2011年12月15日

波照間_競合航路も休止

■波照間空港 競合航路も一時休止

石垣市の石垣港と竹富町の波照間港を結ぶ船舶航路を運行する波照間海運は11日、同路線の運行を一時休止しました。波照間島へのアクセスは、すでに航空路線も休止されており、今回の廃止で安栄観光による小型船運航のみになります。

波照間海運が11日から運行を一時休止しているのは、石垣港-波照間港間の高速船と貨物船。同路線で競合する安栄観光が今年1月から定期便化した影響で、定期便運航が1社のみの離島航路に適用される「国の離島航路補助事業の対象外となったことで補助が打ち切られ、さらに燃料高騰も重なって」(八重山毎日新聞)路線維持できなくなったと報じられています。

波照間島は、戦後米国統治時に着陸場が整備され、現在も空港がありますが、航空便(石垣-波照間間)は船舶の性能向上や時間短縮に押される形で平成20年に休止されています。そんな中で昨年、波照間海運が揺れの少ない新造船ぱいぱてぃろーま号を就航させたことから、航空便の再開は絶望的と見られていました。
波照間海運の運行休止後、唯一残ることになる安栄観光は小型船しかなく、航行時は大揺れすることで知られています。航空便休止の原因の一つでもある船舶便の休止は航空便にとっては追い風ですが、航空便運航に手を挙げる会社が出てくるかはまだ未知数です。

波照間島は一般の日本人が上陸できる日本最南端の島として知られ、小さい島ながら多くの観光客が訪れる島となっています。
かつては琉球エアコミューター(RAC)により石垣便が就航していましたが、平成19年に小型機の退役にあわせて運休。RACのあとを受けてエアードルフィンが不定期便を就航しましたが経営の問題からすぐに運休し、その後は航空便が途絶えたままになっています。


波照間海運が運休へ 国の補助打ち切りで(八重山毎日新聞公式サイト)
http://www.y-mainichi.co.jp/news/18842/

波照間海運の継続運航を 町に貨物輸送支援を要請(八重山毎日新聞公式サイト)
http://www.y-mainichi.co.jp/news/18904/

2011年07月29日

慶良間_チャーター運航再開

慶良間空港 アイラスチャーター運航再開

那覇・慶良間間でヘリコプターによるチャーター運航を実施しているアイラスは整備を終え、16日から同区間のチャーター運航を再開しました。

アイラスは、運航に使用しているヘリコプターAS350B2を航空法の改定に基づき、ELT(航空機用救命無線機)を搭載する整備を実施していたため、6月24日から那覇・慶良間間の低額チャーターを休止していました。運航は7月16日から再開され、夏の観光シーズンに間に合った形になっています。
アイラスの那覇・慶良間間は1機チャーター(最大定員5人)料金で63000円。所要時間は15分で、最大定員の5人で利用すれば一人12600円で格安に素早く移動が可能となっています。夏期のフェリーや高速船は混雑し満席のことも多いので、値段は6倍・4倍するものの快適性を重視すればヘリという選択肢もありかもしれません。

※参考:那覇泊港-慶良間阿嘉港 フェリー90分2120円、高速船50分3140円

アイラス公式サイト
http://www.ilas-okinawa.jp/

2010年12月04日

粟国_PI調査報告公表

粟国空港 PI調査報告書を公表 意見募集も開始

沖縄県土木建築部空港課が事務局となっている粟国空港協議会は11月29日、粟国空港のパブリック・インボルブメント(PI)に関わる調査報告書を公表しました。同日には粟国村で、12月6日には那覇市内で説明会が開催されるほか、来年1月まで粟国空港などでパネル展示が実施される予定です。

今回公表されたのはPI調査報告書。「粟国村や粟国空港の現状と課題を整理し、検討をすすめている粟国空港の整備計画(案)」が公表されました。
公表された内容によると、課題となっている現行の800m滑走路を、現行のまま活用するか、1180mに延長するかの二点が案の柱。1180m化する場合については、現行滑走路を海側へ埋め立て延伸するB案と、滑走路向きを変えて村民牧場側へ延伸するA案の2案が示されています。

意見の募集は1月7日まではがきかインターネットで受け付けています。

粟国空港整備計画に関するPI(パブリック・インボルブメント)公式サイト
http://www.pref.okinawa.jp/airport/index/agunipi/index.html
ラベル:粟国空港

2010年09月21日

粟国_FFC大幅値下へ

粟国空港 FFC大幅値下げへ

第一航空(FFC)は10月搭乗分の運賃について、沖縄那覇-粟国路線の普通運賃(片道)を現行の約3割引きとなる7700円とすると発表しました。

FFCが発表したのは10月搭乗分の各種運賃。同社が那覇を拠点に運航する不定期乗合便2路線3区間の運賃について発表になりました。那覇-沖永良部(普通運賃(片道)17000円)、那覇-徳之島(同20000円)については変更がありませんでしたが、那覇-粟国は現行(同11000円)の約3割引きとなる7700円にすることが明らかになりました。往復割引運賃は片道あたり7000円、島民割引運賃は4900円(現行7000円)にするとしています。

FFCの不定期乗合便は、今月15日をもって廃止されることが示されていましたが、本来は定期便にしか出ていなかった国からの補助金給付が決定し、急きょ運航の継続が決定。他路線の就航がない粟国路線について、さっそく割引を開始した形になっています。
粟国村が運営するフェリー粟国(那覇泊-粟国間)は普通運賃3320円。島民が利用する場合の価格差はグンと縮まり、利用の定着が図られそうです。

第一航空公式サイト(サイト内に運賃・ダイヤのページあり)
http://dai1air.com/
ラベル:粟国空港 FFC

2010年09月15日

粟国_FFC残った!

粟国空港 FFC残った!運航継続を発表!

個人的には万々歳な話題です、、、。


那覇空港を拠点に実質定期的な不定期乗合便を運航する第一航空(FFC)は13日、15日をもって運休するとしていた徳之島-沖永良部-那覇、那覇-粟国の各路線について、16日以降も継続することを発表しました。FFC撤退表明により旅客便が消滅する危機にあった粟国空港は、ひとまず危機が回避された格好になっています。

FFCは9月15日をもって運航する全路線休止を発表していました。今回、16日以降も徳之島-沖永良部-那覇1往復(徳之島へは週4日のみ運航)、那覇-粟国2往復の不定期乗合便の運航が継続されることが発表されました。運航ダイヤはこれまで通りで、1機体制で運航が回せるダイヤが基本となっています。

今回の運休撤回は、「国土交通省が2011年4月から離島など不採算路線を抱える地域の生活交通網の保護を目的に新たに実施する「地域公共交通確保維持改善事業」(仮称)で那覇―粟国航路も支援対象路線となる見通しとなった」(琉球新報)ことが大きい模様。定期便ではないFFCの各路線は国の補助金の支援対象になく、それに代わる支援を確立し、運航継続につながったようです。
粟国空港はFFCの撤退表明により、旅客便が消滅する危機にありましたが、なんとか路線を守れた格好になっています。

不定期便へ支援が拡大することを受け、今後は、他の離島空港への路線が復活するかが一つの焦点。船が欠航しやすく航空路線復活が強く望まれる波照間をはじめ、長崎の離島などで再開の動きが出ないか注目されます。


粟国「生命線守れた」 第一航空 運航継続(沖縄タイムス公式サイト)
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-09-14_10215/

那覇―粟国線継続運航  第一航空が正式発表(沖縄タイムス公式サイト)
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-09-13_10203/

第一航空、粟国路線再開を検討(琉球新報公式サイト 9月5日付)
http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-167213-storytopic-4.html
ラベル:粟国空港 FFC

2010年09月01日

粟国_路線廃止あと半月

粟国空港 FFC今月中旬で運休へ

那覇空港を拠点に不定期乗合便を運航している第一航空(FFC)は、平成22年9月15日の運航を最後に2路線を運休し、沖縄から完全撤退することとなりました。

FFCが運休するのは、徳之島-沖永良部-沖縄那覇路線と沖縄那覇-粟国路線の2路線。
平成22年9月15日の運航を最後とし、運休後は沖縄事業所を閉鎖する予定で、沖縄から完全撤退となります。
沖縄タイムスの報道によれば、「同路線の採算ラインは搭乗率約80%だったが、就航した2009年6月〜10年6月末までの搭乗率は粟国線55%、沖永良部線43%、徳之島線21%だった。」とのこと。最も高かった粟国路線ですら、9人乗りのアイランダーでは1便あたり4、5人しか搭乗していなかった計算になります。

今回もエアードルフィンなどと同様、時刻表に載らないことが人の集まらない原因のように書かれていますが、「定期運送でないため国からの補助金はない」ことから路線維持が難しく、赤字の限度を超えてしまった模様です。

今回の撤退により、粟国空港については乗合便の運航が完全終了することになり、日本の離島空港からまたひとつ航路が消えることになります。
搭乗できるのはあと半月。乗りおさめはお早めに、、、。


社員に路線撤退説明 第一航空(沖縄タイムス公式サイト 7月24日付)
http://www.okinawatimes.co.jp/article/20100724_8340/

第一航空が沖縄撤退 事業所閉鎖 社員解雇へ(琉球新報公式サイト 7月23日付)
http://ryukyushimpo.jp/variety/storyid-165284-storytopic-4.html

粟国・徳之島線 撤退 第一航空 「採算合わず」(沖縄タイムス公式サイト 7月22日付)
http://www.okinawatimes.co.jp/article/2010-07-22_8289/