2012年04月09日

ジェットスターJ_航空事業許可

□ジェットスターJ 航空運送事業を許可 7月3日から運航開始へ

国土交通省は6日、ジェットスター・ジャパンに航空運送事業を許可したと発表しました。

ジェットスター・ジャパンは、格安航空会社(LCC)のジェットスターが母体となり、日本航空(JAL)も出資する新規航空会社。成田国際空港(成田)を拠点に、7月3日から新千歳、関西国際、福岡、那覇の国内5拠点で運航を開始する予定です。運航路線はまだ決まっておらず、近日中に発表予定となっています。

ジェットスター・ジャパンが就航を予定する空港はいずれもJALが就航している空港で重複する路線も出てくる可能性が高いことから、JALとどのようなすみわけをするのかは大きな注目点です。ANAが出資するLCCのピーチアビエーション(APJ)やエアアジア・ジャパンがANAとは一味違う独自路線を強調する一方で、ジェットスター・ジャパンとJALは構築する路線網について連携することを何度か示唆しており、LCCでも採算がとれると判断した路線はジェットスター・ジャパンに一本化して両社でより多く路線を維持することも考えられます。

LCCによる国内線運航は、APJが関空を拠点に3月に運航をスタート。エアアジア・ジャパンも8月に成田を拠点に就航を予定しており、いずれの会社も新千歳、福岡、那覇といった主要空港を中心に就航します。成田、関空という国内線では大都市セカンダリー空港を拠点とする主要幹線に限ってはLCCによる競争が始まることになります。
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック