2019年02月16日

成田_空港概要(2ビル)

情報交通ホットライン/日本空港情報館/成田国際空港(第2旅客ターミナル)
日本空港情報館
成田国際空港
第2旅客ターミナル


■施設の見どころ:◎◎◎◎◎ 大規模/日本を代表する空港ターミナル。日本で唯一のサテライト方式を採用。ゲート内外には多くの店舗があります。
■見学者への対応:◎◎◎◎◎ ターミナルパンフ 有(5語分(日英韓と中国語2種類))/案内所 有/展望デッキ 無料/ファン向け展示 有/芸術品多数。
■売店の充実度:◎◎◎◎= 多数の店舗が存在/イギリスの旅行誌「コンデナスト・トラベラー」実施の読者アンケートで、世界1位にランクされるほど免税店は充実。お高い店から格安店まで、食品・雑貨・生活用品なんでも揃います。空弁は皆無に近いです。
■アクセスの状況:◎◎=== 鉄道 直結(空港第2ビル駅)/バス 有/ターミナル直下に鉄道駅があるものの、東京中心部(東京駅)まで特急でも約60分かかります。


※情報は特記以外平成28年9月現在のものです。
top.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成23年1月撮影)
平成4年12月に誕生したターミナルビルです。地下1階地上4階建て。駐機方式はサテライト方式、動線方式は多層方式です。
ランド側にあるフロンタル方式に近い南北に長く伸びた本館と、東側に位置する長方形の1つのサテライトからなります。サテライト方式は日本唯一の方式(第1ターミナルもサテライト方式ですが、第2ターミナルは本館とサテライトがはっきり分かれているのが特徴)。本館とサテライトの間は開港以来シャトルシステムで結ばれていましたが、平成25年9月27日から通路に変更されています。ランド側から見て右側が南側、左側が北側。
本館の南端側は国内線区画になっています。この国内線区画近くには平成24年9月に南側国際線施設、反対側の北端側には平成24年10月に北側国内線施設が整備されています。
地下1階に鉄道駅、1階に国際線到着ロビーと国内線チェックインカウンタ、2階に国際線入国審査場と国内線出発ロビー、3階に国際線チェックインカウンタと搭乗口、出発ロビー、4階に売店、飲食店、見学デッキがあります。
ターミナル内のサインは、灰地に白文字が主流、一部の図柄に色が付いているものがあります。北側は青系、南側は赤系の色で案内を行っています。

ターミナル前面
(写真は平成27年6月撮影)
カーブサイドの接続道路は3階出発ロビーと1階到着ロビーにあり、北側から南側に向かって接続されています。また、ターミナルランド側正面にある駐車場との間を結ぶ連絡橋が2階に接続されています。
3階出発ロビー側は、大きく張り出した黒い大屋根が目を引きます。非常に広いカーブサイドで5か所の出入口があります。サインは横長の航空会社サインが複数つけられたもので、南北それぞれで手続きする航空会社のサインが掲げられています。
1階到着ロビー側は、3階カーブサイドの下に設置されています。3階車道部が屋根になっており、それを支える非常に太い柱が目立ちます。こちらも非常に広いカーブサイドで出入口は南北に各1か所あります。

T2002n.jpg T2002s.jpg
北ウイング前面(出発階)▲       ▲南ウイング前面(出発階)

国際線 チェックインロビー・チェックインカウンタ
(写真は平成27年6月撮影)
3階ランド側は全面に渡ってチェックインカウンタとなっています。北側にA-E、中央にH-M、南側にO-Sのアイランドカウンタが存在。カーブサイド北側にF、南側にN、出発口横北側にG、南側にTのカウンタがあります。
J-Tのカウンタは日本航空グループのカウンタで、GカウンタもJAL中心に運用されています。
平成20年4月にインラインスクリーニングシステムを導入。カウンタの簡素化が図られています。

■第2ターミナル発着航空会社
ワンワールド加盟航空会社
 JAL 日本航空 [日本]
 AAL アメリカン航空 [米国]
 ALK スリランカ航空 [スリランカ]
 BAW ブリティッシュ・エアウェイズ [英国]
 CPA キャセイパシフィック航空 [中国]
 FIN フィンランド航空 [フィンランド]
 IBE イベリア航空[スペイン]
 MAS マレーシア航空 [マレーシア]
 QFA カンタス航空 [オーストラリア]
 QTR カタール航空 [カタール]
 SBI S7航空 [ロシア]

スカイチーム加盟航空会社
 CAL チャイナエアライン [台湾]
 CES 中国東方航空 [中国]
 MDA マンダリン航空 [台湾]

スターアライアンス加盟航空会社
 AIC エア インディア [インド]

バリューアライアンス加盟航空会社
 CEB セブパシフィック航空 [フィリピン]
 NCT ノックスクート [タイ]
 TGW スクート・タイガーエア [シンガポール]

その他航空会社
 AMU マカオ航空 [中国]
 ANG ニューギニア航空 [パプアニューギニア]
 CHH 海南航空 [中国]
 ESR イースター航空 [韓国]
 FJI フィジー・エアウェイズ [フィジー]
 HAL ハワイアン航空 [米国]
 HKE 香港エクスプレス航空 [中国]
 JAA ジェットアジア・エアウェイズ [タイ]
 PAL フィリピン航空 [フィリピン]
 TAX タイ・エアアジアX [タイ]
 THT エア タヒチ ヌイ [タヒチ]
 TTW Tigerair Taiwan [台湾]
 TWB ティーウェイ航空 [韓国]
 UAE エミレーツ航空 [UAE]
 VJC ベトジェット [ベトナム]

※共同運航便のみ ANA*、アシアナ航空(AAR*)、バンコク・エアウェイズ(BKP)、中国南方航空(CSN*)、デルタ航空(DAL*)、ファイヤーフライ(FFM)、ベトナム航空(HVN*)、ジェットエアウェイズ(JAI)、大韓航空(KAL*)、ラタム航空チリ(LAN)、ロイヤルブルネイ航空(RBA)、ラタム航空ブラジル(TAM)(*ANAとAARは第1南、CSNとDAL、HVN、KALは第1北で自社運航便の発着あり。各共同運航路線の運航会社のカウンタで手続きが行われます。)

※平成23年07月01日:ESR 新規就航
※平成23年10月30日:HVN 第2から第1北ウイングに移転
※平成24年03月25日:ニュージーランド航空(ANZ) 第2から第1南ウイングに移転
※平成24年03月26日:SBI 就航
※平成24年04月01日:ガルーダインドネシア航空(GIA) 第2から第1北ウイングに移転
※平成24年09月12日:中国南方航空(CSN) 第2から第1北ウイングに移転
※平成24年10月28日:エアアジア・ジャパン(WAJ) 就航
※平成24年10月29日:SCO 就航
※平成25年01月10日:香港航空(HKA)拠点撤退
※平成25年07月04日:チェジュ航空(JJA) 就航
※平成25年08月20日:AAA 就航(定期チャーター便)
※平成25年09月26日:TNA 就航
※平成25年10月27日:WAJ 全便運休
※平成25年12月20日:VNL 就航
※平成26年03月15日:アジアンエア(DEX) 定期チャーター便就航
※平成26年03月30日:CEB 就航、QTR 第1南ウイングから第2に移転
※平成26年09月01日:TAX 就航
※平成26年10月02日:JAA 就航
※平成26年11月21日:エアアジアX(XAX) 就航
※平成26年12月08日:HKE 就航
※平成27年03月29日:AFR JALとの共同運航解消
※平成27年04月02日:TTW 就航
※平成27年04月08日:VNL・JJA・ジェットスター航空(JST) 第2から第3に移転
※平成27年08月20日:XAX 全便運休
※平成27年10月17日:USエアウェイズ(USA) 便名終了
※平成27年12月23日:CHH 就航
※平成28年02月25日:メガ・モルディブ航空(MEG) 定期チャーター便就航
※平成28年02月07日:DEX 運航停止
※平成28年03月27日:TWB 就航
※平成28年07月01日:香港航空(CRK) 就航
※平成28年11月22日:TNA 全便運休(運航停止)
※平成28年11月27日:CRK RBAとの共同運航便化
※平成29年05月02日:MEG 運航停止
※平成29年05月25日:インドネシア・エアアジアX(IDX) 就航
※平成29年07月25日:SCO TGWに変更
※平成30年03月25日:HAL 第1北から第2に移転
※平成30年06月01日:NCT 就航
※平成30年06月14日:MDA 就航
※平成30年07月03日:FJI 就航
※平成30年08月01日:CRK 第2から第1北ウイングに移転
※平成31年01月11日:VJC 就航
※平成31年01月15日:IDX 全便運休
※平成31年02月16日:パキスタン国際航空 全便運休

T2004n.jpg T2004s.jpg
北ウイングカウンタ▲       ▲南ウイングカウンタ
=====================
国際線 チェックインカウンタ(団体カウンタ)
(写真は平成27年6月撮影)
第2ターミナルの団体カウンタは北端の分離区域と南側Nカウンタ横の2か所に分散しています。

T2004n4.jpg T2004s4.jpg
北ウイングカウンタ(団体カウンタ)▲       ▲南ウイングカウンタ(団体カウンタ)
=====================
NRTT2004d.jpg国内線 チェックインカウンタ
(写真は平成28年9月撮影)
国内線施設は、本館南端側に設置されています。
チェックインカウンタは、日本航空グループ(JAL)のものがあります。
※平成24年07月03日:ジェットスター・ジャパン(JJP) カウンタ新設
※平成24年08月01日:WAJ カウンタ新設
※平成24年09月12日:南側国内線施設(JJPカウンタ) 新設
※平成25年10月27日:WAJ カウンタ廃止
※平成25年12月20日:バニラエア(VNL) カウンタ新設
※平成26年08月01日:春秋航空日本(SJO) カウンタ新設
※平成26年10月26日:スカイマーク カウンタ廃止
※平成27年04月08日:JJP カウンタ廃止(第2から第3に移転)、VNL・SJO カウンタ廃止(北側国内線施設から第3に移転)

国際線出発口
(写真は平成27年6月撮影)
国際線出発口は3階中央部に南北1か所ずつ設置されています。セキュリティチェックを通過後すぐに出国審査場があり、そのエプロン側に搭乗待合室が広がっています。第1ターミナルと異なり平面移動だけになっています。
天井に窓ガラスがあり自然光が降り注ぐ明るい出発口で、上部にある大きな電光案内掲示板と吊り下げられた赤と青の垂れ幕が目立ちます。

T2005n.jpg T2005s.jpg
北ウイング出発口▲       ▲南ウイング出発口
=====================
T2005d.jpg国内線 出発口
(写真は平成27年6月撮影)
国内線出発口は、本館2階南端側国内線区画にあり、JALグループにあります。
南側出発口は灰系色のタイルカーペット敷きとなっています。
※平成24年08月01日:WAJ 専用出発口 新設
※平成25年10月27日:WAJ 専用出発口 廃止
※平成25年12月20日:VNL 専用出発口 新設
※平成26年08月01日:北側専用出発口(VNL専用出発口) SJOも使用開始
※平成27年04月08日:北側専用出発口 使用停止(VNL・SJOは第3に移転)

国際線搭乗待合室
(写真は平成25年9月撮影)
国際線搭乗待合室は、出発口と同一レベルの3階エプロン側に広がっています。中央部に本館があり、シャトルで連絡された先にサテライトがあります。本館の南北はそれぞれのフィンガーが伸びる構造です。本館、サテライトとも3階エプロン側のほぼ全面を占めているほか、搭乗橋周辺などで2階部分も利用されています。
エリア内には多くの店舗が出店しており、売店はその大部分が免税売店です。多くの店舗は本館中央部の「ナリタ5番街」周辺に集中しており、横長の本館両翼と同じく横長のサテライトに沿って店舗が点在しています。

■本館(南側)
61番-66番・67A番・67B番・68A番・68B番の10か所の搭乗改札・搭乗橋があります。62番と63番の間に国内線から国際線への乗継客が利用する内際乗継施設(国内線から直接国際線へ乗り継ぎできる施設。セキュリティーチェックと出国審査)があります。
中央に近い位置の3階にファーストクラスラウンジ(JAL)、2階にサクララウンジ(JAL)があります。
■本館(北側)
71番から75番の5か所の搭乗改札・搭乗橋があります。
中央に近い位置の4階にファーストアンドビジネスクラスラウンジ(CPA)とエミレーツ・ラウンジ(UAE)、2階にアドミラルズクラブ(AAL)とダイナスティ・ラウンジ(CAL)があります。
■本館(中央)
出国審査場から搭乗待合室ゾーンに入った3階から2階シャトル乗場を経て1階へ降りたところにバスゲートがあり、70A番から70M番の搭乗改札と第1旅客ターミナル側との乗継旅客連絡用バスのりば(60番)があります。2階シャトル乗場横に国際線乗継用セキュリティチェックゲートが設けられています。
■サテライト
南側に91番から99番、北側に81番から88番の17か所の搭乗改札・搭乗橋があります。また、中央1階に第1旅客ターミナル側との乗継旅客連絡用バスのりば(80番)が設けられています。
中央2階には国際線乗継用セキュリティチェックゲートがあるほか、2階にカンタスビジネスラウンジ(QFA)と3階にサクララウンジ/ファーストクラスラウンジ(JAL)が設置されています。

※平成25年09月27日:本館・サテライト間連絡用シャトル 運行終了(09/26最終運行)
※平成26年04月10日:本館北側 76番・77番 搭乗口閉鎖
※平成27年06月11日:エミレーツ・ラウンジ 新設
※平成27年12月17日:本館南側 67A番・67B番・68A番・68B番 搭乗口新設

nrtt2-07-04.jpg nrtt2-07-03.jpg
本館 中央広場▲    ▲本館 バスラウンジ

nrtt2-07-01.jpg nrtt2-07-02.jpg
本館 搭乗待合室(写真は北)▲    ▲本館 連絡通路部(写真は南)

nrtt2-07-06.jpg nrtt2-07-05.jpg
サテライト(写真は北)▲    ▲サテライト(写真は南)
=====================
T2-05d2.jpg国内線搭乗待合室
(写真は平成21年1月撮影)
国内線搭乗待合室は、2階南端側出発口を入った場所にあります。
搭乗口は、1層上がった3階(本館南側)とバス出発口用が1階(本館南側)にあります。3階は63番-66番・67A番・67B番・68番が国際線との共通運用されています。
平成30年11月現在、通常時は1階出発ゲートを使用しています。1階出発ゲートは大きく3か所に分かれており、2階搭乗待合室から直接1階へ降りる場所に2か所(A-F、G-I)、3階を経由して進んだ先にN-Sが設けられています。
3階にサクララウンジ(JAL)があります。

※平成24年08月01日:WAJ専用搭乗待合室 新設
※平成24年10月23日:WAJ専用搭乗待合室 閉鎖、北側国内線施設に移転
※平成25年03月12日:南端搭乗待合室1階 搭乗口G、H 新設
※平成25年06月04日:南端搭乗待合室1階 搭乗口I 新設
※平成27年12月17日:南端搭乗待合室1階 搭乗口N・P・R・S 新設

国際線到着口/到着ロビー
(写真は平成29年3月、平成28年9月撮影)
国際線到着口/到着ロビーは1階中央部に南北1か所ずつ設置されています。南側が到着口A、北側が到着口Bです。それぞれの到着口外側は2階までの吹抜になっています。
第2ターミナルの到着エリアは、第1ターミナルに比べ、階層間の移動は少なめ。PBBから本館中央に設けられている入国審査場まですべて2階レベルです。
入国審査場から1階へ降りると、手荷物検査場が配置されています。手荷物検査場は南北一体化されており、ターンテーブルが南北それぞれに5本ずつ。動植物検疫所が計3か所あります。税関検査場は再び南北2か所に分かれており、到着口になります。
到着ロビーには、南北それぞれに銀行の両替所があるほか、総合案内所と鉄道・バス乗車券販売所のカウンタが並びます。
到着便を示す案内掲示板は、出発口同様の巨大な電光掲示板を採用しています。

NRTT2010N.jpg NRTT2010S.jpg
北ウイング到着ロビー(到着口B)▲       ▲南ウイング到着ロビー(到着口A)

nrtt2-09.jpg
サテライト到着通路部▲
=====================
T2-06d-01.jpg国内線 手荷物受取場
(写真は平成22年2月撮影)
国内線手荷物受取場は、本館南端側2階に設置されています。
手荷物受取場のターンテーブルは2か所で、国内線ではほとんど見られなくなった傾斜タイプが採用されています。
平成27年4月8日までは南側国内線施設の手荷物受取場が使用されていましたが、使用していたJJPとVNLの第3旅客ターミナル移転に伴い、現在は本館南端側の到着施設のみ使用されています。別棟の北側国内線施設には到着関係施設はありません。

※平成24年09月12日:南側国内線施設 手荷物受取場 新設
※平成27年04月08日:南側国内線施設 手荷物受取場 使用停止
=====================
T2-06d.jpg国内線 到着口/到着ロビー
(写真は平成23年1月撮影)
国内線到着口/到着ロビーは、本館南端側2階に設置されています。
平成27年4月8日までは南側国内線施設の到着口が使用されていましたが、使用していたJJPとVNLの第3旅客ターミナル移転に伴い、現在は本館南端側の到着施設のみ使用されています。別棟の北側国内線施設には到着関係施設はありません。

※平成24年09月12日:南側国内線施設 到着口 新設
※平成27年04月08日:南側国内線施設 到着口 使用停止

売店
売店は、ゲート外は本館4階に集中しています。ゲート内は、本館中央部に「ナリタ5番街」があり、免税店などが数多く出店しています。

■AIRPORT MALL(本館4階エリア)
本館4階エリアはAIRPORT MALLと呼ぶ売店・飲食店エリアになっています。飛行機を利用しない人も利用できます。平成23年8月にリニューアルオープンしています。
[NORTH]
・一般売店18店(三愛水着楽園、Fa-So-La HELLO KITTY、つばさ、シーグルメ、SAC'S BAR、靴下屋、伊東屋、横山、ちばぼうきょう、おみやげ京成、井和井、ANAFESTA、グラニフ、東京食賓館、PLAZA、Air BICCAMERA、BeeBOX、ISSEY MIYAKE)
[SOUTH]
・一般売店19店(ポケモンストア、ユナイテッドアローズ、セブンイレブン、MUJI to GO、アース ミュージック&エコロジー、ルイナス、にっぽんCHACHACHA、改造社書店、カヤ、BLUESKY、福寿園、銀座あけぼの、ユーハイム、Fa-So-La DRUGSTORE、ブルックスブラザース、Stylish Travel、カメラのキタムラ、タイムギャラリー、田崎真珠)

■本館3階エリア(出発ロビー)
本館3階エリア(出発ロビー)の売店は、飛行機を利用しない人も来店できます。ロビー周囲に点在しています。
・一般売店5店(ユニクロ、エルプラザ、ジュピター)
・サービス店3店(ネイルクイック、成田国際空港振興協会(リペアショップ、宝くじカウンター))
※両替所、海外旅行保険、手荷物宅配カウンタ、携帯電話レンタルカウンタ、クレジットカードサービスカウンタなどが多数出店しています。

■本館2階エリア(ロビー区域)
本館2階エリア(ロビー区域)の売店は、飛行機を利用しない人も来店できます。
・一般売店2店(DRUGBOX、ホットハート)
・サービス店2店(アーネスト、ラフィネ)
※銀行も出店しています。

■本館1階エリア(到着ロビー)
本館1階エリア(到着ロビー)の売店は、飛行機を利用しない人も来店できます。
・一般売店3店(まきば、BLUESKY、千葉マルシェ空の駅)
※両替所、手荷物宅配カウンタ、携帯電話レンタルカウンタなどが多数出店しています。

■本館地下1階エリア(ロビー区域)
本館地下1階エリア(ロビー区域)の売店は、飛行機を利用しない人も来店できます。
・一般売店3店(セブンイレブン、鉄道駅側(リブレ京成、ファミリーマート))
※日本医科大学成田国際空港クリニック、両替所、携帯電話レンタルカウンタなどが出店しています。

■ナリタ5番街(本館ゲート内中央)
3階出国待合室内のうち、本館中央は「NARITA 5th AVENUE(ナリタ5番街)」が広がっています。出発便搭乗者のみが利用できます。
・一般売店5店(FaSoLa MEN'S、Fa-So-LaTAXFREE AKIHABARA、宗家源吉兆庵、DRUG BOX、改造社書店)
・免税売店8店(Fa-So-La DUTYFREE 5店、JAPAN DUTY FREE、JAL DUTYFREE、MEVIUS)
・ブランド店17店(TUMI、OMEGA、LeSportsac、CHANEL 3店、GUCCI、Salvatore Ferragamo、Cartier、BVLGARI、TIFFANY & CO.、HERMES、BOTTEGA VENETA、PRADA、BURBERRY、COACH、Samantha Thavasa)
・サービス店1店(ラフィネ)
・その他1店(市中免税店引渡しカウンター)
※両替所も出店しています。

■本館ゲート内南北エリア
出発便搭乗者のみが利用できます。
3階出国待合室内は、南側63番ゲート前と北側74番ゲート前にそれぞれ売店1店(BLUESKY)あります。また、2階国内線搭乗待合室内に売店1店(BLUESKY)が出店しています。

■サテライト3階
出発便搭乗者のみが利用できます。
サテライト3階出国待合室内にも店舗があります。
・一般売店8店(Fa-So-La SOUVENIR、ロイヤル、BLUESKY 5店、ラオックス)
・免税売店2店(JAPAN DUTY FREE、JAL DUTYFREE)
・ブランド店1店(VICTORIA'S SECRET)
※両替所も出店しています。

■入国手続き前エリア1階(検疫検査場前)
・免税売店2店(Fa-So-La ARRIVAL DUTY FREE NORTH、Fa-So-La ARRIVAL DUTY FREE SOUTH)
 
(売店情報は平成30年11月現在)

T2-07n.jpg T2-07s.jpg
北ウイング売店▲       ▲南ウイング売店

nrtt2-11-01.jpg
ナリタ5番街▲

飲食店
飲食店は、ゲート外は本館4階に集中しています。ゲート内は、本館中央部などに軽食店が点在しています。平成22年6月1日より全店が禁煙化されています。

■AIRPORT MALL(本館4階エリア)
本館4階エリアはAIRPORT MALLと呼ぶ飲食店・売店エリアになっています。飛行機を利用しない人も利用できます。平成23年8月にリニューアルオープンしています。 飲食店は多くの店舗がエプロン側に設置されています。
[NORTH]
・8店(元祖寿司、讃兵衛、そじ坊、寿司田、天亭、いなば和幸、京樽、すし三崎丸)
[中央]
・1店(N's COURT)
[SOUTH]
・8店(築地銀だこ ハイボール酒場、RB、おぼんdeごはん、ラ・トック、謝朋殿、空海、マクドナルド、スターバックス)

■本館3階エリア(出発ロビー)
飲食店無し

■本館2階エリア(ロビー区域)
飛行機を利用しない人も来店できます。
・1店(吉野家)

■本館1階エリア(到着ロビー)
飛行機を利用しない人も来店できます。
・2店(明治パーラー、スターバックス)

■本館地下1階エリア(ロビー区域)
飛行機を利用しない人も来店できます。
・1店(ドトール)

■ナリタ5番街(本館ゲート内中央)
3階出国待合室内のうち、本館中央は「NARITA 5th AVENUE(ナリタ5番街)」が広がっています。出発便搭乗者のみが利用できます。
・4店(アビオン、BowlBowl、エクセルシオールカフェ、タリーズコーヒー)

■本館ゲート内南北エリア
出発便搭乗者のみが利用できます。
※BLUESKYの売店が飲食店併設となっています。

■サテライト3階
出発便搭乗者のみが利用できます。
・3店(吉野家、Fa-So-La Cafe、BLUESKY MISO KITCHEN)
※ロイヤルとBLUESKYの売店が飲食店併設となっています。
 
(売店・レストラン情報は平成30年11月現在)

T2007n2.jpg T2007s2.jpg
北ウイング飲食店▲       ▲南ウイング飲食店

見学デッキ
(写真は平成27年6月撮影)
4階南北端にそれぞれ設置されています。入場無料。先端部分に屋根が付いている見学しやすいデッキで、広々としています。
柵は、目の細かい高い柵がはられており、ところどころに撮影用の大きな穴があいているタイプです。送迎デッキや展望デッキではなく、見学デッキとしているあたり、見学者の利用が多いものと思われ、明らかに航空旅客ではなく撮影に来ただけのその手の人々も多く見られます。

T2008n.jpg T2008s.jpg
北ウイング見学デッキ▲       ▲南ウイング見学デッキ
====================
見学デッキからのながめ
(写真は平成27年6月撮影)
正面にサテライトがあるのを望める程度、B滑走路もやや遠いデッキです。周囲には高い山などもなく、遠景も単調です。ただし、多くのスポットが目の前に展開するため、駐機する飛行機の撮影には最適なデッキです。
ターミナルビルはエプロンの南西側に位置しており、午後が順光条件です。
ターミナルビルは短いB滑走路の南端付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はほとんど眺められません。

T2009n.jpg T2009s.jpg
北ウイング見学デッキからのながめ▲       ▲南ウイング見学デッキからのながめ

NRTT2021.jpgNarita Transit Program 受付カウンター
(写真は平成29年3月撮影)
1階北側到着ロビーにNarita Transit Programの受付カウンターが設けられています。
成田空港周辺で設定されたガイドツアーとセルフツアーの受付が行われます。
※平成27年03月01日:Narita Transit Program 受付カウンター 新設
T2-12.jpgNAA ランデブープラザ
(写真は平成23年1月撮影)
本館3階中央には待ち合わせポイントの「NAAランデブープラザ」、出国待合室内に当たる本館中央に「ウェイティングラウンジ」があります。いずれも無料スペースで、「NAAランデブープラザ」にはスタンドカフェや情報コーナー、「ウェイティングラウンジ」は喫煙ラウンジなどが設けられています。
一方、有料待合施設は各階に点在しています。有料待合室は1階北端に1か所、2階中央に2か所、4階南北にそれぞれ1か所配置(受付は3階出発ロビー北側)。クレジットカードラウンジは4階南北に各1か所(IASS ExecutiveLounge2、TEIラウンジ)あります。このほか、リラクゼーション設備として各所にマッサージチェアが置かれているほか、シャワールームが本館地下1階に1か所、リフレッシュルームが本館中央3階出国待合室に1か所開設されています。
T2018.jpgペットホテルとドッグフィールド(ペットインロイヤル)
(写真は平成27年6月撮影)
第2駐車場地下1階にペットホテル(ペットインロイヤル)があります。動物病院やトリミングサービス施設のほか、中央の広場にドッグフィールドがあります。
T2-13.jpgスカイリウム
(写真は平成23年11月撮影)
3階チェックインロビー南側にドーム状の「スカイリウム」があります。平成23年11月11日にできたステージで、新たな情報発信を行う場となっています。
NRTT2020.jpg礼拝室
(写真は平成29年3月撮影)
中央の案内所脇に礼拝室が設けられています。
※平成25年12月01日:サイレンスルームを礼拝室に変更
T2-14-2.jpgモニュメント
(写真は平成23年1月撮影)
館内には多くの壁画やモニュメントが存在し、ふとした場所でアートに遭遇できる空港になっています。
3階出発ロビー中央部に設置されている巨大な陶板壁画は第2ターミナルを象徴するアートです。(「ランデブープラザ」解説の写真)
平成20年には、サテライト2階到着コンコースに日本を表現するアートワーク群が登場。コンコースに、「日本の手わざ」をコンセプトにした「光屏風」「木」「土」「瓦」「陶」「漆」「蒔絵」「磁器」「金箔」「竹」「石」の計12作品を展示しています。これらの作品は、同年度のグッドデザイン賞を受賞しています。
写真は、平成23年に期間限定で3階チェックインロビーに展示されたアンリ・ファルマン機の実物大模型。見学者も多く訪れる空港であり、空港ファンも楽しめる展示がみられるのも特徴の一つです。

T2-17.jpgかつてあった見どころ(本館・サテライト連絡用シャトル)
(写真は平成23年1月撮影)
本館とサテライトの間は離れており、両館間の行き来のため、ターミナル供用開始から連絡用のシャトルシステムが運行されていました。軌道系システムのように見えますが、横移動用のエレベータのような扱いで、世界でも珍しい乗り物でしたが、4台での運行で待ち時間がかかることや、乗り切れないこともあることなどから、平成25年9月26日をもって廃止されました。
====================
かつてあった見どころ(国内線 チェックインカウンタ/JJP暫定施設)
(写真は平成24年9月撮影)
平成24年9月まで、1階南側の国際線到着ロビーAゾーン近くにJJPの暫定カウンタ、建物外の前面南端にJJPの暫定手荷物受付カウンタが設置されていました。
T2-04d-2.jpg T2-04d-4.jpg
かつてあった見どころ JJP専用暫定カウンタ▲       ▲JJP専用暫定手荷物受付カウンタ
====================
かつてあった見どころ(国内線 チェックインカウンタ/北側出発口・WAJチェックインカウンタ)
(写真は平成24年9月撮影)
平成25年10月まで、1階北端側にWAJの専用カウンタ、出発口が設置されていました。
WAJのみが使用していた北端側出発口から入った場合、搭乗待合室は別棟の北側国内線施設を利用することになっていました。
T2-04d-3.jpg T2-06d-3.jpg
旧・北端側WAJ国内線カウンタ▲     ▲旧・北端側WAJ国内線専用出発口
====================
かつてあった見どころ(国内線 南側国内線施設JJP・北端側VNL/SJO カウンタ)
(写真は平成26年9月撮影)
平成26年10月26日まで1階南側にSKYが使用していた国内線カウンタ、平成27年4月7日まで南側国内線施設2階にJJPが使用していた国内線カウンタ、北端側1階にVNLとSJOが使用していた国内線カウンタがありました。SKYは拠点撤退により、JJPとVNL、SJOは第3旅客ターミナル開業に合わせて使用が終了しています。
南側国内線施設は、2020年オリンピック・パラリンピック開催時に、閉会式後の3日間だけ暫定ターミナルとして活用される予定です。
T2-04d-5.jpg T2-04d-6.jpg
旧・南側国内線施設国内線カウンタ▲    ▲旧・北端側国内線自動チェックイン機
T2-04d.jpg
▲旧・南側SKY国内線カウンタ
====================
かつてあった見どころ(国内線 北端側VNL/SJO 出発口)
(写真は平成26年9月撮影)
平成27年4月7日まで北端側1階にVNLとSJOが使用していた北側国内線施設へとつながる専用出発口がありました。第3旅客ターミナル開業に合わせて使用が終了しています。

T2-05d-2.jpg
旧・北端側国内線出発口▲
====================
かつてあった見どころ(国内線 南側国内線施設 手荷物受取場)
(写真は平成24年11月撮影)
平成27年4月7日まで南側国内線施設2階にJJPとVNLが使用していた手荷物受取場がありました。第3旅客ターミナル開業に合わせて使用が終了しています。

T2-06d-02.jpg
▲旧・南側国内線施設 手荷物受取場
====================
かつてあった見どころ(国内線 南側国内線施設 到着口/到着ロビー)
(写真は平成26年4月撮影)
平成27年4月7日まで南側国内線施設2階にJJPとVNLが使用していた到着口がありました。第3旅客ターミナル開業に合わせて使用が終了しています。到着ロビー区域は第2旅客ターミナルの通路部分に当たるため、場所はそのまま存続しています。

T2-06d-2.jpg
▲旧・南側国内線施設 国内線到着口
====================
かつてあった見どころ(ヘリコプターチェックイン窓口)
(写真は平成23年11月撮影)
1階南側には、森ビルシティエアサービス(MCAS)のヘリコプターチェックイン窓口がありました。
※MCASは成田空港と東京都港区のアークヒルズヘリポートとを結ぶチャーターヘリコプターサービスを展開しています。

T2-04h.jpg
▲旧・ヘリコプターチェックイン窓口

■国内線就航路線(第2旅客ターミナル)
■国際線就航路線(第2旅客ターミナル)
→「就航路線」を参照
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※成田国際空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.04.22
初調査日 2008.03.02
前調査日 2017.03.04

ラベル:空港概要 成田
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 成田国際空港(成田空港) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック