2011年12月17日

徳島_初の国際定期便決定

■徳島空港 初の国際定期便がチャーターで就航決定 静岡と連携

徳島空港、静岡空港と中国湖南省の長沙黄花国際空港を結ぶ定期チャーター便が平成24年1月23日から就航することが決定しました。徳島空港に国際定期便が就航するのは初めてとなります。

1月23日に徳島空港に就航するのは、中国南方航空(CSN)による定期チャーター便。中国湖南省の旅行会社親和力旅遊が募集するツアー客をCSNが運ぶもので、静岡空港と連携し、徳島、静岡の両空港と長沙を結びます。
静岡県の発表によると、親和力旅遊が募集しているツアーは、「5泊6日」で「徳島空港から入国し、陸路で日本国内を移動し、静岡空港から帰国する場合と、その逆がある」2種類のパターンが設定されているとのこと。このため、徳島、静岡の両空港にそれぞれ10日おきに1往復する予定になっており、徳島には1月23日から、静岡には1月28日から就航します。

両空港を使う長沙チャーター便は、県から助成が出ているようで、徳島新聞によれば「徳島県は、ツアー客が県内で1泊以上することを条件に、1往復当たり最大70万円を親和力旅遊に助成」していることが報じられています。当初、今年4月から就航する予定でしたが、東日本大震災の影響で中止。静岡空港についてのみ今年7月から運航が開始されていました(徳島のかわりに関西国際に就航)。

徳島空港は開港以来初めてとなる国際定期便で注目度は高いですが、今回の就航便はあくまで親和力旅遊のツアー用チャーター便(インバウンドチャーター便)であるため、日本側からの出発や一般客は利用できないものとなっています。


富士山静岡空港に中国長沙からの連続インバウンドチャーターが運航されます(静岡県公式サイト)
http://www2.pref.shizuoka.jp/all/kisha11.nsf/c3db48f94231df2e4925714700049a4e/d1353e26e8176f11492579660000765d?OpenDocument

長沙から連続チャーター 中国南方航空、来月から計14便(静岡新聞公式サイト)
http://www.at-s.com/news/detail/100085695.html

徳島−湖南省チャーター便 1月23日就航(徳島新聞公式サイト)
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2011/12/2011_132382588496.html
posted by johokotu at 22:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 徳島空港(徳島阿波おどり空港) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック