2018年08月22日

福岡_南施設8/29供用へ

■福岡空港 南側新施設を8/29に供用へ

福岡空港の旅客ターミナルビルを運営する福岡空港ビルディングは21日、29日から国内線旅客ターミナルビルの南側搭乗待合室、到着コンコース/南、到着口/南等を供用開始すると発表しました。

29日に供用開始になるのは、国内線旅客ターミナルビル南側の新施設。旧第1ターミナルを解体し、セットバックした位置に新造した施設です。出発関係は、新しい搭乗待合室と11番・12番搭乗口を新設。到着関係は、到着コンコース/南と手荷物受取場/南、到着口/南をオープンします。

新搭乗待合室は、8月8日に使用開始となった新しい出発保安検査場/南を入った先に整備されますが、北側との行き来が可能です。今回の完成に伴い現在の7番-10番搭乗待合室付近は使用が終了する模様です。
到着コンコースは、昨年完成した到着コンコース/北に続く供用開始で、これにより、完全な出発・到着分離が完了します。

国内線旅客ターミナルビル「南側搭乗待合室」「到着コンコース/南」「到着口/南」等の供用について(福岡空港ビルディング公式サイト)
http://www.fuk-ab.co.jp/uploads/2018/08/cbdf0003baab372488d2cd95fa34e98001a25588.pdf
ラベル:福岡空港
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | 福岡空港 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: