2021年01月24日

空港検疫1/23_また米英やアフリカ

◇空港検疫 また米英・南アジア・アフリカ大陸からの入国者の陽性確認 1月23日発表分

厚生労働省(厚労省)は1月23日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


空港検疫陽性確認が増加中!
(×××)
1月23日現在
罹 患 率 0.440%

無症状率 93.6%

国内の隠れ感染者数(推定値)20.0万人

(比較用)日 本:罹患率0.283%=感染356,074人、死亡率0.0039%=死亡4,935人/人口約1億2571万人(2020年12月)←[激増中・ピーク]
(比較用)メキシコ:罹患率1.338%=感染1,688,944人、死亡率0.1144%=死亡144,371人/人口約1億2,619万人(2018年)←[激増中・ピーク](75人に1人感染、1000人に1人以上死亡の高感染国)※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/mexico/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(1月21日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
12月31日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月01日:対象403,600人、陽性1,821人/罹患率0.451%
2020年04月04日〜2021年01月02日:対象405,107人、陽性1,829人/罹患率0.451%
2020年04月04日〜2021年01月03日:対象406,499人、陽性1,843人/罹患率0.453%
2020年04月04日〜2021年01月04日:対象409,177人、陽性1,866人/罹患率0.456%
2020年04月04日〜2021年01月05日:対象411,667人、陽性1,884人/罹患率0.457%
2020年04月04日〜2021年01月06日:対象413,001人、陽性1,895人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月07日:対象414,715人、陽性1,902人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月08日:対象416,537人、陽性1,913人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月09日:対象418,237人、陽性1,920人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月10日:対象419,865人、陽性1,934人/罹患率0.460%
2020年04月04日〜2021年01月11日:対象423,463人、陽性1,945人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月12日:対象427,244人、陽性1,958人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月13日:対象429,683人、陽性1,964人/罹患率0.457%
2020年04月04日〜2021年01月14日:対象432,379人、陽性1,971人/罹患率0.455%
2020年04月04日〜2021年01月15日:対象434,762人、陽性1,976人/罹患率0.454%
2020年04月04日〜2021年01月16日:対象437,905人、陽性1,987人/罹患率0.453%
2020年04月04日〜2021年01月17日:対象441,610人、陽性1,999人/罹患率0.452%
2020年04月04日〜2021年01月18日:対象445,048人、陽性2,007人/罹患率0.450%
2020年04月04日〜2021年01月19日:対象449,477人、陽性2,018人/罹患率0.448%
2020年04月04日〜2021年01月20日:対象453,952人、陽性2,035人/罹患率0.448%※海港検疫含む
2020年04月04日〜2021年01月21日:対象458,877人、陽性2,036人/罹患率0.443%
2020年04月04日〜2021年01月22日:対象463,953人、陽性2,044人/罹患率0.440%

2020年04月04日〜2021年01月23日:対象465,222人、陽性2,050人/罹患率0.440%※海港検疫含む

1月23日時点での罹患率をそのまま日本の人口(12月の推計人口1億2571万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約55.3万人になります。
国内のPCR検査陽性者は1月23日0時現在で353,945人ですから、隠れ感染者はあと約20.0万人もいると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は1,269人と、前日の五千人超え打って変わって激減しています。
感染者は6人増加(海港1人含むと推定)。罹患率は横ばいでした。
検査数は増えているのにだいぶ陽性者数が抑えられてきました。入国規制強化は、搭乗時にごまかそうとする人に対する抑止力になっている感じでしょうか(咳や熱など一目でわかるなら搭乗時に撥ねられますが、倦怠感や味覚障害等見えなければバレませんし)。
※9日から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年1月23日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16265.html











空港検疫検査 到着日別詳細結果(1月22日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と12月31日までは別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2021年
01月01日:症状 有0 無16=陽性16人 1892・1893・1894・1895・1896・1897・1898・1899・1900・1901・1902・1903・1904・1905・1906・1907
01月02日:症状 有1 無22=陽性23人 1908・1909・1910・1911・1912・1913・1914・1915・1916・1917・1918・1919・1920・1921・1922・1923・1924・1925・1926・1927・1928・1929・1959
01月03日:症状 有3 無16=陽性19人 1930・1931・1932・1933・1934・1935・1936・1937・1938・1939・1940・1941・1942・1943・1944・1945・1946・1947・1969
01月04日:症状 有1 無8=陽性9人 1948・1949・1950・1951・1952・1953・1954・1955・1978
01月05日:症状 有0 無9=陽性9人 1956・1957・1960・1961・1962・1963・1964・1965・1966
01月06日:症状 有0 無10=陽性10人 1967・1968・1970・1971・1972・1973・1974・1975・1976・1977
01月07日:症状 有0 無6=陽性6人 1979・1980・1981・1982・1983・1984
01月08日:症状 有2 無11=陽性13人 1985・1986・1987・1988・1989・1990・1991・1992・1993・1994・1995・2029・2030
01月09日:症状 有0 無11=陽性11人 1996・1997・1998・1999・2000・2001・2002・2003・2004・2005・2007
01月10日:症状 有3 無12=陽性15人 2008・2009・2010・2011・2012・2013・2014・2015・2016・2017・2018・2019・2020・2021・2036
01月11日:症状 有1 無5=陽性6人 2022・2023・2024・2025・2026・2042
01月12日:症状 有0 無8=陽性8人 2027・2028・2031・2032・2033・2034・2040・2041
01月13日:症状 有1 無2=陽性3人 2035・2037・2038
01月14日:症状 有2 無5=陽性7人 2039・2043・2044・2045・2046・2047・2048
01月15日:症状 有1 無12=陽性13人 2049・2050・2051・2052・2053・2054・2055・2056・2057・2058・2059・2060・2061
01月16日:症状 有0 無10=陽性10人 2062・2063・2064・2065・2066・2067・2068・2069・2070・2071
01月17日:症状 有0 無9=陽性9人 2072・2073・2074・2075・2076・2077・2078・2081・2082
01月18日:症状 有2 無6=陽性8人 2079・2080・2083・2084・2085・2086・2087・2098

01月19日:症状 有1 無2=陽性3人 2088・2089・2090
 [空港別] 成田2・羽田1
 [男女別] 男2・女1
 [年代別] 10代下0・20代1・30代2・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] インド1・南アフリカ1・米国1
 [居住地] 青森1・東京1・大阪1
01月20日:症状 有0 無7=陽性7人 2091・2092・2093・2094・2095・2096・2097
 [空港別] 成田4・羽田2・関空1
 [男女別] 男5・女2
 [年代別] 10代下0・20代1・30代2・40代3・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] ベトナム1・スリランカ1・フランス1・ナイジェリア1・エチオピア1・米国2
 [居住地] 福島1・東京1・神奈川3・愛知1・非公表1
01月21日:症状 有3 無0=陽性3人 2099・2100・2101
 [空港別] 成田3
 [男女別] 男3・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1・40代1・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] UAE1・ガンビア1・米国1
 [居住地] 秋田1・東京1・大阪1
01月22日:症状 有1(+1) 無6(+4)=陽性7人 2102・2103・2104・2105・2106・2107・2108
 [空港別] 成田4(+2)・羽田3(+3)
 [男女別] 男3(+2)・女4(+3)
 [年代別] 10代下1(+1)・20代2(+2)・30代2(+1)・40代1・50代1(+1)・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] ネパール1・インド1(+1)・ガーナ1(+1)・ナイジェリア1・英国1(+1)・米国1(+1)・メキシコ1(+1)
 [居住地] 埼玉1・東京2(+2)・神奈川1(+1)・愛知2(+1)・非公表1(+1)


合計5人の陽性確認が発表されました。有症状者が1人出ています。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、1月22日までの295日間で2,030人になりました。
2,030人のうち有症状は1人増えて129人です。無症状は1,901人で、無症状率は93.6%です。ここのところ有症状者が急増しており、無症状率がジリジリ悪化しています。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
22日成田着インドから入国の東京都在住者1人(女)が10歳未満で、同行者がいる団体感染すり抜けが疑われます。

有症状者は1人です。
22日羽田着英国から入国の愛知県在住者(20代女)が嗅覚障害、味覚障害症状です。
英国からは半日程度の飛行時間です。機内で発症したものと思われますが、いきなり機内食で味がしないとは驚きでしょうね。


本日発表分は、世界最悪の感染国ながら全く警戒されていない米国、変異株警戒国である英国、直行便就航ごとに陽性者が出ている印象の南アジア(インド)から各1人陽性者が出ています。
入国者の絶対数が少ないアフリカ大陸からの入国者の陽性が不気味に増え続けていますね。


新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16266.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2021年01月23日

変異株検疫強化国増続く

◇空港検疫 変異株に伴う検疫強化国増加続く

新型コロナウイルスの変異株に伴う検疫強化国増加が毎日のように続いています。

検疫強化の内容は、2020年12月26日に決定された「国内で変異ウイルスの感染者が確認された国・地域からの入国者を対象とする日本における水際対策強化に関する新たな措置」に伴うもの。出国前72時間以内の検査陰性証明の提示必須化と、証明を提出できない場合の検疫指定施設での14日間待機(自宅待機が不可)です。

これらの強化策は、13日以降は既に全入国者に対しても行われているものと同じ内容ですが、全入国者対象はあくまで緊急事態宣言発出期間中限定とされています。上記当該国・地域は緊急事態宣言発出期間とは無関係のものです。

令和3年1月13日指定 措置開始令和3年1月17日午前0時(日本時間)〜
・アメリカ合衆国(メリーランド州)
・ポルトガル
令和3年1月19日指定 措置開始令和3年1月23日午前0時(日本時間)〜
・ガーナ※
令和3年1月20日指定 措置開始令和3年1月24日午前0時(日本時間)〜
・アメリカ合衆国(ユタ州)
・オーストリア
・チェコ
・ハンガリー
令和3年1月21日指定 措置開始令和3年1月25日午前0時(日本時間)〜
・中国(北京市)

新たに指定された地域には、日本への直行便が運航を継続している場所はありません。

今回の指定で、変異株に伴う検疫強化国・地域は、27か国と、4か国(中国、カナダ、米国、ブラジル)の16地域となりました。
英国と南アフリカはさらに強い規制が例外的に適用されています。

※ガーナは同国内で変異株市中感染未確認ですが、日本の空港検疫で確認されていることから指定されています。

新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(検疫強化対象国・地域の追加)(1月21日/外務省公式サイト)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C016.html
新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(検疫強化対象国・地域の追加)(1月20日/外務省公式サイト)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C015.html
新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(検疫強化対象国・地域の追加)(1月19日/外務省公式サイト)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C014.html
新型コロナウイルス感染症に関する新たな水際対策措置(検疫強化対象国・地域の追加)(1月13日/外務省公式サイト)
https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2021C011.html
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

お家いよう30 ライブ空港見よう

◇お家にいよう(その30) ライブカメラで空港を見よう

パンデミックはまだまだ継続中
外出自粛戒厳お願い続きで
STAY HOMEに疲れたら、
お家から空港を見てみませんか。


空港を発着する飛行機を見てみたい。そんな思いを実現するのがライブカメラです。
空港ターミナル会社をはじめとして複数の空港で、提供されています。



・日本航空が全国の一部空港のライブカメラを提供しています。
(釧路・新千歳・東京国際・大阪国際・関西国際・出雲・福岡・大分・熊本・那覇)
http://weather.jal.co.jp/livecam/

・共立航空撮影も複数空港のライブカメラを提供しています。
(仙台、八尾、北九州)
http://www.k-air.co.jp/livecamera/livecamera_yao2.html


・女満別空港
http://mmb-airport.co.jp/(女満別空港ビル)→右上カメラマークにリンクあり

・中標津空港
http://www.nakashibetsu-airport.jp/webcam/(根室中標津空港ビル)

・釧路空港
http://www.kushiro-airport.co.jp/livecam/(釧路空港ビル)

・帯広空港
https://obihiro-airport.com/(帯広空港ターミナルビル)→右上にリンクあり
http://kachimai.jp/video/index.php?vno=1493339608(十勝毎日新聞)

・札幌飛行場
https://www.okadama-airport.co.jp/(札幌丘珠空港ビル)

・新千歳空港
https://www.hbc.co.jp/info-cam/shinchitose.html(北海道放送)
https://www.stv.jp/webcam/shinchitose/index.html(札幌テレビ放送)
https://www.stv.jp/webcam/shinchitose2/index.html(札幌テレビ放送)

・青森空港
https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kendo/airport/APwebcam.html(青森県)
https://www.rab.co.jp/weather_city.html?id=1(青森放送)

・三沢飛行場
https://misawa-airport.co.jp/(三沢空港ターミナル)

・秋田空港
https://www.akita-airport.com/(秋田空港ターミナルビル)
https://www.youtube.com/watch?v=uBlFgKaq5pw(秋田放送 公式Youtube)

・花巻空港
https://www.youtube.com/watch?v=XHnrgK4sEDE&feature=emb_title(岩手県空港ターミナルビル 公式Youtube)

・仙台空港
http://www.kouku-dai.ac.jp/liveimage/(航空大学校)

・福島空港
http://www.pref.fukushima.jp/kukouoffice/infomation.HTM(福島県)

・新潟空港
https://www.youtube.com/watch?v=Ktfy3i6XJgQ(新潟総合テレビ 公式Youtube)

・松本空港
http://webcam.wni.co.jp/GWT60730/loop.html(松本空港ターミナルビル)

・富山空港
http://www.hrr.mlit.go.jp/toyama/bousainet/kasen/(富山河川国道事務所)→ライブカメラ内に富山空港リンクあり

・小松飛行場
http://www.live.citykomatsu.jp/webcamera/kanko/public.html(小松市)

・名古屋飛行場
https://www.katch.co.jp/livecamera/?id=43(キャッチネットワーク)

・大阪国際空港
https://www.youtube.com/channel/UCVdRvQptqqoLJA9s4_QcpiQ(Kansai HD Youtube)

・但馬空港
http://www.tajima-airport.jp/livecamera/(但馬空港ターミナル)

・出雲空港
http://www.izumo-airport.co.jp/enjoy/webcam.html(出雲空港ターミナルビル)

・高知空港
http://sky.kochi-ct.jp/(高知工業高等専門学校)

・長崎空港
https://www.ncctv.co.jp/(長崎文化放送)→下部にライブカメラあり

・宮崎空港
http://www.kouku-dai.ac.jp/liveimage/(航空大学校)

・鹿児島空港
https://www.koj-ab.co.jp/relax-and-enjoy/livecam.html(鹿児島空港ビルディング)
https://www.mbc.co.jp/web-cam/(南日本放送)

・奄美空港
https://www.mbc.co.jp/web-cam/(南日本放送)

・那覇空港
https://www.qab.co.jp/livenahacity/(琉球朝日放送)=複数場所の自動切り替わり

・駐車場のライブカメラ
 庄内空港
 https://www.shonai-airport.co.jp/(庄内空港ビル)

 東京国際空港
 https://www.aeif.or.jp/haneda/live_camera/index.html(空港振興・環境整備支援機構)

 松本空港
 http://www.matsumoto-airport.co.jp/live/live.html(松本空港ターミナルビル)


STAY HOMEな今はライブ映像で我慢して、再び空港に行ける日に備えませんか。


これまでアップした「お家にいよう」プロジェクト
空港は人生の全てを学べる。
お家にいながら空港を学べます!遊べます!楽しめます!
2020年
Vol01 04/26 http://johokotu.seesaa.net/article/474777868.html 国内空港コンテンツ
Vol02 05/08 http://johokotu.seesaa.net/article/474985058.html 内外空港コンテンツ
Vol03 05/09 http://johokotu.seesaa.net/article/475000295.html 海外空港コンテンツ
Vol04 05/10 http://johokotu.seesaa.net/article/475017943.html キーワーカー応援
Vol05 05/15 http://johokotu.seesaa.net/article/475107266.html 空港ネットショップ
Vol06 05/16 http://johokotu.seesaa.net/article/475123028.html 国内空港SNS
Vol07 05/17 http://johokotu.seesaa.net/article/475118475.html 子供向けコンテンツ
Vol08 06/12 http://johokotu.seesaa.net/article/475546802.html キャラと新ルール
Vol09 06/19 http://johokotu.seesaa.net/article/475810078.html 真面目に新ルール
Vol10 07/07 http://johokotu.seesaa.net/article/476114098.html 七夕 空を見上げよう
Vol11 07/23 http://johokotu.seesaa.net/article/476470171.html スポーツと海と空港
Vol12 07/25 http://johokotu.seesaa.net/article/476498310.html 応援東京2020 RJTH
Vol13 07/26 http://johokotu.seesaa.net/article/476504255.html 応援東京2020 RJTQ
Vol14 07/27 http://johokotu.seesaa.net/article/476504286.html 応援東京2020 RJAZ
Vol15 07/28 http://johokotu.seesaa.net/article/476504334.html 応援東京2020 RJAN
Vol16 07/29 http://johokotu.seesaa.net/article/476504367.html 応援東京2020 RJTO
Vol17 07/30 http://johokotu.seesaa.net/article/476504400.html 応援東京2020 RJTF
Vol18 07/31 http://johokotu.seesaa.net/article/476504428.html 応援東京2020 RJTT
Vol19 08/16 http://johokotu.seesaa.net/article/476870409.html 空港でリモワ移住1
Vol20 08/18 http://johokotu.seesaa.net/article/476871422.html 空港でリモワ移住2
Vol21 08/20 http://johokotu.seesaa.net/article/476872105.html 空港でリモワ移住3
Vol22 08/25 http://johokotu.seesaa.net/article/476971412.html 応援東京2020 パラ
Vol23 08/29 http://johokotu.seesaa.net/article/477101889.html 遊覧飛行準備しよう
Vol24 09/05 http://johokotu.seesaa.net/article/477227398.html 空の日を楽しもう
Vol25 12/04 http://johokotu.seesaa.net/article/477227398.html イルミを楽しもう
Vol26 12/24 http://johokotu.seesaa.net/article/479172680.html 初日はお家で見よう
Vol27 12/30 http://johokotu.seesaa.net/article/479177228.html コロナを振り返ろう
2021年
Vol28 01/09 http://johokotu.seesaa.net/article/479439429.html そこに検疫ヒーロー
Vol29 01/16 http://johokotu.seesaa.net/article/479563266.html 空港のすごい除雪
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

入国者変異株状況_1/22

◇入国者変異株感染状況 1月22日発表分

厚生労働省(厚労省)は22日、2日連続で変異株が確認されたことを発表しました。
新たに2人が確認されています。


新規の事例は、空港検疫以外での陽性事例です。

1件は入国後14日間隔離期間発症です。
・10日英国から入国の東京都在住者(30代女)=13日発症・18日入院

1件は感染経路不明の市中感染事例です。
・東京都在住者(10歳未満女)=19日陽性(無症状)・21日入院、英国滞在歴無し
 ※変異株とは未確認の東京都在住者(40代男、15日発症)の濃厚接触者として検査。

国内の変異株確認者は2人増えて、合計50人(うち入国者42人/市中二次感染3人/経路不明市中感染5人)となりました。

<空港検疫等での変異株状況>
左から到着日、到着空港、年代性別、推定される空港検疫No、推定される国籍、推定される在住地、空港検疫での症状(有症状の場合)
◆は14日間自主隔離期間の発症(空港検疫で陰性か検査対象外)、◇は空港検疫での確認、◎市中感染
▲は英国で最初に確認された変異株、△は南アフリカで最初に確認された変異株、▼ブラジルからの入国者から確認された変異株


行動歴英国からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/01 羽田 10代男 ◇▲1535 邦人 非公表
・12/18 羽田 10代男 ◇▲1717 邦人 非公表毎日発表:行動歴非公表
・12/19 羽田 30代女 ◇▲1733 邦人 東京
・12/20 羽田 60代男 ◇▲1765 邦人 東京 倦怠感
・12/21 関空 40代男 ◇▲1782 邦人 大阪
・12/21 関空 40代女 ◇▲1783 邦人 大阪
・12/21 関空 10未男 ◇▲1784 邦人 大阪
・12/22 羽田 40代男 ◇▲1802 邦人 非公表毎日発表:行動歴非公表
・12/24 羽田 40代女 ◇▲1824 邦人 東京
・12/24 羽田 40代男 ◇▲1825 邦人 東京 発熱、咽頭痛
・12/24 羽田 40代女 ◇▲1826 邦人 非公表
・12/26 関空 50代女 ◇▲1841 邦人 香川
・12/26 関空 30代女 ◇▲1842 邦人 京都
・12/26 羽田 30代女 ◇▲1843 邦人 東京 食欲低下
・12/26 羽田 10未男 ◇▲1844 邦人 東京
・01/03 羽田 30代男 ◇▲1969 ※1 大阪
・01/04 羽田 30代男 ◇▲1978 ※1 非公表 毎日発表:頭痛/変異株発表:発熱、咽頭痛
 ※1:No1969、No1978はどちらかが邦人、どちらかが外人
・01/10 成田 30代男 ◇▲2036 国籍不明 神奈川
(空港検疫すり抜け事例)
・12/13 不明 50代女 ◆▲ 国籍不明 東京
・12/16 不明 30代男 ◆▲ 国籍不明 東京
⇒ <市中>濃厚接触二次感染1人 20代女 ◎▲ 国籍不明 東京
(12/22 不明 30代男 ◆  国籍不明 東京(12/27発症12/29陽性)※検査量不足で変異株と確認できず
⇒ <市中>濃厚接触二次感染1人 20代男 ◎▲ 国籍不明 東京(12/30発症・陽性日不明)
⇒ <市中>濃厚接触二次感染1人 20代女 ◎▲ 国籍不明 東京(01/02発症・陽性日不明)
・12/25 不明 20代男 ◆▲ 国籍不明 東京(隔離中1/6無症状も自主検査し陽性)
・12/31 不明 20代男 ◆▲ 国籍不明 東京(1/2発症)
・01/10 不明 30代女 ◆▲ 国籍不明 東京(1/13発症)

行動歴南アフリカからの入国者起因
・12/19 成田 30代女 ◇△1776 邦人 東京
・01/07 関空 20代女 ◇△1979 外人 兵庫
・01/08 成田 10代女 ◇△2029 外人 東京
・01/08 成田 40代女 ◇△2030 外人 東京

行動歴南アフリカ/アラブ首長国連邦からの入国者起因
・12/29 成田 30代男 ◇△ 1866 外人 愛知

行動歴アラブ首長国連邦からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/23 成田 20代男 ◇▲1815 邦人 千葉
・12/24 関空 30代女 ◇▲1834 邦人 兵庫
・12/29 関空 30代女 ◇▲1870 国籍不明 愛知
・01/02 関空 70代女 ◇▲1925 国籍不明 福井
・01/09 成田 40代女 ◇▲2004 国籍不明 東京 毎日発表:無症状/変異株発表:発熱、咽頭痛
(空港検疫すり抜け事例)
・12/24 関空 50代女 ◆▲ 国籍不明 兵庫=上記1834の濃厚接触者扱い(12/31無症状も検査し陽性)

行動歴ナイジェリアからの入国者起因
・12/29 成田 30代男 ◇▲1867 国籍不明 大阪
・01/03 成田 40代男 ◇▲1939 ※2 大分
・01/07 成田 30代男 ◇▲1982 ※2 東京
 ※2:No1939、No1982はどちらかが外人、どちらかが国籍不明

行動歴ガーナからの入国者起因
・01/10 成田 30代男 ◇▲2020 国籍不明 東京

行動歴ブラジルからの入国者起因
・01/02 羽田 40代男 ◇▼1912 外人 三重 到着時無症状、呼吸状態悪化し入院
・01/02 羽田 30代女 ◇▼1913 外人 三重 毎日発表:咽頭痛、鼻汁/変異株発表:咽頭痛、頭痛
・01/02 羽田 10代男 ◇▼1914 外人 三重 毎日発表:無症状/変異株発表:発熱
・01/02 羽田 10代女 ◇▼1915 外人 三重

感染経路不明 国内在住者(海外渡航無し)
⇒<市中>感染経路不明1人 20代女 ◎▲ 国籍不明 静岡 1月上旬(1/3-1/10間)発症
⇒<市中>感染経路不明1人 40代女 ◎▲ 国籍不明 静岡 1月上旬(1/3-1/10間)発症
⇒<市中>感染経路不明1人 60代男 ◎▲ 国籍不明 静岡 1月上旬(1/3-1/10間)発症
⇒<市中>感染経路不明1人 60代女 ◎▲ 国籍不明 静岡 1月中旬発症(上記60歳男の濃厚接触者)
(感染経路不明 40代男 ◎▲ 国籍不明 東京(1/15発症・陽性日不明)※変異株とは未確認
⇒<市中>感染経路不明1人 10未女 ◎▲ 国籍不明 東京 無症状・1/19陽性


新型コロナウイルス感染症(変異株)の患者等の発生について(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16260.html
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

検疫週間速報1月1_外人悪化のまま

■空港検疫(週間速報)1月1週目 外国籍者悪化したまま 日本人は検査数激減で年末は不要不急の行き来が多かったとみられる結果に

厚生労働省(厚労省)は20日、空港検疫での新型コロナウイルス感染症検査状況の1月1週目(1月3日〜1月9日)分の速報値を発表しました。

厚労省の速報は、週間の検体数と陽性者数を、日本国籍者、外国籍者別に、滞在国ごとに出した非常に細かいデータです。2020年11月11日以降毎週水曜日に過去4週間分が発表されています。20日の公表で、2020年10月4日〜2021年1月9日分が公表されたことになりました。
速報のため、日々の発表のデータとかなりのズレが生じていますが、分析に活用できます。

[罹患状況推移分析] 外国籍者の罹患率悪化したまま下がらず
2020年
10/04-10/31 (日本国籍0.34%:外国籍0.35%)
11/01-11/07 検体10,589・陽性84=罹患率0.79%(日本国籍0.75%:外国籍0.83%)
11/08-11/14 検体10,823・陽性89=罹患率0.82%(日本国籍0.54%:外国籍1.02%)
11/15-11/21 検体11,627・陽性79=罹患率0.68%(日本国籍0.52%:外国籍0.79%)
11/22-11/28 検体13,789・陽性90=罹患率0.65%(日本国籍0.61%:外国籍0.65%)
11/29-12/05 検体14,226・陽性89=罹患率0.63%(日本国籍0.50%:外国籍0.74%)
12/06-12/12 検体16,488・陽性86=罹患率0.52%(日本国籍0.43%:外国籍0.64%)
12/13-12/19 検体18,554・陽性74=罹患率0.40%(日本国籍0.28%:外国籍0.62%)
12/20-12/26 検体18,835・陽性98=罹患率0.52%(日本国籍0.51%:外国籍0.54%)
12/27-01/02 検体13,123・陽性83=罹患率0.63%(日本国籍0.49%:外国籍0.75%)

2021年
01/03-01/09 検体14,098・陽性76=罹患率0.54%(日本国籍0.23%:外国籍0.72%)


検査数は、12月中旬〜下旬に日本国籍者が外国籍者の二倍ほどいたのに対し、前週日本国籍:外国籍=6:7と逆転。今週は5:9と、年末増えた日本人の減少が止まらず、年末減った外国人が増えています。
9日に検査対象が全入国者に変更されています。わずか1日間ですが、入国者総数の多い韓国、中国、ベトナムなど非上陸拒否国が対象なため、検体数は増える傾向になるはずです。全員検査は9日の1日間のみで、ベトナムは千人近く(ほとんど外国籍者)、中国と韓国はそれぞれ250人程の検体数となっています。しかし、ネパールやインドネシアは半減しています。
日本人も2月4週目に12,354人いたのに対し、今週は5,155人だけ。減少幅が大きすぎます。
日本人の場合、原因は年末年始帰省とみられますが、ここまで露骨に数値に差が出ると、年末入国した日本人は不要不急の行き来が多かったと言えそうです。国内間では帰省自粛の動きもありましたが、海外-日本間はその動きはなかったということかもしれません。

10月の4週間は日本国籍者と外国籍者の罹患率に差はなく0.35%程度でした。
11月に入ってからは、日本国籍者、外国籍者ともに急上昇しています。外国籍者の方が多い印象ですが、差は小さく、日本国籍者の割合も追いかけるように増えています。
今週は検体数が増えた一方、陽性者数は減ったため、全体の罹患率は下がっています。それでもまだ0.5%超えです。
前週と比べると、日本国籍者は、検査数が14%減少に対して陽性者数は59%減少。外国籍者は検査数が25%増加に対して陽性者数は19%増加です。
このため、罹患率は、日本国籍者は半減、外国籍者は横ばいでした。

日本国籍者と外国籍者との間での罹患率の差はさらに拡がりました。日本国籍者は0.2〜0.6%、外国籍者は0.5〜0.8%といった感じです。
総じて見ると、日本国内の罹患率は0.06%(人口約1億2500万人のうち治療中+死者約70,000人)ですから、空港検疫は相変わらず国内の10倍程度危険であることが分かります。

[陽性者数多い国分析] 米国は外人急激悪化で四割
今週も、日本国籍者は減少、外国籍者は横ばいといった傾向です。
相変わらず数が最多なのは米国。30人と前週の1.5倍になり、全体の四割を占めています。前週までは日本国籍者の方が陽性者が多かったですが、今週は外国籍者が24人と激増。外国籍者の罹患率は1.30%と急激悪化しています。
今週は、ロシアが、インドネシアとともに2番目に悪い数値になりました。ロシアは元々罹患率が悪い国です。米国に集中し他の国が数を減らす中、横ばい推移だったため、数も悪い結果となりました。感染要注意国ですね。
欧州は外国籍者が増えた印象です。

[罹患率高い国分析] ロシアは相変わらず悪く2.5%超え
罹患率は、ある程度の検体数(100人以上)がいる国では、ロシアが相変わらず罹患率が高く、2.56%と非常に悪いです。1%を超える国がロシア、パキスタン、アラブ首長国連邦、インド、ミャンマーと5か国もあります。ユーラシア大陸中央部ばかりですね。

検体数が少ない国でも、南アフリカは特に異常で、26人中3人感染の11.54%。変異株発生国でもあり、10人に1人を超える感染とは、かなりの注意が必要です。
二番目に数値の悪いクロアチア、三番目に数値の悪いナイジェリアは、二週連続の悪い数値で、ロシア同様現地の感染状態が悪いのかもしれません。非上陸拒否国で検査がほぼ9日1日間のみと思われるスリランカが3.13%でなぜか高確率になっています。
東欧も罹患率が高い国が傾向もあまり変わらず。クロアチア、ルーマニアと北欧のスウェーデンが1%を超えています。

[非公表の多い国分析] 非公表消滅したのに誤差が発生
毎日の詳細発表で非公表者は消滅しました。
非公表者が消滅したので、誤差がなくなるかと思いきや、かなり誤差が出ています。原因が謎です。
ナイジェリア、アラブ首長国連邦と変異株警戒国も含まれています。

[航空便利用者数分析] 米中横ばいも増減国によりバラバラ
合計の利用者数は五千人ほど増えて、3万人台を回復。31,606人でした
米国直行便と中国直行便の利用者数は横ばい。フィリピン直行便が約1,000人/週増加した一方、インドネシア直行便は約800人/週減と半減。ネパール直行便も半減しています。
ベトナムは約2,500人/週増えて倍増。韓国も約2,300人/週増と倍増し前々週レベルに回復しています。

技能実習生などが、インドネシアとネパールは渡航を諦めた一方、ベトナムは駆け込みがあったと言った感じでしょうか。
ベトナムは翌週から感染者が連発しており、まだ全入国者検査が始まっていなかったこの週にすり抜けが多くなかったか気になるところです。
フィリピンと韓国は年末年始休みが明けてビジネス客が動いたのかもしれません。

毎週データは更新されているようですので、今後も注視していきます。
※非公表がなくなりましたので、細かい分析は今週で終了します。

米国からの入国者の動向
10月04日〜10月10日:罹患率0.23%
日本国籍 検体1,674・陽性4=罹患率0.24%、外国籍 検体547・陽性1=罹患率0.18%
10月11日〜10月17日:罹患率0.54%
日本国籍 検体532・陽性4=罹患率0.75%、外国籍 検体215・陽性0=罹患率0.00%
10月18日〜10月24日:罹患率0.15%
日本国籍 検体823・陽性0=罹患率0.00%、外国籍 検体489・陽性2=罹患率0.41%
10月25日〜10月31日:罹患率0.13%
日本国籍 検体1,545・陽性1=罹患率0.06%、外国籍 検体783・陽性2=罹患率0.26%
11月01日〜11月07日:罹患率1.19%
日本国籍 検体1,832・陽性26=罹患率1.42%、外国籍866・陽性6=罹患率0.69%
11月08日〜11月14日:罹患率0.67%
日本国籍 検体1,829・陽性11=罹患率0.60%、外国籍851・陽性7=罹患率0.82%
11月15日〜11月21日:罹患率0.78%
日本国籍 検体2,043・陽性11=罹患率0.54%、外国籍1,017・陽性13=罹患率1.28%
11月22日〜11月28日:罹患率0.64%
日本国籍 検体3,307・陽性20=罹患率0.60%、外国籍933・陽性7=罹患率0.75%
11月29日〜12月05日:罹患率0.75%
日本国籍 検体2,644・陽性14=罹患率0.53%、外国籍1,209・陽性15=罹患率1.24%
12月06日〜12月12日:罹患率0.37%
日本国籍 検体3,544・陽性10=罹患率0.28%、外国籍1,080・陽性 7=罹患率0.65%
12月13日〜12月19日:罹患率0.42%
日本国籍 検体4,300・陽性12=罹患率0.28%、外国籍 963・陽性10=罹患率1.04%
12月20日〜12月26日:罹患率0.42%
日本国籍 検体4,887・陽性20=罹患率0.41%、外国籍 789・陽性 4=罹患率0.51%
12月27日〜01月02日:罹患率0.50%
日本国籍 検体2,746・陽性11=罹患率0.40%、外国籍1,426・陽性10=罹患率0.70%

01月03日〜01月09日:罹患率0.71%
日本国籍 検体2,384・陽性 6=罹患率0.25%、外国籍1,850・陽性24=罹患率1.30%


英国からの入国者の動向
11月22日〜11月28日:罹患率0.77%
日本国籍 検体 304・陽性 2=罹患率0.66%、外国籍 87・陽性 1=罹患率1.15%
11月29日〜12月05日:罹患率0.29%
日本国籍 検体 587・陽性 2=罹患率0.34%、外国籍 105・陽性 0=罹患率0%
12月06日〜12月12日:罹患率0.17%
日本国籍 検体1,066・陽性 2=罹患率0.19%、外国籍 136・陽性 0=罹患率0%
12月13日〜12月19日:罹患率0.33%
日本国籍 検体1,102・陽性 4=罹患率0.36%、外国籍 108・陽性 0=罹患率0%
12月20日〜12月26日:罹患率1.50%
日本国籍 検体 986・陽性17=罹患率1.72%、外国籍 149・陽性 0=罹患率0%
12月27日〜01月02日:罹患率0.39%
日本国籍 検体 168・陽性 1=罹患率0.60%、外国籍 87・陽性 0=罹患率0%

01月03日〜01月09日:罹患率0.52%
日本国籍 検体 241・陽性 1=罹患率0.41%、外国籍 141・陽性 1=罹患率0.71%


週間速報内容
12/20-12/26
全検査
合計 検体14,098陽性76 0.54%↓
日本 検体 5,155陽性12 0.23%↓陽性人数半減!!
外国 検体 8,943陽性64 0.72%


検体数の多い国
米  国:検体4,234 陽性30=0.71%
  日本国籍 検体2,384 陽性 6=0.25%/外国籍国 検体1,850 陽性24=1.30%
フィリピン:検体1,636 陽性 5=0.31%
  日本国籍 検体 154 陽性 0=0%/外国籍 検体1,482 陽性 5=0.34%
ベトナム:検体 943 陽性 1=0.11%
  日本国籍 検体 20 陽性 0=0%/外国籍 検体 923 陽性 1=0.11%
フランス:検体 516 陽性 1=0.19%
  日本国籍 検体 195 陽性 0=0%/外国籍 検体 321 陽性 1=0.31%
インドネシア:検体 451 陽性 3=0.67%
  日本国籍 検体 153 陽性 1=0.65%/外国籍 検体 298 陽性 2=0.67%

罹患率の高い国(検体数100以上)
ロ シ ア:合計 検体 195、陽性 5=2.56%
  日本国籍 検体 43、陽性 0=0%/外国籍 検体 152、陽性 5=3.29%
パキスタン:合計 検体 254、陽性 4=1.57%
  日本国籍 検体 14、陽性 0=0%/外国籍 検体 240、陽性 4=1.67%
U A E:合計 検体 339、陽性 4=1.18%
  日本国籍 検体 194、陽性 1=0.52%/外国籍 検体 145、陽性 3=2.07%
イ ン ド:合計 検体 392、陽性 4=1.02%
  日本国籍 検体 54、陽性 0=0%/外国籍 検体 338、陽性 4=1.18%
ミャンマー:合計 検体 400、陽性 4=1.00%
  日本国籍 検体 10、陽性 1=10.00%/外国籍 検体 390、陽性 3=0.77%
※特記
罹患率は南アフリカが最悪です(検体26(日本国籍7)・陽性3(全員外国籍者)の11.54%)。
二週連続でクロアチア(6.25%、外国籍13人中陽性1人)、ナイジェリア(6.25%、外国籍14人中陽性1人)が数値が悪いです。スリランカ(3.13%、外国籍59人中陽性2人)が続いています。


毎日の個別発表との誤差状況(1月3日〜1月9日)
(A)週間発表(今回の滞在国・地域ごとの検査実績発表):76人
(B)毎日発表:77人中非公表0人(複数国滞在者なし)

 (誤差が出ている国)Aが超過していると非公表の可能性有
 アラブ首長国連邦(A)4人(B)2人=Aが2人超過(日本籍1・外国籍3)
 パキスタン(A)4人(B)5人=Bが1人超過(日本籍0・外国籍4)
 インドネシア(A)3人(B)4人=Bが1人超過(日本籍1・外国籍2)
 ナイジェリア(A)1人(B)2人=Bが1人超過(日本籍0・外国籍1)
 フランス(A)1人(B)0人=Aが1人超過(日本籍0・外国籍1)
 コートジボワール(A)0人(B)1人=Bが1人超過

水際対策(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kansenkakudaiboushi-iryouteikyou.html#h2_7
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫1/22_5人中3人有症状

◇空港検疫 5人中3人有症状者、アフリカ大陸からの入国者の陽性が本日も5人中また複数2人 1月22日発表分

厚生労働省(厚労省)は1月22日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


空港検疫陽性確認が増加中!
(×××)
1月22日現在
罹 患 率 0.440%

無症状率 93.6%

国内の隠れ感染者数(推定値)20.5万人

(比較用)東京都:罹患率0.649%=感染90,659人、死亡率0.0054%=死亡761人/人口13,962,725人(2020年12月)←[激増直後・ピーク]
(比較用)ガンビア:罹患率0.173%=感染3,950人、死亡率0.0056%=死亡128人/人口約228万人(2018年)←(日本より低感染も上陸拒否国)※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/gambia/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(1月20日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
12月31日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月01日:対象403,600人、陽性1,821人/罹患率0.451%
2020年04月04日〜2021年01月02日:対象405,107人、陽性1,829人/罹患率0.451%
2020年04月04日〜2021年01月03日:対象406,499人、陽性1,843人/罹患率0.453%
2020年04月04日〜2021年01月04日:対象409,177人、陽性1,866人/罹患率0.456%
2020年04月04日〜2021年01月05日:対象411,667人、陽性1,884人/罹患率0.457%
2020年04月04日〜2021年01月06日:対象413,001人、陽性1,895人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月07日:対象414,715人、陽性1,902人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月08日:対象416,537人、陽性1,913人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月09日:対象418,237人、陽性1,920人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月10日:対象419,865人、陽性1,934人/罹患率0.460%
2020年04月04日〜2021年01月11日:対象423,463人、陽性1,945人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月12日:対象427,244人、陽性1,958人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月13日:対象429,683人、陽性1,964人/罹患率0.457%
2020年04月04日〜2021年01月14日:対象432,379人、陽性1,971人/罹患率0.455%
2020年04月04日〜2021年01月15日:対象434,762人、陽性1,976人/罹患率0.454%
2020年04月04日〜2021年01月16日:対象437,905人、陽性1,987人/罹患率0.453%
2020年04月04日〜2021年01月17日:対象441,610人、陽性1,999人/罹患率0.452%
2020年04月04日〜2021年01月18日:対象445,048人、陽性2,007人/罹患率0.450%
2020年04月04日〜2021年01月19日:対象449,477人、陽性2,018人/罹患率0.448%
2020年04月04日〜2021年01月20日:対象453,952人、陽性2,035人/罹患率0.448%※海港検疫含む
2020年04月04日〜2021年01月21日:対象458,877人、陽性2,036人/罹患率0.443%

2020年04月04日〜2021年01月22日:対象463,953人、陽性2,044人/罹患率0.440%

1月22日時点での罹患率をそのまま日本の人口(12月の推計人口1億2571万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約55.3万人になります。
国内のPCR検査陽性者は1月22日0時現在で348,897人ですから、隠れ感染者はあと約20.5万人もいると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は5,076人でした。上陸拒否国の全員検査が始まった昨年4月3日以来、過去最多の検査数で、初めて5千人を突破しました。
4日連続で四千人を突破しています。
感染者は8人増加。罹患率は一気に低下しました。
検査数は増えているのにだいぶ陽性者数が抑えられてきました。入国規制強化は、搭乗時にごまかそうとする人に対する抑止力になっている感じでしょうか。それなら良い傾向なのですが。
※9日から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年1月22日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16251.html











空港検疫検査 到着日別詳細結果(1月21日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と12月31日までは別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2021年
01月01日:症状 有0 無16=陽性16人 1892・1893・1894・1895・1896・1897・1898・1899・1900・1901・1902・1903・1904・1905・1906・1907
01月02日:症状 有1 無22=陽性23人 1908・1909・1910・1911・1912・1913・1914・1915・1916・1917・1918・1919・1920・1921・1922・1923・1924・1925・1926・1927・1928・1929・1959
01月03日:症状 有3 無16=陽性19人 1930・1931・1932・1933・1934・1935・1936・1937・1938・1939・1940・1941・1942・1943・1944・1945・1946・1947・1969
01月04日:症状 有1 無8=陽性9人 1948・1949・1950・1951・1952・1953・1954・1955・1978
01月05日:症状 有0 無9=陽性9人 1956・1957・1960・1961・1962・1963・1964・1965・1966
01月06日:症状 有0 無10=陽性10人 1967・1968・1970・1971・1972・1973・1974・1975・1976・1977
01月07日:症状 有0 無6=陽性6人 1979・1980・1981・1982・1983・1984
01月08日:症状 有2 無11=陽性13人 1985・1986・1987・1988・1989・1990・1991・1992・1993・1994・1995・2029・2030
01月09日:症状 有0 無11=陽性11人 1996・1997・1998・1999・2000・2001・2002・2003・2004・2005・2007
01月10日:症状 有3 無12=陽性15人 2008・2009・2010・2011・2012・2013・2014・2015・2016・2017・2018・2019・2020・2021・2036
01月11日:症状 有1 無5=陽性6人 2022・2023・2024・2025・2026・2042
01月12日:症状 有0 無8=陽性8人 2027・2028・2031・2032・2033・2034・2040・2041
01月13日:症状 有1 無2=陽性3人 2035・2037・2038
01月14日:症状 有2 無5=陽性7人 2039・2043・2044・2045・2046・2047・2048
01月15日:症状 有1 無12=陽性13人 2049・2050・2051・2052・2053・2054・2055・2056・2057・2058・2059・2060・2061
01月16日:症状 有0 無10=陽性10人 2062・2063・2064・2065・2066・2067・2068・2069・2070・2071
01月17日:症状 有0 無9=陽性9人 2072・2073・2074・2075・2076・2077・2078・2081・2082

01月18日:症状 有2 無6=陽性8人 2079・2080・2083・2084・2085・2086・2087・2098
 [空港別] 成田5・羽田3
 [男女別] 男6・女2
 [年代別] 10代下2・20代3・30代2・40代0・50代0・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] ベトナム1・米国6・メキシコ1
 [居住地] 東京2・神奈川1・大阪1・非公表4
01月19日:症状 有1 無2=陽性3人 2088・2089・2090
 [空港別] 成田2・羽田1
 [男女別] 男2・女1
 [年代別] 10代下0・20代1・30代2・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] インド1・南アフリカ1・米国1
 [居住地] 青森1・東京1・大阪1
01月20日:症状 有0 無7=陽性7人 2091・2092・2093・2094・2095・2096・2097
 [空港別] 成田4・羽田2・関空1
 [男女別] 男5・女2
 [年代別] 10代下0・20代1・30代2・40代3・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] ベトナム1・スリランカ1・フランス1・ナイジェリア1・エチオピア1・米国2
 [居住地] 福島1・東京1・神奈川3・愛知1・非公表1
01月21日:症状 有3 無0=陽性3人 2099・2100・2101
 [空港別] 成田3
 [男女別] 男3・女0
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1・40代1・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] UAE1・ガンビア1・米国1
 [居住地] 秋田1・東京1・大阪1

01月22日:症状 有0 無2=陽性2人 2102・2103
 [空港別] 成田2
 [男女別] 男1・女1
 [年代別] 10代下0・20代0・30代1・40代1・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] ネパール1・ナイジェリア1
 [居住地] 埼玉1・愛知1


合計5人の陽性確認が発表されました。有症状者が3人も出ています。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、1月22日までの295日間で2,025人になりました。
2,025人のうち有症状は3人増えて128人です。無症状は1,897人で、無症状率は93.6%です。ここのところ有症状者が急増しており、無症状率がジリジリ悪化しています。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
本日発表分は、団体感染が疑われる事例はありませんでした。

有症状者は3人です。
21日成田着米国から入国の東京都在住者(40代男)が発熱症状です。
21日成田着アラブ首長国連邦(UAE)から入国の秋田県在住者(50代男)が咳嗽症状です。
21日成田着ガンビアから入国の大阪府在住者(30代男)が咳嗽症状です。
米国、UAEはそれぞれ半日程度、ガンビアからは乗り継ぎ含め半日以上の飛行時間です。機内で発症したものと思われます。UAEは空港検疫での変異株陽性確認が複数人出ている国です。


本日発表分は、世界最悪の感染国ながら全く警戒されていない米国、変異株警戒国であるUAEとナイジェリア、直行便就航ごとに陽性者が出ている印象の南アジア(ネパール)から各1人陽性者が出ています。
入国者の絶対数が少ないアフリカ大陸からの入国者の陽性が不気味に増え続けていますね。


海港検疫から1人陽性者が出ています。19日発表分10人と同じ18日神戸港着なので、同一船舶の乗員の可能性が高いですね。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港・海港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16255.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2021年01月22日

入国者変異株状況_1/21

◇入国者変異株感染状況 1月21日発表分

厚生労働省(厚労省)は21日、2日ぶりに変異株が確認されたことを発表しました。
新たに1人が確認されています。


新規の事例は、空港検疫以外での陽性で、感染経路不明の市中感染事例です。
・静岡県在住者60代女、1月中旬発症、英国滞在歴なし

18日に発表された感染経路不明の静岡県在住者(60代男)の濃厚接触者と発表されています。従って当初無症状で検査し、その後症状が出たと推定されます。

静岡で確認された感染経路不明の変異株患者は、合計4人になりました。
静岡県や厚生労働省の発表にない情報を、新聞などの記事からまとめると以下のようになります。
・20代女:静岡県東部保健所管内、県外外出無し、1/3〜1/10の最初に発症(=1/3発症?)
 別の都道府県(首都圏?)で確認された変異株疑い患者と接触しており、その濃厚接触者として検査して変異株と発覚
・40代女:静岡県東部保健所管内、県外者と会食
 20代女と40代女は互いに濃厚接触していたことが確認
・60代男:静岡県東部保健所管内、県外者と会食
 上記女2人と60代男の接触は確認できず

静岡県の陽性事例について全数確認をしている模様ですが、いまのところ変異株はこの4人以外はまだ見つかっていないようです。
となると、在住地からすると、4人が静岡県内で何らかの接点があった(間に媒介者がいることも含め)ことが疑われます(それこそ誰も注意しない道路でのすれ違いとか公園だとかスーパー、電車内って可能性もありますよね)。4人とも他の濃厚接触者がいないことが妙にはっきり発表されていますから、行動歴を照らし合わせれば、一発だと思うのですが、、、。今回のパンデミックで日本では、行動歴が出ないから、そんな基礎的なことも調べられないのですね。

また、大元となった別の都道府県の患者について何も情報がないのは、異常です。「英国滞在者」といった発表ではなく「変異株疑い」という表現が引っ掛かります。
この方が入国者なら、入国時検査をすり抜けた方で、市中発症として英国滞在歴のある感染者として発表されるはずですが、変異種疑いと言うだけで変異種感染と確認されていない方ですから、普通の陽性者と横並び発表になってしまうので、確認のしようがありません(東京などは海外渡航歴は未発表で隠匿されるのでそもそも分かりません)。しかし、14日間は自宅で一緒に過ごす人以外の人と会うことはできないはずで、なぜ他人と会食していたのかなど、謎が多すぎます。14日間を過ぎていたなら潜伏期間が14日を超えたことになりそれこそ大問題ですし、14日以内に接触していたのなら入国規制を守らなかったことになりそれもそれで大問題。
この方が入国者でないなら、海外渡航者から感染した可能性があります。つまり、この方のいる都道府県周辺の英国や南アフリカ等からの入国者をすぐに全員調べるくらいでないと収まりませんが、そのようなことが行われている情報は全然ありません。
そもそも、「変異株疑い」ということは、この方自身も変異株が確認された人と濃厚接触したということでしょう。しかし、これまで発表された変異株感染者は濃厚接触認定された人がほとんど存在しません。

そして、唯一、1人だけこの該当者がいます。下記でも( )で記載している、22日英国から入国した東京都在住の30代男です。14日の自主隔離期間中に11人で会食をしていたトンデモナイ事例の方です。公表された情報は何もなく、これまでの公表情報からだけで推定した結果ですが、可能性は否定できないですね。

この方起因なら、そもそも東京発ですから、静岡にまで拡大するという、大規模クラスターに発展する可能性があるということになります。静岡だけでは収まらないです。接触者の行動歴をできるだけ早く分析し、拡散状況をすぐに追う必要がありそうです。

昨年3月に神戸→那覇線で起こった航空機機内大規模クラスター(国からは一切非公表)では、接触者認定が遅くなって連絡がされなかったせいで、余計な感染拡大が起き、少なくとも四次感染まで発生しています。これと同じことが起こってしまいますね。

入国規制の失敗なのなら、すぐ原因突き止めて改善しないといけんのに、それすら分からないのは、本当に異常です。
入国者を塞ぐのも後手後手、市中感染のクラスター対策も後手後手。後手になっても大して何もしない。何も公表すらされないのを見ると、変異株蔓延を抑え込む気が完全にゼロですね。


国内の変異株確認者は1人増えて、合計48人(うち入国者41人/市中二次感染3人/経路不明市中感染4人)となりました。

<空港検疫等での変異株状況>
左から到着日、到着空港、年代性別、推定される空港検疫No、推定される国籍、推定される在住地、空港検疫での症状(有症状の場合)
◆は14日間自主隔離期間の発症(空港検疫で陰性か検査対象外)、◇は空港検疫での確認、◎市中感染
▲は英国で最初に確認された変異株、△は南アフリカで最初に確認された変異株、▼ブラジルからの入国者から確認された変異株


行動歴英国からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/01 羽田 10代男 ◇▲1535 邦人 非公表
・12/18 羽田 10代男 ◇▲1717 邦人 在住非公表(毎日発表時:行動歴非公表)
・12/19 羽田 30代女 ◇▲1733 邦人 東京
・12/20 羽田 60代男 ◇▲1765 邦人 東京 倦怠感
・12/21 関空 40代男 ◇▲1782 邦人 大阪
・12/21 関空 40代女 ◇▲1783 邦人 大阪
・12/21 関空 10未男 ◇▲1784 邦人 大阪
・12/22 羽田 40代男 ◇▲1802 邦人 在住非公表(毎日発表時:行動歴非公表)
・12/24 羽田 40代女 ◇▲1824 邦人 東京
・12/24 羽田 40代男 ◇▲1825 邦人 東京 発熱、咽頭痛
・12/24 羽田 40代女 ◇▲1826 邦人 在住非公表
・12/26 関空 50代女 ◇▲1841 邦人 香川
・12/26 関空 30代女 ◇▲1842 邦人 京都
・12/26 羽田 30代女 ◇▲1843 邦人 東京 食欲低下
・12/26 羽田 10未男 ◇▲1844 邦人 東京
・01/03 羽田 30代男 ◇▲1969 ※1 大阪
・01/04 羽田 30代男 ◇▲1978 ※1 在住非公表 毎日発表では頭痛/変異株発表では発熱、咽頭痛
 ※1:No1969、No1978はどちらかが邦人、どちらかが外人
・01/10 成田 30代男 ◇▲2036 国籍不明 神奈川
(空港検疫すり抜け事例)
・12/13 不明 50代女 ◆▲ 国籍不明 東京
・12/16 不明 30代男 ◆▲ 国籍不明 東京
⇒ <市中感染>濃厚接触二次感染1人 20代女 ◎▲ 国籍不明 東京
(12/22 不明 30代男 ◆  国籍不明 東京(12/27発症・12/29陽性)※変異株と確認できず(検査量足りず)
⇒ <市中感染>濃厚接触二次感染1人 20代男 ◎▲ 国籍不明 東京(12/30発症・陽性日不明)
⇒ <市中感染>濃厚接触二次感染1人 20代女 ◎▲ 国籍不明 東京(01/02発症・陽性日不明)
・12/25 不明 20代男 ◆▲ 国籍不明 東京(隔離中1/6無症状も検査し陽性)=濃厚接触ではなく自主検査で判明
・12/31 不明 20代男 ◆▲ 国籍不明 東京(1/2発症)

行動歴南アフリカからの入国者起因
・12/19 成田 30代女 ◇△1776 邦人 東京
・01/07 関空 20代女 ◇△1979 外人 兵庫
・01/08 成田 10代女 ◇△2029 外人 東京
・01/08 成田 40代女 ◇△2030 外人 東京

行動歴南アフリカ/アラブ首長国連邦からの入国者起因
・12/29 成田 30代男 ◇△ 1866 外人 愛知

行動歴アラブ首長国連邦からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/23 成田 20代男 ◇▲1815 邦人 千葉
・12/24 関空 30代女 ◇▲1834 邦人 兵庫
・12/29 関空 30代女 ◇▲1870 国籍不明 愛知
・01/02 関空 70代女 ◇▲1925 国籍不明 福井
・01/09 成田 40代女 ◇▲2004 国籍不明 東京 (毎日発表時:無症状/変異株発表:発熱、咽頭痛)
(空港検疫すり抜け事例)
・12/24 関空 50代女 ◆▲ 国籍不明 兵庫=上記1834の濃厚接触者扱い(自宅隔離中12/31無症状も検査し陽性)

行動歴ナイジェリアからの入国者起因
・12/29 成田 30代男 ◇▲1867 国籍不明 大阪
・01/03 成田 40代男 ◇▲1939 ※2 大分
・01/07 成田 30代男 ◇▲1982 ※2 東京
 ※2:No1939、No1982はどちらかが外人、どちらかが国籍不明

行動歴ガーナからの入国者起因
・01/10 成田 30代男 ◇▲2020 国籍不明 東京

行動歴ブラジルからの入国者起因
・01/02 羽田 40代男 ◇▼1912 外人 三重 到着時無症状、呼吸状態悪化し入院
・01/02 羽田 30代女 ◇▼1913 外人 三重 (毎日発表時:咽頭痛、鼻汁/変異株発表:咽頭痛、頭痛)
・01/02 羽田 10代男 ◇▼1914 外人 三重 (毎日発表時:無症状/変異株発表:発熱)
・01/02 羽田 10代女 ◇▼1915 外人 三重

感染経路不明 国内在住者(海外渡航無し)
⇒<市中感染>感染経路不明1人 20代女 ◎▲ 国籍不明 静岡 1月上旬(1/3〜1/10間)発症
⇒<市中感染>感染経路不明1人 40代女 ◎▲ 国籍不明 静岡 1月上旬(1/3〜1/10間)発症
⇒<市中感染>感染経路不明1人 60代男 ◎▲ 国籍不明 静岡 1月上旬(1/3〜1/10間)発症
⇒<市中感染>感染経路不明1人 60代女 ◎▲ 国籍不明 静岡 1月中旬発症(上記60歳男の濃厚接触者)

新型コロナウイルス感染症(変異株)の患者等の発生について(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16226.html

航空機内での感染が疑われた新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のクラスター事例(国立感染症研究所公式サイト)
https://www.niid.go.jp/niid/ja/diseases/ka/corona-virus/2019-ncov/2502-idsc/iasr-in/9930-488d01.html

変異種、県内で感染か 20代女性、県外移動なし【新型コロナ】(静岡新聞公式サイト)
https://www.at-s.com/news/article/health/shizuoka/852832.html
静岡県内の英変異種3人 居住は東部保健所管内【新型コロナ】(静岡新聞公式サイト)
https://www.at-s.com/news/article/health/shizuoka/853104.html
新型コロナ英国変異種、60代女性の感染確認 静岡県内で4人目(静岡新聞公式サイト)
https://www.at-s.com/news/article/health/shizuoka/853740.html

posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫1/21_アフリカ増加2人

◇空港検疫 アフリカ大陸からの入国者の陽性が増加中、本日も2人確認 1月21日発表分

厚生労働省(厚労省)は1月21日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施しています。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


空港検疫陽性確認が増加中!
(×××)
1月21日現在
罹 患 率 0.443%

無症状率 93.8%

国内の隠れ感染者数(推定値)21.4万人

(比較用)日 本:罹患率0.274%=感染345,221人、死亡率0.0037%=死亡4,743人/人口約1億2571万人(2020年12月)←[激増中・ピーク](月間死亡1,500人ペース)
(比較用)フランス:罹患率4.508%=感染3,023,661人、死亡率0.1070%=死亡71,792人/人口約6,706万人(2020年1月1日)←(国民の22人に1人感染、1,000人に1人死亡)※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/france/



※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(1月19日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
12月31日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月01日:対象403,600人、陽性1,821人/罹患率0.451%
2020年04月04日〜2021年01月02日:対象405,107人、陽性1,829人/罹患率0.451%
2020年04月04日〜2021年01月03日:対象406,499人、陽性1,843人/罹患率0.453%
2020年04月04日〜2021年01月04日:対象409,177人、陽性1,866人/罹患率0.456%
2020年04月04日〜2021年01月05日:対象411,667人、陽性1,884人/罹患率0.457%
2020年04月04日〜2021年01月06日:対象413,001人、陽性1,895人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月07日:対象414,715人、陽性1,902人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月08日:対象416,537人、陽性1,913人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月09日:対象418,237人、陽性1,920人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月10日:対象419,865人、陽性1,934人/罹患率0.460%
2020年04月04日〜2021年01月11日:対象423,463人、陽性1,945人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月12日:対象427,244人、陽性1,958人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月13日:対象429,683人、陽性1,964人/罹患率0.457%
2020年04月04日〜2021年01月14日:対象432,379人、陽性1,971人/罹患率0.455%
2020年04月04日〜2021年01月15日:対象434,762人、陽性1,976人/罹患率0.454%
2020年04月04日〜2021年01月16日:対象437,905人、陽性1,987人/罹患率0.453%
2020年04月04日〜2021年01月17日:対象441,610人、陽性1,999人/罹患率0.452%
2020年04月04日〜2021年01月18日:対象445,048人、陽性2,007人/罹患率0.450%
2020年04月04日〜2021年01月19日:対象449,477人、陽性2,018人/罹患率0.448%
2020年04月04日〜2021年01月20日:対象453,952人、陽性2,035人/罹患率0.448%※海港検疫含む

2020年04月04日〜2021年01月21日:対象458,877人、陽性2,036人/罹患率0.443%

1月21日時点での罹患率をそのまま日本の人口(12月の推計人口1億2571万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約55.7万人になります。
国内のPCR検査陽性者は1月21日0時現在で343,106人ですから、隠れ感染者はあと約21.4万人もいると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は4,925人でした。上陸拒否国の全員検査が始まった昨年4月3日以来、過去最多の検査数となりました。
6日連続三千人を超え、3日連続で四千人を突破しています。
感染者は1人増加。罹患率は一気に低下しました。
※9日から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年1月21日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16207.html











空港検疫検査 到着日別詳細結果(1月20日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と12月31日までは別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2021年
01月01日:症状 有0 無16=陽性16人 1892・1893・1894・1895・1896・1897・1898・1899・1900・1901・1902・1903・1904・1905・1906・1907
01月02日:症状 有1 無22=陽性23人 1908・1909・1910・1911・1912・1913・1914・1915・1916・1917・1918・1919・1920・1921・1922・1923・1924・1925・1926・1927・1928・1929・1959
01月03日:症状 有3 無16=陽性19人 1930・1931・1932・1933・1934・1935・1936・1937・1938・1939・1940・1941・1942・1943・1944・1945・1946・1947・1969
01月04日:症状 有1 無8=陽性9人 1948・1949・1950・1951・1952・1953・1954・1955・1978
01月05日:症状 有0 無9=陽性9人 1956・1957・1960・1961・1962・1963・1964・1965・1966
01月06日:症状 有0 無10=陽性10人 1967・1968・1970・1971・1972・1973・1974・1975・1976・1977
01月07日:症状 有0 無6=陽性6人 1979・1980・1981・1982・1983・1984
01月08日:症状 有2 無11=陽性13人 1985・1986・1987・1988・1989・1990・1991・1992・1993・1994・1995・2029・2030
01月09日:症状 有0 無11=陽性11人 1996・1997・1998・1999・2000・2001・2002・2003・2004・2005・2007
01月10日:症状 有3 無12=陽性15人 2008・2009・2010・2011・2012・2013・2014・2015・2016・2017・2018・2019・2020・2021・2036
01月11日:症状 有1 無5=陽性6人 2022・2023・2024・2025・2026・2042
01月12日:症状 有0 無8=陽性8人 2027・2028・2031・2032・2033・2034・2040・2041
01月13日:症状 有1 無2=陽性3人 2035・2037・2038
01月14日:症状 有2 無5=陽性7人 2039・2043・2044・2045・2046・2047・2048
01月15日:症状 有1 無12=陽性13人 2049・2050・2051・2052・2053・2054・2055・2056・2057・2058・2059・2060・2061
01月16日:症状 有0 無10=陽性10人 2062・2063・2064・2065・2066・2067・2068・2069・2070・2071

01月17日:症状 有0 無9=陽性9人 2072・2073・2074・2075・2076・2077・2078・2081・2082
 [空港別] 成田5・中部1・関空2・福岡1
 [男女別] 男6・女3
 [年代別] 10代下1・20代0・30代2・40代3・50代2・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] 中国1・フィリピン2・ベトナム2・ナイジェリア1・米国2・ペルー1
 [居住地] 千葉1・神奈川1・山梨1・愛知2・大阪1・岡山1・広島1・非公表1
01月18日:症状 有2 無6(+1)=陽性8人 2079・2080・2083・2084・2085・2086・2087・2098
 [空港別] 成田5(+1)・羽田3
 [男女別] 男6・女2(+1)
 [年代別] 10代下2・20代3(+1)・30代2・40代0・50代0・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] ベトナム1・米国6(+1)・メキシコ1
 [居住地] 東京2(+1)・神奈川1・大阪1・非公表4

01月19日:症状 有1 無2=陽性3人 2088・2089・2090
 [空港別] 成田2・羽田1
 [男女別] 男2・女1
 [年代別] 10代下0・20代1・30代2・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] インド1・南アフリカ1・米国1
 [居住地] 青森1・東京1・大阪1
01月20日:症状 有0 無7=陽性7人 2091・2092・2093・2094・2095・2096・2097
 [空港別] 成田4・羽田2・関空1
 [男女別] 男5・女2
 [年代別] 10代下0・20代1・30代2・40代3・50代1・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] ベトナム1・スリランカ1・フランス1・ナイジェリア1・エチオピア1・米国2
 [居住地] 福島1・東京1・神奈川3・愛知1…非公表1


合計8人の陽性確認が発表されました。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、1月20日までの293日間で2,020人になりました。
2,020人のうち有症状は125人です。無症状は1,895人で、無症状率は93.8%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
本日発表分は、団体感染が疑われる事例はありませんでした。

3日ぶりに非上陸拒否国からの入国者の陽性が出ました。ベトナムとスリランカで2人増えています。
全入国者が検査対象になってから13日間で合計19人となりました。かなり多く、いよいよ偽陽性では片付けられなくなってきた印象です。


本日発表分は、世界最悪の感染国ながら全く警戒されていない米国から3人、変異株警戒国であるナイジェリアから1人陽性者が出ています。
入国者の絶対数が少ないアフリカ大陸からの入国者の陽性が不気味に増えていますね。


新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16227.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2021年01月21日

訪日外客_12月入国5万9千人

◆訪日外国人 12月 訪日外客数58,700人と入国さらに増加、出国日本人も増加し33,000人

日本政府観光局(JNTO)は20日、121月の訪日外客数、出国日本人数の推計値を発表しました。訪日外客数は58,700人、出国日本人数は33,000人でした。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)パンデミックの影響を受け、国際線の利用は極端に減少しています。
推計値の前年同月比は、訪日外客数が97.7%減(前年2,526,387人)、出国日本人数が98.1%減(前年1,712,319人)でした。訪日外客は前月より2千人増加、出国日本人は約2千3百人増加しています。
訪日外客数の増加は鈍化し、出国日本人は8月以降3か月連続減少から久々に増加に転じました。

12月は、特定145か国・地域からの入国者の全員に検査が課せられ、一部を除くほとんどの入国者に対して入国後14日間の外出禁止が要請されています。世界各国も似たような制限をしているところが多くなっていますが、それでも、58,700人もの外国人が入国していることが分かりました。最も多いと推定される中国から18,400人(11月18,100人から300人増と増加鈍化)入国しているほか、ベトナムから15,700人(11月14,700人から1,000人増と増加鈍化)、インドネシアから3,300人(11月比100人減)、韓国から2,800人(11月と同数)、フィリピンから2,300人(11月比600人増)が入国したとしています。
訪日外客数の前年同月比は97.7%減なので、多くの国がその前後の減少率ですが、ベトナムは48.7%減と昨年の半数以上が利用、インドも86.4%減と、昨年の1割以上が利用しており、一部の国はそれなりの入国者が見られる状況です。

12月は、成田国際、東京国際、関西国際、中部国際、福岡の5空港で、細々と国際線の運航が続いていました。

訪日外客数(2020 年 12 月推計値)(JNTO公式サイト)
https://www.jnto.go.jp/jpn/news/press_releases/pdf/210120_monthly.pdf
ラベル:感染症 国際線
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫1/20_久々1人も有症状

◇空港検疫 久々1件のみも有症状者 1月20日発表分

厚生労働省(厚労省)は1月20日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、一部の国からの入国者を除いた全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


空港検疫陽性確認が増加中!
(×××)
1月20日現在
罹 患 率 0.448%

無症状率 93.7%

国内の隠れ感染者数(推定値)23.1万人

(比較用)東京都:罹患率0.629%=感染87,914人、死亡率0.0054%=死亡754人/人口13,962,725人(2020年12月)←[激増中・ピーク]
(比較用)南アフリカ:罹患率2.348%=感染1,356,716人、死亡率0.0662%=死亡38,288人/人口約5,778万人(2018年)←[激増ピーク直後]※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/south-africa/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(1月18日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
12月31日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月01日:対象403,600人、陽性1,821人/罹患率0.451%
2020年04月04日〜2021年01月02日:対象405,107人、陽性1,829人/罹患率0.451%
2020年04月04日〜2021年01月03日:対象406,499人、陽性1,843人/罹患率0.453%
2020年04月04日〜2021年01月04日:対象409,177人、陽性1,866人/罹患率0.456%
2020年04月04日〜2021年01月05日:対象411,667人、陽性1,884人/罹患率0.457%
2020年04月04日〜2021年01月06日:対象413,001人、陽性1,895人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月07日:対象414,715人、陽性1,902人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月08日:対象416,537人、陽性1,913人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月09日:対象418,237人、陽性1,920人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月10日:対象419,865人、陽性1,934人/罹患率0.460%
2020年04月04日〜2021年01月11日:対象423,463人、陽性1,945人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月12日:対象427,244人、陽性1,958人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月13日:対象429,683人、陽性1,964人/罹患率0.457%
2020年04月04日〜2021年01月14日:対象432,379人、陽性1,971人/罹患率0.455%
2020年04月04日〜2021年01月15日:対象434,762人、陽性1,976人/罹患率0.454%
2020年04月04日〜2021年01月16日:対象437,905人、陽性1,987人/罹患率0.453%
2020年04月04日〜2021年01月17日:対象441,610人、陽性1,999人/罹患率0.452%
2020年04月04日〜2021年01月18日:対象445,048人、陽性2,007人/罹患率0.450%
2020年04月04日〜2021年01月19日:対象449,477人、陽性2,018人/罹患率0.448%

2020年04月04日〜2021年01月19日:対象453,952人、陽性2,035人/罹患率0.448%

1月20日時点での罹患率をそのまま日本の人口(12月の推計人口1億2571万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約56.3万人になります。
国内のPCR検査陽性者は1月20日0時現在で332,231人ですから、隠れ感染者はあと約23.1万人もいると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は4,475人でした。5日連続三千人を超え、四千人を突破しました。
9日から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。
感染者は17人増加。罹患率はジリジリ低下を続けています。

本日発表分から、空港検疫と海港検疫の数字を合わせた検査者数、陽性者数の発表になっています。陽性者数は海港は10人のみであることは判明していますが、検査者数は空港、海港別の数値がないため、一体の数値でデータを捉えています。
昨日まで海港については、ダイヤモンド・プリンセス号以外、一切触れられていません。貨物船ばかりで乗員は未検査(=通過以外の入国は無し)だったと見るのが妥当で、大した検査数ではないでしょうから、こちらのデータでは一体として計上していきます(毎月の入国者数では海港からの入国者数はそれなりにいることは分かっています)。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年1月20日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16187.html











空港検疫検査 到着日別詳細結果(1月19日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と12月31日までは別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2021年
01月01日:症状 有0 無16=陽性16人 1892・1893・1894・1895・1896・1897・1898・1899・1900・1901・1902・1903・1904・1905・1906・1907
01月02日:症状 有1 無22=陽性23人 1908・1909・1910・1911・1912・1913・1914・1915・1916・1917・1918・1919・1920・1921・1922・1923・1924・1925・1926・1927・1928・1929・1959
01月03日:症状 有3 無16=陽性19人 1930・1931・1932・1933・1934・1935・1936・1937・1938・1939・1940・1941・1942・1943・1944・1945・1946・1947・1969
01月04日:症状 有1 無8=陽性9人 1948・1949・1950・1951・1952・1953・1954・1955・1978
01月05日:症状 有0 無9=陽性9人 1956・1957・1960・1961・1962・1963・1964・1965・1966
01月06日:症状 有0 無10=陽性10人 1967・1968・1970・1971・1972・1973・1974・1975・1976・1977
01月07日:症状 有0 無6=陽性6人 1979・1980・1981・1982・1983・1984
01月08日:症状 有2 無11=陽性13人 1985・1986・1987・1988・1989・1990・1991・1992・1993・1994・1995・2029・2030
01月09日:症状 有0 無11=陽性11人 1996・1997・1998・1999・2000・2001・2002・2003・2004・2005・2007
01月10日:症状 有3 無12=陽性15人 2008・2009・2010・2011・2012・2013・2014・2015・2016・2017・2018・2019・2020・2021・2036
01月11日:症状 有1 無5=陽性6人 2022・2023・2024・2025・2026・2042
01月12日:症状 有0 無8=陽性8人 2027・2028・2031・2032・2033・2034・2040・2041
01月13日:症状 有1 無2=陽性3人 2035・2037・2038
01月14日:症状 有2 無5=陽性7人 2039・2043・2044・2045・2046・2047・2048
01月15日:症状 有1 無12=陽性13人 2049・2050・2051・2052・2053・2054・2055・2056・2057・2058・2059・2060・2061

01月16日:症状 有0 無10=陽性10人 2062・2063・2064・2065・2066・2067・2068・2069・2070・2071
 [空港別] 成田7・羽田2・中部1
 [男女別] 男9・女1
 [年代別] 10代下1・20代2・30代2・40代4・50代0・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] インドネシア1・パキスタン3・スリランカ2・ロシア/トルコ1・ウクライナ1・米国1・ペルー1
 [居住地] 宮城1・埼玉1・千葉3・東京1・神奈川2・静岡1・愛知1
01月17日:症状 有0 無9=陽性9人 2072・2073・2074・2075・2076・2077・2078・2081・2082
 [空港別] 成田5・中部1・関空2・福岡1
 [男女別] 男6・女3
 [年代別] 10代下1・20代0・30代2・40代3・50代2・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] 中国1・フィリピン2・ベトナム2・ナイジェリア1・米国2・ペルー1
 [居住地] 千葉1・神奈川1・山梨1・愛知2・大阪1・岡山1・広島1・非公表1
01月18日:症状 有2 無5=陽性7人 2079・2080・2083・2084・2085・2086・2087
 [空港別] 成田4・羽田3
 [男女別] 男6・女1
 [年代別] 10代下2・20代2・30代2・40代0・50代0・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] ベトナム1・米国5・メキシコ1
 [居住地] 東京1・神奈川1・大阪1・非公表4
01月19日:症状 有1(+1) 無2=陽性3人 2088・2089・2090
 [空港別] 成田2(+1)・羽田1
 [男女別] 男2・女1(+1)
 [年代別] 10代下0・20代1・30代2(+1)・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] インド1・南アフリカ1(+1)・米国1
 [居住地] 青森1・東京1(+1)・大阪1


合計1人の陽性確認が発表されました。有症状者が1人出ています。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、1月19日までの292日間で2,012人になりました。
2,012人のうち有症状は1人増えて125人です。無症状は1,887人で、無症状率は93.7%です。ここのところ有症状者が急増しており、無症状率はジリジリ下がっています。
久々に1名のみでした。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
本日発表分は、団体感染が疑われる事例はありませんでした。

有症状者は1人です。
19日成田着南アフリカから入国の東京都在住者(30代女)が鼻汁、頭重感、咽頭痛症状です。
南アフリカからは乗り継ぎ含めて半日以上の飛行時間ですので、機上で発症したと思われます。


本日発表分は、変異株発生国である南アフリカから1人陽性者が出ています。

新型コロナウイルス感染症の患者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16196.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2021年01月20日

入国者変異株状況_1/19

◇入国者変異株感染状況 1月19日発表分

厚生労働省(厚労省)は19日、2日連続で変異株が確認されたことを発表しました。
新たに2人が確認されています。


新規の事例は、いずれも空港検疫での陽性事例です。
・10日成田着ガーナから入国の30代男 ⇒ No2020が該当。東京都在住です。無症状。
 空港検疫の毎日発表ではガーナ、エチオピア、韓国滞在者との発表していたが、やはり経由地だったようで、変異株発表ではガーナのみの発表になっています。
・10日成田着英国から入国の30代男 ⇒ No2036が該当。神奈川県在住です。無症状。

国内の変異株確認者は2人増えて、合計47人(うち入国者41人/市中二次感染3人/経路不明市中感染3人)となりました。

<空港検疫等での変異株状況>
左から到着日、到着空港、年代性別、推定される空港検疫No、推定される国籍、推定される在住地、空港検疫での症状(有症状の場合)
◆は14日間自主隔離期間の発症(空港検疫で陰性か検査対象外)、◇は空港検疫での確認、◎市中感染
▲は英国で最初に確認された変異株、△は南アフリカで最初に確認された変異株、▼ブラジルからの入国者から確認された変異株


行動歴英国からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/01 羽田 10代男 ◇▲1535 邦人 非公表
・12/18 羽田 10代男 ◇▲1717 邦人 在住非公表(毎日発表時:行動歴非公表)
・12/19 羽田 30代女 ◇▲1733 邦人 東京
・12/20 羽田 60代男 ◇▲1765 邦人 東京 倦怠感
・12/21 関空 40代男 ◇▲1782 邦人 大阪
・12/21 関空 40代女 ◇▲1783 邦人 大阪
・12/21 関空 10未男 ◇▲1784 邦人 大阪
・12/22 羽田 40代男 ◇▲1802 邦人 在住非公表(毎日発表時:行動歴非公表)
・12/24 羽田 40代女 ◇▲1824 邦人 東京
・12/24 羽田 40代男 ◇▲1825 邦人 東京 発熱、咽頭痛
・12/24 羽田 40代女 ◇▲1826 邦人 在住非公表
・12/26 関空 50代女 ◇▲1841 邦人 香川
・12/26 関空 30代女 ◇▲1842 邦人 京都
・12/26 羽田 30代女 ◇▲1843 邦人 東京 食欲低下
・12/26 羽田 10未男 ◇▲1844 邦人 東京
・01/03 羽田 30代男 ◇▲1969 国籍不明 大阪
・01/04 羽田 30代男 ◇▲1978 国籍不明 在住非公表 毎日発表では頭痛/変異株発表では発熱、咽頭痛
・01/10 成田 30代男 ◇▲2036 国籍不明 神奈川
(空港検疫すり抜け事例)
・12/13 不明 50代女 ◆▲   国籍不明 東京
・12/16 不明 30代男 ◆▲   国籍不明 東京
⇒ <市中感染>濃厚接触二次感染1人 20代女 ◎▲ 国籍不明 東京
(12/22 不明 30代男 ◆    国籍不明 東京(12/27発症・12/29陽性)※変異株と確認できず(検査量足りず)
⇒ <市中感染>濃厚接触二次感染1人 20代男 ◎▲ 国籍不明 東京(12/30発症・陽性日不明)
⇒ <市中感染>濃厚接触二次感染1人 20代女 ◎▲ 国籍不明 東京(01/02発症・陽性日不明)
・12/25 不明 20代男 ◆▲   邦人 東京(隔離中1/6無症状も検査し陽性)=濃厚接触ではなく自主検査で判明
・12/31 不明 20代男 ◆▲   国籍不明 東京(1/2発症)

行動歴南アフリカからの入国者起因
・12/19 成田 30代女 ◇△1776 邦人 東京
・01/07 関空 20代女 ◇△1979 国籍不明 兵庫
・01/08 成田 10代女 ◇△2029 国籍不明 東京
・01/08 成田 40代女 ◇△2030 国籍不明 東京

行動歴南アフリカ/アラブ首長国連邦からの入国者起因
・12/29 成田 30代男 ◇△ 1866 外人 愛知

行動歴アラブ首長国連邦からの入国者起因
(空港検疫での捕捉事例)
・12/23 成田 20代男 ◇▲1815 邦人 千葉
・12/24 関空 30代女 ◇▲1834 邦人 兵庫
・12/29 関空 30代女 ◇▲1870 国籍不明 愛知
・01/02 関空 70代女 ◇▲1925 国籍不明 福井
・01/09 成田 40代女 ◇▲2004 東京 国籍不明 (毎日発表時:無症状/変異株発表:発熱、咽頭痛)
(空港検疫すり抜け事例)
・12/24 関空 50代女 ◆▲   国籍不明 兵庫=上記1834の濃厚接触者扱い(自宅隔離中12/31無症状も検査し陽性)

行動歴ナイジェリアからの入国者起因
・12/29 成田 30代男 ◇▲1867 国籍不明 大阪
・01/03 成田 40代男 ◇▲1939 国籍不明 大分
・01/07 成田 30代男 ◇▲1982 国籍不明 東京

行動歴ガーナからの入国者起因
・01/10 成田 30代男 ◇▲2020 国籍不明 東京

行動歴ブラジルからの入国者起因
・01/02 羽田 40代男 ◇▼1912 外人 三重 到着時無症状、呼吸状態悪化し入院
・01/02 羽田 30代女 ◇▼1913 外人 三重 (毎日発表時:咽頭痛、鼻汁/変異株発表:咽頭痛、頭痛)
・01/02 羽田 10代男 ◇▼1914 外人 三重 (毎日発表時:無症状/変異株発表:発熱)
・01/02 羽田 10代女 ◇▼1915 外人 三重

感染経路不明 国内在住者(海外渡航無し)
⇒<市中感染>感染経路不明1人 20代女 ◎▲ 国籍不明 静岡 1月上旬発症
⇒<市中感染>感染経路不明1人 40代女 ◎▲ 国籍不明 静岡 1月上旬発症
⇒<市中感染>感染経路不明1人 60代男 ◎▲ 国籍不明 静岡 1月上旬発症

新型コロナウイルス感染症(変異株)の無症状病原体保有者の発生について(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16179.html
posted by johokotu at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫1/19_米一気に6人

◇空港検疫 米国一気に6人陽性 1月19日発表分

厚生労働省(厚労省)は1月19日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、一部の国からの入国者を除いた全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


空港検疫陽性確認が増加中!
(×××)
1月19日現在
罹 患 率 0.448%

無症状率 93.8%

国内の隠れ感染者数(推定値)23.2万人

(比較用)日 本:罹患率0.256%=感染334,328人、死亡率0.0036%=死亡4,548人/人口約1億2571万人(2020年12月)←[激増中・ピーク(月間1,500人死亡ペース止まらず)]
(比較用)米 国:罹患率7.345%=感染24,074,658人、死亡率0.1217%=死亡398,981人/人口約3億2775万人(2018年5月)←[急増中・ピーク(14人に1人感染、死亡率日本の33倍!!)]※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/united-states/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(1月17日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
12月31日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月01日:対象403,600人、陽性1,821人/罹患率0.451%
2020年04月04日〜2021年01月02日:対象405,107人、陽性1,829人/罹患率0.451%
2020年04月04日〜2021年01月03日:対象406,499人、陽性1,843人/罹患率0.453%
2020年04月04日〜2021年01月04日:対象409,177人、陽性1,866人/罹患率0.456%
2020年04月04日〜2021年01月05日:対象411,667人、陽性1,884人/罹患率0.457%
2020年04月04日〜2021年01月06日:対象413,001人、陽性1,895人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月07日:対象414,715人、陽性1,902人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月08日:対象416,537人、陽性1,913人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月09日:対象418,237人、陽性1,920人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月10日:対象419,865人、陽性1,934人/罹患率0.460%
2020年04月04日〜2021年01月11日:対象423,463人、陽性1,945人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月12日:対象427,244人、陽性1,958人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月13日:対象429,683人、陽性1,964人/罹患率0.457%
2020年04月04日〜2021年01月14日:対象432,379人、陽性1,971人/罹患率0.455%
2020年04月04日〜2021年01月15日:対象434,762人、陽性1,976人/罹患率0.454%
2020年04月04日〜2021年01月16日:対象437,905人、陽性1,987人/罹患率0.453%
2020年04月04日〜2021年01月17日:対象441,610人、陽性1,999人/罹患率0.452%
2020年04月04日〜2021年01月18日:対象445,048人、陽性2,007人/罹患率0.450%

2020年04月04日〜2021年01月19日:対象449,477人、陽性2,018人/罹患率0.448%

1月19日時点での罹患率をそのまま日本の人口(12月の推計人口1億2571万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約56.4万人になります。
国内のPCR検査陽性者は1月19日0時現在で332,231人ですから、隠れ感染者はあと約23.2万人もいると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は4,429人でした。4日連続三千人を超え、四千人を突破しました。
9日から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。全入国者検査が始まってから初めて四千人を超えました
感染者は11人増加。罹患率はジリジリ低下を続けており、今年初めて0.44%台となりました。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年1月19日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16163.html











空港検疫検査 到着日別詳細結果(1月18日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と12月31日までは別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2021年
01月01日:症状 有0 無16=陽性16人 1892・1893・1894・1895・1896・1897・1898・1899・1900・1901・1902・1903・1904・1905・1906・1907
01月02日:症状 有1 無22=陽性23人 1908・1909・1910・1911・1912・1913・1914・1915・1916・1917・1918・1919・1920・1921・1922・1923・1924・1925・1926・1927・1928・1929・1959
01月03日:症状 有3 無16=陽性19人 1930・1931・1932・1933・1934・1935・1936・1937・1938・1939・1940・1941・1942・1943・1944・1945・1946・1947・1969
01月04日:症状 有1 無8=陽性9人 1948・1949・1950・1951・1952・1953・1954・1955・1978
01月05日:症状 有0 無9=陽性9人 1956・1957・1960・1961・1962・1963・1964・1965・1966
01月06日:症状 有0 無10=陽性10人 1967・1968・1970・1971・1972・1973・1974・1975・1976・1977
01月07日:症状 有0 無6=陽性6人 1979・1980・1981・1982・1983・1984
01月08日:症状 有2 無11=陽性13人 1985・1986・1987・1988・1989・1990・1991・1992・1993・1994・1995・2029・2030
01月09日:症状 有0 無11=陽性11人 1996・1997・1998・1999・2000・2001・2002・2003・2004・2005・2007
01月10日:症状 有3 無12=陽性15人 2008・2009・2010・2011・2012・2013・2014・2015・2016・2017・2018・2019・2020・2021・2036
01月11日:症状 有1 無5=陽性6人 2022・2023・2024・2025・2026・2042
01月12日:症状 有0 無8=陽性8人 2027・2028・2031・2032・2033・2034・2040・2041
01月13日:症状 有1 無2=陽性3人 2035・2037・2038
01月14日:症状 有2 無5=陽性7人 2039・2043・2044・2045・2046・2047・2048

01月15日:症状 有1 無12=陽性13人 2049・2050・2051・2052・2053・2054・2055・2056・2057・2058・2059・2060・2061
 [空港別] 成田8・関空5
 [男女別] 男8・女5
 [年代別] 10代下3・20代2・30代4・40代0・50代4・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] 中国1・シンガポール1・ネパール2・パキスタン1・トルコ1・カザフスタン3・ナイジェリア2・米国2
 [居住地] 埼玉3・東京1・神奈川1・静岡1・岐阜1・愛知1・大阪1・兵庫4
01月16日:症状 有0 無10=陽性10人 2062・2063・2064・2065・2066・2067・2068・2069・2070・2071
 [空港別] 成田7・羽田2・中部1
 [男女別] 男9・女1
 [年代別] 10代下1・20代2・30代2・40代4・50代0・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] インドネシア1・パキスタン3・スリランカ2・ロシア/トルコ1・ウクライナ1・米国1・ペルー1
 [居住地] 宮城1・埼玉1・千葉3・東京1・神奈川2・静岡1・愛知1
01月17日:症状 有0 無9=陽性9人 2072・2073・2074・2075・2076・2077・2078・2081・2082
 [空港別] 成田5・中部1・関空2・福岡1
 [男女別] 男6・女3
 [年代別] 10代下1・20代0・30代2・40代3・50代2・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] 中国1・フィリピン2・ベトナム2・ナイジェリア1・米国2・ペルー1
 [居住地] 千葉1・神奈川1・山梨1・愛知2・大阪1・岡山1・広島1・非公表1
01月18日:症状 有2(+2) 無5(+3)=陽性7人 2079・2080・2083・2084・2085・2086・2087
 [空港別] 成田4(+2)・羽田3(+3)
 [男女別] 男6(+4)・女1(+1)
 [年代別] 10代下2(+2)・20代2(+1)・30代2(+2)・40代0・50代0・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] ベトナム1・米国5(+5)・メキシコ1
 [居住地] 東京1(+1)・神奈川1(+1)・大阪1・非公表4(+3)

01月19日:症状 有0 無2=陽性2人 2088・2089
 [空港別] 成田1・羽田1
 [男女別] 男2・女0
 [年代別] 10代下0・20代1・30代1・40代0・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] インド1・米国1
 [居住地] 青森1・大阪1


合計7人の陽性確認が発表されました。有症状者が2人出ています。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、1月19日までの292日間で2,011人になりました。
2,011人のうち有症状は2人増えて124人です。無症状は1,887人で、無症状率は93.8%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
18日羽田着米国から入国の在住地非公表者3人(30代女・10歳未満男2人)が連番確認されており、団体感染が疑われます。米国からの10歳未満は確実に保護者がいるはずで、団体入国はほぼ確実ですし、非公表は本人ではなく保護者の意向でしょうね。

有症状者は2人です。
18日成田着米国から入国の神奈川県在住者(30代男)が発熱症状です。
18日羽田着米国から入国の在住地非公表者(30代女)が倦怠感症状です。
米国からは半日程度の飛行時間ですので、機上で発症したと思われます。


本日発表分は、世界最悪の感染国なのに全く警戒されていない米国から6人陽性者が出ています。
ここのところ、米国・羽田着は若干減少気味でしたが、一気に6人確認されました。うち3人は10歳未満2人の団体感染疑い者です。家族で米国から入国が増えると、米国・羽田着が増えるといったところでしょうか。


本日発表分で初めて、海港での検査陽性者が確認されました。神戸港入国で一気に10人確認されています。中国・香港・タイからの入国ですが、中国又は韓国からの船舶による旅客運送を停止するよう要請されています。急に旅客の入国が始まったということでしょうか。
報道などによると、貨物船船員で1人が体調不良だったため、関係する人が検査して発覚したようです。これまで空港検疫では交代船員や貨物便乗員の陽性事例はポツポツ出ています。一方で貨物需要は活況なのに、海港で1年間も陽性者未確認だったことの方が異常です。まさか、乗員だから、どこか航空会社の英国から入国の乗員(パイロット)のように原則検査なしというわけではないですよね、、、。
今後、海港検疫と空港検疫で同時発表となる模様ですが、日本空港情報館では海港検疫での確認事例については、今後は特別な場合を除いて取り上げません。

新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(空港・海港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16165.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2021年01月19日

入国者変異株状況_1/18

◇入国者変異株感染状況 1月18日発表分

厚生労働省(厚労省)は18日、3日ぶりに変異株が確認されたことを発表しました。
新たに4人が確認されています。


新規の事例は、空港検疫での感染事例はありませんでした。
1件は、入国者の入国後14日間隔離期間での確認。
3件は、経路不明の市中感染事例です。

国内の変異株確認者は4人増えて、合計45人(うち入国者39人/市中二次感染3人/経路不明市中感染3人)となりました。

<空港検疫等での変異株状況>
左から到着日、到着空港、年代性別、推定される空港検疫No、推定される国籍、推定される在住地、空港検疫での症状(有症状の場合)
◆は14日間自主隔離期間の発症(空港検疫で陰性か検査対象外)、◇は空港検疫での確認、◎市中感染
▲は英国で最初に確認された変異株、△は南アフリカで最初に確認された変異株、▼ブラジルからの入国者から確認された変異株


行動歴英国からの入国者起因
・12/01 羽田 10代男 ◇▲1535 邦人 非公表
・12/13 不明 50代女 ◆▲   国籍不明 東京
・12/16 不明 30代男 ◆▲  国籍不明 東京
⇒ <市中感染>濃厚接触二次感染1人 20代女 ◎▲ 国籍不明 東京
・12/18 羽田 10代男 ◇▲1717 邦人 在住非公表(毎日発表時:行動歴非公表)
・12/19 羽田 30代女 ◇▲1733 邦人 東京
・12/20 羽田 60代男 ◇▲1765 邦人 東京 倦怠感
・12/21 関空 40代男 ◇▲1782 邦人 大阪
・12/21 関空 40代女 ◇▲1783 邦人 大阪
・12/21 関空 10未男 ◇▲1784 邦人 大阪
・12/22 羽田 40代男 ◇▲1802 邦人 在住非公表(毎日発表時:行動歴非公表)
(12/22 不明 30代男 ◆    国籍不明 東京(12/27発症・12/29陽性)※変異株と確認できず(検査量足りず)
⇒ <市中感染>濃厚接触二次感染1人 20代男 ◎▲ 国籍不明 東京(12/30発症・陽性日不明)
⇒ <市中感染>濃厚接触二次感染1人 20代女 ◎▲ 国籍不明 東京(01/02発症・陽性日不明)
・12/24 羽田 40代女 ◇▲1824 邦人 東京
・12/24 羽田 40代男 ◇▲1825 邦人 東京 発熱、咽頭痛
・12/24 羽田 40代女 ◇▲1826 邦人 在住非公表
・12/25 不明 20代男 ◆▲   邦人 東京(隔離中1/6無症状も検査し陽性)=濃厚接触ではなく自主検査で判明
・12/26 関空 50代女 ◇▲1841 邦人 香川
・12/26 関空 30代女 ◇▲1842 邦人 京都
・12/26 羽田 30代女 ◇▲1843 邦人 東京 食欲低下
・12/26 羽田 10未男 ◇▲1844 邦人 東京
・12/31 不明 20代男 ◆▲   国籍不明 東京(1/2発症)
・01/03 羽田 30代男 ◇▲1969 国籍不明 大阪
・01/04 羽田 30代男 ◇▲1978 国籍不明 在住非公表 毎日発表では頭痛/変異株発表では発熱、咽頭痛

行動歴南アフリカからの入国者起因
・12/19 成田 30代女 ◇△1776 邦人 東京
・01/07 関空 20代女 ◇△1979 国籍不明 兵庫
・01/08 成田 10代女 ◇△2029 国籍不明 東京
・01/08 成田 40代女 ◇△2030 国籍不明 東京

行動歴南アフリカ/アラブ首長国連邦からの入国者起因
・12/29 成田 30代男 ◇△ 1866 外人 愛知

行動歴アラブ首長国連邦からの入国者起因
・12/23 成田 20代男 ◇▲1815 邦人 千葉
・12/24 関空 30代女 ◇▲1834 邦人 兵庫
・12/24 関空 50代女 ◆▲   国籍不明 兵庫=上記1834の濃厚接触者扱い(自宅隔離中12/31無症状も検査し陽性)
・12/29 関空 30代女 ◇▲1870 国籍不明 愛知
・01/02 関空 70代女 ◇▲1925 国籍不明 福井
・01/09 成田 40代女 ◇▲2004 東京 国籍不明 (毎日発表時:無症状/変異株発表:発熱、咽頭痛)

行動歴ナイジェリアからの入国者起因
・12/29 成田 30代男 ◇▲1867 国籍不明 大阪
・01/03 成田 40代男 ◇▲1939 国籍不明 大分
・01/07 成田 30代男 ◇▲1982 国籍不明 東京

行動歴ブラジルからの入国者起因
・01/02 羽田 40代男 ◇▼1912 外人 三重 到着時無症状、呼吸状態悪化し入院
・01/02 羽田 30代女 ◇▼1913 外人 三重 (毎日発表時:咽頭痛、鼻汁/変異株発表:咽頭痛、頭痛)
・01/02 羽田 10代男 ◇▼1914 外人 三重 (毎日発表時:無症状/変異株発表:発熱)
・01/02 羽田 10代女 ◇▼1915 外人 三重

感染経路不明 国内在住者(海外渡航無し)
⇒<市中感染>感染経路不明1人 20代女 ◎▲ 国籍不明 静岡 1月上旬発症
⇒<市中感染>感染経路不明1人 40代女 ◎▲ 国籍不明 静岡 1月上旬発症
⇒<市中感染>感染経路不明1人 60代男 ◎▲ 国籍不明 静岡 1月上旬発症

新型コロナウイルス感染症(変異株)の患者等の発生について(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16152.html
posted by johokotu at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

検疫週間別1月2_検査あまり増えず

◇空港検疫結果分析(週間別)1月2週目 検査人数はあまり増えず、陽性者数3分の2で罹患率0.3%台

4月3日に入国者に対する新型コロナウイルス感染症検査(PCR検査または抗原検査)の全員実施が始まってから9か月が過ぎました。
1月2週目(1月8日〜1月14日)は、検査対象数19,668人中、陽性者数63人、罹患率0.320%(推定値)となりました。


■検査人数は増加、陽性者数3分の2
1月2週目は、1日平均2,809人が検査しました。検査数は前週よりも増加しています。これは、過去二番目の多さですが、1月8日午前0時以降、全入国者に対する検査が始まった影響です。年末よりも少なく、検査数の伸びは鈍いと言えます。元々、11月1日に非上陸拒否国になった9か国が入国者全体の半分以上を占めていましたから、検査数が倍になってもおかしくないはず。検査数が大して伸びていないということは、全体の入国者が急減しているものと思われます。「外国人の新規入国や14日待機しない日本人ビジネスマンの短期出張等が多かった」か、「これまで不要不急の行き来が多かった」ということを示していますね。
陽性者は週間63人と前週の3分の2まで減りました。罹患率は減少し0.320%(推定値)でした。

グラフ化すると、検査者数(青)は増加傾向しましたが急増はしていません。陽性者数(赤)は減少。このため罹患率(緑)も急落しているのが一目で分かります。
(赤が感染者数(左目盛)、青が検査者数(右目盛)、緑が罹患率(右目盛))
Quarantine20200403-20210114-1-1.gif
Quarantine20200403-20210114-1-2.gif
Quarantine20200403-20210114-1-3.gif


■羽田着が激減
[空港別] 63人中 成田44・羽田8・中部0・関空10・福岡1

成田国際着が相変わらず最多です。70%(前週+15P)と急増しています。
原因は東京国際(羽田)着の激減で、13%(前週比-16P)と急落。16%(前週比+2%)とやや高め推移が続いている関西国際着に抜かれました。
福岡着は2週ぶりに陽性者が出ました。
米国からの入国者が激減しているので、羽田着が減ったものと思われます。羽田発着の便は不要不急の利用者の乗る便が多いと言えるかもしれません

■女性やや増加傾向続く
[男女別] 63人中 男39・女24

男性は62%(前週比-5P)でやや女性が増えている状況が続いています。

■30代が増加、ビジネス個人?
[年齢別] 63人中 10代下8・20代19・30代21・40代8・50代5・60代1・70代0・80代上1

20代〜40代は前週同等の48人76%(前週比+5P)です。30代が21人33%(前週比+8P)とやや増加。年が明けて戻ったのは、技能実習生などの団体や留学生より、ビジネス個人入国が多そうですね。
10歳未満は4人6%(前週比+3P)とやや増加しています。

■米国が激減、アフリカが急増
[渡航元] 63人中 非公表は0人、米国12.5人・アフリカ大陸7.2人・非上陸拒否国8人

非公表者は3週連続で0人0%となりました。入国時の質問の仕方が変わったのは確実ですね。
米国は12.5人20%(前週比-15P)とだいぶ減りました。米国はそれだけ不要不急の行き来が多かったということでしょうか。
欧州は合計7.5人12%(前週比+2P)と一気に減少した状態が続いています。欧州も不要不急の行き来が多かったということでしょうか。
欧米は上陸拒否国で、日本人入国者が多いです。入国規制で厳しくなった部分はほぼなく、14日間の隔離違反への処罰がちょっと強くなっただけ。それだけで行き来しなくなるのですから、それだけ14日間隔離違反を起こすつもりで不要不急の行き来している確信犯が多いということでしょうね。
変異株で騒ぎになっている英国は2人3%(前週比±0P)、南アフリカは2人3%。アフリカから入国の陽性が7.2人11%(前週比+7P)と増加傾向です。
南アジアは合計15人24%(前週比+6P)と増加が続いています。ビジネスの外国籍者入国が再度増えていると推定されます。
8日から全入国者に対する検査が始まり、非上陸拒否国の陽性も再び目立つようになりました。中国、ベトナム、スリランカから8人13%確認されています。やはり偽陽性多いのでしょうか、、、。

スリランカとセネガルは、全員検査が始まった2020年4月3日以来初めての確認です。

間近の感染が急激に増加中の国:日本(異常に期間が長い)・中国・マレーシア・インドネシア・パキスタン・UAE・マルタ・ベルギー・スペイン・英国・チュニジア・セネガル・ガーナ・南アフリカ・米国・メキシコ
感染状況がピークの国:日本(異常に期間が長い)・マレーシア・インドネシア・UAE・マルタ・スペイン・英国・チュニジア・セネガル・米国・メキシコ
以上の異常状態の国からの入国者も感染確認されています。

ロイターのページが分かりやすいです。https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/

グラフにすると、紫系統の欧州(青系統)や米大陸(紫系統)が減り、年末に少し減っていた南アジア(緑系統)が再び増加しています。
(東アジア:赤系統、東南アジア:黄系統、南アジア:緑系統、欧州:青系統、米州:紫系統)
Quarantine20200403-20210114-2.gif


■東京・神奈川が増えたまま、大阪も増加
[居住地] 63人中非公表が0人、南関東40人・大阪9人

非公表者は0人0%(前週比-3P)となりました。行動歴同様に入国時の質問の仕方が変わった可能性があります。
南関東は40人63%(前週比-2P)と増加したままの状態が続いています。東京が19人30%(前週比-8P)とトップは変わりませんが、神奈川も13人21%(前週比+5P)と急増しています。神奈川は米国からが多いです。船員なら千葉も増えそうですし、南関東三県でここまで露骨に差が出る理由が謎です。差があるとすれば米軍絡み?
大阪が9人14%(前週比+3P)と増加傾向にあります。
沖縄はあまりないのに、北海道はポツポツ確認されますね。

グラフを見ると、相変わらず東京(濃赤色)と神奈川(黄色)が目立ちます。
(関東:赤黄系統、中部:緑系統、関西:青系統、中四国九州:紫系統)
Quarantine20200403-20210114-3.gif


■団体感染疑い激減も変異株
[その他] 団体感染疑い3件、有症状者が9人と増加

・詳細は公開されていないので推定でしかないですが、同日に同一空港へ同一国からの入国で同一都道府県在住者が連番確認された場合の、団体感染の疑いが強い事例は3件と激減。今回は3件中2件は変異株とやや気になる傾向でした。
・行動歴、居住地とも非公表者は2週連続いませんでした。
有症状者は9人14%(前週比+9P)と再び増加しています
・2か国以上滞在者は3人。今回の人たちは航空便の経由地と思われる人たちばかりですが、色々回ってウイルス媒介するのを減らせないのでしょうか。
3人4%が変異株と確定しています。
・自県の感染者増加でアップアップしているのか、在住都道府県からの発表がほぼなくなっています。

■団体感染が疑われる事例(連番確認)
・1月8日 2029 成田 10代 女性 東京都 南アフリカ 無症状 S変異株
 1月8日 2030 成田 40代 女性 東京都 南アフリカ 無症状 S変異株
・1月9日 2004 成田 40代 女性 東京都 アラブ首長国連邦 無症状 E変異株
 1月9日 2005 成田 80代 女性 東京都 アラブ首長国連邦 無症状
・1月14日 2045 関空 40代 男性 大阪府 ハンガリー 無症状
 1月14日 2046 関空 30代 男性 大阪府 ハンガリー 無症状

■団体感染が疑われる事例(10歳未満)
・1月8日 1986 成田 10歳未満 女性 神奈川県 米国 無症状
・1月8日 1995 成田 10歳未満 男性 神奈川県 米国 無症状
・1月9日 1998 成田 10歳未満 女性 静岡県 インドネシア 無症状
・1月9日 2001 関空 10歳未満 男性 広島県 インド 無症状

■行動歴と在住地が非公表の事例
・該当なし

■有症状事例
・1月8日 1989 成田 30代 男性 北海道 パキスタン 咳
・1月8日 1992 羽田 30代 女性 東京都 メキシコ 発熱、倦怠感、鼻閉、味覚嗅覚障害
・1月10日 2008 成田 20代 男性 大阪府 メキシコ 咳
・1月10日 2009 成田 40代 男性 東京都 マレーシア 味覚障害
・1月10日 2018 成田 20代 女性 東京都 米国/メキシコ 味覚障害、鼻閉
・1月11日 2024 成田 30代 男性 千葉県 フィリピン 発熱、咳嗽、関節痛
・1月13日 2038 成田 20代 男性 東京都 インドネシア 発熱、倦怠感、咽頭痛
・1月14日 2047 成田 30代 男性 神奈川県 ベトナム 発熱、咳、鼻汁
・1月14日 2048 成田 10代 女性 埼玉県 ベトナム 鼻汁

■2か国以上滞在者事例
・1月10日 2018 成田 20代 女性 東京都 米国/メキシコ 味覚障害、鼻閉
・1月10日 2020 成田 30代 男性 東京都 ガーナ/エチオピア/韓国 無症状
・1月12日 2034 羽田 50代 男性 神奈川県 エジプト/マルタ 無症状

■変異株
・1月8日 2029 成田 10代 女性 東京都 南アフリカ 無症状 S変異株
・1月8日 2030 成田 40代 女性 東京都 南アフリカ 無症状 S変異株
・1月9日 2004 成田 40代 女性 東京都 アラブ首長国連邦 無症状 E変異株

■非上陸拒否国からの入国者
・1月9日 1996 成田 30代 男性 神奈川県 スリランカ 無症状
・1月9日 1997 成田 30代 男性 千葉県 スリランカ 無症状
・1月9日 2007 成田 30代 男性 福岡県 ベトナム 無症状
・1月10日 2011 成田 20代 男性 愛知県 中国 無症状
・1月12日 2027 成田 20代 男性 愛知県 ベトナム 無症状
・1月14日 2039 成田 20代 男性 大阪府 ベトナム 無症状
・1月14日 2047 成田 30代 男性 神奈川県 ベトナム 発熱、咳、鼻汁
・1月14日 2048 成田 10代 女性 埼玉県 ベトナム 鼻汁

■空港検疫での感染確認 週間別の傾向(検査対象人数が推定値)
2020/04/03-2021/01/14:検査対象437,905人(1,525人/日) 感染2,083人=罹患率0.475%
(上記合計は11月5日分の過計上1,838件をマイナス済。下記各週の数値はマイナスせず。)
2020年
04/03-04/09:検査対象10,010人(1,430人/日) 感染34人=罹患率0.339%
04/10-04/16:検査対象 7,375人(1,053人/日) 感染16人=罹患率0.216%
04/17-04/23:検査対象 4,480人( 640人/日) 感染 8人=罹患率0.178%
04/24-04/30:検査対象 4,744人( 677人/日) 感染13人=罹患率0.274%
05/01-05/07:検査対象 3,861人( 551人/日) 感染 5人=罹患率0.129%
05/08-05/14:検査対象 4,130人( 590人/日) 感染 5人=罹患率0.121%
05/15-05/21:検査対象 3,948人( 564人/日) 感染 3人=罹患率0.075%
05/22-05/28:検査対象 3,988人( 569人/日) 感染23人=罹患率0.576%
05/29-06/04:検査対象 5,869人( 838人/日) 感染20人=罹患率0.340%
06/05-06/11:検査対象 6,081人( 868人/日) 感染29人=罹患率0.476%
06/12-06/18:検査対象 6,788人( 969人/日) 感染41人=罹患率0.604%
06/19-06/25:検査対象 7,677人(1,096人/日) 感染30人=罹患率0.390%
06/26-07/02:検査対象 9,458人(1,351人/日) 感染20人=罹患率0.211%
07/03-07/09:検査対象10,800人(1,542人/日) 感染41人=罹患率0.379%
07/10-07/16:検査対象 9,702人(1,386人/日) 感染76人=罹患率0.783%
07/17-07/23:検査対象 9,388人(1,341人/日) 感染64人=罹患率0.681%
07/24-07/30:検査対象 9,055人(1,293人/日) 感染84人=罹患率0.927%
07/31-08/06:検査対象12,190人(1,741人/日) 感染67人=罹患率0.549%
08/07-08/13:検査対象 9,453人(1,350人/日) 感染36人=罹患率0.380%
08/14-08/20:検査対象10,254人(1,464人/日) 感染39人=罹患率0.380%
08/21-08/27:検査対象10,612人(1,516人/日) 感染31人=罹患率0.292%
08/28-09/03:検査対象11,895人(1,699人/日) 感染47人=罹患率0.395%
09/04-09/10:検査対象 9,679人(1,382人/日) 感染27人=罹患率0.278%
09/11-09/17:検査対象11,654人(1,664人/日) 感染41人=罹患率0.351%
09/18-09/24:検査対象11,262人(1,608人/日) 感染45人=罹患率0.399%
09/25-10/01:検査対象13,766人(1,966人/日) 感染48人=罹患率0.348%
10/02-10/08:検査対象12,579人(1,797人/日) 感染51人=罹患率0.405%
10/09-10/15:検査対象12,755人(1,822人/日) 感染43人=罹患率0.337%
10/16-10/22:検査対象15,304人(2,186人/日) 感染44人=罹患率0.287%
10/23-10/29:検査対象16,650人(2,378人/日) 感染51人=罹患率0.306%
10/30-11/05:検査対象15,804人(2,257人/日) 感染54人=罹患率0.341%
11/06-11/12:検査対象10,227人(1,461人/日) 感染100人=罹患率0.977%
11/13-11/19:検査対象11,591人(1,655人/日) 感染77人=罹患率0.664%
11/20-11/26:検査対象12,322人(1,760人/日) 感染88人=罹患率0.714%
11/27-12/03:検査対象13,348人(1,906人/日) 感染83人=罹患率0.621%
12/04-12/10:検査対象15,699人(2,242人/日) 感染79人=罹患率0.503%
12/11-12/17:検査対象17,378人(2,482人/日) 感染69人=罹患率0.397%
12/18-12/24:検査対象21,365人(3,052人/日) 感染115人=罹患率0.538%
12/25-12/31:検査対象13,804人(1,972人/日) 感染63人=罹患率0.456%
2021年
01/01-01/07:検査対象13,130人(1,875人/日) 感染92人=罹患率0.701%
01/08-01/14:検査対象19,668人(2,809人/日) 感染63人=罹患率0.320%
 [空港別] 成田44・羽田8・中部0・関空10・福岡1
 [男女別] 男39・女24
 [年代別] 10代下8・20代19・30代21・40代8・50代5・60代1・70代0・80代上1
 [渡航元] 中国1・フィリピン3・ベトナム5・ミャンマー2・マレーシア1・
   インドネシア4・ネパール1・インド3・パキスタン5・スリランカ2・UAE2・
   ロシア4・ルーマニア1・ハンガリー2・ベルギー1・スペイン1・英国2・
   エジプト1・チュニジア1・セネガル1・コートジボワール1・南アフリカ2・
   米国12・米国/メキシコ1・メキシコ2・
   エジプト/マルタ1・ガーナ/エチオピア/韓国1・非公表0
 [居住地] 北海道1・茨城1・群馬1・埼玉3・千葉5・東京19・神奈川13・
   静岡1・愛知3・大阪9・兵庫2・広島1・山口1・福岡3・非公表0
 8日13、9日11、10日15、11日6、12日8、13日3、14日7=63
 41週(287日)経過


※検査対象数は、何月何日着が何人という発表ではなく、2日遅れで集計発表していると思われる数値しか公表されていません。毎日更新されているので、それほど大きくブレることはないと思いますが、確実に何月何日到着分の数値かは不明です。推定値に近い数値として捉えてください。


■これまでの毎週配信している期間集計(週間別)の記事
<07月から週間分析>
01月12日 検疫週間別1月1_激増0.7%超
01月03日 検疫週間別12月5_減少も0.45%超
12月27日 検疫週間別12月4_過去最悪陽性115人
12月20日 検疫週間別12月3_検査最多 陽性60人台
12月13日 検疫週間別12月2_70人台0.5%超
12月06日 検疫週間別12月1_悪化続き80台
11月29日 検疫週間別11月4_悪化したまま
11月22日 検疫週間別11月3_まだ率0.6%超
11月15日 検疫週間別11月2_状況過去最悪
11月08日 検疫週間別11月1_検査前増後減
11月01日 検疫週間別10月4_罹患率0.3%超
10月25日 検疫週間別10月3_検査1日2千人超
10月18日 検疫週間別10月2_南亜急増中
10月11日 検疫週間別10月1_9週ぶり50人超 グラフ掲出開始
10月04日 検疫結果週間別9月5_最多検査0.3%超
09月27日 検疫結果週間別9月4_罹患0.4%肉薄
09月20日 検疫結果分析9月3_陽性40人台
09月13日 検疫結果分析9月2_9週ぶり20人台
09月06日 検疫結果分析9月1_4週ぶり40人超
08月30日 検疫結果分析8月4_罹患0.3%切
08月23日 検疫結果分析8月3_罹患横ばい
08月16日 検疫結果分析8月2_若干落ち着き
08月09日 検疫結果分析8月1_検査増で罹患減
08月02日 検疫結果分析7月4_最悪0.9%超
07月26日 検疫結果分析7月3_高水準続く
07月19日 検疫結果分析7月2_過去最悪
07月12日 検疫結果分析7月1_感染拡大戻り
07月05日 検疫結果分析(6月4週)_少し落ち着き
06月28日 検疫結果分析(6月3週目)_罹患高率(4月1〜6月3迄分析)
<07月まで上中下順別分析>
08月03日 検疫結果分析7月下_最悪悪化
07月23日 検疫結果分析7月中_最悪更に大悪化
07月13日 検疫結果分析7月上_感染数最悪
07月03日 検疫結果分析_6月下旬変化?
06月23日 検疫結果分析_6月中旬率最悪
06月13日 検疫結果分析_6月上旬も異常
06月04日 検疫結果分析_5月下旬異常(4月上〜5月下迄分析)
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

空港検疫1/18_越南陽性異常水準

◇空港検疫 また非上陸拒否国から複数4人、ベトナムは偽陽性とは片付けられない異常水準 1月18日発表分

厚生労働省(厚労省)は1月18日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、4月3日0時から症状の有無や濃厚接触の有無に関係なく、一部の国からの入国者を除いた全員検査を実施しており、いま日本で唯一正確な罹患率を把握できます。


空港検疫陽性確認が増加中!
(×××)
1月18日現在
罹 患 率 0.450%

無症状率 93.9%

国内の隠れ感染者数(推定値)24.0万人

(比較用)東京都:罹患率0.612%=感染85,470人、死亡率0.0051%=死亡725人/人口13,962,725人(2020年12月)←[激増中・ピーク]
(比較用)フィリピン:罹患率0.495%=感染500,577人、死亡率0.0097%=死亡9,895人/人口約1億98万人(2015年)←※ロイター公式サイトが分かりやすいです https://graphics.reuters.com/world-coronavirus-tracker-and-maps/ja/countries-and-territories/philippines/


※罹患率は空港検疫の全員検査開始後の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の全員検査の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で感染した人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。


空港検疫 全員検査結果(1月16日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
12月31日発表分までは別にまとめています。

2020年04月04日〜10月04日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月04日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月04日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月04日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2020年04月04日〜2021年01月01日:対象403,600人、陽性1,821人/罹患率0.451%
2020年04月04日〜2021年01月02日:対象405,107人、陽性1,829人/罹患率0.451%
2020年04月04日〜2021年01月03日:対象406,499人、陽性1,843人/罹患率0.453%
2020年04月04日〜2021年01月04日:対象409,177人、陽性1,866人/罹患率0.456%
2020年04月04日〜2021年01月05日:対象411,667人、陽性1,884人/罹患率0.457%
2020年04月04日〜2021年01月06日:対象413,001人、陽性1,895人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月07日:対象414,715人、陽性1,902人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月08日:対象416,537人、陽性1,913人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月09日:対象418,237人、陽性1,920人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月10日:対象419,865人、陽性1,934人/罹患率0.460%
2020年04月04日〜2021年01月11日:対象423,463人、陽性1,945人/罹患率0.459%
2020年04月04日〜2021年01月12日:対象427,244人、陽性1,958人/罹患率0.458%
2020年04月04日〜2021年01月13日:対象429,683人、陽性1,964人/罹患率0.457%
2020年04月04日〜2021年01月14日:対象432,379人、陽性1,971人/罹患率0.455%
2020年04月04日〜2021年01月15日:対象434,762人、陽性1,976人/罹患率0.454%
2020年04月04日〜2021年01月16日:対象437,905人、陽性1,987人/罹患率0.453%
2020年04月04日〜2021年01月17日:対象441,610人、陽性1,999人/罹患率0.452%

2020年04月04日〜2021年01月18日:対象445,048人、陽性2,007人/罹患率0.450%

1月18日時点での罹患率をそのまま日本の人口(12月の推計人口1億2571万人)に当てはめると、感染者の推定人数は約56.6万人になります。
国内のPCR検査陽性者は1月18日0時現在で326,208人ですから、隠れ感染者はあと約24.0万人もいると推定されます。日本国内の感染者爆増に伴い、どんどんドンドン隠れ感染者推定数が減っています。

検査人数は3,438人でした。3日連続三千人を超えました。
9日から全入国者に対する検査が開始されており、検査数≒入国者数の状況です。検査強化しただけで入国者が一気に減っています
感染者は8人増加されています。罹患率はジリジリ低下を続けています。

新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和3年1月18日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16140.html











空港検疫検査 到着日別詳細結果(1月17日到着分までが反映と推定)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
10月2日着分までの半年分の内容(4月3日着〜10月2日着までの感染状況)と12月31日までは別にまとめています。

2020年04月03日〜10月02日:http://johokotu.seesaa.net/article/477969790.html
2020年04月03日〜10月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/478493314.html
2020年04月03日〜11月30日:http://johokotu.seesaa.net/article/478872998.html
2020年04月03日〜12月31日:http://johokotu.seesaa.net/article/479429539.html
2021年
01月01日:症状 有0 無16=陽性16人 1892・1893・1894・1895・1896・1897・1898・1899・1900・1901・1902・1903・1904・1905・1906・1907
01月02日:症状 有1 無22=陽性23人 1908・1909・1910・1911・1912・1913・1914・1915・1916・1917・1918・1919・1920・1921・1922・1923・1924・1925・1926・1927・1928・1929・1959
01月03日:症状 有3 無16=陽性19人 1930・1931・1932・1933・1934・1935・1936・1937・1938・1939・1940・1941・1942・1943・1944・1945・1946・1947・1969
01月04日:症状 有1 無8=陽性9人 1948・1949・1950・1951・1952・1953・1954・1955・1978
01月05日:症状 有0 無9=陽性9人 1956・1957・1960・1961・1962・1963・1964・1965・1966
01月06日:症状 有0 無10=陽性10人 1967・1968・1970・1971・1972・1973・1974・1975・1976・1977
01月07日:症状 有0 無6=陽性6人 1979・1980・1981・1982・1983・1984
01月08日:症状 有2 無11=陽性13人 1985・1986・1987・1988・1989・1990・1991・1992・1993・1994・1995・2029・2030
01月09日:症状 有0 無11=陽性11人 1996・1997・1998・1999・2000・2001・2002・2003・2004・2005・2007
01月10日:症状 有3 無12=陽性15人 2008・2009・2010・2011・2012・2013・2014・2015・2016・2017・2018・2019・2020・2021・2036
01月11日:症状 有1 無5=陽性6人 2022・2023・2024・2025・2026・2042
01月12日:症状 有0 無8=陽性8人 2027・2028・2031・2032・2033・2034・2040・2041
01月13日:症状 有1 無2=陽性3人 2035・2037・2038

01月14日:症状 有2 無5=陽性7人 2039・2043・2044・2045・2046・2047・2048
 [空港別] 成田4・関空3
 [男女別] 男4・女3
 [年代別] 10代下1・20代2・30代3・40代1・50代0・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] ベトナム3・ハンガリー2・ベルギー1・スペイン
 [居住地] 埼玉1・東京1・神奈川1・大阪3・福岡1
01月15日:症状 有1 無12=陽性13人 2049・2050・2051・2052・2053・2054・2055・2056・2057・2058・2059・2060・2061
 [空港別] 成田8・関空5
 [男女別] 男8・女5
 [年代別] 10代下3・20代2・30代4・40代0・50代4・60代0・70代0・80代上0
 [渡航元] 中国1・シンガポール1・ネパール2・パキスタン1・トルコ1・カザフスタン3・ナイジェリア2・米国2
 [居住地] 埼玉3・東京1・神奈川1・静岡1・岐阜1・愛知1・大阪1・兵庫4
01月16日:症状 有0 無10=陽性10人 2062・2063・2064・2065・2066・2067・2068・2069・2070・2071
 [空港別] 成田7・羽田2・中部1
 [男女別] 男9・女1
 [年代別] 10代下1・20代2・30代2・40代4・50代0・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] インドネシア1・パキスタン3・スリランカ2・ロシア/トルコ1・ウクライナ1・米国1・ペルー1
 [居住地] 宮城1・埼玉1・千葉3・東京1・神奈川2・静岡1・愛知1
01月17日:症状 有0 無9=陽性9人 2072・2073・2074・2075・2076・2077・2078・2081・2082
 [空港別] 成田5・中部1・関空2・福岡1
 [男女別] 男6・女3
 [年代別] 10代下1・20代0・30代2・40代3・50代2・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] 中国1・フィリピン2・ベトナム2・ナイジェリア1・米国2・ペルー1
 [居住地] 千葉1・神奈川1・山梨1・愛知2・大阪1・岡山1・広島1・非公表1

01月18日:症状 有0 無2=陽性2人 2079・2080
 [空港別] 成田2
 [男女別] 男2・女0
 [年代別] 10代下0・20代1・30代0・40代4・50代0・60代1・70代0・80代上0
 [渡航元] ベトナム1・メキシコ1
 [居住地] 大阪1・非公表1


合計11人の陽性確認が発表されました。
4月3日0時の全員検査開始後に判明した陽性者は、1月18日までの291日間で2,004人と二千人を突破しました。
2,004人のうち有症状は122人です。無症状は1,882人で、無症状率は93.9%です。

本日発表分は、行動歴(渡航元)と居住地両方とも非公表者はいませんでした。
本日発表分は、団体感染が疑われる事例はありませんでした。

2日ぶりに非上陸拒否国からの入国者の陽性が出ました。4人増えています。
10日間で合計17人となりました。

ベトナムが非常に多いです。今日は3人出ていますが、到着空港は成田、中部、関空、在住地は新潟、愛知、大阪とバラバラ。偽陽性では片付けられない異常な水準になってきました。

本日発表分は、ここのところ陽性確認が急増しているのに警戒されていない米国から2人、変異株発生の頃から陽性確認急増中のナイジェリアから1人陽性者が出ています。

新型コロナウイルス感染症の無症状病原体保有者の発生について(空港検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_16146.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする