2012年06月02日

石垣_入居テナント決定

■新石垣空港 入居テナントを決定

来年3月7日に開港する新石垣空港の旅客ターミナルを建設している石垣空港ターミナルは28日、国内線旅客ターミナルの入居テナントを決定したと発表しました。八重山や沖縄のテナントが20店舗出店するとしています。

石垣空港ターミナルが発表したのは、新空港ターミナルに入居するテナント。物販は18区画のところ15店、飲食は5区画のところ4店、サービスは1区画のところ1店が発表されました。

出店が決まったのは、物販店が、石垣空港商事、石垣市特産品振興協同組合、石垣島トラベルセンター、宮城菓子店、八重山南風堂、お菓子のポルシェ、ことぶき、砂川冷凍総合食品、石垣の塩、南都物産、あざみ屋、海人工房、REKIO・GORES、琉球真珠、竹富町商工会の15社、飲食・サービスが、マルゲン水産、あやぱに、いしなぎ屋、伊盛牧場、パナ・ンの5社。決定したのはいずれも八重山地方など沖縄で展開する地元テナントとなっています。

新石垣空港の旅客ターミナルは2階建て。1階にチェックインロビー、2階に出発ロビーを配し、大部分の店舗は1階に出店する予定です。

新石垣への出店テナント募集は今年1月から3月に行われており、選定が進められていました。
今回の募集では搭乗待合室内の店舗は含まれておらず、航空会社系のテナントは選定されませんでした。
posted by johokotu at 11:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 新石垣空港(南ぬ島石垣空港)/石垣空港 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック