2020年03月04日

肺炎_国内線も減便が発生へ

□新型肺炎 ウイルス汚染国になった影響で国内線でも減便が発生へ

ANAと日本航空(JAL)、スターフライヤー(SFJ)、SPRING(SJO)は4日、新型コロナウイルスによる肺炎の影響で国内線を減便すると発表しました。

ANA、JALともに6日〜12日の一部日程、SFJは11日〜18日、SJOは7日〜15日の一部日程で国内線の一部便を減便するとしています。
ANAは、新千歳、東京国際(羽田)、中部国際(中部)、大阪国際(伊丹)、広島、高松、福岡、那覇の8空港を発着する路線で、便数の多い路線を主に減便します。
JALは、旭川、釧路、帯広、札幌、新千歳、函館、青森、仙台、羽田、小松、伊丹、岡山、広島、徳島、高松、高知、松山、福岡、大分、長崎、熊本、宮崎、鹿児島、奄美、与論、那覇の26空港を発着する路線で、小規模路線も含まれている印象です。
SFJは、羽田-北九州線を1往復減便します。減便対象のSFJ93便に接続する福北バスは運休となるとしています。
SJOは、新千歳-成田国際線を一部日程で減便します。

新型コロナウイルスによる肺炎は、中国から始まっており、これまで、中国路線を中心に国際線のみで減便が相次いできました。国内でもウイルス感染が蔓延しつつあり、ついに国内線にも影響が出ることになってしまいました。

新型コロナウイルスの影響に伴う路線・便数計画の一部変更について(ANA公式サイト)
https://www.ana.co.jp/ja/jp/notice/notice_011.html
新型コロナウイルス肺炎の影響に伴う一部路線の減便について(2020年3月4日更新)(JAL公式サイト)
https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2020/dom/200304/
新型コロナウィルスの感染拡大に伴う一部路線の運休および減便について (SFJ公式サイトからのリンク)
https://ssl4.eir-parts.net/doc/9206/announcement/56526/00.pdf
新型コロナウイルスの影響に伴う国内線欠航のお知らせ(SJO公式サイト)
https://jp.ch.com/Help/News/c6caff16ea4942a6862836d030ef65d1.html

ラベル:中国 SJO SFJ JAL 感染症 ANA
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: