2013年06月26日

WAJ_エアアジア撤退へ

□WAJ エアアジアとの共同事業解消へ

ANAホールディングス(ANA)は25日、エアアジア(AirAsia Berhad、AAB)と共同で出資しているエアアジア・ジャパン(WAJ)について、AABとの共同事業を解消すると発表しました。鳴り物入りで日本国内線への参入を果たした世界最高の格安航空会社(LCC)とも言われるエアアジアが就航からわずか1年で日本国内線から撤退します。

WAJは、ANAとAABの共同事業として設立されたLCCで、昨年8月に初就航しました。
今回の発表では、WAJの共同事業を解消し、ANAの100%子会社とすることと、エアアジアブランドの使用を今年10月31日までとすることが明らかになりました。
これにより、世界最高のLCCとも言われるエアアジアが、就航からわずか1年ほどで日本国内線から姿を消すことになりました。
ANAでは成田を中心としたLCC事業を継続するとしており、11月以降も運航は続く模様です。

ANAは、共同事業解消の理由の中で、WAJを「日本マーケットに合致したビジネスモデルに改め」るとしており、東南アジアで成功したLCCビジネスは、そのまま日本国内線では通用しなかった模様です。
LCCが参入するずいぶん前から、日本でのLCC展開はかなり難しいと言われてきましたが、まさにそれが出た形になっています。

エアアジア社との共同事業の解消について(ANAホールディングス公式サイト)
http://www.anahd.co.jp/pr/201306/20130625.html
ラベル:エアアジア ANA WAJ LCC
posted by johokotu at 07:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック