2020年05月30日

空港検疫_罹患率若干増加5/29

■空港検疫 感染急増止まらず10人感染確認、愛知在住7人全員が行動歴非公開という異常事態 5月29日発表分

厚生労働省(厚労省)は5月29日12時現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


5月29日12時現在
罹 患 率 0.257%
無症状率 90.6%

国内の隠れ感染者数(推定値)30.7万人

※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
元にしている数値が異なるため差異あります。海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。参考程度にお考え下さい。


2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
■空港検疫全員検査結果(すべて12時現在)
・4/4〜4/5 :対象 1,486人、症状 有0 無0 =陽性 0人/罹患率0%
・4/4〜4/6 :対象 2,801人、症状 有0 無5 =陽性 5人/罹患率0.178%
・4/4〜4/7 :対象 4,064人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.221%
・4/4〜4/8 :対象 5,707人、症状 有1 無8 =陽性 9人/罹患率0.157%
・4/4〜4/9 :対象 7,213人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.291%
・4/4〜4/10:対象 8,756人、症状 有6 無15=陽性21人/罹患率0.239%
・4/4〜4/11:対象10,010人、症状 有6 無17=陽性23人/罹患率0.229%
・4/4〜4/12:対象11,359人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.457%
・4/4〜4/13:対象12,680人、症状 有11無41=陽性52人/罹患率0.410%
・4/4〜4/14:対象13,860人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.404%
・4/4〜4/15:対象14,921人、症状 有11無45=陽性56人/罹患率0.375%
・4/4〜4/16:対象15,988人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.375%
・4/4〜4/17:対象16,682人、症状 有11無49=陽性60人/罹患率0.359%
・4/4〜4/18:対象17,385人、症状 有11無50=陽性61人/罹患率0.350%
・4/4〜4/19:対象18,231人、症状 有11無51=陽性62人/罹患率0.340%
・4/4〜4/20:対象19,009人、症状 有11無52=陽性63人/罹患率0.331%
・4/4〜4/21:対象19,843‬人、症状 有12無53=陽性65人/罹患率0.327%
・4/4〜4/22:対象20,268‬人、症状 有12無54=陽性66人/罹患率0.325%
・4/4〜4/23:対象20,986‬人、症状 有12無56=陽性68人/罹患率0.324%
・4/4〜4/24:対象21,344人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.323%
・4/4〜4/25:対象21,865人、症状 有12無57=陽性69人/罹患率0.315%
・4/4〜4/26:対象22,552‬人、症状 有12無60=陽性72人/罹患率0.319%
・4/4〜4/27:対象23,347人、症状 有12無62=陽性74人/罹患率0.316%
・4/4〜4/28:対象24,079人、症状 有12無63=陽性75人/罹患率0.311%
・4/4〜4/29:対象24,671人、症状 有12無66=陽性78人/罹患率0.316%
・4/4〜4/30:対象25,382‬人、症状 有12無68=陽性80人/罹患率0.315%
・4/4〜5/1 :対象26,018人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.315%
・4/4〜5/2 :対象26,609人、症状 有12無70=陽性82人/罹患率0.308%
・4/4〜5/3 :対象27,315人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.303%
・4/4〜5/4 :対象28,113人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.295%
・4/4〜5/5 :対象28,805人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.288%
・4/4〜5/6 :対象29,171人、症状 有12無71=陽性83人/罹患率0.284%
・4/4〜5/7 :対象29,577人、症状 有12無72=陽性84人/罹患率0.284%
・4/4〜5/8 :対象29,983‬人、症状 有12無74=陽性86人/罹患率0.286%
・4/4〜5/9 :対象30,470人、陽性87人/罹患率0.285%
・4/4〜5/10:対象31,294人、陽性87人/罹患率0.278%
・4/4〜5/11:対象31,875人、陽性89人/罹患率0.279%
・4/4〜5/12:対象32,519人、陽性89人/罹患率0.273%
・4/4〜5/13:対象33,152人、陽性91人/罹患率0.274%
・4/4〜5/14:対象33,844‬人、陽性92人/罹患率0.271%
・4/4〜5/15:対象34,075人、陽性92人/罹患率0.269%
・4/4〜5/16:対象34,600人、陽性92人/罹患率0.265%
・4/4〜5/17:対象35,178人、陽性94人/罹患率0.267%
・4/4〜5/18:対象35,835人、陽性94人/罹患率0.262%
・4/4〜5/19:対象36,567人、陽性94人/罹患率0.257%
・4/4〜5/20:対象37,049人、陽性94人/罹患率0.253%
・4/4〜5/21:対象37,691人、陽性94人/罹患率0.249%
・4/4〜5/22:対象38,046人、陽性95人/罹患率0.249%
・4/4〜5/23:対象38,548人、陽性95人/罹患率0.246%
・4/4〜5/24:対象39,048人、陽性96人/罹患率0.245%
・4/4〜5/25:対象39,642人、陽性98人/罹患率0.247%
・4/4〜5/26:対象40,287人、陽性99人/罹患率0.245%
・4/4〜5/27:対象40,736人、陽性103人/罹患率0.252%
・4/4〜5/28:対象41,442人、陽性106人/罹患率0.255%
・4/4〜5/29:対象41,945人、陽性108人/罹患率0.257%

5月29日時点での罹患率をそのまま日本の人口(4月の推計人口1億2596万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約32.4万人になります。
国内のPCR検査陽性者は5月29日12時現在で16,532人ですから、隠れ感染者はあと約30.7万人もいると推定されます。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年5月29日版)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11587.html




1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
・4月03日:症状 有0 無1=陽性1人 66
・4月04日:症状 有0 無7=陽性7人 67・68・69・71・72・73・98
・4月05日:症状 有3 無3=陽性6人 70・74・99・100・101・102
・4月06日:症状 有3 無8=陽性11人 75・76・77・78・79・82・83・84・103・104・105
・非公表者:症状 有0 無2=陽性2人 80・81
・4月07日:症状 有1 無3=陽性4人 85・106・107・108
・4月08日:症状 有0 無2=陽性2人 86・109
・4月09日:症状 有0 無1=陽性1人 87
・4月10日:症状 有1 無5=陽性6人 110・111・112・113・114・115
・4月11日:症状 有0 無3=陽性3人 116・117・118
・4月12日:症状 有0 無2=陽性2人 119・120
・4月13日:症状 有0 無0=陽性0人 
・4月14日:症状 有0 無4=陽性4人 121・122・123・124
・4月15日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月16日:症状 有0 無1=陽性1人 125
・4月17日:症状 有0 無1=陽性1人 126
・4月18日:症状 有0 無1=陽性1人 127
・4月19日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月20日:症状 有1 無2=陽性3人 128・129・130
・4月21日:症状 有0 無2=陽性2人 131・132
・4月22日:症状 有0 無1=陽性1人 133
・4月23日:症状 有0 無0=陽性0人
・4月24日:症状 有0 無3=陽性3人 134・135・136
・4月25日:症状 有0 無2=陽性2人 137・138
・4月26日:症状 有0 無1=陽性1人 139
・4月27日:症状 有0 無2=陽性2人 140・141
・4月28日:症状 有0 無3=陽性3人 142・143・144
・4月29日:症状 有0 無2=陽性2人 145・146
・4月30日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月01日:症状 有0 無1=陽性1人 147
・5月02日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月03日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月04日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月05日:症状 有0 無1=陽性1人 148
・5月06日:症状 有0 無2=陽性2人 149・150
・5月07日:症状 有0 無1=陽性1人 151
・5月08日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月09日:症状 有0 無2=陽性2人 152・153
・5月10日:症状 有0 無1=陽性1人 154
・5月11日:症状 有0 無1=陽性1人 155
・5月12日:症状 有0 無1=陽性1人 156
・5月13日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月14日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月15日:症状 有0 無2=陽性2人 157・158
・5月16日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月17日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月18日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月19日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月20日:症状 有0 無1=陽性1人 159
・5月21日:症状 有0 無0=陽性0人
・5月22日:症状 有0 無1=陽性1人 160
・5月23日:症状 有0 無2=陽性2人 161・162
・5月24日:症状 有0 無1=陽性1人 163
・5月25日:症状 有0 無4=陽性4人 164・165・166・167
・5月26日:症状 有0 無3=陽性3人 168・169・170
・5月27日:症状 有0 無2=陽性2人 171・172
・5月28日:症状 有1(+1) 無9(+9)=陽性10人 173・174・175・176・177・178・179・180・181・182
 空港別:成田9・羽田1
 男女別:男5・女5
 年代別:10代下4・20代1・30代2・40代2・50代1・60代0・70代0・80代上0
 渡航元:英国1・マダガスカル1・非公開8
 居住地:東京2・愛知7・非公開1


4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、5月28日までの56日間で107人となりました。
107人のうち有症状は10人のみ。無症状は97人で、無症状率は90.6%となっています。


感染確認急増止まらず!!ウイルス持ち込み拡大の重大局面続く!!()
28日も感染者が確認され、7日連続感染確認となりました。7日連続の感染確認は、4月12日以来約1か月半ぶりとなります。
5月は中旬まで落ち着いてきたのに、ここにきて爆発的急増。感染確認が止まらなくなっています。

28日は、なんと、10人もの感染者が確認され、4月3日の全員検査開始以来、感染確認が100人を超えました。そしてそのうち8人が行動歴(滞在元)が非公開、うち7人は愛知県在住という異常事態になっています。愛知県在住者は5月25日にも一気に3人確認されており、何か罹患しやすい要因があるのでしょうか、、、。
同じ都道府県在住者が一気に確認されていること、10歳代以下も3人含まれていることから、家族といった集団感染が疑われる事象になっています。

さらに、4月20日以来1か月ぶりに有症状者が出現。こちらはマダガスカルから入国した東京都在住者ですが、集団感染と合わせ、機内での感染媒介の可能性が高い異常事態となっています。

1日の感染確認10人は、4月3日の全員検査開始以降で2番目に多く、10人超は4月6日以来、約2か月ぶり2回目です。
比較的感染確認の多かった4月上旬は入国者(検査対象者)がいまより多く1000人〜2000人ほどでした。いまは1日の入国者(検査対象者)は500人程度。実質的な感染率は2倍〜4倍で、感染確認拡大傾向は異様な状況です。

明らかに感染確認急増が続いており、ウイルス持ち込み拡大の重大局面を迎えています。
日本国内の緊急事態宣言が解除された瞬間、水際は緊急事態となっています。


空港検疫結果を見る際の注意点
4月3日以降、対象国(現在は111か国)からの入国する場合、全員がPCR検査の対象になっています。陰性・陽性にかかわらず、検査対象者は全員が到着翌日から数えて14日間までは外出自粛要請されています。

検査は空港内で実施されますが、検査結果が出るまで空港で待つ必要はなく、自宅等不特定多数の人が利用しない滞在施設への移動は許されています。ただし、移動は、不特定多数の人と接する公共交通の使用は禁止になっています。結果が出るまでは、ホテルなど不特定多数の人が利用する可能性のある施設での滞在は許されていませんので、検査結果が出るまで自宅等に滞在できない人は、空港内の検疫が用意した施設で待機しています。
検査結果が出るまでは1日程度で、結果が陰性の場合は開放(14日間の外出自粛付)、陽性の場合は入院等の措置となります。結果は1日程度で出ているようなのですが、この結果通知がかなり遅いようで、ネットサーフィンしていると、1週間後にやっと通知が来たといったSNSなども散見されますね。

当然、機内で感染した可能性もゼロではなく、日本到着直後はまだ発症前の可能性もあるため、結果が陰性でも、14日間は外出自粛、公共交通機関での移動禁止が求められています。このため、
・陽性の場合は、自宅療養か入院
・陰性の場合は、自宅待機(ホテル等不特定多数が利用する可能性のある施設での滞在でも可能)
といった感じです。

感染確認された人が不特定多数と接する可能性が唯一あるのは、入国〜結果通知までの間に自宅などに移動するタイミング+その後の自宅滞在中です。
例えば、空港から自家用車での帰路で、高速道路のサービスエリアでお手洗に寄るといったことも可能性があります。また、自宅での滞在時の外出自粛はあくまで自粛。感染確認までは1日程度かかるため、その間に、街中に出る可能性は完全なゼロではありません。

例えば、5月25日に感染が確認された4人のうち1人は、居住地が群馬県でした(発表では確認中とされていましたが報道で発覚)。翌日群馬県で入院したとの報道がなされ、当日中に群馬に帰っていたことが分かっています(この方が市中に出たかどうかは分かりません。群馬ぐらいだったらトイレ寄らずに帰れそうですし)。
今回の場合、愛知県では大騒ぎでしょうから、そもそもどこの国から入国しているのか(感染拡大していない国からの入国だと大問題ですし、ブラジルみたいに何も対策していない国だと感染は納得ではあるものの怖い事態です)、これらの方が不特定多数と接触せずに家に帰れているのか(あるいは空港にとどまっていたのか)、こんなに集中した理由は単に家族感染で数が多かっただけなのかなど、報道なども含めて注視したいと思います。

厚労省最新発表:新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11584.html
ラベル:感染症 検疫
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: