2020年05月27日

コロナ_入国拒否100か国超

□新型コロナウイルス感染症 入国拒否がついに100か国超える

27日0時から、新型コロナウイルスによる感染症(COVID-19)パンデミックの影響で、入国拒否地域が拡大されました。これにより、入国拒否の対象国は100か国を超えました。

法務省は、27日0時から、日本への入国を拒否する外国人の範囲を拡大、入国規制を強化しました。
「上陸の申請日前14日以内に以下の国・地域における滞在歴がある外国人」に当たる国・地域は、100か国・地域からだったものが、27日に地域が拡大。新たにインド、パキスタン、バングラデシュ、アルゼンチン、エルサルバドル、キルギス、タジキスタン、アフガニスタン、ガーナ、ギニア、南アフリカが加わり、合計111か国・地域からに変更されました。

新たに加わった国は、外務省が22日に感染症危険情報レベルをレベル3(渡航は止めてください。(渡航中止勧告))に引き上げた国・地域です。

今回新たに指定された地域では、インドとパキスタンから日本への直行便が就航しています。既に多くの便が長期欠航しています。
なお、入国拒否の適用は外国人に対してですが、日本人も、これらの国から到着した際には検査や自宅待機等が要請されている場合がありますので注意が必要です。

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に係る上陸拒否等について(法務省公式サイト)
http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/hisho06_00099.html
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: