2019年09月02日

宮古_空港概要

情報交通ホットライン/日本空港情報館/宮古空港
日本空港情報館
宮古空港

mmy000.jpg
宮古空港

■飛行場の概要
沖縄県宮古島市にある地方管理空港(旧第3種空港)です。
沖縄県の中心地である沖縄本島と八重山地方の間にある宮古諸島の玄関空港です。昭和18年旧海軍飛行場として開場、戦後米軍基地を経たのち、昭和31年民間定期便が就航しました。
令和元年9月現在、国内線のみの運航で、ANA(全日本空輸、ANAウイングス)、日本トランスオーシャン航空、琉球エアーコミューターにより7路線が運航されています。


■飛行場種別:地方管理空港(旧第3種空港)
■設置管理者:沖縄県
■滑走路延長:2000m
■空港コード:MMY/ROMY
■旅客ビル管理者:宮古空港ターミナル


■施設の見どころ:◎◎◎◎= 中規模/サシバが羽を広げた様子を表現した珍しい外観・内装で、随所に植栽された美しいターミナルです。
■見学者への対応:◎◎=== ターミナルパンフ 無/空港案内所 有/展望デッキ 無料/ファン向け展示 若干
■売店の充実度:◎◎◎== 売店10店・飲食店3店/宮古地域全域の土産が手に入ります。
■アクセスの状況:◎==== 鉄道 無(島内に無)/バス 有(本数少)


※就航路線は令和元年9月、そのほかの情報は平成26年2月現在のものです。
SKYVIEW
那覇→宮古便の右窓席から撮影。空港南東側上空。

skyview2.jpg skyview.jpg
写真中央左右に伸びているのが宮古空港の滑走路です。宮古島中央部にほど近い空港で、エプロンは南東側(写真手前側)にあります。空港北西側(写真奥側)に宮古島市の中心街が広がっており、エプロンのある南東側は畑が目立ちます。
写真左上にある島は、伊良部島と下地島です。写真ではわかりづらいですが、島間が最も狭いところに伊良部島大橋を建設中でした(平成27年1月に開通しています)。

mmy002.jpg旅客ターミナルの特徴
(写真は平成26年2月撮影)
平成9年に完成した新しいターミナルビルです。
地上3階建。駐機方式はフロンタル方式、動線方式は1・1/2層方式です。1階にチェックインロビーと到着ロビー、2階に出発ロビー、搭乗待合室、売店、飲食店、3階に送迎デッキがあります。3階にかけて中央部などが吹抜になっています。
サシバ(秋に飛来してくる渡り鳥)が羽を広げた様子をイメージし、沖縄独特の赤瓦を持つ印象的な外観です。斜めになっている構造が多く、ガラス面を多用した明るいターミナルになっています。ターミナル内外に美しい南国の花や木々が植えられている非常に美しいターミナルです。
館内のサインは、濃灰地に白文字のものが主流です。出発関係、到着関係は、図柄部分の色を変えて表現しています。(出発は緑色、到着は黄色)
MMY001n.jpgターミナル前面
(写真は平成26年2月撮影)
大きく屋根が張り出したターミナル前面で、歩道部分はやや広めにとられています。出入口は出発側、中央、到着側の3か所です。植栽が美しい前面で、南国ムード満点です。
吊サインは、出発側は航空会社のサインを掲示しています。
バスのりばは1か所です。路線バスの運行本数は少なく、朝夕に計3便ターミナル前まで乗り入れない便があり、この場合は徒歩5分ほどの新空港前バス停を利用することになります。(ターミナル乗入便は1日3〜4便、平良まで約20分、宮国行はバス前面に「上野」と掲出)。
■バスのりば
5番新里宮国線 平良行(宮古病院経由 有)(宮古協栄バス)
9番みやこ下地島空港リゾート線 みやこ下地島空港行(平良経由)(宮古協栄バス)
みやこ下地島空港行(中央交通)*a
5番新里宮国線 宮国方面上野一周(ヤーバル経由・豊原経由)(宮古協栄バス)
9番みやこ下地島空港リゾート線 シーブリーズカジュアル前行(宮古協栄バス)

*a:終点まで途中下車できません。

※平成27年02月01日:新里宮国線 平良行 経由地を変更
※平成29年09月01日:宮古島くるりんバス 北ルート平良港行(市役所前経由)、南ルート平良港行(イオンタウン南店前経由)(JTB沖縄) 新設
※平成29年12月01日:平良港行(市役所前経由・イオンタウン南店前経由) 運休(11/30最終運行)
※平成30年04月02日:宮古島くるりんバス 豊作まわり空港ターミナル前行(平良港前経由)・大漁まわり平良港行(まるちくタクシー・かりゆしタクシー) 新設
※平成30年09月29日:宮古島くるりんバス 豊作まわり空港ターミナル前行(平良港前経由)・大漁まわり平良港行(まるちくタクシー・かりゆしタクシー) 運休
※平成31年03月30日:みやこ下地島空港行・みやこ下地島空港行(平良経由)・シーブリーズカジュアル前行 新設
※伊良部島方面のバス等他路線への乗り継ぎは終点平良ではなく平良港下車。
mmy003.jpgチェックインロビー
(写真は平成26年2月撮影)
1階ランド側から見て左側に設置されています。
天井面、壁面、床面とも白色で統一された明るいロビーで、一部は天井がやや高いロビーになっています。右側にある到着ロビーとの間は中央アメニティフロアになっています。
MMY004n.jpgチェックインカウンタ
(写真は平成26年2月撮影)
建物端側からANAグループ(ANA・AKX)、日本トランスオーシャン航空グループ(JTA・RAC)のカウンタが並びます。JTAカウンタは日本航空グループのデザインです。

※平成23年09月15日:SKY カウンタ新設
※平成25年04月01日:SKY 運休
※平成25年06月01日:SKY 再就航
※平成27年03月29日:SKY 運休、拠点撤退
mmy005.jpg出発ロビー
(写真は平成26年2月撮影)
2階中央部は出発ロビーになっています。3階までの吹抜になっており、ガラス面が多用された明るいロビーになっています。
mmy006.jpg出発口
(写真は平成26年2月撮影)
2階中央部に設置されています。入口は1か所です。
搭乗案内掲示は平成24年に改修され、ディスプレイ表示となっています。
mmy007.jpg搭乗待合室
(写真は平成26年2月撮影)
ランド側から見て左側が搭乗待合室になっています。エプロン側は全面ガラスになっており、非常に明るい待合室です。軽食売店1店(ぐりーんりーふ)があります。
搭乗改札はA-Cの3か所で、AとBは隣り合って配置されています。搭乗橋は3基あり、3番、5番、6番のスポットで利用されています。地上搭乗となる1番、2番は3番搭乗橋側から外階段を下りてアクセスする形になります。
mmy008.jpg手荷物受取場
(写真は平成26年2月撮影)
1階ランド側から見て右側は到着エリアになっています。
エプロン側に手荷物受取所があり、ターンテーブルは2本です。宮古島の魚が泳ぐ水槽があります。
mmy009.jpg到着口・到着ロビー
(写真は平成26年2月撮影)
1階ランド側から見て右側に設置されています。出口は2口です。
到着案内掲示は出発口同様にディスプレイです。
ロビーは、中央アメニティフロアのすぐわきにある広いロビーです。ロビーわきに交番、中央アメニティフロア側に総合案内所があります。
mmy010.jpg売店・サービス店
(写真は平成26年2月撮影)
2階中央ランド側に売店が集まっています。各店とも宮古諸島各島の土産が集まっています。

・1階中央ロビー:売店1店舗(てぃだ待茶屋)
・2階出発ロビー:売店8店舗(マイパマ、砂山、山野美、美ら旅、宮古島空港市場、雪塩菓房、もりやす、万喜)・サービス店1店(てもみん)
・2階搭乗待合室:軽食売店1店舗(ぐりーんりーふ)

※平成26年04月23日:宮古島空港市場 開店
※平成**年**月**日:みーや 閉店
※平成24年07月01日:てもみん 開店
※平成24年06月12日:ぐりーんりーふ 開店
※平成23年06月10日:みーや 開店
※平成23年**月**日:てぃだ待茶屋 開店
※平成21年10月28日:雪塩菓房 開店
※閉店店舗:ガンズゥ、みやこ屋、サシバ
mmy011.jpg飲食店
(写真は平成26年2月撮影)
2階ロビーにあります。宮古そばなど宮古の味が充実しています。

・2階出発ロビー:3店舗(ぱいぱいのむら、A&W、すなかぎ)

※平成24年07月16日:A&W 開店
※平成24年05月30日:か〜らや〜 閉店
※閉店店舗:スナックさしば
mmy013.jpg送迎デッキ
(写真は平成26年2月撮影)
3階中央部に屋上があり、送迎デッキになっています。入場無料。一部に屋根が設置されています。
柵はかなり高い位置まで張られていますが、柵は縦方向にしかなく、中型カメラでの撮影は可能です。
mmy014.jpg送迎デッキからのながめ
(写真は平成26年2月撮影)
ターミナルは滑走路の南東側に設置されており、正面には滑走路の向こうに宮古島市中心部の街並みが広がります。ほぼ終日順光条件です。地方空港としては珍しく、エプロンと誘導路を結ぶ接続路は両端に2本あります。
ターミナルビルは滑走路のちょうど中央付近に設置されており、飛行機が離陸する瞬間はやや斜め気味の撮影になることが多いようです。
mmy015.jpg陸上アクセス施設(駐車場)
(写真は平成26年2月撮影)
ターミナルの前に、県営駐車場460台分、契約駐車場140台分の駐車場があります。ターミナル駐車場は芝生による緑化が行われています。
レンタカー各社は、空港周辺に点在しており、空港のカウンタまたは到着ロビーで手続後、営業所まで送迎の形になります。
mmy016.jpgモニュメント
(写真は平成26年2月撮影)
館内には中庭があり、モニュメントのような存在になっています。
館外には、ターミナル正面に、赤瓦屋根を持つあづまやなどがあるフナイ広場があります。床面にフナイマークというマークがあるのですが、このマーク、経営コンサルタント会社船井本社の会長がデザインしたマークだそうです。現地案内板によれば、「このマークの真ん中に立つと、良いエネルギーが集まり気分がよくなると言われております」という解説も。宮古空港は、こんなマークも空港正面のモニュメントになってしまう珍しい公共施設でもあります。
このほか、空港の正面入口わきには、拝所の山うり御嶽と霊石があります。宮古空港が海軍飛行場となる前にこの地にあった七原部落のもので、いまも大切にされています。
mmy017.jpg空港限定泡盛「鸇」
(写真は平成26年2月撮影)
宮古空港ターミナル直営売店では空港限定泡盛の「鸇」が販売されています。
ターミナルビルのネットショッピングサイトでは、この泡盛が大々的に扱われています。
19.jpg周辺見どころ施設(旧ターミナル地区)
(写真は平成21年1月撮影)
現在の空港ターミナルは宮古島市中心部と滑走路を挟んで反対側、滑走路の南東側に位置していますが、平成9年までは滑走路の北西側、市中心部にほど近い場所にターミナルが存在していました。一代前の旧ターミナルビルは昭和54年完成しています。
現在、旧ターミナルビル区域は、エプロンのみが残存しており、旧ターミナルは取り壊されています。仮にターミナル地区が移転しなければ、市中心部まで車で5分程度で徒歩でもアクセスできた場所だっただけにアクセス低下は残念なところです。
18.jpgかつてあった見どころ(ゆいレールカード販売機)
(写真は平成21年1月撮影)
那覇市内で運行されているゆいレールのカード販売機が搭乗待合室内に設置されていました。地方空港に行くと東京の東京モノレールや京急の券売機があるように、ぱっと見た目はよくある販売機なのですが、よくよく見てみると、宮古空港限定絵柄のカード三種類が販売されていました。空港マニア垂涎の逸品でした!(ちなみに、絵柄は宮古空港ターミナル、東平安名崎、前浜ビーチの三種類)

■就航路線(国内線)
  ANA   VNL   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC
  JAL   JAC   JTA   JJP   RAC
  IBX   FDA   SJO   WAJ   NCA   AMX   NJA   TAL   EXC  
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
東京国際(羽田)JTA・ANA
中部国際(セントレア)ANA*2
関西国際(関空)ANA
福岡ANA*2
那覇JTA・ANA*2・RAC
多良間(かりゆす多良間)RAC
新石垣(南ぬ島石垣)RAC
*2:AKXによる運航あり
*3:出発便のみの運航
*4:JALによる運航便あり
*5:ANKによる運航便あり


就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成21年07月01日:RAC石垣 就航
※平成21年11月01日:RAC石垣 運休(10/31最終運航)
※平成22年06月01日:JTA*3関西国際 運休(05/31最終運航)
※平成22年07月01日:RAC石垣 就航
※平成23年04月29日:JTA石垣 運休(04/28最終運航)
※平成23年09月08日:JTA関西国際 就航(秋期期間就航)
※平成23年09月15日:SKY那覇 就航
※平成23年09月27日:JTA関西国際 運休(09/26最終運航)
※平成24年03月08日:JTA関西国際 就航(春期期間就航)
※平成24年03月23日:JTA関西国際 運休(03/22最終運航)
※平成24年04月01日:ANK合併によりANAに変更
※平成24年09月08日:JTA関西国際 就航(秋期期間就航)
※平成24年10月01日:JTA関西国際 運休(9/30最終運航)
※平成24年10月28日:ANA石垣 就航
※平成25年03月07日:RAC石垣・ANA石垣 運休(3/06最終運航)、RAC新石垣・ANA新石垣 就航
※平成25年04月01日:SKY那覇 運休(3/31最終運航)
※平成25年06月01日:SKY那覇 就航
※平成27年03月29日:SKY那覇 運休(3/28最終運航)
※平成27年06月01日:ANA関西国際 就航(夏期期間就航)
※平成27年10月01日:ANA関西国際 運休(9/30最終運航)
※平成28年03月27日:ANA関西国際 就航
※平成29年06月17日:ANA*2中部国際 就航
※平成29年10月29日:ANA*2中部国際 運休(10/28最終運航)
※平成30年03月25日:ANA*2新石垣 運休(3/24最終運航)、ANA*2中部国際 就航
※平成30年06月01日:ANA*2福岡 就航
※平成30年10月28日:ANA*2福岡 運休(10/27最終運航)
※平成31年04月27日:ANA*2福岡 就航
※令和元年05月07日:ANA*2福岡 運休(5/6最終運航)
※令和元年06月01日:ANA*2福岡 就航

※事前購入型しかない乗継割引設定路線は平成26年2月に公開を終了しました。(H23.2.1 JAL 東京国際・小松・中部国際・大阪国際・関西国際・岡山・福岡 新設)

■空港所在地
空港所在地はクリック(Googleマップ)
■宮古空港についてもっと詳しく調べたい方のリンク集
宮古空港旅客ビルの公式サイト◎(宮古空港ターミナルビル株式会社)_
宮古空港ターミナルビル

宮古空港(Wikipedia)◎(フリー百科事典ウィキペディアサイト内)

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※宮古空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2009.01.12
前調査日 2014.02.13
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

宮古_3月バス便時刻変更

■宮古空港 アクセスバス便時刻変更(2019年3月)

03/30
◎中央交通 みやこ下地島空港-平良港-宮古空港-宮古島東急ホテル&リゾーツ-シギラリゾート( 0→ 1*)*下地島空港への航空便未就航日は運行なし
◎宮古協栄バス 系統9番みやこ下地島空港リゾート線 みやこ下地島空港-平良-空港ターミナル前-下地役場前-東急ホテル前-シーブリーズカジュアル前( 0→ 1*)*下地島空港への航空便未就航日は運行なし

03月30日:
下地島方面に2路線、島南西部へ1路線が新設されます。いずれも下地島空港への航空便運航日のみ運行です。
中央交通:下地島空港を発着地とするいわゆるリムジン運行。宮古空港から利用できる停留所はみやこ下地島空港のみで、シギラリゾート方面とは行き来できません。みやこ下地島空港まで約45分800円。
宮古協栄バス:通常の路線バス。宮古空港のバス停は、空港ターミナル前です。下地島空港方面の途中停留所は、市役所前、パイナガマビーチ、渡口の浜入口など16か所。みやこ下地島空港まで約40分650円。シーブリーズカジュアル前方面の途中停留所は、下地役場前、東急ホテル前など6か所。シーブリーズカジュアル前まで約30分490円。

交通アクセス(下地島エアポートマネジメント公式サイト)
https://shimojishima.jp/access/
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

2019年02月23日

宮古_夏 ANA福岡線期就へ

■宮古空港 夏ダイヤでANAが福岡線を期間就航へ

天草エアラインと新中央航空を除く国内線定期便就航航空各社は、今夏のダイヤ(3月31日〜10月26日、一部航空会社は一部期間のみ)を発表しました。宮古空港では、ANAが福岡線を期間就航します。

夏ダイヤで一番の注目点は、ANA福岡線の期間就航。4月27日〜5月6日と6月1日〜10月26日に1日1往復を就航します。

既存路線の増減便は小規模。
ANAは、4月27日〜5月6日に那覇線、7月13日〜9月30日に関西国際線を各1日1往復期間増便します。

日本トランスオーシャン航空と琉球エアーコミューターは、路線数・便数に変更はありません。

今回のダイヤ変更により、宮古発着は、一部期間を除き、3社6路線22往復から3社7路線23往復と、路線数・便数が拡大します。

■3月31日以降の宮古発着便就航先と便数
羽田 2:JTA1・ANA1
中部 1:ANA1
関空 1:ANA1*a
福岡 1:ANA1(+1)*b NEW!
那覇 14:JTA8・ANA5*c・RAC1
多良間 2:RAC2
石垣 2:RAC2
*a 期間増便有 07/13-09/30 関西国際1→2(+1)
*b 期間途中からの就航 04/27-05/06・06/01-10/26 福岡0→1(+1) NEW!
*c 期間増便有 04/27-05/06 那覇5→6(+1)

posted by johokotu at 03:00| 東京 ☀| Comment(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

宮古_冬 ANA福岡線運休へ

■宮古空港 冬ダイヤでANA福岡線が運休へ

国内航空各社は、今冬のダイヤ(10月28日〜2019年3月30日)を発表しました。宮古空港では、ANAが福岡線を運休します。

冬ダイヤで一番の注目点は、ANA福岡線の運休。1日1往復を運休します。

ANAはこの他に、那覇線をごく一部日程で1日1往復増便します。
日本トランスオーシャン航空と琉球エアーコミューターは、路線数・便数に変更はありません。

今回のダイヤ変更により、宮古発着は、一部期間を除き、3社7路線23往復から3社6路線22往復と、路線数・便数が縮小します。

■10月28日以降の宮古発着便就航先と便数
羽田 2:JTA1・ANA1
中部 1:ANA1
関空 1:ANA1
那覇 14:JTA/RAC9・ANA5
多良間 2:RAC2
石垣 2:RAC2
*a 福岡ANA1→0(▲1) 運休
posted by johokotu at 03:00| 東京 ☁| Comment(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

2018年04月02日

宮古_4月バス便時刻変更

■宮古空港 アクセスバス便時刻変更(2018年4月)

04/02
◎まるちくタクシー・かりゆしタクシー 宮古島くるりんバス 豊作まわり 空港ターミナル前→市役所前→平良港前→イオンタウン南店前→空港ターミナル前( 0→ 7)
◎まるちくタクシー・かりゆしタクシー 宮古島くるりんバス 大漁まわり 平良港前→市役所前→空港ターミナル前→イオンタウン南店前→平良港前( 0→ 7)


04月02日:
宮古空港と宮古島市市街地を結ぶ乗合タクシーの宮古島くるりんバスが開始されます。ジャンボタクシーによる定期乗合便ですが、名称はバスを使用しており、「路線バスのような運行サービス」とされています。9月28日までの期間限定運行。空港発着の反時計回りである豊作まわりと平良港前発着の時計回りである大漁まわりの循環系統が2系統あります。
途中停留所は、狩俣採石(ドン・キホーテ)、県合同庁舎前、サンエー前、市役所前、公設市場前、平良港前、実業高校前(宮古病院前)、イオンタウン南店前。停留所以外でも経路上であれば手をあげての乗車が可能です。
豊作まわりは一周50分。運賃は一律500円。

宮古島市内バス路線及び宮古島くるりんバスついて(宮古島市公式サイト)
http://www.city.miyakojima.lg.jp/soshiki/shityo/kankosyoukou/syoukou/oshirase/2015-0128-1546-31_bus.html
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

宮古_夏 ANA新石垣線運休へ

■宮古空港 夏ダイヤでANAが新石垣線を運休、二路線を就航へ

春秋航空日本と新中央航空を除く国内線定期便就航航空各社は、今夏のダイヤ(3月25日〜10月27日、一部航空会社は一部期間のみ)を発表しました。宮古空港では、ANAが新石垣(南ぬ島石垣)線を運休、2路線を新規就航します。

夏ダイヤで一番の注目点は、ANA新石垣線の運休と2路線(中部国際(セントレア)線、福岡線)の新規就航。新石垣線は3月25日から1日1往復を運休、中部国際線は3月25日から、福岡線は6月1日から各1日1往復を新規就航します。

既存路線の増減便は小規模。
ANAは、3月25日から那覇線を1日1往復減便、7月14日〜9月30日に関西国際線を1日1往復期間増便します。

日本トランスオーシャン航空と琉球エアーコミューターは、路線数・便数に変更はありません。

今回のダイヤ変更により、宮古発着は、一部期間を除き、3社5路線23往復から3社7路線24往復と、路線数・便数が拡大します。

■3月25日以降の宮古発着便就航先と便数
羽田 2:JTA1・ANA1
中部 1:ANA1(+1) NEW!
関空 1:ANA1*a
福岡 1:ANA1(+1)*b NEW!
那覇 15:JTA/RAC9・ANA6
多良間 2:RAC2
石垣 2:RAC2
*a 期間増便有 07/14-09/30 関西国際1→2(+1)
*b 期間途中からの就航 06/01- 福岡0→1(+1) NEW!
* 新石垣ANA1→0(▲1) 運休

posted by johokotu at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

2017年10月13日

宮古_冬 ANA中部線運休へ

■宮古空港 冬ダイヤでANAが中部国際線を運休へ

国内航空各社は、今冬のダイヤ(10月29日〜2018年3月24日)を発表しました。宮古空港では、ANAが中部国際(セントレア)線を運休します。

冬ダイヤで一番の注目点は、ANA中部国際線の運休。1日1往復を運休します。

ANAはこの他に、那覇線を一部日程を除く11月27日〜2月8日に1日1往復減便します。

日本トランスオーシャン航空と琉球エアーコミューターは、冬ダイヤ期間中の8日間、那覇線を1日1往復減便します。

今回のダイヤ変更により、宮古発着は、一部期間を除き、3社5路線23往復と、路線数・便数が縮小します。

■10月29日以降の宮古発着便就航先と便数
羽田 2:JTA1・ANA1
関空 1:ANA1
那覇 15:JTA/RAC9*a・ANA6*b
多良間 2:RAC2
石垣 3:RAC2・ANA1
*a 期間減便有 期間中の8日間のみ 那覇JTA/RAC9→8(▲1)
*b 期間減便有 11/27〜02/08 那覇ANA6→5(▲1) (一部日程を除く)
*c 中部国際ANA1→0(▲1) 運休

posted by johokotu at 03:00| 東京 ☀| Comment(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

宮古_乗合アクセス実験開始

■宮古空港 市街地への乗り合いアクセス 実証実験を開始

内閣府沖縄総合事務局は1日、宮古空港と宮古島市市街地を結ぶ乗り合いアクセスの実証実験を開始しました。11月30日まで実施されます。

内閣府が始めたのは、宮古空港での乗り合いアクセスの実証実験。ジャンボタクシーを使った乗り合いアクセス「宮古島くるりんバス」で、宮古空港から宮古島市市街地を通り平良港を結びます。
路線は南北2ルートがあり、既存のバス路線(1日3.5往復)よりも多い各7.5往復が運行されます。料金は一律500円。複数のバスのりばを設けていますが、ルート上であればどこでも乗り降りができます。

今回の実験は「バス」の名称がついているものの、地元タクシー各社と協力した、定期的な乗り合いタクシーです。
市役所のほか、ドンキホーテ、サンエー、公設市場、イオンタウンなどの複数の商業施設前にバス乗り場を設けています。

宮古空港はバス路線の便数が少なく、市街地に近い空港ながら、公共交通での市街地へのアクセスが不便な空港となっています。平成21年に地元のホテルがバス会社と組んで、市街地への無料アクセス交通を始めようとしたこともありましたが、地元タクシー各社の反対にあって直前に中止になったことがあります。

宮古空港〜市街地間の乗合タクシー「宮古島くるりんバス」実証運行出発式開催のお知らせ(内閣府沖縄総合事務局公式サイト)
http://ogb.go.jp/okiunyu/info/290824.pdf

宮古空港 8ホテル共同運行無料バス直前でとりやめ!(空の駅情報館 平成21年10月21日配信記事)
http://johokotu.seesaa.net/article/134220829.html
posted by johokotu at 08:00| 東京 ☀| Comment(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

2017年09月01日

宮古_9月バス便時刻変更

■宮古空港 アクセスバス便時刻変更(2017年9月)

09/01
◎宮古島くるりんバス 北ルート 空港ターミナル前-市役所前-平良港(空港発0・空港行0→8・7)
◎宮古島くるりんバス 南ルート 空港ターミナル前-イオンタウン南店前-平良港(空港発0・空港行0→7・8)

09月01日:
宮古空港と宮古島市市街地を結ぶ乗合タクシーの実証実験が開始されます。ジャンボタクシーによる定期乗合便ですが、名称はバスを使用しており、「路線バスのような運行サービス」とされています。11月30日までの期間限定運行。
2系統あり、途中停留所は、北ルートが狩俣採石場前(ドンキホーテ前)、サンエー前、市役所前、公設市場前の4か所、南ルートがイオンタウン南店前、実業高校前(宮古病院前)の2か所。停留所以外でも経路上であれば手をあげての乗車が可能です。
平良港まで約25分500円(運賃は一律500円)。

宮古空港〜市街地間の乗合タクシー「宮古島くるりんバス」実証運行出発式開催のお知らせ(内閣府沖縄総合事務局公式サイト)
http://ogb.go.jp/okiunyu/info/290824.pdf
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

2017年02月15日

宮古_夏 ANA中部線就航へ

■宮古空港 夏ダイヤでANAが中部国際線を就航へ

Peach Aviationを除く国内航空各社は11日までに、今夏のダイヤ(3月26日〜10月28日)を発表しました。宮古空港では、ANAが中部国際(中部)線を新規就航します。

夏ダイヤで一番の注目点は、ANA中部線の就航。6月17日から1日1往復を就航します。
ANAは、3月26日から那覇線を1日1往復減便します。

日本トランスオーシャン航空、琉球エアーコミューターは路線数・便数に変更はありません。

今回のダイヤ変更により、宮古発着は、3社5路線24往復から3社6路線24往復と、路線数が拡大されます。

■3月26日以降の宮古発着便就航先と便数
羽田 2:JTA1、ANA1
中部 1:ANA1(+1)*a
関空 1:ANA1
那覇 15:JTA/RAC9、ANA6(▲1)
多良間 2:RAC2
石垣 3:RAC2、ANA1
*a 期間就航 06/17-10/28 中部国際ANA1(+1)NEW!
posted by johokotu at 02:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

2016年05月06日

宮古・石垣_27年度横ばい

■宮古空港・新石垣空港(南ぬ島石垣空港) 27年度利用はほぼ横ばい、SKY撤退は影響せず

国土交通省(国交省)は2日、大阪航空局管内空港の利用概況3月速報値を発表しました。スカイマーク(SKY)撤退で動向が注目されている宮古空港と新石垣空港(南ぬ島石垣空港)は、26年度と比較し、ほぼ横ばいの国内線利用者数となりました。

27年度の国内線利用者数は、速報値で、宮古は1,337,352人、新石垣は2,273,582人でした。26年度と比較し、宮古は1.2%微増、新石垣は1.2%微減となっています。
SKY撤退で便数が減り、運賃は上がっていることもあり、両空港とも大幅な利用減少が危惧されていましたが、大きな影響は見られない結果となりました。

宮古は幅が少ないとはいえ利用増となっています。伊良部大橋開通効果が出たものと思われ、微減で済んでいる新石垣と合わせ、両空港とも利用を繋ぎ止めた印象です。

27年度の利用者数 27年度は速報値ベース/( )内は昨年度比
宮 古: 1,337,352人(+ 1.2%)
新石垣: 2,273,582人(▲ 1.2%)

利用実績速報(国交省公式サイト)
http://ocab.mlit.go.jp/about/total/report/
posted by johokotu at 07:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

2016年02月14日

宮古_夏 ANA2路線就航へ

■宮古空港 夏ダイヤでANAが2路線を就航へ

国内航空各社は5日までに、今夏のダイヤ(3月27日〜10月29日)を発表しました。宮古空港では、ANAが2路線を新規就航します。

夏ダイヤで一番の注目点は、ANA2路線の新規就航。東京国際線と関西国際(関空)線各1日1往復を就航します。
関空線は期間運航から夏ダイヤ期間通しでの運航に変更となります。

既存路線の増減便はなく、日本トランスオーシャン航空、琉球エアーコミューターは変更ありません。

今回のダイヤ変更により、宮古発着は、2社4路線21往復から2社5路線23往復と、路線数・便数が拡大されます。

■3月27日以降の宮古発着便就航先と便数
羽田 2:JTA1、ANA1(+1) NEW!
関空 1:ANA1(+1) NEW!
那覇 15:JTA7、ANA7、RAC1
多良間 2:RAC2
石垣 3:RAC2、ANA1
posted by johokotu at 02:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

2015年10月31日

宮古_利用減で混雑急増

■宮古空港 SKY撤退半年、那覇線は利用者減少したのに混雑は増加の悪循環

ANAと日本トランスオーシャン航空(JTA)グループは28日までに、今年度上期(4月〜9月)の利用者数を発表しました。宮古-那覇線は、利用者が減少した一方、混雑は激増するという悪循環になっています。

今年度上期の宮古-那覇線はスカイマーク(SKY)が撤退。一方で、伊良部島大橋の開通で観光客などの注目度が増しており、利用増加の期待も高いことから、利用者数がどう変化するか注目されていました。

利用者数の結果は昨年より37,363人、約6.5%も減少。観光推進による入島者増加の流れを、SKY撤退が吹き飛ばした形になってしまいました。
その一方で、便数はSKY分が3往復減少したことから、搭乗率が10ポイント以上も急増し、八割強で推移。利用が減ったのに混雑が激しくなるという悪循環にはまっています。
混雑の増加は沖縄県議会定例会で話題にのぼるなど地元でも問題視されています。ANAが夏以降、JTAも夏期期間は増便を実施したものの、混雑緩和にはあまり効果を発揮していないようです。

今年度上期のうち初期期間は、SKYの撤退発表前に各社の運賃が設定されたため、ANA、JTAともに対抗値下げを実施していましたが、夏以降は数日前購入の割引運賃でも、全便でSKYが設定していた片道運賃の数値(9,900円)を超える水準に戻ってしまっています。
昨年度上期のSKY利用者は94,159人でしたので、SKY分が全減したわけではありませんが、高くなった運賃と混雑を敬遠され、利用者数が減ったものとみられます。
今後、さらなる増便や値下げが実現するのか注目されます。

※なお、新石垣が似たような運航状況になりましたが、ソラシド エア(スカイネットアジア航空)、Peach Aviationが路線ごとの数値を発表しておらず比較ができないため、新石垣については取り上げません。

宮古-那覇線 上期(4月〜9月)利用状況
 左から利用者数、搭乗率 ( )内は前年比。
2015年度:JTA7-8/ANA5-6/SKY0 534,933人(▲ 6.5%)、84.9%(+12.0P)
2014年度:JTA7 /ANA5 /SKY2-3 572,296人、72.9%*
(*2014年上期の搭乗率は推計値)

ANAグループ実績 2015年9月(ANA公式サイト)
https://www.ana.co.jp/pr/15_1012/pdf/151028.pdf
JALグループマンスリーレポート 2015年9月(JAL公式サイト)
http://press.jal.co.jp/ja/release/201510/003539.html
ラベル:宮古空港 JAL ANA sky
posted by johokotu at 22:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

2015年02月22日

宮古_夏 SKY撤退へ

■宮古空港 夏ダイヤでSKYが拠点撤退へ

国内航空各社は、今夏のダイヤ(平成27年3月29日〜平成27年10月24日)を発表しました。宮古空港では、スカイマーク(SKY)が那覇線を運休し、拠点撤退します。

夏ダイヤで一番の注目点は、SKY那覇線の運休。1日2往復(2月1日より3往復から減便中)の運休により拠点撤退します。
ANAは6月1日〜9月30日に関西国際線1日1往復を期間就航します。

日本トランスオーシャン航空と琉球エアコミューターは路線数・便数に変更はありません

今回のダイヤ変更により、宮古発着は、3社4路線22往復から2社5路線20往復と、路線数は拡大、社数、便数は縮小されます。

■3月29日以降の宮古発着便就航先と便数
羽田 JTA1
関空 ANA1*a(+1)NEW!
那覇 JTA7、ANA5、RAC1
多良間 RAC2
石垣 RAC2、ANA1
*a 関空ANA0→1は6/1〜9/30。
*b 那覇SKY3*c→0(運休)は3/29〜。
*c 那覇SKYは2/1から3→2に減便中。

posted by johokotu at 02:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

宮古_12月SKY低迷大手堅調

■宮古空港 相変わらずSKY低迷、大手は堅調 12月実績出揃う

宮古空港に就航する日本トランスオーシャン航空(JTA)、ANA、スカイマーク(SKY)の3社は、3日までに12月の搭乗実績を公表しました。引き継ぎSKY3往復化が影響した結果になっています。

SKYが運休した途端、大手2社に事前購入型運賃を大幅に値上げされたため、地元が強く要望し宮古島市も協力すると明言して、SKY再就航となった那覇-宮古線。再び格安競争が勃発し、実際の利用がどうなるか注目されています。
今冬はSKYが2往復から3往復に増便し、その影響が注目されています。大手の事前購入型運賃の値下げは、SKYの運航時間帯を狙い撃ちした値下げになっており、SKYが昼便を運航開始したことで、大手が格安になる便が増えているからです。

SKYは利用者数を伸ばしたものの、増便分ほどの大きな伸びはなく、搭乗率は4割台と低迷しました。3往復化が徐々に定着したのか、8月以降搭乗率の減少幅が少しずつ改善してきていましたが、12月は実績を伸ばせませんでした。
一方で、大手が堅調で、搭乗率はJTAが七割台、ANAが五割台となっています。

これまでSKY参入の影響を見るため、毎月利用状況を確認してきましたが、今年3月末でSKYの撤退が決まりましたので、今回で毎月の確認は終了します。
個人的には宮古はSKYも安定しつつあっただけに撤退は非常に残念です。今後は運賃値上げとともに利用者減少はほぼ確実でしょうから、離島の移動が不便にならないことを願いたいところですね。

那覇-宮古線 12月搭乗実績(左から旅客数(昨年比)、搭乗率(昨年比))(JTA8、ANA5、SKY3)
 JTA 47,026人(▲ 2.7%)、70.7%(+ 0.9P)
 ANA 22,552人(+ 2.1%)、54.4%(▲ 0.1P)
 SKY 13,277人(+12.9%)、40.3%(▲13.3P)
posted by johokotu at 20:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮古空港 | 更新情報をチェックする