2015年10月04日

函館_冬 2社3路線運休へ

■函館空港 2社が3路線を運休へ

国内航空各社は1日までに、今冬のダイヤ(平成27年10月25日〜平成28年3月26日)を発表しました。函館空港では、2社が3路線を運休、1社が1路線を就航します。

冬ダイヤで一番の注目点は、北海道エアシステム(HAC)三沢線、ANA中部国際線、ANA関西国際(関空)線の運休とAIR DO(ADO)中部国際線の新規就航。HAC三沢線は週2往復、ANA中部国際線と関空線は各1日1往復を運休、ADO中部国際線は1日1往復を就航します。

HACは札幌線を1日1往復減便します。
日本航空は路線数・便数に変更はありません。

今回のダイヤ変更により、函館発着は、4社8路線20往復+週6往復から4社6路線18往復+週4往復と、路線数・便数が縮小されます。

■10月25日以降の函館発着便就航先と便数
札幌 週32:HAC(JAL)週32(▲1)
千歳 2:ANA2
奥尻 1:HAC(JAL)1
羽田 8:JAL3・ANA3・ADO(ANA)2
中部 1:ADO(ANA)1(+1)NEW!
伊丹 2:JAL1・ANA1
*a 三沢HAC(JAL)週2→0(▲週2)は11/1〜 運休
*b 中部国際ANA1→0(▲1) 運休
*c 関西国際ANA1→0(▲1) 運休

posted by johokotu at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館空港 | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

函館_競合新幹線13往復へ

■函館空港 競合新幹線は13往復運転へ

東日本旅客鉄道(JR東日本)と北海道旅客鉄道(JR北海道)は16日、来年3月26日に開業する北海道新幹線(新青森-新函館北斗間)の運行計画の概要を発表しました。

2社が発表したのは北海道新幹線(新青森-新函館北斗間)の運行計画の概要。
東京-新函館北斗間10往復、仙台-新函館北斗間、盛岡-新函館北斗間、新青森-新函館北斗間各1往復で、青函トンネルを通過するのは13往復運転となることが明らかになりました。

現在、青函トンネルを通る列車は、在来線特急が特定日を除き12往復していますが、これら在来線特急は全廃されます。

今回は便数のみの発表で、詳細な内容は決定次第発表するとしています。

北海道新幹線の開業で、東京国際(羽田)-函館線や函館-三沢線に影響が出るとみられます。

北海道新幹線 新青森〜新函館北斗間開業に伴う運行計画の概要について(JR北海道公式サイト)
http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2015/150916-3.pdf
ラベル:函館空港
posted by johokotu at 07:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館空港 | 更新情報をチェックする

2015年03月01日

函館_夏 ANA大阪線変更へ

■函館空港 夏ダイヤでANAが大阪路線を変更へ

国内航空各社は、今夏のダイヤ(平成27年3月29日〜平成27年10月24日)を発表しました。函館空港では、ANAが関西国際(関空)線を期間就航化し、大阪国際(伊丹)線を新規就航します。

夏ダイヤで一番の注目点は、ANA大阪路線の再編。3月29日から伊丹線1日1往復を新規就航する一方、関空線を季節運航化し、4月24日〜10月24日に1日1往復します。
北海道エアシステムは、札幌線を4月1日〜5月6日に週5往復減便、5月7日から週6往復増便します。

日本航空は、路線数・便数に変更はありません。

今回のダイヤ変更により、函館発着は、4社7路線18往復+週5往復から4社最大7路線22往復+週4往復と、便数が拡大されます。

■3月29日以降の函館発着便就航先と便数
札幌 HAC(JAL)4〜6*a(+週6)
千歳 ANA2
奥尻 HAC(JAL)1
羽田 JAL3、ANA3*b、ADO(ANA)2
中部 ANA1*c
伊丹 JAL1、ANA1(+1) NEW!
関空 ANA1*d
*a 札幌HAC(JAL)週33→4は4/1〜5/6、週39は5/7〜(6/1以降は未発表)。
*b 羽田ANA3→4は5/1〜6/30。
*c 中部ANA1→2は6/1〜9/30。
*d 関空ANA1→0は3/29〜4/23、1は4/24〜10/24(季節運航に変更)。

ラベル:函館空港
posted by johokotu at 04:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館空港 | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

函館_冬 ANA伊丹線就航へ

■函館空港 冬ダイヤでANAが1路線を期間就航へ

国内航空各社は9月25日までに、今冬のダイヤ(平成26年10月26日〜平成27年3月28日)を発表しました。函館空港ではANAが1路線を期間就航します。

冬ダイヤで一番の注目点は、ANAと北海道エアシステムの路線変更。
ANAは、12月27日〜1月4日大阪国際線1日1往復を期間就航するほか、10月26日から関西国際線を1日1往復減便します。
北海道エアシステムは、11月1日から三沢線週2往復を運休するほか、札幌(丘珠)線を週5往復減便します。

日本航空とAIRDOは変更はありません。
今回のダイヤ変更により、函館発着は、4社8路線20往復+週6往復から4社7路線18往復+週6往復に路線数・便数が縮小します(期間運航便は最大で1往復増便)。

■10月26日以降の函館発着便就航先と便数
丘珠 HAC(JAL)週34(▲週5)
千歳 ANA2
奥尻 HAC(JAL)1
羽田 JAL3、ANA3、ADO(ANA)2
中部 ANA1
関空 ANA1(▲1)
伊丹 JAL1、ANA1*a(+1)NEW!
*a 伊丹0→1は12/27〜1/4。
* 三沢HAC(JAL)は週2→0(運休)は11/1〜

posted by johokotu at 21:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館空港 | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

函館_夏 HAC三沢線就航へ

■函館空港 夏ダイヤでHAC三沢線を就航へ

国内航空各社は1月31日までに、今夏のダイヤ(平成26年3月30日〜平成26年10月25日)を発表しました。函館空港では、北海道エアシステム(HAC)が三沢線を就航します。

夏ダイヤで一番の注目点は、HAC三沢線の就航。
HACは、4月25日〜5月31日に三沢線週2往復(祝日も運航あり)を新設します。(6月1日以降の運航計画は未発表)

既存路線の増減便は少な目。
ANAは、3月30日から東京国際(羽田)線を1日1往復増便します。
HACは、札幌(丘珠)線を4月1日から1日1往復減便、4月25日から平日6往復・土曜5往復・日曜4往復(=週39往復)化します。(6月1日以降の運航計画は未発表)

日本航空グループとAIRDOは、路線便数に変更はありません。

三沢線は、昨年に引き続く運航となります。

今回のダイヤ変更により、函館発着は、4社7路線18往復から最大4社8路線19往復+週6往復に路線数・便数が拡大されます。

■3月30日以降の函館発着便就航先と便数
丘珠 HAC(JAL)週39*(+週4)
千歳 ANA2
奥尻 HAC(JAL)1
三沢 HAC(JAL)週2**(+週2)NEW!
羽田 JAL3、ANA3(+1)、ADO(ANA)2
中部 ANA1
関空 ANA1
伊丹 JAL1
*丘珠HACは、4/1〜4/24が5→4、4/25〜5/31が5→週39、6/1以降は未定
**三沢HAC(JAL)は、0→週2は4/25〜5/31、6/1以降は未定

posted by johokotu at 02:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館空港 | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

函館_HAC三沢線運休へ

■函館空港 12月からHAC三沢線を運休へ

北海道エアシステム(HAC)は12月1日から来年3月31日までの運航時刻表を発表しました。8月に就航した函館-三沢線を運休します。

HACが発表したのは12月1日から来年3月31日までの運航時刻表。8月に就航したばかりの函館-三沢線を運休し、合わせて札幌(丘珠)-三沢線の函館経由便や奥尻-三沢の函館経由運賃も設定がなくなります。

12/01
×HAC 札幌  -三沢  ( 1→ 0)※函館経由便、他に直行便あり
×HAC 函館  -三沢  ( 1→ 0)
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館空港 | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

函館_KALソウル線運休継続

■函館空港 KALがソウル仁川線の運休を継続へ

韓国の大韓航空(KAL)は13日、夏期スケジュール(3月31日〜10月26日)で函館-ソウル仁川線を運休すると発表しました。

KALが運休するのは、函館-韓国・ソウル仁川線。函館-ソウル仁川線は週3往復が運航されていましたが、2月1日から運休中。今回、「需要の減少」を理由に夏期スケジュールの始まる3月31日以降の運休が発表され、運休の継続が決まりました。

02/01
×(国際線)函館  -ソウル 仁川(週3→ 0)


大韓航空 夏期スケジュールで日本路線を強化(KAL公式サイト)
http://www.koreanair.com/?rgn=jp&lang=jpn
posted by johokotu at 22:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館空港 | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

函館_夏 伊丹線再開へ

■函館空港 夏ダイヤで伊丹線再開へ

国内航空各社の多くは1月30日までに、今夏のダイヤ(平成25年3月31日〜平成25年10月26日)を発表しました。函館空港はJALが大阪国際(伊丹)線を再開します。

夏ダイヤで一番の注目点は、JALによる伊丹線の新規就航。3月31日から1往復が予定されています。

そのほかの増減便などの計画は少なめ。
ANAは、東京国際線1往復を増便します。
北海道エアシステムは、札幌(丘珠)線1往復を減便します。
JALグループは伊丹線新規就航以外の増減便はありません。

新設される伊丹線は、ジェイエアによる運航が予定されています。JALの経営再建に伴い平成22年に運休した路線です。

今回のダイヤ変更により、函館発着は、6路線18往復から7路線19往復に拡大されます。

3月31日以降の函館発着便就航先と便数
札幌 HAC5(▲1)*
千歳 ANA2
奥尻 HAC1
羽田 JAL3 ANA3(+1) ADO(ANA)2
中部 ANA1
伊丹 JAL1(+1)NEW!
関空 ANA1
*札幌 HAC便は4/27〜5/6間は4
ラベル:函館空港 JAL 伊丹
posted by johokotu at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館空港 | 更新情報をチェックする

2012年08月24日

函館_EVA台北線を就航へ

■函館空港 EVAが台北線を就航へ

エバー航空(EVA)は16日、10月28日から函館-台北 桃園線を就航すると発表しました。

EVAが新たに就航するのは、函館と台北 桃園を結ぶ路線。10月28日から週2往復(12月〜来年2月は週3往復)で就航します。
台湾の航空各社はオープンスカイ締結後新路線開設に積極的で、今秋、北海道には台北から定期便が大増便される予定。EVAも新千歳に次ぐ就航となります。

函館=台北路線を開設いたします(EVA公式サイト)
http://www.evaair.com/html/b2c/japanese/eva/News/2012/New_Flight_HKD-TPE.htm
ラベル:函館空港 EVA 台北
posted by johokotu at 07:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 函館空港 | 更新情報をチェックする