2019年08月01日

那覇_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/那覇空港
日本空港情報館
那覇空港

nahatop1211.jpg
那覇空港
平成26年2月まで使用した旧国際線旅客ターミナルの情報はこちらをクリック
平成31年3月まで使用した旧LCCターミナルの情報はこちらをクリック

■飛行場の概要
沖縄県那覇市にある国管理空港(旧・第2種空港)です。
昭和8年旧海軍の小禄飛行場として開場、同11年には那覇飛行場として民間航空が就航して軍民共用になりました。戦後は米軍基地を経たのち昭和22年には民間航空が復活。昭和47年の日本復帰に伴い那覇空港となりました。
自衛隊との共用であると同時に、離島路線が多い沖縄の中心空港であるために、繁忙期を中心に滑走路や駐機スペースが不足気味で、沖合に新滑走路を建設するPI事業が進行中です。
空港区域は那覇市の西海岸に位置しており、南北方向に滑走路があります。軍民が共同で使用する那覇空港は広範囲に軍用施設が広がっており、民用エリアは空港北東側に集約されています。民用エリアの北端に貨物エリア、その南側にターミナルエリアがあり、滑走路西側にもエプロンがあります。
平成24年10月に貨物ターミナルの一部を利用し日本初のLCC専用ターミナルがオープン。平成26年2月には新しい国際線ターミナルが完成し、利用ターミナルが3つに分かれていましたが、平成31年3月、国内線ターミナルと国際線ターミナルをつなぎ、一つのターミナルとして営業しています。


■飛行場種別:国管理空港(旧・第2種空港)
■設置管理者:国土交通大臣
■滑走路延長:3000m
■空港コード:OKA/ROAH
■旅客ビル管理者:那覇空港ビルディング


■施設の見どころ:◎◎◎◎◎ 大規模/形が分かりやすいコの字型のピア方式とフロンタル方式が合体したターミナル。大規模吹抜有。マルチスポット有。
■見学者への対応:◎◎◎◎= 展望デッキ 無料/案内所 有/案内パンフ 有/ファン向け展示 若干有
■売店の充実度:◎◎◎◎◎ 売店・飲食店・サービス店・免税店 多数/2階を中心に大規模な売店群が存在。沖縄本島だけでなく、宮古・八重山など沖縄県全域の土産が手に入ります。雑貨、食品とも種類が非常に豊富。
■アクセスの状況:◎◎◎◎= 鉄道 直結(沖縄モノレール那覇空港駅)/バス 有/沖縄県の中心駅(県庁前駅)から約12分とアクセスは抜群。各方面への路線バスも充実。


※就航路線は令和元年8月1日現在、情報は特記以外平成31年4月現在のものです。
就航路線
→「就航路線」参照
旅客向けエリア状況
OKA00-1.jpgターミナルエリア
(写真は平成27年3月撮影)
空港区域の北東側に位置するのがメインエリアであるターミナルエリアです。
エリア南端に空港を管理する那覇空港事務所があり、その北側に旅客ターミナルビルがあります。
(写真は、ターミナル結合前の頃、滑走路上空より東側を向いて撮影)
OKA00-2.jpg貨物エリア
(写真は平成27年3月撮影)
空港区域の北東端に位置するのが貨物エリアです。全域が制限エリアとなっており、関係者以外は立ち入りができません。
昭和49年に暫定ビル(のちの旧国内線第1ターミナル)が完成し、平成11年に現在の旅客ターミナルの国内線部分が完成するまで旅客ターミナルがあったメインエリアでした。
旧第1ターミナル廃止後、新貨物地区が整備され、平成21年10月から運用されています。ANAが24時間利用を活かした貨物ハブ空港として機能させているほか、平成24年10月にはB棟(ANA用ビル)の一部を改装し、LCCターミナルが整備されました。LCCターミナルは、3社が旅客便用で使用していましたが、平成31年3月に使用する航空会社がなくなりました。
この地区には鉄道駅はなく、国内線旅客ターミナルに直結する那覇空港駅から徒歩か路線バスでフリーゾーン前下車が最寄りです。
(写真は、ターミナル結合前の頃、滑走路上空より東側を向いて撮影。左奥側が貨物エリアで、右側の建物は国際線旅客ターミナル)
naha00-3_1002.jpg西側エリア
(写真は平成22年02月撮影)
空港区域の西側にもエプロンがあります。
日本トランスオーシャン航空の格納庫のほか、県警、消防、海上保安庁施設、沖縄ならではの施設として台風避難用のハンガーなどが整備されています。
平成31年まで運航していた第一航空は、東側の旅客ターミナル 国内線部分で手続き後、西側エプロンで搭乗していました。
(写真は滑走路上空より西側を向いて撮影)

■ターミナル概要
旅客ターミナルの特徴 [南・中央・北]
(写真は平成20年12月・平成31年4月撮影)
別々に整備された、南側部分(元・国内線ターミナル)と北側部分(元・国際線ターミナル)に加え、平成31年3月に南北部分を繋ぐ中央部分(際内連結ターミナル)を整備し、全域を統合して誕生した大きなターミナルです。地上4階建て。
ランド側から見て、左側が南側、右側が北側になります。

最も古いのは南側部分で、元々の国内線ターミナルです。平成11年5月に完成、平成25年9月に同ターミナルの北端に若干増築された建物です。南側部分は、駐機方式は搭乗待合室部分がきれいなコの字型を描くフィンガー方式(ピア方式)、動線方式は多層方式です。
続いてできたのが北側部分で、元々の国際線ターミナルです。この部分は平成26年2月に完成しています。北側部分は、駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1層方式(2階が駐車場と繋がっており厳密には2層方式)です。
最後に南側と北側をつなぐ中央部に際内連結ターミナルが平成31年3月に完成しました。

南側のコの字型フィンガーはほぼ南北対称になっており、見た目はおそらく日本一分かりやすい形をしています。ターミナル統合で、一つのターミナル内にフィンガー方式(ピア方式)とフロンタル方式が半々ずつ存在するという珍しい形状になりました。

1階と4階は、南側、中央、北側の大きく3つに分かれている一方、2階と3階は3つの区画が繋がっています。
1階は、南側と北側はそれぞれの到着ロビーがあり、中央は2階への入口のみです。
2階は、南側、中央、北側とも、ランド側に出発ロビーと売店区画、エプロン側に搭乗待合室があります。搭乗待合室は、南側、中央が国内線区画、北側が国際線区画です。
3階は、南側と中央にチェックインロビー、北側に飲食店があります。南側には見学者デッキがあります。
4階は、南側と中央は飲食店、北側は見学者デッキがあります。

南側には2階から4階までの大規模な吹抜(ウエルカムホール)、中央には3階から4階までの大規模な吹抜(ふくぎホール)があります。
ターミナル内のサインは、濃灰地に白文字が主流。サイン上部に、出発関係は緑、到着関係は黄のラインが入っています。

※平成25年09月21日:国内線北側増築部 使用開始
※平成26年02月17日:北側部分(国際線ターミナル) 使用開始
※平成27年08月28日:第一航空(DAK) 事故に伴う運休
※平成28年10月01日:アイラス航空(ILC)合併によりEXCに変更
※平成29年07月04日:SFJ 就航
※平成30年01月15日:DAK 再開
※平成30年04月01日:DAK 全便運休
※平成31年03月18日:中央部分(際内連結ターミナル) 使用開始
※令和元年06月01日:バニラ・エア(VNL) 全便運休
01.jpg OKAint001.jpg
[南側]ターミナル正面▲     ▲[北側]ターミナル正面
====================
ターミナル前面高層階 3階[南]
(写真は平成24年11月・平成26年2月撮影)
ターミナルの動線は多層方式となっており、ランド側は、南側は1階と3階、中央と北側は1階のみに道路が接続しています。2階が駐車場との連絡通路で、南側はゆいレール那覇空港駅とも直結しています。

前面道路は南側から北側に向かって接続されています。
南側は、ターミナルに直接接続している車線はタクシー、路線バス等公共交通専用で、横断歩道を渡った交通島に一般利用スペースが設けられています。
このうち、南側のみ接続している3階部分は緑色の出入口が目立つ前面で、全部で6か所の入口が設けられています。

※平成25年09月21日:3階国内線北側増築部入口(1か所) 使用開始
02-1s.jpg 02-1n.jpg
[南側]3階前面 南方▲       ▲[南側]3階前面 北方
====================
ターミナル前面下層階 1階[南・中央・北]
(写真は平成24年11月・平成31年4月撮影)
南側、中央、北側とも1階前面には道路が接続しています。南側、中央、北側の大きく3つに分かれています。

前面道路は南側から北側に向かって接続されています。
南側は、黄色の出入口が目立つ前面で、全部で4か所の出入口(側面にさらに2か所)が設けられています。
中央は、2階への出入口が1か所あるのみです。
北側は、ターミナルから張り出した白い屋根が特徴です。出入口は正面2、側面1の3か所あります。
1階には、一般車の乗降スペースはありません。

※平成30年08月01日:1階一般車乗降場 廃止
※平成31年03月18日:1階中央入口(1か所) 使用開始
02-2s.jpg OKAint002.jpg
[南側]1階前面▲       ▲[北側]1階前面

■出発・到着施設
チェックインロビー 3階[南・中央]
(写真は平成24年11月・平成31年4月撮影)
3階チェックインロビーは、南側と中央に横に長く整備されています。
4階までの吹抜で大きな屋根が覆う開放感あふれるロビーです。外壁などは白い清潔感あふれたものになっています。
南側は、モニュメントなどが南方は赤、北方は青を基調にしたものが配置されています。
平成25年9月に南側が若干北方に増築、平成31年3月に中央部のロビーが使用開始されています。

※平成25年09月21日:国内線北側増築部 使用開始
※平成31年03月18日:中央チェックインロビー 使用開始
04s.jpg 04n.jpg
[南側]チェックインロビー 南端▲       ▲[南側]チェックインロビー 中央寄り

OKAdom003NN.jpg OKAint003.jpg
[中央]チェックインロビー 南寄り▲       ▲[中央]チェックインロビー 北寄り
====================
チェックインカウンタ 3階[南・中央]
(写真は平成31年4月・平成27年3月撮影)
チェックインカウンタは、3階チェックインロビーに並んでいます。
南側は国内線用のみです。中央は南方半分が国内線用、北方半分が国際線用となっています。

南側国内線は、南方半分にJJPとJALグループ(JAL・JTA・RAC)、北方半分にANAグループ(ANA・AKX)とソラシドエア(SNA)のカウンタがあります。
中央国内線は、南側寄りにSKY、ANA、APJのカウンタがあります。
ANAは国際線乗り継ぎのカウンタのみ中央側のカウンタが使用されます。SNAとANAグループのカウンタは一体化しています。SNAとSFJは、全便ANAと共同運航しており、ANAグループのカウンタで手続きが行われます。

このほか、南側1階の北寄りにヘリチャーター便を運航しているEXCのカウンタ(専用待合室)があります。

※平成23年09月15日:1階北端 SKY第2カウンタ 新設
※平成24年07月09日:JJP カウンタ新設
※平成24年08月01日:WAJ カウンタ新設(3階北側付近に簡易型で設置)
※平成24年10月18日:WAJ LCCターミナルへ移転
※平成25年09月21日:国内線北側増築部 使用開始(SKYカウンタ移転)
※平成26年04月29日:ILCカウンタ 新設(旧国際線旅客ターミナル屋上から移転)
※平成28年10月01日:ILC合併によりEXCに変更
※平成29年07月04日:SFJ 就航(ANAカウンタで手続き)
※平成31年03月18日:中央カウンタ 使用開始(APJ・VNL LCCターミナルから移転、国際線各社 2階から移転)
※令和元年06月01日:VNL 全便運休
OKAdom004SS.jpg OKAdom004SN.jpg
▲[南側]南端カウンタ(JJP・JAL)       [南側]中央寄りカウンタ(ANA・SNA)▲
OKAdomC.jpg OKAint004.jpg
▲[中央]南寄りカウンタ(SKY・ANA・APJ・国際線A/B) [中央]北寄りカウンタ(国際線C)▲
OKA03n-ILC.jpg
▲1階ロビー北端 専用窓口(EXC)
====================
出発ロビー・出発口 2階[南・中央・北]
(写真は平成31年4月・平成26年2月撮影)
出発ロビーは2階で、国内線用が2階南側と中央の南寄り、国際線用が北端にあります。

出発口は、国内線用が南側に2か所(南端に出発口A、中央寄りに出発口B)、中央に1か所(出発口C)、国際線用が北端に1か所あります。国内線の行列整理用のポールは出発口Aは赤、出発口Bは青を基調にしています。
入場端末が特定の箇所にしかないため、JALグループはA口、ANAグループとSNA、SFJはB口とC口からしか入場できません。入場端末がないSKYとJJPはどちらの出発口からも入場できますが、遠いほうから入ると、かなり歩かされるので、要注意です。上部には「保安検査場から搭乗口までは、距離があります(約200m)」と注意を促す表示が吊り下げられています。
出発口の上にはそれぞれに、黒地(文字表示部分は青地)に白文字の大きな案内表示器があります。

※平成25年09月21日:国内線北側増築部 使用開始(出発口C 使用開始)
※平成26年02月17日:北側国際線ターミナル部 使用開始(国際線出発口 使用開始)
OKAdom005A.jpg OKAdom005B.jpg
▲[南側]南端出発口(国内線出発口A)  [南側]中央寄り出発口(国内線出発口B)▲
OKAdom005C.jpg int004.jpg
▲[中央]中央出発口(国内線出発口C)   [北側]北端出発口(国際線出発口)▲
====================
搭乗待合室 2階[南・中央・北]
(写真は平成24年11月・平成31年4月撮影)
搭乗待合室は2階で、国内線用が2階南側と中央、国際線用が北側にあります。

南側国内線区画にはコの字型をしたフィンガー部分が2か所あり、全域が搭乗待合室です。出発の場合も到着の場合も通過するスペースです。出発口からは少し距離がありますが(掲示によると約200m)、他の空港に比べて通路部分の横幅が非常に広く開放感あふれる待合室になっています。
南端のフィンガーには搭乗橋による出発口として21番-25番・26A番・26B番、バスラウンジとして28A-28Cの計10か所、中央寄りのフィンガーには搭乗橋による出発口として31番-35番・36A番・36B番、バスラウンジとして38A-38Dの計10か所、中央(際内連結ターミナル施設部)に搭乗橋による出発口として37番と41番、バスラウンジとして95番-98番の計6か所の搭乗口があります。
フィンガー内はほぼ南北対称ですが、バスラウンジや乗継案内カウンタは南北両フィンガーとも北側、売店は南北両フィンガーとも南側に配置されています。
搭乗待合室内には、出発口A付近にJALグループのサクララウンジ、出発口C付近と36番搭乗口付近にANAグループのANA LOUNGEがあります。

北側国際線区画は、フロンタル方式で横に搭乗橋が並んでいます。搭乗改札は4か所で、41番-44番があります。搭乗橋はいずれもマルチスポット化されていて、小型機の場合はそれぞれA、Bの2か所に分けられるようになっています。
41番は国内線・国際線共用です。

※平成26年02月17日:北側国際線旅客ターミナル部 使用開始(国際線搭乗待合室 使用開始)
※平成28年10月04日:44番搭乗口 新設
※平成30年?*月**日:38D番搭乗口 新設
※平成30年12月18日:中央(際内連結ターミナル施設部) 使用開始(搭乗口変更 36番・37番→36A番・36B番、搭乗口新設 37番・41番)
※平成31年03月18日:中央バスラウンジ 使用開始(95番-98番)
OKAdom006S.jpg OKAdom006N.jpg
▲[南側]国内線搭乗待合室 南側フィンガー    [南側]国内線搭乗待合室 中央寄りフィンガー▲
06s-2.jpg OKAdom006-2N.jpg
▲[南側]国内線バスラウンジ 28番台    [南側]国内線バスラウンジ 38番台▲
OKAdom006C.jpg OKAdom006-2C.jpg
▲[中央]国内線搭乗待合室 中央側     [中央]国内線バスラウンジ 90番台▲
====================
手荷物受取所 1階[南・北]
(写真は平成20年12月・26年2月撮影)
到着エリアは、国内線が南側1階、国際線が北側の3階と1階にあります。

国内線は1階エプロン側中心部に広々とした手荷物受取所があります。左右2か所の階段で下りてくる形になりますが、手荷物受取所自体は1か所です。
ターンテーブルは全部で6本あり、南側の3本を南端フィンガーに到着した便(主にJALグループ)が、中央寄り3本を中央寄りフィンガーに到着した便(主にANAグループ)が利用します。
中央にはJALツアーズ、ANAスカイホリデーのツアーデスクがあります。
国内線は搭乗待合室が出発客と到着客の混在する構造であるため、搭乗待合室から階段を下りた1階の手荷物受取場入口には逆流防止ゲートが設けられています。

国際線は、入国審査場が3階、手荷物受取所、税関、到着口が1階中央にあります。バゲージベルトは2か所です。

※平成26年02月17日:北側国際線旅客ターミナル部 使用開始(国際線到着エリア 使用開始)
07s.jpg 07n.jpg
[南側]国内線手荷物受取所 南端▲    ▲[南側]国内線手荷物受取所 中央寄り
====================
到着口 1階[南・北]
(写真は平成24年11月・平成26年2月撮影)
国内線到着口は南側1階に2か所設置されています。手荷物受取所は中で一体となっていますが、両到着口は離れた位置に配置されています。南端が到着口A、中央寄りが到着口Bです。
到着口の上にはそれぞれに、黒地(文字表示部分は青地)に白文字の大きな案内表示器があります。

国際線到着口は北側1階の北端に1か所設置されています。

※平成26年02月17日:北側国際線ターミナル部 使用開始(国際線到着口 使用開始)
08s.jpg 08n.jpg
国内線到着口 南端(JAL側=到着口A)▲  ▲国内線到着口 中央寄り(ANA側=到着口B)
int006.jpg
▲国際線到着口
====================
到着ロビー 1階[南・北]
(写真は平成24年11月・平成26年2月撮影)
1階は、南側の国内線、北側の国際線とも、全面に渡って到着ロビーになっています。

国内線到着ロビーは、到着口前にある沖縄美ら海水族館の水槽が目を引きます。中央部分にカウンタが並んでおり、宅配カウンタ(佐川急便、OAS航空、ヤマト運輸)、総合案内カウンタ、沖縄観光案内カウンタ、旅行会社カウンタ、レンタカー案内カウンタがあります。
南側にATMコーナーと近畿日本ツーリスト、中央に那覇バス案内所、北側にラウンジ華とミーティングルーム、JTBがあります。

国際線到着ロビーは、1階がロビー空間となっていて、ランド側から見て右側が主に到着ロビー用途で使用されています。

※平成25年02月25日:郵便局 移転(北端→南側、簡易郵便局化)
※平成26年02月17日:北側国際線旅客ターミナル部 使用開始(国際線到着ロビー 使用開始)
※平成26年04月01日:JTB 新設
※平成**年**月**日:大栄空輸 閉店、佐川急便 新設
※平成31年02月25日:簡易郵便局 閉店
09s.jpg 09n.jpg
国内線到着ロビー 南方▲    ▲国内線到着ロビー 北方
int007.jpg
▲国際線到着ロビー

■各種施設
物販店 [南・中央・北]
(写真は平成20年12月・平成26年2月・平成31年4月撮影)
<特記以外平成31年4月現在>
物販店は多数の店舗があります。
南側は2階ウエルカムホールまわり、中央は2階YUINICHI STREETと3階ふくぎホールまわりを中心に出店しています。

[南側]
1階:
 物販店2店舗(シャロン、ローソン)
2階 ウエルカムホール:
 物販店19店舗(リウボウ(南北各1店舗)、るりあん、コーラルウェイ、南豊商事、ハイビ、グルクン、アイランドブラザーズ、あさと、エアーショップ琉球、さくら、守礼宝石、みやひら、ANAFESTA、おきなわワールド、国際サンゴ、かんな、あかね、タイラ、Jimmy's)
2階 ランド側:
 物販店21店舗(BLUESKY2店舗、日本くるまえび養殖、寿久庵、琉球村、ことぶき、ふくぎや、ほうき星、プーゾチーズケーキセラー、ドラッグストアリューホー、宮脇書店、ファミリーマート、空弁立川、沖縄美々、わしたショップ、コスモ・ワイン館、センカ、ANAFESTA、御菓子御殿、ローソン)
3階:
 物販店1店舗(サンカクマート)

[中央]
2階 YUINICHI STREET:物販店18店舗(日本百貨店・Dear Okinawa,・うみちゅらら・ビジネスレザーファクトリー・HabuBox・塩屋・オハコルテ・Hanaha EDELWEISS OKINAWA・INTERLINK OKINAWA・フルーツアイランド・BAKER'S KITCHEN・BLUE SKY国際・おたべ辻利・黒船・福地商店・ココカラファイン・AirBic Camera・MUJI to GO)

[北側]
1階:物販店1店舗(ローソン)
2階:物販店1店舗(ちゅら玉)

[搭乗待合室内]
国内線 南端フィンガー:物販店1店舗(南ウイング売店)
国内線 中央寄りフィンガー:物販店1店舗(北ウイング売店)
国内線 中央寄り:物販店1店舗(空人)
国際線:物販店6店舗(DFS WATCHES、DFS、健食沖縄、しゅり春秋、SHISEIDO、国際線1号店)

※平成23年08月18日:プチ&ハイム、ザ・ダイソー 開店
※平成23年07月01日:1階ローソン 開店
※平成25年04月24日:Jimmy's 開店
※平成25年05月09日:御菓子御殿、ローソン(2階) 閉店
※平成25年08月20日:プチ&ハイム(3階) 閉店
※平成25年08月21日:ザ・ダイソー(3階) 閉店
※平成25年08月31日:アンマーショップ(3階) 閉店
※平成25年09月26日:御菓子御殿 開店
※平成25年10月23日:ローソン(2階) 開店
※平成26年02月17日:北側国際線旅客ターミナル部 使用開始(DFS・ローソン(北側1階)・ちゅら玉・るりあん 開店)
※平成26年03月31日:ティーダマルシェ(3階) 閉店
※平成26年04月10日:しゅり春秋 開店
※平成26年08月01日:ふくぎや、黒糖かなさ、オハコルテ、ボンジュール・めんそーれ 開店
※平成26年10月01日:沖縄三越をリウボウに変更(南北とも)
※平成26年11月23日:健食沖縄 開店
※平成27年01月31日:ボンジュール・めんそーれ 閉店
※平成**年**月**日:うりずん、あわもり屋 閉店、空弁立川 開店
※平成27年04月16日:マーサンミッシェル 開店
※平成27年04月22日:JAショップを美らガーデンに変更
※平成27年08月18日:Trim 開店
※平成28年10月04日:SHISEIDO、国際線1号店 開店
※平成28年12月25日:DFS WATCHES 開店
※平成29年09月01日:マーサンミッシェル 閉店
※平成29年09月08日:プーゾチーズケーキセラー 開店
※平成30年?*月**日:黒糖かなさ 閉店
※平成31年02月24日:美らガーデン 閉店
※平成31年03月10日:るりあん 閉店
※平成31年03月18日:オハコルテ 移転(2階南側→2階北側)、ANAFESTA(バスラウンジ)・空人・ほうき星・HabuBox・塩屋・Hanaha EDELWEISS OKINAWA・INTERLINK OKINAWA・フルーツアイランド・BAKER'S KITCHEN・BLUE SKY国際・おたべ辻利・黒船・福地商店・ココカラファイン・日本百貨店・Dear Okinawa,・うみちゅらら・ビジネスレザーファクトリー・AirBic Camera・MUJI to GO 開店
※平成31年04月18日:Sugar 開店
10s.jpg 10n.jpg
[南側]物販店 2階南端側▲     ▲[南側]物販店 2階中央寄り
OKA010C.jpg int008.jpg
[中央]物販店 2階中央YUINICHI STREET▲   ▲[北側]物販店 2階北端側
====================
サービス店 [南・中央]
(写真は平成31年4月撮影)
<特記以外平成31年4月現在>
サービス店は南側に数店舗が出店しています。

[南側]
1階:1店舗(てもみん)
3階:3店舗(ブラザーランドリー、イマージュ、Trim)

[中央]
2階 YUINICHI STREET:2店舗(カプセルトイルーム・あしび〜にょ)

※平成27年08月18日:Trim 開店
※平成31年03月18日:カプセルトイルーム・あしび〜にょ 開店
OKA012S.jpg OKA012C.jpg
▲[南側]3階サービス店    [中央]2階サービス店(あしび〜にょ)▲

====================
bag.jpg物販店 ショッピングバック
(写真は平成20年12月撮影)
那覇空港ビルディングのショッピングバック。
白地に赤で強調するデザイン。中央に赤い手と「OKINAWA welcome」と大きく書かれている目を引くデザインです。大きなものも小さなものも同じデザインです。
平ビニール袋が二種類あるほか、中型の紙袋も存在。大型のものは写真の強化型ビニール袋です。
====================
国内線免税店 2階[南]
(写真は平成31年4月撮影)
国内線搭乗待合室の各フィンガーの付け根付近にDFSギャラリアがあります。
この店は、特定免税店制度によって誕生した国内線利用時の免税店です。海外に出国する際のみ適用される免税販売を、国内線区画内でありながら実現しています。沖縄県から県外へ出発する際に利用できるもので、免税価格で海外ブランドの商品を購入できる珍しい店舗です。免税品を販売する売店区画があるほか、那覇市内にあるDFSギャラリア・沖縄で販売している免税商品の受取カウンタがあります。
OKA010-2S.jpg OKA010-2N.jpg
[南側]国内線免税店 2階南端▲    ▲[南側]国内線免税店 2階中央寄り
====================
飲食店 [南・中央・北]
(写真は平成20年12月・平成26年2月・平成31年4月撮影)
<特記以外平成31年4月現在>
飲食店は高層階を中心に店舗があります。
南側は4階ウエルカムホールまわり、中央は4階ふくぎホールまわりを中心に出店しています。

[南側]
1階: 3店舗(空港食堂、琉風、ポークたまごおにぎり本店)
2階: 3店舗(スナックコートbyROYAL、スナックコートbyFugetsu、ロイヤルベーカリー)
3階: 3店舗(タリーズコーヒー、A&W、TRANSIT CAFE)
4階:12店舗(海來、ロイヤル、そじ坊、花林、たぬき、風月寿司処、レストラン風月、キリン、志貴、琉球村、天龍、サンドイッチハウスグルメ)

[中央]
3階 ふくぎホール: 5店舗(ステーキハウス88・東京豚骨ラーメンばんから・SnowLagoon IceCream Cafe & sweets・ピンクベリー・マクドナルド)
4階 ふくぎホール: 8店舗(SOUTH FOOD COURT(さぼてん・丼 なんと屋)・御殿山・ドトールコーヒー・NORTH FOOD COURT(Japanese Sushi John・吉野家&はなまるうどん)・グルメ風月・サブウェイ)

[北側]
2階: 1店舗(SORA TERRACE)
3階: 1店舗(あだん)

[搭乗待合室内]
国内線 南端フィンガー: 3店舗(BLUESKY2店舗、コーラルウェイ)
国内線 中央寄りフィンガー: 2店舗(ANAFESTA、風月)
国内線 中央寄り: 1店舗(スターバックスコーヒー)
国際線:4店舗(HAYASHIYA、Fugetsu、george、パイナップルパーク)

※平成23年03月16日:ぜんざい屋 閉店
※平成29年?*月**日:K's 閉店
※平成26年02月17日:北側国際線旅客ターミナル部 使用開始(Fugetsu、HAYASHIYA 開店)
※平成28年10月04日:george、パイナップルパーク 開店
※平成29年05月09日:ポークたまごおにぎり本店 開店
※平成30年10月17日:タリーズコーヒー 開店
※平成31年03月18日:スターバックスコーヒー 移転(2階国内線 中央寄りフィンガー→2階国内線 中央寄り)、スターバックスコーヒー・東京豚骨ラーメンばんから・SnowLagoon IceCream Cafe & sweets・ピンクベリー・ステーキハウス88・マクドナルド・ドトールコーヒー・サブウェイ・さぼてん・丼 なんと屋・御殿山・Japanese Sushi John・吉野家&はなまるうどん・グルメ風月 開店
11s.jpg 11n.jpg
[南側]飲食店 4階南端▲     ▲[南側]飲食店 4階中央寄り
OKA011C.jpg int009.jpg
[中央]飲食店 4階ふくぎホール▲   ▲[北側]飲食店 2階北端
naha05.jpg飲食店(ターミナル外店舗)
(写真は平成24年11月に撮影)
旅客ターミナル南側に広がるタクシープールの一角に飲食店が1店(琉風)出店しています。
====================
見学者デッキ [南・北]
(写真は平成26年2月・平成31年4月撮影)
那覇空港には見学者デッキが南側(国内線側)3階に2か所、北側(国際線側)4階に1か所の計3か所設けられています。
いずれも入場無料です。北側の見学者デッキは設置当初から無料。南側の2か所の見学者デッキは、それぞれで入場料がかかっていましたが、平成30年4月に無料開放されました。

2か所ある南側見学者デッキはいずれも、屋根は各デッキの入口付近についているものの、入口付近はやや滑走路を見づらい部分です。屋根のない部分はやや広々としており、ランド側も眺められます。フェンスは、ワイヤータイプの高い柵の内側に低い柵がある二重構造となっているため、各デッキで二か所内側の柵を取り除いた見学スペースが設けられています。

北側見学者デッキは、屋根はほとんどありません。フェンスで所々にカメラ用の少し大きめの穴が開いているタイプです。手前に手すりがあり、手を伸ばしてもフェンスになかなか手が届かないため、撮影には不向きです。

南側4階ウェルカムホール、中央3階ふくぎホールはエプロン側が大きな窓空間となっており、室内展望室のような空間で雨の日でもぬれずに済みます。ウェルカムホールには、空港の模型のほか、眺望案内(正面に見える慶良間諸島の案内)などが置かれ、眺望を楽しめるようになっています。

※平成26年02月17日:北側国際線旅客ターミナル部 使用開始(北側見学者デッキ 使用開始)
※平成30年02月19日:国内線北側見学者デッキ 工事のため一時閉鎖
※平成30年04月01日:国内線南側見学者デッキ 無料開放
※平成30年10月01日:国内線北側見学者デッキ 再開
OKA015SS.jpg OKA015C.jpg
[南側]見学者デッキ 南端▲    ▲[南側]見学者デッキ 中央寄り
int010.jpg
▲[北側]見学者デッキ
====================
見学者デッキからの眺め [南・北]
(写真は平成20年12月・平成26年2月撮影)
南側2か所の見学者デッキからは、はっきりとコの字型をしたフィンガー方式のターミナルがよく分かり、その内側、外側とも様子を見ることができます。正面滑走路の向こうには、東シナ海に浮かぶ慶良間諸島の眺望を楽しめます。ターミナルはエプロン・滑走路の東側に位置しており、午後は逆光条件です。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。

北側見学者デッキの正面は国際線駐機場、滑走路の向こうは東シナ海が広がります。晴れている日は真正面に慶良間諸島が見えます。
フェンスをクリアしての撮影は、手をかなり伸ばさないと無理です。写真はかなり手を伸ばし、ややアップぎみに写したものですが、フェンスが写りこんでしまいました。エプロン駐機中の機材は手前側が建物の端で隠れてしまいます。
正面の滑走路は北端付近で離陸する瞬間の撮影は難しいです。
13s.jpg 13n.jpg
[南側]見学者デッキからの眺め 南端▲   ▲[南側]見学者デッキからの眺め 中央寄り
int011.jpg
▲[北側]見学者デッキからの眺め
OKA016S.jpgウェルカムホール 2階[南]
(写真は平成31年4月撮影)
2階南側にウェルカムホールという広い空間があります。4階までの吹抜になっている開放感あふれたスペースです。
子供が楽しめるよう遊具を集めたキッズスペースがあります。2階中央部分は、特設コーナーが設けられていることが多いようです。
OKA016C.jpgふくぎホール 3階[中央]
(写真は平成31年4月撮影)
3階中央にふくぎホールという広い空間があります。4階までの吹抜になっている開放感あふれたスペースです。

※平成31年03月18日:ふくぎホール オープン
16.jpgラウンジ華 1階[南]
(写真は平成20年12月撮影)
1階南側の中央寄りに有料ラウンジのラウンジ華があります。一部ゴールドカードなどのクレジットカードで無料になります。
OKA019.jpg礼拝室 4階[北]
(写真は平成31年4月撮影)
国際線側(北側)の4階、見学者デッキ出口付近に礼拝室があります。外付けタイプで畳敷きの珍しいものです。
naha03.jpg補助犬専用トイレ [南・北]
(写真は平成24年11月に撮影)
旅客ターミナル外の南端と北側の2か所にほじょ犬専用トイレが設けられています。

※平成21年09月25日:南側ほじょ犬トイレ 新設
※平成26年02月17日:北側ほじょ犬トイレ 新設
====================
モニュメント [南・中央・北]
(写真は平成20年12月撮影)
館内各所に美しい色の花が飾られているターミナル内にはモニュメントも多数あります。南側は赤、北側は青を基調にしたデザインで統一されています。
一番目を引くのは、3階チェックインロビー南側にあるステンドグラスでしょうか。赤基調の南端は「真南風のまつり」、青基調の南側中央寄りは「New World」と題された作品です。チェックインロビーにはこのほか、カウンタ上部に織物作品の「琉球狐」(南端・赤基調)と「真南風の記憶」(南側中央寄り・青基調)、中央部壁面に金属細工の「太陽ぬシーサー」(南端・赤基調)と「風ぬシーサー」(南側中央寄り・青基調)があります。
見学者デッキには、彫刻展示として北側に「DEIGO」、南側に「おおらか」があります。また、南側には、沖縄県内最初のホテルを設立した故・宮里定三氏のブロンズ像が設置されています。

※平成28年06月01日:故・宮里定三氏ブロンズ像 設置
17s.jpg 17n.jpg
壁面ステンドグラス(南端)▲   ▲壁面ステンドグラス(南側中央寄り)
OKA022.jpg記念郵便ポスト 3階[南側]
(写真は平成31年4月撮影)
3階南側に沖縄復帰30周年記念ポストがあります。ポスト自体は通常の赤ポストで、上部にエイサーの像が乗っています。
那覇空港では、1階に郵便局があった時代に、沖縄復帰10周年記念の白ポストがあったことで有名でしたが、現在は撤去されています。
====================
水槽 1階[南]
(写真は平成24年11月撮影)
1階国内線到着ロビーには、美ら海水族館協力の水槽が設置され、魚が泳いでいます。
18s.jpg 18n.jpg
水槽(南端)▲     ▲水槽(南側中央寄り)

■アクセス交通施設
19.jpg鉄道アクセス施設(ゆいレール那覇空港駅)
(写真は平成20年12月に撮影)
日本最南の鉄道(モノレール)沖縄都市モノレール「ゆいレール」が国内線旅客ターミナル前まで乗り入れています。平成15年開業で、那覇空港駅は日本最西端駅となっています(隣駅の赤嶺駅が日本最南端駅)。那覇空港駅の改札口と旅客ターミナル出入口との間は動く歩道付の跨道橋で結ばれており、徒歩1、2分ほどで連絡しています。
昼間時約10分間隔の運行で、沖縄県中心部の「県庁前駅」まで10分ほどです。
====================
陸上アクセス施設(バスのりば) [南・北]
(写真は平成24年11月・平成26年2月撮影)
バスのりばは1階前面にあります。国内線前面に当たる南側が始発でのりばは1番から4番までの4か所。国際線前面に当たる北側が途中経由ののりばで2番の1か所です。
琉球バス交通、沖縄バス、那覇バス、東陽バスにより路線バスが運行されているほか、各地のホテル行空港リムジンバスが南側前面交通島にある12番のりばから発着しています。(名護まで高速バスは約95分・1時間に2本程度の運行、那覇バスターミナルまで約20分・10分に1本程度)

[南側 国内線前]
■1番:
955番 OTS前(OTSレンタカー/那覇バス)
カヌチャシャトルバス カヌチャリゾート行(琉球バス)
リゾートライナー [OAS11]名護市役所前行・[OAS17]備瀬フクギ並木入り口行(本部港経由有)(かりゆしビーチ前経由/沖縄エアポートシャトル有限責任事業組合)
特急リゾートライナー [OAS17]備瀬フクギ並木入り口行(沖縄エアポートシャトル有限責任事業組合)
北谷ライナー ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷行(カリー観光)
美ら海ライナー オリオンモトブリゾート&スパ行(カリー観光)
瀬長島ホテル前行(中部観光サービス)
■2番:
111番 高速バス 名護バスターミナル行(琉球バス交通・沖縄バス・那覇バス・東陽バス)
117番 高速バス ホテルオリオンモトブ リゾート&スパ行(琉球バス交通・沖縄バス・那覇バス・東陽バス)
YB番 運天港行・リゾートホテルベルパライソ行・記念公園前行・名護市役所前行(泊高橋経由有)(やんばる急行バス)
■3番:
23番 具志川線(久茂地経由・牧志経由 具志川バスターミナル行/琉球バス交通)
26番 宜野湾空港線(宜野湾営業所行(牧港経由・サンエーパルコシティー前経由)/琉球バス交通)
99番 天久新都心線(宜野湾営業所行(天久二丁目経由)/琉球バス交通)
113番 具志川空港線(高速経由具志川バスターミナル行/琉球バス交通)
120番 名護西空港線(牧志経由・久茂地経由 名護バスターミナル行/琉球バス交通・沖縄バス)
123番 石川空港線(うるま市石川地区東山駐車場行/琉球バス交通)
125番 普天間空港線(普天間行・イオンモール沖縄ライカム行(首里経由・中城経由)/那覇バス)
152番 イオンモール沖縄ライカム行(琉球バス交通)
■4番:
95番 あしびなー行(那覇バス)
■12番:すべて空港リムジンバス=沖縄バス
Aエリア ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート行
Bエリア 読谷バスターミナル行
Cエリア ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート行
CD-MIXエリア 名護バスターミナル行(Cエリア各停留所経由)
Dエリア 名護バスターミナル行
DE-MIXエリア ホテルオリオンモトブ リゾート&スパ行(ザ・リッツ・カールトン沖縄経由有/名護バスターミナル経由)

[北側 国際線前]
■2番:
路線バス
23番 具志川線(久茂地経由・牧志経由=琉球バス交通)
26番 宜野湾空港線(宜野湾営業所行(牧港経由・サンエーパルコシティー前経由)/琉球バス交通)
99番 天久新都心線(宜野湾営業所行(天久二丁目経由)/琉球バス交通)
111番 名護バスターミナル行(=琉球バス交通・沖縄バス・那覇バス・東陽バス)
117番 ホテルオリオンモトブ リゾート&スパ行(琉球バス交通・沖縄バス・那覇バス・東陽バス)
113番 具志川空港線(=琉球バス交通)
120番 名護西空港線(=琉球バス交通)
123番 石川空港線(=琉球バス交通)
125番 普天間空港線(普天間行・イオンモール沖縄ライカム行(首里経由・中城経由)/那覇バス)
152番 イオンモール沖縄ライカム行(=琉球バス交通)
955番 OTS前(OTSレンタカー/那覇バス)
YB番 運天港行・リゾートホテルベルパライソ行・記念公園前行・名護市役所前行(泊高橋経由有)(やんばる急行バス)
リゾートライナー [OAS11]名護市役所前行・[OAS17]備瀬フクギ並木入り口行(本部港経由有)(かりゆしビーチ前経由/沖縄エアポートシャトル有限責任事業組合)
特急リゾートライナー [OAS17]備瀬フクギ並木入り口行(沖縄エアポートシャトル有限責任事業組合)
北谷ライナー ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷行(カリー観光)
美ら海ライナー オリオンモトブリゾート&スパ行(カリー観光)
空港リムジンバス(空港リムジンバス=沖縄バス)
Aエリア ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート行
Bエリア 読谷バスターミナル行
Cエリア ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート行
CD-MIXエリア 名護バスターミナル行(Cエリア各停留所経由)
Dエリア 名護バスターミナル行
DE-MIXエリア ホテルオリオンモトブ リゾート&スパ行(ザ・リッツ・カールトン沖縄経由有/名護バスターミナル経由)

※令和元年08月01日:瀬長島ホテル前行 新設
※令和元年06月24日:26番宜野湾営業所行(サンエーパルコシティー前経由) 新設
※令和元年06月01日:YB番やんばる急行バス 名護市役所前行(泊高橋未経由便) 新設
※平成31年04月01日:美ら海ライナー オリオンモトブリゾート&スパ行 新設
※平成31年03月18日:LCCターミナル行アクセスバス(那覇バス) 運休
※平成31年02月01日:リゾートライナー ホテルオリオンモトブリゾート&スパ行 運休、リゾートライナー[OAS11]名護市役所前行・[OAS17]備瀬フクギ並木入り口行(本部港経由有/かりゆしビーチ前経由)・特急リゾートライナー[OAS17]備瀬フクギ並木入り口行 新設
※平成30年10月01日:25番→125番に変更、北谷ライナー ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷行 経由地変更、宜野湾ライナー ムーンオーシャン宜野湾ホテル&レジデンス行 運休(北谷ライナーと統合)
※平成30年08月01日:北谷ライナー ヒルトン沖縄北谷リゾート行 運休、北谷ライナー ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷行 新設
※平成30年07月01日:空港リムジンバスAエリア ヒルトン沖縄北谷リゾート行をダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷リゾート行に延伸、北谷ライナー ヒルトン沖縄北谷リゾート行・宜野湾ライナー ムーンオーシャン宜野湾ホテル&レジデンス行 新設
※平成30年05月23日:ホテルオリオンモトブリゾート&スパ行(名護市役所前経由) 新設
※平成30年04月01日:空港リムジンバス再編(Bエリア 読谷バスターミナルへ延伸、Cエリア カフーリゾートフチャクコンドホテル経由化、CD-MIXエリア 路線新設、Dエリア 名護バスターミナルへ延伸・ザ・リッツ・カールトン沖縄未経由化、DE-MIXエリア 本部港未経由化・ザ・リッツ・カールトン沖縄経由新設、Eエリア 本部港未経由化・空港発便運休)、955番 OTS前 新設
※平成29年07月01日:117番 ホテルオリオンモトブ リゾート&スパ行 新設
※平成29年04月01日:空港リムジンバス再編(Bエリア マックスバリュ石川店前未経由化・ホテルムーンビーチ経由化、Cエリア OISTキャンパス未経由化、Dエリア ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート経由化・ザ・リッツ・カールトン沖縄未経由便新設、Eエリア ホテルマハイナウェルネスリゾートオキナワ未経由化、DE-MIXエリア 路線新設)
※平成28年10月01日:555番 いとちゃんバス 平和祈念堂入口行・うちなーファーム(糸満観光農園)行 運休
※平成28年07月01日:国内線行無料巡回バス 廃止、YB番 記念公園前行 新設
※平成28年05月23日:555番 いとちゃんバス 平和祈念堂入口行・うちなーファーム(糸満観光農園)行(那覇バス) 新設
※平成28年04月01日:Aエリア北谷・宜野湾コース EMコスタビスタ沖縄行をヒルトン沖縄北谷リゾート行に変更
※平成28年03月28日:25番 普天間空港線イオンモール沖縄ライカム行 新設
※平成28年01月04日:555番 いとちゃんバス 平和祈念堂入口行・糸満観光農園行 運休
※平成27年09月01日:空港リムジンバス Eエリア ホテルオリオンモトブリゾート&スパ行(沖縄バス) 新設、那覇バス ゆいゆい号 首里城前行(那覇バス) 運休
※平成27年06月15日:555番 いとちゃんバス 平和祈念堂入口行・糸満観光農園行(那覇バス) 新設
※平成27年05月19日:那覇まーい ゆいゆい号の経由地を変更(循環系統から首里城前折り返しに変更)
※平成27年04月22日:152番系統 イオンモール沖縄ライカム行 新設
※平成27年04月01日:エアポートライナー A〜Dエリア経由地変更(Bエリア 沖縄残波岬ロイヤルホテル行からホテル日航アリビラ行に変更・Cエリア OISTキャンパス行から万座ビーチホテル行に変更)(沖縄バス・琉球バス交通)
※平成26年08月01日:777番系統 那覇まーい ゆいゆい号(那覇空港行/那覇バス) 新設
※平成26年07月31日:19番系統空港ホテル連絡バス 西エリア(那覇空港行/那覇バス) 運休
※平成26年05月16日:国内線行無料巡回バス 新設
※平成26年04月01日:空港リムジンバス A〜Dエリア、カヌチャシャトルバスカヌチャリゾート行 新設
※平成26年03月31日:空港アクセスバス カトレア号(沖縄科学技術大学院大学キャンパス行)・月桃号(オキナワマリオットリゾート&スパ行)・芭蕉号(オキナワマリオットリゾート&スパ行)・ゆうな号(ホテル日航アリビラ行)・花号(ベッセルホテルカンパーナ沖縄行)、エアポートライナー Aエリア(ベッセルホテルカンパーナ沖縄行)・Bエリア(ホテル日航アリビラ行)・Cエリア(ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート行)・Dエリア(沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ行)・Eエリア(カヌチャベイホテル&ヴィラズ行)(琉球バス交通)運休
※平成26年02月17日:北側国際線旅客ターミナル部 使用開始(国際線バスのりば 使用開始)
※平成25年11月20日:19番系統空港ホテル連絡バス 東エリア(ホテル日航那覇グランドキャッスル行、那覇バス) 運休
※平成25年04月16日:19番系統西エリア 新設
※平成25年04月01日:19番系統東エリア、月桃号・ゆうな号、エアポートライナーA〜E 新設
※平成25年03月16日:YB番系統 新設
※平成24年10月18日:LCCターミナル行アクセスバス 新設
※平成24年10月01日:95番系統 新設
※平成24年07月05日:カトレア号 新設
※平成22年03月31日:月桃号恩納村北一部地区リゾートホテル方面(オキナワマリオットリゾート&スパ行)、ジャスミン号恩納村南一部地区リゾートホテル方面(リザンシーパークホテル谷茶ベイ行)(琉球バス交通・那覇バス) 運休
02-2n.jpg OKATI016.jpg
南側 バスのりば▲     ▲北側 バスのりば
====================
陸上アクセス施設(駐車場) [南・北]
(写真は平成21年08月・平成31年4月撮影)
駐車場は、国内線旅客ターミナル前に第1駐車場と第2駐車場、第3駐車場があります。いずれも有料。
第1駐車場と第2駐車場はそれぞれターミナル連絡橋に近い位置に立体駐車場(1,246台収容)、その外側に第3駐車場(1,226台収容)があります。
お得なプリペイドカードも発行され、旅客ターミナル内に自動販売機も設置されていましたが、ターミナル増築で駐車場台数の不足が予想されているため平成24年に廃止されています。
平成30年に、ターミナル前面道路の混雑緩和のため、1階の一般車停車帯を廃止し、あわせて駐車場の30分間無料化が実施されています。

北側に大きな立体駐車場(月極契約駐車場)がありますが、旅客用としては紹介されていません。

※平成27年12月17日:国際線駐車場 廃止、第3駐車場 開業
※平成28年09月21日:第3駐車場 拡張(688台→1,226台)
※平成30年08月01日:駐車場 30分間無料化
naha01-1_0908.jpg naha01-2_0908.jpg
第1駐車場▲      ▲第2駐車場
OKA021C.jpg OKA021D.jpg
第3駐車場▲    ▲月極契約駐車場

■周辺の見どころ
naha01-2_1211.jpg貨物ターミナル
(写真は平成24年11月撮影)
貨物エリアでは平成21年10月から貨物ターミナルが運用されています。那覇空港貨物ターミナルが整備しており、多くの貨物業者が入っています。
このエリアには、平成24年10月から平成31年3月までLCCターミナルが設置されていました。現在は、LCCターミナルの使用は終了しており、一般利用者は利用できないエリアになっています。
naha07.jpg沖縄都市モノレール本社
(写真は平成24年11月に撮影)
ターミナルエリア南側、国内線旅客ターミナルから徒歩10分ほどのところに沖縄都市モノレールの本社があります。敷地内にゆいれーる展示館があります。
OKA031.jpgゆいれーる展示館
(写真は平成31年4月に撮影)
ゆいれーる展示館は一般公開されています。入場無料。平成31年4月現在、平日のみの営業です。
沖縄都市モノレールに関する様々な展示があります。日本最西端の駅である那覇空港駅・日本最南端の駅赤嶺駅に関する展示や沖縄の鉄道の歴史に関する展示も。東京国際空港に乗り入れている東京モノレールや大阪国際空港に乗り入れている大阪モノレールなどを含めた全国のモノレールの紹介などもあります。
naha01-3_1211.jpg空港内の史跡(先原崎灯台跡等)
(写真は平成24年11月に撮影)
那覇空港周辺には多数の史跡があります。
そのひとつが、貨物エリア付近にある先原崎灯台跡(サチバルザチトウダイアト)。国交省神戸航空交通管制部那覇分室(旧・那覇航空交通管制部)の敷地の一角にある史跡です。
先原グスクと呼ばれる場所で、現旅客ターミナルビル建設の際、平成5年1月に拝所のイシマシガー(湧水井戸)が移転してきています。また、旧ターミナル地区付近の道路沿いには、昭和53年2月に落成した拝所の酉之宮大里、ティージクンガーなども見られましたが、平成28年に先原崎灯台跡付近へ移転しています。酉之宮大里は空港地域の拝所を1か所に集めた集合拝所です。
先原崎灯台自体は、沖縄で最初に建てられた灯台とその官舎・倉庫で、那覇港の入口を照らす灯台でした。太平洋戦争で破壊され、戦後の米軍占領時に航路標識灯が建てられています。
このほか、月極契約駐車場の北側に「嶽國の守護」などがあります。

先原グスクの高台はターミナルの前面道路からも遠目に見ることができます。
平成31年現在、この付近に一般人は立ち入りできません(拝所への参拝はできるようです)。

※平成28年07月24日:酉之宮大里、ティージクンガー 移設
※平成30年10月01日:那覇航空交通管制部 廃止(新設の神戸航空交通管制部への移行時にトラブルとなり、12月13日まで管制業務は継続)
OKA032.jpg旧国道332号線起点
(写真は平成24年11月に撮影)
国交省神戸航空交通管制部那覇分室入口前の道路は、元々那覇市内から旧旅客ターミナル地区を結ぶ国道332号線だった道路です。平成31年4月現在、那覇空港入口交差点から那覇分室入口前までの間は貨物地区となっているためゲートで分断されています。写真は、那覇分室入口前付近から貨物地区側(東方向)を見たところで、元々国道332号線起点だった場所です。
写真を撮影した平成24年には、現在の旅客ターミナルビル側(南側)に繋がる小道からアクセスできましたが、平成31年現在、月極契約駐車場北西脇の交差点から先北側の一般人立ち入りは制限されています(前項の先原崎灯台跡に行くためには、この小道を通過する必要がありますが、拝所参拝目的以外での一般人立ち入りは不可能です)。

■かつてあった見どころ
03s-ffc.jpg
▲DAK旧カウンタ(1階南端時)
OKA03s-FFC.jpg
▲DAK旧カウンタ(1階外部時)
かつてあった見どころ(DAK旧カウンタ)
(写真は平成24年11月撮影)
DAKのカウンタはかつて1階ロビーの南端側にありました。
DAKはエプロンが滑走路を挟んだ西側にあるため、搭乗手続き後は専用車での移動となっていました。カウンタがロビーにあった頃には、建物脇の道路から乗り込んでいました。この車は、いったん国内線ターミナル前面道路を北上したあと、現国際線ターミナル脇で時計まわりにぐるりと回って向きを逆にし、モノレール駅東側の道路を北側から南進。車に乗り込んだ国内線ターミナル南端を越えて、さらに南にあるゲートからエプロン区域に入る非常に面倒な経路を通っていました。

平成26年7月に一度ターミナル外に出てアクセスする南端に専用窓口が移転しました。
新しいカウンタはエプロン区域に面した位置になり、チェックイン後その場で保安検査を実施し、直接エプロン区域に入れたため、前面道路を長い距離送迎車に乗る必要がなくなっていました。

平成30年4月に全便運休されています。

※平成26年07月02日:DAKカウンタ 移転
※平成30年04月01日:DAK 全便運休(廃止)
10-3.jpgかつてあった見どころ(那覇空港郵便局)
(写真は平成24年11月撮影)
平成25年2月まで1階北端に那覇空港郵便局がありました。
郵便局前には国際通りに展示されていた青銅製シーサーが載った白ポストがありました。
平成25年に南側に移転し、簡易郵便局化。近畿日本ツーリスト内で営業していましたが、平成31年に閉店となりました。
※平成25年02月25日:郵便局 移転(北端→南側、簡易郵便局化)
※平成31年02月25日:簡易郵便局 閉店
int003.jpgかつてあった見どころ(国際線側 旧チェックインロビー・カウンタ)
(写真は平成26年2月撮影)
ターミナル統合前は、2階ランド側から見て左側に設置されています。カウンタは、A、Bの大きく2か所です。
ロビーは4階までの吹抜で、カウンタ屋根は琉球瓦を使っています。
※平成31年03月18日:国際線チェックインロビー 移転(2階北側→3階中央)
OKA030-1.jpgかつてあった見どころ(国内線-国際線間 無料巡回バス)
(写真は平成27年3月に撮影)
国際線旅客ターミナルは那覇空港駅側からやや離れた位置にあるため、平成26年5月から平成28年6月まで、国内線旅客ターミナル前1階1番のりばと国際線旅客ターミナル前2番のりばを結ぶ無料巡回バスが運行されていました。日中10分-15分間隔で運行されていました。

※平成26年05月16日:国内線-国際線間 無料巡回バス 新設
※平成26年07月01日:国内線-国際線間 無料巡回バス 廃止
oka030.jpgかつてあった見どころ(LCCターミナルアクセスバス)
(写真は平成26年2月に撮影)
LCCターミナル運用中は、徒歩や自家用車・タクシーではアクセスできないLCCターミナルへのアクセスとして、国内線旅客ターミナル前1階4番のりばとLCCターミナル間にアクセスバスが運行されていました。
LCCターミナル行はLCCターミナル就航航空便の出発・到着便にあわせて運行されていました。

※平成24年10月18日:LCCターミナルアクセスバス 新設
※平成31年03月18日:LCCターミナルアクセスバス 廃止
20.jpgかつてあった見どころ(旧空港貨物)
(写真は平成20年12月撮影)
平成21年10月まで、貨物ターミナルは国際線旅客ターミナルの北側にありました。
この位置には、昭和34年に旧旅客ターミナルが完成。昭和50年から旧国際線ターミナル、昭和61年から旧第2ターミナルなどがありました。
貨物ターミナルは、平成21年10月に空港北東端に移転され、現在、写真の位置では新国際線旅客ターミナルが出来ています。
旧国際線ターミナルと旧国際線駐車場付近では、現国内線ターミナルと現国際線ターミナルをつなぐ連結施設が造成され、平成31年3月に供用開始されました。
====================
かつてあった見どころ(2つのSKYチェックインカウンタ)
(写真は平成24年11月撮影)
SKYのチェックインカウンタは、平成25年9月の北側増築部完成まで、3階チェックインロビー北端と1階北端に分かれて存在していました。行き先別に手続きカウンタが分かれており、3階(第1カウンタ)は東京国際(羽田)線・福岡線専用、1階(第2カウンタ)は成田国際線・中部国際線・関西国際線・神戸線・宮古線・新石垣線・百里(茨城)線専用でした。
03n-sky.jpg 03n-sky2.jpg
かつてあった見どころ(3階北端SKYカウンタ)▲  ▲かつてあった見どころ(1階北端SKYカウンタ)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■那覇空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
那覇空港旅客ビルの公式サイト◎(那覇空港ビルディング株式会社)
那覇空港国内線旅客ターミナルビル

那覇空港プロジェクトの公式サイト◎(内閣府沖縄総合事務局開発建設部那覇空港プロジェクト室)
那覇空港プロジェクト

那覇空港の総合的な調査◎(那覇空港調査連絡調整会議事務局)
那覇空港の総合的な調査

那覇空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※那覇空港の公式サイトではありません。

開設月日 国内線2009.03.29 / 国際線2014.02.17
初調査日 国内線2008.12.18 / 国際線2014.02.11
前調査日 2019.04.08
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

那覇_8月バス便時刻変更

■那覇空港 アクセスバス便時刻変更(2019年8月)

08/01
◎中部観光サービス 那覇空港1番-赤嶺駅-瀬長島ホテル前(空港発0・空港行0→平25土休26・平21土休22)
◎中部観光サービス 那覇空港←瀬長島ホテル前(空港発0・空港行0→0・4)


09月01日:
瀬長島方面が新設されます。途中停留所は赤嶺駅。瀬長島まで約20分300円。

アクセス(瀬長島ウミカジテラス公式サイト)
https://www.hotelwbf.com/senaga/jp/access/senaga0801.pdf
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

2019年07月13日

那覇_空港概要(就航路線)

情報交通ホットライン/日本空港情報館/那覇空港(就航路線)
日本空港情報館
那覇空港
就航路線

■就航路線(国内線)
  ANA   VNL   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
令和元年7月13日現在、JAL(日本航空)、ANA(全日本空輸・ANAウイングス)、スカイマーク、ソラシドエア、スターフライヤー、日本エアコミューター、日本トランスオーシャン航空、Peach Aviation(APJ)、ジェットスター・ジャパン、琉球エアーコミューターにより31路線と、エクセル航空によりヘリチャーター便4路線が運航されています。
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
新千歳ANA*d13
仙台(仙台国際)ANA
百里(茨城)SKY
成田国際(成田)JJP(JAL*d9)・ANA・APJ
東京国際(羽田)JAL・ANA・SKY・JTA*d3
静岡(富士山静岡)ANA
小松JTA
中部国際(セントレア)ANA*d13・JTA・SKY・SNA(ANA)・JJP(JAL*d9)
大阪国際(伊丹)ANA・JAL
関西国際(関空)APJ・ANA・JTA・JJP(JAL*d9)
神戸(マリンエア)SKY・SNA(ANA)
岡山(岡山桃太郎)JTA
広島ANA
岩国(岩国錦帯橋)ANA
高松ANA
松山ANA
福岡ANA*d13・JTA・SKY・APJ
北九州SFJ(ANA)
熊本(阿蘇くまもと)ANA*d13
長崎ANA
宮崎(宮崎ブーゲンビリア)SNA(ANA)
鹿児島SNA(ANA)
奄美(奄美大島)RAC
沖永良部(えらぶゆりの島)JAC
与論RAC
粟国EXC*d1*d2
慶良間EXC*d1*d2
久米島RAC・JTA
北大東RAC*d5
(乗継路線)北大東*d6RAC*d5*d6
南大東RAC
(乗継路線)南大東*d7RAC*d5*d7
宮古JTA・ANA*d13・RAC
新石垣(南ぬ島石垣)JTA・ANA*d13・SNA(ANA)・RAC
与那国RAC
渡嘉敷ヘリポートEXC*d1*d2
渡名喜ヘリポートEXC*d1*d2
*海外航空会社が共同運航されている場合があります。
*d1:不定期チャーター便(ヘリコプターによる運航、ヘリタクシー)
*d2:地元自治体の補助による割引路線(一部路線は船舶便欠航時のみの適用)
*d3:出発便のみの運航
*d5:一部曜日のみの運航
*d6:「乗継路線」=南大東乗継で直行便運賃でアクセスできる空港(同一日に南大東で乗継の場合)
*d7:「乗継路線」=北大東乗継で直行便運賃でアクセスできる空港(同一日に北大東で乗継の場合)
*d8:DAKによる定期的乗合便
*d9:JAL共同運航便はJAL国際線との乗継時のみ
*d11:JALによる運航便あり
*d12:JTAによる運航便あり
*d13:AKXによる運航便あり
*d14:JEXによる運航便あり
*d15:JEXまたはJTAによる運航便あり
*d16:ANKによる運航便あり
*d17:ANKまたはAKXによる運航便あり
*d21:中部国際経由便
*d22:神戸経由便
*d23:沖永良部経由便
*d24:那覇発は福岡経由便、那覇着は神戸経由便

就航路線変遷(平成22年04月01日以降)
※平成21年06月01日:RAC粟国 運休(5/31最終運航)
※平成21年06月04日:ANA静岡 就航
※平成21年06月04日:RAC粟国(不定期乗合) 就航
※平成21年06月18日:RAC粟国(不定期乗合) 運休(6/17最終運航)
※平成21年06月19日:DAK粟国(不定期乗合) 就航
※平成21年06月20日:DAK沖永良部*d5*d8・DAK徳之島*d5*d8*d23 就航
※平成21年11月01日:ANA熊本・ANA宮崎 運休(10/31最終運航)、SNA(ANA)熊本・SNA(ANA)宮崎 就航
※平成22年01月05日:JAL成田国際 就航
※平成22年05月06日:JTA北九州 運休(5/5最終運航)
※平成22年06月01日:JTA神戸 運休(5/31最終運航)
※平成22年08月10日:SKY*d5北九州 就航
※平成22年10月01日:ANA新潟 就航
※平成22年10月31日:JTA松山・JAL福岡・SKY*d5北九州 運休(10/30最終運航)
※平成23年03月27日:JAL中部国際 運休(03/26最終運航)JTA*d11中部国際 就航
※平成23年06月01日:ANA新潟 運休(05/31最終運航)、SKY中部国際 就航
※平成23年09月15日:SKY宮古 就航
※平成23年10月01日:ANA*d16新潟 就航
※平成23年10月30日:ANA*d13松山 就航
※平成23年12月08日:SKY成田国際 就航
※平成24年03月25日:SKY関西国際 就航
※平成24年04月01日:ANK合併によりANAに変更(ANA*d16/ANA*d17→ANA/ANA*d13)
※平成24年06月01日:ANA新潟 運休(05/31最終運航)
※平成24年07月01日:SKY百里 就航、ILC*d1 慶良間 助成運航開始(国際線旅客ターミナル発着)
※平成24年07月09日:JJP成田国際 就航
※平成24年07月13日:JTA関西国際 那覇着便就航
※平成24年07月20日:SKY*d5北九州 就航
※平成24年08月01日:WAJ成田国際 就航
※平成24年08月31日:SKY*d5北九州 運休(08/30最終運航)
※平成24年10月01日:ANA*d13福岡 運休(09/30最終運航)、ANA*d13新潟 就航、SKY百里 神戸経由便化
※平成24年10月18日:APJ関西国際 就航、WAJ成田国際 国内線旅客ターミナルからLCCターミナルに移転
※平成24年10月28日:JAL関西国際 運休(10/27最終運航)、ANA新千歳・JJP関西国際 就航
※平成25年01月08日:RAC*d5与那国 毎日運航化
※平成25年02月22日:RAC与那国 週5往復運航化
※平成25年03月01日:RAC*d5石垣 毎日運航化
※平成25年03月06日:JJP成田国際・JJP関西国際 JAL*d9共同運航便化
※平成25年03月07日:JTA*d3東京国際・ANA*d13石垣・JTA石垣・RAC石垣 運休(03/06最終運航)、ANA*d13新石垣・JTA新石垣・RAC新石垣 就航
※平成25年03月18日:RAC*d5与那国 毎日運航化
※平成25年03月31日:SNA(ANA)長崎・SNA(ANA)熊本 運休、ANA長崎・ANA熊本 就航
※平成25年04月01日:SKY関西国際・SKY宮古 運休(03/31最終運航)
※平成25年06月01日:ANA*d13新潟・ANA神戸 運休(05/31最終運航)、SNA(ANA)神戸・SKY宮古 就航、ILC*d1 渡嘉敷ヘリポート 助成運航開始(国際線旅客ターミナル発着)
※平成25年07月01日:SKY*d22百里 直行便化、ILC*d1 渡名喜ヘリポート 助成運航開始(国際線旅客ターミナル発着)
※平成25年07月10日:SKY新石垣 就航
※平成25年07月13日:JTA*d3東京国際 就航
※平成25年09月01日:JTA*d3東京国際 運休(08/31最終運航)
※平成25年09月02日:DAK*d5*d8慶良間 就航
※平成25年09月13日:APJ新石垣 就航
※平成25年10月01日:WAJ成田国際 運休(9/30最終運航、拠点撤退)、ANA*d13新潟 就航
※平成25年10月22日:ILC*d1座間味ヘリポート 助成運航開始(国際線旅客ターミナル発着)
※平成25年10月27日:SKY百里 神戸経由便化
※平成25年10月29日:DAK*d5*d8慶良間 運休
※平成25年11月01日:ILC*d1伊江島・ILC*d1伊平屋ヘリポート・ILC*d1伊是名場外離着陸場 就航(国際線旅客ターミナル発着)
※平成25年12月20日:VNL成田国際 就航
※平成26年01月01日:ILC*d1*d2慶良間・ILC*d1伊江島・ILC*d1伊平屋ヘリポート・ILC*d1伊是名場外離着陸場・ILC*d1*d2渡嘉敷ヘリポート・ILC*d1*d2座間味ヘリポート・ILC*d1*d2渡名喜ヘリポート 運休(運航一時自粛)
※平成26年04月01日:SKY美保 就航
※平成26年04月07日:APJ新石垣 特定曜日運航化
※平成26年04月25日:APJ*d5新石垣 毎日運航化
※平成26年04月26日:ILC*d1*d2慶良間・ILC*d1*d2渡名喜ヘリポート・ILC*d1*d2渡嘉敷ヘリポート 就航
※平成26年05月08日:APJ新石垣 特定曜日運航化
※平成26年05月30日:APJ*d5新石垣 毎日運航化
※平成26年06月01日:ANA*d13新潟 運休(05/31最終運航)
※平成26年07月18日:SKY*d5*d21百里・JTA*d3東京国際 就航(夏期期間就航)
※平成26年07月19日:APJ新石垣 運休(7/18最終運航・計画欠航)、APJ福岡 就航
※平成26年08月01日:DAK*d5*d8*d23徳之島・DAK*d5*d8沖永良部 運休(07/30最終運航)
※平成26年08月09日:SKY仙台 就航(夏期期間就航)
※平成26年08月31日:SKY*d5*d21百里 運休(到着便8/30・出発便8/31最終運航)
※平成26年09月01日:JTA*d3東京国際 運休(8/31最終運航)
※平成26年09月16日:SKY仙台 運休(9/15最終運航)
※平成26年10月01日:ANA*d13新潟・DAK*d5*d8*d23徳之島・DAK*d5*d8沖永良部 就航、JEX合併によりJALに統合(JAL*d14/JAL*d15→JAL/JAL*d16)
※平成26年10月26日:JAL成田国際・SKY成田国際 運休(10/25最終運航)
※平成26年12月28日:DAK*d5*d8沖永良部 毎日運航化
※平成27年01月04日:DAK*d8沖永良部 特定曜日運航化
※平成27年01月29日:SKY*d5新千歳 就航
※平成27年03月02日:DAK*d5*d8*d23徳之島・DAK*d5*d8沖永良部 運休(2/28最終運航)
※平成27年03月29日:SKY*d5新千歳・ANA*d13鹿児島・SKY宮古・SKY新石垣 運休(3/28最終運航)、SNA(ANA)中部国際・JJP(JAL*d9)中部国際・SNA(ANA)新石垣 就航
※平成27年06月01日:ANA*d13新潟 運休(5/31最終運航)
※平成27年07月17日:JTA*d3東京国際 就航(夏期増便)
※平成27年08月28日:DAK*d8粟国 事故に伴う運休
※平成27年09月01日:SKY*d22百里・JTA*d3東京国際・SKY美保 運休(8/31最終運航)
※平成27年09月14日:ILC*d1粟国 特別割引運航開始
※平成27年10月01日:ANA新潟 就航
※平成27年10月25日:SKY*d22百里 就航
※平成27年11月05日:ILC*d1*d10粟国 粟国村交通移動手段安定化対策事業による割引運航開始
※平成28年02月20日:APJ成田国際 就航
※平成28年03月27日:SKY*d22百里 運休、SKY*d24百里・ANA岩国 就航
※平成28年04月29日:SKY百里 就航(到着便は4/28〜)
※平成28年06月01日:ANA*d13新潟 運休(5/31最終運航)
※平成28年07月16日:JTA*d3東京国際 就航(夏期期間就航)
※平成28年08月11日:SNA東京国際 就航(夏期期間就航)
※平成28年08月22日:SNA東京国際 運休(8/21最終運航)
※平成28年09月01日:JTA*d3東京国際 運休(8/31最終運航)
※平成28年10月01日:ANA*d13新潟 就航、ILC合併によりEXCに変更(ILC*d1→EXC*d1)
※平成28年10月30日:SKY百里・SKY*d24百里・ANA岩国 運休(10/29最終運航)、SKY*d22百里 就航
※平成29年03月26日:SKY*d22百里・APJ成田国際 運休(3/25最終運航)、SKY百里・ANA岩国 就航
※平成29年06月01日:ANA*d13新潟 運休(5/31最終運航)
※平成29年07月04日:SFJ(ANA)北九州 就航
※平成29年07月15日:JTA*d3東京国際 就航(夏期期間就航)
※平成29年09月01日:JTA*d3東京国際 運休(8/31最終運航)
※平成29年10月01日:ANA*d13新潟 就航
※平成29年10月11日:SFJ(ANA)北九州 運休(10/10最終運航)
※平成30年01月15日:DAK*d8粟国 就航(再開)、EXC*d1*d2粟国 自治体による割引運航終了
※平成30年02月08日:SFJ(ANA)北九州 就航
※平成30年04月01日:DAK*d8粟国 運休(3/31最終運航)、EXC*d1粟国 自治体による割引運航再開
※平成30年05月08日:SFJ(ANA)北九州 運休(5/7最終運航)
※平成30年06月01日:ANA*d13新潟 運休(5/31最終運航)
※平成30年06月08日:EXC*d1伊江島・EXC*d1*d2粟国・EXC*d1*d2慶良間・EXC*d1久米島・EXC*d1*d2渡名喜ヘリポート・EXC*d1*d2渡嘉敷ヘリポート 事故に伴う運休
※平成30年07月01日:JAC沖永良部・VNL新石垣 就航
※平成30年07月13日:SFJ(ANA)北九州 就航
※平成30年07月14日:JTA*d3東京国際 就航(夏期期間就航)
※平成30年09月01日:JTA*d3東京国際 運休(8/31最終運航)
※平成30年10月01日:ANA*d13新潟 就航
※平成30年10月28日:SFJ(ANA)北九州 運休(10/27最終運航)
※平成30年11月16日:SFJ(ANA)北九州 就航
※平成30年11月21日:EXC*d1*d2慶良間・EXC*d1*d2渡名喜ヘリポート・EXC*d1*d2渡嘉敷ヘリポート 就航
※平成30年12月17日:EXC*d1*d2粟国 就航
※平成31年03月18日:VNL成田国際・APJ関西国際・APJ福岡・VNL新石垣 LCCターミナルから旅客ターミナルに移転
※令和元年06月01日:VNL成田国際 運休(出発便は5/31・到着便は5/30最終運航)、ANA*d13新潟・VNL新石垣 運休(5/31最終運航)、APJ成田国際 就航
※令和元年07月13日:JTA*d3東京国際 就航(夏期期間就航)

※事前購入型または特定便のみしかない乗継割引設定運賃は平成25年7月から公開を終了しました。(H23.2.1 JAL新千歳・青森・三沢・秋田・山形・仙台・小松・高知・松山 新設、H24.3.25 ANA関西国際 廃止、H25.3.7 JAL与那国 新設、H25.3.31 ANA稚内 新設)
※EXCのヘリタクシーは貸切チャーター便のため、上記路線以外にも就航(自治体補助路線または事前調整不要の日がある路線と空港発着路線のみ掲載)。

■国際線就航路線
令和元年7月13日現在、APJ、アシアナ航空、大韓航空、ジンエアー、チェジュ航空、ティーウェイ航空、イースター航空、エアソウル、中国東方航空、中国国際航空、上海吉祥航空、天津航空、北京首都航空、香港航空、香港ドラゴン航空、チャイナエアライン、エバー航空、華信航空、Tigerair Taiwan、ジェットスター・アジア航空により15路線(定期的チャーター便含む)が運航されています。
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
■東アジア 
[韓国] ソウル ICN(仁川)APJ・AAR(ANA)・ESR・JNA(KAL)・JJA・KAL・TWB・ASV(AAR)
[韓国] 大邱TWB
[韓国] 釜山 金海AAR(ANA)・JNA・JJA
[中国] 北京 首都CCA(ANA)
[中国] 天津CCA
[中国] 南京DKH
[中国] 上海 PVG(浦東)CES(JAL)・DKH
[中国] 杭州DER・CES
[中国] 香港APJ・CRK・HDA(JAL・CPA)
[中国] 西安CES
[台湾] 台北 TPE(桃園)APJ・CAL(JAL)・EVA・TTW
[台湾] 台中MDA
[台湾] 高雄APJ・CAL(JAL)・TTW
■東南アジア・西アジア 
[タイ] バンコク BKK(スワンナプーム)APJ
[シンガポール] シンガポール チャンギJSA
■北アジア・ロシア(定期就航路線なし)
■ヨーロッパ(定期就航路線なし)
■アフリカ(定期就航路線なし)
■北アメリカ・南アメリカ(定期就航路線なし)
■オセアニア(定期就航路線なし)
*曜日・便によって共同運航の航空会社が一部のみとなります。
*i1:定期チャーター便


就航路線変遷(平成26年2月17日以降)
※平成22年11月21日:HDA香港 定期便化
※平成23年07月03日:HDA(CPA)香港 就航
※平成23年07月28日:CHH北京首都 就航
※平成23年09月28日:COA(ANA・UAL)グアム 就航
※平成24年01月11日:CCA北京首都 就航
※平成24年03月03日:コンチネンタル航空運航便をユナイテッド航空運航便に統合(COA→UAL/グアム)
※平成24年04月14日:MDA*i1台中 就航
※平成24年06月30日:MDA台中 定期便化
※平成24年07月01日:TNA*i1台北桃園 就航
※平成24年09月20日:CHH北京 運休
※平成24年10月27日:UAL(ANA)グアム 運休(10/24最終運航)
※平成24年10月31日:CCA北京 運休(10/06最終運航)
※平成24年11月17日:AAR*i1釜山金海 就航
※平成24年12月24日:JNAソウル仁川 就航
※平成25年03月29日:AAR*i1釜山 運休(3/28 最終運航)
※平成25年03月?*日:HKE 香港をCRK香港に変更
※平成25年07月03日:CCA(ANA)北京 就航
※平成25年09月20日:APJ台北桃園 就航
※平成25年11月14日:AAR(ANA)釜山金海 就航
※平成26年01月31日:DKH上海浦東 就航
※平成26年02月10日:APJ台北 国際線旅客ターミナル発着からLCCターミナル発着に移転
※平成26年02月17日:旧国際線旅客ターミナルから新ターミナル発着に移転
※平成26年06月01日:GCR*i1天津 就航
※平成26年06月17日:EVA台北桃園 就航
※平成26年08月03日:APJ台北 運休(計画欠航)
※平成26年08月31日:APJ台北桃園 再開
※平成26年10月29日:DER*i1杭州 就航
※平成26年12月01日:JJAソウル仁川 就航
※平成26年12月25日:TWBソウル仁川 就航
※平成27年01月29日:GCR*i1天津 定期便化
※平成27年02月04日:MDA*i1高雄 定期便化
※平成27年02月21日:APJ香港 就航
※平成27年03月29日:JNAソウル KAL共同運航便化
※平成27年06月29日:TTW台北桃園 就航
※平成27年07月01日:CES福州 就航・DER*i1杭州 定期便化
※平成27年07月17日:CCA天津 就航
※平成27年07月21日:CES杭州 就航
※平成27年09月04日:APJソウル仁川 就航
※平成27年10月25日:JNA釜山金海 就航、MDA高雄 運休(10/24最終運航)
※平成27年10月27日:JJA釜山金海・CAL高雄 就航
※平成27年10月29日:ESRソウル仁川 就航
※平成27年12月?*日:CES福州 運休
※平成28年03月27日:GCR天津 運休(3/24最終運航)
※平成28年03月29日:JJA釜山 運休(3/26最終運航)
※平成28年05月05日:KALソウル仁川 就航
※平成28年05月15日:DER瀋陽 就航
※平成28年07月01日:DKH南京・VAX台北桃園 就航
※平成28年09月08日:DER瀋陽 運休(9/4最終運航)
※平成28年09月14日:VNL台北桃園 就航
※平成28年10月01日:VAX台北 運休(9/30最終運航)
※平成28年10月30日:TNA台北 運休(10/29最終運航)
※平成29年02月19日:APJバンコク 就航
※平成29年02月21日:CAL台北・CAL高雄 JAL共同運航便化
※平成29年03月04日:TTW高雄 就航
※平成29年04月02日:TWB大邱 就航
※平成29年04月03日:CES西安 就航
※平成29年10月29日:APJ香港 運休(10/28最終運航)
※平成29年10月31日:JJA釜山金海 就航
※平成29年11月17日:JSAシンガポール 就航
※平成30年03月27日:JJA釜山 運休(3/24最終運航)
※平成30年04月26日:APJ高雄 就航
※平成30年09月21日:ASV(AAR)ソウル仁川 就航
※平成30年10月29日:JJA釜山金海 就航
※平成31年03月18日:APJソウル仁川・APJ台北桃園・VNL台北桃園・APJ高雄・APJバンコクスワンナプーム LCCターミナルから旅客ターミナルに移転
※令和元年05月29日:HDA香港 JAL共同運航便化
※令和元年05月31日:VNL台北 運休(出発便は5/30・到着便は5/31最終運航)
※令和元年06月28日:APJ香港 就航

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※那覇空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2008.12.18
前調査日 2014.02.17
posted by johokotu at 11:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

那覇_国際線おりば変更へ

■那覇空港 国際線バスおりばの位置を変更へ

琉球バス交通、沖縄バス、那覇バス、東陽バスの4社は3日、7月10日から那覇空港国際線旅客ターミナルバス停のおりば位置(上り終点)を「国内線旅客ターミナル3階ANA側」に変更すると発表しました。

のりば位置を変更するのは、那覇空港国際線旅客ターミナルバス停のおりば位置(上り終点)。旅客ターミナル1階国際線側にあるおりばを、南側、旅客ターミナル3階ANA側に移動するとしています。

「国際線旅客ターミナル前」(上)終点の位置変更 について(琉球バス交通公式サイト)
http://www.ryukyubuskotsu.jp/pdf/RN2019070301/news.html
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☔| Comment(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

2019年06月01日

那覇_6月バス便時刻変更

■那覇空港 アクセスバス便時刻変更(2019年6月)

06/24
◎琉球バス交通 26系統宜野湾空港線 那覇空港(国内線3番→国際線)→サンエーパルコシティー前→宜野湾市営球場前→宜野湾営業所(空港発0・空港行0→平1土休3・0)
◎琉球バス交通 26系統宜野湾空港線 那覇空港(国内線)←倉庫前←サンエーパルコシティー前←宜野湾営業所 (空港発0・空港行0→0・平1土休3)

06/01
◎やんばる急行バス 県庁北口-那覇空港(国内線→国際線)-琉大入口-名護市役所前( 0→ 1)


06月24日:
26系統宜野湾空港線:安謝橋-コンベンションセンター前間で西海岸経由が設定されます。新規の途中停留所は、曙三丁目、沖縄シャープ前、倉庫前(空港行のみ)、サンエーパルコシティー前。サンエーパルコシティー前まで約41分420円。
06月01日:
やんばる急行バス:1往復のみ県庁北口始発・終着となります。県庁北口から那覇空港を経由した後に高速道路経由で名護方面へ向かうため、泊高橋、合同庁舎前、おもろまち一丁目、古島駅前、大平、嘉数、伊芸には未停車です。

ダイヤ改定のお知らせについて(琉球バス交通公式サイト)
http://www.ryukyubuskotsu.jp/pdf/R2019061701/news.html
201便、206便の県庁北口始発・終点のお知らせ(やんばる急行バス公式サイト)
http://yanbaru-expressbus.com/%e6%96%b0%e7%9d%80/201%e4%be%bf%e3%80%81206%e4%be%bf%e3%81%ae%e7%9c%8c%e5%ba%81%e5%8c%97%e5%8f%a3%e5%a7%8b%e7%99%ba%e3%83%bb%e7%b5%82%e7%82%b9%e3%81%ae%e3%81%8a%e7%9f%a5%e3%82%89%e3%81%9b/
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

2019年05月24日

那覇_ゆいレール延伸10/1開業へ

■那覇空港 ゆいレール延伸区間が10月1日に開業へ

那覇空港の乗り入れる沖縄都市モノレールは24日、ゆいレール線の延伸区間(首里-てだこ浦西間)が10月1日に加わるとして旅客運賃設定認可申請を行ったと発表しました。

沖縄都市モノレールが発表したのは、ゆいレール線の旅客運賃設定認可申請。この中で、延伸区間(首里-てだこ浦西間)が10月1日に加わると発表、同日に開業することとなりました。

ゆいレール線は、那覇空港と首里を結んでいるアクセス鉄道で、空港とは反対側の終点首里から先の延伸工事を進めています。
同区間で新設される駅は、石嶺、経塚、浦添前田、てだこ浦西の4駅で、新設される4駅とも那覇空港からの普通運賃は370円となります。

なお、これらの発表に合わせて、来年春から、交通系ICカードSuicaの導入を発表しています。

消費税率引上げに伴う旅客運賃変更及び延長区間開業に伴う旅客運賃設定認可申請について(沖縄都市モノレール公式サイト)
https://www.yui-rail.co.jp/news/2723/
「Suica」サービスを開始します(沖縄都市モノレール公式サイト)
https://www.yui-rail.co.jp/news/2728/
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

那覇_4月バス便時刻変更

■那覇空港 アクセスバス便時刻変更(2019年4月)

04/01
◎カリー観光 美ら海ライナー 那覇空港(国内線1番→国際線2番)→県庁北口*→オリオンモトブリゾート&スパ(空港発0・空港行0→1・0)
◎カリー観光 美ら海ライナー 那覇空港(国内線)←旭橋駅前*←アメリカンビレッジ前←オリオンモトブリゾート&スパ(空港発0・空港行0→0・2)
◎カリー観光 北谷ライナー 那覇空港(国内線1番→国際線2番)→県庁北口*→おもろまち駅前→ラ ジェントホテル沖縄北谷→ヒルトン沖縄北谷リゾート→ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷(空港発0・空港行0→7・0)
◎カリー観光 北谷ライナー 那覇空港(国内線→国際線)←旭橋駅前*←おもろまち駅前←ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷←ヒルトン沖縄北谷リゾート←ラ ジェントホテル沖縄北谷(空港発0・空港行0→0・9)
×カリー観光 北谷ライナー 那覇空港(国内線1番→国際線2番)→県庁北口*→ラ ジェントホテル沖縄北谷→ヒルトン沖縄北谷リゾート→ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷(空港発0・空港行0→7・0)
×カリー観光 北谷ライナー 那覇空港(国内線→国際線)←旭橋駅前*←ダブルツリーbyヒルトン沖縄北谷←ヒルトン沖縄北谷リゾート←ラ ジェントホテル沖縄北谷(空港発0・空港行0→0・9)
*空港からの利用はできません。

04月01日:
カリー観光による本部方面(美ら海ライナー)が新設されます。途中停留所は、県庁北口(空港発)/旭橋駅前(空港行)、おもろまち駅前、アメリカンビレッジ前(空港発は通過)、名護市役所前、ハナサキマルシェ前、海洋博記念公園、センチュリオンホテルリゾートヴィンテージ沖縄美ら海。名護市役所前まで約1時間33分1,600円、海洋博記念公園まで約2時間7分2,000円。
北谷ライナーがおもろまち駅前を経由するようになります。

■カリー観光公式サイト
https://karrykanko.com/
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

那覇_LCCタミ運用終了

■那覇空港 LCCターミナルが旅客扱いの運用終了

那覇空港のLCC旅客ターミナルビルが昨日(17日)の最終便をもって閉館(旅客扱いの運用を終了)しました。

17日をもって閉館されたのは、那覇空港のLCCターミナル。18日に際内連結ターミナル施設の供用開始に伴い、LCCターミナルを使用していたPeach Aviationとバニラ・エアが使用ターミナルを旅客ターミナルビルに移転。17日の最終便をもって閉館(旅客扱いの運用を終了)しました。

那覇空港のLCCターミナルは、平成24年10月に供用された、比較的新しいターミナルです。
日本で初めて格安航空(LCC)向けに整備されたLCC専用ターミナルで、貨物施設を改装した非常に珍しいものでした。
降機・搭乗は当たり前のように歩いての利用。ただ荷物を置くだけのスペースしかない手荷物受取場、簡易区画の店舗など、これまでの空港ターミナル整備では考えられない施設が目白押しでした。貨物施設を活用しているため、制限区域にあることから、専用の連絡バスか特定のレンタカー会社の送迎車でしかアクセスできない不便さもありました。しかし、搭乗に必要なものはしっかり揃っており、金をかけないと整備できない空港ターミナルのこれまでの当たり前を完全否定した、常識を打ち破る注目施設でした。

沖縄へ格安に多くの人々を運んできましたが、設置からわずか6年半で、早くも旅客扱い運用が終了となりました。

■写真とページで軽〜く振り返ります。

日本空港情報館で取り上げていたターミナル情報「那覇_空港概要(旧LCC)」
 http://johokotu.seesaa.net/article/298243334.html
那覇空港LCCターミナルを利用した時の旅行記「そうだ那覇行こう(2日目)」
 http://johokotu.seesaa.net/article/310639578.html

OKALCC001.jpg
オープンしたての頃のLCCターミナルの中(平成24年11月撮影)

OKALCC002.jpg
専用の連絡バスでしかアクセスできなかった(平成26年2月撮影)

OKALCC003.jpg
搭乗時には隣接する貨物施設も見ることができた(平成24年11月撮影)

ラベル:那覇空港 APJ LCC VNL
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

那覇_空港概要(旧LCC)

情報交通ホットライン/日本空港情報館/那覇空港(旧LCC)
日本空港情報館
那覇空港 旧LCCターミナル

平成31年3月17日をもって運用が終了となり、全便が旅客ターミナル発着に変更されました。
このページは平成31年3月の発着便消滅前(旧LCCターミナル)の情報です。

■施設の見どころ:◎◎◎== (運用終了済)小規模/日本初のLCCターミナルで貨物ターミナルを改装した珍しいものです。
■見学者への対応:===== (運用終了済)ターミナルパンフ 無/案内所 無/展望デッキ 無/ファン向け展示 無
■売店の充実度:◎==== (運用終了済)売店2店・飲食店2店・免税品受渡所2か所のみ。
■アクセスの状況:===== (運用終了済)鉄道 無/バス 無/徒歩・自家用車・タクシーでアクセスできず、専用のアクセスバスか指定レンタカー会社の送迎車でのみアクセス可能。


※情報は特記以外平成26年2月11日現在のものです。(このページの情報は平成31年3月の発着便消滅前(旧LCCターミナル)のデータです。)
lcc001.jpg旅客ターミナルの特徴
平成31年3月の発着便消滅前の情報
(写真は平成26年2月撮影)
平成24年10月開業。平成21年10月に完成した貨物ターミナルビルB棟(ANA用ビル)の一部を活用し、LCC向けに整備したターミナルです。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は単層方式です。1階建てで全便地上搭乗になります。
貨物ターミナルを改装したため、日本の旅客ターミナルでは珍しく簡素な造りになっています。簡素とはいっても、多目的お手洗やAEDなども設置されています。
平成26年2月には国際線対応工事が完了し、国際線の発着が始まりました。
Peach Aviation(APJ)とバニラ・エア(VNL)のみが利用しています。
ターミナル内のサインは、白地に黒文字です。
lcc02.jpgターミナル前面
平成31年3月の発着便消滅前の情報
(写真は平成24年11月撮影)
ターミナル前面には交通広場があり、指定レンタカー会社送迎車の一時停車スペース等が設けられています。
建物の出入口は2か所。出入口のすぐ前がバスのりばになっており、国内線旅客ターミナルとの間を結ぶシャトルバスが発着しています(シャトルバスは航空便の出発・到着時刻に合わせた運行/那覇バス)。
貨物地区が制限区域内に当たるため、出入口にはゲートがあり、専用車以外で出入りできなくなっています。
lcc003.jpgロビー
平成31年3月の発着便消滅前の情報
(写真は平成26年2月撮影)
ランド側は全面にわたってロビー空間となっています。天井が高く、開放感があります。
入口を入って左側に飲食店と国内線出発口、右奥側にチェックインカウンタと国際線出発口、到着口(国内線・国際線共通)があります。
※平成26年02月10日:国際線エリア(出発口、到着口など)使用開始
lcc004.jpgチェックインカウンタ
平成31年3月の発着便消滅前の情報
(写真は平成26年2月撮影)
ランド側からVNLとAPJのカウンタがあります。自動チェックイン機もあります。
※平成25年10月01日:エアアジア・ジャパン 撤退
※平成25年12月20日:VNL就航 カウンタ新設
lcc005.jpg搭乗口・搭乗待合室
平成31年3月の発着便消滅前の情報
(写真は平成26年2月撮影、写真は国際線搭乗口と到着口)
国内線出発口は入口を入って左側、国際線出発口は入口を入って右側に配置されています。
搭乗口は1番-5番の5か所で、1番と2番は国内線専用、3番は国内線国際線兼用、4番と5番は国際線専用で使用されています。
※平成26年02月10日:国際線出発エリア 使用開始(国際線出発口 新設・搭乗待合室 拡張)
DSCF7050.JPGエプロン側出入口
平成31年3月の発着便消滅前の情報
(写真は平成24年11月撮影)
貨物ターミナルを改装した旅客ターミナルであるため、エプロン側は、貨物用の大きな出入口から出入りします。
大きな空港では珍しく飛行機への搭乗・降機は徒歩による地上搭乗になります。
lcc08.jpg手荷物受取場
平成31年3月の発着便消滅前の情報
(写真は平成24年11月撮影)
国内線手荷物受取場は1か所。スペースは2か所あります。国際線施設整備に伴い、場所が変更されています。バゲージベルトやカウンタ、受渡台はなく、床に置かれます。受取場に受渡台やカウンタがないのは国内空港ではここだけです。
国際線手荷物受取場は、税関カウンタ手前にあり、国内線手荷物受取場を通って外に出る経路になっています。
※平成26年02月10日:国際線到着エリア 使用開始
lcc007.jpg売店・飲食店
平成31年3月の発着便消滅前の情報
(写真は平成24年11月撮影)
・ロビー:売店1店(美ら島)、飲食店1店(35COFFEE)
・国内線搭乗待合室:売店1店(@festa)、飲食店1店(Wine makers factory)
・国際線搭乗待合室:免税店1店(DUTY FREE STAND)
各搭乗待合室に市中免税店のDFSギャラリア沖縄免税品受渡所があります。
いずれも区画されていない店舗です。
ロビーには全身プリクラ機が置かれています。
※平成24年12月21日:DFSギャラリア沖縄免税品受渡所 新設
※平成25年02月28日:コスミック 開店
※平成25年03月01日:Wine makers factory 開店
※平成26年02月10日:国際線到着エリア 使用開始(@festa、DFSギャラリア沖縄免税品受渡所 新設)
※平成27年**月**日:コスミック 閉店
※平成27年04月21日:美ら島 開店
※平成28年**月**日:玄こつ 閉店
※平成28年**月**日:@festa 閉店
※平成28年06月01日:DUTY FREE STAND 開店
lcc11.jpgレンタカーカウンタ
平成31年3月の発着便消滅前の情報
(写真は平成24年11月撮影)
出発口と到着口の間にレンタカーカウンタがあります。トヨタレンタリース、OTSレンタカー、オリックスレンタカー、ニッポンレンタカー、ルフト・トラベルレンタカーの5社がカウンタを構えています。
カウンタを開設している5社を利用する場合、送迎車でターミナルへの出入りができます。

※平成28年01月**日:ルフト・トラベルレンタカー カウンタ開設

■就航路線(国内線・国際線)
→「就航路線」参照>
■那覇空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
那覇空港LCCターミナルの公式サイト◎(ANAホールディングス)
※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※那覇空港の公式サイトではありません。

開設月日 2012.10.18
初調査日 2012.11.18
前調査日 2014.02.11

posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

2019年02月24日

那覇_夏 VNL全便運休へ

■那覇空港 夏ダイヤでVNLが全便運休へ

天草エアラインと新中央航空を除く国内線定期便就航航空各社は、今夏のダイヤ(3月31日〜10月26日、一部航空会社は一部期間のみ)を発表しました。那覇空港では、バニラ・エア(VNL)が全便運休します。

夏ダイヤで一番の注目点は、VNLの全便運休。VNLは6月1日から成田国際(成田)線1日1往復、新石垣線1日2往復を運休して全便を運休、拠点撤退します。
これに合わせてVNLとの統合が予定されているPeach Aviation(APJ)が6月1日から成田線1日2往復を新規就航する一方、新石垣線は就航を表明しておらず、運休となります。
また、6月1日〜9月30日にANAが新潟線1日1往復を期間運休します。
日本トランスオーシャン航空(JTA)は、7月13日〜8月31日に、JTAが東京国際線1日0.5往復(那覇発1便・那覇着0便)を期間就航します。

既存路線の増減便は細かい変更が多数あります。
JALは、3月31日〜5月7日と7月1日〜7月12日、9月1日〜9月30日に東京国際(羽田)線、7月13日〜8月31日に大阪国際(伊丹)線を各1日1往復期間増便します。
JTAは、5月8日〜5月25日に岡山線を1日1〜2往復期間増便します。
琉球エアーコミューター(RAC)は、与論線を7月13日〜8月31日に1日1往復、9月1日〜9月30日に週6往復期間増便します。
JTAとRACで運航している久米島線は、運航便数を二社で調整します。7月13日〜8月31日に、JTAが1日1.5往復(那覇発1便・那覇着2便)増便し、代わりにRACが久米島線を1日1往復減便します。
ANAは、3月31日から伊丹線を1日1往復減便します。伊丹線は4月27日〜5月6日と8月1日〜8月20日に1日1往復、7月13日〜7月31日と8月21日〜8月31日にさらに1日1往復を期間増便します。また、7月12日〜8月31日に羽田 線を週6往復、4月27日〜5月6日に宮古線を1日1往復、中部国際(中部)線を1日2往復、8月9日〜8月31日に中部線を1日1往復それぞれ期間増便します。
スカイマークは、3月31日から神戸線を1日1往復増便します。
ジェットスター・ジャパン(JJP)は、3月31日から関西国際線を最多便数で1日1往復増便します。

ソラシドエア、スターフライヤーは、路線数・便数に変更はありません。

JJPは、一部日程や期間・曜日により運航便数が細かく異なります。

今回のダイヤ変更により、那覇発着は、一部期間を除き、11社31路線151往復から10社31路線150往復と、社数・便数が縮小します。

■3月31日以降の那覇発着便就航先と便数
千歳 1:ANA1
仙台 1:ANA1
茨城 1:SKY1
成田 6:JJP(JAL)2〜4*a・APJ2(+2)*b NEW!・ANA1
羽田 30:JAL12*c・ANA12*d・SKY6
新潟 1:ANA1*e
小松 1:JTA1
静岡 1:ANA1
中部 12:JTA4・SKY3・ANA2*f・SNA(ANA)2・JJP(JAL)1〜2*a
伊丹 5:ANA3(△1)*g、JAL2*h
関空 12:ANA4、JTA3、APJ3、JJP(JAL)1〜3(+1)*a
神戸 6:SNA(ANA)3、SKY3(+1)
岡山 1:JTA1*i
広島 1:ANA1
岩国 1:ANA1
高松 1:ANA1
松山 1:ANA1
福岡 20:ANA8・JTA6・SKY4・APJ2
北九州 1:SFJ(ANA)1
長崎 1:ANA1
熊本 1:ANA1
宮崎 1:SNA(ANA)1
鹿児島 2:SNA(ANA)2
奄美 1:RAC1
沖永良部 1:JAC1
与論 1:RAC1*j
北大東 0.5:RAC0.5*k
南大東 1.5:RAC1.5*l
久米島 7:RAC6*m・JTA1*n
宮古 14:JTA8・ANA5*o・RAC1
石垣 16:JTA7・ANA6・SNA(ANA)2・RAC1
与那国 1:RAC1
*a 成田国際JJP(JAL)・中部国際JJP(JAL)・関西国際JJP(JAL)は期間・曜日により運航便数が細かく異なります。
*b 期間途中からの就航 06/01-成田国際APJ0→2(+2) NEW!
*c 期間増便有 03/31-05/07・07/01-07/12・09/01-09/30 東京国際JAL12→13(+1)
*d 期間増便有 07/12-08/31 東京国際ANA12→12+週6(+週6)
*e 期間運休有 06/01-09/30 新潟ANA1→0(△1) 期間運休
*f 期間増便有 04/27-05/06 中部国際ANA2→4(+2)・08/09-08/31中部国際ANA2→3(+1)
*g 期間増便有 04/27-05/06・08/01-08/20 大阪国際ANA3→4・07/13-07/31・08/21-08/31 大阪国際ANA3→5(+1)
*h 期間増便有 07/13-08/31 大阪国際JAL2→3(+1)
*i 期間増便有 05/08-05/25 岡山JTA1→2〜3(+1〜2)
*j 期間増便有 07/13-08/31 与論RAC1→2(+1)、09/01-09/30 与論RAC1→1+週6(+週6)
*k 北大東RAC 那覇発週4・北大東発週3/南大東同日乗継 直行運賃で利用可(那覇発週3・北大東発週4)
*l 南大東RAC 那覇発1+週3・南大東発1+週4/北大東同日乗継 直行運賃で利用可(那覇発週4・南大東発週3)
*m 期間減便有 07/13-08/31 久米島RAC6→5(△1)
*n 期間増便有 07/13-08/31 久米島JTA1→2.5(+1.5、那覇発1→2・那覇着1→3)
*o 期間増便有 04/27-05/06 宮古5→6(+1)
* 期間就航有 07/13-08/31 東京国際JTA0→0.5(+0.5、那覇発0→1・那覇着0→0) NEW!
* 期間途中から運休有 06/01- 成田国際VNL1→0(△1) 運休・新石垣VNL2→0(△2) 運休

posted by johokotu at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

那覇_新タミに36店舗

■那覇空港 新ターミナルエリアに36店舗が出店へ

那覇空港ビルディングは20日、3月に供用開始する際内連結ターミナル(新ターミナルエリア)に36店舗を出店すると発表しました。

那覇空港ビルディングが発表したのは、3月18日に供用開始する新ターミナルエリアの出店テナント。新ターミナル2階に商業エリアのYUINICHI STREET(ゆいにちストリート)、3階と4階に滑走路の見える店舗を配置し、4階にはフードコートも設けるとしています。

新たに出店するのは、コンコース内3店舗、一般ロビー33店舗の合計36店舗です。
コンコース内はANA FESTA2店舗と空人。一般ロビーには、沖縄の店舗の他、おたべ・辻利、東京豚骨ラーメンばんから、とんかつ新宿さぼてんなど、沖縄地域外の店舗もオープンする予定になっています。

那覇空港 新ターミナルエリアへの出店テナントについて(那覇空港ビルディング公式サイト)
http://www.naha-airport.co.jp/news/detail.html?p=4171&category_genre=jp_important_news&news_year=2019
ラベル:那覇空港
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

那覇_2月バス便時刻変更

■那覇空港 アクセスバス便時刻変更(2019年2月)

02/01
◎沖縄エアポートシャトル有限責任事業組合 リゾートライナー 那覇空港([OAS01]国内線1番→[OAS02]国際線2番)→[OAS03]県庁北口→[OAS10]かりゆしビーチ前→[OAS11]名護市役所前→[OAS12]本部港→[OAS14]沖縄美ら海水族館(記念公園前)→[OAS15]エメラルドビーチ前→[OAS17]備瀬フクギ並木入り口(空港発0・空港行0→3・0)
◎沖縄エアポートシャトル有限責任事業組合 リゾートライナー 那覇空港([OAS01]国内線1番→[OAS02]国際線2番)→[OAS03]県庁北口→[OAS10]かりゆしビーチ前→[OAS11]名護市役所前→[OAS14]沖縄美ら海水族館(記念公園前)→[OAS15]エメラルドビーチ前→[OAS17]備瀬フクギ並木入り口(空港発0・空港行0→4・0)
◎沖縄エアポートシャトル有限責任事業組合 リゾートライナー 那覇空港([OAS01]国内線1番→[OAS02]国際線2番)→[OAS03]県庁北口→[OAS10]かりゆしビーチ前→[OAS11]名護市役所前(空港発0・空港行0→2・0)
◎沖縄エアポートシャトル有限責任事業組合 特急リゾートライナー 那覇空港([OAS01]国内線1番→[OAS02]国際線2番)→[OAS03]県庁北口→[OAS11]名護市役所前→[OAS12]本部港→[OAS14]沖縄美ら海水族館(記念公園前)→[OAS15]エメラルドビーチ前→[OAS17]備瀬フクギ並木入り口(空港発0・空港行0→3・0)
◎沖縄エアポートシャトル有限責任事業組合 エアポートライナー 那覇空港([OAS01]国内線→[OAS02]国際線)←[OAS04]旭橋駅前←[OAS10]かりゆしビーチ前←[OAS11]名護市役所前←[OAS12]本部港←[OAS14]沖縄美ら海水族館(記念公園前)←[OAS16]ホテルオリオンモトブリゾート&スパ←[OAS17]備瀬フクギ並木入り口(空港発0・空港行0→0・8)
◎沖縄エアポートシャトル有限責任事業組合 特急エアポートライナー 那覇空港([OAS01]国内線→[OAS02]国際線)←[OAS04]旭橋駅前←[OAS11]名護市役所前←[OAS12]本部港←[OAS14]沖縄美ら海水族館(記念公園前)←[OAS16]ホテルオリオンモトブリゾート&スパ←[OAS17]備瀬フクギ並木入り口(空港発0・空港行0→0・2)
◎沖縄エアポートシャトル有限責任事業組合 特急エアポートライナー 那覇空港([OAS01]国内線→[OAS02]国際線)←[OAS04]旭橋駅前←[OAS11]名護市役所前←[OAS14]沖縄美ら海水族館(記念公園前)←[OAS16]ホテルオリオンモトブリゾート&スパ←[OAS17]備瀬フクギ並木入り口(空港発0・空港行0→0・1)
◎沖縄エアポートシャトル有限責任事業組合 特急エアポートライナー 那覇空港([OAS01]国内線→[OAS02]国際線)←[OAS04]旭橋駅前←[OAS11]名護市役所前←[OAS14]沖縄美ら海水族館(記念公園前)(空港発0・空港行0→0・1)
×沖縄エアポートシャトル有限責任事業組合 リゾートライナー 那覇空港(国内線1番→国際線2番)→県庁北口→ホテルオリオンモトブリゾート&スパ(空港発12・空港行0→0・0)
×沖縄エアポートシャトル有限責任事業組合 エアポートライナー 那覇空港(国内線→国際線)←旭橋駅前←ホテルオリオンモトブリゾート&スパ(空港発0・空港行11→0・0)


02月01日:
沖縄エアポートシャトルの本部方面が変更されます。経由地が変更になり、一部途中停留所が廃止・新設されるほか、途中停留所を通過する特急を新設。途中停留所発着便が設定されます。([OAS13]ハナサキマルシェ前は3月22日からの停車)
なお、変更に合わせて標柱番号が設定されます。
・継続バス停:[OAS04]旭橋駅前(空港行のみ)、[OAS03]県庁北口(空港発のみ)、[OAS08]ナビービーチ前(トイレ休憩)*、[OAS10]かりゆしビーチ前*、[OAS11]名護市役所前、[OAS14]沖縄美ら海水族館(記念公園前)、[OAS16]ホテルオリオンモトブリゾート&スパ(空港行のみに変更)
・新設バス停:[OAS05]おんなの駅(なかゆくい市場前)*、[OAS06]タイガービーチ前*、[OAS07]サンマリーナビーチ前*、[OAS12]本部港、[OAS13]ハナサキマルシェ前、[OAS15]エメラルドビーチ前(空港発のみ)、[OAS17]備瀬フクギ並木入り口
・廃止バス停:泊高橋、おもろまち駅前広場、本部町観光協会前
(*は特急未経由バス停)

2019年2月1日よりダイヤ改正・バス停新設(沖縄エアポートシャトルLLP公式サイト)
https://www.okinawa-shuttle.co.jp/topics/1746
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☁| Comment(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

2018年12月29日

那覇_国内もPSFC徴収へ

■那覇空港 来夏ダイヤから国内線でもPSFCの徴収開始へ

那覇空港の国内線旅客ターミナルビルを運営している那覇空港ビルディングは28日、来年3月31日搭乗分から那覇空港港国内線旅客ターミナルビル利用の際にも旅客取扱施設利用料(PSFC)の徴収を開始すると発表しました。

那覇空港ビルディングが発表したのは、那覇空港港国内線旅客ターミナルビル利用時のPSFCの徴収開始。
来年3月31日搭乗分より徴収するとしており、出発・到着客それぞれ1人当たり大人120円・小人60円が徴収されます。

公開された約款では対象施設は「国内線旅客ターミナルビル」と記載されていますが、従来の国内線ビルに加え、3月18日に供用開始予定の際内連結ターミナル施設も対象となる模様です。
那覇空港ビルディングが管理していないLCCターミナルは対象外ですが、LCCターミナルを利用しているPeach Aviationとバニラ・エアは3月18日に際内連結ターミナル施設へ移転予定のため、国内線を就航する全社が対象になることになります。

那覇空港では、既に国際線旅客ターミナルビル利用時にはPSFCを徴収しています。

国内線ビルにおける旅客取扱施設利用料(PSFC)の導入について(那覇空港ビルディング公式サイト)
http://www.naha-airport.co.jp/news/detail.html?p=4047&category_genre=jp_important_news&news_year=2018
ラベル:那覇空港
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

那覇_連結施設一部先行供用へ

■那覇空港 際内連結ターミナル施設18日に一部区画を先行供用開始へ

那覇空港ビルディングは13日、那覇空港際内連結ターミナル施設の供用開始日を発表しました。18日に一部区域を先行供用開始し、来年3月18日に全体の供用を開始するとしています。

那覇空港ビルディングが発表したのは、現在建設を進めている際内連結ターミナル施設の供用開始日。全体の供用開始は、来年3月18日と発表されました。
このうち、今回増設される2階国内線搭乗待合室と37番・41番スポット用旅客搭乗橋を今月18日に先行供用開始するとしています。37番スポットは、旧国際線ターミナル前付近、41番スポットは、現国際線旅客ターミナルに食い込む位置に新設される予定です。

既に12日、Peach Aviationとバニラエアが3月18日に際内連結ターミナル施設へ移転することを発表しています。

※各種報道によりますと、本情報は報道機関向けに12日に発表された模様ですが、公式サイトのお知らせは13日発表となっています。

那覇空港際内連結ターミナル施設供用開始日について(那覇空港ビルディング公式サイト)
http://www.naha-airport.co.jp/news/detail.html?p=4080&category_genre=jp_important_news&news_year=2018
ラベル:那覇空港
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

那覇_LCC2社が3月に移転

■那覇空港 LCC2社が3月に際内連結ターミナルへ移転決定

那覇空港のLCCターミナルを使用しているPeach Aviation(APJ)とバニラエア(VNL)は12日、3月18日に那覇空港のターミナルを際内連結ターミナルへ移転すると発表しました。

APJとVNLが移転するのは那覇空港の使用ターミナル。3月18日に、現在使用しているLCCターミナルから、際内連結ターミナルへ移転すると発表しました。
両社ともチェックインカウンタは、国内線と国際線ともに、同ターミナルの3階に移転することになりました。

那覇空港では現在、国内線旅客ターミナルと国際線旅客ターミナルの間に、際内連結ターミナル施設を建設しており、両社の発表で、同日から供用開始になることが発表されています。

VNLのプレスリリースでは、館内図も発表されており、増設される際内連結ターミナル施設の館内状況が判明しました。
国内線、際内連結、国際線の施設は、1階と4階はそれぞれが分離されており、2階と3階は国内線と国際線のロビーが連結します。
チェックインロビーは3階で、際内連結の増築部分には国際線のカウンタが広く設けられる模様です。国際線のチェックインカウンタは現在国際線2階に設けられており、移転するものと見られます。
出発保安検査場は2階で、際内連結にも新しい国内線用検査場が1か所増設。国際線の並びに新しい37番搭乗口が新設されます。また、際内連結1階に95-98搭乗口が記載されており、新しい地上搭乗口が設けられる模様です。
際内連結ターミナル内は、3階中央部に新しい吹き抜けホール(ふくぎホール)、2階に商業区域が設けられることになっています。

那覇空港のLCCターミナルは、APJとVNLのみが使用しており、両社がターミナルを移転することで、使用航空会社がなくなることになります。

那覇空港の使用ターミナルが変更へ(APJ公式サイト)
https://corporate.flypeach.com/cms/wp-content/uploads/2018/12/181212-Press-Relelase-J.pdf
【2019年3月18日より】 那覇空港における使用ターミナル移転のお知らせ(VNL公式サイト)
https://www.vanilla-air.com/jp/news/3583

ラベル:那覇空港 APJ VNL
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | 那覇空港 | 更新情報をチェックする