2015年07月05日

神戸_26年度50位路線なし

■神戸空港 平成26年度は上位50路線なし 航空輸送統計調査の集計方法変更?

国土交通省(国交省)は3日、平成26年度の航空輸送統計の概況を発表しました。神戸空港発着路線は上位50路線がなくなりました。

国交省が発表したのは、平成26年度の航空輸送統計の概況。
路線別輸送実績も上位50位までが発表されましたが、スカイマーク(SKY)の破たんで揺れる神戸は、最も多くの利用者がある東京国際(羽田)線も50位(羽田-青森線480,997人)までに入りませんでした。

羽田線は平成25年度は797,703人(32位)を記録しているため、50位(480,997人)に入らないということは急激な減少になります。一見、危機的状況なのかと思いきや、よくよく調べてみると、実態はどうも異なるようです。

羽田線に就航するSKYとANAがそれぞれ公表している輸送実績を合計すると、854,059人(SKY584,535人、ANA269,524人)の利用があったと発表されています。一覧をよく見ると、平成25年度までなかった「東京(羽田)−長崎【往復神戸経由】」が登場(579,248人、42位)しており、集計方法が変更された模様。羽田線のうち、長崎まで経由便で搭乗している旅客は除かれたために、上位50路線に計上されなかったものと見られます。

今回初めて登場した羽田-長崎線(神戸経由便)は、SKYのみの1社4往復だけ、しかも経由便ながら、50路線近くある羽田発着路線の中で24番目の利用者数を記録。座席利用率も77.5%の比較的高率で、神戸空港が乗り継ぎ空港として利用が定着していることが示されました。
しかし、SKYの羽田-長崎線(神戸経由便)は8月31日で設定が終了する予定です。
※SKY参入で色々話題となった羽田-美保線より利用者数が多いですネ、、、。

航空輸送統計調査 速報(年度)(国交省公式サイト)
http://www.mlit.go.jp/k-toukei/cgi-bin/search.cgi
ラベル:sky ANA 神戸空港
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸空港(マリンエア) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック