2014年01月10日

百里_税引上で利用料改定へ

■百里飛行場(茨城空港) 消費税率引き上げで旅客取扱施設利用料を改定へ

百里飛行場(茨城空港)の旅客ターミナルビルを運営管理する茨城県開発公社は8日、来年4月1日の消費税率引き上げに伴い、来年2月1日以降発券・4月1日以降搭乗分から国際線旅客取扱施設利用料(PSFC)を改定すると発表しました。

茨城県開発公社が発表したのは、茨城空港旅客ターミナルビルの国際線PSFCの改定。来年4月1日の消費税率引き上げに伴って行われるもので、PSFCは、国際線利用1人当たり500円から520円(小人用航空券利用の場合250円から260円)に改定されます。

対象となるのは、来年2月1日以降に発券された4月1日以降搭乗分。1月31日以前に発券をすれば、4月1日以降に搭乗の場合も現行料金を適用するとしています。

2014 年消費税率引き上げに伴う旅客取扱施 設利用料(PSFC)の料金変更について(茨城空港公式サイト)
http://www.ibaraki-airport.net/news/detail.html?news_id=218
posted by johokotu at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

2013年10月31日

百里_ミャンマー5往復のみ

■百里飛行場(茨城空港) ミャンマーチャーターは2月に5往復のみ

茨城県は30日、ミャンマー国際航空(MMA)が運航する百里飛行場(茨城空港)発着チャーター便の運航予定を発表しました。来年2月7日から5往復のみが運航されます。

今回発表されたのは、茨城空港発着のMMAチャーター便の運航予定。茨城発が2月7日から2月23日まで5日間隔で5往復のみの運航で、茨城発がマカオ経由のマンダレー行(マカオでの乗降不可)、茨城着がヤンゴン発の直行となるとしています。
茨城県の発表では4泊5日のツアー用として発表されています。

茨城県とMMAは、週3往復のチャーター便の年内運航開始を目指していて、小さな地方空港から東南アジアへの直行便が就航すると話題になりましたが、規模をかなり縮小し、制約の多いスタートとなったようです。

ミャンマー国際航空によるチャーター運航計画について (2013年10月30日)(茨城空港公式サイト)
http://www.ibaraki-airport.net/news/detail.html?news_id=203
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

2013年10月01日

百里_10月バス便時刻変更

■百里飛行場(茨城空港) アクセスバス便時刻変更(2013年10月)

10/01
◎小美玉市循環バス(左回り) 羽鳥駅西口←茨城空港←小川駅←羽鳥駅西口( 0→ 3)
◎小美玉市循環バス(右回り) 羽鳥駅西口→茨城空港→小川駅→羽鳥駅西口( 0→ 3)


10月01日:
小美玉市循環バスの運行が開始となります。左回り・右回りそれぞれ3往復ずつが百里飛行場(茨城空港)を経由します。途中停留所は全部で116か所。運賃は200円均一。左回りは羽鳥駅西口まで約53分、右回りは羽鳥駅西口まで約1時間36分。

市内循環バスの運行が10月から始まります(小美玉市公式サイト)
http://city.omitama.lg.jp/5630.html
posted by johokotu at 06:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

百里_ミャンマー運航開始へ

■百里飛行場(茨城空港) ミャンマープログラムチャーター開始へ

茨城県は19日、ミャンマー国際航空と、百里(茨城)-ヤンゴン線プログラムチャーター便の運航に基本合意したと発表しました。

茨城県とミャンマー国際航空が基本合意したのは、茨城とミャンマーのヤンゴンを結ぶプログラムチャーター便の運航。19日に覚書に調印しました。
週3往復を予定していて、できるだけ早く運航を開始したいとしています。

ミャンマー国際航空によるプログラムチャーター便の運航について基本合意しました(茨城県公式サイト)
http://www.pref.ibaraki.jp/hotnews/2013_08/20130819_01/
posted by johokotu at 07:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

百里_台北チャーター決定

■百里飛行場(茨城空港) 台北プログラムチャーター便運航決定

復興航空(TNA)は1日、来年1月から4月に百里(茨城)-台北桃園間のインバウンドプログラムチャーター便を運航すると発表しました。

TNAが発表したのは、百里(茨城)と台湾・台北桃園とを結ぶインバウンドプログラムチャーター便の運航。来年1月21日から4月19日まで、23往復44便を運航するとしています。


茨城???台北プログラムチャーターの運航について(茨城空港公式サイト)
http://www.ibaraki-airport.net/news/detail.html
posted by johokotu at 07:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

2012年05月23日

百里_輸入貨物の取扱開始

■百里飛行場(茨城空港) 輸入航空貨物の取り扱いを開始

茨城県は22日、百里飛行場(茨城空港)で輸入航空貨物の取り扱いを開始したと発表しました。春秋航空の定期便を活用するとしています。

茨城空港で22日始まったのは輸入航空貨物の取り扱い。同空港唯一の国際線である春秋航空の定期便(上海浦東線)の貨物搭載スペースを活用するとしています。

東京の物流業者スコアジャパンが取り扱いをはじめたもので、洋服、雑貨、機械部品、書類など一便あたり約500キロを取り扱う予定。初日となった22日はトライアルとしてスコア社の自社用品を輸送したとしています。

茨城空港の国際線は一昨年の開港時からアシアナ航空が乗り入れていますが、輸入貨物の取り扱いはありませんでした。


茨城空港における航空貨物取扱いを開始しました!(茨城県公式サイト)
http://www.pref.ibaraki.jp/news/2012_05/20120522_01/index.html
posted by johokotu at 18:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

2012年05月02日

百里_SKY那覇季節運航へ

■百里飛行場(茨城空港) SKYが7月から那覇線を季節運航で初就航へ

スカイマーク(SKY)は1日、7月1日から百里(茨城)-那覇線を新設すると発表しました。

SKYが発表したのは、7月1日からの増便。9月30日までの季節定期便として茨城-那覇線(1日1往復)を新設すると発表しました。

SKYでは4月30日に、7月1日から12日までのダイヤを発表しており、今回はそれに追加する形になっています。今回は、12日までの期間中、神戸-那覇線を1日1往復増便することも同時に発表しています。
30日に明らかにされた分を合わせると、7月1日からは、成田-鹿児島線、旭川-関空線、茨城-那覇線の3つの新路線がスタート。旭川-成田線を1往復減便する一方で、成田-那覇線、東京国際-那覇線(一部曜日のみ)、神戸-那覇線の3路線でそれぞれ1往復増便される予定です。

茨城-那覇線は新千歳線、神戸線につづく3路線目で初めての就航路線。茨城県は開港当初から、神戸乗継も含めて那覇線の就航を要望してきており、待望の路線の登場になります。
那覇朝発、茨城昼発とやや観光には向かないダイヤとなっていますが、利用が定着し、通年運航されるのか注目です。

2012年7月1日より新路線「茨城-那覇線」を就航、「神戸-那覇線」を増便運航(SKY公式サイト)
posted by johokotu at 18:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

百里_2周年に利便向上

■百里飛行場(茨城空港) 二周年を前に利便性向上

百里飛行場(茨城空港)の民間エリアを運営する茨城県開発公社は、11日に開港二周年を迎えることから、駐車場の舗装化などで利便性向上を図ったと発表しました。
茨城空港で進んでいるのは、利便性向上を図る取り組み。先月15日にターミナルビル2階に休憩コーナーを開設したほか、6日には第二駐車場をアスファルト舗装化、さらに昨日7日にフードコーナーにカフェを新設したとしています。
休憩コーナーは筑波山が見える西側に整備。駐車場は、利用料が無料で都心への格安バスを運行している影響から利用率が高く、砕石敷きの簡易的な整備から本格的な舗装に整備されました。

開港一年となった昨年は、一年目を迎えた3月11日当日に東日本大震災が発生し、天井ボードが落下するなどの被害にあった茨城空港。7日にはスカイマークが神戸便を1日1往復から2往復に増便。関東鉄道が東京駅との間の格安高速バスを1日4往復から6往復に増便しており、今年は、施設、アクセス、航空便ともに利便性向上を図り、万全の状況で二周年を迎えます。
posted by johokotu at 12:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

結びつけよう!百里

結びつけよう東北! 百里飛行場

東日本大震災で大きな影響が出ている空港は東北地方だけではありません。
第3回目の今回は、関東地方の空港として、地震で天井落下などの被害にあった百里飛行場(茨城空港)を訪ねてみました。

茨城空港では、中央ロビー上部の天井パネルが落下。当日のNHKニュースでも速報されています。
ユーチューブNHKオンライン

この映像を見ると、天井落下以外にも、売店や出発口上部の天井部材などが落下する被害にあっていることが分かります。
国内線がスカイマークしか飛んでおらず、あまりクローズアップされていませんが、3月中は航空旅客以外の利用を完全シャットアウトし、1階部分だけで営業していました。現在もソウル便は運休中となっています。

4月1日に全面再開。現在は平常を取り戻していました。


ibaraki101.jpg
茨城空港へ
外観上は大きな被害はなかったようだ。

ibaraki102.jpg
中央ロビー
天井部分は白いパネルがあったが、すべて撤去され、黒い天井が完全にむき出しになっていた。

ibaraki103.jpg
希望の★
ソウル線が運休しているため、毎日運航するのはスカイマークのみとなった。3月中は原発事故の影響もあり茨城から脱出する人々が多くみられ、SKYによる臨時便も運行された。

ibaraki104.jpg
がんばるぞ!茨城空港!
運休しているアシアナ航空カウンタ前には自由に書き込みができるメッセージボードが設置されていた。紙からはみ出して書くほどたくさんのメッセージが。左後方にソウル線運休のお知らせが出ていた。

ibaraki105.jpg
全国共通標語の垂れ幕
全国の空港で見られる共通の標語を記した垂れ幕。中央エスカレータ脇に設置されていた。

ibaraki106.jpg
タッチパネル式案内板
入口脇のタッチパネル式案内板には「がんばろう 茨城」の文字も掲出。

ibaraki107.jpg
店舗の様子
売店の「亀じるし」では、「がんばれ日本列島」、「がんばろう茨城県民」と書かれたメッセージも。空港どら焼き同様に刻印を変えたどら焼きなどの復興支援商品も売られていた。

ibaraki108.jpg
自衛隊パネル展示
同居する百里基地の震災後の活躍を写真で紹介するパネルが掲げられていた。

ibaraki109.jpg
韓流スターからの応援メッセージ
韓国映画「きみはペット」の会見が空港で行われたことからそれを紹介するコーナーが設けられていた。その中で、主演スターらの応援メッセージが掲げられていた。



茨城空港はすでに見物客が戻ってきていて、搭乗率もまずまずの感じでした。
(次回はがんばる東北、ではなく、関東の空港として羽田を取り上げます。)
ラベル:百里飛行場 地震
posted by johokotu at 01:30| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

百里(茨城)_バスダイヤ変更

百里飛行場(茨城空港) アクセスバス便ダイヤ変更(2011年02月)

02/01
◎茨城交通 茨城空港-勝田営業所(0→1)※路線認可まで予約制のツアーバス扱い
◎茨城交通 茨城空港-勝田営業所-常陸太田市高速バスターミナル(0→1)※路線認可まで予約制のツアーバス扱い
○茨城交通 茨城空港-水戸駅北口(5→6)※一部曜日運航便あり(路線バス)/空港発5→5、空港着5→7
○関東鉄道 茨城空港-水戸駅南口(1→3)(高速バス)
○関東鉄道 茨城空港-東京駅(3→4)
○関東鉄道 茨城空港-つくばセンター(1→3)


※茨城交通の新路線は、茨城空港-水戸駅南口-勝田駅西口-勝田営業所-東海駅東口-新田中内-常陸太田市高速バスターミナルに停車。

02/01
SKY新千歳線、SKY中部国際線就航に伴うダイヤ変更です。
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

百里(茨城)_バス充実へ

百里飛行場(茨城空港) SKY増便に合わせバス路線も充実へ

百里飛行場(茨城空港)にアクセスバスを乗り入れている茨城交通と関東鉄道は14日、相次いで2月1日からの増便、路線新設を発表しました。2月1日からスカイマーク(SKY)が新千歳路線と中部国際路線を開設するのに合わせた措置で、「税金の無駄遣い」と揶揄された茨城空港がいよいよ本格的にアクセス充実の空港に生まれ変わります。

今回増便等を発表したのは茨城交通と関東鉄道の2社。
茨城交通は水戸駅とを結ぶ路線バスに加え、常陸太田市高速バスターミナル発着、勝田営業所発着の高速バスを各1往復新設。水戸駅発着についても増便を実施します。
関東鉄道は東京駅発着、水戸駅発着、つくばセンター発着をそれぞれ増便します。
東京駅路線については相変わらずSKY神戸路線に未接続ですが、その他の増便路線にSKY各便に完全に接続するダイヤになります。

02/01
◎茨城交通 茨城空港-勝田営業所(0→1)※路線認可まで予約制のツアーバス扱い
◎茨城交通 茨城空港-勝田営業所-常陸太田市高速バスターミナル(0→1)※路線認可まで予約制のツアーバス扱い
○茨城交通 茨城空港-水戸駅北口(5→6)※一部曜日運航便あり(路線バス)/空港発5→5、空港着5→7
○関東鉄道 茨城空港-水戸駅南口(1→3)(高速バス)
○関東鉄道 茨城空港-東京駅(3→4)
○関東鉄道 茨城空港-つくばセンター(1→3)


※茨城交通の新路線は、茨城空港-水戸駅南口-勝田駅西口-勝田営業所-東海駅東口-新田中内-常陸太田市高速バスターミナルに停車。

常陸太田・日立・ひたちなか・水戸方面ルート(茨城空港利用促進等協議会公式サイト)
http://www.pref.ibaraki.jp/bukyoku/kuko/kuko_iko/access02_03.html
茨城空港高速バス・連絡シャトルバスの増便について(関東鉄道公式サイト)
http://www.kantetsu.co.jp/news/110114_ibaku/110114_ibaku.html
posted by johokotu at 00:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

百里_SKY運航を復活へ

百里飛行場(茨城空港) SKYは結局運航を復活へ

スカイマーク(SKY)は20日、9月1日から運休する百里(茨城)-神戸線について、10月1日から定期便を再開すると発表しました。

SKYは6月24日に、「茨城空港と自衛隊との間で「民間共用」のスキームの見直し」がされるまで運休すると発表したばかり(詳細は「百里_SKYやっぱり撤退」でも取り上げています)。
今回のリリースでは、この見直しが行われ、「今後は通常の定期便運航ができるものと判断」したとしています。

実は昨日神戸空港を利用したのですが、茨城便は「満席」。開設を表明した当初は、こんな田舎の便利用する人なんているのかしらんと思っていましたが、東京駅までですら500円で出られることもあり、徐々に浸透してきているようです。

SKYでは、今回のリリースで同時に「今後の機材の導入時期や運航体制の検証を行い「神戸-茨城線」に続く茨城空港からの路線展開を積極的に進め早期に複数路線化したいと考えております」と発表。SKYのニュースリリースでは具体的路線は明記されませんでしたが、読売新聞によれば、「さらに、来年3月までに新千歳便(北海道)と中部国際便(愛知県)の2路線を新たに定期就航させることも明らかにした。」と2路線新設が報じられています。

茨城路線は、大手も他の新規航空会社もはじめから開設をあきらめた路線。突然の撤退表明で、「はじめから開設は無理だった」とか「いつもの即撤退」などと、ケチョンケチョンに言われていましたが、そんな茨城を拠点化しようとするSKYの集客術はかなりの注目点です。日本の航空の新しい流れを示すものでもあり、今後SKYがどのような戦略で路線網を広げていくのかますます目が離せなくなってきました。


「神戸‐茨城線」の運航再開について(スカイマーク公式サイト)
http://www.skymark.co.jp/ja/company/press/press100720.html

茨城―神戸再開へ、新規2路線も…スカイマーク(読売新聞公式サイト)
http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20100720-OYT1T00897.htm


posted by johokotu at 01:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

百里_SKY運休に疑問符

百里飛行場(茨城空港) SKY運休に疑問符だらけ

24日の記事でアップした通り、8月末をもってスカイマーク(SKY)が茨城空港から撤退します。
この撤退、どうも疑問符が付きそうな点がありましたので、アップしておきます。

■高搭乗率?
 新聞各社の報道でも、自分のブログでも「70%以上の搭乗率をたたき出しています」と百里(茨城)-神戸線が高搭乗率であったかの印象で記事が出ていますが、はたしてこれが高搭乗率だったのか?
 日本経済新聞は別の切り口で、「3月のテストフライトでは満席だったが、5月の搭乗率は76%まで低下しており「採算性の悪化に素早く対応した」(関係者)との見方が多い」と報じていて、決して高い搭乗率とは言えなかったようでもある。
 ちなみに、引用中にあるテストフライトは、「茨城空港への国内定期便就航ゼロ」「羽田便などの珍しい路線」「運賃が激安」とマニア心をくすぐる内容だったから満席になるのは当然。そういえば茨城就航発表当時の記事には、SKY関係者がテストフライトが満席だったことで就航を即決したとの報道もあったが、それが事実であれば、その関係者がただの馬鹿だったということだろう。

■民間用滑走路?
 どこのメディアもほとんど報じていないのが、民間用滑走路の有無だ。
 茨城空港造成に当たり、自衛隊側は、旅客定期便発着時にも緊急発着できるよう自衛隊専用の滑走路を残すことを条件にした。このため、茨城空港は民間用の滑走路を既存滑走路に平行して整備している。
 航空祭のイベントでSKY側にダイヤ変更を迫るのは分かるのだが、百里の場合、自衛隊用に滑走路は1本確保されているのだから、1日たった1往復の旅客運航を変更させる必要があるのかそもそも?な話だ。それとも百里の自衛隊は旅客機が離着陸時は自分の滑走路で離着陸する技術すらないということなのだろうか。
 SKYは今回の運休でのもっともらしい理由付で、今になって自衛隊優先であることがかなりネックだと判明したかのような書き方をしている。この点については、ネット上でも「そんなの事前にわかってんだろ、ボケ」という人たちが多いのだが、民間用滑走路があるから、有事の際以外はダイヤ変更などそもそも求められないと判断した可能性はある。

■運休決定早くない?
 今回の運休決定で気になったのは、運休発表から運休までの期間が2カ月ほどしかないという点だった。JALとかANAが採算合わないから国内の多くの路線から撤退したいとしていることに、地元合意を得るのが大変としてなかなか撤退できないのに、なぜSKYはこんなにも早く撤退ができるのか?
 そもそも、空港から撤退する場合は、半年前までに申請が必要でなかったっけ?実はこの点は、ANAやJALが支店撤退などの事務手続きが時間がかかるなどのすぐに撤退できない別の理由の隠れ蓑として利用しているだけなのだろうか。
 個人的にはこの点は非常に不思議な点だ。

■当然神戸-福岡線復活?
 百里(茨城)-神戸線就航に先立ち、SKYは神戸-福岡線を運休にしている。その理由について、同社関係者が「百里(茨城)-神戸線就航」のためと述べたことが当時の報道では複数紙で出ている。
 百里(茨城)-神戸線運休と言うことは、当然ながら神戸-福岡線復活ということでいいのですよね、SKYさん?


なんだか、各種報道を見ても、よくわからない点を挙げてみました。



スカイマーク、茨城空港から撤退 開港半年で国内便ゼロに(日本経済新聞社公式サイト)
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819696E0E6E290868DE0E6E2E4E0E2E3E28698E2E2E2E2;at=DGXZZO0195165008122009000000
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

2010年06月24日

百里_SKYやっぱり撤退

百里飛行場(茨城空港) SKYやっぱり撤退! 共用空港の欠陥指摘

スカイマークは24日、9月からの百里(茨城)-神戸路線の運休を突如として発表しました。


準備に時間がかかって開港に間に合わず4月から就航したばかりのこの路線。さまざまな路線で路線定着まで持たずにすぐ撤退するスカイマークだけあって、わずか4か月という短さで、今回もあっけなく運休が発表となりました。
今回は、リリースで理由づけが公表されるという異例の撤退となっています。

リリースでは、3便体制での黒字化を目指したことを書いたうえで、
ここに来て茨城空港は他の空港と異なり、自衛隊の指揮下で運航しなければならないことが判明いたしました。茨城空港と自衛隊との間でそのような取り決めがあるようです。
と他者原因による運休であることを強調。軍民共用空港の宿命である、自衛隊都合での運休について、
例えば、航空祭では運航ダイヤの大幅な変更を求められておりますし、観閲式では運航の中止を求められる可能性もあるようです。これでは定期便としての運航を行うことができません。
とし、いつも同じ時間での運航ができないことのデメリットを指摘しています。

スカイマークは、増便ができないと黒字化できないことから、積極的増便を行っていく前提として、
茨城空港と自衛隊との間で「民間共用」のスキームの見直し
を求めていて、それが行われるまでは運休するという結論に達したようです。


1往復体制の現在は、比較的不便な時間の運航、東京直通バス未接続というハンディがありながら70%以上の搭乗率をたたき出しています。なんとも残念な運休ではあるのですが、この理由付けを見る限りでは、共用のスキームに百里独特の強い制限があるかのような印象を受けます。
日本には、他にも小松や米子などいくつか共用空港がありますが、結構ポンポン飛行機が発着中。空港(茨城県)と自衛隊間によるスキームによる制限が他の空港よりもきついのであれば、茨城県の調整不足ということだとも言えそうです。
ただ、ウィキによれば、百里飛行場は、関東地方で唯一戦闘機運用が可能とのことで、自衛隊の中でもかなり重要度の高い基地でしょうから、調整は難航を極めることは確実でしょう。
海外の多くのLCCがスカイマークの動向をうかがっていたと思うのですが、これによりLCCの選択肢から外れた可能性がかなり高そうです。

観閲式でのダイヤ変更はしょうがないにしても、高い税金かけて民間機用として2本目の滑走路を整備したのに、航空祭のようなイベントでダイヤ変更が求められるのは、スカイマークとしては想定外といったところでしょうか。スカイマークが主張するように、常に自衛隊都合で民間機運航が影響を受けるのであれば、「民間機用滑走路の整備は必要なかったんとちゃう?」という意見も出てきそうです。
逆に共用空港でダイヤ変更を求められることを想定していなかったスカイマークもスカイマークで、今後の動きに注目です。


「神戸‐茨城線」の運休について(スカイマーク公式サイト)
http://www.skymark.co.jp/ja/company/press/press100624.html
posted by johokotu at 23:30| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする

2010年06月19日

百里_6月バス便ダイヤ変更

■百里飛行場(茨城空港) アクセスバス便ダイヤ変更(2010年06月)

06/19
□ 茨城空港3番-東京駅(3→3)


06月19日:東京駅の発着位置が変更になります。のりばが鍛冶橋駐車場から八重洲南口6番のりばに、おりばが丸の内口から日本橋口おりばに変更です。
posted by johokotu at 12:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 百里飛行場(茨城空港) | 更新情報をチェックする