2014年01月18日

佐渡_機体調整でまた運休

■佐渡空港 NJA新潟線機体調整でまた運休始まる

新日本航空(NJA)は9日、新潟-佐渡線を機体調整のため運休すると発表しました。運休期間は未定となっています。

NJAが発表したのは、新潟-佐渡線の運休。機体調整のため運休するとしていて、運休期間は明らかにされていません。
新潟-佐渡線は、週5日各日2往復していますが、昨年も2月から8月までの約半年間、整備理由で長期運休していて、今年も不安定な運航が続くようです。

運休のお知らせ(NJA公式サイト)
http://www.nja.aero/info/info130109.html

2013年10月13日

佐渡_ネット予約開始へ

■佐渡空港 NJA11月から新潟線のネット予約開始へ

新日本航空(NJA)は11日、11月1日から公式サイトで新潟-佐渡線の「航空チケットオンライン予約システム」を稼動すると発表しました。

NJAが新たに始めるのは、新潟-佐渡線の「航空チケットオンライン予約システム」。11月1日からNJAの公式サイトで稼働するとしています。
これまで電話でしかできなかった事前予約が気軽にネットでできるようになることで、利用者増加につながるか注目されます。

新潟-佐渡線は、機材整備の関係から今年2月から運休したものの、8月に週5往復で再開。14日からは週5日で1日2往復(週10往復)に増便されることになっています。

【予告】 オンライン予約システム稼動開始についてのお知らせ(NJA公式サイト)
http://www.nja.aero/info/info131101_booking.html

2013年08月29日

佐渡_NJA新潟線再開

■佐渡空港 NJA新潟線やっと再開も週5往復から

新日本航空(NJA)は28日、2月から運休していた新潟-佐渡線を再開しました。約1か月半は週5往復での限定運航になります。

NJAが28日から再開したのは、新潟-佐渡線。今年2月から機材繰りで運休、運休期間が延び延びになっていましたが、ついに再開になりました。
運休前は1日4往復(冬は3往復)運航でしたが、当面の間(約1か月半)は、乗員繰りのため、月曜から金曜までの毎日1往復、週5往復のみの運航となります。

平成25年8月28日(水)より 新潟−佐渡路線の運航を開始致します。(NJA公式サイト)
http://www.nja.aero/info/info130827.html

2013年07月20日

佐渡_ついに再開未定に

■佐渡空港 NJA運休ついに再開未定に

新日本航空(NJA)は19日、新潟-佐渡線の運休期間を更新しました。運休期間終了の記載がなくなり、ついに再開未定の状態になりました。

2月から始まったNJA新潟-佐渡線の運休。これまでは運休期間を記載し、7月末までの運休が決まっていましたが、19日からは運休期間終了の記載がなくなり、「運航案内が決まり次第、お知らせいたします。」と、再開未定の状態になってしまいました。

2013年06月15日

佐渡_NJA7月も運休

■佐渡空港 NJA7月も運休

新日本航空(NJA)は13日、運休が続いている佐渡-新潟線を7月も運休すると発表しました。

NJAが7月も運休するのは、佐渡-新潟線。2月27日から運休が続いていますが、すでに運休が決まっている6月末までの予定を延長し、7月末まで運休するとしています。

運休日のお知らせ(NJA公式サイト)
http://www.nja.aero/info/info121224.html

2013年05月02日

佐渡_NJA運休先見えず

■佐渡空港 NJA運休先見えず、ついに運休調整中に

新日本航空は2日、新潟-佐渡線の運休期間を6月30日までに延長し、7月以降は運休期間も調整中に変更しました。運航の再開がますます先が見えなくなってきました。

新日本航空(NJA)は、2月27日から航空機の計画整備を理由に運休を開始、いまだに再開の目途が立っていません。
当初3月8日までとされていた運休予定期間は、3月12日まで、3月29日まで、4月10日まで、4月30日まで、5月31日までと5回にわたり延長。2日、ついに6月30日まで運休することを発表し、同時に7月以降は「調整中」とする内容に変更されました。

地元紙の新潟日報は4月26日の記事で、整備の中で「調達した部品に不具合が相次いだほか、必要な部品がそろわないなど耐空検査が受けられない事態が続いている」と報じており、再開の目途が全く立っていないようです。

NJAは平成23年7月に新潟―佐渡線に参入したものの、参入直後から不安定な運航が続いています。

運休日のお知らせ(NJA公式サイト)
http://www.nja.aero/info/info121224.html

佐渡空路、5月末まで運休 部品に不具合、調達できず(新潟日報公式サイト)
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20130426039487.html

2012年01月28日

佐渡_機材繰り期間運休へ

■佐渡空港 NJA新潟線機材繰りで期間運休へ 2月9日〜

新日本航空(NJA)は2月9日から2月下旬まで新潟-佐渡線を運休すると発表しました。

NJAが一時的な運休を発表したのは、不定期運航として就航している新潟-佐渡線。2月9日から2月下旬まで機材繰りの関係で運休するとしています。運休に関連して、同路線を新機材で運航開始するとしており、決まり次第お知らせすると発表されています。

新潟-佐渡線は、昨年夏に復活したばかりの離島路線。NJAが新規参入し、不定期路線として1日3往復(夏期は1日4往復)運航しています。NJAは運航に使用する機材(アイランダー)を参入時に所有していなかったことから、鹿児島と沖縄で離島不定期路線を運航する第一航空から機材を移籍し使用しています。

NJA公式サイト

2011年07月14日

佐渡_新潟線いよいよ再開

佐渡空港 新潟線いよいよ再開 7月29日からの就航決定 二次交通も充実させ定着目指す

新潟県は14日、新日本航空が就航を表明している新潟-佐渡線について、7月29日から就航すると発表しました。9人乗りのブリテンノーマンBN2Bアイランダーでの運航で、まずは1日4往復で運航開始になります。

新日本航空が運航を開始するのは新潟-佐渡線の不定期便。7月29日から運航を開始し、夏期は1日4往復、11月以降の冬期は1日3往復で運航することが発表されました。片道25分での運航で、不定期便とは言うものの、定期的な運航となります。
就航する飛行機は、那覇空港を拠点に乗合便を運航する第一航空から移籍したブリテンノーマンBN2Bアイランダーが使用されます。

運賃は片道6500円。10月29日までは就航記念キャンペーン割引として4900円に設定されており、島民割引(4500円)も販売されます。
予約問い合わせは新潟交通が協力しており、同社の旅行窓口くれよんで予約受付が行われるほか、新潟空港の集合場所は1階の同社カウンターとなっています。

今回の就航では、佐渡空港側のアクセスも改善が図られる予定。就航に合わせて予約制乗合タクシーの実証運行が行われることになっており、片道300円の乗合タクシーが佐渡空港発で両津港佐渡汽船行、佐渡市役所行、トキの森公園行の3路線で運行されることになっています。

新潟-佐渡線は平成20年9月に旭伸航空が運休して以来3年ぶりの復活。佐渡空港開港以来、多くの航空会社が入れ替わり立ち替わり就航している路線だけに、二次交通も充実させた今回の就航で定着するのか注目されます。

「佐渡-新潟線」就航日決定のお知らせ(新潟空港公式サイト)
http://www.niigata-airport.gr.jp/news/view.php?id=216

2010年10月01日

福井_10月バス便時刻変更

■福井空港 アクセスバス便時刻変更(2010年10月)

10/01
×京福バス 28系統 運転者教育センター線 福井空港-福井駅前( 2→ 0)


10月01日:
福井空港に唯一乗り入れている路線バスが廃止となります。これにより、空港前のバス停が廃止となります。

2010.10.1 ダイヤ改正情報について(京福バス公式サイト)
http://bus.keifuku.co.jp/topix/old/20101001_daiya/