2016年02月18日

羽田_16年冬に米国4枠増へ

■東京国際空港(羽田空港) 米国便の発着枠が2016年冬ダイヤから4枠増加 夜8枠から昼10枠夜2枠に変更へ

国土交通省(国交省)は18日、米国との間の東京国際空港(羽田空港)の発着枠について、2016年冬期から、昼間時間帯に双方1日5便ずつ、深夜早朝時間帯に双方1日1便ずつの運航を可能とすることで合意したと発表しました。

国交省が発表したのは、16日〜18日に行われた日本と米国との間の航空当局間協議結果。
羽田空港の発着枠について、2016年冬期(2016年10月)からの運航開始を目指し、昼間時間帯に双方1日5便ずつ(日米計10枠)、深夜早朝時間帯に双方1日1便ずつ(日米計2枠)の運航を可能にしたとしています。

羽田では、平成26年3月に羽田空港国際線二次増枠分として、昼間時間帯の発着枠を国際線向けに31枠分を配分しています。
しかし、米国線は9枠想定のまま合意に至っていませんでした。このため、羽田からの米国線は、現在、深夜早朝時間帯8枠分のみが配分され、サンフランシスコ線2往復(日本航空(JAL)・ユナイテッド航空(UAL))、ホノルル線3往復(JAL・ANA・ハワイアン航空(HAL))、ロサンゼルス線3往復(ANA・デルタ航空(DAL)・アメリカン航空(AAL))のみが運航されている状況です。

今回合意したのは、この羽田空港国際線二次増枠分に当たります。昼間時間帯は10枠に合意しましたが、8枠は深夜早朝時間帯からの移行で、実質的な増便は昼間時間帯2枠、深夜早朝時間帯2枠の計4枠だけとなります。

羽田再国際化後の米国線は、米国航空会社側は、平成22年11月にHALホノルル線、平成23年2月にAALニューヨーク線、DALロサンゼルス線、DALデトロイト線が就航し、西海岸、内陸部、東海岸、太平洋と地域ごとに上手く配分されていました。一方の日本の航空会社は西海岸と太平洋に集中するもったいない使用で、平成22年10月にJALホノルル線、ANAホノルル線、ANAロサンゼルス線、JALサンフランシスコ線の計4往復の就航でスタートしています。

しかし、東海岸路線のAALニューヨーク線は平成25年12月に消滅。この枠は返還され、平成26年10月にUALサンフランシスコ線が就航しています。
一方、内陸部の路線のDALデトロイト線も平成24年10月に運休。DALは代わりに平成25年06月から西海岸のシアトル線を就航しましたが、この路線も平成26年10月に再度運休しています。この枠は没収され、今月AALロサンゼルス線に再配分されました。
結局深夜早朝時間帯では、残ったのは西海岸と太平洋路線だけ。返還・没収された発着枠の再配分を巡っては、米国航空会社各社が獲得競争も繰り広げるなど、なんとも残念な状況が続いていました。

今回の合意で、現在の深夜早朝便が移動するのか、成田からシフトするのか、成田は残したまま新路線が純増するのか、注目されます。

日本・米国航空当局間協議の結果について(国交省公式サイト)
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku03_hh_000244.html
ラベル:羽田 発着枠
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます、管理人です。

各種報道をみていると、
 昼間時間帯合意=ついに東海岸線実現
といった論調が目立ちますね。

過去の経緯からすると、別に深夜早朝便でも東海岸線は設定可能ですから、実はポイントではないのかもしれません。
むしろ、成田便を減便して全体が増便にはならないある意味無意味な羽田シフトや、深夜早朝便は減らされる事実が注視していくべきことなのかもしれません(羽田午前便は、上りの満員電車の時間帯に上り電車乗らないといけないのが残念です)。

それでは失礼します。
Posted by johokotu at 2016年02月19日 07:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック