2011年03月09日

広島西_空港が消えていく

広島西飛行場 空港が消えていく 廃港決定でヘリポート化へ

広島市議会は9日、広島西飛行場を市営化する設置管理条例案を否決しました。これにより同空港の市営化は不可能となり、管理する広島県は同飛行場のヘリポート化手続きに入る方針です。広島の表玄関として昭和36年(1961年)に開港した広島西飛行場は、開港から50年を経てついに空港としては廃港することが決定しました。

広島西飛行場は広島県が管理するその他の飛行場。定期便が少なく毎年存続に多額の税金が投入されていたことから県が運営を断念し、ヘリポート化による縮小か、市営化による空港としての存続が議論されていました。
ヘリポート化を主張する県に対し、広島市は市営化を主張。広島西飛行場をオリンピック誘致における交通拠点として位置づけ、東京国際路線開設に向けて活動を続けていました。昨年末に県と市の間で広島市営化することで合意、市営化して有効活用が目指されたばかりでした。
ところが、今回、市議会が条例案を否決したことで、広島西飛行場の市営化は不可能になり、今後は県による活用議論が始まるものと見られます。
湯崎・広島県知事は8日の記者会見で、市営化が実施できない場合、「ヘリポート整備に向けた準備を進めていきたい」と述べており、同飛行場のヘリポート化が始まる模様です。

空港の廃止は、平成21年の弟子屈飛行場以来2例目。定期旅客便が飛んでいた空港としては初の廃港となります。

広島西飛行場は昭和36年に広島空港として開港。平成5年に広島空港が開港するまで広島の表玄関として活用されていました。100万人都市にある空港ながら滑走路が1800mであったことから、短い滑走路でも離陸できる中型機として今年日本から姿を消すA300シリーズが就航する等珍しい運用も見られた空港。かつては国際線も飛ぶ、大変にぎわいを見せた空港でした。
飛行場前までバスが頻繁に運行するなど非常に交通の便が良かったことから、広島西飛行場になってからはコミューター空港として鹿児島線などが引き続き運航されていましたが、昨年10月に定期旅客便が廃止されていました。

いよいよ空港という重要インフラも姿を消す時代に突入です。

hiroshimanishi001.jpg
空港廃港が決まった広島西飛行場。SAYONARA。


広島西飛行場の廃港決まる(中国新聞公式サイト)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201103090286.html

飛行場廃港を経済界惜しむ(中国新聞公式サイト)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201103100058.html

広島西飛行場市営化、市議会がNO(広島テレビ公式サイト)
http://www.htv.jp/nnn/news866458.html

西飛行場の市営化を認めず 広島市議会(広島ホームテレビ公式サイト)
http://www.home-tv.co.jp/news/local.php?news_id=2011-03-093

広島市議会本会議 西飛行場市営化案を否決(テレビ新広島公式サイト=サイト内ニュースに多数記事あり)
http://www.news.tss-tv.co.jp/news_html/1103093030.html

西飛行場「市営化を断念」(中国放送公式サイト=最新ニュースに記事あり)
http://news.rcc.jp/

広島西飛行場が廃港へ(日本放送協会公式サイト 広島県のニュース)
http://www.nhk.or.jp/hiroshima/lnews/4004541991.html

知事記者会見(平成23年3月8日)(広島県公式サイト)
http://www.pref.hiroshima.lg.jp/page/1299557743459/index.html

空の駅情報館「広島西飛行場」
http://johokotu.seesaa.net/category/7345634-1.html

空の駅情報館「最後の広島西へ」
http://johokotu.seesaa.net/article/162426194.html
posted by johokotu at 22:20| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■中国四国地方(岡南・その他) | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

広島西_市営化で存続へ

広島西飛行場 市営化による存続へ

報道各社によると、27日、秋葉・広島市長と湯崎・広島県知事が会談し、定期便がなくなり存続が問われていた広島西飛行場について、広島市営化することで合意した模様です。

中国新聞によれば、「広島市の秋葉忠利市長は27日、広島県庁に湯崎英彦知事を訪ね、定期路線がゼロになった県営広島西飛行場(西区)の市営化方針を伝えた。これに対しヘリポート化を提案していた湯崎知事は、市営化を受け入れる考えを表明した。」と報道されています。

広島西飛行場は広島南道路整備により滑走路が短縮する予定。管理する広島県も多額の赤字を嫌って市との共同運営によるヘリポート化を提案してきましたが、飛行場としての運営にこだわる広島市が所有する覚悟でのぞむこととなりました。
広島市では、東京国際(羽田)線の復活を目指していますが、広島空港に加え、岩国飛行場の民間利用も始まることから、実現を疑問視する声も。今後どうなるか注目です。


西飛行場の広島市営化で合意(中国新聞公式サイト)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201012280029.html
ラベル:広島西飛行場
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■中国四国地方(岡南・その他) | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

広島西_定期便消滅へ

■広島西飛行場 定期便消滅へ 県が公式発表

中国新聞の報道によりますと、
広島県は16日、県営広島西飛行場(広島市西区)を発着する鹿児島、宮崎の両路線が10月30日で廃止され、定期路線がゼロになると正式に発表した。
とのことです。(17日報道)

広島西飛行場は、旧広島空港ですが、JACにより鹿児島便が1日3往復、宮崎便が1日1往復だけの運航。つぶれたJALの再建策でもクローズアップされていました。
広島県は広島空港への一元化を主張。一方で、広島市は羽田便復活を目論むなど県と市で対立したことでも知られる空港です。道路建設で滑走路短縮もせざるを得ない状況でもあり、来年度には九州新幹線開通もあることから、JACとしても県としても市としても撤退に絶妙なタイミングなのかもしれません。

LCCが飛ばすにはちょうどいい飛行場かと思うのですが、滑走路短縮により今後の活用は難しく、このまま廃港の流れが現実味を帯びてきた感じです。


→広島西飛行場の空港概要はまだ移行前です。
 「情報交通ホットライン」サイト版にてご覧いただけます。
 http://www.geocities.jp/johokotu00/airport/hiroshimanishi/index.html


■広島西飛行場で定期便ゼロに(中国新聞公式サイト)
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201004170034.html
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ■中国四国地方(岡南・その他) | 更新情報をチェックする