症状が出ていない限り空港検疫では検査がないので、ウイルスを密輸していても、空港検疫で気付くことが出来ません。検査をしていないのだから、入国規制緩和の影響は、実は、空港検疫の数字では一切分かりません。
10月までなら空港検疫で陽性確認できていたはずのウイルス密輸者は、11月以降市中感染者の中に混じったことになります。入国規制緩和が原因だと言うためには、都道府県発表を一つ一つ丹念に調べ、外国渡航者が増えているのかどうかを見てていくしか方法がありません。しかし、都道府県発表では、その点に触れない発表も多いので、実態は把握できないというのが実状と言えそうです。


米国からの入国者の動向
10月04日〜10月10日:罹患率0.23%
日本国籍 検体1,674・陽性4=罹患率0.24%、外国籍 検体547・陽性1=罹患率0.18%
10月11日〜10月17日:罹患率0.54%
日本国籍 検体532・陽性4=罹患率0.75%、外国籍 検体215・陽性0=罹患率0.00%
10月18日〜10月24日:罹患率0.15%
日本国籍 検体823・陽性0=罹患率0.00%、外国籍 検体489・陽性2=罹患率0.41%
10月25日〜10月31日:罹患率0.13%
日本国籍 検体1,545・陽性1=罹患率0.06%、外国籍 検体783・陽性2=罹患率0.26%
11月01日〜11月07日:罹患率1.19%
日本国籍 検体1,832・陽性26=罹患率1.42%、外国籍866・陽性6=罹患率0.69%
11月08日〜11月14日:罹患率0.67%
日本国籍 検体1,829・陽性11=罹患率0.60%、外国籍851・陽性7=罹患率0.82%
11月15日〜11月21日:罹患率0.78%
日本国籍 検体2,043・陽性11=罹患率0.54%、外国籍1,017・陽性13=罹患率1.28%


週間速報内容
11/1-11/7
全検査
合計 検体10,589、陽性84、0.79%
日本 検体 4,938、陽性37、0.75%
外国 検体 5,651、陽性47、0.83%

検体数の多い国
米  国:合計 検体 2,698、陽性32、1.19%/日本 検体 1,832、陽性26、1.42%/外国 検体 866、陽性 6、0.69%
フィリピン:合計 検体 1,121、陽性 4、0.36%/日本 検体 144、陽性 0、0%/外国 検体 977、陽性 4、0.41%
インドネシア:合計 検体 755、陽性 4、0.53%/日本 検体 171、陽性 0、0%/外国 検体 584、陽性 4、0.68%
フランス:合計 検体 562、陽性 4、0.71%/日本 検体 382、陽性 3、0.79%/外国 検体 180、陽性 1、0.56%
英  国:合計 検体 557、陽性 0、0.36%/日本 検体 448、陽性 2、0.45%/外国 検体 109、陽性 0、0%

罹患率の高い国(検体数100以上)
バングラデシュ:合計 検体 150、陽性 5、3.33%/日本 検体 26、陽性 0、0%/外国 検体 124、陽性 5、4.03%
ネパール:合計 検体 283、陽性 7、2.47%/日本 検体 2、陽性 0、0%/外国 検体 281、陽性 7、2.49%
ロ シ ア:合計 検体 243、陽性 5、2.06%/日本 検体 22、陽性 1、4.55%/外国 検体 221、陽性 4、1.81%
米  国:合計 検体 2,698、陽性32、1.19%/日本 検体 1,832、陽性26、1.42%/外国 検体 866、陽性 6、0.69%
パキスタン:合計 検体 187、陽性 2、1.07%/日本 検体 17、陽性 0、0%/外国 検体 170、陽性 2、1.18%
※特記
ウガンダが検体1(外国籍)・陽性1の100%
二位はアフガニスタンで検体26・陽性2の7.69%(うち日本は検体2・陽性0)


11/8-11/14
全検査
合計 検体10,823、陽性89、0.82%
日本 検体 4,423、陽性24、0.54%
外国 検体 6,400、陽性65、1.02%


検体数の多い国
米  国:合計 検体 2,680、陽性18、0.67%/日本 検体 1,829、陽性11、0.60%/外国 検体 851、陽性 7、0.82%
フィリピン:合計 検体 1,491、陽性 5、0.34%/日本 検体 126、陽性 1、0.79%/外国 検体 1,365、陽性 4、0.29%
インドネシア:合計 検体 1,085、陽性25、2.30%/日本 検体 163、陽性 0、0%/外国 検体 922、陽性 25、2.71%
ネパール:合計 検体 460、陽性 9、1.96%/日本 検体 4、陽性 0、0%/外国 検体 456、陽性 9、1.97%
フランス:合計 検体 409、陽性 2、0.49%/日本 検体 289、陽性 2、0.69%/外国 検体 120、陽性 0、0%

罹患率の高い国(検体数100以上)
ト ル コ:合計 検体 100、陽性 3、3.00%/日本 検体 47、陽性 0、0%/外国 検体 53、陽性 3、5.66%
バングラデシュ:合計 検体 166、陽性 4、2.41%/日本 検体 19、陽性 0、0%/外国 検体 147、陽性 4、2.72%
インドネシア:合計 検体 1,085、陽性25、2.30%/日本 検体 163、陽性 0、0%/外国 検体 922、陽性 25、2.71%
ネパール:合計 検体 460、陽性 9、1.96%/日本 検体 4、陽性 0、0%/外国 検体 456、陽性 9、1.97%
ロ シ ア:合計 検体 179、陽性 3、1.68%/日本 検体 19、陽性 0、0%/外国 検体 160、陽性 3、1.88%
※特記
コソボが検体1(外国籍)・陽性1の100%、
モルドバが検体1(日本籍)・陽性1の100%、
原則検査対象外の台湾が検体26・陽性4の15.38%(うち日本は検体11・陽性4)


11/15-11/21
全検査
合計 検体11,627、陽性79、0.68%
日本 検体 4,816、陽性25、0.52%
外国 検体 6,811、陽性54、0.79%


検体数の多い国
米  国:合計 検体 3,060、陽性24、0.78%/日本 検体 2,043、陽性11、0.54%/外国 検体 1,017、陽性13、1.28%
フィリピン:合計 検体 1,731、陽性 6、0.35%/日本 検体 176、陽性 0、0%/外国 検体 1,555、陽性 6、0.39%
インドネシア:合計 検体 1,343、陽性10、0.74%/日本 検体 174、陽性 2、1.15%/外国 検体 1,169、陽性 8、0.68%
イ ン ド:合計 検体 568、陽性 6、1.06%/日本 検体 109、陽性 0、0%/外国 検体 459、陽性 6、1.31%
ネパール:合計 検体 391、陽性 4、1.02%/日本 検体 7、陽性 0、0%/外国 検体 384、陽性 4、1.04%

罹患率の高い国(検体数100以上)
バングラデシュ:合計 検体 126、陽性 3、2.38%/日本 検体 15、陽性 0、0%/外国 検体 111、陽性 3、2.70%
ロ シ ア:合計 検体 225、陽性 5、2.22%/日本 検体 43、陽性 1、2.33%/外国 検体 182、陽性 4、2.20%
パキスタン:合計 検体 197、陽性 3、1.52%/日本 検体 9、陽性 0、0%/外国 検体 188、陽性 3、1.60%
イ ン ド:合計 検体 568、陽性 6、1.06%/日本 検体 109、陽性 0、0%/外国 検体 459、陽性 6、1.31%
ネパール:合計 検体 391、陽性 4、1.02%/日本 検体 7、陽性 0、0%/外国 検体 384、陽性 4、1.04%
※特記
セルビアが検体8(外国籍3)・陽性1(外国籍)の12.5%が最悪
罹患率高いのはチェコ(4.00%)、ルーマニア(3.85%)、ブルガリア(3.45%)、ポーランド(2.44%)と東欧が続いています。四か国とも感染者は日本人。


水際対策(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kansenkakudaiboushi-iryouteikyou.html#h2_7
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

緊急警報!爆増中 週全日2桁陽性!

緊急警報! 空港検疫で陽性爆増中!本日発表分また二桁人数陽性確認!

空港検疫での入国者に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の全員検査で、本日発表分で二桁人数の感染が確認されました。低感染九か国からの入国者や(感染急拡大地域も含む)海外短期滞在の日本人などが原則検査免除となり、検査者が激減しているなかで、陽性確認が多発するという非常に危険な状態に陥っています。

3日に、陽性が確認されたとして発表があったのは全部で10人です。2日到着分が8人、速報に近い3日到着分が2人です。行動歴、在住地ともに非公表者が3人と異常な状態が続いています。

空港検疫でのCOVID-19感染確認の発表分で一日二桁人数を超えるのはついに7日連続、1週間全ての日が二桁発表となってしまいました。悪化の勢いが止まりません。

入国者の感染が異常に急増しています。
国際線の発着する空港への不要不急の来港はしばらく自粛しませんか


詳細は4日0時にアップ予定の日々の記事で書きます。

新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15252.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫12/2_また非公表多数

◇空港検疫 行動歴・居住地両方非公表がまた多数 12月2日発表分

厚生労働省(厚労省)は12月2日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、一部の国からの入国者を除いた全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


無検査対象者急増で検査総数が激減する中、
空港検疫での陽性確認が爆発的増加の異常事態!
有症状者も増加中という危険状態!!

(×××)
12月2日現在
罹 患 率 0.443%
←11月初旬から罹患率爆増止まらず!
無症状率 94.3% ←10月下旬から有症状爆増止まらず!

国内の隠れ感染者数(推定値)40.8万人

(比較用)日 本:罹患率0.119%=感染150,386人、死亡率0.0017%=死亡2,172人/人口約1億2577万人(2020年11月)←[激増中・ピーク]
(比較用)ブルガリア:罹患率2.131%=感染148,775人、死亡率0.0600%=死亡4,188人/人口約698万人(2019年)←[激増ピーク直後]※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/bulgaria/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(11月30日分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
10月4日発表分までの半年分の内容(4月3日〜10月2日までの感染状況)と11月2日発表分までは別にまとめています。

・4/4〜10/04:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
・4/4〜10/31:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
・4/4〜11/01:対象279,146人、陽性1,108人/罹患率0.396%
・4/4〜11/02:対象282,151人、陽性1,116人/罹患率0.395%
・4/4〜11/03:対象285,538人、陽性1,124人/罹患率0.393%
・4/4〜11/04:対象286,707人、陽性1,128人/罹患率0.393%
・4/4〜11/05:対象288,318人、陽性1,140人/罹患率0.395%
・4/4〜11/06:対象289,925人、陽性1,145人/罹患率0.394%
・4/4〜11/07:対象289,373人※、陽性1,153人/罹患率0.398%
・4/4〜11/08:対象291,093人、陽性1,180人/罹患率0.405%
・4/4〜11/09:対象292,667人、陽性1,199人/罹患率0.409%
・4/4〜11/10:対象294,486人、陽性1,208人/罹患率0.410%
・4/4〜11/11:対象295,441人、陽性1,212人/罹患率0.410%
・4/4〜11/12:対象296,779人、陽性1,223人/罹患率0.412%
・4/4〜11/13:対象298,357人、陽性1,249人/罹患率0.418%
・4/4〜11/14:対象299,600人、陽性1,255人/罹患率0.418%
・4/4〜11/15:対象301,928人、陽性1,271人/罹患率0.420%
・4/4〜11/16:対象303,401人、陽性1,283人/罹患率0.422%
・4/4〜11/17:対象305,067人、陽性1,287人/罹患率0.421%
・4/4〜11/18:対象306,293人、陽性1,295人/罹患率0.422%
・4/4〜11/19:対象307,768人、陽性1,307人/罹患率0.424%
・4/4〜11/20:対象309,498人、陽性1,321人/罹患率0.426%
・4/4〜11/21:対象311,191人、陽性1,330人/罹患率0.427%
・4/4〜11/22:対象313,123人、陽性1,350人/罹患率0.431%
・4/4〜11/23:対象314,865人、陽性1,362人/罹患率0.432%
・4/4〜11/24:対象316,974人、陽性1,371人/罹患率0.432%
・4/4〜11/25:対象318,270人、陽性1,382人/罹患率0.434%
・4/4〜11/26:対象319,889人、陽性1,395人/罹患率0.436%
・4/4〜11/27:対象321,712人、陽性1,401人/罹患率0.435%
・4/4〜11/28:対象323,513人、陽性1,421人/罹患率0.439%
・4/4〜11/29:対象326,200人、陽性1,435人/罹患率0.439%
・4/4〜11/30:対象328,095人、陽性1,450人/罹患率0.441%
・4/4〜12/01:対象330,140人、陽性1,460人/罹患率0.442%

・4/4〜12/02:対象331,532人、陽性1,470人/罹患率0.443%

12月2日時点での罹患率をそのまま日本の人口(11月の推計人口1億2577万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約55.7万人になります。
国内のPCR検査陽性者は12月2日0時現在で148,837人ですから、隠れ感染者はあと約40.8万人もいると推定されます。

検査人数は7日ぶりに千五百人を切りました。
感染者は10人増加。罹患率はジリジリ上昇しています。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年12月2日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15226.html











空港検疫検査 到着日別詳細結果(12月1日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と10月30日までは別にまとめています。

4月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
4月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
11月01日:症状 有2 無7=陽性9人 1180・1181・1182・1183・1184・1185・1186・1187・1189
11月02日:症状 有0 無3=陽性3人 1188・1190・1191
11月03日:症状 有1 無9=陽性10人 1192・1193・1194・1195・1196・1197・1198・1199・1200・1201
11月04日:症状 有0 無7=陽性7人 1202・1203・1204・1205・1206・1207・1208
11月05日:症状 有1 無7=陽性8人 1209・1210・1211・1212・1213・1214・1215・1216
11月06日:症状 有5 無22=陽性27人 1217・1218・1219・1220・1221・1222・1223・1224・1225・1226・1227・1228・1229・1230・1231・1232・1233・1234・1235・1236・1237・1238・1239・1240・1241・1242・1245
11月07日:症状 有0 無19=陽性19人 1243・1244・1247・1248・1249・1250・1251・1252・1253・1254・1255・1256・1257・1258・1259・1260・1261・1262
11月08日:症状 有2 無7=陽性9人 1263・1264・1265・1266・1267・1268・1269・1270・1271
11月09日:症状 有0 無3=陽性3人 1272・1273・1274
11月10日:症状 有0 無9=陽性9人 1275・1276・1277・1278・1279・1280・1281・1282・1283
11月11日:症状 有1 無29=陽性30人 1284・1285・1286・1287・1288・1289・1290・1291・1292・1293・1294・1295・1296・1297・1298・1299・1300・1301・1302・1303・1304・1305・1306・1307・1308・1309・1310・1311・1312・1313
11月12日:症状 有1 無2=陽性3人 1314・1315・1316
11月13日:症状 有2 無17=陽性19人 1317・1318・1319・1320・1321・1322・1323・1324・1325・1326・1327・1328・1329・1330・1331・1332・1333・1334・1335
11月14日:症状 有0 無11=陽性11人 1336・1337・1338・1339・1140・1141・1142・1143・1144・1145・1146
11月15日:症状 有1 無3=陽性4人 1347・1348・1349・1350
11月16日:症状 有5 無4=陽性9人 1351・1352・1353・1354・1355・1356・1357・1358・1359
11月17日:症状 有0 無9=陽性9人 1360・1361・1362・1363・1364・1365・1366・1367・1368
11月18日:症状 有0 無10=陽性10人 1369・1370・1371・1372・1373・1374・1375・1376・1377・1378
11月19日:症状 有5 無10=陽性15人 1379・1380・1381・1382・1383・1384・1385・1386・1387・1388・1389・1390・1391・1392・1393
11月20日:症状 有1 無19=陽性20人 1394・1395・1396・1397・1398・1399・1400・1401・1402・1403・1404・1405・1406・1407・1408・1409・1410・1411・1412・1413
11月21日:症状 有0 無10=陽性10人 1414・1415・1416・1417・1418・1419・1420・1421・1422・1424
11月22日:症状 有1 無10=陽性11人 1423・1425・1426・1427・1428・1429・1430・1431・1432・1433・1434
11月23日:症状 有1 無8=陽性9人 1435・1436・1437・1438・1439・1440・1441・1442・1443
11月24日:症状 有1 無11=陽性12人 1444・1445・1446・1447・1448・1449・1450・1451・1452・1453・1454・1455
11月25日:症状 有0 無9=陽性9人 1456・1457・1458・1459・1460・1461・1462・1463・1464
11月26日:症状 有2 無15=陽性17人 1465・1466・1467・1468・1469・1470・1471・1472・1473・1474・1475・1476・1478・1479・1480・1481
11月27日:症状 有0 無17=陽性17人 1482・1483・1484・1485・1486・1487・1488・1489・1490・1491・1492・1493・1494・1495・1496・1497・1498
11月28日:症状 有1 無10=陽性11人 1499・1500・1501・1502・1503・1504・1505・1506・1507・1508・1509
11月29日:症状 有0 無15=陽性15人 1510・1511・1512・1513・1514・1515・1516・1517・1518・1519・1520・1521・1522・1523・1524
11月30日:症状 有0 無8=陽性8人 1525・1526・1527・1528・1529・1530・1531・1532

12月01日:症状 有1(+1) 無11(+9)=陽性12人 1533・1534・1535・1536・1537・1538・1539・1540・1541・1542・1543・1544
 [空港別] 成田9(+7)・羽田3(+3)
 [男女別] 男10(+9)・女2(+1)
 [年代別] 10代下2(+1)・20代4(+3)・30代4(+4)・40代1(+1)・50代0・60代1(+1)・70代0・80代上0
 [渡航元] インドネシア1(+1)・インド1・ウクライナ1(+1)・ポーランド/ブルガリア1(+1)・英国1(+1)・非公表7(+6)
 [居住地] 埼玉1(+1)・千葉1(+1)・神奈川1・非公表9(+8)

12月02日:症状 有0 無5=陽性5人 1545・1546・1547・1548・1549
 [空港別] 成田1・羽田1・関空3
 [男女別] 男3・女2
 [年代別] 10代下2・20代2・30代0・40代0・50代0・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] マレーシア1・インドネシア3・ドイツ1
 [居住地] 東京1・愛知1・兵庫3


合計15人の陽性確認が発表されました。有症状者が1人出ています。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、12月2日までの244日間で1,469人となりました。
1,469人のうち有症状は1人増えて83人です。無症状は1,386人で、無症状率は94.3%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者が6人も出ました。1人羽田着でしたが残り5人は成田着です。
1日成田着非公表国から入国の在住地非公表者2人(20代女・30代男)、1日成田着非公表国から入国の在住地非公表者2人(60代男・30代男)、2日関空着インドネシアから入国の兵庫県在住者3人(10歳未満男・20代女2人)がそれぞれ連番確認されており、それぞれ団体感染が疑われます。
また、2日羽田着ドイツから入国の東京都在住者1人(男)が10歳未満で、同行者がいる団体感染が疑われます。

有症状者は1人です。
1日成田着非公表国から入国の在住地非公表者(30代男)で、発熱、咳症状です。また、有症状なのに非公表というトンデモ事例となっています。

日本では、2時間飛行でも、前後左右二列だけでなく機内全域に二次感染した事例が生じています。長時間かつ機内食でマスクを外す国際線。全利用客に連絡し、14日間の隔離が徹底されているのでしょうか。心配です。


14日以内の2か国滞在者が出ました。また中東〜東欧にかけてです(ポーランドとブルガリア)。

ここのところ急増しているインドネシアからの陽性者が4人確認されています。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_15227.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする