2014年09月02日

枕崎_日本初の発電所始動

■旧・枕崎飛行場 日本初の空港跡地メガソーラー発電所始動

オリックスと九電工は1日、枕崎飛行場跡地に建設していたメガソーラー発電所「枕崎市枕崎空港跡地第一発電所・第二発電所」の運転を開始したと発表しました。

1日に運転が開始されたのは「枕崎市枕崎空港跡地第一発電所・第二発電所」。昨年末に廃止された枕崎飛行場の跡地に建設していた、最大出力8.2メガワットのメガソーラー発電所です。
事業主は両社が出資するKクリーンエナジーで、旧旅客ターミナルを改装して見学・学習スペースを設けたほか、天文観測所も新設されています。

飛行場跡地や空港の敷地に太陽光発電所を設置した例はあるものの、空港の跡地への設置は日本初となります。

枕崎飛行場は昨年末に廃止。跡地の一部は改修し、枕崎ヘリポートとなっており、滑走路など大部分は今回の発電所施設に利用されています。

枕崎空港跡地を活用したメガソーラー発電所稼動について(九電工公式サイト)
http://www.kyudenko.co.jp/press/docs/%EF%BE%8F%EF%BD%B8%EF%BE%97%EF%BD%BB%EF%BE%9E%EF%BD%B7.pdf
ラベル:枕崎飛行場
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック