2012年07月04日

関空_JJPは南で手続き

■関西国際空港(関空) JJPは旅客ターミナル南側で出発手続き

新関西国際空港(新関空)は、自社サイトの関空マップを更新し、7月9日から運航されるジェットスター・ジャパン(JJP)は旅客ターミナル南側にチェックインカウンタが設けられることが明らかになりました。

新関空が更新したのは、自社公式サイトで公開している関空マップ。これによりますと、7月9日から運航されるJJPのチェックインカウンタは、旅客ターミナル2階の南端、現在、JALグループのカウンタがある並びに設けられることが明らかになりました。

関西国際空港(関空)では、格安航空(LCC)用ターミナルができるまでのつなぎとして、今年3月に就航したLCCのピーチアビエーション(APJ)はカウンタをエアロプラザに設け、専用のランプバスを走らせるなど特別な搭乗方法になっています。同じLCCに分類されるJJPも同様の形になると見られていましたが、最終的には旅客ターミナルを使用する通常の搭乗方法になる模様です。
ラベル:JJP 新関空 関空
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西国際空港(関空) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック