2020年05月31日

展望デッキ徐々に再開へ

■各空港の展望デッキが徐々に再開へ

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響で閉鎖されてきた、各空港の展望デッキが徐々に再開しています。

富山空港が15日、大阪国際空港は27日から再開。東京国際空港(羽田空港)でも29日に第1ターミナルと第2ターミナルのみ再開されました。
明日6月1日からは、名古屋飛行場や中部国際空港(セントレア)でも再開される予定です。

6月1日からは、最も感染が広がっている東京都でも、新型コロナウイルス感染症を乗り越えるためのロードマップがステップ2に移行されます。東京都の基準では、ステップ2は、商業施設の展望室も営業自粛要請がなくなるレベル。日本各地の空港の展望デッキの開放が徐々に復活してきています。

ただ、展望デッキは、航空利用には不要不急の施設。まだ開放まで至っていない空港も多く、仙台空港や成田国際空港(成田空港)、神戸空港は引き続き閉鎖が継続予定。静岡の石雲院展望デッキや岡山、鹿児島は、再開放のお知らせが出ていない状況です。
再開される空港も、セントレアが手すりは1スパンに1人のみでの利用を要請するなど、まだ、感染への警戒が強い中での再開放となっています。

国際線の運航が続く羽田や成田では、ここ数日入国者の感染確認が相次いでおり、感染リスクは4月上旬よりも約2倍と非常に高くなっています。羽田は不要不急来航の自粛を要請していますので、こういった空港では、見学目的での利用はまだしばらく自粛の必要がありそうです。

羽田空港内での一部施設、店舗の運用変更について(羽田空港旅客ターミナル公式サイト)
https://tokyo-haneda.com/information/2020/detail_00164.html
ターミナルビル施設等の対応について変更(5/27更新)(富山空港ターミナルビル公式サイト)
https://www.toyama-airport.co.jp/news/6277
旅客ターミナルビルの開館時間変更及び店舗等の営業時間等変更について(6月1日〜)(名古屋空港ビルディング公式サイト)
https://nagoya-airport.jp/news/2020/05/000285.html
スカイデッキ開場のお知らせ(6月1日より)(セントレア公式サイト)
https://www.centrair.jp/news/1249151_1781.html
【大阪国際空港 屋上展望デッキ再開のお知らせ】(関西エアポート公式サイト)
https://www.facebook.com/OsakaInternationalAirport/photos/a.419026858138478/3927297747311354/?type=3&theater
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆その他の話題 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: