2011年08月31日

仙台_駐車場が明日復旧

■仙台空港 駐車場が明日本格復旧

空港環境整備協会は9月1日から、仙台空港駐車場を本格復旧します。同日から第一駐車場を通常運用に戻し、震災後の再開以来無料となっていた駐車料金も通常に戻ります。

9月1日に本格復旧するのは、仙台空港駐車場のうち、旅客ターミナル前にある第一駐車場。無料開放が終了し、同日から通常料金での営業が再開されます。

仙台空港駐車場は3月11日、東日本大震災の大津波で全域が被災、復旧が進められてきました。4月13日の旅客便再開に合わせ、営業を再開したものの、管理棟などの機能が復旧しなかったため、第二駐車場を空港関係者専用として、第一駐車場は一般用として無料開放していました。9月1日以降も、第二駐車場については引き続き空港関係者専用となる予定です。
仙台空港周辺は広い範囲が大津波の被害を受けており、民間駐車場が再開されていないことから、宮城県などでは引き続き公共交通の利用を呼び掛けています。
ラベル:仙台空港 駐車場
posted by johokotu at 20:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

2011年08月30日

仙台_9.11で全面再開へ

■仙台空港 9月11日、半年でついに全面再開へ 鉄道は10月から

仙台空港ビルは30日、仙台空港旅客ターミナルの3階以上のフロアを9月11日に全面再開すると発表しました。また、仙台空港鉄道も、10月1日から全線再開することを発表しました。東日本大震災から半年でいよいよ仙台空港が本格復活します。

仙台空港旅客ターミナルは7月25日に1階と2階を再開しており、残りの、3階飲食店とエアポートミュージアム、屋上展望デッキを9月11日に再開することになりました。
また、津波で地下トンネルに海水が入り込んだ美田園ー仙台空港間で運休が続いていた仙台空港鉄道は、10月1日から全区間での運転を再開し、震災前の本数で運行すると発表しました。
旅客ターミナルは東日本大震災の大津波で被災してからちょうど半年で、鉄道も約7ヵ月で、復旧がいよいよ完成することになります。

仙台空港は3月11日に東日本大震災の大津波で全域を被災しました。
がれきの山となった空港は、再開できないとまで言われたこともあったものの、米軍や自衛隊の活動もあり、一週間で滑走路を一部再開。4月13日にはターミナル1階を暫定使用して旅客便運航を再開し、7月25日からは2階の使用をはじめ一部の定期便が復活していました。
9月1日からは国内線全定期便を再開する予定で、国際線定期便も9月25日からソウル仁川便、10月2日からグアム便、10月30日から台北便、来年3月から上海浦東便と大連便が再開する予定となっています。

sendai.jpg
仙台空港から復興へテイクオフ!
ラベル:仙台空港 地震
posted by johokotu at 20:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

2011年07月23日

仙台_空港鉄道一部再開

仙台空港 空港鉄道が一部区間再開

仙台空港鉄道は23日、名取-美田園間の運転を再開します。美田園-仙台空港間はバス代行運転が行われます。

仙台空港鉄道は3月11日の東日本大震災で地震と津波で被災。同日から全区間にわたり運休、名取-仙台空港間での代行バス運行が続いていました。23日からは全4駅のうち、津波により大きな被害を受けた空港トンネルがある美田園-仙台空港間を除き、名取、杜せきのした、美田園の3駅を再開します。代行バス区間を美田園-仙台空港に短縮します。
JR仙台-美田園間は1日28往復約21分、美田園-仙台空港間の代行バスは1日33往復約10分の運転です。

仙台空港は25日から定期旅客便の運行が再開される予定で、なんとか間に合う形で震災から4か月半ぶりに利便性が大幅に向上します。
引き続き9月末の全面復旧を目指し、復旧作業を行くと発表されています。

仙台空港鉄道公式サイト
http://www.senat.co.jp/
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

仙台_国際臨時便で再開

仙台空港 国際線は臨時便で再開へ

国土交通省は8日、25日から再開する国際線の受け入れについて臨時便で再開すると発表しました。1階と2階部分の使用が始まる25日にはコンチネンタル航空(COA)のグアム便とアシアナ航空(AAR)のソウル仁川便が運航されます。

仙台空港では25日から本格的な国際線の受け入れが可能になります。25日はCOAによりグアム便(仙台10:55着・11:45発)、AARによりソウル仁川便(仙台12:30着・13:30発)が運航。いずれも臨時便の運航で、7月中はグアム便3往復、仁川便2往復が運航される予定です。

仙台空港における国際線の受け入れ再開について(国土交通省公式サイト)
http://www.mlit.go.jp/report/press/cab03_hh_000162.html
ラベル:仙台空港
posted by johokotu at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

仙台_定期便7/25再開へ

仙台空港 国内線定期便7月25日から再開へ

仙台空港に就航する日本航空(JAL)、全日本空輸(ANA)、北海道国際航空(ADO)、アイベックスエアラインズ(IBX)の4社は22日、7月25日から国内線定期便を再開すると発表しました。

7月25日から仙台空港旅客ターミナルの2階部分の使用が開始され、運航便の受け入れが平常同様に行えるようになるため、東日本大震災以来、初めての定期便再開となります。
再開するのはANA、ADO、IBXの定期便全便とJALの定期便一部便。各社とも7月25日に再開後、8月31日までの運航時刻が発表されています。JALは新千歳路線と大阪国際(伊丹)路線は一部定期便を運休し、臨時便として運航。IBXは運航時刻を一部変更して対応する予定です。

地震発生から4か月。いよいよ復興拠点が本格再開することになります。


■7月25日〜8月31日仙台空港運航予定
千歳 JAL4(定期0・臨時4)・ANA4(定期4・臨時0)・ADO4(定期4・臨時0)・IBX1(定期1・臨時0)
成田 ANA1(定期1・臨時0)・IBX1(定期1・臨時0)
中部 ANA4(定期4・臨時0)・IBX2(定期2・臨時0)
伊丹 ANA6(定期6・臨時0)・JAL5(定期5・臨時0)・IBX2(定期2・臨時0)
小松 IBX1(定期1・臨時0)
広島 IBX1(定期1・臨時0)
福岡 JAL2(定期2・臨時0)・IBX2(定期2・臨時0)
那覇 ANA1(定期1・臨時0)
※千歳ADO・IBX、成田IBX、中部IBX、伊丹IBX、小松IBX、広島IBX、福岡IBXはANA共同運航便。
※定期便のうち千歳JAL5往復、伊丹JAL1往復は運休。
※千歳ANA1便、成田ANA1便、中部ANA1便、伊丹JAL1便、ANA1便が25日のみ運休予定。
ラベル:仙台空港 JAL ANA ADO IBX
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

仙台_国際便再開へ

仙台空港 国際便がチャーターでいよいよ再開へ

国土交通省は17日、施設制約の範囲内で国際チャーター便の受け入れを再開し、6月23日からの国際チャーター便に航空法に基づく許可をしたと発表しました。3月11日の東日本大震災以来運休となっている国際線がいよいよ再開されます。

国土交通省が許可したのは、2航空会社の4チャーター便。
復活第一便はハイフライ航空(HFY)によるチャーター便で6月23日発のマラガ(スペイン)便。JTB東北などが募集するツアーのチャーター便で、往路は6月30日着のバルセロナ便で設定されています。HFYはこのほか7月9日発ミラノ便、7月16日着ローマ便が予定されています。
同時に許可されたのはエーデルワイス航空で、6月29日発7月6日着と7月20日発7月27日着のチューリッヒ便が予定されています。6月29日発のチューリッヒ便は福島発便で設定されており、仙台は経由地となります。

仙台空港は7月25日まで1階部分の暫定使用が継続される予定。施設制約の範囲内で受け入れられる国際線をまずは受け入れ、本格的な国際線の再開へつなげていく模様です。


仙台空港における国際チャーター便の受け入れ再開について(国土交通省公式サイト)
http://www.mlit.go.jp/report/press/cab03_hh_000161.html
ラベル:仙台空港
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

仙台_7月国際便復活目指す

仙台空港 7月増便と国際定期便復活目指す 全面復旧9月末に

国土交通省は24日、仙台空港の今後の復旧方針を発表しました。7月25日を目標に、国内線旅客取扱能力を増加するとともに、国際定期便の就航を可能にし、9月末に全面復旧する目標が発表されました。

国土交通省が発表したのは、仙台空港の今後の復旧の見通し。
6月下旬に国際チャーター便を先行して就航可能となるよう暫定的な措置を講じることが示されたほか、7月25日を目標に「国内線旅客取扱能力を増加(時間あたり1便→時間あたり2便)させるとともに、国際定期便の就航を可能」とすること、9月末の全面復旧を目標とすると発表されています。

仙台空港の今後の復旧の見通しについて(国土交通省公式サイト)
http://www.mlit.go.jp/report/press/cab06_hh_000003.html
ラベル:仙台空港
posted by johokotu at 00:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

結びつけよう!仙台(3)

結びつけよう東北! 仙台空港(3)

いよいよターミナルの中へ入ってみました。


sendai301.jpg
ターミナル暫定入口
1階に1箇所出入口が開設されている。

sendai302.jpg
暫定使用区域の様子
1階到着ロビーをパーティションで区切り暫定ターミナル化している。

sendai303.jpg
ANA手続カウンタ
入口を入って右側に全日本空輸(ANA)カウンタがある。ANAと北海道国際航空(ADO)臨時便の搭乗手続きが行われる。

sendai304.jpg
JAL手続カウンタ
入口を入って左側に日本航空(JAL)カウンタがある。JAL臨時便の搭乗手続きが行われる。

sendai306.jpg
手荷物預けカウンタ
入口を入って正面に仮設されている。到着手荷物受取場を2つに分けた右側をさらに2つに分けて使用している。

sendai305.jpg
出発保安検査場
入口を入って正面に仮設されている。到着手荷物受取場を2つに分けた左側を使用している。

sendai308.jpg
到着口
入口を入って正面に仮設されている。到着手荷物受取場を2つに分けた右側をさらに2つに分けて使用している。到着口を出たところに羽田空港から送られた応援メッセージが4パネル掲げられていた。

sendai309.jpg
売店
入り口入ってすぐの左側に仮設売店が開設されていた。空弁も販売されている。

sendai310.jpg
トイレ
入り口入って左奥に仮設トイレが開設されている。

sendai311.jpg
仙台空港の復旧写真
仙台空港が被災してから暫定復旧するまでの写真が掲げられていた。

sendai312.jpg
応援メッセージの数々
JAL、ANAのカウンタ脇には日本各地の空港に勤務するJAL・ANAの職員から寄せられた寄せ書きや折り鶴などが壁面いっぱいに掲げられていた。

sendai313.jpg
グアムの子供からの応援メッセージ
仙台空港はグアム線が就航していた。その子供たちから送られたメッセージが掲げられていた。

sendai314.jpg
がんばろう!!東北/仙台空港
各所に「がんばろう!!東北/仙台空港」と書かれた広告が掲げられていた。



■地震前後(クリックすると写真が拡大します)
国内線到着口

 国内線到着口は、仮設出発保安検査場、仮設手荷物預けカウンタ入口、到着口に変わっていた。
2011.01.02→2011.05.14
sendai315b.jpg sendai315a.jpg

国内線到着ロビー
 国内線到着ロビーを区切って整備された暫定ロビー。
2011.01.02→2011.05.14
sendai317b.jpg sendai317a.jpg

国内線到着案内電光掲示板
 テレビや新聞でよく取り上げられている電光掲示板。わずかに上部が見えていて、津波到達の16時を示したままになっている。その下にはANAの希望のひまわりが。利用者がメッセージを貼りつけるものだ。
2011.01.02→2011.05.14
sendai316b.jpg sendai316a.jpg

仙台空港鉄道電光掲示板
 到着口正面に設置されている仙台空港電光掲示板は、応援メッセージが掲げられていた。
2011.01.02→2011.05.14
sendai318a.jpg sendai318b.jpg


仙台空港はこれで訪問終了です。
暫定とはいえ、多くの人でにぎわっていた仙台空港。
復旧への原動力はもういっぱい動いています。
がんばる東北!!早期の完全復旧を願います。

(がんばる東北の空港を訪ねるシリーズ企画。次回は山形空港を訪ねます。)
ラベル:仙台空港 地震
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

結びつけよう!仙台(2)

結びつけよう東北! 仙台空港(2)

周囲の惨状に衝撃を受けながら、仙台空港ターミナル地域へ。


sendai201.jpg
まず衝撃の空港入口
七夕祭りの吹き流しをモチーフにしたオブジェの空港名は曲がり、交通案内板は傾いたままだった。

sendai202.jpg
空港入口前のレンタカー
現地では日産レンタカーとマツダレンタカーのみが営業していた。

sendai204.jpg
外周道路の道路案内
入り口から少し入ったところにある看板。津波はこの看板の下端付近までの高さがあったようだ。

sendai206.jpg
傾いた街路灯と復興のクレーン
クレーンの傾きと街路灯の傾きがほぼ同じ。津波の衝撃を物語る。

sendai207.jpg
B滑走路の様子
滑走路周りは暫定の囲いができている。ケータリングの車両が被災したまま放置されていた。

sendai208.jpg
被災した仙台エアポートケータリング伯養軒
建物外壁が激しく損傷していた。

sendai209.jpg
被災した仙台エアカーゴターミナル
火災の跡が痛々しく残っていた。

sendai210.jpg
被災した空港事務所
大型クレーンを使って復興作業が進んでいた。

sendai205.jpg
仙台空港駅
仙台空港鉄道は全線運休中。車両は空港駅に2編成が停車中で無事だったものの、身動きが取れない状況になっていた。

sendai203.jpg
駐車場
暫定的に無料開放されていた駐車場。白線は、災害などなかったかのように普通に引かれていた。

sendai212.jpg
ターミナルビル前面と臨時バス
ターミナル前面はほぼ全域にわたり仮囲いがせり出していた。仙台駅、名取駅への臨時バスが頻繁に発着していた。

sendai211.jpg
工事中のターミナル
たまたま工事現場入口があいていて中の様子が見えた。外壁パネルははがれ鉄筋などがむき出しになっていた。



■地震前後(クリックすると写真が拡大します)
ターミナルビル

 前面には工事フェンスが続いている。
2008.09.07→2011.05.14
sendai214b.jpg sendai214a.jpg

駐輪場
 空港としては珍しい駐輪場の屋根はなくなっていた。後方の緑の変化にも注目。
2008.09.07→2011.05.14
sendai213b.jpg sendai213a.jpg

次回はターミナル内へ入ります。
ラベル:地震 仙台空港
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

結びつけよう!仙台(1)

結びつけよう東北! 仙台空港(1)

東日本大震災から2か月。

被災地では大型連休を契機に観光も本格的に再開されました。
そこで、とにかく現場を見ようと、復興に向かって動き始めた東北の空港を訪ねてみることにしました。

人と人、物と物、心と心。

同じ空から多くを結び付ける交通拠点「空港」。
東北と日本を結び付け復興に向けて飛び立ちましょう。


第1回目の今回はまずは「仙台空港」へ。
2か月経っているのに、、、空港にたどり着くまでがまず衝撃でした。


sendai105.jpg
二の倉海岸近くの惨状(岩沼市押分付近)
空港の海岸側は完全に更地となってしまっている。幹線道路は整備されているものの、周囲はまだ水も引いていない。

sendai106.jpg
引かない水と空港(名取市北釜付近)
流された車は2か月経った今もそのままだ。

sendai101.jpg
がんばっぺ!北釜!!(名取市北釜付近)
津波にのみ込まれた空港周辺。何もかもが流され、がれきだけが残ったその先に空港が見えた。

sendai107.jpg
希望の翼(名取市北釜付近)
がれきの向こうに赤い翼が見えた。

sendai108.jpg
何もかも流された下増田第一臨空公園(名取市下増田付近)
仙台空港を眺められる公園も何もなくなってしまった。

sendai109.jpg
残った下増田神社(名取市北釜付近)
毎日新聞の記事(情報源)で残ったと報道された神社。周囲の建物はなく、参道はがれきの山。神社の拝殿も被害を受けていた。

sendai111.jpg
車とがれきの山(岩沼市下野郷付近)
航空保安大学校の敷地内には滑走路等にあふれていたとみられる車やコンテナ、がれきが山のように積まれていた。(敷地外から撮影)

sendai110.jpg
警官が交通整理する交差点(岩沼市下野郷付近)
県道仙台空港線では数か所の交差点で電気が通っておらず、警官が交通整理をしていた。整理をしているパトカーには「警視庁」の文字。



■地震前後(クリックすると写真が拡大します)
下増田第一臨空公園

2008.09.07→2011.05.14
sendai104b.jpg sendai104a.jpg

下増田第一臨空公園から見た仙台空港
2008.09.07→2011.05.14
sendai102b.jpg sendai102a.jpg

貞山運河から見た仙台空港
2008.09.07→2011.05.14
sendai103b.jpg sendai103a.jpg


次回は空港内へ入ります。
ラベル:地震 仙台空港
posted by johokotu at 00:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

仙台_再開を各社報道

仙台空港 旅客便再開を各社で報道

13日、いよいよ仙台空港の旅客便が再開されました!
旅客便再開は復興のシンボル。報道各社でもトップ級の扱いで報道がなされています。


■4月13日(水)仙台空港就航再開当日の状況について(ANA)写真記事
http://www.ana.co.jp/topics/sendai_restart/

■仙台空港で旅客機運航再開−羽田・伊丹へ1日6往復(みんなの空港新聞)写真記事
http://airportnews.jp/headline/686/
※写真豊富です。

■ミヤギテレビニュース(宮城テレビ放送)映像
http://www.mmt-tv.co.jp/news/20110413.html?date=20110413

■仙台空港運航再開(KHB東日本放送)記事
http://www.khb-tv.co.jp/01/news/index.html#39321

■被災の仙台空港、国内線の一部運航再開(TBC東北放送)映像
http://www.tbc-sendai.co.jp/newsi/index.html

■仙台空港、国内線再開 「がんばろう」1番機到着(河北新報)写真記事
http://www.kahoku.co.jp/news/2011/04/20110413t13041.htm

■仙台空港、一部再開 第1便が発着 復興の弾みに(朝日新聞)映像・記事
http://www.asahi.com/special/10005/TKY201104130127.html

■水没した仙台空港、1か月で旅客機の運航再開(読売新聞)映像・記事
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110413-OYT1T00471.htm

■東日本大震災:復興への翼 仙台空港が再開(毎日新聞)写真記事
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110413dde001040034000c.html
※写真豊富です。

■産経新聞 写真記事
 再開した仙台空港に第1便到着「飛んでくれて助かる」
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110413/dst11041319130045-n1.htm
 仙台空港の就航再開 日航の初便が仙台到着
 http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110413/dst11041308350006-n1.htm
 ※写真豊富です。

■仙台空港、旅客便が再開 小児の移植用臓器も到着(日本経済新聞) 写真記事
http://www.nikkei.com/news/headline/archive/article/g=96958A9C93819695E3E1E2E3E28DE3E1E2E6E0E2E3E39F9FE2E2E2E2

■NHK
 仙台空港 旅客機の運航が再開 映像
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110413/k10015277731000.html
 仙台空港へ 旅客機第1便出発 写真記事
 http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110413/k10015275311000.html

■仙台空港、民間機の運航を再開(日本テレビ)映像
http://www.news24.jp/articles/2011/04/13/07180849.html

■被災の仙台空港、国内線の一部運航再開(TBS)映像
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye4699511.html

■東日本大震災 被害を受けた仙台空港でおよそ1カ月ぶりに一部の国内線運航再開(フジテレビ)映像
http://www.fujitv.co.jp/news/fnn.html

■【地震】津波被害から33日ぶり…仙台空港が再開(テレビ朝日)映像
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/210413011.html

■「復興のシンボルに…」 仙台空港が再開 ビジネスマンの姿も(テレビ東京)映像
http://www.tv-tokyo.co.jp/newsfine/news/post_243.html
ラベル:仙台空港
posted by johokotu at 00:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

仙台_今日から旅客便再開!

仙台空港 いよいよ今日から旅客便再開! 臨時便で26年ぶり羽田からも

3月11日の東日本大震災で大津波の被害を受けた仙台空港に4月13日、旅客便が再就航します。
大震災からたった1か月で再開。日本航空(JAL)と全日本空輸(ANA)が東京国際(羽田)線と大阪国際(伊丹)線で臨時便を計6往復を運航します。


JALは羽田線1往復と伊丹線2往復、ANAは羽田線3往復を運航します。
第一便は羽田6:55発仙台8:00着のJAL4721便。ANAは羽田07:30発仙台8:30着のANA1501が第一便となります。各社とも仙台発着時刻が3時間ごとになるよう分かりやすい運航ダイヤになっています。
運航時刻が日没までに限定されているため、最終便は17:00発(JAL4724便羽田行)と昼間のみの運航となります。

仙台と羽田との間の旅客定期便は東北新幹線開業の影響で廃止された昭和60年以来26年ぶりの就航と珍しい運航になります。

運航再開に合わせ、JAL、ANAとも特別塗装機が就航することになりました。
JALは、JALエクスプレスのボーイング737-800機が就航。尾翼に鶴丸、側面部に「がんばろう日本」のロゴを塗装した特別機になります。
ANAも、ボーイング737-800機による就航。こちらは側面部に「心をひとつに、がんばろうニッポン」というロゴをあしらう特別機になります。ANAは仙台空港には就航しませんが、ボーイング777-300機の1機にも英字による同様のロゴがつく予定です。


仙台空港 民間機いよいよ再就航へ
http://johokotu.seesaa.net/article/194987941.html

仙台空港発着便のご案内(JAL公式サイト)
https://www.jal.co.jp/other/info2011_0325.html

仙台空港の就航再開および臨時便設定等のお知らせ(4月13日〜20日)(ANA公式サイト)
http://www.ana.co.jp/topics/notice_110408_01/
ラベル:仙台空港 JAL ANA
posted by johokotu at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

仙台_13日から旅客便再開

仙台空港 民間機いよいよ再就航へ

国土交通省は8日、津波により甚大な被害を受けた仙台空港について、13日から民間機を再就航すると発表しました。旅客ターミナル1階部分を暫定復旧して使用する予定で、1日6往復の臨時便が設定されます。

13日に運航を再開するのは1日6往復。すべての便が臨時便として設定され、全日本空輸(ANA)が東京国際(羽田)線3往復、日本航空(JAL)が羽田線1往復と大阪国際(伊丹)線2往復を運航します。復興のための輸送機が発着しているうえ、運用時間は昼間時間帯(日の出から日没まで)に限定、ターミナルも暫定再開であるため、1日6往復限定での再開。通常運航をしている北海道国際航空(ADO)とアイベックスエアラインズ(IBX)はまだ再就航されない予定です。

旅客ターミナルは1階国内線到着ロビー・手荷物受取所付近を暫定的に使用する予定であることが発表されました。出発ロビーがある2階以上の階は大きな影響を受けておらず、1階が壊滅的な被害を受けたとされていますが、まずは1階からの暫定復旧になっています。
仙台空港ビルの公式サイトで暫定使用図が公表されています。手荷物検査場を半分に分け、半分を到着手荷物受取場、半分を出発手荷物受付カウンターと搭乗待合室として使用。到着出口付近の両側にJALとANAの暫定出発手続カウンターが設置されます。売店とトイレは復旧されておらず、トイレはターミナル外に仮設される予定です。

仙台空港鉄道はまだ復旧していないことから、仙台駅東口発着直通バス(仙南交通)6往復(1000円)、名取駅発着の仙台空港鉄道代行バス(仙台空港鉄道)9.5往復(昼間時は名取-空港間直行、400円)が運行される予定です。
駐車場は送迎車利用、ターミナルも待合スペースへは予約旅客の方のみの入場を優先するとしています。

津波に襲われるシーンがテレビ放送でも流れた仙台空港。国土交通省も発表しているとおり、仙台空港の復興は「今回の大震災からの復興の第一歩」です。あれだけの被害を受けながら約1か月で暫定とはいえ旅客便が復活することは、復興を目指す東日本の人々にとってはまさに希望の光
地上交通がズタズタな中、空の道だけは震災直後から確保されていました。人の流れを左右する重要な交通拠点の復旧は、今後の復興へのシンボルとして、大注目です。

さあ、いよいよ未来へつながる!
復興へ、まずは空の道から!
13日は全国同じ空の下から復興へののろしを上げましょう!


sendai002.jpg
暫定復旧が決まった仙台空港ターミナル1階国内線到着ロビー付近(震災前の1月訪問時に撮影)。暫定カウンターなどが設置される予定。

仙台空港の民航機の就航再開について(国土交通省公式サイト)
http://www.mlit.go.jp/report/press/cab05_hh_000031.html

仙台空港の民間機の就航再開について(宮城県公式サイト)
http://www.pref.miyagi.jp/kurin/sdj-saikai.html

仙台空港の民間機の就航再開のお知らせ(仙台空港公式サイト)
http://www.sdj-airport.com/sdjtopics/list.php?TYPE=

第3報 −4月13日(水)から臨時便が運航されますー(仙台空港ターミナルビル公式サイト)
http://www.sendai-airport.co.jp/content/view/302/94/lang,ja/

4月11日(月)〜20日(水)のJALグループ・東北方面・臨時便の設定について【4月8日11:30更新】(JAL公式サイト)
http://www.jal.co.jp/other/info2011_0411_rinji.html

仙台空港の就航再開および臨時便設定等のお知らせ(4月13日〜20日)(ANA公式サイト)
http://www.ana.co.jp/topics/notice_110408_01/
posted by johokotu at 11:00| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

仙台_来年3月にSKY就航

仙台空港 スカイマークが就航を表明 来年3月から千歳、中部、神戸線へ

スカイマーク(SKY)は5日、新路線就航計画として、仙台空港への就航を発表。来年3月から仙台-新千歳、仙台-中部国際、仙台-神戸の3路線を開設することを表明しました。

SKYが新規に就航を表明した仙台空港は東日本大震災で津波被害を受け復旧作業中。1年後の来年3月から4月にかけて、仙台-新千歳線(1日2往復)、仙台-中部国際(1日1往復)、仙台-神戸(1日1往復)の3路線に就航することが示されました。
ただ、今回の発表は概要を公表するにとどまっており、詳細については、12日に開催する中期経営計画説明会で発表すると発表されています。

新路線就航計画について「仙台-札幌(新千歳)線」「仙台-神戸線」「仙台-名古屋(中部)線」(SKY公式サイト)
http://www.skymark.co.jp/ja/company/press/press110405.html
ラベル:仙台空港 sky
posted by johokotu at 01:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

仙台_代行バス運行開始

仙台空港 アクセス鉄道代行バス運行開始

仙台空港鉄道は2日、名取駅-美田園駅間を中心に仙台空港との間で代行バスの運行を開始しました。美田園まで1日32往復、仙台空港まで1日2往復を運行しています。

仙台空港鉄道は名取、杜せきのした、美田園、仙台空港の合計4駅の鉄道。2日から復旧までの間、各駅を結ぶ代行バスの運行を開始しました。2日はJR東北本線の仙台-名取間が再開しており、それに接続する形で運行開始となっています。

代行バスは1時間に2本程度とかなりの本数が確保されていますが、仙台空港は復旧工事関係者以外の立ち入りが禁止されていることから、大多数は名取-美田園間の運行で、仙台空港までのバスは朝夕各1往復のみとなっています。

仙台空港鉄道については、地震翌日の12日には「名取駅から美田園駅間、軌道上の上下・左右の変異大、防音壁の破損も著しい」とのこと。空港近くに関しても「仙台空港駅からトンネルに向かう擁護壁(風よけ)が崩壊」(宮城県土木部空港臨空地域課)とされており、復旧まではまだまだ時間がかかる模様です。


平成23年3月11日(金)午後2時46分発生の東北地方太平洋沖地震に伴う関連施設等の状況(宮城県土木部空港臨空地域課)
http://www.pref.miyagi.jp/kurin/

地震による今後の対策(仙台空港鉄道公式サイト)
http://www.senat.co.jp/110311/index2.html
posted by johokotu at 00:05| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 仙台空港(仙台国際空港) | 更新情報をチェックする