2015年02月23日

北九州_夏 FDA新規就航へ

■北九州空港 夏ダイヤでFDAが名古屋線を新規就航へ

国内航空各社は、今夏のダイヤ(平成27年3月29日〜平成27年10月24日)を発表しました。北九州空港では、フジドリームエアラインズ(FDA)が名古屋(小牧)線を新規就航します。

夏ダイヤで一番の注目点は、FDA小牧線の就航。朝夕の1日2往復で新設されます。

既存路線の増減便は小規模。
スターフライヤーが東京国際(羽田)線を1日1往復減便します。

日本航空(JAL)グループは路線数・便数に変更はありません。

FDAが開設する小牧線は、平成19年4月にジェイエアが運休して以来8年ぶりの復活路線で、JALと共同運航します。

今回のダイヤ変更により、北九州発着は、2社1路線18往復から3社2路線19往復と、社数、路線数、便数が拡大されます。

■3月29日以降の北九州発着便就航先と便数
羽田 JAL6、SFJ(ANA)11*a(▲1)
小牧 FDA(JAL)2(+2) NEW!
*a 羽田SFJはSFJ1、SFJ(ANA)10。
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北九州空港 | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

北九州_1月バス便時刻変更

■北九州空港 アクセスバス便時刻変更(2015年1月)

01/26
×西鉄バス北九州 北九州空港4番-中津駅(週8→ 0)※土日祝のみ1日4往復運航


04月26日:
大分県中津市までのバス「くろかんくんライナー」の運行終了です。

お知らせ〜北九州空港・中津駅間シャトルバス「くろかんくんライナー」運行終了〜(中津市公式サイト)
http://www.city-nakatsu.jp/docs/2014122400080/
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北九州空港 | 更新情報をチェックする

2014年04月26日

北九州_4月バス便時刻変更

■北九州空港 アクセスバス便時刻変更(2014年4月)

04/26
◎西鉄バス北九州 北九州空港4番-中津駅( 0→週8)※土日祝のみ1日4往復運航


04月26日:
大分県中津市までのバス「くろかんくんライナー」の運行開始です。途中停留所は、行橋駅前通り、八津田(築上町)、八幡町(豊前市)。中津駅まで約90分1,000円。

「くろかんくんライナー」4/26スタート!(北九州空港公式サイト)
http://www.kitakyu-air.jp/news_detail.html?id=118
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北九州空港 | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

北九州_税引上で利用料改定へ

■北九州空港 消費税率引き上げで旅客取扱施設利用料を改定へ

北九州空港の旅客ターミナルビルを運営管理する北九州エアターミナルは20日、来年4月1日の消費税率引き上げに伴い、来年2月1日以降発券・4月1日以降搭乗分から国際線旅客取扱施設利用料を改定すると発表しました。

北九州エアターミナルが発表したのは、北九州空港旅客ターミナルビルの国際線旅客取扱施設利用料の改定。来年4月1日の消費税率引き上げに伴って行われるもので、国際線での出発旅客1人当たり300円から310円(小人用割引航空券利用の場合150円のまま変更なし)に改定されます。

対象となるのは、来年2月1日以降に発券された4月1日以降搭乗分。1月31日以前に発券をすれば、4月1日以降に搭乗の場合も現行料金を適用するとしています。

北九州空港では国内線でも旅客取扱施設利用料を徴収していますが、国内線は料金は改定しないと発表しています。

消費税率引上げに伴う北九州空港国際線旅客取扱施設利用料の改定について(北九州エアターミナル公式サイト)
http://www.kitakyu-air.jp/upfiles/file/旅客取扱施設利用料について.pdf
ラベル:北九州空港
posted by johokotu at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北九州空港 | 更新情報をチェックする

2013年11月15日

北九州_釜山線来春運休へ

■北九州空港 SFJ釜山線来春から運休へ

スターフライヤー(SFJ)は15日、経営合理化計画を発表し、来年3月30日から北九州-釜山線を運休すると発表しました。

SFJが来年3月30日から運休するのは北九州-釜山線1日2往復。経営合理化計画の中で見直される路線計画として唯一予定が発表されました。
北九州-釜山線は、SFJ唯一の国際線路線で、同線の運休で、SFJは再び国内線のみの運航会社に逆戻りになります。
また、北九州空港にとっても唯一の国際線路線がなくなることになります。

2014/03/30
×(国際線)SFJ 北九州 -釜山 金海( 2→ 0)


経営合理化計画に関するお知らせ(SFJ公式サイトからのリンク)
http://contents.xj-storage.jp/contents/92060/T/PDF-GENERAL/140120131115060621.pdf
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北九州空港 | 更新情報をチェックする

2012年05月11日

北九州_SKY那覇季節運航へ

■北九州空港 SKYが那覇線季節便就航へ

スカイマーク(SKY)は11日、7月13日から7月31日までの期間運航ダイヤを発表しました。季節定期便として7月20日から8月30日まで北九州-那覇線を就航するとしています。

SKYが11日に発表したのは7月13日から7月31日までの期間運航ダイヤ。新規路線として7月20日から8月30日までの期間、季節定期便として北九州-那覇線を就航することを同時に発表しました。

北九州-那覇線は、月曜から土曜までの週5日各1往復での運航。那覇21時45分発、北九州23時55分発の深夜便で設定されており、1日3往復しているものの夜間運航ができない福岡-那覇線の補完も兼ねたものになる模様です。

北九州-那覇線は平成22年5月に日本トランスオーシャン航空が運休。同年8月から10月までSKYが今回同様に週6日の深夜便として運航以来の復活となります。
posted by johokotu at 19:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北九州空港 | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

北九州_国際利用料開始へ

■北九州空港 国際線利用料を徴収開始へ

国土交通省は10日、北九州空港の旅客ターミナルを運営する北九州エアターミナルから申請されていた旅客取扱施設利用料の上限について認可したと発表しました。

10日認可が出たのは、北九州エアターミナルが申請していた国際線の旅客取扱施設利用料の上限。出国者1人当たり、大人300円、小人150円で認可されています。徴収は航空券に含ませる方法で、同空港を拠点とするスターフライヤーが国際線を就航する7月12日から徴収するとしています。

北九州空港ではすでに国内線は利用料を徴収中で、国際線からも徴収がはじまることで、全航空利用者が利用料を支払うことになります。

空港機能施設事業者の旅客取扱施設利用料の上限認可について(国土交通省公式サイト)
http://www.mlit.go.jp/report/kouku05_hh_000044.html
ラベル:北九州空港
posted by johokotu at 00:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北九州空港 | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

北九州_SFJ釜山7/12〜

■北九州空港 SFJ釜山線7/12からの就航を発表

スターフライヤー(SFJ)は22日、同社初の国際線路線である北九州-韓国・釜山線を7月12日から就航すると発表しました。

SFJが就航するのは、SFJの本拠地北九州と釜山を結ぶ短距離国際線。7月12日から1日2往復運航すると発表しました。
同路線就航はすでに昨年発表済で、今回は就航日と運航ダイヤの発表。航空券は5月14日から販売開始となる予定で、運賃は4月上旬に発表するとしています。

今回就航する釜山線は、SFJとして初の国際定期便。同線の就航を発表した当初、国際定期便の就航は国内航空会社3社目とされていましたが、7月12日までにすでにピーチアビエーションとジェットスタージャパンの国際定期便就航が決まっており、国内航空では5番手での参入となる模様です。

北九州空港は今春、国際定期便が姿を消すことになっており、短距離路線とはいえ、地盤の航空会社による国際線就航は大きな注目を集めそうです。
ラベル:北九州空港
posted by johokotu at 03:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北九州空港 | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

北九州_SFJゼロタク有料化へ

北九州空港 福岡ゼロタクが有料化へ SFJ

スターフライヤー(SFJ)は4月28日、北九州空港・福岡市内間で運行している無料送迎タクシー「ゼロタク」について、7月1日から有料化すると発表しました。

SFJが有料化するのは、北九州空港の深夜便・早朝便に接続する無料送迎タクシー「ゼロタク」。北九州に深夜に到着するSFJ97便と99便、早朝に出発するSFJ70便に接続し、北九州空港と福岡市内(天神、博多駅)との間を結んでいます。

このゼロタクについて、7月1日以降は、定額1000円での運行に変更することが発表されました。変更するのは運賃のみで、対象となる接続する便はこれまでどおり。予約などの取り扱いにもこれまでと変更がない予定です。

SFJでは北九州空港と旧下関市内とを結ぶ定額タクシー「センタク」を運行しておりSFJ全便に接続していますが、ゼロタクは引き続き3便のみの接続となります。ゼロタクが接続する97便、99便、70便は、いずれも7月1日から始まる福岡便の福岡発着時間外の運行で、福岡便を補完する意味合いも強くなりそうです。
ラベル:北九州空港 SFJ
posted by johokotu at 23:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 北九州空港 | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

北九州_バス時刻変更

北九州空港 バス便ダイヤ変更(2011年04月)

04/01
×サンデン交通 北九州空港-下関駅 (8→0)

04/01
下関方面へのバスが廃止されます。
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北九州空港 | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

北九州_バス時刻変更

北九州空港 バス便ダイヤ変更(2011年03月)

03/27
◎西鉄バス北九州 北九州空港3番-学研都市ひびきの(0→12)
×北九州市交通局 北九州空港3番-学研都市ひびきの-向田営業所 (12→0)

03/27
黒崎・折尾・学研都市線について、路線短縮のうえ、運行会社が北九州市交通局から西鉄バス北九州に変更となります。向田営業所駐車場で実施されてきたパーク&バスライドも終了になります。
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北九州空港 | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

北九州_SFJが増便

北九州空港 SFJが羽田増枠初使用で増便へ

スターフライヤー(SFJ)は24日、夏期ダイヤが始まる3月27日より東京国際-北九州路線を最大で2往復増便の13往復とすると発表しました。

今回の増便は、昨年10月に配分された羽田増枠を初めて使用した増便。深夜早朝便の廃止で実質11往復体制が続いていた東京国際-北九州路線が、最大便数時、初便就航直後の標準便数である12往復を超える13往復になります。
深夜早朝便の復活も期待されましたが、増便は昼間時間帯で、最終便が東京国際発、北九州発とも約30分も繰り上がる予定となっています。結果として昼間時間帯は約1時間ごとの運航となるものの、等間隔化は実施されませんでした。もっとも実際の運航は初日から1往復が運休である等、日程によって運休や時刻変更が多く、運航が一定していません(初回の13往復運航は3月28日)。
SFJでは、7月に東京国際-福岡路線の開設も発表しており、北九州路線とともに増枠の有効利用がいよいよ始まる模様です。


2011年度上期北九州−羽田線の増便、運賃届出及び国内旅客運送約款の改定について(SFJ公式サイト)
http://www.starflyer.jp/starflyer/press/2010/press_20110124.pdf
posted by johokotu at 01:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北九州空港 | 更新情報をチェックする

2010年12月28日

北九州_SFJ国際線参入へ

北九州空港 SFJが北九州初の本邦航空会社の国際線参入へ

スターフライヤー(SFJ)は27日、平成24年7月から、同社初の国際線路線となる北九州-釜山線に定期便を就航すると発表しました。

SFJが参入を表明したのは、北九州からほど近い韓国・釜山とを結ぶ路線の定期便。1年以上も先の平成24年7月から、1日2往復で運航するとしています。この参入により、本邦航空会社としては日本航空、ANAに次ぐ3グループ目の国際線参入で、北九州空港も初の本邦航空会社による国際線定期便就航となります。
福岡都市圏と釜山の間は、JR九州による福岡―釜山間をはじめ、下関-釜山間の関釜フェリーなど海上便がすでに発達しており、SFJの就航で人の流れが変わる可能性があります。
SFJにとっては平成18年の就航時からずっと検討してきた国際線。1日2往復運航とのことで、東京国際便との乗継も設定されるのか注目されます。


スターフライヤー北九州空港から国際定期旅客便の開設について(スターフライヤー公式サイト)
http://www.starflyer.jp/starflyer/press/2010/press_20101227.pdf
posted by johokotu at 00:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北九州空港 | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

北九州_SKYとSFJ競合へ

北九州空港 SKY深夜便はSFJと競合へ
8月からのダイヤ発表


スカイマーク(SKY)は9日、8月10日に就航する東京国際(羽田)-北九州間と北九州-沖縄那覇間の運航ダイヤを発表しました。北九州発羽田行はスターフライヤー(SFJ)が長期間運休している深夜時間帯の便として運航、羽田発北九州行はSFJ91便と競合する時間帯で競合することが判明しました。


■ダイヤ

羽 田21:40→23:20北九州(日曜運休)
北九州00:20→02:10那 覇(月曜運休)
那 覇20:00→21:40北九州(日曜運休)
北九州22:20→24:00羽 田(日曜運休)


運航形態は、羽田から北九州を経由して那覇、もしくはその逆パターンとなり、北九州空港でのステイ時間は前者60分、後者40分の予定です。
深夜早朝便という触れ込みでしたが、早朝便の類はなく、全便が実質夜便、半分は深夜便というより単なる夜便程度の時間の運航となります。

羽田発北九州行、那覇発北九州行はいずれも夜間やや遅い部類の運航便。羽田発の便はSFJの終便(羽田23:15発)より1時間以上早く、1便前のSFJ91便と競合する便となります。
一方、北九州発那覇行と北九州発羽田行は深夜便の部類に入る時間帯の運航です。特に北九州発那覇便は日付が変わってからの運航。また、北九州発羽田行は、SFJが運航をあきらめていた時間帯での運航で、北九州へ出ていた旅客の帰り便として注目されそうです(京急の終電にぎりぎり間に合う羽田24:00着で設定したところがなんともニクイ。日付が変われば真っ暗でも早朝とは言うものの、実質深夜便ですね)。

気になるのは、他の深夜早朝便と同様、日曜日が運休となるところで、土日休みしか取れない旅客は弾丸ツアーを組みたくても不可能なダイヤ設定になっています。

運賃
8月の盆休みの時期の運賃が発表になっています。北九州路線は需要喚起のためか安めの設定。福岡便よりも安い運賃になっています。
羽田路線は、SFJがかつてSTAR28で展開したのと同じ9800円(空港の旅客利用料込みで10000円)の前割10を設定。普通運賃はSFJ(32600円)の半額程度、JAL(36700円)の3分の1程度に当たる14000円となっています。
那覇路線は、普通運賃15000円で、5月まで飛ばしていたJTA(27500円)の約半額で設定。最安の前割10で9800円と設定しています。


2010年8月10日〜8月31日の運航ダイヤについて〜新路線「羽田−北九州線」「北九州−那覇線(*1)」就航〜(スカイマーク公式サイト)
http://www.skymark.co.jp/ja/company/press/press100609_schedules.html
ラベル:北九州空港 sky SFJ
posted by johokotu at 23:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 北九州空港 | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

北九州_4月バス便変更

■北九州空港 アクセスバス便ダイヤ変更(2010年04月)

04/20
◎太陽交通 北九州空港5番-スカイホテル苅田-苅田駅-苅田町役場-日産九州工場(空港発0・空港行0→2・1)
◎太陽交通 北九州空港5番-スカイホテル苅田-苅田駅(空港発0・空港行0→7・8)

04/01
●西鉄バス北九州 北九州空港1番-小倉駅バスセンター-砂津(空港発18・空港行19→18・20)
●西鉄バス北九州 北九州空港1番-中谷-小倉駅バスセンター-砂津(空港発10・空港行9→16・14)
▲西鉄バス北九州・北九州市交通局 北九州空港3番-黒崎バスセンター-向田営業所
×西鉄バス北九州 北九州空港1番-三荻野-平和通-小倉駅バスセンター-小倉駅北口-幸町-浅生通り-戸畑駅-若松駅前(大橋通)(6→0)
×西鉄バス北九州 北九州空港3番-小倉南インター-高速千代-引野口-黒崎バスセンター(空港発1・空港行0→0・0)


04月01日:小倉方面へアクセスするバスのうち、三荻野を経由し戸畑・若松へ向かう路線が運休です。代わりに小倉駅方面砂津行(直行・中谷経由)が増便となります。
黒崎方面向田営業所行は、西鉄バス北九州が運航から撤退して減便となります。このうち黒崎行は向田営業所行の区間便で北九州空港最終便の23:40発でしたが廃止となり、向田営業所行22:30発が最終便になります。
04月20日:廃止となっていた苅田町方面への路線バスの復活です。苅田駅までの運行が主ですが、朝夕通勤時間帯の一部便が日産九州工場まで延長運転されます。全9本の運行。苅田駅まで約17分400円。
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 北九州空港 | 更新情報をチェックする