2021年01月02日

◇アップした旅行記一覧

■これまでにアップした旅行記

2020年10月 「半年ぶりの空港見学new!
 訪問空港:東京国際
 STAY HOME出来ず半年ぶりにトホホな空港見学したというお話
 ■旅行後の話題:実は市中より何十倍も危険な空港の罹患リスクと安全な訪問方法とは
 旅行前1日目旅行後

2020年01月 「富士を眺めに静岡へ
 訪問空港:静岡
 10年越しに富士を見て日本と海外の繋がりを考えたというお話
 ■旅行後の話題:日本にとっての中国便を考える
 旅行前1日目旅行後

2019年09月 「深夜空港でDREAMS見た
 訪問空港:鳥取・但馬・関西国際・徳島・中部国際
 様々な障害を乗り越えてやっと着いた深夜の空港で夢(DREAMS)を見たというお話
 ■旅行後の話題:格安移動のDREAMSを考える
 旅行前0日目1日目2日目3日目旅行後

2019年08月・09月 「日本国を感じる空港見学
 訪問空港:新潟・庄内
 空港見学したら日本国を体感できたというお話
 ■旅行後の話題:訪日外国人の困り事から日本国の問題を考える
 旅行前1日目2日目旅行後

2019年05月 「アルプス越えて陸から北へ
 訪問空港:富山・小松・能登・松本
 アルプスを越えて陸上から北の陸へ行ってみたというお話
 ■旅行後の話題:空港にある陸上施設(スポーツ施設)と行政施設
 旅行前1日目2日目旅行後

2019年04月 「席で左右された快適旅
 訪問空港:東京国際・熊本・福岡・静岡
 指定座席で快適さが左右された旅だったというお話
 ■旅行後の話題:よく分からない空港アクセス交通
 旅行前1日目/2日目(旅行無)/3日目旅行後

2019年02月 「富士を眺めに大島へ
 訪問空港:大島
 空港から日本一の富士山を眺めてきましたというお話
 ■旅行後の話題:富士山が見える空港
 旅行前1日目2日目旅行後

2019年01月 「駅から便利に空港訪問
 訪問空港:百里
 鉄道駅からのバスアクセスでも便利な空港だったというお話
 ■旅行後の話題:意外と多い駅からバスが便利な空港
 旅行前1日目旅行後

2018年09月 「いつもおき楽に邦基知る
 訪問空港:東京国際・出雲・隠岐・美保
 出雲、隠岐、伯耆を旅すれば、いつもおき楽に邦基が分かるブラタモ旅になるというお話
 ■旅行後の話題:なぜそこに空港があるのか、ブラブラしながら解き明かします
 旅行前1日目2日目3日目4日目旅行後

2018年08月 「ダイナミックに繋ぐ旅
 訪問空港:大阪国際・大分・名古屋
 トロトロ鈍行からビュンと航空へダイナミックに繋いだら、子供達と未来にダイナミックに繋がったというお話
 ■旅行後の話題:空港で子供と楽しもう
 旅行前1日目/2日目(旅行無)/3日目旅行後

2017年09月 「飽きずに驚きの秋田へ
 訪問空港:大館能代・青森・秋田・山形
 飽きずに秋田に行ったらびっくりなんとの連続だったというお話
 ■旅行後の話題:山の頂上付近に造成された空港
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2017年05月 「維新を感じに萩・石見へ
 訪問空港:東京国際・山口宇部・石見
 萩・石見で維新150年を感じてきましたというお話
 ■旅行後の話題:次々出てくる空港キャラクター
 旅行前1日目2日目旅行後

2017年03月 「空港に泊まってみよう
 訪問空港:成田国際・広島・岡南・神戸・関西国際
 空港で快適に寝る方法を調べてみましたというお話
 ■旅行後の話題:空港野宿の実態
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2016年04月 「高くて行きづらい島へ
 訪問空港:東京国際・奄美・喜界
 ダイヤ不便で運賃高い。奄美行くのをアマくミ過ぎたというお話
 ■旅行後の話題:利用維持に重要な運航ダイヤ
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2015年08月(2) 「二週連続で南東北へ
 訪問空港:仙台
 震災から4年経って人の動きを感じられたというお話
 ■旅行後の話題:まだまだ整備できる空港へのアクセス鉄道
 旅行前1日目旅行後

2015年08月(1) 「鉄道で今度は南東北へ
 訪問空港:山形
 乗り継ぎ不便だから結局新幹線を使いましたというお話
 ■旅行後の話題:空港でも増えてきた自転車アクセス
 旅行前1日目旅行後

2015年07月 「格安に東海道を横断
 訪問空港:名古屋・中部国際・静岡
 飛行機に乗りたいのに夜行は電車が便利だったというお話
 ■旅行後の話題:飛行機の夜行便
 旅行前1日目2日目旅行後

2015年02月 「潰れる空から九州へ
 訪問空港:東京国際・福岡・宮崎・鹿児島・熊本・佐賀
 航空会社の破たんに振り回された旅行だったというお話
 ■旅行後の話題:SKYの破たんと羽田発着枠
 旅行前1日目2日目旅行後
 ※令和2年7月豪雨の影響により大きな被害を受けている地域の旅行記です。被災されている皆様に心よりお見舞い申し上げます。訪問時と状況が大きく変化している可能性があります。

2014年09月 「格安の波に乗って中四国へ
 訪問空港:成田国際・広島・松山・岡山・美保・出雲
 格安乗るにも成田はやっぱり不便だったというお話
 ■旅行後の話題:格安航空誘致に重要な空港アクセス
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2013年02月 「快適バスで日帰り見学
 訪問空港:百里
 アクセスバスは安くて速くて快適だったというお話
 ■旅行後の話題:一社しか飛んでいない空港
 旅行前1日目旅行後

2012年11月 「最後は火山の空港へ
 訪問空港:三宅島
 最後に訪問したのは驚きの火山の島でしたというお話
 ■旅行後の話題:三宅島便就航の傾向と対策
 旅行前1日目2日目旅行後
 ※2000年雄山噴火の影響により大きな被害を受けている地域の旅行記です。被災されている皆様に心よりお見舞い申し上げます。噴火はいまだ続いており、訪問時と状況が大きく変化している可能性があります。

2012年11月 「そうだ那覇行こう
 訪問空港:成田国際・那覇
 LCCで那覇へ行ったらひどい!ばっかりだったというお話
 ■旅行後の話題:エアアジア・ジャパンも含めたLCC3社を徹底比較
 旅行前1日目2日目旅行後

2012年09月 「佐渡でトンだ事態
 訪問空港:佐渡・新潟
 佐渡に飛行機に乗りにいったらトンだ事態になりましたというお話
 ■旅行後の話題:地方空港と羽田発着枠の関係
 旅行前1日目2日目旅行後

2012年9月 「初LCCにハラハラ
 訪問空港:関西国際・長崎・岩国・福岡・北九州・東京国際
 LCCに乗ったら、脅された!急がされた!恥かいた!というお話
 ■旅行後の話題:フイルムカメラの使用基準
 旅行前1日目2日目3日目4日目旅行後

2011年5月 「北海道へ弾丸旅行
 訪問空港:東京国際・新千歳・帯広・札幌
 北海道を急いで回って霧雨に3連敗してきました!というお話
 ■旅行後の話題:北海道の小さな飛行場
 旅行前1日目2日目旅行後

2010年12月 「南の果てから
 訪問空港:東京国際・那覇・石垣・波照間・新石垣
 南の果てに加え新石垣の見学会も行ってきました!というお話
 ■旅行後の話題:八重山地方のアクセス
 旅行前1日目2日目旅行後

2010年09月 「最後の広島西へ
 訪問空港:東京国際・神戸・鹿児島・広島西・名古屋
 広島便より新幹線よりSKY鹿児島便のほうが安いやん!というお話
 ■旅行後の話題:空港の廃港騒動
 旅行前1日目2日目旅行後

2010年07月 「隠岐がる?旅行へ
 訪問空港:東京国際・出雲・隠岐・美保・鳥取・神戸・徳島・大阪国際
 隠岐楽隠岐がるに行ったつもりが上陸時間短くて何もできませんでしたというお話
 ■旅行後の話題:愛称が付いている空港
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2010年05月 「東の端を視察へ
 訪問空港:東京国際・新千歳・札幌丘珠・釧路・帯広・中標津
 北方領土を根室から視察してきましたという話
 ■旅行後の話題:札幌飛行場の路線撤退騒動
 旅行前1日目2日目旅行後

2010年02月 「琉神と球美島へ
 訪問空港:東京国際・沖縄那覇・久米島・中部国際・成田国際
 久米島で琉神マブヤーに会ってきましたという話
 ■旅行後の話題:国内の離島空港の状況
 旅行前1日目2日目旅行後

2010年01月 「再び南へ
 訪問空港:成田国際・沖縄那覇・沖永良部・鹿児島・大阪国際・神戸・徳島・東京国際
 沖永良部へ遊覧飛行かと思ったら自分が最悪の席だったという話
 ■旅行後の話題:薩南諸島へのアクセス
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2009年12月 「過去と未来へ
 訪問空港:鹿児島・種子島・屋久島・枕崎・宮崎・東京国際
 いよいよ宇宙へ進出します!という話
 ■旅行後の話題:南九州にある空港の過去
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2009年08月 「夏の離島めぐり
 訪問空港:成田国際・福岡・対馬・壱岐・小値賀・上五島・福江・長崎・那覇・南大東・北大東
 離島に行ったら世界が回っちゃいましたという話
 ■旅行後の話題:離島めぐり後に巻き込まれたとんでもない事態
 旅行前1日目2日目3日目4日目5日目6日目7日目8日目旅行後

2009年05月 「日本最北端へ
 訪問空港:稚内・利尻・礼文・オホーツク紋別・女満別・弟子屈・旭川
 日本の最北端でぼったくられ続けましたという話
 ■旅行後の話題:全国にある旧軍飛行場
 旅行前1日目2日目3日目4日目旅行後

2009年03月 「奄美群島へ
 訪問空港:鹿児島・喜界・奄美・徳之島
 地図と地上係員に騙されましたというお話
 ■旅行後の話題:徳之島の地図と実態
 旅行前1日目2日目3日目4日目旅行後

2009年02月 「伊豆諸島周遊!?
 訪問空港:神津島・大島・八丈島
 結構欠航にはまってしまいましたというお話
 ■旅行後の話題:旅行時の天候を振り返る
 旅行前1日目2日目3日目4日目旅行後

2009年01月 「宮古諸島へ
 訪問空港:成田国際・沖縄那覇・伊江島・宮古・多良間・下地島・東京国際
 お椀に乗っては与論に行けませんでしたというお話
 ■旅行後の話題:下地島定期便復活の可能性
 旅行前1日目2日目3日目4日目旅行後

2008年12月 「初離島は最西端
 訪問空港:神戸・石垣・与那国・粟国・沖縄那覇・東京国際
 与那国にマイルで行けなかったというお話
 ■旅行後の話題:予約しにくいマイル
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2008年12月 「遠い南紀へ
 訪問空港:南紀白浜・関西国際・東京国際
 南紀白浜の滑走路を独占しました!というお話
 ■旅行後の話題:世界遺産に行ける便利な空港
 旅行前1日目2日目旅行後
 ※2011年台風12号の影響により大きな被害を受けた地域の旅行記です。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。訪問時と状況が大きく変化している可能性があります。

2008年10月 「バタバタと北陸へ
 訪問空港:富山・能登・小松・福井
 行き先を直前に決めたら現地でバタバタになっちゃったというお話
 ■旅行後の話題:日本にある軍民共用空港
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2008年09月 「鉄道で南東北へ
 訪問空港:庄内・山形・仙台
 海近くの空港でも海はなかなか見えません!というお話
 ■旅行後の話題:各地方の地域ハブ空港
 旅行前1日目2日目3日目旅行後
 ※2011年東日本大震災の影響により大きな被害を受けた地域の旅行記です。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。訪問時と状況が大きく変化している可能性があります。

2008年08月 「中日本から北東北へ
 訪問空港:名古屋・秋田・大館能代・花巻・東京国際
 日本第二位の湖の上で道に迷ってしまったというお話
 ■旅行後の話題:平成生まれの新しい空港
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2008年07月 「日本最長の海の下
 訪問空港:東京国際・三沢・青森・函館・奥尻
 日本最長の地底トンネルは真っ暗でうるさかったですというお話
 ■旅行後の話題:北海道離島へのアクセス
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2008年05月 「日本最長の海の上
 訪問空港:東京国際・松山・高松・徳島・高知
 日本最長の海上橋梁はとにかく長かったですというお話
 ■旅行後の話題:地域ならではの空港の珍しい施設
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2007年12月 「意外と広い九州へ
 訪問空港:東京国際・福岡・佐賀・長崎・宮崎・鹿児島・枕崎・天草・熊本
 九州は意外と広くて時間がかかったなあというお話
 ■旅行後の話題:九州で定期便を運航する地域航空会社
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2007年11月 「羽田から中国へ
 訪問空港:東京国際・広島・岡南・岡山・鳥取・美保・出雲・石見・広島西
 話題の羽田発着で中国!?へ行ってきましたというお話
 ■旅行後の話題:国内にある近隣空港
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2007年06月 「初夏の道内グルリ
 訪問空港:東京国際・女満別・紋別・旭川・札幌・帯広・釧路・中標津・新千歳
 なんだか霧霧霧っとしていたなあというお話
 ■旅行後の話題:意外な道東の気候
 旅行前1日目2日目3日目旅行後

2006年03月 「初の空港訪問
 訪問空港:山口宇部・新北九州・東京国際
 スタフラの社長と就航記念品に驚愕してしまいましたというお話
 ■旅行後の話題:新航空会社スターフライヤーの戦略
 旅行前1日目2日目旅行後
ラベル:旅行記
posted by johokotu at 18:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

2020年10月25日

半年ぶりの空港見学(旅行後)

※本旅行記は2020年10月のものを、2020年10月〜11月にかけてで公開したものです。


■2020.10 東京国際の旅行後

新型コロナウイルス感染症が収まらないせいで、空港見学に行けない日々が続いています。一方で、そういう不要不急利用も激減し、空港の売店は売上げが上がらず、店がドンドン撤退しているというニュースも流れているほどです。
できるだけ利用して、空港を支援したいのに、なんとも歯がゆいところです。

出張や帰省といった、きちんとした理由のある人に、ついでに沢山利用して貰い、変化の様子をレポートして貰えば良いのですが、それもそれでなんだか空しいというか、ズルいなあ、という感覚も覚えます。
今回、そんな不満を払拭するため、屁理屈を並べて空港見学を敢行しましたが、流石にターミナルの中までは入れませんでした。

今回は、そんな空港のCOVID-19の危険性と空港訪問方法について考えてみます。

■実は市内よりも何十倍も危ない入国者のウイルス持ち込み事例
「空港検疫での陽性確認なんて多くても一日10人位なんだから一握りでしょ。東京なんてまだ100人単位で感染者が出ている。心配しすぎだ。」という人も多いです。しかし、そんな甘い考えは捨てた方が良いです。

空港検疫の人口に当たる人数(≒検査数)は、日本全体や東京全体の人口(≠検査数)より圧倒的に少ないです。母数の人口が多いのだから、日本全体や東京の方が一日当たりの陽性者数は多くて当たり前。母数が大きく異なるので、東京は100人感染、空港検疫は10人感染だと、東京の方が10倍危ないという風にはなりません。

比較すべきは、感染者数ではなく、同じ土俵に上げられる罹患率(=感染者/人口)です。
10月24日現在で、日本全体の罹患率は0.076%、比較的高い東京でも0.212%です。一方で、空港検疫の罹患率は毎日、ここのところ、だいたい0.3〜0.5%、平均0.4%前後でほとんど変わっていません。これを見ただけの単純計算で、空港検疫は、日本の約5倍、東京の約2倍もの感染リスクがあることが分かります。危険度はあっという間に逆転してしまいました

しかしこの数値比較も実は少しおかしいです。それは、感染者数の基準が違うからです。
日本全体や東京の罹患率は、3月以来の累積感染者数を対象にしている一方で、空港検疫の数値は、常に母集団が新しくなるので、常に今現在の数値と、基準が大きく違います。
ならば、日本全国や東京都の感染者数を、空港検疫と同じように、今日の新規感染者数を採用すれば良いように見えます。しかし、これも違います。
空港検疫の新規感染者数とは、入国者ほぼ全員という母数の中のその日時点での感染者数を示します。このため、日本全国や東京都の数字で採用すべきなのは、その日時点での感染者数です。ざっくり言うと、これまでの総感染者数から退院した人数を除いた数値になります。

そこで、その数値を、10月下旬の数字で見てみると、
日本:退院者を除いた数約6千人/人口1億2千万人=現感染者罹患率0.005%
東京:退院者を除いた数約2千人/人口1400万人=現感染者罹患率0.014%
空港:一日の感染者数約7人/検査数約1千8百人=現感染者罹患率0.389%

となります。

空港検疫と同じように、今現在罹患している感染者数から率を考えると、日本全体や東京都の罹患率はグッと数字が下がってしまいました。
このため、空港検疫は、日本全体の約78倍、東京都の約26倍という、はるかに高い比率でウイルス保持者が見つかっているということがわかりました。

東京が200人感染で、空港検疫が7人感染だから、空港検疫は全然大丈夫。と思っていたら、実際には約26倍ものリスクがあるのですから驚きです。
「飛行機に乗る人は陰性確認してきた人たちだし、危険度は空港も都内も同じくらいか、せいぜい倍くらいでしょ」と思っていたのなら、大間違いなんです。

さらに、空港検疫で行われているのは、ほとんど無症状者なのに抗原検査です。抗原検査は、無症状の場合、街中の診断で行われるPCR検査よりも偽陽性や偽陰性の可能性が高いと言われており、実際、偽陽性とみられる事例が多発しています。偽陰性ですり抜けている人も相当多い可能性が高いです。

空港を、日本国内の他の場所と同じような感染リスクの場所だと考えるのは極めて甘いわけです。

■入国場所は限定されるので対策が可能
ただ、海外から入国してくる空港は限定されています
その他の多くの空港では、ウイルス密輸者がいないのですから、リスクは街中と同じです。国際線が到着しない空港まで、危険だ危険だと言うのはおかしいです。

10月25日の冬ダイヤ開始日時点で、一般の入国者がいる空港は、成田国際、東京国際、中部国際、関西国際、福岡の5空港しかありません。(米軍が三沢、岩国の各空港、沖縄の飛行場からも入国者有り)
そして、それらの空港も、全域がリスクが高いわけではありません。それを見てみます。

成田国際空港(千葉県 現感染約400人/人口630万人=罹患率0.006%
 第1・・・国際線到着有り。感染リスク千葉県の約65倍と、論外レベル
 第2・・・国際線到着有り。感染リスク千葉県の約65倍と、論外レベル
 第3・・・国際線到着無し。感染リスク千葉県の約1倍。国内線利用者が少ない時間帯を狙うべし(深夜??)。全時間帯満遍なく客がいるイメージです。

東京国際空港(東京都 現感染約2,000人/人口1400万人=罹患率0.014%
 第1・・・国際線到着無し。感染リスク東京都の約1倍(利用者が地方の人が多いことを考えればむしろリスクは少し下がる)。国内線利用者が少ない時間帯を狙うべし(到着は早朝・出発は深夜が人少ない)。
 第2・・・国際線到着無し。感染リスク東京都の約1倍(利用者が地方の人が多いことを考えればむしろリスクは少し下がる)。国内線利用者が少ない時間帯を狙うべし(到着は早朝・出発は深夜が人少ない)。
 第3・・・国際線到着有り。感染リスク東京都の約26倍と、論外レベル

中部国際空港(愛知県 現感染約200人/人口760万人=罹患率0.003%
 第1・・・国際線到着有り。感染リスク愛知県の約130倍と、論外レベル。ただし、今なら国際線の運航は曜日限定+一日1便程度なので、国際線のない曜日の国内線利用者が少ない時間帯を狙うべし(到着は早朝・出発は深夜が人少ない)。
 第2・・・国際線到着無し。感染リスク愛知県の約1倍。国内線利用者が少ない時間帯を狙うべし(到着は早朝・出発は深夜が人少ない)。

関西国際空港(大阪府 現感染約700人/人口900万人=罹患率0.008%
 第1・・・国際線到着有り。感染リスク大阪府の約49倍と、論外レベル。ただし、今なら便数少ないので、利用者が少ない時間帯を狙うべし(到着は早朝・出発は深夜が人少ない)。もっとも、成田や羽田と比べると、便数の割に陽性者が多い印象なので要注意です。このため、不要不急の入館はなかなか難しい気がします。
 第2・・・国際線到着無し。感染リスク大阪府の約1倍。利用者が少ない時間帯を狙うべし(深夜?)。全時間帯満遍なく客がいるイメージです。

福岡空港(福岡県 現感染約70人/人口520万人=罹患率0.001%
 国際線ターミナル・・・国際線到着有り。感染リスク福岡県の約389倍と論外レベル。ただし、今なら国際線の運航は曜日限定+一日1便程度なので、利用者が少ない時間帯を狙うべし。でも、非運航日にはターミナルが開いていません。台湾便とフィリピン便なので、台湾便の時を狙うべし。
 国内線ターミナル・・・国際線到着無し。感染リスク福岡県の約1倍。利用者が少ない時間帯を狙うべし。全時間帯満遍なく客がいるイメージ+深夜閉館なので、不要不急の入館はなかなか難しい気がします。

中部国際や福岡は、国際線の運航便数が少なく、正直、国際線の到着客がウロつく時間を避けられれば、入国者から密輸ウイルスを貰うことはほぼないです。(入国者数は成田の100分の1程度しかありませんし、福岡はそのうち半分は超低感染国の台北便。マニラ便の日はハズレです。)
また、各空港とも複数のターミナルがあり、国際線到着と関係ないターミナルなら、これもやはり入国者からウイルスを貰う可能性は低くなります。羽田や福岡は、国内線と国際線が完全にターミナルが分かれています。入国者は、14日間の公共交通利用禁止と自主隔離が求められていますから、国内線側のターミナルなら、入国者が来る「はずはなく」、入国者から密輸ウイルスを貰うリスクはゼロと言えるでしょう。

羽田、福岡と残りの92空港では、結局、課題となるのは、国内感染の拡大防止という観点だけになります。
空港見学の場合、チェックインカウンタや保安検査場などで係員と接する必要はないのですから、(他の利用者がいなければ、)感染拡大リスクは低いまま。人の少ない時間帯に行き、アクセスに公共交通を使わなければ、見学訪問は、無問題なはずです。
利用者の多い空港にはなかなか行きづらいですが、普段、「飛行機が飛んで来ねー、ヒマだんベ〜」と嘆いている空港こそ、いまこそ見学に最適と言えるのかもしれません。実際、静岡や鳥取など、感染防止に配慮しながら集客イベントをやっている空港もみられます。
ぜひ地元民の皆様には、見学はもちろん、食事や買い物で利用して地元の空港を支えてほしいところです。
もちろん、ソーシャルディスタンスとマスク着用、頻繁な手指消毒などのニューノーマルな行動は必須ですけど。ジョギングの感覚で来られると困ります。

羽田は少し特殊です。第1や第2で、他の利用者が少ない時間帯を狙えば行けそうな気もしますが、ターミナル会社が不要不急の来館自粛を要請しています。このため、空港見学や撮影目的ではターミナルに行けない空港になっています。利用者も全時間帯に満遍なくいる空港なので、そもそも行きづらいことは確かなのですが、、、。

202010y.jpg
羽田第3ターミナル前を通り過ぎた建物北側に検疫の送迎バス乗り場がありました。
自宅に帰れない人が14日間隔離のために泊まる近隣ホテルに行くときに使うバスです。
今回、大荷物持った到着入国者とすれ違うことはなかったのですが、
密輸ウイルスを飛ばされる危険があるエリアは、ターミナル内とハイヤー乗り場、
駐車場だけと思っていたので、意表を突かれた感じでした。
5空港は、入国後14日過ぎていない入国者(ウイルス保有者予備群)がいるわけですから、
油断は禁物です。


■行ける空港を確かめよう
こうやって考えると、
・成田(第3除く)、羽田、関空(第2除く)のターミナル、駐車場、ハイヤー乗り場に行くのは自粛すべき
・中部第1と福岡国際線は、行くのなら、国際線到着のない時間帯だけにすべき(理想は国際線就航の無い曜日か到着前の時間帯)
・その他の空港は、行くのなら、利用者の少ない時間帯だけにすべき(=地方の主要空港はそれなりの便が飛んでいるので難しい?)
・アクセスには公共交通を使わない

といったところでしょうか。

地方ではほとんど感染と無縁の地域もあるのでそういった所なら、地元の感染状況とにらめっこしながら、空港見学にドンドン行って良いと思います。

一方で、大都市圏では、まだ第二波の感染が収まっていません。また、北海道や沖縄は九月の四連休を境に感染者が明らかに増加。東京でも同四連休を境に感染低下が止まり、減少するはずの分が増加しています。こんな感じで旅行起因の感染増加が明らかになってしまいましたから、大都市圏の空港にはまだまだ行けない感じでしょうか。
私のように首都圏に住んでいると、感染が全然落ち着かないので、空港見学に行くのは憚られる感じです。今回やったように未明にほとんど人と接触せずに訪問するといった工夫が求められそうです。

五月の状況を経験し、努力すれば、感染を限りなくゼロに近づけることができることは明白になっているので、周囲の感染状況も気にしながら、見学だけの目的で空港に行けるタイミングを図りたいところです。


今回は、とにかく空港見学するために屁理屈を並べてみました。STAY HOMEを頑張ったり、仕事で仕方なく危険な空港を利用する人が大勢いる中で、独り善がりの考えで空港訪問をしてしまいましたので、今回の記事にご不満やズルいぞ、という方も大勢いらっしゃると思います。
一応、他人を感染させるリスクは最大限低減する動きをしたつもりですので、ご容赦いただきたいですが、何だかモヤモヤ訪問でした(空港にお金落とせませんでしたし、、、)。

空港には、COVID-19中も動かさざるを得ない仕事(医療とか食料調達、インフラ系など)で仕方なく航空便を利用している人も大勢います。
そういった人たちの感染リスクを少しでも軽減しながら、一方で空港の運営維持に寄与していければ良いですね。




今回は、旅行の日のページは、実験的に写真メイン、文章サブでの旅行記にしてみました。いかがだったでしょうか。

旅行記、と言いますか、日本空港情報館自体も目的は、初期の頃にも書いたとおり、そこにこれから行こうとする人が事前に情報を入手して安心して訪問できるようにするのが主眼にあります。
このため、無駄に文章だらけなのは、大きく見ると全員には必要ないけど、特定の人には必要だという場合のために、小さな情報をひとつでも多く散りばめようとしているためです。
今回、文章を減らしてみて、わかりやすくなったとか、必要な情報が少なくなった!とか、はたまた、逆に情報増えたんでない?といったことになるのか、ちょっと様子見してみようと思います。
ご意見あればコメント欄でお待ちしています( ・∀・)つ
ラベル:羽田 東京 感染症
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

2020年10月24日

半年ぶりの空港見学(1日目)

※本旅行記は2020年10月のものを、2020年10月〜11月にかけてで公開したものです。

今回の旅行記は実験的に写真を多めにしてみました。
SNS世代は文章を読まないそうなので、、、



■2020.10.24 (自宅)→東京国際→(自宅)

202010-0.jpg
半年以上ぶりに空港見学に行ってきました
(ここって空港?)


■半年以上ぶりの空港見学は東京国際へ、トホホな徒歩訪問
今日は未明の1時半頃に神奈川の自宅を出発。東京国際空港(羽田空港)へ徒歩で向かいました。
空港島の一番手前の天空橋までは、自宅から約15キロなので、普通に歩いて4時間弱くらい。せっせと歩き出しました。
今日は晴れ予報だったものの、前日は中途半端な雨で、雲がまだ結構残る空模様でした。

202010a.jpg
延々と歩いて4時少し前に川崎駅を通過。
いつもは人だらけの連絡通路に人はほとんどいませんでした。少し新鮮な光景。


川崎駅を過ぎてからは、六郷橋を渡って多摩川沿いを進む方が空気も良く開放感溢れています。しかし、川沿いの道は電灯がないので真っ暗ですし、大師橋駅(旧・産業道路駅)が地下化されたことを思い出し、せっかくのチャンスなので、ついでに工事状況を眺めるべく、川崎市側を進むことにしました。
→地下化工事の情報(川崎市公式サイト)https://www.city.kawasaki.jp/530/page/0000018287.html

202010b.jpg
大師橋駅には5時前に到着。駅舎はまだ地上にありました(写真右奥)。
普段交通量の多い道路なのに車がほぼいない珍しい写真が撮れました。


大師橋で多摩川を渡って東京都へ進行。
橋を渡った後は細かい道を進みます。

※大師橋のある場所は江戸時代に渡しがあった場所です。今日の目的地天空橋から浜松町を結ぶ舟運が実験運航していますが、それよりも大師橋川崎側と天空橋を結んだ方が鉄道競合も無く需要がありそうですが、無理かなあ、、、。

202010c.jpg
大師橋から羽田地区の歴史を語る赤煉瓦堤防を見た風景。
カメラの色鮮やか機能を使ったら、
ライトアップされてるみたいな幻想的な写真になりました。


海老取川合流地点の少し手前で多摩川沿いに出たら、なぜか人だかりが。初めての密状態が予想もしなかった辺鄙なところで起こっていて、非常に驚きました。事故か撮影かと思ったら、釣り人達が船出待ち中でした。こんな未明の時間帯でも密なところは密になるようです。皆さんもお気を付けください。

202010d.jpg
弁天橋から空港島を見た様子。まだまだ暗いです。
空港島には5時少し過ぎた所で到着、15キロを四時間かからず来られました。


■早朝から人が来るのが何よりもINNOVATION
天空橋に着いたのは5時20分頃。もう少し早く着けると思っていましたが、結構ギリギリでした。
さっそくHANEDA INNOVATION CITYの地下1階に出来た天空橋駅の新改札口へ向かいました。始発は京急線、東京モノレール線ともに5時27分着で、人がいない+モノレール車両入りを撮影できると思っていたのですが、何と土休日は京急が5時25分着で、人を入れずに車両は入るという写真は無理でした。

202010e.jpg
天空橋駅にできた新しい改札口。
京急の赤とモノレールの青、映えますね。


天空橋駅の始発電車は土曜日は5時25分に着きます。一方、足湯スカイデッキは5時半から開きます。
始発で来る人がいる場合、人がいない足湯と明るい空港という構図を撮れるチャンスはわずか数分しかないことになります。
そこで、エリア内の調査は駅以外は後回しにして、警備員が扉を開けると同時に足湯スカイデッキへと駆け上がりました。

一番乗りで、誰もいない足湯スカイデッキと、少し白んできた空の下の空港の風景を何とか撮れたものの、まだ暗め。ギリギリまで待とうと決めたものの、1分程で次の客が来てしまい、ネットに上げることができる無人状態の写真を撮るのは、それ以上は無理でした。
→無人状態の写真は空港概要(総合)ページでアップしています(無人なのは勝手に貴重だと思ってます)。

202010f.jpg
足湯から、旧整備場地区〜B滑走路〜第3ターミナル地区がよく見えました。
んー、正直、まだ光が足りないけど、、、。


コンビニも時短営業なので、この時間に開いているのは、ホテルと足湯スカイデッキくらい。本日の目的の半分は終了となりました。

202010g.jpg
だいぶ明るくなったHANEDA INNOVATION CITYを三階から見た様子。
この時間帯は入れる建物は少ないですが、二階のコリドールは自由に行き来できました。
メインの歩行空間は一階ではなく二階でした。


この後は、後回しにしたこのエリアの調査・確認後、第2ターミナルへと向かいます。
ここまで四時間歩いたし、帰りも歩きなのだから、正直空港島内は、あまり歩きたくありませんでした。ちょうど大田区コミュニティサイクルhttps://docomo-cycle.jp/ota/)があったので、空港内はこれを活用しようとしましたが、今後も使うか分からない一回の使用にクレカ情報を登録したくなく、結局使用を諦めてしまいました(値段も高いし)。

※最近街中で、シェアサイクルと称するレンタサイクルが増えてきていますが、無人で運用するため、その多くがクレカ情報の登録が必要になります。古くからある窓口対応のレンタサイクルだと、住所情報を登録するところはあるものの、返却後は書いた紙を返してくれるところも多いです。つまり、情報が残りません。支払いするときだけクレカのみとなったりするのは別に良いんだけど、支払い以外の目的に使われるクレカ情報登録制は本当に止めてほしいものです。
そして、こういった無人システム構築のためか、新しいタイプのシェアサイクルは値段が高い所も多いです。大田区コミュニティサイクルの場合は24時間4,850円。下手に使うとレンタカーと大して変わらないお値段です。本格的なスポーツタイプならいざ知らず、レンタサイクルって一日100円程度で借りられる所も多いですし、高くて1,000円、バカ高いところでも2,000円が限界相場なのに、、、(・_・;


202010h.jpg
ポートがあったシェアサイクル「大田区コミュニティサイクル」。
SuicaやPASMOがキー代わりになるのに、それでの支払いはできず、
使用の前提としてクレジットカードの登録が必要でした。


空も徐々に明るくなる中、HANEDA INNOVATION CITYを一回りしました。
全てのエリアが開業しているわけではなく、北西側にあるエリアA〜Cはまだ工事中でした。

202010i.jpg
工事ヤードが広がるエリアA〜C。
工事ヤードの向こうに、旧整備場地区に駐機中の飛行機が大量に見えました。


HANEDA INNOVATION CITYの最後には、いったん、エリアの一番西側にある天空橋駅の交通広場に戻りました。

202010j.jpg
天空橋駅交通広場にあった記念碑。
「旧三町顕彰の碑」「海と 空と 祈り 羽ばたき」「きみといたふるさとの匂い」の3文あり。
三文目は旧穴守稲荷周辺にあったという歓楽街を連想させるものなのでしょうか??
目の前に天空橋駅駅舎がありますが、間にフェンスがあり、最短距離で行き来出来ません。
建物内は地下改札口直結ですが、帰りは改札入った後、階段の上り下りが京急は1.5回、
モノレールは1回有るので、ここが短絡すると楽なんですが、、、。


■あちこちで工事が続く羽田空港跡地地区を進む
結局天空橋駅側に戻ってきたので、そのままエリア西側を南北に走る旧環八通りに出ました。

202010k.jpg
天空橋駅駅舎の南側から東方向に向かって道路が新設されています。
歩道と自転車道が完備された道路になっています。
南側の区画(写真右側)はまだ造成前の空き地状態です。


そのまま旧環八通りを弁天橋脇まで南下。平和の鳥居を再度眺めました。

202010l.jpg
弁天橋通りと旧環八通りが交わる弁天橋東詰交差点から見た空港方向。
元々信号がないロータリーで、歩行者はこんなど真ん中までは入り込めませんでした。
奥に見えるトンネルは旧B滑走路を潜っていたもので今は潜る必要はありません。
今だから見られる風景に、そのうちなってしまうのでしょうか。


弁天橋東詰の旧ロータリーをグルリとまわり、ソラムナード羽田緑地へと向かいました。

202010m.jpg
弁天橋-ソラムナード羽田緑地間は護岸の工事がまだ続いていました。
羽田の変遷を見続けてきたニレの木も見納め?鳥居のように何とか残るのでしょうか?
皆さんも早く「ニッポン巡礼見に」いきたい(GO TO ニッポン旅行したい)ですよね。
https://www2.nhk.or.jp/archives/chronicle/pg/page010-01-01.cgi?recId=0001000000000000%4000000000000000000000006B-62-0600000000000000000000&hitCount=78&sort=&programPage=1&cornerPage=&keyword=&op=AND&keyword_not=&op_not=OR&analog_satellite_hi=08&digital_satellite_hi=10&bs_premium=10_1&year_1=2010&month_1=04&day_1=19&year_2=2010&month_2=04&day_2=19&from_hour=07&from_minute=25&to_hour=&to_minute=&lgenre1=&lgenre2=&lgenre3=&genre_op=AND&rec_count=10&cal_edit=


それにしても日が昇ってから、歩いている人も道路を走る車もが増えてきました。朝のマラソンやウォーキングをしている人が多いですが、半分くらいはマスク未着用(顎マスクですらない)。歩道が広いので、1メートル以上の離隔は取りやすかったものの、マスクしてるこっちがいちいち、運動中の激しい呼吸で飛沫を撒き散らす人を避けなければならないのは、なんだか複雑でした。

202010n.jpg
HANEDA INNOVATION CITYへと入る新設道路との交点に、
新しい丁字路交差点が出来ていました。
羽田空港二丁目バス停はこの交差点の少し空港寄りにあります。
このバス停、普段使いする人いるのでしょうか、、、。


HANEDA INNOVATION CITYの足湯スカイデッキには早朝から何人も人が来ていたのに、ソラムナード羽田緑地のあずまやには人はいませんでした。一時期撮影スポットとして人気を博しましたが、足湯より標高が低いので、一気に人気がなくなってしまったようです。

202010o.jpg
最初のあずまや付近から天空橋方面を振り返った様子。
HANEDA INNOVATION CITYの大きな建物ができていました。
河川側はまだまだ堤防を工事中。


ソラムナード羽田緑地は、年始の頃と大きな変化はなかったものの、第2ゲート付近に日航機遭難者慰霊碑が移転してきていました。

202010p.jpg
雲の切れ目から太陽が顔を覗かせる天気に代わってきました。
写真階段下に見えるのが日航機遭難者慰霊碑。池上彰氏は慰霊碑移転をどう感じる?
COVID-19で精神的に参っている人も多いかもしれませんが、光が差し込みますように。
https://www.tv-tokyo.co.jp/ikegamiakira/191007.html


環八通りより北側は、空港二丁目交差点付近に、羽田エアポートガーデンの駐車場が完成。そこから東側に、壁のようにホテルが完成していました。
→羽田エアポートガーデン公式サイト http://www.sumitomo-rd.co.jp/lp/hanedaairport/

202010q.jpg
羽田エアポートガーデンは、新型コロナウイルス感染症の影響で開業延期中。
入口もご覧の通りひもで立入禁止措置されています。


道路部分はまだまだ工事が継続中でした。
空港二丁目交差点付近は複雑な立体交差になる予定です。

202010r.jpg
空港二丁目交差点から空港方面を見た様子。歩道も複雑な配置になっています。
結構前に出来た歩道橋は、奥に延びて羽田エアポートガーデン2階と直結。
ここでは中央の道路高架の部分と繋がっていますね。もう川崎も表示中。


少し空港二丁目交差点付近を眺めた後は、再び河川沿いに戻り、東進を続けました。

202010s.jpg
工事中はこんな風景も見られるのが魅力の一つ。工事中の橋の断面です。
これだけ立体プリンターが発達しても、結構部品が多いんですね。


川崎市とを結ぶ橋もだいぶ繋がり、あとは大田区側の接続を待つばかりとなっていました。
→連絡橋工事の情報(川崎市公式サイト)https://www.city.kawasaki.jp/530/page/0000097966.html

202010t.jpg
川崎との橋もあと少しでドッキング。
右の壁のような建物が羽田エアポートガーデンの建物です。
来年には車の動きも様変わりしているのかな?


HANEDA INNOVATION CITYでチンタラしていたこともあり、環八第3ターミナル入口交差点に着いたときには七時を過ぎていました。

202010u.jpg
環八第3ターミナル入口交差点から天空橋方面を振り返った様子。
駐車場もP5に名前が変わっていました。


ここで、スターフライヤーの今日の発着便を確認したところ、今日の出発便は57番かバスゲート507番のようです。三月から南ピアの使用がなくなったようで、これだと、新整備場地区からも警察署付近からも撮影で狙うことが出来ません(第2ターミナルの展望デッキからは見やすい)。
さらに、このまま第2ターミナルまで進むと、羽田島を出るのが九時を超える可能性があるので、行くのは断念してしまいました。

そこで、予定を変更し、ここから第3ターミナル前を横切る形で、羽田エアポートガーデンを左に見ながら反時計回りに進行。グルリと回って、天空橋へと戻ることにしました。

202010v.jpg
第3ターミナル南側手前に不思議な仮設的バス停が出現していました。
東京2020五輪用かと思ったら、自動運転の実験用のようです(下記リンク参照)。
それにしてもリンク先の会社、感染者多いですね。
https://www.jtekt.co.jp/news/200806.html


ターミナルの目の前を通るのに、中に入れないとは残念過ぎでしたが、仕方がありません。今日は通過しただけでした。
客が少ないせいでしょうか、前面道路に止まっている車がほとんどいない珍しい光景を眺められました。

※羽田空港の前面道路は、第3だけ一般車でも寄り付きが可能です。ただし、送迎のうち、迎えるのは禁止されています。これまで、お迎えで長時間停まっている車のせいで大混雑していたのですが、利用が激減したせいで、ガラガラでした。
今回、そんな中で1台だけ停まっていた車が、警察の尋問を受けていました。運転手が東南アジア系の外人で、ガラガラだから目立っちゃったんでしょうね。白タクだったのかなあ。
ちなみに、テレビのバラエティや密着番組などで、羽田空港にお迎え、みたいな映像で、ここで芸能人や有名人等を乗せる映像が時々流れるのですが、空港マニアからすると、「非常識なテレビ局と有名人だこと」なんて思いながら見ています。


202010w.jpg
入口の名称も第3ターミナル。
早く、不要不急でも中に入れるようになってほしいところです。
到着客の感染確認が止まらないから暫くは無理かなあ、、、。


三度天空橋駅付近に着いたのは八時前。歩きすぎで旧整備場地区に行く元気はなく、そのまま帰ることにしました。

昼に近づき人の行き来も増えてきたので、川崎駅周辺の人混みを避けるべく、大師橋から川崎市内へと入り、人通りの少ない細かい道を進みました。
帰りはもうヘトヘト。自宅までは四時間以上かかって昼到着となってしまいました。

202010x.jpg
ターミナル名が代わった第3ターミナルをやっと撮影できました。
この写真、もう少し引いて撮りたかったのですが、
警察尋問中の車がいたため、妙な構図になっちゃいました。


■今日の教訓!
[東京国際]HANEDA INNOVATION CITYに大田区のシェアサイクル有←クレカ情報登録必須です
[東京国際]足湯スカイデッキは早朝から人←なかなか無人状態を写すのは困難です
[東京国際]ソラムナード羽田緑地のあずまやは人少ない←足湯スカイデッキに人気が移りました

■実際の旅程
10/24 SAT
自   宅01:30(徒 歩)→05:00[東京国際空港]
天空橋地区06:30(徒 歩)→07:30第三タミ前
第三タミ前07:30(徒 歩)→08:00天空橋地区
[東京国際空港]08:00(徒 歩)→12:30自   宅

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

2020年10月23日

半年ぶりの空港見学(旅行前)

※本旅行記は2020年10月のものを、2020年10月〜11月にかけてで公開したものです。


■2020.10 東京国際の旅行前


■自粛できず屁理屈付けて空港訪問へ
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)でSTAY HOMEとして、不要不急の外出自粛や外出する際の予防行動が呼びかけられています。
空港見学なんて不要不急の典型例みたいなもの。三月にパンデミックとなり自粛生活に入ってから、空港を訪問できない状態に陥っていました。
今回、少し屁理屈も組み込みながら、空港見学を敢行してしまいました。

入国者による海外からの持ち込みと、夜の街(時期的に送別会?)を主原因として三月頃起こった第一波は、緊急事態宣言で外出が激減したことから、五月末頃には感染がかなり抑え込まれました。このタイミングで空港見学を行えば良かったのですが、何せ空港はウイルス持ち込み最前線。空港検疫でパキスタン事例が激増し始めたために躊躇していたら、七月頃には国内でも第二波(世界では第二波ですが、日本ではまだ第二波とは呼ばないそうです=日本の予言者達はこれから第二波が来ると言いたいのかな?)が始まってしまい、時期を逃していました。
第一波の経験からいくと、八月まで外出が減れば、九月位には抑え込まれるはずなので、十月には外出しても支障ない位になるはず。十二月になると忘年会で羽目外しする奴がまた出てきて、夜の街起因で三度目感染が拡大するだろうと予想。十月〜十一月に感染が低減されたら、間隙を突いて空港見学を行おうと企んでいました。

ところが、七月下旬から国がGO TOトラベルを推奨したこともあり、外出自粛は中途半端な状態に。結局、感染抑え込みはできませんでした。九月になっても減少はなかなか進まず、さらに九月四連休以降は感染状況が横ばいとなってしまいました。これではなかなか動きがとれず、空港見学へ行くのもさらに延び延びになっていました

何とかならないか、屁理屈を練った結果、感染防止を最大限考慮した形での見学なら可能であろうと「思い込む」ことにしました
具体的には、
・公共交通機関を使わないでアクセスする
・人がいない時間帯に見学
・屋内には出来るだけ入らない

といった具合です。

■羽田へウォーキング
自宅からの最寄り空港は東京国際(羽田)なので、見学先はほぼ自動的に羽田になりました。
地方の空港に行くには、飛行機や鉄道、船、高速バスなどを使うため、公共交通機関利用がほぼ必須です。流石に不要不急の空港見学という目的での旅行利用は憚られてしまいます。
また、自分は、自家用機はもちろん、自家用車やバイクも保有していないので、比較的近場にある調布や成田国際、百里などへ行くにしても、公共交通を利用せざるを得ません。調布なら頑張ればチャリで行けないこともないのですが、30キロほど離れていて結構しんどいですし、前回見学時から施設の大きな変化はありません。
一方、羽田は三月下旬に大きな変化があり、七月にはHANEDA INNOVATION CITYがオープン。空港島内道路やバス路線なども変化しており、早く見学しなければならない状況でした。特に、スターフライヤー(SFJ)が第2ターミナルから撤退するので、10月24日までにターミナルに接続する様子を撮影したいと考えていました。

で、羽田に行くことにしました

羽田の場合、海外からの入国者は今は第3ターミナルにしか着かず、全員がハイヤーや検疫送迎バス、自家用車、徒歩のいずれかでしか移動できませんから、国際線が飛んでいない第1や第2なら入国者起因のウイルスを貰うことはありません。第1や第2も国内感染者(自分も罹っている可能性有り)と接触する可能性はありますが、それは街中と同じこと。そして、日中はあらゆる時間に人がいる街中に対して、空港はお客さんが航空便の運航に合わせて来るので、早朝の到着や深夜の出発なら人は著しく少ないはずです。そこで、そういった時間帯を狙っての訪問を検討し始めました。

しかし、よくよく調べてみると、羽田の旅客ターミナルの公式サイトで「尚、羽田空港では新型コロナウイルスの感染拡大防止に最大限努めており、引き続き、不要不急の来館はお控えいただきますよう、お願い申し上げます。」と呼びかけられていました。
https://tokyo-haneda.com/information/2020/detail_00164.html

つまり、羽田は、不要不急である空港見学や飛行機撮影を目的として、旅客ターミナルや駐車場(空港ターミナル会社が運営している建物内)への入場は出来ないことになります。(注意:空港への来「港」は自粛ではありません。自粛要請されているのはあくまでもターミナル会社管理施設への来「館」)。

そこで、跡地第1ゾーン(HANEDA INNOVATION CITY)、跡地第2ゾーン(ソラムナード羽田緑地)を中心に、ターミナルやターミナル会社の駐車場には入らないで、外部からのみで空港見学をすることにしました。
SFJを狙う第2については、空港警察付近や新整備場地区からなら、51番〜54番、70番台に駐機する飛行機を撮影できます。

そんな屁理屈を練り始めたのが10月に入ってからだったため、10月後半の土日(17日、18日、24日)が候補になりました。
ところが、17日、18日は雨予報。結局、24日一日ピンポイントでの訪問となりました。人が少ない時間帯は、何はともあれ早朝か深夜。夜だと光が足りないので、早朝訪問することにしました。
アクセスには、チャリを使おうとしていたのですが、直前に故障してしまい、仕方なく、全体を歩きに変更。家から羽田までは約15キロありますが、STAY HOMEで運動不足でもありましたから、良い機会と、空港で災害にあったときの帰宅難民訓練も兼ねて、歩いて行くことにしました。

調べてみると、最も写しておきたいHANEDA INNOVATION CITYの足湯スカイデッキは朝5時半から開くようです。今の時期、日の出は6時少し前なので、5時半は空が白みはじめる頃のはず。そこで、まずは天空橋のHANEDA INNOVATION CITYを回り、足湯を5時半のオープンと同時に見学。その後ソラムナード羽田緑地を経て、環八のトンネルをくぐって新整備場地区へ。そこから第2のスターフライヤーを撮影し、第2の新国際線を外(第4駐車場脇の歩道を想定)から外観撮影。その後第3ターミナル地区へ戻り、ターミナル名の代わった外観を撮影します。そして、時間があれば旧整備場地区も寄りつつ、帰宅することにしました。
時刻的には、夜の間に第2前まで行き、明るくなる5時半頃から第2→第3→天空橋と動く方が効率が良く、さっさと家に帰れます。しかし、足湯は朝イチに行かないと人が他の人が来てしまう可能性があるので、まず足湯に向かう行程にしました。
距離を確認すると、家から天空橋までは15キロほど。家を1時過ぎに出発、5時半に天空橋に到着。第2に着くのが7時前、第3まで戻ってくるのが8時過ぎ、帰宅は昼頃といった想定でした。


アクセスの予約(なし)
今回は、COVID-19対策で不要不急の鉄道・バス利用が出来ないため、全行程が徒歩。予約は必要なしです。

現地移動の予約(なし)
これも歩き前提なので、特に予約はありません。

宿泊の予約
日帰りなので宿泊もありませんでした。
■ここまでの教訓!
[東京国際]不要不急の来館自粛を公式サイトで要請中
[東京国際]意外と広い空港領域←天空橋〜第2間は徒歩一時間位

■今回の予定旅程
10/24 FRI
自   宅01:00(徒歩)→05:00[東京国際空港]
 天空橋地区06:00(徒歩)→07:00国内線地区(第2ターミナル付近)
 国内線地区07:30(徒歩)→08:00国際線地区(第3ターミナル付近)
 国際線地区08:30(徒歩)→09:00旧整備場地区
[東京国際空港]09:00(徒歩)→13:00自   宅

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

2020年01月31日

富士を眺めに静岡へ(旅行後)

※2月23日富士山の日記念。今年も空港から富士を眺めに行ってきました〜。
本旅行記は2020年1月のものを、富士山の日記念で2020年2月に公開したものです。



■2020.01 静岡の旅行後

今回は、中国発で始まった新型コロナウイルス肺炎の影響が拡大し、中国路線が縮小を始める中、静岡空港を訪問しました。静岡空港は、開港以来、中国路線が増減を繰り返し、利用者推移に大きく影響しています。
そこで、今回は、日本を発着する中国路線について軽〜く考えてみます。

■静岡は中国路線がメイン
新型コロナウイルス肺炎は、中国・武漢で最初の発症者が出て、中国全土に一気に拡大。中国が団体海外旅行禁止や移動制限をしたことから、静岡空港を訪れた1月30日には、日本発着の中国路線に影響が出始めていました。
旅行中は全く気がつきませんでしたが、この日、静岡県が、静岡空港発着中国路線8路線のうち4路線の欠航と1路線の減便を発表。翌日から全便欠航路線が出ていました(報道によれば、静岡県が発表した5路線中の2路線を含む4路線の欠航を中国東方航空が別に発表していたようなのですが、公式サイトへの掲載は数日後でした)。

※その後、静岡発着の中国路線は全8路線全便の長期欠航が決定しています。

図らずも、長期欠航前の中国路線を目の前で見てきたことになったわけです。

静岡で国際線と言ったら、まずは中国路線が挙がります。開港以来、様々な路線が就航しては消えるのを繰り返していて、その浮き沈みは大きな話題になっています。

開港以来の中国路線の変遷を書き出すと下のような感じになります。

※平成21年06月04日:CES上海 就航
※平成24年06月18日:CES*i2武漢 就航
※平成26年05月28日:GCR*i1天津 就航
※平成26年12月25日:DER*i1杭州 就航
※平成27年01月28日:GCR*i1天津 定期便化
※平成27年02月17日:CES*i1寧波 就航
※平成27年03月31日:CES*i1寧波 定期便化
※平成27年05月15日:CSN武漢・CSN南寧 就航
※平成27年05月16日:GCR西安 就航
※平成27年05月27日:DER*i1石家荘 就航
※平成27年05月28日:DER*i1塩城 就航
※平成27年06月28日:CSN鄭州 就航
※平成27年07月01日:CES温州 就航
※平成27年07月02日:CSN長沙 就航、DER*i1杭州 定期便化
※平成27年07月04日:CES南京 就航
※平成27年08月25日:CSN鄭州 運休(8/23最終運航)
※平成27年09月02日:DER*i1石家荘 定期便化(9/2は欠航)
※平成27年09月03日:DER*i1塩城 定期便化
※平成27年09月23日:CES合肥 就航
※平成27年10月**日:CES合肥 運休
※平成27年10月26日:CSN長沙 運休(10/22最終運航)
※平成27年10月27日:CSN武漢 運休(10/24最終運航)
※平成27年10月28日:DER石家荘 運休(10/24最終運航)
※平成27年10月30日:CSN南寧 運休(10/23最終運航)
※平成27年12月10日:DER*i3海口 就航
※平成27年12月26日:GCR西安 運休
※平成28年01月10日:CES杭州 就航
※平成28年01月25日:CSN武漢・CSN*i5南寧 就航
※平成28年03月27日:DER塩城・DER*i3海口 運休(3/24最終運航)
※平成28年03月28日:CSN武漢・CSN*i5南寧 運休(3/25最終運航)
※平成28年03月30日:DER済南 就航
※平成28年05月16日:DER瀋陽 就航
※平成28年05月18日:GCR天津 運休(5/14最終運航)
※平成28年07月01日:GCR大連 就航
※平成28年08月19日:GCR大連 運休(8/15最終運航)
※平成28年09月04日:CES杭州 運休(8/31最終運航)
※平成28年09月07日:DER済南 運休(9/4最終運航)
※平成28年09月16日:DER瀋陽 運休(9/12最終運航)
※平成28年10月30日:CES杭州 就航
※平成28年10月31日:CES南京 運休(10/28最終運航)
※平成28年11月02日:CES温州 運休(10/26最終運航)
※平成29年01月13日:CES南京 就航
※平成29年03月26日:CES南京 運休(3/24最終運航)
※平成29年03月29日:DER瀋陽 就航
※平成29年05月17日:DER瀋陽 運休(5/13最終運航)
※平成29年08月31日:CES*i2武漢 上海浦東-武漢間国内線扱いに変更
※平成30年12月22日:CUA煙台 就航
※令和元年07月01日:CSC西安 就航
※令和元年10月29日:CES南昌 就航
※令和元年11月10日:CES連雲港 就航
※令和元年12月29日:CSH温州 就航
※令和02年01月13日:CUA*i6北京大興 就航
*i1:定期チャーター便(インバウンドチャーター)
*i2:上海経由便
*i3:塩城経由便
*i4:南寧経由便
*i5:武漢経由便
*i6:煙台経由便

こうやって見てみると、訳が分からないくらい様々な会社や路線が就航と運休を繰り返しています。

202001k.jpg
静岡空港の国際線出発口に掲げられていた行先表示。この日は全便中国便。
新型コロナウイルスによる感染拡大でこの二日後から一気に中国路線が無くなることになるとは、この時は全く気がつかなかった。


静岡の場合、最初の一年は着陸料補助があることや、利用者がツアー客中心であるため、中国人ツアー客のインバウンドチャーター便的な使い方をされています。このため、中国の様々な都市から代わる代わる就航し、一見さんを運んできている印象があります。
なぜツアー客が多いかは、静岡空港が富士山という巨大ブランドを引っ提げ、東京と大阪を結ぶゴールデンルート上のちょうど中間点付近という好立地にあることに因ります。
何が好立地なのかと言えば、東京からも大阪からも2、300キロ程度だということ。空港から観光バスに乗せて両方に行きやすい。かつ、最初の日や最終日は富士山観光、といったルートを設定しやすいんですね。個人的には、観光バスで2、300キロを移動するのは苦痛ですが、広大な場所に住む中国人にとって、その程度の移動は別に普通のことでしょう。日本人も欧州ツアーなどでアホみたいにバスで大移動するものがありますが、それと同じです。
静岡空港は、空港からそのまま観光バスに乗り込むツアー客にはもってこいの空港になっているわけです。
ところが、観光バスツアー客には使いやすくても、空港からのアクセスが貧弱なため、逆に個人客には不向きな空港でもあります。

欧米からの旅行者は個人旅行が多く、団体バスツアーが多いのは中国からの旅行者です。
そして、ドル箱の東京線や大阪線を開設しづらい静岡空港にとって、国内線の次に狙うのは、どうやっても近距離国際線になります(地方空港が東京国際(羽田)、大阪国際を見るように、静岡は北京、上海、ソウル、台北を見ています)。

つまり、静岡空港が観光バスツアーの中国人を取り込むことは理にかなっていると言えることで、個人向けよりツアー向けの中国路線を重視するのは当然と言えば当然の流れです。
そうなると、路線が定着するかは、中国人ツアー需要にかかっているわけで、今回のような団体ツアー禁止令が出てしまうとひとたまりもなくなってしまいます。

静岡では平成27年〜28年に一度中国便が大幅に増えましたが、空港施設は狭いし、関西国際や成田国際、羽田が相次いで枠拡大などを行ったことで客を奪われ、一度後退しています。なんとも間の悪い空港です。

そこで昨年4月にターミナルを増築。国の観光客誘致策(中国人のビザ緩和等)もあり、再び中国線が増え始め、いよいよ定着するのか注目されていたところでした。
そんな時に新型コロナウイルス肺炎が中国発で発生。毎度毎度なんとも間の悪い空港になってしまっています。

※空港のアクセスが良くなれば個人客が利用しやすくなります。一見バカの遠吠えに聞こえる新幹線駅設置も、団体ツアー頼みの現状を打破する方法として、空港側から見た需要掘り起こしという点では、ごく当たり前の発想だということに気付けます。欧州だと航空会社が鉄道会社と組んで、鉄道切符も一体で販売なんて事例もありますから、鉄道会社は何の努力もせずに客を引き込めるので、かなりメリットだと思うのですが、、、。
新幹線は日本人にとってはただの移動手段なんでしょうが、訪日客にとっては、日本の観光スポットの一つです。それだけ珍しい乗り物に、飛行機下りたらすぐ乗れるというのは、PRにもってこいでしょう。
これからアジアには高速鉄道が広まっていきます。採算面やのぞみ大増殖中のダイヤ面でJR東海は乗り気でないですが、駅設置に何年もかかっては、物珍しさもなくなってしまいます。造るなら早くした方が良いんですけどね、、、。


202001l.jpg
空港に掲げられていた新幹線のPR看板。色褪せていました。なぜかターミナルの端っこの人目のつかないところに追いやられていました。ヤル気ゼロなのかな?


■日本全国で中国路線が増えていた
静岡は中国路線が就航する状況を象徴的に示していた空港でした。
実は、2017年の中国人観光客ビザ緩和等を契機として、二度目・三度目の訪日客が出てくる昨年位から、中国からの個人観光客流入が目立ってきていました。
欧米からなら東京や大阪を経由しても良いでしょう。しかし、中国からだと、特に西日本へは東京や大阪経由だとUターンしなくてはならなくなるので相対的に時間がかかり、大きなデメリットになります。一方で地方への就航なら路線競合することなく客を独占できます。幹線が埋まりつつある中で、中国の航空会社は、どんどん地方への直行便を増やしていきました
各地方の玄関口である札幌、名古屋、福岡、那覇などでは中国便が激増。聞いたことのないような都市(でも日本の地方の県庁所在地なんかより断然人口の多いような都市)から、聞いたこともないような航空会社が次々に就航しました。そして、そこも飽和に近づくと、多くの地方空港にも中国路線(北京や上海といった大都市への就航が多いです)が就航するようになりました。

特に、今冬ダイヤからは、中国側からも次々に就航許可が下り、中国路線は急激に増加していました。

いまや世界二位の経済大国に登り詰め、元から金儲けは上手な中華の人々。金があれば海外旅行に行ける人も増えてきます。一番身近で安全な海外は日本ですから、ビザ緩和等が行われれば、中国路線が増えるのは当たり前と言えば当たり前でした。
元々ビジネスの流動は大きい中、旅行者が増加したことで、中国路線が劇的に増えることになりました。

だいぶ前から国内では中国人観光客が増えてはいましたが、まだまだ序の口だったというわけ。航空便が増え、まさにこれからが本番といったタイミングで、今回の新型コロナウイルス騒動が起こってしまったことになります。


■羽田でも一番優遇されている中国路線
日本には、「国際線の主役はやはり欧米路線。中国路線なんて、米国線とかに比べれば二の次扱いだ」という印象の人は非常に多いと思います。
しかし、実は、中国路線は、羽田の発着枠すらもかなり優遇されている、日本からの国際線の主役です。

羽田の発着枠は、米国が足りない足りないと大騒ぎしていましたが、そんな米国線は深夜早朝時間帯も枠数が制限されているのに、中国路線は深夜早朝時間帯はほぼ無制限なんです。米国線の場合、かつて海外旅行の登竜門的に行く人も多かったグアムなどは深夜便の方が扱いやすく、米国線は深夜早朝時間帯も多数の枠があってもおかしくありません。それでも、枠は制限されているのに、です。
成田があるのに強化された羽田の醍醐味は本来は深夜早朝発着便のはず。しかし、昼間便ばかり注目され、深夜早朝時間帯は、中長距離路線には嫌われています。そんな中で、多くの中国便が深夜早朝時間帯を活用して多数運航され、昼間の就航は認められない珍しい航空会社がシレ〜ッと入り込んでいます

国内線のように、地方にも次々に就航し、拠点空港は深夜早朝時間帯までも活用する充実ぶり。実は、日本の空港では、中国路線がかなり大事な存在になっています。

※羽田の深夜早朝時間帯は、最近少しずつ発着が増え、JALロンドン線など欧州線もありますが、まだまだ少数派です。


■日本の国際線にとって一番重視すべき流動が止まる
よく考えてみれば、中国は、日本から見て、一番近くにある経済大国になりました。中国路線を重視するのは当然の流れです。

昭和生まれからすると、世界は、民主主義(米英)対共産主義(ソ中)だという印象が強く、共産陣営への嫌悪感みたいなものが普通にあります。一党独裁の影響もあり、日本では、中国に対する印象は悪い人が多いですが、航空路線で見てみると、いまや世の中は米対ソみたいなそんな単純なものではなく、様々な国間の流動があることに気付けます。そして、日本と中国の間は結構深い繋がりがあることも分かります。

新型コロナウイルスによる肺炎の拡大が発覚してから、日本が中国からの流入制限に後ろ向きなのは、日本人の一般ピープルが考えているよりも、ずっと日中間の繋がりが深いからに他なりません。
いち国民としては、この後ろ向き対応が最も不安を駆り立てられる点ですが、、、。しかし、空港ファンとして、普段の中国路線について改めて考えてみると、なかなか難しいことなんだろうというのも、合わせて感じられてしまい、複雑な感じがします。

※あまり、政治的な話はしたくないですが、こうやってみると政治の責任って非常に重たいんですね。日本から見れば、中国人は、大昔から商売上手で、芸術性豊かな人たちなはず。でも、なかなかそういう印象がないのは、政治的な理由で印象が悪いからで、正直、損でしかないような気がするんですけど、、、。

202001j.jpg
せっかく日本の象徴である富士山を、富士山空港まで見に行ったのに、飛行機は中国機ばかりで、なんとも情けない感じでした。でも、この写真こそが、日本の空港・国際線の置かれていた状況を象徴的に現した写真だったのかもしれません。


新型コロナウイルス拡大に起因する中国の流動停止で、中国路線の利用者は激減していますから、欠航は待った無しでしょう。
まずは、利用者定着がまだこれからだった最近開設された路線、次に地方路線(日本側地方空港発着の路線と中国側地方空港発着の路線)と削られ、最後に大都市間(例えば成田-上海等)も削減が目立ってくるようであれば、いよいよ中国路線も完全アウトな水域だということになるでしょう。
そうならないようにしてほしいものですが、ウイルス拡大の状況を見ると、大都市間も一時的な欠航は避けられない状況です。

※昨年から韓国路線で似たような状況が起こっています。こちらは韓国人のボイコットという不思議な人為的原因で大幅減便となりました。このときも、最近開設された路線、次に地方路線(日本側地方空港発着の路線と韓国側地方空港発着の路線)が削られています。しかし、大都市発着は残りましたから、完全アウトな水域までは行かなかった印象です。

新型コロナウイルスに関しては、かなり死者数も増えてきており、終息するまではまだまだ時間はかかりそうですが、影響が最小限で封じ込められることを願ってやみません。

ビザ緩和で需要が一気に拡大する一方、感染症拡大を起因として一気に欠航が相次ぐー。日本-中国路線に起こった変化は、航空業界のメリットとデメリット、特にリスクをまざまざと見せつけました。そして人々が行き交うための交通(日本は島国なので海外との間は航空路線)がいかに大切かということもよく分かりました。そして、日中間には、意外と深い繋がりがあることに気が付けました。
感染症が早期に終息し、平穏な交流が早く戻ってきてほしいものです。


本当に薄っぺらい内容ではありますが、静岡で中国路線の推移を見たら、なんとなくではありますが、中国路線がある必然性や航空の大切さを見直すことが出来、今後の地方空港の発展への大いなる参考になりそうな気がしました。
そんな、テキトーな感想を持った所で今回の旅を〆たいと思います。

ラベル:静岡空港 静岡
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

2020年01月30日

富士を眺めに静岡へ(1日目)

※2月23日富士山の日記念。今年も空港から富士を眺めに行ってきました〜。
本旅行記は2020年1月のものを、富士山の日記念で2020年2月に公開したものです。



■2020.01.30 (自宅)→静岡→(自宅)

202001a.jpg
富士山空港から見た富士山


■今年は富士山空港からの富士山だ!
今日の空港訪問は日帰りとなる。
関東から日帰りで行ける近郊の空港として静岡福島を候補にしていた。前日の天気予報で、天気がとても良さそうだったので、静岡への訪問に最終確定した。
今冬は冬らしくない。各地で雪が降らないと話題になっているが、逆に関東・東海ではぐずついた天気が多かった。前々日までも天気の悪い日が数日続いていたが、前日の午後には天気が回復。関東からも綺麗に富士山が見えていて、これは静岡に行くしかない!といった感じだった。

静岡には昨年4月に行ったばかりだが、今回は富士山眺望だけを目指しての再訪問となる。雨のあとの晴れなら、富士が綺麗に見えるはずだと、期待して家を出た。

朝はいつもよりも早起きして、横浜5時28分発の東海道本線で藤枝へと向かった。

今回は、現地移動をレンタサイクルで考えていた。
事前に調べたところ、空港に一番近い金谷駅と六合駅付近には店が無いようで、ネット検索でヒットせず。島田と藤枝は駅前で貸し出しがあることを確認していた。島田は8時半、藤枝(観光案内所)は9時からの貸し出しだった。このまま電車を乗り継いで行けば、島田に8時33分着なのでちょうど良いのだ。
空港までは、島田からは10キロ、藤枝からは15キロ程度ある。当然距離が短い方が良いので、島田が第一候補だったのだが、よくよく調べてみると、両者とも1日500円と同じ値段なのに、島田は普通の自転車、藤枝は電動アシスト自転車のようだった
せっかく小回りが利くチャリを借りるのだから、ターミナルだけでなくだいだらぼっち広場などの周辺スポットも見ておきたかった。しかし、ターミナル地区への最後のアプローチにはきつい上り坂があるし、周辺スポットも、どこへ行くにも上り坂だ。これらを考慮すると電動の方が良さそう。電車賃も手前にある藤枝の方が若干安いし、今回は藤枝からチャリにすることにした。

藤枝発着にしたことで30分余裕が生まれたが、途中で腹痛もあってトイレに寄ったこともあり、藤枝には8時50分頃とギリギリに着いた。
北口にある観光案内所が開店すると同時にチャリを借り、早速、空港に向けて走り出した。

202001b.jpg
今日の出発は藤枝駅北口から。藤枝では南口の駐輪場でもチャリを借りられるが、昼〜夜の営業なので、朝から借りるなら空港から遠い北口となる。


■風が強くて富士までは遠い
空港までは往復30キロ程度ある。空港周辺のみ上り下りが多いので、上り坂に着くまでに充電切れすることがないよう、まずは電源を切って走行を始めた。ところが、今日は西風が強く、こいでもこいでも先に進まない。空港付近の山登りでの電池切れはシャレにならないので、電源を付けるのは不安だったが、とりあえずecoモードで進むことにした。ecoモードでも普通のチャリ位の力で進むことができた。

藤枝駅北口からの最短ルートを検索すると、アクセスバスが通る南側からの経路ではなく、まずは六合方面へ西へ進んで谷口橋を通るルートが14キロと短いようだ。このルートは空港周辺では空港トンネルを通って南側に回り、東側からの地元道を通ってターミナルに至る経路と出た。
今回は、帰りに東側からの地元道を通ってだいだらぼっち広場に行く予定にしたので、行きは、1キロほど長くなるが、空港トンネルは通らずに、まずは北側から西へ回り込み、太陽光発電所を見ながら、ターミナルへは西側からアクセスするようにした。

※藤枝からのアクセスバスは大井川を南側にあるはばたき橋で渡る。その後は、なぜか北側から空港へ向かい、再び南側に移って空港南側のFDA施設に寄るため、20キロほどの距離がある。おかげで所要時間は45分かかる。最近のパンフなどでは50分と書かれているものもあって、渋滞リスクも高い路線になっている。はっきり言って鉄道乗り継ぎ用のアクセスバスとしては時間がかかりすぎで失格だろう。=途中停留所を設けて、地元向けとして淡々と走らせるのが吉と思う。

晴れていても、空気の霞み具合によっては富士山が見えなくなることもあり、午後より午前中の方が見える可能性は高い。展望デッキからの富士山を何としても捉えたかったので、まずは霞んで消えてしまわぬうちにと、ターミナル地区へと急いだ。
快晴予報だったのに、富士駅辺りを通過した際には、空に雲が出ていて富士山が見えなかったので、空港から見えるか心配だったが、谷口橋を渡る頃には、雪を被った美しい富士が顔を覗かせていた

谷口橋からは県道34号線(島田吉田線)を南下。色尾南県道230号線に右折し、月坂から湯日の谷を西進した。空港入口島田の交差点で左折してからの長〜い上り坂が最後のアクセスとなった。

202001c.jpg
越すも越されぬ大井川。そんな渡るのが大変な川なのに、島田や藤枝からのアクセスだと、どうしても橋を渡る必要がある。川幅は広くて橋の数は少ないから、経路が限定される。渡った谷口橋はその一つで、六合駅と湯日地区を結ぶコミュニティバスが通る。コミュニティバスは空港下まで行くのに空港までは行かない残念路線バスだ。
橋からは富士が綺麗に見えた。


■空港から見る富士は美しい
小一時間もあれば空港に到着すると思っていたが、とにかく風が強く時間がかかった。ecoモードでも電力消費は激しいようで、ほぼ平坦な所だったのに、10キロ強進んだ湯日の辺りで早くも残量が3本から2本に減少していた。風の抵抗も影響したのかもしれなかった。
太陽光発電所や西側の展望台などをゆっくり見ていたこともあり、結局藤枝駅から一時間以上かかってターミナルには10時半頃の到着となった。

富士山はとても美しい姿を見せてくれていた。
開港前から実に10年以上。ついに富士山空港から富士山を眺めることが出来た。普段愛鷹山が左側の富士山ばかりを見ているので、とても新鮮だった。

ただ、残念なことに、展望デッキから富士山方向にある搭乗橋は国際線用。せっかくなのに、フジドリームエアラインズ(FDA)が富士山空港に駐機して富士山と共演といった写真は撮れなかった。ニッポンの象徴的風景なのに飛行機は外国機という、本当に残念な絵面になってしまう。そろそろ静岡拠点で本邦社も国際線を飛ばすことを期待したかった。

そんな静岡、一時期下火になっていた中国路線が再びブームとなって8路線まで拡大している。
このため、相変わらずだが、館内に日本人は少なく、中国人だらけだった。しかし、薬局に寄る人は多かったものの、飲食店まで寄っている余裕のある人は少なく、展望デッキに上がる人もほとんどいなかった(三階に上がってくる人もほとんどがちょっと見てすぐ踵を返してしまう)。とにかく先に行こうとする国民性なのかは知らないが、今日も、まだまだ時間があるのに、出発口には入口が開く前から長蛇の列が出来ていた。
せっかくの空港利用者なのに、なんとなく、空港はただ素通りしているだけといった感じだった。

※館内を少しウロついたら、いくつかの店舗が割引券を配っていた。空港内の食事処は限定されるので、何もしなくても人が来るイメージだが、素通りしている人が多いせいか、少ない旅客の奪い合いになっているようだった。

202001d.jpg
富士山空港の展望デッキからも富士山が見えた。金網とガラスに拒まれる、、、。


■富士を見るなら石雲院
ターミナルは昨年四月に来たばかりなので、館内確認で一回りしたものの、調査することはほとんどなし。フードコートで昼飯を食べて、FDAの着陸を見たあとは、ターミナルをあとにして、石雲院展望台へ足を運んだ。

ターミナルの展望デッキは人がまばらだったが、石雲院展望台は、大砲カメラを持っている人が十人位も休憩スペースでまったりしていた。
中国東方航空の着陸と離陸、FDAの離陸を眺めたが、平日なのに、展望デッキよりも人が多いのには少し驚きだった。横断幕を掲げて手を振る人達もいたほど。マニアだけでなく、親子連れなども見られ、賑わっている感じだった

石雲院展望台には、20分ほど滞在。合計三機の離着陸を見届けたあとは、「飛行機バカ共には絶対に見つけられない」新幹線スポットを眺めてから、空港を後にした。

202001e.jpg
こちらは、バカ共スポットではなく、湯日地区で遭遇した茶畑の中を行く東海道新幹線。空港まではすぐそこですよ!


■上下動の多い空港周辺
今日は、せっかく小回りの利くチャリで来たので、できるだけ周辺スポットを見学したい。藤枝に帰る途中には、石雲院と、東側にある千頭ヶ谷ビオトープだいだらぼっち広場に寄り道した。

展望台の名前の由来になっている石雲院はターミナル地区のすぐ東にある寺院だ。今川、武田、徳川と、この地を治めた有名武家の庇護を受けていたという由緒ある寺院で、ここで修行した坊さまが、各地にお寺を開いていたという大本山的なお寺だ。
空港のある場所は、この寺の山である高尾山を削って造られている。
本堂がある領域は、空港区域から辛うじて外れていたので、立派な山門などは残っている。展望台からものの五分で向かうことができるが、鬱蒼とした木々に囲まれ、空港のすぐ側にあるとは思えない雰囲気がある。

続いて向かっただいだらぼっち広場は、ターミナルとほぼ同じ標高にある。しかし、滑走路脇を歩くことはできないので、ターミナル地区からアクセスする場合、一度南側の坂口谷に下る必要がある。その標高差はなんと100メートルほどもある。一気に下って集落に出たあと、1キロ弱東進したらすぐに、今度は上り坂だ。しかも、途中の千頭ヶ谷ビオトープ辺りで、一度下り上りがある、かなりきついルートだった。

※県道73号線(細江金谷線)から山道に入る際、案内看板に沿って坂五四班集会所前の交差点で左折せず、さらに500メートルほどそのまま進んでから左折すると、千頭ヶ谷ビオトープ辺りのひと山を越えなくて済む。

今回は電動アシスト自転車だったので、こぐのに多少息は切れたものの、上り坂もスイスイだった。問題は電池残量で、千頭ヶ谷ビオトープを過ぎた直後に、ついに残り1本になり、ハラハラしながらの訪問となった。

202001f.jpg
千頭ヶ谷ビオトープの入口。近くに誘導灯が見える位置にある。ビオトープ自体は、手入れはほとんどされてない感じで、自然に還りつつあった。写真左に写る柵を越えてビオトープへ行って良いのか迷うほどだった。


■歴史を感じる空港周辺
だいだらぼっち広場は、滑走路の東端に整備された小さな公園だった。まっすぐ延びる誘導灯を眺められる場所で、何台か車も来ていた。20分ほど滞在したものの、ちょうど便の谷間で飛行機を見ることは出来なかった。次の便までは約一時間あり、日没までに静岡ヘリポートへ寄りたかったこともあり、待つのは断念した。
ちなみに、この広場、芝桜の養生中だったので、春には撮影にピッタリの空間になりそうだった

広場からは、そのまま通過する形で北側からのアプローチで藤枝へ向かった。広場から暫くは牧之原台地らしい平らな領域が続いており、標高が高い場所ながら、茶畑が広がっていた。この辺りは、戦国時代に武田氏が金谷の諏訪原城と吉田の小山城を結ぶ尾根道として整備した場所らしく、いくさ道と言う名がついているらしかった。

牧之原台地は、大井川菊川に挟まれた場所にある、扇状地状をした台地だ。上流側の起点に当たる部分には諏訪原城があった(城跡が金谷駅近くにある)。台地は、川によりいくつかの谷が刻まれており、ちょうど手のような感じで細長い高まりがいくつか、東方向から南東、そして南の方向に伸びている。
静岡空港はこれらの台地のひとつにあり、大井川のある北側から数えて二番目の高台に位置している。
大井川のすぐ南の高まりと静岡空港のある高まりの間には、行きにアクセスで通った湯日の谷がある。新幹線は、トンネルの長さが短くなるように、この谷筋を利用して、台地に斜めに入り、空港の真下を貫いている。そして、その上にある空港は、管制のしやすさとか航空路の向きとかではなく、単純に高台の伸びる向きに合わせて滑走路が配置されるよう造成されている。このため、ターミナルは富士山方向に真っ直ぐ向かず、少し傾くことになってしまっているのだ。
いくさ道は、そんな空港のある台地の尾根道だ。この高まりの一番先端にあるのが吉田にある小山城で、いくさ道が空港を貫いているのは、当たり前と言えば当たり前。静岡空港は、地形的にも歴史的にもオモロイ空港だと言えそうだ。

※この辺りの航空写真を見ると、城の配置や新幹線の経路、そして空港の位置まで、見事に地形を活かしていることが分かる。ぜひご覧あれ。

202001g.jpg
いくさ道は、若干の経路の違いはあるにせよ、現在は、だいたい、小山城跡付近からだいだらぼっち広場までのアクセス道路になっている。


■最後は電池切れにハラハラ
だいだらぼっち広場から暫く続く台地は、滑走路同様に南東方向に向かっている。藤枝へは、北東方向に向かわねばならないが、大井川のある低地と台地の標高差は100メートル以上あり、下りられる場所が制限される。このため、2キロほど南東に進んでから、北に進路を変える必要があった。台地を急坂で一気に下りたら、再び県道34号線に出て谷口橋を経由して藤枝へと戻るルートになった。

※結局、空港の配置も、空港周辺の道路配置も、この北西-南東方向というのがキーだ。全ては、台地が向いている方向に起因しているということになる。
その点で考えると、空港から最もアクセスしやすいのは、台地の根元にある金谷駅で、そここそ一番効率が良いはずだ。道は戦国時代からそう造られているのだから、、、。しかし、静岡空港から金谷駅へのバス路線は昨年までなかった。わざわざ遠回りになるような島田や藤枝へのバス路線しかないというのは、現代人が地形や歴史を見ていない証拠だろう。(ちなみに島田は空港のある市の中心駅、藤枝のバスはFDAのクルー利用兼用という側面がある)。


谷口橋を渡って暫く進んだら、電池残量が点滅表示になった。
風はなぜか午前と違って逆向きでやや向かい風だった。ecoモードのままでなんとか駅まで電池はもったものの、ずっとハラハラなチャリ旅だった。ちょうど30キロほどの走行で途中上り坂あり。下り坂や向かい風でない時では電源を切り、こまめにecoモードなどを使い分けたので、何とかなったが、恐らく普通にしていたら、30キロ持たないようだった。

全体的に風が強くて、結局帰りも一時間以上かかり、藤枝でチャリを返した時には14時を越えていた。

202001h.jpg
今回借りた自転車。すぐに電池が切れる印象だったが、30キロ位走れるタイプは長持ちな部類らしい。
そう言えば、芸人の出川哲朗さんが電動バイクで旅してるけど、メーカーにとっては宣伝が逆効果じゃないかと思うくらいしょっちゅう電源切れてたな、、、(走れるのは20キロ程度らしい)。よくよく考えてみたら、あれは、磐田市ナンバーで、静岡の代表企業ヤマハ発動機のものでまさかの静岡繋がりだった〜〜(汗)→ちなみに昨年4月に静岡空港には出川さんが出ていた静岡第一テレビの巨大広告がありましたとさ、、、。


■ヘリポートまでが意外と遠い
藤枝駅からは、東京までの片道切符を購入。100キロ超えの切符で途中下車が可能になるので、30分電車に乗って静岡駅で途中下車した。

静岡でもチャリを借りて、8キロほど離れた静岡ヘリポートに向かう。
調べたら、静岡市では統一的に1日500円でホテルなどでレンタサイクルがあるようだった。
静岡ヘリポートは、静岡駅より東静岡駅の方が近いので、その辺で借りようと画策したものの、なぜかレンタサイクルの貸し出し場所は静岡駅周辺にしかない
東静岡駅付近では、無人タイプのものが一件だけヒットしたものの、静岡市の用意した統一的なレンタサイクルではなく、私企業が独自に展開する無人サービスだった。今流行りの、アプリをダウンロードくださいタイプ。登録(と使った後の解約)が面倒くさく、現金払いはできずにクレジットカード情報を入力しないといけないので利用を断念し、仕方なく静岡駅からアクセスすることにした。
ここでよくよく調べてみると、駅前のオリックスレンタカーが3時間400円で電動アシスト自転車を貸し出すサービスを展開していることが分かった。静岡空港行くのにこぎすぎで疲れているし、安いうえに電動なら選ばない理由はない。
駅から直行し、すぐ貸し出しを受けようとした。

ところが、オリレンのレンタサイクルは残念ながら出払っていた。
仕方がないので、すぐ隣のホテルで扱われていた市内統一のレンタサイクルを我慢して利用することにした。当然のようにシティサイクルで、やや風が強いなか、ヒーコラ言いながら向かう羽目になってしまった。

静岡ヘリポートまでは、市街地を抜けていく。信号待ちが多い上、疲れて足が動きにくかったこともあり、小一時間かかってしまった。

静岡ヘリポートは湿地帯の中にあった。このため、高床式の面白い構造をしたヘリポートだった
ただ、一般向けの施設は少なく、管理事務所をちょっと覗いただけで、見学は終了。ちょうどヘリの離着陸があったので眺めはしたものの、高床式で目線より高いので、あまりよく見えずじまい。20分も滞在せずに、静岡駅へと戻った。

帰りはやや向かい風。朝からチャリのこぎすぎで疲れ果てていて、途中小さい子供のチャリにも追い抜かれるほどチンタラ走行。静岡駅に戻った時には17時になってしまっていた。

202001i.jpg
空港施設は離着陸のため、周辺に高い建物や山などがあるのはご法度だが、ヘリは垂直上下ができるため、静岡ヘリポートもすぐ北側は山が迫る立地だった。静岡市街地から少し外れた場所に位置しているので、一般利用は少ないようだが、防災拠点としてはかなり有用なようだった。


■駅弁はやっぱり手に入らない
おやつ代わりに、駅ナカのマックで小腹を満たしたら、あとは東京へ戻るだけだった。
変な時間にマックを食べたので、夕飯は駅弁を確保して家に帰ってから食べようと企んでいた。しかし、駅弁屋を覗いても、十何種類も並んでいるのに、静岡名物+食べたいというものがない(あまり欲しいとは思わないけど名物づくしの弁当、あるいは食べたいけど静岡名物ではないものなどはあった)。

時刻はまだ17時過ぎ。この先で沼津に19時前、熱海も19時過ぎには着けそうで、それらの駅の方が名物弁当がありそうだったので、そっちで確保することにし、鈍行に乗り込んだ。
静岡から乗ったのは17時24分発の熱海行き。すぐ10分後にも熱海行きが連続していたので、沼津で途中下車して駅弁を確保することを決定した。
車内でネット検索すると、沼津と三島は同じ駅弁屋で、かなりの種類を販売しているようだ。食べたい物もいくつかあり、かなり期待して向かった。

沼津まではちょうど一時間で18時24分に着いた。夕食用に駅弁を確保するにはちょうど良い時刻だったが、店前に立ったら残りは二つだけ。しかも一つは小さなオマケ的弁当で、いずれも食べたい物ではなかった。
仕方がないので、熱海での購入に変更し、10分後の熱海行きで向かうことにした。

ところが、ホームに戻ると、10分後の熱海行きが見当たらない。
よくよく調べてみると、静岡で10分後に追いかけてきた列車は途中駅で特急の通過待ちをする上、沼津で長時間停車をするようで、沼津発は20分後の出発になっていた。で、その7分前に、御殿場線からの三島行きがあるという。それなら三島でも時間が取れるので、三島でも駅弁屋に寄ることにした。

御殿場線の三島行きに乗り、7分間に駅弁購入に走った。
改札出た先に駅弁屋があったので、覗いてみたものの、こちらも残りは二つのみ。しかもどちらも食べたい物ではなかった。ネットで調べると、かなりの種類の弁当があり、食べたいものもあるのに、現地では売ってないというには、期待が大きかっただけにダメージが大きかった。
結局、ここでも購入を諦め、熱海へと向かった。

※三島は新幹線改札内に駅弁屋が複数ある。新幹線利用なら、好みの弁当の遭遇率が高いかもしれない。

これまで熱海を通るときはいつも20時〜22時頃が多かった。20時で駅弁屋が閉まるので、いつも、購入できないか、20時に間に合ったとしても閉店間際でたいした弁当がないことばかりだった。
今日は閉店一時間前の19時だし、平日だから余りも多かろうと、少し期待して店に立ち寄った。

ところが、ここも残りは二種類しかなかった。かろうじて名物弁当が残っていたので、購入はしたものの、四駅寄っていずれもたいした駅弁がないとは、、、。空弁も夕方には売り切れの事が多いけど、営業時間中はできるだけ全商品を販売してほしい、、、。何ともモヤモヤが残ってしまった。

熱海からは乗り換えなしで一直線。今回は、東海道名物のダイヤ乱れにはあうことなく、日帰り富士見ツアーは終了した。
■今日の教訓!
レンタサイクルは電動を借りよう←上り坂が楽々
[静岡]飛行機見るなら石雲院←富士も柵なく見られます
[静岡]やはり便利な金谷駅←歴史的にも地形的にも近いです
[静岡]周辺スポットも上り坂に要注意←標高差半端ないです
空弁も駅弁もお早めに←夕方には売り切れます

■実際の旅程
09/07 SAT
自   宅04:30(JR東日本 京浜東北線等)→05:00横 浜 駅
横 浜 駅05:28(JR東日本 東海道本線)→06:21小 田 原駅
小 田 原駅06:22(JR東日本 東海道本線)→06:45熱 海 駅
熱 海 駅07:10(JR東海 東海道本線)→07:22三 島 駅
三 島 駅07:29(JR東海 東海道本線)→08:29静 岡 駅
静 岡 駅08:31(JR東海 東海道本線)→08:50藤 枝 駅
藤 枝 駅09:00(レンタサイクル)→10:30[静岡空港]
[静岡空港]12:30(レンタサイクル)→14:15藤 枝 駅
藤 枝 駅14:32(JR東海 東海道本線)→14:51静 岡 駅
静 岡 駅15:00(レンタサイクル)→15:45[静岡ヘリポート]
[静岡ヘリポート]16:15(レンタサイクル)→17:00静 岡 駅
静 岡 駅17:24(JR東海 東海道本線)→18:24沼 津 駅
沼 津 駅18:38(JR東海 東海道本線)→18:44三 島 駅
三 島 駅18:51(JR東海 東海道本線)→19:04熱 海 駅
熱 海 駅19:09(JR東日本 東海道本線)→20:31横 浜 駅
横 浜 駅20:45(JR東日本 京浜東北線等)→21:45自   宅

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

2020年01月29日

富士を眺めに静岡へ(旅行前)

※2月23日富士山の日記念。今年も富士を眺めに行ってきました〜。
本旅行記は2020年1月のものを、富士山の日記念で2020年2月に公開したものです。



■2020.01 静岡の旅行前

■富士山眺望だけを目的に空港へ
今回は、1月末の平日に1日だけ急きょお休みが取れたので、空港訪問を計画。急すぎて(運賃の高い)遠出が出来ないので、静岡空港に行くことにした。
静岡は昨年四月にも訪問したばかりで、元々訪問候補ではなかった。急でも安く行ける関東近隣の空港は、昨年ほぼ行ってしまっていて、唯一何年か行けていない福島を元々候補にしていた。
しかし、よく考えてみると、この時期は富士山が綺麗に見える時期だ。これまで何度か静岡空港を訪問しているが、空港から一度も富士山を見られたことがない。そこで、天候が良くて富士山が見えそうならば、静岡へ行くことにして検討。1日目に詳細は記すが、最終的に福島ではなく静岡訪問に確定した。
静岡空港だけだと時間が余るので、行き帰りの途中で静岡ヘリポートにも寄ることにした。


アクセスの予約(航空はなく鉄道のみ)
静岡までは鈍行列車でも片道3時間程度・3千円程度なので、新幹線ではなく、東海道本線で向かうことにした。
おトクな切符はないので、単純に普通運賃で訪問することにした。

現地移動の予約(レンタサイクル)
現地移動は、レンタカーを借りるか、バスを使うかで迷った。レンタカーは自由に動けるが値段が高い。バスは値段は安いが自由に動けない。
今回は比較的時間があり、ターミナル地区だけでなく、周辺にある空港スポットも訪問したいので、できるだけ自由に動きたかった。
調べたら島田と藤枝でレンタサイクルがあった。これなら、比較的安くて比較的自由に動けるので、今回は、それを活用してみることにした。

宿泊の予約
日帰りなので宿泊はなかった。
■ここまでの教訓!
[静岡]太平洋側の空気が澄んでる1月は富士山眺望最適月
[静岡]周辺スポット多い←バスでは行けない所が多いです

■今回の予定旅程
01/30 THU
自宅04:30(JR 京浜東北線等)→05:00横浜駅05:30(JR 東海道本線)→09:00島田駅09:00(レンタサイクル)→10:00[静岡空港]13:00(レンタサイクル)→14:00島田駅14:00(JR 東海道本線)→14:30東静岡駅15:00(レンタサイクル)→15:30[静岡ヘリポート]16:30(レンタサイクル)→17:00東静岡駅17:00(JR 東海道本線)→20:00横浜駅20:00(JR 東海道本線)→21:00自宅

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

2019年09月10日

深夜空港でDREAMS見た(旅行後)

※2019年11月にアップした旅行記です。

■2019.09 東京国際・鳥取・但馬・関西国際・徳島・中部国際の旅行後

それにしても、格安航空(LCC)がだいぶ浸透しながら、格安旅行のために毎回毎回青春18きっぷを活用せざるを得ないのはなんとも残念な事態です。その一方で、徳島訪問時には18きっぷを活用できず、仕方なく高速バスを利用しました。
そこで今回は、18きっぷと高速バス、LCCでの格安移動を比較してみます。

■使い勝手が悪くなっている18きっぷ
学生さんがお休みになる期間の格安遠出はやはり18きっぷの右に出るものはありません。それはなにより安いから。二千円強で最大千キロ程度移動できるのは、他にはなかなかありません。
しかし、近年は、新幹線開通でJRでない区間が増えたうえ、寝ながら移動できる夜行快速列車がほぼ全滅。18きっぷの使い勝手が悪くなってきています。先週利用した上越線も数年前までムーンライトえちごという夜行列車がありましたが、今は姿を消しています。

しかししかし、それでも、他の移動手段に比べれば、18きっぷのパフォーマンスはまだまだ高いです。
LCCは、18きっぷ級の運賃はセールでちょっと出るだけで、皆が使えるものではありません。高速バスも時間は鈍行位かかるのに値段は18きっぷより高いので、18きっぷの代わりには全然ならないのです。

18きっぷが安すぎるとも言えるので、比較するのはナンセンスかもしれませんが、距離と値段を見れば、なんとなくその理由が見えてきます。軽く比較してみました。

・短距離区間の場合
電車もバスも、普通運賃でも18きっぷと似たような値段で行ける短距離区間(例えば東京〜静岡など)なら、鈍行でも高速バスでも所要時間はそんなに長くありません。
距離が短すぎて飛行機は飛んでおらず、バスも夜行はありません。新幹線や特急などとの金額差も大きくなく、車を運転してもそれほど疲れない距離となっています。
安さを重視していたとしても、その差はごく僅か。このため、安さ以外の項目も比較対象となり、快適性を重視して自家用車、便数を考えて高速バス、スピード最優先で新幹線といった感じで、様々なポイントから、どの交通機関にするのか悩むところです。18きっぷを選択するアドバンテージはあまり大きくありません

・中距離区間の場合
少し距離を伸ばして、中距離の移動(例えば東京から東海道方面なら、愛知位から岡山位までに行く場合など)になると、値段では大きな差が出てきます。
とにかく格安にこだわるなら、18きっぷを使うでしょうか。18きっぷでの移動時間が長くなることに嫌気が差して、代わりに飛行機やバスを使うかどうかを検討し始めるのが中距離でしょう。
このくらいの距離になると、高速バスは値段が意外と高くなっています。飛行機や新幹線などに比べればまだ安いですが、所要時間が圧倒的に違うのだから話になりません。例えば、東京-大阪間であれば、バスの片道は安い便だと5000円位です。LCCだともう少し値が張りますが所要時間を考慮すればバスよりLCCの方が費用対効果は高いと言えそうです。ただ、これらの値段は、18きっぷなら普通に往復できるぐらいの値段してしまうので、安さ重視の比重が高いと、18きっぷ以外の選択肢はほぼありません

18きっぷが誰も彼も直前購入でも同じ値段なのに対し、高速バスもLCCも、安いのを探せばあるにはありますが、格安運賃を狙ってずいぶん前から予約しないといけないので、気軽な旅行という点では、18きっぷ利用がベターです。
高速バスの場合は、長時間移動なのに、18きっぷのように途中寄り道もできなければ、自分の体調などに合わせた緊急離脱も不可能です。座りっぱなしでエコノミークラス症候群にもなりやすいなど弱点だらけ。それでいて、所要時間は18きっぷの場合とあまり変わらず、繁忙期は渋滞にもハマりやすいなどデメリットが目立ってきます。中距離移動の場合、バスは、座席が快適なのと、深夜に移動できるという二点以外は大したメリットが見出だせません
高速バスは、今回利用した神戸-徳島間のように鉄道だと大回りだとか、他の交通手段として新幹線や飛行機がないとかなら、使える交通手段ですが、その場合は選択肢が実質的にありませんから、他交通機関と比べるのはナンセンスと言えます。

そして、LCCならバスとあまり変わらない値段で断然早いので、このくらいの距離だと、LCC利用の方がお得じゃない?となることが多いです。
しかし、LCC活用の場合は、ひとつ問題が生じます。
先週の庄内行きのように、地方へ行く場合、安くて早いLCCは便数が限定的で、行きたい時刻に行けないといったことがしばしばあるからです。庄内の場合、現地到着時刻がLCCでも18きっぷでも夕方前頃であまり変わらなかったですが、一日一往復などの路線では、こういったことが起こりやすくなっています。せっかく素早く移動できるのに、ダイヤが悪く、LCC最大のメリットを活かせないのです。関空発のPeach Aviationはそんな路線が多く、新潟、松山、長崎、宮崎などがちょうど良い一例でしょう。

結局、中距離移動の場合、長時間移動が気にならなければ、コストパフォーマンスは、18きっぷが最高といった感じになっています。
夜行の鈍行列車がなくなったから、高速バスやLCCを選ぶ層も増えていますが、夜行の鈍行列車があったなら、高速バスやLCCには勝ち目はないといった感じです。

・長距離区間の場合
さらに距離が長くなると、往復の時間が足りなくなってきます。往復するのに、高速バスも18きっぷも時間がかかりすぎるため、そもそも飛行機に頼らざるを得なくなってきます
例えば東京から福岡の場合、LCCなら一万円弱に対し、高速バスは一万円ちょっと。18きっぷとは比較にならないほど高いです。ただし、鈍行で一日で福岡に行くのは始発から終電まで活用しないと無理なので、この距離だと18きっぷは二日分を費やすことを前提にした方がいいですね。
このくらいの距離になると、18きっぷを使うのは、お休みが長い人か、本当に鉄道旅行好きくらいではないでしょうか。普通の人で18きっぷを使うなら、途中の都市で観光を挟んだり、宿泊したりして、二日分、三日分を消費しながら移動になるパターンが多いでしょう。その場合二日で東京-福岡を移動すると、18きっぷ代は5千円弱ですが、そこにホテル代が加わる(最近は高止まりしていてビジホですら一泊一万円もしたりする)ので、泊まってまで18きっぷを使うかどうかは考えどころかもしれません(あまり勧めたくはないけど、今回のように関空野宿って手もあり)。


まとめると以下のような感じでしょうか。
短距離(〜300キロ前後)は、安さの点であまり差がなく、所要時間や時間帯などの重視度合いが高まるので、安さ以外の要因で高速鉄道やバスも使いやすい状態です。
中距離(500キロ前後)なら、安さをとるなら断然18きっぷです。早さや運行頻度をとるなら新幹線や飛行機で、その点ではLCCのコストパフォーマンスは大きいものになります。高速バスは中途半端な存在で、夜行バスや、他交通機関だと遠回りになる場合などに使えるぐらいでしょう。
長距離(700キロ前後〜)は、ほぼ無条件にLCCに軍配。唯一高速バスの夜行便なら太刀打ちできそうです。この距離で18きっぷを利用するなら、途中の寄り道を考慮して、ホテル代なども含めて判断すべきといったところです。

片道のことばかり考えて比較していますが、LCCで比較的安めに移動できるようになったので、例えば行きは鉄道で鈍行紀行を楽しみ、帰りはLCCでひょいっと帰る、なんて需要も結構ありそう。今回の管理人の旅行も、これに近いものになっています。



■18きっぷの自滅で選択肢が増加中
18きっぷは、とにかく安さ重視のものです。長時間の移動が苦痛でなければ、絶対に活用を検討すべきものでしょう。しかし、近年は、高速バスが大増殖し、LCCも台頭。比較的安価で素早く移動できる手段が増えました。一方で、鈍行は次々に夜行列車が消滅して、JR区間は縮小していることから、高速バスやLCCにとっては組みやすい競争に変化してきています。鈍行は乗り継ぎなども調べなくてはなりませんが、高速バスやLCCはその手間はないですし、、、。
当然、18きっぷより高速バスやLCCだという状況も増えています。利用する側も、時間帯や所要時間などを賢く考慮して、上手く天秤にかけて、最適な交通機関を選択したいところです。

しかし、今の値段では、LCCは長距離なら18きっぷ以上の安さの価値を提供できそうですが、それ以外は結構難しい状況です。高速バスは夜行バスのみが18きっぷの代替にはなり得そうな感じでしょうか。
18きっぷについては色々逆風があるにせよ、まだまだ値段の安さ、というか費用対効果は18きっぷにはなかなか敵わない。だからこそ、こうやって毎回毎回活用することになってしまっているわけです。

LCCが拡大して使いやすくなれば、18きっぷなど駆逐してしまうかもしれません。しかし、今のところは、鈍行が自滅していても、18きっぷは根強い人気があり、高速バスやLCCもまだまだな感じです。18きっぷが駆逐されるぐらいLCCが使いやすくなるのは夢(DREAMS)のまた夢なんでしょうか、、、。


軽く18きっぷと高速バス、LCCを比較してみました。新幹線か飛行機かの境目が4時間の壁とよく言われますが、それと同じように、18きっぷを使うか使わないかを考えるなら、距離によって変わりそうだということがなんとなく感じられました。

管理人は、格安移動のとき、まだ、あまり高速バスやLCCは利用せず、専ら18きっぷのことが多いです。それはやはり、何より値段が安いから。そして、色々比較してみると、まだまだ18きっぷが最も良い場合が多いです。
しかし、旅慣れた人なら、多少値段が高くても、LCCの方が早いから時間を有効活用できるとか、高速バスは快適に寝ていけるとか、それぞれの判断基準があるはず。LCCの登場で、値段の差が、時間価値や快適性の差と比較できる位まで縮まってきましたので、どれが良いかは、使う人の基準次第かもしれません。

もっとお安く、もっと素早く、もっと快適に旅するというDREAMSが18きっぷ以外でも実現できれば、これに越したことはないですね。
そんなこんなで、いつもの通り、結論は皆さんにお任せするとして、いつも以上に軽〜い考察を終了します。
旅は青春の18歳だけのためじゃない。いくつになっても気軽に行きたいと大きなDREAMSだけ抱きつつ、旅を〆たいと思います。

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

深夜空港でDREAMS見た(3日目)

※2019年10月にアップした旅行記です。

■2019.09.09 中部国際→(自宅)

■広い空港島をグルリ見学
急きょ旅行になった三日目。台風が早朝に関東を通りすぎるので、その動きをにらみつつ、通りすぎたあとの夕方頃に東京に着けるよう動くことにした。

陽が出て明るくなるのが5時頃なので、4時半少し前に起床。軽く館内を見て回ったあと、外回りの調査を始めた。
3階が開館する4時半以降は、駐車場から多くの客がすぐに入り込んでいた

外回りは、まず20日にオープンする第2旅客ターミナルの前面を、セントレアガーデンを経由してカーブサイド側から訪問した。途中で行き止まりになるかと思ったが、工事は区画しての作業が既に終了したのか、ターミナル前まで行くことができた。このため、朝早すぎで誰もいない前面を堪能できた。
この第2ターミナルの目の前には、第3駐車場(P3)FLIGHT OF DREAMSがある。しかし、連絡橋はまだオープン前だし、間に道路があってそちら側には抜けられないので、いったん旅客ターミナルビルまで逆戻り。そこから再スタートすることになった。

再スタートして今度はアクセスプラザへ。アクセスプラザのバスのりば、タクシーのりば、団体バスのりばを確認したあと、連絡通路を通って船着場へと向かった。船着場の手前で地上の歩道に降り、愛知県国際展示場、さらに再び連絡通路に上がってP3と、ぐるりと回った。
旅客ターミナルビルに戻ったあとは、3階から第2セントレアビルを通過して館外のペットホテルを確認。再び旅客ターミナルビルへと戻った。

調査を終えてターミナルビルに戻ってきたら、早くも7時半を回っていた。流石はだだっ広いセントレア。一回りするだけでも時間がかかる。
調査は一通り済んだため、4階で朝食を食べ、8時を過ぎてから開店したての風の湯へ。昨日までの汗を完全に洗い直した。

これにて調査は終了。風の湯にあったテレビでNHKのニュースが流れていたので、台風の状況を見たら、もう関東は抜けきったあと。被害に関する情報も少ない。鉄道運休の情報はまだ流れていたが、計画運休が続いているだけで、それも千葉県を除き徐々に解除されているようだった。
ネットでJR東海のサイトを見ても、東海道線に乱れの表示はなく、土砂崩れ等による不通区間は無さそうだった。
これならひと安心。8時間後位に関東に着く頃には、完全再開しているだろう。
代替手段を考えることなく、鈍行で帰ることを確定した。

201909-2m.jpg
第2ターミナル周辺ではまだまだ工事が続いていた。


■台風の心配去ってどんどん先へ
東海道沿線で台風の影響がこれから拡がるわけがないから、さっさと帰って良さそう。土産を買ったあとは、できるだけ早く帰りたかったこともあり、すぐにセントレアを出発した。

セントレアから金山までの次の電車は、ちょうどミュートレインだった。さすがに鈍行三日目は体力的にきつかったと、少しでも早く東京に戻るべく、初めて利用した(これまでは準急ばかり利用していた)。
流石は有料特急で快調に飛ばす。いつもの半分くらいの時間で金山に到達できた感じだった。

金山からは、18きっぷの五回目の使用をスタート。本格的な鈍行紀行に入った。
金山では比較的短時間の乗り継ぎで豊橋行きに乗車でき、セントレアを出てから一時間ちょっとで豊橋に到達できた。

豊橋から浜松はいつも通りの短距離便。そこから浜松で乗り継いだのは興津行きと少し中途半端なところが終着だった。
ダイヤを調べたら、島田始発の三島行きが7分後に追いかけてくるようだったので、島田で乗り継いだ。同じことをしている明らかな10きっぷユーザーも数人見られた。

島田で乗り継ぐなら、静岡空港に立ち寄りたいところだが、今日は我慢。三日目の午後で疲れもピークで、さっさと帰りたいので、とにかく先を急いだ。そんな疲れが溜まっていたのか、島田からは爆睡。DREAMSを見た記憶もなく、あっという間に三島まで移動していた。

三島には14時すぎにはたどり着いた。
ここで運行情報を調べていたら、JR東日本管内は、いまだに運行がズタズタのようだった。特に東海道線絡みと千葉県内は大乱れのようだ。

予想よりも運休再開が遅い、、、。

よくよく見てみたら、これから使う東海道線は、架線への風散物が原因になっていたので、一度再開したものが再運休したもののようだった。

風がまだ収まらないようだ。

再開直後は混む傾向にあるので、少し時間を空けようと、駅構内の立ち食いそばで時間を潰した。

風が強いなら再び風散物で運休になる可能性がある。少し真剣に振り替えルートを考える必要がありそうだ。
しかし、ホームに戻る際に駅員に聞いたら、東海道新幹線は、遅れてはいるものの、ダイヤがずれているだけでほぼ減便することなくポンポン走らせているという。それなら、東海道線が仮に不通になっても振り替えが可能だし、風の強さは新幹線も在来線も条件はほぼ同じなので、先のことは深く考えずに熱海行きに乗車することにした。

熱海までのJR東海区間は何の影響もなく定時運行だった。
このため、もう普通に再開しているのだろうとひと安心。駅弁を買ってから悠々ホームへと上がったら、乗ろうとした電車は20分遅延し、かなりの待ちぼうけを食らってしまった

JR東日本の区間が運行がうまくないようだ。
ただ、運行自体は既に再開済だった。
前回東海道線を利用したときは、大雨の影響で熱海→小田原間が速度規制で大乱れしていた。今回、この区間には相当な量の雨が降っているはずだが、速度規制はなく、出発してしまえば、普通通り飛ばしていた。

結局、横浜には17時半頃に到着。台風の影響を最小限に抑えて、一日延びた旅行を終了できた。
さすがに二日続けての野宿はきつく、家に帰り着いたら、すぐに寝てしまった。

201909-2n.jpg
17時半頃のダイヤ状況を示した駅の表示。JR東日本管内は大乱れだった。

■今日の教訓!
[中部]広いので乗り遅れに要注意←第2ターミナルオープン後は特に注意
[中部]朝風呂の人多いです←結構混んでいます

■実際の旅程
09/09 MON
[中部国際空港]09:37(名鉄常滑線 ミュースカイ)→10:01金 山 駅
金 山 駅10:05(JR東海 東海道本線 特別快速)→10:56豊 橋 駅
豊 橋 駅11:08(JR東海 東海道本線)→11:43浜 松 駅
浜 松 駅11:52(JR東海 東海道本線)→12:36島 田 駅
島 田 駅12:43(JR東海 東海道本線)→14:16三 島 駅(昼食)
三 島 駅14:59(JR東海 東海道本線)→15:13熱 海 駅
熱 海 駅15:27(JR東日本 JR東海道本線)→16:52横 浜 駅※列車遅延
横 浜 駅17:30(JR東日本 京浜東北線等)→18:30自   宅

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

2019年09月08日

深夜空港でDREAMS見た(2日目)

※2019年10月にアップした旅行記です。

■2019.09.08 関西国際→(舞子)→徳島→(舞子)→中部国際

■バスを使って徳島へ
二日目は帰宅する日から一日関西方面で過ごす日に変わった。
未明に台風の最新経路を確認したら、あまり予報は変わっておらず、関東地方が暴風域に入り始めるのが今日の夕方、通過が未明、明日朝には東京は雨が収まりそうな位置予報になっていた。

今日、関空の始発でまっすぐ帰っても東京に着くのは最早で16時過ぎ。台風が少しスピードを上げたり、電車の接続がうまくいかなかったりして遅れると、暴風雨にぶち当たる危険がある。一方、明日月曜日は、台風が遅れたとしても、午後なら確実に電車も動いているだろう。うまくいけば始発から平常運行してそうな位早く通り過ぎる台風位置だ。
問題なのは、土砂崩れなどで線路が不通になるパターンだが、大阪→名古屋→東京間は新幹線や中央本線、飛行機切り替えも容易。そこで、今日帰る方が危険と判断し、明日帰ることを即断した。

で、今日をどうするか。
昨日考えた末、大阪圏四空港巡り、岡山と高松、徳島、福井が候補に残っていた。
ここで、先のことをよく考えてみたら、ひとつ考慮する必要があることに気がついた。今日は元々関空に戻る予定で考えていたのだが、鉄道遅延によって月曜日の移動に時間がかかるなら、より東京に近い位置にいた方が良い。つまり、戻ってくるのは関空ではなく、中部国際(セントレア)にした方が良いのだ。
中部野宿なら、FLIGHT OF DREAMSや国際展示場にも行けるし、深夜滞在調査も出来る。さらに関空戻りの時より今日乗るJR利用区間が長くて、今日18きっぷを使う意味があり、一石四鳥だった。

しかし、中部まで戻らなくてはならないとなると、中部から離れる方向で遠出するのはあまりよろしくない。
この時点で、候補のうち、最も遠い高松が脱落した。徳島はさらに遠いと思っていたのだが、よくよく考えてみたら、徳島は高速バスが使え、淡路島経由でショートカットできる。より近いと思っていた岡山よりも所要時間が短くて済むことが分かったのだ。しかも、必要な時間は福井とも五分五分な感じ。となれば、行きたい順番は徳島が一番だったのだから、徳島に行くことに決定した。

徳島までは、舞子から高速バスに乗れば片道三千円弱とお安く行けるようなので、少し出費はあるが、18きっぷと高速バスを組み合わせる旅行を即決した。

5時50分過ぎの始発で関空を出たあと、まずは舞子へ。そこからバスで一時間、徳島の松茂へ向かい、そこからレンタサイクルで空港を回る行程に確定した。
舞子からのバスは、往復購入だと往復五千円ちょいと割引になるが、事前に帰りのバスのダイヤを決めなくてはならなかった。松茂から、少し長めに考えて、空港までの移動に片道各一時間、滞在二時間として、四時間後に出るバスを予約・購入。舞子には16時前に戻れることになった。
舞子からは、山陽本線東海道本線を一気に上り、順調にいけば、20時頃にはセントレアに着ける予定をたてた。
徳島からの帰りは、神戸か伊丹に寄ることも考えたが、無理せずに中部へ直行することにした。

201909-2h.jpg
関空の朝一便は5時54分発。まずはこの電車に乗って大阪へ出る。


■超絶便利な舞子バス停
関空の始発は5時54分発。昨晩利用を断念したシャワールームを、空いている4時過ぎに利用し、軽く外回りを見学したあと、電車に乗って舞子へ向かった。
始発とは言っても、関空を出発したときには既に六時。大阪まで一時間、さらにそこから舞子まで小一時間かかり、舞子には太陽も上りに上った8時前に到着した。

舞子は、超絶便利な高速バスターミナルだ。駅前にある明石海峡大橋に乗り場が設けられている。このため、四国への窓口として機能していて、バス乗り継ぎ者が非常に多い。淡路島だったら千円以下で行けるところもあり、予約なしでも空きがあれば利用も可能と、非常に便利なのだ。
バス通勤の最前線、ストロー現象を実際に体感できる場所になっていた。

ターミナル自体は、高速の橋の下に小さな待合スペースがあるだけ。窓口はおろか券売機もない。トイレと自販機しかないが、それだけ滞在時間が短いということなのだろう。
昼であれば駅ビルの商業施設を利用できるので、利便性はある程度確保されていた。

淡路島方面へのバスはホームで行列が出来ていたが、徳島行きの利用者は五人しかいなかった。ネット予約をしていたのは自分だけだったようで、座席は先頭の1D指定(購入時には座席未指定と表示されていたが、乗るときには座席が指定されていた)。その場で現金を払っている人も見られたが、それらの人は自由席だったようだ。ネット決済は、紙のチケットもないので、乗った記録が残らないのは非常に残念だった。

すでに乗っていた人もいたが、舞子を出た時点で利用者は15人ほどしかいなかった。鳴門の2バス停で半分ほどは降りてしまい、松茂で降りたのは自分も含めて2人だけ。そこから徳島方面へは5人ほどしかいなくなっていた。

松茂は、とくとくターミナルと呼ばれる拠点施設が整備されている。前回、中にある観光案内所でレンタサイクルがあったことに気が付かず、戻ってきたときにそれがあることに気が付いて、失敗していた。
そこで今回はレンタサイクルを借りて向かうつもりでいたのだが、館内にあるはずの観光案内所が見当たらない。2、3度行き来しても見つからず、途方にくれて、ふと、外の案内板を見てみたら、観光案内所の文字がかかれた部分がシールで隠されていた。

なんと、観光案内所は数年前に閉鎖され、レンタサイクルは提供されていなかったのだ。

これは昨日の豊岡に続く想定外の事態だ。

今日は35度近いカンカン照り。ここから空港までは4キロほどあり、歩くのは地獄だ。一方で格安旅行のつもりで来ているから、何もあがかずにタクるのも何だかバカらしい。
調べたら、10分後に、少し離れた中喜来東をリムジンバスが通過することが分かったので、急いで移動し、来たバスに乗り込んだ。ここから空港まではたったの120円。バスで行き来できれば御の字だった。

戻りのバスがあるか心配だったので、バスの中で検索すると、13時到着の航空便に合わせて空港を出るバスがある。松茂からは13時50分発の神戸行きに乗らねばならないが、ラッキーなことにちょうど良いダイヤなので、それで戻ることに決定した。
レンタサイクルが確保できれば、海浜公園に行こうと思っていたのだが、行き帰りともにバスになったので、今回も訪問は断念した。

201909-2i.jpg
舞子バス停は、橋の上にあり、バスターミナルの待合所は橋下の高い位置にある。駅前のバスターミナルでとても便利だ。


■正面展望は欠けたもののインスタ映えするターミナル
徳島飛行場も9年ぶりの訪問だ。前回訪問時以降少しだけ増築をしたものの、増築したのは搭乗待合室と手荷物受取場で、保安検査前エリア側は大きな変化はなかった。
保安検査前エリア側で目を引く変化があったのが、国際線用のカウンタが出来ていたことだった。しかし、その位置は、なんと、中央吹き抜けの一番奥のガラス脇。この空港の最大の売りは、真っ正面に駐機する飛行機を大きなガラス張り空間から眺められることなのに、その半分はカウンタの壁で覆われて見えなくなってしまっていた

それでも、インスタ映えなどのためかフォトスポットが大増殖していて、相変わらず楽しい空港という感じ。遊びに来る子供連れも結構多い感じだった。

人がなかなか途切れず、到着ロビーの撮影で苦労はしたものの、調査は12時過ぎには終了した。
とくとくターミナルを出るバスまでまだ一時間半以上ある。13時のバスを待つか歩いて戻るか迷ったものの、とくとくターミナルまではたったの120円だし、外は相変わらず灼熱地獄だったので、歩くのは断念。涼しい空港でゆっくり待っていた。

ところが、13時少し前に到着口を眺めに行ったら、13時の到着便が15分遅延と出ていた。
この航空便に接続するバスの空港出発時刻は便到着の何分後か明確にはなっていない(一応定刻では10分後の13時10分発)。トロトロした乗客がもしもいて、その人を待ってから発車すると松茂発の神戸行きバスに間に合わない可能性が出てきた。一方で今から歩きだと高速バスには到底間に合わない。
間に合わなかったら洒落にならないので、結局、急きょタクシーで戻ることに変更。120円で済むところが、千円超えの運賃を支払うことになってしまった。

前回はレンタサイクルに気が付かずに行きはタクシー利用、帰りは路線バス+歩き。今回は帰りがタクシー利用。毎回毎回得得な感じのしない交通拠点だった。

201909-2j.jpg
空港バスは、13時40分頃に松茂を通過していた。結果としては間に合ったことになるが、歩道橋を渡ったりしなくてはならないので、本当にギリギリだった。ちなみに、この数分前にこのバス停から関空行の高速バスが出ていっていた。


■まずはDREAMSの世界へ
松茂から舞子までは、バスで一気に戻る。松茂からは5人ほどが乗車したものの、利用者は20人ほどしかおらず、往路同様少し拍子抜けしてしまった。
バスの乗車時間は約一時間。ウツラウツラDREAMSをみている間に、明石海峡大橋となり、すぐに舞子に到着。舞子では、約半数の10人ほどが下車していた。
舞子にはおやつの時刻には帰還できた。現地で四時間遊んで、六時間しか経過していないのだから、この高速バスはかなり便利なものだった。

ここからは、セントレアまで鈍行で向かう
舞子には各停と快速しか止まらないので、まずは快速に乗ったあと、神戸で14分待ちして新快速へ乗り換えとなった。ちょうど、神戸の直前で新快速に追い抜かれ、タッチの差で乗り継げないから、14分待たされる。少し不満な乗り継ぎだ。
しかも、今日はとにかく暑すぎ。いつもなら、ホームで電車を待つところだが、暑すぎてホームにいられず、冷房の効いているキオスクにいったん退避するほどだった。

神戸で新快速に乗ると快調に飛ばしていった。米原までは約2時間ほどだ。昨晩あまり寝ていないこともあり、車内では、京都を通りすぎたことすら気が付かないほど爆睡。ハッと起きたら米原に到達する直前だった。米原で乗り換えた電車も快速に飛ばし、金山まではあっという間の乗車となった。
それでも金山では、陽が落ちて、真っ暗な時間帯になっていた。
金山では18きっぷが使えない名古屋鉄道に乗り継ぎ。短時間の待ちで特急が来たので、比較的素早くセントレアに到達できた。

さて、今晩は、24時間開館空港のセントレアでの野宿だ。野宿状況の調査を兼ねたものとなり、成田国際、東京国際、関空に引き続き、これで公称24時間開館の国際空港すべてで深夜調査を行うことになる。他の空港を調べた時と異なり、あまり客が多くないであろう日曜夜の状況での調査だ。

20時前に空港に着けたので、寝る場所の確保の前に、まずは10時〜22時にしか開いていないFLIGHT OF DREAMSへと向かった。売店と見学スペースは既に閉店後。飲食店も着いた直後の20時に半分以上の店が閉まり、開いてる店も商品を絞っていたが、フードコート状なので雰囲気を楽しむことはできた。航空ファンにはまさにDREAMSの世界といったところだろうか。
本当は明朝に見学スペースを楽しみたかったが、10時開店では遅すぎるので、遅い時刻でのじっくり訪問になってしまった。まあ、第2ターミナルが出来てから、再訪問しなくてはならないから、展示施設エリアの見学は次回に行くDREAMSな世界にしておいた。

201909-2k.jpg
セントレアにできたDREAMSの世界。深夜の時間帯は飲食スペースのみの開館だが、結構人が出入りしていた。


■意外と野宿客が少ないセントレア
一通りの見学と夕食を終えて、FLIGHT OF DREAMSの閉館する22時前にターミナルへと移動。ターミナルでは、まだ開いている三階以上の館内をひと通り調査するにとどめた。

ダイヤを見ると、中部は深夜の運航が一切なく、早朝便もスカイマークが六時台に一便あるだけしかない。さらに、他の空港と異なり空港島の中だけでもホテルがたくさんある(普通のホテルが4社6か所とカプセルホテルが1つある)ので、ターミナルを24時間開館する必要は全く無いのだが、空港運営自体は24時間だから、到着側だけでも開けているようだった。
23時頃に24時間開館区画である1階と2階の調査を開始した。

この日、1階にあるカプセルホテルは満室だったが、野宿している人はあまり多くなかった。客は少ないが、充電スペースは、絶対数が少ないのでほぼ埋まっていた。1階の椅子は多くが空席の状況だった。
2階は、到着口前の椅子にいる人が若干多く、3分の2程度が埋まっていた。しかし、椅子近くにあるテレビでドラマを見に来た人が多かったようで、3分の1程の人は、ドラマが終わったら去っていっていた。

24時時点で再度見て回ったところ、1階は相変わらず空席ばかりで、充電スペース回りのみが混雑していた。
2階は、数が少ない充電スペースはほぼ埋まっていたが、椅子は一人で四席並び一組を確保した状態で半分程しか埋まっていない程度。国内線の方が遅くまで到着していたので、国内線側の方が若干混んでいただけだった。

自分は充電スペースを確保できたので、人の少ない国際線側で椅子一組に居座ることにした。
天井照明は、24時半頃に減灯されたものの、ほとんど気が付かない位の減らし方で、明るいところで寝られない人には辛いかもしれなかった。そういう人は少しでも暗い1階の方がおすすめな感じだった。

明日は、外回りの調査のため、空が明るくなったらすぐ動き出さねばならないから、すぐにでも寝たかったが、意外と音がうるさい。
24時に広告サイネージの電気が切られ、延々何度も何度も続く、カステラ一番的なDENSOのCM音声は途切れたが、テレビが大音量で流れていてうるさく、なかなか眠れなかった。
ひとり、他人が見ているのに、番組途中でチャンネルを変えるような、我が物のように見ている輩がいて、そいつが見たい番組が終了した途端、他人が見ているのは完全無視でテレビ電源をブチ切ったので、12時半以降は静かになった。

これで安心して静かにDREAMSを見られる。
そう思って眠りに入ったのも束の間、1時少し前に三階でなにやら少し大きめの案内放送が流れた。
暫くしたら、結構多くの人が現れて、椅子があっという間に埋まってしまった。

そういえば、三階以上の閉館時間は1時〜4時半だ。急に現れた人たちは、3階から追い出されてきた人たちだったようだ。
1階はほとんど人が増えていなかったので、3階以上にいた人はほぼ2階に雪崩れ込んで来たようだった。

3階は端の方にコンセント付の座席が多数ある。このため、それに釣られて野宿しようとする人がいるが、深夜は閉鎖となるので要注意ということだ。
セントレアの場合、1階・2階のコンセントの総数が少ないので、これらが埋まっていれば、1時まで限定となるが、3階で充電し、1時以降は1階で寝るというのがひとつの手だろう。

ちなみに1階は横になれる座席が余っており、ほとんど人気がなかった。成田も関空もそうだったが、天井が高く、上から覗きこまれるようなところは共通して好まれない傾向にあるようだ(中部の場合、2階より1階の方が照明は暗め)。

とにかく明日も朝が早いので、1時過ぎに椅子で就寝。短時間だが、少しばかりのDREAMSを見ることになった。

201909-2l.jpg
意外と野宿者が少なかったセントレア。22時過ぎの時点では、2階の椅子もご覧の通り人がほとんどいなかった。

■今日の教訓!
舞子は超絶便利なバス拠点←駅前からすぐに四国へ
[徳島]松茂からのアクセスを考えよう←高速バスから乗り継ぎ
[徳島]正面ガラスは魅力半減←それでも駐機の飛行機が見られます
[中部]野宿客少なし←ただし座席も充電スペースも少ないです

■実際の旅程
09/08 SUN
[関西国際空港]05:54(JR阪和線他 関空快速)→07:02大 阪 駅
大 阪 駅07:06(JR東海道本線 快速)→07:54舞 子 駅
舞 子 BS08:40(阪神バス 神戸徳島線)→09:45松 茂 BS
松 茂 BS10:00(徒  歩)→10:05中喜来東BS
中喜来東BS10:08(徳島バス 空港バス)→10:18[徳島飛行場]
[徳島飛行場]13:10(徳島バス 空港バス)→13:19松 茂 BS
松 茂 BS13:50(徳島バス 神戸徳島線)→14:50舞 子 BS
舞 子 駅15:03(JR西日本 山陽本線 快速)→15:19神 戸 駅
神 戸 駅15:33(JR西日本 山陽本線 新快速)→17:25米 原 駅
米 原 駅17:33(JR東海 東海道本線)→18:48金 山 駅
金 山 駅19:05(名鉄常滑線 特急)→19:36[中部国際空港]
(中部国際空港 調査見学兼ねた空港内野宿)

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

2019年09月07日

深夜空港でDREAMS見た(1日目)

※2019年10月にアップした旅行記です。

■2019.09.07 (自宅)→東京国際→鳥取→但馬→関西国際

■あっちもこっちも障害ばかり
台風のせいで不安なまま、出発当日の朝を迎えた。
天気予報を見ると、台風の動きは、進路も時期もあまり変わっていなかった。このまま予報通りなら三日目には普通に戻ってこられるので、予定はそのままで、旅行に行くことを決定した。

まずは、朝イチの飛行機搭乗だ。
六時台後半の飛行機なので、京急線の始発で行けば、ある程度余裕で着けると考えていた。しかし、京急線は、なんと神奈川新町でトラックと衝突事故を起こして木曜日から京急川崎以南が運休していた
再開予定は、当初は金曜日の夕方との報道もあったがあっさり公式サイトで否定されており、前日の駅の張り紙だと土曜日の始発から再開を目指すとされていた。京急は人身事故とかの復旧も現場検証を待たずにペッぺと片付けてかなり早く復旧するなど、スピーディーさはよく知られている。しかし、今回はそう簡単にいきそうもない。素人目で見ても恐らくはそれまでの再開は無理だろうと判断。安全策をとり、一時間早起きして、蒲田まで京浜東北線に乗ることにしていた。

朝起きてから京急のサイトを見たら、案の定、再開は間に合っておらず、昼頃復旧を目指すと後退していた。
こういうのは、安全に関わることでもあるし、少し長めに言っておいて、頑張って早く復旧しましたと言う方が、好印象だし、お客としては助かるんだけど、、、。関西国際空港のタンカー衝突事故で国土交通大臣の突き上げがあって以降、「上様が早くしろと言ってんのになぜ出来ない?現場はつべこべ言わずに復旧を早くすると言え。」的な空気になっているのは何だか残念だ。もしも、前日の駅張りの情報を信じて、時間通り、京急線の駅に行っていたら、飛行機に乗り遅れたかもしれなかった

蒲田からはシャトルバスを利用する手もあるが、バスだと国際線でぐるぐる回って時間もかかる。
京急空港線は前日も次から次へと運行していた。京急蒲田から空港線内がほぼダイヤ通りの運行なら、始発は5時19分発のはず。
そこで、バスを完全無視して京急蒲田まで歩き、空港線の始発に乗り込んだ。
始発はやはり5時19分発だった。

201909-2a.jpg
蒲田からは、ちょうど5時10分発のシャトルバスもあったのだが、同じことを考えている人が多いのか、長蛇の列だった。


そうやって意外と早く着けたのに、空港では、自動チェックイン機が反応せずにチェックインの列に並ぶ羽目になった。ホステスか何かと勘違いしてダベりかけ続けることで係員の集中力を割く客や、預ける手荷物が多い人など、手続きに時間のかかる客が大勢おり、さらには手続き締切ギリギリで先に通される客もいてなかなか先に進まない。やっときた自分は、手荷物も預けないので、1分かからず手続きが終わってしまい、不公平感だけが残ってしまった。

※今回、自分の運賃が国際線用運賃だったために、国内線の自動チェックイン機で受け付けてくれなかったようだ。そもそもこういう場合でも自動機を使えるようにしてほしいし、窓口は、そういう風に自動機がシステム上使えない人を優先してほしいと感じてしまった。自動機を使えるのに使わない人で混雑するのは非常に困るし、締切時刻ギリギリなんてのは、その人が来るのが遅いだけなのだから、、、。

比較的余裕があると思っていたが、搭乗手続きに時間がかかったのに加えて、69番という最遠の搭乗口になってしまったので、ほとんど待つことなく、あっという間に搭乗になってしまった。あっちもこっちも障害だらけといった感じだった。
今回も南ピアからの出発で、北側の別棟には行くことができなかった。


■台風の影響は当然飛行にも、障害は続く
飛行機はほぼ満席だった。さすがは土曜の朝イチ便だが、機材小型化の影響が大きそうだ。
鳥取までは思っていたよりもあっという間で、ベルト着用サインが消えて少し経ってからトイレに行ったら、すぐに着陸態勢になった。10分後にシートベルト着用サインが付きますとの案内の放送が入ってから団体が四人ほど連れションしていたこともありトイレは混雑。ポーンと鳴るまでが思ったより早く、トイレに行こうとした別の一人が断られた位だった。中型機なので、後ろに一つしかトイレがないのも混雑の原因だったようだ。

で、ベルト着用サインが付いて暫くしたら、機体が揺れ始めた

あー、台風の風だ。

今回、台風の直接的な影響はなかったが、何せ台風の東側だから、西側よりは風雨が強いはずと思っていた。だから、正直、あまり乗りたくなかった(=まさに飛行機に乗るときの精神的障害)。鳥取は海沿い空港だし、大揺れするだろうなあ、と不安だったのだが、まさにその状態になってしまった。雨は避けられたが、風は避けられなかったのだ。
ほどなくしてゲロりそうになった。久しぶりにゲロ袋を手に取り、息を潜めていたのだが、少しカクンとなった瞬間に声を出す客がいる。えーえー、声出す余裕があるなら、ジェットコースターみたいに楽しめるだろうが、こっちはその声に驚くことで、止めていたものが出そうになるから、ホント止めてほしい(ホントに怖い時って声なんて出ないし、、、)。昔は、多少の揺れで声出す人ってあまりいなかったと思うんだけど、最近は、水平飛行中がほぼ揺れないせいか、あるいはジャンボばかり乗ってきた人たちなのか、なんとなく、声を出す人が多くなった印象だった。

揺れている時間が短めだったので、何とか持ちこたえられた。風向きの関係か旋回しての西側からの着陸だったので、より揺れてしまったようだ。今回は「揺れても飛行の安全性に問題ありません」のCAアナウンスがなかった代わりに、最後に珍しく機長アナウンスがあり、台風の影響で風が強かったことが伝えられていた。こういうフォローがあるのは好印象だった。

201909-2b.jpg
大揺れする前に機内を撮った一枚。朝早い便なのにほぼ満席だった。


■コナン一色の鳥取は見学客が多すぎる
鳥取空港は、約9年ぶりの訪問だ。少し時間がかかってしまったが、砂丘コナンの愛称が付いてから初めての訪問となった。

美保(米子)が内装を鬼太郎仕様にしたときはゲゲゲと思ったものだが、そっちはまだ序の口だった。
鳥取は内装に加えて、専門のグッズ販売店を開設。さらにBGMまでコナンのテーマを流し、謎解きコーナーも設けているなどかなりの力の入れようだった。ベストな内装の真実はひとつとは限らないんだろう。
降りた直後の搭乗橋から装飾が始まっているので、カメラを持った若者が立ち止まってなかなか進まない位だった。
なんとも毎週のように事件が起きそうな空港だが、全く怖さはなく、楽しめる撮影スポットが随所にあるので、到着したお客はそのまま暫く滞在する人も多い。メインの巨大トリックアートには撮影の列ができるほどだった。

このため、すぐに館内撮影に入れなかった。見物客が多すぎなんて、地方空港ではまず見られない。空港見学者にとっては想定外の障害だ。まずは外回りから調査し、館内の調査は到着客が捌けてからになった。そもそも二階にある売店・飲食店の半分以上は10時頃の開店で、それまではほとんど画にならないので、館内でブラブラして時間を過ごし、ゆっくりと館内調査を続けた。

10時前頃に国際線の団体客が増えてきた。撮影スポットは、国際線カウンタのすぐ脇にあり、大荷物を持った客ですぐに混雑した。人が少ない時間帯に何とか撮り終えていたが、調査を少し遅くしていたら、人だらけになるところだった。

※ちょうど国際線利用の団体客が到着する時刻に合わせて「空の駅女子会」なるおば様集団が、インバウンド向けのイベントを開催していた。こうやって空港を拠点に盛り上げる集団がいるのは、元・空の駅情報館管理人としては、嬉しい出来事だった。

10時の店舗開店と同時に残っていた調査を素早く済ませ、10時過ぎに鳥取空港を出た。
空港口のバス停を確認しつつ、約20分歩いて鳥取大学前駅へ向かった。

201909-2c.jpg
コナン装飾が大増殖していた鳥取空港。内装の一部は空港概要のページをご覧ください。


■まさかの障害、レンタサイクルがなくなった豊岡駅
鳥取大学前駅からは、11時発の鈍行に乗り込んだ。

乗った電車は先週も羽越本線で乗ったキハ47系だった。新潟では引退間近らしかったが、西日本旅客鉄道ではまだまだバリバリの現役。あまり乗ったことのない車両だが、今回の18きっぷ利用では、乗車頻度の高い列車となった。

十分ほどで到着する鳥取駅ではわずか一分乗り継ぎで、正面ホームに止まっていた一両編成の電車に移動となった。
が、乗り込んだら白人の外人で大混雑していた。インバウンド誘致に積極的な岩美町へ向かう人たちのようで、数駅で降りていったが、こんな田舎のローカル電車で白人を見るのはとても驚きだった。空港でのおもてなしといい、地方にもインバウンドの波が到来していることを強く実感することになった

鳥取からは途中一回乗り継ぎを挟んで豊岡まで2時間弱で移動できた。

豊岡で電車を降りたら、台風13号によるフェーン現象の影響で、今にも熔けそうな暑さだった。これから利用するレンタサイクルは、完全な熱中症警戒だ。
そこで、まずは駅前コンビニで飲み物だけを確保してから、これまた駅前にある観光案内所へレンタサイクルを借りに向かった。前回訪問時もここでレンタサイクルしたので、同じ動きになる。

ところが、観光案内所で話をしたら、なんとレンタサイクルの取り扱いを止めてしまったという。こんなところにも障害が出てくるとは、、、。
代わりのレンタサイクルは、街中には、カバンストリートにある、駅から一キロ強離れた駐車場でしか扱いがないという。ネットで調べると5台しかないらしい小規模店。借りられないリスクが大きそうだ。

豊岡駅から空港までは約八キロ、車なら10分強の距離しかないのだが、山の中にポツンとあるため、ここから空港まではアクセスが貧弱だ。唯一の公共交通機関であるバスは、駅から空港行が一日三便しかなく、ちょうど良い時間帯の便がなかった。このため、雨の日は、空港までの距離が五キロ強に縮まるひと駅先の国府駅から往復歩くことも考えていた。
しかし、今日は晴れていたため、何にも考えずに豊岡駅で降りてきたのだ。
チャリが満車の時はレンタカーかタクシーで行くしかない。いずれも値段が高いので、なんとしてでもチャリを確保しようと、当該駐車場へ急いで向かった。

駐車場までは、せっせと歩いて15分ほど。暑すぎのせいか、心配をよそに、まだまだチャリは残っていた。
もしもチャリが残っていなかったら、ひと駅先まで電車に乗るのが正解だったので、なんとか難を逃れた感じだった。

チャリは三時間貸し出しとし、13時45分頃に街をスタートした。街から空港までは、チンタラ走っても30分くらいの距離だが、今日は暑すぎて、こいでもこいでも先に進んだ感じがしない。
特に後半3キロほどの登りが、じみ〜にきつかった。坂道がきつくて、こいで登れないから、少し歩いては、休んで、水飲んで、の繰り返し。しかも、息が切れ切れだから、水が飲みにくい。ヒーヒー言いながら登ることになった。
結局、空港には14時半過ぎてからの到着になってしまった。

それにしても暑すぎで疲れ果てた。熱中症厳重警戒日で、さっき買ったばかりのペットボトルはすでに空となってしまった位だ。
汗ダラダラのままターミナルに飛び込むと、すぐに喫茶へ。活力を得るために敢えてカレーを注文。飲み物をガブ飲みし、まずは昼飯を済ませて、体調を落ち着かせた。

※喫茶は、ご当地系などの珍しいメニューはなく、ごく普通のラインナップだった。カレーは意外と値段が高く、やや仕方なく注文した。しかし、ミニサラダに、冷奴、果物も付いており、バランスのとれた構成。熱中症厳重警戒中には最適な注文品だった。

201909-2d.jpg
但馬飛行場への最後の道程は延々続く上り坂。暑すぎで体力を奪われてかなりきつい坂道だった。右の擁壁を見れば角度が分かるが、ここはまだ傾斜が緩かったところ。


■結局今日は関空へ
但馬飛行場では、館内撮影と滑走路挟んだ反対側の公園を見学。少し滞在時間を食ってしまったが、16時前に空港を出られた。
来るときに小一時間かかったので、16時45分までに返せるか不安だったが、空港からは最初の3キロは下り坂。さっき上りで30分くらいかかった道のりを、5分ほどしかかからず走破。時間が少しあるので、日本一の発着回数を誇る公立豊岡病院のヘリポートを見る余裕もあり、レンタサイクルをやっている駐車場に到着したのは16時半頃だった。
そこから、再び歩き、17時前には豊岡駅へ戻れた。
帰路は全く障害なく来られた。

ここで時間があったので、翌日の動きを確認した。
まず天気予報と現況を確認すると、台風は明日夜に東海から関東にかけて上陸で変わらなかった。月曜昼には茨城県沖に抜けている予報だったので、東京に帰るのは、明日夜ではなく、明後日午後にすることを最終確定した。

となると、明日どこで時間を潰すか決める必要がある。
当初予定の中部国際でも良いが、それだと、三日目の帰りが早くなりすぎ、台風の影響を受けやすくなる。中部は三日目に寄ることにして、二日目は周辺空港訪問を画策した。
大阪三空港(関西国際(関空)、大阪国際(伊丹)、八尾)と神戸が手っ取り早いが、大阪には比較的来やすい。そこで、今日これから折角関西の西寄りを通ったり、若狭湾側に抜けやすかったりすることもあり、近年行けていない福井、岡山、高松、徳島へ行くのも検討した。
ちなみに、大阪圏四空港は、関空は泊まれば調査できる。神戸と伊丹は昨年、今年と利用したばかりで、大きな変化がない。残りの八尾も定期便が飛んでおらずに変化があまりないから、いずれもあまり行きたい気がなかった。少し離れている南紀白浜も一昨年行ったばかりだ。

となると、大阪圏以外の空港に行く方が良さそう。検討をした四空港は、いずれも長年行けておらず、ちょうど良い訪問先だ。徳島(増築済)>高松(民営化)>岡山(桃太郎化)>福井の順で行きたいところだった。

18きっぷで回るなら、明日は関空発関空帰りとなる。
18きっぷでの行きやすさは、四国二空港は瀬戸大橋を渡らざるを得ず、大回り経路になるため、岡山>福井>高松>徳島で、行きたいところとはミスマッチだった。岡山と高松の2空港はセットでギリギリ行けそうだが、どうせ岡山、高松、徳島なら三空港とも行っておきたいところだった。

18きっぷで3空港に行けない最大の原因は、関空発着だからで、これを岡山宿泊などにすれば、3空港をギリギリ行けそうだ。しかし、その場合はホテル代がかかる。その分を浮かして効率よく回るなら、レンタカーを借りて車中泊にすれば、夜の間に移動も宿泊もできて一石二鳥だ。そこで、急きょレンタカーを借りることを検討した。

しかし、これがうまくいかない。
まず姫路〜神戸にかけてで検索をかけたが、まず、そもそもその辺りを通過する時間帯まで開いてる店舗がない。大阪方面まで拡げてみても、新大阪と西宮辺りの店が一件ずつ深夜まで開いている店としてヒットしただけだった。しかも、新大阪は満車、西宮はデカイ車しか空きがなく、値段が一万超えと高額。

結局、岡山、高松辺りまで足を伸ばすのは断念した。
となると、明日は福井かなあとぼんやり考えながら、明日どこに行くかは決められなかった

ただ、レンタカーを確保できなかった時点で、今晩は、深夜調査を兼ねた宿代わりの関空野宿が確定。今日は、深くは考えずに、とりあえず関空を目指すことにした。

201909-2e.jpg
レンタサイクルは、駅からかなり離れた街の東側にある「Toyobra」という売店兼観光案内所で貸し出しが行われていた。自転車はVelo MICHELINのスタイリッシュなもので、導入当初は結構話題になっていたようだ。


■鉄道はほとんど空席のち混雑
豊岡から乗った17時33分発の列車は、今日関空まで行ける最終接続便だ。豊岡からは、和田山、寺前、姫路、大阪と乗り継いで行く。
豊岡から大阪方面へは、和田山から山陰本線へ抜けて京都から東海道本線を下るパターンや和田山から山陰本線をしばらく進んだ福知山から福知山線に乗り換え尼崎経由で向かうパターンなどが考えられる。播但線経由は、真っすぐ南下して姫路へ出てそこから東進するので、少し遠回りに見えるものの、東海道本線区間がぶっ飛ばすので、この便に接続する電車では、姫路経由が最も早く行ける経路になっていた。

車内は、豊岡出発の時点では部活帰りの高校生などで混雑していたが、駅ごとにお客さんはどんどん減少。それほど遅い時刻ではなかったが、姫路まではあまり乗客はおらず、完全にローカルな旅行だった。

姫路からは一気に都会になり、長大編成の電車に。それでも、夜の上り電車なので、あまり混雑はせずに大阪までは比較的快適に来られた。

しかし、大阪からの阪和線区間は夜の下り便で、関空快速はとにかく混んでいた。大阪環状線区間は混雑が特にひどい状態で、車両に入るのもひと苦労なほどだった。鳳辺りまでは座ることはできなかったが、その後は駅ごとに空きはじめ、日根野でほとんど客がいなくなった。
関空は24時間空港だが、飛行機の深夜便は無いので、こんな時刻に関空まで行く人はほとんどいないようだった。

201909-2f.jpg
播但線は寺前駅で乗り換え。真っ暗な時間帯のローカル路線は空席が目立った。昭和生まれからすると非常に懐かしい車両どうしの乗り換えだ。


■ホテル代わりで混雑する空港
関空には22時半に到着した。

問題だったのは夕飯の確保だった。ほとんどの店が閉まってしまっていて、大阪名物は確保できなさそうだったからだ。
閉店準備をしていた案内所のおねえさんにファーストフード位しか開いてないのか?と尋ねたら、「マクドとすき家位ですね」と残念な返事(でもマックじゃないので関西っぽい会話!)。結局、エアロプラザの松屋で平凡な食事になってしまった。

食事を済ませてから館内の詳しい調査を始めた。

この空港は、野宿客に至れり尽くせりなので、利用者側も慣れたものだ。ホテル代を浮かしたい人が多いのだろう。まだまだ大阪市内に出られる時間なのに、多くの客が既に居座っていた

今回が二度目となる関空の深夜滞在。前回はなかったカプセルホテルがオープンしたあとに利用動向がどのくらい変化しているかの調査も兼ね、第1ターミナルとエアロプラザのみだが調査して回った。

しかし、お客さんの利用動向は、前回とあまり変わっていなかった。
23時頃には、第1ターミナルのリフレッシュルームが早くも満室に。シャワーだけの利用も含めて朝まで完全満室だったのは前回と同じだった。
野宿客の利用密度が非常に高かったのがエアロプラザの待合室で、こちらも前回と変わらず。23時頃の時点で待合室内は既に空きがない状態だった。充電も横に寝られる椅子も確保でき、シャワールームが隣接、24時間営業店舗もすぐそこ、そして何より空調の効きが良すぎと野宿するのに最適空間だから、相変わらず人気が高いようだ。
次に利用が多かったのが第1ターミナルの2階。それとエアロプラザの第2行きバス乗り場への出口付近。いずれも充電はできないが、天井が低く、横になれる椅子がある。
人気がないのが、第1ターミナルの1階と4階であるのも、前回と全く変わらなかった。いずれも天井が高い(=空調の効きが悪い)という共通点がある。1階は充電スペースはないが横になれる椅子。それでもあまり人はいなかった。4階は椅子が一席ずつに区切られたものに変更されて寝にくくなり、さらに人気の無さに拍車がかかっていた。
唯一前回と異なったのが、3階のエスカレータ脇のソファ。貴重な横になれる柔らかい椅子なので、前回は22時頃には埋まっていたが、今回は24時くらいまでは利用がなかった。

24時頃にシャワーだけでも浴びようと、エアロプラザのシャワールームに行ってみたものの、数人が列を作っていたので利用を断念した。

それにしても、何でこんなにホテルを取っている人が少ないのかと不思議になるぐらい深夜滞在者が多い。そもそもエアロプラザって、ホテル棟なはずなのに、野宿客が集まるとは、、、。そのほとんどは遅延などで仕方なく空港に野宿しているのではなく、何時間も前から空港に来ている確信犯だ。
このため、22時過ぎてから空港に入った時点で、席取りは完全に敗者だった。

自分は、早朝の調査を開始するまで仮眠は取りたい。しかし、この先旅行がまだ二日間あるのと、台風情報を調べるために携帯を多用する可能性が非常に高いことから、今晩は携帯の充電ができることが最優先。人気のない4階で変な体勢で横になりながら充電・仮眠するスタイルをとった。
早朝出発便は第2しかないため、搭乗客はほぼいなかったが、天井の大規模工事を行っていてうるさく、体勢の影響もあって何度も寝ては起きるを繰り返した。4階は決して快適にいることはできない感じだった。
なんだかDREAMSを見ているのか見ていないのか分からないまま、夜が更けていった。

201909-2g.jpg
一番人気のエアロプラザ2階の休憩所。椅子が見えているので人がいないように見えるものの、寝ているから見えていないだけで、すべて埋まっていた。

■今日の教訓!
朝から運休には要注意←乗り遅れになるので時間には余裕を持って
朝から行列には要注意←乗り遅れになるので時間には余裕を持って
国際線運賃には要注意←自動機が使えない場合があります
[鳥取]コナンを撮影しよう←各所に撮影スポットがあります
豊岡レンタサイクルは要注意←数が少なく駅から遠いです
[関空]野宿するならお早めに←皆考えることは一緒です

■実際の旅程
09/07 SAT
自   宅04:30(JR東日本 京浜東北線等)→05:00蒲 田 駅
京急蒲田駅05:19(京浜急行電鉄 空港線)→05:29[東京国際空港]
[東京国際空港]06:40(ANA293便)→07:55[鳥取空港]10:00(徒歩)→10:30鳥取大学前駅
鳥取大学前駅11:00(JR西日本 山陰本線)→11:08鳥 取 駅
鳥 取 駅11:09(JR西日本 山陰本線)→11:52浜 坂 駅
浜 坂 駅12:07(JR西日本 山陰本線 快速)→13:16豊 岡 駅
豊 岡 駅13:20(徒  歩)→13:50豊岡市内Toyobra
豊岡市内Toyobra13:50(レンタサイクル)→14:45[但馬飛行場]
[但馬飛行場]15:45(レンタサイクル)→16:30豊岡市内Toyobra
豊岡市内Toyobra16:30(徒  歩)→17:00豊 岡 駅
豊 岡 駅17:33(JR西日本 山陰本線)→18:06和 田 山駅
和 田 山駅18:25(JR西日本 播但線)→19:19寺 前 駅
寺 前 駅19:25(JR西日本 播但線)→20:09姫 路 駅
姫 路 駅20:16(JR西日本 山陽本線 新快速)→21:18大 阪 駅
大 阪 駅21:25(JR西日本 阪和線他 関空快速)→22:30[関西国際空港]
(関西国際空港 調査見学兼ねた空港内野宿)

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

深夜空港でDREAMS見た(0日目)

※2019年10月にアップした旅行記です。

■2019.09.06 出発前日

■台風のせいで、行くも地獄、行かぬも地獄に、、、
今回は旅行前から困った事態になった。台風の影響を受けることになってしまったのだ。
ということで、特別に一日分多く、出発前日の金曜日の話からスタート〜〜。


旅行の一週間ほど前に沖縄の南で台風13号が発生して北上。ちょうど旅行初日にぶち当たりそうなタイミングになった。さらに出発三日前にグアム沖辺りで台風15号が発生してしまった。

台風15号はまだまだ南にあるので、どうせ近づくのは来週中旬位だろうと思っていた。心配なのはとにかく13号の動きだった。
予報の進路を毎日のように確認していると、13号は九州と中国大陸のちょうど中間辺りをそのまま北上し、東へは折れ曲がらないようだ。これなら、旅行初日に鳥取に最接近はするものの、かなり離れているので、飛行機の運航にまでは影響はなさそうだ。

出発2日前の木曜の時点で、13号がこの動きなら台風の影響は回避できたと思っていた。ところが、15号が相当な韋駄天で、旅行二日目昼〜翌日昼に、東海地方に直接上陸するとの予報になってしまった
予報通りだとすると、帰りに電車の計画運休などを受け、帰ってこられなくなる可能性が高くなる。しかし、行きの飛行機は、台風13号はうまく避けてくれ、台風15号はまだ南の沖合い遠く離れたところにあるから、台風の影響は全くない。このため、台風を理由にしたタダ払い戻しができない状態に陥ってしまった。
飛行機を往復予約していれば、帰りが台風の影響を受けるなら、行きの分から払い戻しできる。しかし、今回は、飛行機と鉄道を組み合わせた旅程にしていたので、帰りの台風を理由とした払い戻しは不可能だった。

行くも地獄、行かぬも地獄とは、まさにこの事、と思えるような事態に陥ってしまったのだ。

※飛行機は直前予約だと値段が高い(その上好きな席を選べないなどデメリットだらけ)ので、だいぶ前に予約せざるを得ないが、当日の台風直撃など天候を読めないのが最大のデメリットだろう。

飛行機のキャンセル料を払うのも覚悟したが、よくよく考えてみると、15号は韋駄天なので、近付くのも早いが去るのも早いはず。普通の台風なら24時間くらいの影響を覚悟すべきだが、今回は、韋駄天ゆえに影響はせいぜい12時間程度の可能性が高い。それなら、なんとか時間を調整できるはずだ。
ちょうど月曜日に有休を取っており、18きっぷも三枚分余っている。そこで、台風の動きに合わせてトータル三日で考えて、最も危なくない時間帯を見極めて東京に帰る行程にすることにした。最悪なのは、台風がカーブする際にスピードが落ちてしまい、月曜日に丸一日影響があることくらいだ。
君子危うきに近寄らずだから、飛行機がタダ払い戻しできるなら、旅行に行かないのを第一優先に、前日金曜日の夜を迎えた。

■台風進路予測は変わらず右往左往、、、
前日の金曜日夜の時点で、13号の進路は変わらず、15号はまだ近くないので、翌日土曜日の天気は、羽田、鳥取ともに非常に天気の良い予報だった。このため、既に日曜日の羽田発着には条件が付いていたのに、土曜日の鳥取までの飛行機には条件は一切付かなかった。これでまずはタダ払い戻しが出来なくなった(結局翌日の出発時になっても条件は付かなかった)。

一方、15号は上陸が日曜日夜の予報になった。台風は予報より早く抜けることが多いので、日曜夜に帰るのは不可能に近い。特に東海道本線は海沿いを通るから、運休になりやすいし、足止めを食らったらホテルを確保できるかも微妙だ。しかし、動きをよく考えると、台風は未明〜朝に通過しそうだから、通過後の月曜日は午後になれば問題なくなりそうだ。
そこで、三日間のフル行程にすることをほぼ確定し、とにかく旅に行くことに決定。初日は鳥取→但馬→関空、二日目は大阪周辺〜中部、三日目はどこも寄らずに帰る(関空から始発に乗ると東京到着は17時頃)行程を組むことにした(もちろん台風のスピードが遅くなれば予定通り二日目に帰るし、台風が西にずれれば二日目に広島辺りへ逃げることも加味していた)。

こうして、不安なまま、当日の朝を迎えることになった。
■今日の教訓!
航空予約は天候に注意←片道か往復かは払い戻し条件で結構重要です

■実際の旅程
09/06 FRI
旅行前日

ラベル:台風
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

2019年09月05日

深夜空港でDREAMS見た(旅行前)

※2019年10月にアップした旅行記です。

■2019.09 鳥取・但馬・関西国際・中部国際の旅行前

■余った18きっぷ+飛行機で山陰へ
先週に引き続いての空港訪問。今週は余った青春18きっぷ活用して、土日に鳥取+但馬を回ることにした。歳をとってしまったせいか、最近18きっぷの鈍行移動は身体への影響が大きい。翌日月曜日は、予備日も兼ねた一日休息日のつもりで、有休をとった。
18きっぷは三枚目と四枚目の使用だから、一日分余るが、充分元は取れているので、敢えて月曜日まで旅程には含めなかった。しかし、今回はこれが大きな効果を発揮することになるとは、予約の時は知るよしもなかった。
詳しくはそれぞれの日の記事に書くとして、二日間の訪問では、片道はどうしても飛行機に頼らざるを得ない。飛行機はとにかく早く予約しないと値段が高いので、早めに予約をかけた。

※東京-鳥取間は、行き来するだけなら飛行機を使わなくても鈍行で二日で往復可能です。


今の時期はムーンライトながらが運行していないので、一日目の朝に関西にワープするという芸当は不可能になっている。このため、土曜は五時間動けずに無駄になる行程になってしまう。一方、帰りの日曜は24時台まで丸々使える。
飛行機は東京国際(羽田)→鳥取は六時台から飛んでいるが、鳥取→羽田は19時55分羽田着とかなり早い。行きは電車とあまり変わらない動き始めで、帰りは電車よりずいぶん早く終わりなので、休みをフル活用するなら、行きを飛行機、帰りを電車とした方が良い。
イメージとしては、初日朝鳥取に飛び、午後に但馬(あるいは朝但馬、午後鳥取)、夜に神戸〜名古屋辺りまで戻り、翌日一日かけて東京に戻るつもりでいた。二日目の帰り途中に福井か、名古屋、中部国際(中部)、静岡のいずれかに寄れれば御の字で、関西国際(関空)か中部に泊まれば、空港見学できる上に宿泊費も削減できて一石二鳥な行程にできそうだった。

ところが、細かいダイヤを考え始めたら、意外と行程を組むのが難しい。
山陰線が思ったほど便数がなく、まず、但馬→鳥取→関空か中部へ鈍行移動という訪問は無理だった(だいたい、鳥取→大阪に行くときに再び豊岡を通るので効率も悪い)。鳥取→大阪の移動を深夜バスにすれば行けないこともないが、空港に泊まれない、バス代がプラスでかかる、そもそも羽田→伊丹→但馬の航空運賃が羽田→鳥取より高い、現地に着く時刻が鳥取便より二時間遅い、空港に降りたあとに空港見学するので豊岡駅までの足がないなどデメリットだらけだ。
そのため、ほぼ自動的に鳥取→但馬→関空か中部へ、の移動となった。が、この場合も、但馬飛行場に行くのにタクシーを使用しなければ、豊岡を出られるのは、どう頑張っても夕方。格安旅行でタクるのもバカらしいので、それは無しにすると、初日中に中部への到達は不可能だった(名古屋市内までは行ける)。泊まりは関空で確定だ。

で、二日目の訪問先を検討したが、関空スタートなら、東京へ帰る途中で、大阪圏や東海道沿線の空港に寄ることができる。しかし、名古屋と神戸は昨年、大阪国際と静岡は今年春と、近年行ったところばかり。昨年FLIGHT OF DREAMSが開業している中部にここのところ行けていなかったが、第2ターミナル開業直前となんとも間が悪い。それでも、中部なら、関空を始発で出れば10時過ぎには着けるので、二、三時間楽しんだとしても、まっすぐ帰れば21時くらいには東京に帰り着く。
二日目は中部に寄ることにして計画をたてた。

アクセスの予約(航空+鉄道)
往路は羽田→鳥取の航空券確保が必要だ。近年はインバウンドと機材小型化の影響ですぐ予約が取れなくなるので、一か月前より前に予約を完了し、国際線用の安い運賃(1万円ほど)で確保した。
東京→鳥取は夜行高速バスという手もあるにはあるけど、値段は1万円超えで、鳥取到着時刻も飛行機とあまり差がない。空港見学という目的も相まって、飛行機がベスト選択だった。
18きっぷはこの前の週で使う余りを活用するので、新たな購入は無し。途中予約が必要な電車に乗る予定もないので、事前準備は完了となった。

現地移動の予約(鉄道)
現地の移動も基本JR線での移動。こちらも予約が必要なものはなかった。

※ただし、今回は旅行中に行程変更が生じて高速バスを使ったので、旅行の最中に別の事前予約を入れている。

宿泊の予約
宿泊は、空港見学+深夜帯の実態調査を兼ねた関空宿泊なのでホテルなどは取らなかった。

18きっぷと飛行機を組み合わせるのは久しぶり。天候だけは荒れないよう願いながら一か月待つことになった。
■ここまでの教訓!
ANAなら国際線運賃も検討しよう←購入条件には要注意ですが、、、
[鳥取]朝も早けりゃ夜も早い←最終便の乗り遅れに要注意
山陰線は少数便←上手く乗り継がないと長時間待ちになります

■今回の予定旅程
09/07 SAT
自宅04:30(京急線等)→05:30[東京国際空港]06:40(ANA293便)→07:55[鳥取空港]10:00(徒歩)→10:30鳥取大学前駅11:00(JR山陰本線)→11:08鳥取駅11:09(JR山陰本線)→11:52浜坂駅12:07(JR山陰本線 快速)→13:16豊岡駅13:30(レンタサイクル)→14:00[但馬飛行場]16:00(レンタサイクル)→16:30豊岡駅17:33(JR山陰本線)→18:06和田山駅18:25(JR播但線)→19:19寺前駅19:25(JR播但線)→20:09姫路駅20:16(JR山陽本線 新快速)→21:18大阪駅21:25(JR阪和線他 関空快速)→22:30[関西国際空港]
(関西国際空港 調査見学兼ねた空港内野宿)
09/08 SUN
[関西国際空港]05:54(JR阪和線他 関空快速)→07:02大阪駅07:15(JR東海道本線 新快速)→08:41米原駅08:46(JR東海道本線)→09:19大垣駅09:26(JR東海道本線 特別快速)→10:04金山駅10:19(名鉄常滑線 準急)→11:03[中部国際空港]14:17(名鉄常滑線 特急)→14:49金山駅15:05(JR東海道本線 快速)→15:57豊橋駅16:00(JR東海道本線)→16:36浜松駅16:38(JR東海道本線)→19:14熱海駅19:27(JR東海道本線)→20:41横浜駅20:50(JR京浜東北線等)→22:00自宅

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

2019年09月02日

日本国を感じる空港見学(旅行後)

※2019年10月にアップした旅行記です。
旅行前1日目2日目/旅行後

■2019.08・09 新潟・庄内の旅行後

今回の空港見学旅では、新潟空港からの帰り道、バスのなかで迷った中国人に遭遇しました。
近年訪日外国人が急増していますが、その玄関口はほとんどが空港です。空港を取り上げる身としては、これは避けては通れない話題。
そこで今回は、訪日外国人が日本を旅する上での公共的な問題点について、軽く取り上げてみます。

■ちゃんと調べてきていた中国人
今回中国人に遭遇したのは、空港入口バス停から乗った、空港は一切関係ない路線バスの中でした。中国人は、大きなキャリーバッグを持っていて、何故かわざわざ空港から歩いてきて、このバスに乗っていました。

本文でも書いた通り、この人は、乗車票も取らずに乗車したあと、動き出したバスの運転手に何やら紙と一万円札を示して中国語で話しかけています。運転手は中国語が分からないので話は通じず、結局何も解決せずに、中国人は交渉を諦めました。
で、自席に戻ってきたあと、地元のジジババしかいない路線バスの車内で唯一の若造である自分に声をかけてきたのです。

運転手に示していた紙には、経路検索結果のようなものが印刷されていました。書かれていたのは、全て中国語。喋ってくるのも全て中国語。流石に中国語は分かりません。
しかし、中国人が指差して話してくるので、示された紙の指差された箇所を少し読み込んでみると、書かれた簡体字は、バス停を示しているようで、辛うじて「新潟日報○○○○○○○」のように読めます。調査のためにバス停に貼ってあった路線経路図をたまたま撮影していたので、記録画像を見てみると、途中に「新潟日報メディアシップ」なるバス停があり、他に近い名前のバス停はなかったので、恐らくそこで降りたいのだろうと推測できました。韓国語とかだったら完全アウトでしたが、簡体字とはいえ漢字なので、なんとなく理解ができました。

そう、この中国人は、運転手に、降りたいバス停までの行き方を尋ね、唯一持っている日本円の一万円札で料金支払いをしようとしていたわけです。

示された紙には、新潟日報メディアシップの次に最終目的地も書かれていたので、この中国人は、バス停を降りたあとも迷いそう。
信号停車中に、運転手に、たぶん当該バス停で降りたいことを伝えて 、一万円両替できないことを確認。さっきのバス停でこの中国人が乗車票を取り忘れていることを説明しました。その上で値段を聞いて降りる準備だけしておき、よく分からんこの中国人を連れて一緒に降りることにしました。

一万円札しか持ってないから、バス代を代わりに支払って一緒に下車(後で20元をいただきました)。そこで、最終目的地について、日本語か英語表記のものがないか、あるいはマップがないか片言英語で聞いてみたら、別に持っていた予約票に英語表記があり、ANAクラウンプラザホテル新潟に行きたかったことが分かりました。後で調べたら、中国語だと、ANAの文字すらなく、「皇冠假日酒店 新泻」なので、さっぱり分からなかったわけです(今となっては「新潟」だって分かるか怪しい、、、)。
私自身も地元民じゃないので、この周辺のことはさっぱり分かりません。Googleマップ検索したら、歩いて数分のところにホテルがあることが判明。一緒に歩いてホテルまで連れていったという顛末でした。

渋滞にはまるのが怖くて、かなり早めに新潟空港を出たので、乗る電車まではまだまだ余裕。バス車内で新潟日報メディアシップで降りてから駅まで歩いて10分ほどであることを確認できていたので、たまたま対応ができました。

■案内表示に外国語を表示する重要性
たったこれだけの事例ですが、今回の事例では、インバウンドが急増するなかでの問題点と助かった点がいくつも隠れていました。ざっと上げてみると、以下のようなことでしょうか。

・案内言語の問題
(1)運転手の語学力というか案内力
(2)案内の言語表記
・情報入手の問題
(3)交通検索結果
(4)WiFi接続環境
・支払決済の問題
(5)両替対応
(6)運賃の決済方法


まず、大きく立ちふさがるのは、やはり言語の壁です。これは、日本の母国語がローカル言語の日本語ですから、なかなか解決が難しいところがあります。例えば(1)については流石に運転手に中国語もしゃべれるようになれとは言えないでしょう。そういうことは、C-3POがやれば良いわけです。(最近ではポケトークみたいなのもありますね。)
それでも、バスの運転手なんだから、どこのバス停を通るかは把握しており、類推はできるはず。そのくらいの想像力と対応力はつけてほしいものです。

ただ、これらの解決策が、係員の能力や翻訳機頼みというのも考えもの。運転手が話せないなら、表示でフォローできるよう、表示を工夫することでの改善は図ってほしいところです。
その際、(2)でどこまで対応すれば良いのかという問題に直面してきます。

今回利用した新潟空港の場合、往路で利用したリムジンバスでは日英中韓露の五か国語での案内がなされていました
しかし、復路で利用したバスは、普段は訪日外国人が乗ることなどほぼない片田舎の路線バスですから、日本語でしか案内がありませんでした。こうなると、訪日外国人は自分では見て確認できず、人に聞くしか方法が無くなってしまいます。
で、話を聞きにいったけど、中国語しか分からんから、運転手と会話もできなかった、というわけです。

この言語問題については、自分は海外の国で、外国人として体験したことがあります。

一例目は、昨年冬季オリンピック観戦で韓国に行った際。
ソウルの街中は韓国語だけの案内ばかりで、非常に困りました。韓国人は英語を喋れるので、普通に街中にも英語があふれていると思い込んでいました。ところが、街中にはよう分からんロト7みたいな文字しかないから、何が書いてあるのか全く把握できないんです。何の表示か想像するのは、本当にロト7のような賭けみたいなものでした。
恐らく今回の中国人も同じ感覚なのでしょう。この人が行きたかった目的地はことごとく漢字ではなく、カタカナでしたから、、、。

二例目は、数年前にスイスに行ったときのこと。
この国は四か国語が公用語になっていて、公共交通機関の案内は、四か国語とさらに英語での案内がなされていました。
公用語の各言語を自分は全く知らないですが、英語ならかじっているので、見るだけでも判断でき、時には英語のできる係員に片言英語で問い合わせをしながら、迷うことなく比較的快適に旅行ができました。
(スイスは日本語で案内を流す鉄道もあります)

今回たまたま関わったのは中国人でした。中国人は漢字が分かると言っても、簡体字や日本語と全く異なる発音を使うので、日本語とは全く別の言語のユーザーと言っても差し支えない人たちです。そんな中で、なぜか中国人は中国語しか使わない人が多いです。恐らく中国語が世界で通じるグローバルな言語だと思っているんでしょうが、、、。せめて世界的に使われている英語表現が分かれば、多少の意志疎通ができますが、中国人の場合、片言英語や英単語すらも通じないことが多いので、毎回意志疎通に苦労します。今回も、例に漏れず、中国語しか分かっていない人でした。

日本語もグローバルな言語ではなく、外国人から見たら意味わからん象形文字でしょう
バス停にある路線図は日本語だけ、バス内の案内も日本語だけ、バス停を降りても周辺案内すらない。自分が逆の立場だったらさっぱり分からんとなります。韓国で自分が体験した韓国語に対する感覚とほぼ同じというわけです。

こうやって考えると、日本語以外で何かグローバルな言語での案内を出すことは結構重要で、そこで参考になるのがスイスというわけです。

案内を出すなら、何語か。
世界全言語を網羅するなど不可能ですし、表示できる領域は限られるので、言語を絞る必要があります。バスの案内なんてスペース的には日本語+一言語くらいでしょう。
日本の場合、隣国で訪日客が多い中国語や韓国語での表示が最近増えていますが、これらの言語はあくまでローカルな言語。新潟空港で出ていたロシア語も、東京国際空港等では使われておらず、どちらかというとローカル言語でしょう。世界には、フランス語やスペイン語等を使う人も多いですが、新興国等で新規導入して使われることが多いのは英語(シンガポールが一例)。英語だって万能ではありませんが、欧州でも、米国でも、オセアニアでも使われている英語が一番話ができやすいのではないでしょうか。
(こういう時のためにエスペラントがあるんだと思うんですが、英語ほどは普及していませんね。)

日本の場合、大正時代の街の映像を見たって、英語は普通に店の看板とかで使われていました。現代の街中でも店名を横文字にする所は多いですし、そもそもグローバル思考のジャパニーズはカタカナ用語で和製英語を使いたがります。ペンとかパイナポーとかも分かります。となれば、公共交通機関が英語を使うのには、違和感を持つ日本人は少ないはず。
最近は中韓を表示させるのが流行っていますが、公共交通機関には、そこまでしなくても、せめて日英で案内を出せるようにはしてもらいたいものです。日本人のほとんどは、少なくとも中学校で基礎的な英語を習っているはずですから、片言英語(単語羅列くらいでも)は喋れるはず。運転手だって簡単なバスの案内くらい出来ますし、聞く客も英語が母国語でなくても理解できる確率が、中韓を出すよりは大きいのではないでしょうか。

最近の良い事例として、JR東海の、英語での生の案内放送が挙げられるでしょうか。
これに対して聞き苦しいとか、(下手で)恥ずかしいといった否定的な意見もあるんだとか。
しかし、渡航してきた身からしたら、下手でも片言でも、グローバル言語で案内がある効果は図りしれません。人間バカではないですし、そもそも個人旅行で海外旅行をするほどならある程度の知能のある人たちなのだから、下手な英語でも、読み取ったあるいは聞き取ったことを踏み台に、こういうことを言いたいのかな?と類推できます。踏み台が全く無いのとわずかでもあるのとでは、雲泥の差です。

201908m.jpg
新潟空港リムジンバスで出ていたロシア語の案内。所要時間25分などの案内です。ロシア人はひと安心ではないでしょうか。


■簡単に情報入手できるのもまた問題
次に見えた問題点は情報の入手という点です。

最近はネットの発達で、事前に、現地の調査を、それぞれの母国語で簡単に、そして、かなり詳細にできるようになっています
今回の中国人も、路線検索のようなもので、空港からホテルまでの経路を検索していました。ところが、この検索がかなり細かいところまで網羅しすぎていたために、「空港から空港入口バス停まで歩き」「バスで新潟日報メディアシップまで乗り」「その後歩いてホテルへ向かえ」と出てきていました。
そのため、この中国人は、地元のジジババしか乗らないような、日本一色の路線バスに日本到着後すぐ乗ることになってしまったわけです。

カーナビに沿って行ったら、離合もできないようなスゲー小道を誘導されることが時々ありますが、それと同じです。
そこで、うまくフォローできる能力(小道の例で言えば車をうまく切り回せるかなど)が皆に備わっていれば問題ないですが、現実にはそう簡単にはいきません。今回の中国人も、地図は持っておらず(情報統制が厳しい国なので日常的に地図を見る機会が少なく、地図を見ようという発想にならないのかな?)、検索結果も母国語の中国語のみでしか情報を持っていませんでした。結果として、じっくり調べてきたのにワケわからんという非常に残念なことになってしまっていました。

そもそも検索ができなければ、この人は、中国語が通じる空港案内所で行き方を尋ねたかもしれません。
検索が粗ければ、地元の路線バスなどはヒットせず、空港からリムジンバスに乗れ、となります。そうなれば、他に同じ飛行機に乗ってきた中国人もいたでしょうし、案内も中国語が出てくるのでまだマシ。とりあえずリムジンバスで駅前まで行ってから、そこでとりあえず案内所に聞くべという感じになったかもしれません。
非常に細かい所まで検索ができてしまうから起こってしまった事例と言えます。
(3)の交通検索結果の出し方は、意外と気を付けないといけない要素であることに気付けます。

じゃあ、そんな風にきちんと調べてきた人が、現地で言葉が通じずに困ったとき、どうするか。

そこで威力を発揮するのは、それはもう、検索ですよ、検索。人に聞けないときは、自分で調べるしかありません
しかし、日本ではそれも難しいです。なぜなら、(4)WiFi接続環境があまり良くないから。

今回、この中国人を誘導するために、私自身もスマフォを使ってホテルの位置やバス停の状況を確認しました(新潟のことはほとんど知りませんから、、、)。このとき使ったのはモバイルデータネットワークです。しかし、訪日外国人は、その情報網は使えません。WiFiに繋げるかどうかが重要になるわけです。

この中国人も、ネットに繋がる環境があれば、自分で調べることができたのかもしれません。

ただ、そんな環境はすぐに整備はできないでしょう。
それなら、(2)を充実させて、貼り紙などの情報を強化する方が簡単です。
と言うより、WiFiで調べるような内容は、事前や事後調査用のもので、現地にいるなら、現地の案内で動くのが普通でしょう。ネットで調べなければ分からないような案内しか出ていないのなら、それは明らかに現地の案内不足ということになります。
そう、現地の案内こそ、充実させなければならないということなのかもしれません。

バスに乗る時に不安になることと言えば、自分の乗るバスはどれか、自分の降りるバス停がどこか、そもそもどうやって乗ればいいのかなどがあります。
このうちバスの乗り方は、分かりにくいかもしれませんが、最悪キョロキョロ回りの人の動きを見ていれば分かります。前乗りか後乗りか、降りる合図は紐を引くのかボタンを押すのか運転手に声かけるのか、乗るときに何か取るものがあるのか無いのか、周りを見れば分かることが多いからです。
しかし、降りるバス停の名前や位置は、情報がなければ、全く分かりません。この中国人も、空港入口のバス停で路線図が読めていれば、乗ってからいくつ目のバス停で降りるのかが分かり、人に聞かなくても降りるバス停に気付けたのかもしれません。路線図ではなく、地図形式の掲示があれば、周りの道の形状から降りる場所が分かったかもしれません。
でも、中国語しか分からないこの中国人には、そんな補助となる情報は一切ありませんでした。

実は私自身、海外ではなく、日本の中で、似たような事態に陥ったことがあります。
宮古島に行ったときの旅行記(→http://johokotu.seesaa.net/article/131740856.html)に書いていますが、降りるバス停の案内が車内で出てこず、どこでどう降りてよいのか分からなくなってしまったのです。
その時は、手元に地図があったため、現地の道路配置を注意深く見て、それらを比較しながら乗ったことで、事なきを得ました。

海外に行くとき、日本人の多くは、地球の歩き方を持っていきますよね。それはまさに、不足している情報を補って、(3)の情報強化を図っているということになります。

最低限の情報を、それほど細かくなくていいから、分かりやすいものを入手できること。それが訪日外国人が旅行しやすい土壌になるのかもしれません。

201908n.jpg
空港入口バス停に出ていた路線図。日本語が分かっていてもなかなか理解ができません。次に来るバスはどこへ行く?駅はどこ?港はどこ?そもそも進行方向はどっちでしょう?


■意外と気付けない決済問題
そして最後に分かった問題点は、決済方法です。これは意外と、現金主義の日本人には分かりにくいことかもしれません。

今回の中国人は、一万円札でバス代を支払おうとしていました。しかし、バスでは千円札しか使えませんでした。中国人なのでクレジットカードは持っていないでしょうが、日本のバスは世界基準のクレジットカードでの支払いもできません。交通系ICカードが発達していますが、来日してすぐ、日本のガラパゴス交通系ICカードなんか入手していないでしょう。
結果として、金はあるのに支払えないというアホみたいな不思議な状況に陥っていました

海外だと、電車やバスの切符を買うのにクレジットカードは当たり前。現金を廃止した国もあるくらいです。でも、日本の公共交通機関は、切符を買うのになぜかクレジットカードが使えず、現金しか使えないところがほとんどです。
羽田に着いた後の京急線の自動券売機が良い例ですが、この券売機、京急カードなら使えるので、システムは十分対応可能なんです。それでも頑なに京急カード以外のクレカは使えません。

で、現金の出番なわけですが、日本に紙幣はたった四種類しかないのに、高額紙幣が使えないという、何とも情けない状況になっています。
そもそも、一万円札が使えないのは、訪日客に限らず、日本人だって不便極まりない話で、バスに乗る前に小銭を作るため、キオスクなどで要りもしないジュース等を買った経験のある人も多いのではないでしょうか。

そして、今回の中国人が一万円札しか持っていなかったのは、両替所での両替が一万円札しかできないからでしょう。
世界有数の金融業界がある日本ですら、外貨両替は高額紙幣しかできないことが多いです。例えば、米国に行くときに、現地で偽札と疑われやすくて嫌われる100ドル札(10000円と似た価値の紙幣)ばかりで両替され、チップを作るために、到着してすぐ安いものを買って小銭に崩さざるを得ないなんてことはよくあります。バーガー一個食うのに万札(100ドル札)で払うなんてアホみたいでしょう。でも、実際にはそうせざるを得ない人は多いと思います。
同じように来日客の多くが高額紙幣しか手元にないわけです。空港に到着してすぐバスに乗る時に、千円札とか小銭なんて持ってないです。

でもそんなのカンケイネーと、日本の公共交通機関は、システムは対応可能なのに、利用できるようにしていません。
意味分からん何とかペイとかを拡大するくらいなら、クレジットカードをひとつ整備すれば、訪日客の多くが決済で困ることも少なくなります(中国人はそうはいかないですが、、、)。

日本の場合はタクシーですらクレカが使えないのもたくさんあるのだから、訪日外国人にとっては、交通機関の利用が不安そのもの。
デヴィッド・ボウイやミック・ジャガーじゃないですが、カードが使えないなら「じゃっ、いいですぅー」と、言いたいところですが、公共交通機関に、代替手段はあまりないので、使わざるを得ません。支払決済のシステム導入が求められるところです(公的ポイントが付くようになりますしね、、、)。


普段日本にいると、なかなか気付けないところも多いですが、訪日外国人の視点に立てば、空港からバスに乗るだけでも、いろいろ問題があることが分かります。
そして、それを解決すると、日本人のユーザーにもメリットがあることも分かります。

少し旅行後のこのページがいつもより長くなってしまいました。今回の旅は、日本国山を探すなど日本国を感じながらの旅でしたが、そんな中で迷った外人がいたことで、本当にうすーくですが、ここが変だよ日本人的なことも垣間見れ、何だかとても日本国を意識した、非常に興味深いものになりました。
空港ではこれからも多くの訪日外国人を受け入れるはず。少しでも訪れた人が容易に旅ができるようになることを願いつつ、今回の旅を〆たいと思います。

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☔| Comment(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

日本国を感じる空港見学(2日目)

※2019年10月にアップした旅行記です。

■2019.09.01 (鶴岡)→庄内→(米沢)→(自宅)

■日本国の境目を堪能
二日目は、明るくなる前から移動をスタートした。
空港に行くだけなら、仮眠した道の駅みかわから10分くらいなので、六時くらいに動き出せば良い。しかし、せっかく来た庄内だから少しでも観光したい。そこで、空港が開いていない早朝の時間を利用して観光名所の鼠ヶ関へ行くことにしたのだ。

道の駅みかわから鼠ヶ関までは無料高速を含めて40キロほどなので、小一時間かかる。明るくなるのが五時頃だから、四時前に道の駅みかわを出発し、まずは道の駅あつみへ。その後、鼠ヶ関を観光した。

早朝だから、街中は車も人もほとんどいない。誰もいない旧国境(県境)キハ47系が停泊していた駅などをじっくり見学。かつてヤマトがあった時代の日本国の境目をひとり静かに体感した。

その後、最大の観光地である鼠ヶ関灯台へ移動した。こちらは、打って変わって人だらけ。海岸沿いに釣り人がうじゃうじゃいた。
灯台遊歩道を一回りしたあと、一か八かで、もうひとつの大きな観光地、念珠の松庭園に行った。事前に調べた感じだと営業時間は9時-17時だったが、受付があるわけではないので、扉が開いていれば中に入れる。覗いてみたら、まだ朝五時台なのに、すでに開園していた。
スタッフが朝も早よから清掃をしていたために開いていたようで、とてもラッキーなことに、人がいない静かな空間に入り込めた。

こうして鼠ヶ関の観光名所をだいたい満喫し、かつての日本国の境目を充分すぎるほど堪能できた。
ただ、見学に結構時間がかかってしまい、予定より遅れて六時少し前に関を出た。

201908h.jpg
鼠ヶ関灯台に向かう途中にある神社の大鳥居。初夏の地震で破損してしまったようで落下物はそのままくぐり抜け禁止になっていた。ブール―シートをかぶせた家も目立ったが、観光地は普通に営業中だった。



■庄内はジョギングしながら見たい
鼠ヶ関から空港まではこれまた小一時間。結局七時前に到着となった。ちょうど7時10分発の第一便が出発するタイミングだったので、まずはターミナル反対側の公園から駐機の様子、続いてエプロン脇の公園区画から離陸を撮影した。

飛行機を見送ったあとは、ターミナル地区に移り、第二便目との間を縫うつもりで館内調査を始めた。
が、第一便が行ったばかりなのに、アクセスバスが早くも到着している状況で、館内にはすでに第二便のお客さんがチラホラ。結局、外回りを先に調査し、チェックインロビー等の調査は、搭乗締切ギリギリにロビーに人がいなくなるのを待ってからすることになってしまった。

飛行機が動き出す前にターミナル内の調査はなんとか終了したので、その後は再びターミナル反対側の公園へ。少し走ってアタフタしたものの、第二便の離陸を撮影した。
これにて調査は終了。特に調べ忘れもないので、ターミナルには戻らずに、そのまま、鶴岡駅へと戻った。

ガソリンを入れて車を返却したら、ちょうど九時。残念ながらタッチの差で酒田方面の9時発の電車には間に合わなかった。予定通り10時発の村上行きから米坂線経由で米沢へ向かうことが確定した。

201908i.jpg
広々とした庄内空港の緩衝緑地。朝からジョギングする人もかなりいた。走りながら、キャンプしながら飛行機を眺めたい、オモロい空港だ。


■接続最悪で米沢へ
10時発の村上行きは、ボックスがほぼ1〜2人のグループで占領された程度の人しか乗っていなかった。鶴岡出発時にロングシートには二人いただけで、車内はかなり空いていた。
昨日来るときに夕陽で染まる海岸を眺めたが、今日は明るい日差しの中での移動。青い海と高い崖のコントラストをじっくり堪能できた。

一時間半の乗車で着いた村上での接続は最悪で、一時間近く待たされる
チョロっと観光でもすんべかと、駅前の観光案内所に入っていたら、バックパックを背負った人がかなりの数、雪崩れ込んでいた。
ほぼ18きっぷユーザーなのだろう。長い待ち時間に皆辟易しているようだった。
村上の街の中心部は、駅から少し離れたところにあるので、時間のない観光は全然できない。食事をしに街中に出るのも時間が危ういので、観光案内所の係員も案内に困っている様子だった。
東京方面へ乗り継いでいく場合、ちょうど良い昼飯時間だが、駅前も石田屋という小料理屋がある程度。案内所でも、一時間無いならここだと案内していて、多くの人が吸い込まれていた。

結局、駅前を少し散策しただけでその後は待合室にこもってから、列車を乗り継いだが、次の乗り継ぎ地坂町まではたった12分。ここでまた約一時間の待ち時間となった。
連続的な二時間待ちならまだ遊びようがあるのに、なんとも中途半端な待ち時間の連続だ

坂町は村上以上に田舎だった。と言うより駅前は商店街ではなくほぼ住宅街だった。駅前通りを散策しても、開いてるのかも分からない飲食店と床屋ばかりしかない。もちろん、観光地ではない(街中にSL展示はあるらしく、このあと坂町を発車した列車からも微妙に見えた)。なので、観光客には楽しむ場所がほとんどなかった。
結局、国道沿いのイオンで飲み物を確保した以外にやることはなく、再びダラダラ過ごしたまま、米坂線へ乗車となった。

米坂線は一両なので、座席が半分埋まる程度の乗車があった。軽装の利用者も多く、近場の駅で降りる人ばかりなのかと思っていたが、ほとんどの人は米沢までの長区間利用。途中駅からは客が増える一方で、最後は立ち客も目立った。山岳路線だが便数が少ないから利用者を集められているようだった。
乗客のなかには、村上で乗り継ぎをしていたのを見かけた客も何人かおり、明らかに18きっぷユーザーと思われた。

201908j.jpg
一時間近い待ち時間があった村上駅。街の中心部から離れており、結局駅でダラダラ過ごすことになった。


米沢には定刻で着いた。
ここでは二時間待ちの乗り継ぎになるので、待ち時間を利用して、駅から東方にあるヘリポートに寄ることにしていた。
改札を出て左に進んだ駅レンタカーでレンタサイクルを扱っているので、早速借りて、すぐに向かうことにした。

米沢ヘリポートは、駅の反対側にある。道はほぼ平坦で、わずか20分弱走った場所に設置されていた。
施設は開いてはいたものの、ヘリの発着も駐機もなく、正直何もない。このため、見学はすぐに終わってしまったので、ほぼとんぼ返りで駅前へと戻った。


■最後の最後にまた遅れ
そのまま一時間ほどは特段やることがなく、駅前の店舗で牛肉どまんなかを確保したのと、駅ナカの土産店をじっくり見て過ごしただけだった。村上と坂町の乗り継ぎ時間を含めて四時間あれば街中にも出られそうだが、二時間では無理だった。

こうして、またまたダラダラ待って乗った米沢発の電車は二両編成で、座席は半分ほど埋まる程度の混雑度だった。
途中、峠駅で力餅を販売していて、ダッシュで買いに行った人も見られたが、値段も書いてないし、すぐに財布からお金を出せるか自信がなかったので購入は断念した。

※峠の力餅は、10個で1000円の餅であるようだ。仮に購入したとしても、10個も入っているので、車内で食いきろうとすると喉に詰まりそうで極めて危険だ。
駅停車中に千円札を握りしめて買いにいけば良いわけだが、売り子のどこにもその記載がない。そもそも、短い停車時間で買えるのかどうかもよく分からない。一人で売っていて、乗る場所を間違えると、売りに来もしないので、なかなか購入は勇気がいる。実際を見てみると、車掌も販売している事は心得ているようで、混んでいなければギリギリまで待ってくれるようだった。公式サイトには、進行方向一番後ろで売り始めるようにしているとの記載があるので、確実に買いたいなら後ろに乗るのがオススメ。ちなみに、商品の値段は公式サイトには書かれていないように見える。


福島までは一時間弱しか乗らずにあっという間に着いた。ここは20分ほどの接続だ。
余裕のある乗り継ぎはこれが最後になるので、トイレにだけ寄り道。その後にホームへ行くと、既に列車が入線していた。出発までまだ10分以上あるが、座席確保のためにもさっさと車内に入り込んだ。

出発時刻が近づくとどんどん人が多くなり、出発した時には、つり革が半分ぐらいは埋まっていた。
利用者は郡山に向かって斬減したが、郡山でドッと乗ってきて再び混雑。新白河までは常に立ち客がいる混雑度だった。

新白河乗り継ぎは、2017年10月に新たに始まったものだ。黒磯駅付近の直流交流切り替え位置を変更したことに伴うもので、新白河-黒磯間は区間運転に変わっていた。
同一ホームでの乗り換えと聞いていたのだが、乗車した列車の乗り継ぎは、階段を使っての乗り継ぎだった。
乗り継いだ黒磯行きは30分ほどしか乗らない短距離便。東北線では珍しいE531系紺色帯の車両だった。走って乗り換えた人もたくさんいたものの、5両編成に延びたので着席は余裕だった。

黒磯は、いつも通り階段上り下りの乗り継ぎ。ここでは4両に短縮されたものの、座席は3分の2程度が埋まった位で、こちらも余裕の着席となった。

ここまで来ると、外も真っ暗だし、淡々と進む感じだった。

上野へ向かう最後の乗り継ぎである宇都宮は、二分接続だった。今回の旅で最も短い乗り継ぎ時間で、毎回不安になる箇所だが、ホーム上での乗り継ぎに改善されていて、問題なく予定の電車に乗り込めた。
もう関東平野だ。ここまで来ればひと安心。何かアクシデントがあっても、まだ、このあとに便がある。さらに、今日はゲリラ豪雨もないみたいだ。あとは上野での乗り継ぎだけだから、遅れの心配もない。ゆっくりと眠りに入った。

ところが油断したせいか、小山でなぜか予定外の長時間停車が始まってしまった。何度も放送が入るので目覚めてしまった。
放送によると、貨物列車の通過待ちなのだが、今日に限り二本通過待ちするという。理由は一切放送されない。ホームの発車時刻を見てみたら、当たり前のように遅れているようだ。さっさと帰りたい深夜に貨物に抜かれること自体で不満タラタラなのに、遅れてまで余計な通過待ちとは一体何なのか。理由も分からないまま遅延することほどイラつくことはない。
その後、回復しようとする努力も見られず、上野に着くまで遅れは解消されないままで、4分遅延で到着となった

こうなると問題なのは京浜東北線への乗り継ぎだった。元々五分接続で磯子行きがあったため、それに乗り継ぐ予定にしていたのだが、乗り継ぎ時間が一分しかない。鶯谷で追い抜いたのが見えたので、走って乗り継ぎ、何とかギリギリ飛び乗れた。
七分後に大船行きがあるので待たなかったんだろうけど、乗り継ぎ客を待つような配慮は一切なかった。
自分の場合は、あとは京浜東北線に乗るだけなので事なきを得たが、意味不明遅延で、この先のさらなる乗り継ぎで終電に間に合わない人もいたのではないだろうか。

それにしても、日本国の鉄道って、こんな意味不明遅延多かったかなあ、、、。
結局、毎回のように遭遇する天候による遅延を完全に回避できたのに、朝っぱらと夜遅くに意味不明な遅れが生じるという、不思議な体験をして、日本国を感じた旅が終了した。

201908k.jpg
最後に訪れた米沢ヘリポート。米沢駅から東へ約3.5キロの山沿いにある。



■今日の教訓!
鼠ヶ関 普通に観光は可能です←地震の爪痕は残るも朝から釣り客もうじゃうじゃ
[庄内]意外とお客さんが多いです←1便目が飛ぶ時刻には2便目のお客さんがいます
[庄内]公園を楽しみながら眺めよう←キャンプ場からも眺められます
羽越本線 村上での時間つぶしを考えよう←一時間乗り継ぎです
深夜の電車は遅延に注意←乗り継ぎできなくなります

■実際の旅程
09/01 SUN
道の駅庄内みかわ04:00(レンタカー 40q)→04:45道の駅あつみ
道の駅あつみ05:00(レンタカー 5q)→05:10鼠 ヶ 関
鼠 ヶ 関06:00(レンタカー 45q)→07:00[庄内空港]
[庄内空港]08:30(レンタカー 15q)→09:00鶴 岡 駅
鶴 岡 駅10:00(JR東日本 羽越本線)→11:35村 上 駅
村 上 駅12:26(JR東日本 羽越本線)→12:38坂 町 駅
坂 町 駅13:33(JR東日本 米 坂 線)→15:35米 沢 駅
米 沢 駅15:45(レンタサイクル 4q)→16:15[米沢ヘリポート]
[米沢ヘリポート]16:30(レンタサイクル 4q)→17:00米 沢 駅
米 沢 駅17:44(JR東日本 奥羽本線)→18:30福 島 駅
福 島 駅18:50(JR東日本 東北本線)→20:23新 白 河駅
新 白 河駅20:28(JR東日本 東北本線)→20:51黒 磯 駅
黒 磯 駅20:56(JR東日本 東北本線)→21:48宇 都 宮駅
宇 都 宮駅21:50(JR東日本 東北本線)→23:38上 野 駅
上 野 駅23:43(JR東日本 京浜東北線等)→01:00自   宅

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☔| Comment(0) | ◆旅行記 | 更新情報をチェックする