2013年11月13日

枕崎_公共ヘリポート9/18〜

■枕崎飛行場 跡地への公共用ヘリポート供用は来年9月18日から

国土交通省(国交省)は5日、枕崎市から枕崎ヘリポートの設置許可申請があったと告示しました。平成26年9月18日からの供用開始予定となっています。

国交省が告示したのは、枕崎ヘリポートの設置許可申請。枕崎ヘリポートは、旧・枕崎飛行場の跡地に設置予定の陸上ヘリポートで、その設置目的を「鹿児島県内の防災活動等に資するため」としています。
総面積は15,475平方メートル、着陸帯及び滑走路は長さ25メートル、幅20メートルの予定です。
供用開始予定日は平成26年9月18日となっています。

告示に伴い、来月5日、枕崎市内で公聴会が実施される予定でとなっています。

枕崎飛行場は今年3月末に廃港。跡地はすでに仮設のヘリポートとして活用しているほか、大規模太陽光発電(メガソーラー)施設の設置工事が8月に着工済で、メガソーラーの見学施設や天文観測所も設置予定となっています。

枕崎へリポートの設置許可申請告示 及び 枕崎ヘリポートの設置に関する公聴会開催について(枕崎市公式サイト)
http://ht.city.makurazaki.kagoshima.jp/cgi-hlt/hltanynews?+-S+PRC:0300+-B+TOP:_top+U:MKR00001+I:0144
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック