2019年12月11日

羽田_跡地第2はガーデンへ

■東京国際空港(羽田空港) 跡地第2ゾーンはエアポートガーデン、ホテルは国内空港最多室数を提供へ

住友不動産と羽田エアポート都市開発は10日、東京国際空港(羽田空港)跡地第2ゾーンの街区名称を「羽田エアポートガーデン」としたと発表しました。合わせて計画概要の詳細が発表されました。

新街区は、国際線旅客ターミナルに隣接する跡地第2ゾーンエリア。2020年春開業を目指し、羽田エアポート都市開発がホテル等の造成を進めています。
新街区の名称は「羽田エアポートガーデン」で、国内空港では最多室数となる1,717室のホテル、約2,400平方メートルのイベントホール・会議室、展望天然温泉、約90店舗の商業施設を整備するとしています。

また、アクセス施設として、約450台の駐車場と15停留所のバスターミナルを備えるとしています。バスターミナルは、現在の羽田では乗り入れがない中長距離のバスも運行するとしており、青森・仙台・名古屋・金沢・京都・広島等が例示されています。

羽田空港 直結 “オールインワン・ホテル 「羽田エアポートガーデン」プロジェクト発表(住友不動産公式サイト)
http://www.sumitomo-rd.co.jp/uploads/20191210_release_haneda-airport-garden-_happyou.pdf
ラベル:羽田
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | 東京国際空港(羽田空港) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: