2014年02月02日

夏ダイヤ 3空港で拠点撤退

□夏ダイヤ 三空港で航空会社の拠点撤退

国内航空各社は31日までに、今夏のダイヤ(平成26年3月30日〜平成26年10月25日)を発表しました。夏ダイヤ以降、三空港で航空会社の拠点撤退が予定されています。

夏ダイヤ以降、航空会社の拠点撤退があるのは、旭川、三宅島、熊本の三空港。いずれも4月1日から、旭川と熊本はスカイマーク(SKY)が、三宅島はANAが全便運休し、拠点撤退します。

SKYは、旭川に平成20年に就航。短距離路線の新千歳線を設定したほか、成田国際(成田)空港就航当初から成田線を開設するなど、実験的とも言える運航を多数設定してきました。
一方、熊本には平成22年に就航。東京国際(羽田)空港の発着枠の関係から、神戸線と神戸経由の羽田線からスタートしました。こちらは、4年足らずで撤退となります。

ANAは、三宅島に昭和41年に就航。50年近く運航を続けてきました。平成12年の噴火後、8年の運休を経て平成20年に羽田線が再開されましたが、近年は火山ガスの影響で不安定な運航が続いていました。

各空港とも運休まではあとわずか。乗り納めはお早めに。
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック