2019年09月03日

羽田_来春国内枠再配分へ

■東京国際空港(羽田空港) 来春国内線発着枠を再配分へ、新規就航も三枠確保

国土交通省(国交省)は2日、来年夏ダイヤから拡大する東京国際空港(羽田空港)の昼間時間帯の発着枠について、国内線発着枠は航空会社への配分を見直すと発表しました。

国交省が発表したのは、羽田空港の昼間時間帯の発着枠のうち、国内線発着枠の航空会社配分の見直し。来夏ダイヤから、国際線発着枠が50枠増加するのに対して、国内線発着枠は増枠させないため、既存の発着枠を航空会社から一部回収し、評価して再配分するとしています。

現在就航している航空会社6社・グループから19枠を回収。これに、路線廃止となった大島線、三宅島線分の2枠を加えた21枠を配分元としています。
このうち16枠は、地方枠(非幹線)として限定して航空会社に再配分。政策コンテスト枠を2枠増枠するほか、新規参入枠を3枠新設するとしています。

回収は、「保有発着枠から定率約5%(各社少なくとも1枠)ずつ」行われ、日本航空(JAL)グループ8枠、ANA7枠、スカイマーク(SKY)、AIRDO(ADO)、ソラシドエア(SNA)、スターフライヤー(SFJ)から各1枠が回収されています(廃止路線分があるため、ANAは実質9枠回収)。
再配分は、評価方式による評価の結果に基づいて行い、JAL5枠、ANA6枠、SKY2枠、ADO、SNA、SFJ各1枠を割り当てています。
この結果、JALは3枠、ANAは1枠(実質3枠)が減少、SKYが1枠増加する予定です。

政策コンテストは、今年度中を目途に実施予定。
新規参入枠は、「新規に参入しようとする航空会社が現れるまでの間は、既存航空会社の暫定使用可。」とすることが発表されています。羽田空港には、既存の国内線運航6社のほかに、Peach Aviationが国際線を就航済み。あくまでも航空会社の新規参入用で、新規路線に限っていないためにハードルは低く、新規参入枠を使った就航があるのか注目されます。

具体的なダイヤなどは、今後各航空会社から発表される予定です。

羽田空港国内線発着枠の配分の見直し結果について(国交省サイト)
http://www.mlit.go.jp/report/press/kouku04_hh_000195.html
ラベル:SFJ SNA ADO sky JAL ANA 羽田
posted by johokotu at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: