2017年07月26日

神戸_ORIX連合に優先権

■神戸空港(マリンエア) 民間委託は順当にオリックス連合に優先交渉権

神戸市は25日、神戸空港(マリンエア)の特定運営事業等について、ORIX・VINCI Airports・関西エアポートコンソーシアムを優先交渉権者に選定したと発表しました。

神戸市が発表したのは、神戸空港の特定運営事業等優先交渉権者。オリックスを代表企業としたORIX・VINCI Airports・関西エアポートコンソーシアムを選定したとしています。

今後は、8月に基本協定を締結、実施契約の締結を10月に行い、来年4月頃の事業開始を目指します。

ORIX・VINCI Airports・関西エアポートコンソーシアムは、オリックスを代表企業に、VINCI Airports S.A.Sと関西エアポートがコンソーシアムを構成しています。
神戸空港のSPC(特別目的会社)は、関西エアポートの100%子会社となる予定。関西国際空港・大阪国際空港との一体運営に資する方策の項目は30点満点を獲得しています。

今回の審査結果では、最終審査まで何社が残ったのかは公表されず、ORIX・VINCI Airports・関西エアポートコンソーシアムの合計得点は176点(200点満点中)でした。

優先交渉権者を選定しました(神戸市公式サイト)
http://www.city.kobe.lg.jp/information/press/2017/07/20170725172501.html
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 神戸空港(マリンエア) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック