2022年08月15日

◇COVID-19関係記事一覧8/15

◇COVID-19関係記事一覧 2022/8/15

情報交通ホットライン日本空港情報館ブログでは、昨年1月から、COVID-19に関連し、多数の記事を配信しています。
カテゴリで分類していますが、記事数が多すぎて検索しづらいので、内容別に一覧にしておきます。
文字数制限に引っかかってしまいましたので、2022年分以降のみを掲載します。

2021年分以前の記事は、6月15日配信の記事をご覧ください。(https://johokotu.seesaa.net/article/488803942.html

■空港検疫関係の記事
<偽陰性すり抜け・空港検疫隔離関係>
2022年
08月03日 国外居住陽性千葉7月16人 new!
08月03日 戦慄!危険!空港が日本への攻撃拠点 すり抜け東京だけで7月681人 悪化続く new!
07月02日 国外居住陽性千葉6月6人で収まる
07月02日 戦慄!危険!空港が日本への攻撃拠点 すり抜け東京だけで6月584人 急激悪化
06月23日 戦慄!陽性減東京都 止まらない海外渡航者陽性爆増加速!地元は大丈夫?
06月17日 戦慄!陽性減東京都 海外渡航者爆増加速中!あなたの地元は大丈夫?
06月14日 戦慄!陽性減の東京都 海外渡航者が爆増中!あなたの地元は大丈夫?
06月06日 戦慄!すり抜け陽性爆増!都人口の0.06%の海外渡航者が陽性者の1割!
06月04日 戦慄!国外居住者陽性千葉5月22人
06月04日 戦慄!すり抜け東京で5月107人
06月03日 超超超超超緊急警報!検体数激減!危険国凝縮なのに率激減!危険国すり抜け?
06月03日 データから明白!危険水際へ!
06月02日 超超超超超緊急警報!陽性95%減 百人級すり抜け水際崩壊
06月01日 えあぽーといずでんじゃらす
05月08日 戦慄!国外居住者の国内陽性確認続
05月07日 戦慄!すり抜け東京だけで百人超
04月02日 戦慄!国外居住者の国内陽性確認続
04月02日 戦慄!すり抜け東京だけで0.05%も
03月09日 隔離基準 非指定国=安全 の嘘
03月03日 注目されない隔離と公共利用
03月03日 戦慄!国外居住者検疫すり抜け続く
03月03日 戦慄!すり抜け東京だけで0.13%も
03月01日 ついにAirport is dangerous
02月06日 検査戻しただけではほぼ意味無
02月03日 戦慄!国外居住の検疫すり抜け続く
02月03日 戦慄!すり抜け東京だけで0.2%も
01月16日 入国後隔離の重要性をもう一度
01月05日 戦慄!検疫すり抜け増加中
01月04日 戦慄!強制隔離もすり抜け続く
01月04日 戦慄!すり抜け12月から超爆増
<非公表関係>
-
<入国ルール違反関係>
2022年
02月01日 空港検疫_逃亡者1月発表7人
01月11日 驚愕!日米声明に空港検疫対策無
01月09日 米14日以内キチガイ外出OK判明
01月04日 空港検疫_逃亡者12月発表27人
<航空機内・空港集団感染関係>
2022年
-
<感染傾向関係>
2022年
08月12日 日本の航空業界が安全第一を言わないなんて絶対にダメだと振り返る日です new!
02月19日 緊急警報!パキスタン依然2割超
02月14日 緊急警報!南亜2国30%超え!!!!!
02月05日 緊急警報!南亜3国20%超え!!!!!
01月14日 戦慄!米年末既に6%超4割邦人
<抗原検査と低感染国関係>
2022年
-
<分析関係>
2022年
-
<その他>
2022年
03月22日 行動歴別国籍別配信終了か?
03月08日 ★空港から安全に抜出方法_5)福岡
03月07日 ★空港から安全に抜出方法_4)関空
03月06日 ★空港から安全に抜出方法_3)中部
03月05日 ★空港から安全に抜出方法_2)羽田
03月04日 ★空港から安全に抜出方法_1)成田
01月17日 驚愕!検疫誤報だらけ記事配信

■空港/航空会社の対応関連の記事
<空港関係>
2022年
08月06日 38空港_無料検査拠点を設置 new!
01月21日 コロナ_搭乗前無料検査再開
01月04日 成田・羽田_都がPCRキット配布
<ガイドライン関係>
-
<緊急事態宣言関係>
2022年
-
<航空会社関係>
2022年
05月25日 搭乗者数抑制6/1さらに緩和へ
04月05日 搭乗者数抑制10日から緩和へ
03月07日 搭乗者数抑制14日から緩和へ
02月22日 搭乗者数抑制3月から緩和へ

■アクセス状況の記事
2022年
03月02日 成田_入国者専用車両終了へ
03月02日 成田・羽田_入国者専用バス終了

■航空便欠航状況の記事
<月間情報関係>
2022年
-
<航空会社関係>
-
<国内線>
2022年
-
<国際線>
2022年
08月02日 祝!国際線定期便再開 那覇 new!
07月28日 那覇_国際線再開へ 2年4か月振 new!
07月18日 祝!国際線定期便再開 新千歳 new!
06月22日 新千歳_国際線再開へ 2年3か月振

■運航便情報
<国内線>
2022年
08月05日 国内線_長期欠航路線8/5◆更新継続中 new!
07月29日 国内線_長期欠航路線7/29
03月22日 国内線_長期欠航路線3/4
<国際線>
2022年
08月12日 国際線_運航中路線8/12◆更新継続中 new!
07月29日 国際線_運航中路線7/29
06月23日 国際線_運航中路線6/23
05月11日 国際線_運航中路線5/11
04月30日 国際線_運航中路線4/30
03月23日 国際線_運航中路線3/14
02月28日 国際線_運航中路線2/28
01月25日 国際線_運航中路線1/25

■輸送実績の記事
2022年
05月15日 2021年度利用者数 離島は減少幅小

■出入国制限状況の記事
<日本への入国制限関係>
2022年
08月05日 入国後待機最長5日に短縮 new!
07月27日 水際対策 赤黄青変更7/21発表 new!
05月27日 青黄赤指定発表、赤は僅か4国
05月21日 入国時検査と待機期間見直しへ
05月17日 変異株 規制変更5/16発表
04月29日 変異株 規制変更4/28発表
04月07日 変異株 規制変更4/6発表
04月07日 コロナ_106国上陸拒否解除へ
04月03日 変異株 規制変更3/30発表
03月28日 変異株 規制変更3/25発表
03月17日 変異株 規制変更3/16発表
03月10日 変異株 規制変更3/9発表
03月03日 変異株 規制変更3/2発表
02月25日 条件満たした入国待機期間短縮へ
02月25日 変異株 規制変更2/24変更
02月18日 変異株 規制変更2/17発表 日本人のイメージ変えちゃおうぜのタネ1つ終了
02月17日 緊急速報!隔離0日or3日へ
02月10日 変異株 規制変更2/10変更
02月08日 空港検疫入国前WEB手続開始
02月03日 変異株 規制変更2/2変更
01月29日 変異株 規制変更1/28変更
01月29日 ο株地域から入国は隔離7日間へ
01月18日 変異株 規制変更1/18変更
01月15日 ο株地域から入国は隔離10日間へ
01月15日 変異株 規制変更1/14変更
01月12日 変異株 規制変更1/11変更
01月08日 変異株 規制変更1/7発表
01月05日 変異株 規制変更1/4発表
<渡航レベル関係>
2022年
05月27日 危険度 2年ぶりLv.1国登場
04月02日 感染症危険106国大幅引下げ
03月07日 なぜか渡航中止勧告で大騒ぎ
<世界各国の入国制限関係>
2022年
-

■入国者数の記事
<検疫検体数から判明した入国者数(推定値)推移>
2022年
06月21日 6月1週検体_入国者の6割の外人が検体の9割占める異様な偏り
06月21日 5月5週入国_邦人多い国は増加・外人多い国は減少気味?
06月14日 5月4週入国_悪化米邦人1万突破
06月04日 5月3週入国_日外数で青黄赤指定?※※
06月01日 5月2週入国_爆増8万件突破※※
05月24日 5月1週入国_GW需要?邦人急増※※
05月14日 4月4週入国_外人12週ぶり減少
05月07日 4月3週入国_邦人減 外人増続く
05月07日 4月2週入国_全体微増 外人増続く
04月23日 4月1週入国_9週ぶり微減 外人は増
04月16日 3月5週入国_外人爆増目立つ
04月09日 3月4週入国_検体爆増続くも邦人減
04月02日 3月3週入国_検体1万件超爆増
03月28日 3月2週入国_休前で?邦人/欧州増
03月26日 3月1週入国_検体数5千件超爆増
03月12日 2月4週入国_検体増続く 邦人急増
03月05日 2月3週入国_検体増 まだ外人多
02月26日 2月2週入国_検体増加 外人急増
02月19日 2月1週入国_月初も検体減
02月15日 1月4週入国_検体減も邦人増
02月05日 1月3週入国_検体数全体急減
01月29日 1月2週入国_外人過半数続く
01月22日 1月1週入国_外人過半数
01月15日 12月5週入国_邦人激減で全体減
01月08日 12月4週入国_年末帰国継続も?
01月08日 12月3週入国_検体3万件超
<入国者数(出入国管理統計)>
2022年
07月29日 5月入国_32万人弱 日外共に増 new!
06月26日 4月入国_26万人強 外人急増
05月31日 3月入国_17.8万人 留学/技能急増
04月30日 2月入国_6.7万人 越が千%超増
03月31日 1月入国_7.7万人 米軍1割近く
02月27日 12月入国_11.5万人 5.8%は米軍
02月16日 1月入国7万、仕事より休暇鮮明
<訪日外客数(JNTO発表)>
2022年
-
<空港別(成田国際・中部国際・関西国際)>
2022年
-
<空港別(東京国際)>
2022年
-


■毎日発表内容
2020年04月08日発表分から毎日記事にしています。
2022年
01月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
  03月15日 空港検疫_2022/02/28迄の数値
02月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日
  03月15日 空港検疫_2022/02/28迄の数値
03月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
  04月15日 空港検疫_2022/03/31迄の数値
04月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日
  05月11日 空港検疫_2022/04/30迄の数値
05月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
  06月10日 空港検疫_2022/05/31迄の数値
06月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
   11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日
  07月06日 空港検疫_2022/06/30迄の数値
07月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
   21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
  08月05日 空港検疫_2022/07/31迄の数値 new!
08月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/


■期間集計(週間別)の記事
<07月から週間分析>
2022年
08月09日 検疫週間別8月1_1日20人超5%台 黄化で隔離中消滅 青化ですり抜け危機 new!
08月02日 検疫週間別7月4_1日30人超 5%台に急激悪化 有症4人に1人 団体疑が増加 new!
07月26日 検疫週間別7月3_週200人突破4%台後半に悪化中 団体疑いが増加転換 new!
07月19日 検疫週間別7月2_検体最少も150人超異常/率4%超異常/3人に1人有症異常 new!
07月12日 検疫週間別7月1_有症状者一気に急増 率3%超で非常に危険
07月05日 検疫週間別6月4_20人/日3%超危険 青黄赤規制がおかしすぎることが判明
06月28日 検疫週間別6月3_悪化百人1.8%超
06月21日 検疫週間別6月2_率悪化1.4%超
06月14日 検疫週間別6月1_9割減も1%超の危険 データが示す青国陽性多い可能性
06月07日 検疫週間別5月5_異常!実質5日で有症/団体増 最悪1月より多い入国時有症
05月31日 検疫週間別5月4_検体1万件超続く/隔離滅/機内クラスター5割※※
05月24日 検疫週間別5月3_隔離滅/機内クラスター5割超/有症異常最悪時期より多い?※※
05月17日 検疫週間別5月2_隔離減/有症増/電車利用可/自主隔離無等=最悪1月より危険
05月10日 検疫週間別5月1_率0.7%台に再悪化 隔離中陽性ほぼ消滅のすり抜け危機
05月03日 検疫週間別4月4_検体再増 陽性減鈍化 率0.6%台迄改善 越悪いまま※※
04月26日 検疫週間別4月3_検体横ばい 陽性減、罹患率0.7%台まで改善※※
04月19日 検疫週間別4月2_検体増も横ばい 陽性減で百人/日切る 罹患率1%下回る
04月13日 検疫週間別4月1_検体増も横ばい 陽性減も百人/日超のまま 罹患率改善再開
04月05日 検疫週間別3月4_検体は過去最多で陽性者も百人/日超 隔離中は激減したまま
03月29日 検疫週間別3月3_検体爆増最多更新 隔離中陽性激減 でも罹患率横ばい=危険
03月22日 検疫週間別3月2_検体過去最多で罹患率薄まる 隔離中半減ですり抜け懸念
03月15日 検疫週間別3月1_罹患率は改善鈍化続く 隔離中激減ですり抜け懸念
03月08日 検疫週間別2月4_隔離緩和で隔離中陽性激減 すり抜け懸念
03月01日 検疫週間別2月3_隔離中4割で危険
02月22日 検疫週間別2月2_率2%台で横ばい
02月15日 検疫週間別2月1_隔離中4割も
02月08日 検疫週間別1月5_やっと3%台迄改善
02月01日 検疫週間別1月4_異次元南亜目立つ
01月25日 検疫週間別1月3_率悪化5%後半
01月18日 検疫週間別1月2_異次元千人突破
01月11日 検疫週間別1月1_異次元3段階5%
01月05日 検疫週間別12月4_異次元爆増2%超

■期間集計(国籍別)の記事
<週間分析(2020年10月以降の発表データ)>
2022年
08月13日 検疫週間速報7月4_最悪6.2% 邦人10%超+複数国邦人多→密輸元凶 邦人 new!
08月06日 検疫週間速報7月3_5%超 基国入国止級 複数国邦人多→外人意識低は嘘 new!
07月30日 検疫週間速報7月2_4%超 米16/英11今すぐ赤化級異常 5国異常滞在は邦人 new!
07月23日 検疫週間速報7月1_3%超続く 邦人異常悪化 米国20人今すぐ赤化すべき new!
07月16日 検疫週間速報6月5_急激悪化3%超 邦人異常悪化 米国29人今すぐ赤化すべき new!
07月09日 検疫週間速報6月4_率2%に悪化 邦人悪状態続く 複数国日5外5
07月02日 検疫週間速報6月3_邦人5%超悪化・青国米国から22人も 異常
06月25日 検疫週間速報6月2_邦人悪化3%超
06月23日 検疫週間速報6月1_傾向全く読み取れず 黄国でも検査無が多数発生?
06月23日 検疫週間速報5月5_1%超危険になってから検疫緩和 率高国青国多し
06月14日 検疫週間速報5月4_邦人悪化続く 米は2%まで悪化の危険
06月04日 検疫週間速報5月3_邦人悪化止まらず1%超/率高い国が青国ばかり
06月01日 検疫週間速報5月2_邦人急激悪化止まらず/率高い国が青国ばかり※※
05月24日 検疫週間速報5月1_GW邦人急激悪化※※
05月14日 検疫週間速報4月4_邦人悪状況続く
05月07日 検疫週間速報4月3_2週連続で罹患率1%下回る 邦人横ばい/外人大幅改善※※
05月07日 検疫週間速報4月2_5か月ぶり1%下回る 外人罹患率大幅改善※※
04月23日 検疫週間速報4月1_検体横ばい 罹患率改善再開?10%超の超危険国消滅
04月16日 検疫週間速報3月5_検体爆増・隔離中激減のなか陽性爆増続く 率完全横ばい
04月09日 検疫週間速報3月4_検体爆増も率横ばい 越/韓検体3千超で機内全員濃接危険
04月02日 検疫週間速報3月3_検体爆増も率横ばい 越/韓検体2千超で機内全員濃接危険
03月28日 検疫週間速報3月2_検体多国は外人陽性多、邦人陽性急増国も欧州多
03月26日 検疫週間速報3月1_検体数爆増で1%台
03月12日 検疫週間速報2月4_邦人陽性増加も罹患率1%台 千歳/那覇着謎人物含まず?
03月05日 検疫週間速報2月3_検体100以上10%超再び 隔離指定全く間に合わず
02月26日 検疫週間速報2月2_検体100以上10%超え消滅 異次元やっと脱出?
02月19日 検疫週間速報2月1_罹患率まだ3%超 基国2割超ウイルス運搬便続く
02月16日 検疫週間速報1月4_率最悪は脱出 南亜は異次元通り越した超危険状態続く
02月05日 検疫週間速報1月3_南亜は異次元通り越した危険 機内全域ウイルス運搬
01月29日 検疫週間速報1月2_高罹患率なのに強制隔離無危険国だらけ
01月22日 検疫週間速報1月1_最悪原因外人?
01月15日 検疫週間速報12月5_率3%超最悪
01月08日 検疫週間速報12月4_1%超最悪
01月08日 検疫週間速報12月3_激増原因邦人
<月間分析>
2022年
-

■緊急警報の記事
データを見れば一目瞭然。緊急警報の数で危険だった時期が分かります。
#は100人超えの「超緊急速報」の記事です。
2022年
01月 01日/02日/03日#/04日#/05日#/06日#/07日#/08日#/09日#/10日#
  11日#/12日#/13日#/14日#/15日#/16日#/17日#/18日/19日#/20日#
  21日#/22日#/23日#/24日#/25日#/26日#/27日#/28日/29日/30日#/31日#
02月 01日/02日#/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
  21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日
03月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
  21日/22日/23日/24日/25日/26日#/27日#/28日#/29日/30日/31日#
04月 01日#/02日#/03日#/04日#/05日/06日#/07日/08日/09日/10日#/
  11日#/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
  21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日
05月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日#/09日#/10日#/
  11日/12日/13日/14日/15日#/16日#/17日#/18日/19日/20日/
  21日/22日#/23日#/24日/25日/26日/27日/28日#/29日#/30日#/31日#
06月 01日#/04日/05日/06日/07日/09日/10日/11日/12日/13日/
  14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/22日/23日/24日/
  25日/26日/27日/28日/29日/30日
07月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/15日/16日/17日/18日/19日/20日/
  21日/22日/23日/24日/25日/26日/27日/28日/29日/30日/31日
08月 01日/02日/03日/04日/05日/06日/07日/08日/09日/10日/
  11日/12日/13日/14日/


■コラム等
2022年
06月04日 時間ずらしリスク避け空港へ
06月01日 経済効果無い不要不急訪問止めよう
01月10日 国際線発着週休2日の提案
01月06日 応援検疫 6日22時密着番組放映

■COVID-19に触れた旅行記の記事
2022年
-

■「お家にいよう」プロジェクト
これまでアップした「お家にいよう」プロジェクト
空港は人生の全てが学べる!
お家にいながら空港を学べます!遊べます!楽しめます!
2022年
Vol00 01/14 https://johokotu.seesaa.net/article/485210703.html お家TVでAirなAirに
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2022年08月14日

空港検疫8/14_まだ日本の3.4倍

◇空港検疫 8月14日発表分
[検体数] 457件 異常極少 97%自動すり抜け中
[陽性数] 27人も異常発生
[有症状] 7人も異常発生 本当に出発前陰性?
[複数国] 2人発生
[青国から陽性] 3.5人も異常発生 本当に青?
[罹患率] 5.5%超 機内は全員濃厚接触状態


さあ、日本人起因の陽性が急増する
盆帰国時期到来!
空港検疫は日本国内より3.4倍も危険
空港検疫の放置は狂気

  ついに罹患率三%突破    
自動的に機内全員濃厚接触者に  
 飛行機移動が危険な割合に   


     国際線到着空港       
どのデータ見ても大量すり抜け確定的  
 国内悪化で水際緩和の危険が証明   


厚生労働省(厚労省)は8月13日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無、ワクチン摂取状況等に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施してきました。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定として臨時的に実施してきました。日本で唯一正確な罹患率を把握できました。
※2022年6月1日より非上陸拒否国も含めた入国者全員検査は廃止され、上陸拒否国からの入国者全員検査も一部の国では行われなくなりました。現在は特定国(2か国のみ)からの入国者全員と、特定国からの入国者の一部に対して検査を実施しています。


  【直前7日間の罹患率】5.549%  
▲近々7日間国際線到着空港は現在の日本国内より3.4倍危険!
(比較用)日本国内 現罹患率1.615%=要治療2,016,166人/人口約1億2484万人(2022年7月)

(比較用)日 本:罹患率12.372%=感染15,445,279人、死亡率0.0280%=死亡35,001人/約1億2484万人(2022年7月)

※罹患率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で出発前に陽性の人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。





空港検疫 全員検査結果(8月12日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2022年4月30日発表分までは別にまとめています。

2020年4月4日〜2022年7月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/490387133.html

2020年04月04日〜2022年08月01日:対象2,321,745件、陽性20,552人/罹患率0.885% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年08月02日:対象2,322,236件、陽性20,571人/罹患率0.885%
2020年04月04日〜2022年08月03日:対象2,322,745件、陽性20,589人/罹患率0.886%
2020年04月04日〜2022年08月04日:対象2,323,249件、陽性20,614人/罹患率0.887%
2020年04月04日〜2022年08月05日:対象2,323,730件、陽性20,639人/罹患率0.888%
2020年04月04日〜2022年08月06日:対象2,324,233件、陽性20,676人/罹患率0.889%
2020年04月04日〜2022年08月07日:対象2,324,661件、陽性20,703人/罹患率0.890%
2020年04月04日〜2022年08月08日:対象2,325,398件、陽性20,735人/罹患率0.891%
2020年04月04日〜2022年08月09日:対象2,325,823件、陽性20,768人/罹患率0.892% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年08月10日:対象2,326,273件、陽性20,789人/罹患率0.893%
2020年04月04日〜2022年08月11日:対象2,326,789件、陽性20,815人/罹患率0.894% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年08月12日:対象2,327,324件、陽性20,851人/罹患率0.895%
2020年04月04日〜2022年08月13日:対象2,327,862件、陽性20,884人/罹患率0.897%

2020年04月04日〜2022年08月14日:対象2,328,319件、陽性20,906人/罹患率0.897% 




・昨日単日データでの罹患率:4.814%=陽性22人/検体457件  

・直前7日間の罹患率:5.549%=陽性203人/検体3,658件  
本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

[週間検体数] 4,000件/週を切っています。検査しない人が多過ぎです。
[週間陽性数] 再び増加を始めており、210人/週(=30人/日)に近くなっています。
[週間罹患率] 5%台が続いています。
72時間前までに陰性が確認された安全側に振れているはずの集団なのに18人に1人は陽性者で、まだまだ異様で異常な状況です。
それだけ世界の感染が異常なのか、もしくは、入国者は感染しやすい行動をしている、いわゆる危険人物の割合が異常に多いかのどちらかですね。


通常の検疫措置(2-row rules)ですと、機内全員が自動的に濃厚接触者となってしまう罹患率3%を超え続けています。
異常に異常に異常に異常に異常に異常に危険です。


新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年8月14日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27405.html















空港検疫検査 到着日別詳細結果(8月13日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
2022年4月30日到着分までは、別にまとめています。

2020年4月3日〜2022年7月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/490387133.html

08月01日:症状 有4 無14=陽性18人 20287・20288・20289・20290・20291・20292・20293・20294・20295・20296・20297・20298・20299・20300・20301・20302・20303・20304
08月02日:症状 有6 無19=陽性25人 20305・20306・20307・20308・20309・20310・20311・20312・20313・20314・20315・20316・20317・20318・20319・20320・20321・20322・20323・20324・20325・20326・20327・20328・20329
08月03日:症状 有3 無22=陽性25人 20330・20331・20332・20333・20334・20335・20336・20337・20338・20339・20340・20341・20342・20343・20344・20345・20346・20347・20348・20349・20350・20351・20352・20353・20354
08月04日:症状 有13 無24=陽性37人 20355・20356・20357・20358・20359・20360・20361・20362・20363・20364・20365・20366・20367・20368・20369・20370・20371・20372・20373・20374・20375・20376・20377・20378・20379・20380・20381・20382・20383・20384・20385・20386・20387・20388・20389・20390・20391

08月05日:症状 有14 無15=陽性29人 20392・20393・20394・20395・20396・20397・20398・20399・20400・20401・20402・20403・20404・20405・20406・20407・20408・20409・20410・20411・20412・20413・20414・20415・20416・20417・20418・20448・20459
 [空港別] 成田11・羽田7・中部6・関空4・福岡1
 [男女別] 男15・女14
 [年代別] 10下8・20代8・30代6・40代5・50代0・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] 韓国4・フィリピン1・ベトナム7・タイ2・インド2・トルコ1・イタリア1・アイルランド/スペイン1・米国8・米国/カナダ2
 [居住地] 千葉5・東京9・神奈川3・岐阜5・愛知2・三重1・兵庫3・長崎1
08月06日:症状 有12 無19=陽性31人 20419・20420・20421・20422・20423・20424・20425・20426・20427・20428・20429・20430・20431・20432・20433・20434・20435・20436・20437・20438・20439・20440・20441・20442・20443・20444・20445・20446・20447・20449・20450
 [空港別] 成田12・羽田8・中部1・関空3・福岡7
 [男女別] 男18・女13
 [年代別] 10下8・20代7・30代6・40代3・50代6・60代0・70代0・80上1
 [渡航元] フィリピン2・ベトナム13・インドネシア1・スリランカ2・インド2・パキスタン2・ジョージア1・マルタ3・米国4・豪州1
 [居住地] 埼玉4・千葉1・東京8・神奈川3・愛知1・三重1・京都1・大阪1・岡山1・徳島1・愛媛1・大分1・福岡4・沖縄3
08月07日:症状 有5 無22=陽性27人 20451・20452・20453・20454・20455・20456・20457・20458・20460・20461・20462・20463・20464・20465・20466・20467・20468・20469・20470・20471・20472・20473・20474・20475・20476・20477・20478
 [空港別] 成田11・羽田8・中部2・関空6
 [男女別] 男17・女10
 [年代別] 10下10・20代8・30代5・40代2・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム13・ネパール1・インド1・スイス1・マルタ3・オランダ/ドイツ1・スペイン/ポルトガル1・米国6
 [居住地] 青森2・宮城2・埼玉2・東京3・神奈川5・山梨2・愛知2・大阪4・兵庫2・福岡2・宮崎1
08月08日:症状 有4 無17=陽性21人 20479・20480・20481・20482・20483・20484・20485・20486・20487・20488・20489・20490・20491・20492・20493・20494・20495・20496・20497・20498・20499
 [空港別] 成田4・羽田5・中部7・関空5
 [男女別] 男13・女8
 [年代別] 10下3・20代9・30代5・40代2・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム13・インドネシア1・インド2・パキスタン1・トルコ3・ドイツ1
 [居住地] 千葉1・東京3・神奈川1・長野1・静岡1・岐阜1・愛知8・大阪3・兵庫1・沖縄1
08月09日:症状 有11 無13=陽性24人 20500・20501・20502・20503・20504・20505・20506・20507・20508・20509・20510・20511・20512・20513・20514・20515・20516・20517・20518・20519・20520・20521・20522・20523
 [空港別] 成田12・羽田1・中部1・関空4・福岡6
 [男女別] 男16・女8
 [年代別] 10下4・20代5・30代11・40代2・50代2・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン1・ベトナム11・インドネシア2・インド1・スリランカ2・パキスタン1・カナダ2・米国3・フィジー1
 [居住地] 埼玉3・千葉2・東京4・神奈川2・石川1・岐阜1・大阪3・兵庫1・島根2・山口1・福岡2・沖縄2
08月10日:症状 有11 無25=陽性36人 20524・20525・20526・20527・20528・20529・20520・20521・20522・20523・20524・20525・20526・20527・20528・20529・20530・20531・20532・20533・20534・20535・20536・20537・20538・20539・20540・20541・20542・20543・20544・20545・20546・20547・20548・20549・20550・20551・20552・20553・20554・20555・20556・20557・20558・20559
 [空港別] 成田18・羽田6・中部8・関空3・福岡1
 [男女別] 男20・女16
 [年代別] 10下9・20代8・30代9・40代4・50代3・60代0・70代3・80上0
 [渡航元] ベトナム21・インド2・スリランカ1・トルコ/イラン3・ウズベキスタン4・ロシア/ウズベキスタン1・フランス1・ベルギー/ドイツ/スイス1・米国2
 [居住地] 岩手1・福島1・埼玉3・東京9・神奈川4・長野3・山梨1・静岡5・石川2・愛知3・三重1・大阪1・兵庫1・佐賀1
08月11日:症状 有11 無22=陽性33人 20560・20561・20562・20563・20564・20565・20566・20567・20568・20569・20570・20571・20572・20573・20574・20575・20576・20577・20578・20579・20580・20581・20582・20583・20584・20585・20586・20587・20588・20589・20590・20591・20592
 [空港別] 成田12・羽田8・中部3・関空8・福岡2
 [男女別] 男21・女12
 [年代別] 10下4・20代16・30代8・40代2・50代2・60代0・70代1・80上0
 [渡航元] ベトナム18・タイ1・カンボジア/タイ/ベトナム1・インド4・スリランカ1・パキスタン2・トルコ1・ハンガリー/ポルトガル1・米国4
 [居住地] 茨城2・群馬3・東京8・神奈川4・山梨1・愛知4・大阪4・兵庫4・香川1・熊本1・沖縄1
08月12日:症状 有8 無14=陽性22人 20593・20594・20595・20596・20597・20598・20599・20600・20601・20602・20603・20604・20605・20606・20607・20608・20609・20610・20611・20612・20613・20614
 [空港別] 成田4・羽田8・中部2・関空5・福岡3
 [男女別] 男17・女5
 [年代別] 10下7・20代5・30代6・40代1・50代2・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] 韓国1・ベトナム8・タイ2・インドネシア2・インド1・パキスタン1・トルコ4・米国3
 [居住地] 茨城2・群馬2・埼玉1・東京1・神奈川3・山梨1・岐阜1・愛知5・大阪1・兵庫1・島根1・岡山1・山口1・熊本1
08月13日:症状 有7 無20=陽性27人 20615・20616・20617・20618・20619・20620・20621・20622・20623・20624・20625・20626・20627・20628・20629・20630・20631・20632・20633・20634・20635・20636・20637・20638・20639・20640・20641
 [空港別] 成田12・羽田4・関空5・福岡6
 [男女別] 男15・女12
 [年代別] 10下7・20代7・30代4・40代2・50代4・60代2・70代1・80上0
 [渡航元] ベトナム13・インドネシア/ベトナム1・インド4・パキスタン1・インド/モルディブ1・カザフスタン4・スペイン1・英国1・米国1
 [居住地] 群馬1・埼玉1・千葉2・東京8・神奈川3・三重1・京都2・大阪3・福岡5・鹿児島1





空港検疫でのCOVID-19陽性確認数(到着日ベース)
・2020年4月3日〜2022年8月13日着累計(863日間):20,558人  
・本日発表された空港検疫での陽性者数:27人  
 [入国時陽性分と推定] 8月13日着 27人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
少ないように見える数字に騙されやすいですが、検体数が著しく少ない中での数値であることに注意が必要です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





有症状者状況
・累計:有症状4,010人・無症状16,548人=無症状率80.4%  
・本日発表された空港検疫での有症状者数:7人  

20619 福岡 8月13日 10代 男性 福岡県 インド 発熱
20621 関空 8月13日 10代 女性 大阪府 ベトナム 咳
20622 関空 8月13日 50代 女性 大阪府 スペイン 発熱、咳、頭痛、倦怠感
20627 羽田 8月13日 50代 男性 三重県 インド 倦怠感、下痢
20628 羽田 8月13日 50代 男性 東京都 英国 発熱、咳、咽頭痛、倦怠感
20629 羽田 8月13日 60代 男性 東京都 米国 発熱、咳、咽頭痛、頭痛
20639 成田 8月13日 30代 男性 神奈川県 ベトナム 咽頭痛

(入国時検査に当たる8月13日着以降)
インド:福岡まで直行便はありません。乗継便で半日程度の移動で、機内発症とみられます。
インド:羽田まで直行便で8時間程度の飛行で、機内発症か微妙です。
ベトナム:成田・関空まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
その他各国は直行便・乗継便いずれも10時間程度以上の飛行で、機内発症とみられます。(米国は機内発症か微妙な短距離路線としてグアムが含まれています)

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
72時間前までに陰性を確認した人たちの集団なのに、何故か有症状事例が異常に多いです。
超極少の検体数で、この超大人数の有症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





国別陽性確認数
・10人以上の超危険国:ベトナム13.5人*  
・5人以上の危険国:該当無し  

・複数国滞在者:2人  

・青国からの陽性者:3.5人*  
・青国のうち無症状:該当無し  

それにしても特定国から異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。


それにしても検査も隔離も不要な安全国である青国からの「無症状」陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の青国無症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





団体感染疑い状況
・団体感染が疑われる事例:8組13人  
(1)連番確認(同一日同一空港着同一国からの同一地域居住者=同一団体疑い):4組12人
・20615 福岡 8月13日 20代 女性 福岡県 ベトナム 無症状
 20616 福岡 8月13日 20代 女性 福岡県 ベトナム 無症状
 20617 福岡 8月13日 40代 男性 福岡県 ベトナム 無症状
 20618 福岡 8月13日 20代 女性 福岡県 ベトナム 無症状
・20623 関空 8月13日 30代 男性 京都府 インド 無症状
 20624 関空 8月13日 30代 女性 京都府 インド 無症状
・20633 成田 8月13日 40代 男性 東京都 カザフスタン 無症状
 20634 成田 8月13日 10歳未満 女性 東京都 カザフスタン 無症状
 20635 成田 8月13日 10歳未満 女性 東京都 カザフスタン 無症状
 20636 成田 8月13日 10歳未満 男性 東京都 カザフスタン 無症状
・20639 成田 8月13日 30代 男性 神奈川県 ベトナム 咽頭痛
 20640 成田 8月13日 50代 女性 神奈川県 ベトナム 無症状

(2)10歳未満(同行者がいる団体感染すり抜け疑い):4人(※は上記のうちの1人)
20634 成田 8月13日 10歳未満 女性 東京都 カザフスタン 無症状※
20635 成田 8月13日 10歳未満 女性 東京都 カザフスタン 無症状※
20636 成田 8月13日 10歳未満 男性 東京都 カザフスタン 無症状※
20637 成田 8月13日 10歳未満 女性 千葉県 パキスタン 無症状

それにしても団体疑い、10歳以下が異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
超極少の検体数で、この超大人数の団体疑いや10歳以下が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





強制隔離中の影響
・強制隔離中の陽性とみられる事例:0人(全体の0%)  

・対象国増2021年3月5日-2021年9月19日200日間 強制隔離中陽性563人(2.8人/日)
・対象国減2021年9月20日-2021年11月7日49日間 強制隔離中陽性79人(1.6人/日)
・対象国減2021年11月8日-2021年11月26日19日間 強制隔離中陽性23人(1.2人/日)
・対象国増2021年11月27日-2022年2月28日94日間 強制隔離中の陽性2,151人(22.8人/日)
・対象国減2022年3月1日着-2022年4月28日着の59日間 強制隔離中陽性840人(14.2人/日)
・対象国減2022年4月29日着-2022年5月31日着の33日間 強制隔離中陽性22人(0.7人/日)

・対象国壊滅2022年6月1日着-2022年8月10日着の71日間 強制隔離中陽性35人(0.5人/日)

それにしても、これだけ多数の陽性が出ているのに、強制隔離中陽性が異常に異常に異常に異常過ぎる少なさが続いています。完全にすり抜け危機です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、強制隔離を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





大量すり抜け危機勃発
結果を見れば一目瞭然
隔離規制緩和は大失敗!!!
結局、隔離規制をしないとダメなんです。


新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27406.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

緊急警報!20人超!5.5%超!

緊急警報! 本日発表分陽性2桁!
[検体数] 異常 457件 入国者の97%無検査!
[陽性数] 異常 27人も異常発生
[罹患率] 異常 5.5%超 全世界赤国級!


      国際線到着空港      
  大量すり抜け危機でただただ危険  


空港検疫での入国者に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査で、本日発表分で2桁人数の感染が確認されました。



本日発表された空港検疫でのCOVID-19陽性確認数
・ 本日発表された空港検疫での陽性者数:27人  
 [入国時陽性分と推定] 8月13日着 27人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し

超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。




本日発表された空港検疫でのCOVID-19国別陽性確認数(数の多い国)
・10人以上の超危険国:ベトナム13人  
・5人以上の危険国:該当無し  

・青国からの陽性者:3.5人*  




昨日単日データでの罹患率
・昨日単日データでの罹患率:4.814%=陽性22人/検体457件  

昨日発表分の検体数が今日出ましたので、昨日単日データでの罹患率が出ました。
過去のデータから、入国後数日内陽性(強制隔離対象の時に強制隔離中に発症した人)が30〜40%程、完全なすり抜け陽性は15%程いるようですので、入国者の陽性率は、上記数字の1.3〜1.4倍ほどと推定されます。入国者の6%程が「検査対象国」の昨日の入国者の陽性率と推定できます。




直前7日間の罹患率
・直前7日間の罹患率:5.549%=陽性203人/検体3,658件  

本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

(参考)2022年5月25日着〜5月31日着7日間:1.067%=陽性765人/検体71,722件
(参考)2022年6月01日着〜6月07日着7日間:0.913%=陽性70人/検体7,664件


週間検体数が再び4千件を切り始めています。検査している人があまりにも少なすぎます。
週間陽性者数が再び210人/週(=30人/日)近くなっています。
罹患率は5%台で、上下しながら横ばい気味です。
それでも18人に1人は陽性者。国際線到着空港は、異常に異常に異常に異常に異常に危険です。





これらの詳細内容は8月14日23時付でアップ予定の日々の記事で書く予定です。



入国者のすり抜けが強く懸念される事態となっています
国際線の発着する空港への不要不急の来港や
入国者のお迎え、入国者との接触は今すぐ中止しませんか
入国者が乗車する可能性の高い空港直結鉄道の利用を今すぐ中止しませんか

入国者が7日間程度接触しなければウイルス付着させませんから
日本国内の人が7日間程度接触されなければウイルス付着させられませんから


空港検疫の結果を見れば一目瞭然
結果が全てを物語っています
やっぱり隔離をしなきゃダメなんです


新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27406.html
新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年8月14日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27405.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

関空_空港概要(就航路線)

情報交通ホットライン/日本空港情報館/関西国際空港(就航路線)
日本空港情報館
関西国際空港
就航路線

■国内線就航路線
  ANA   AJX   APJ   SFJ   ADO   SKY   SNA   ORC  
  JAL   TZP   JTA   JJP   SJO   RAC  
  IBX   FDA   NCA   AMX   NJA   DAK   TAL   EXC  

令和4年8月14日現在、第1旅客ターミナルから日本航空、スターフライヤー、日本トランスオーシャン航空、ジェットスター・ジャパン(JJP)、ANAにより7路線、第2旅客ターミナル(国内線)からPeach Aviation(APJ)により13路線が就航しています。
※第2旅客ターミナル(国際線)からの国内線路線の発着はありません。
就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
女満別[T1] T1発の定期運航便なし
[T2] APJ*d0
釧路(たんちょう釧路)[T1] T1発の定期運航便なし
[T2] APJ*d0
新千歳[T1] JAL・JJP(JAL*d1)・ANA*d5
[T2] APJ
仙台(仙台国際)[T1] T1発の定期運航便なし
[T2] APJ
成田国際(成田)[T1] JJP(JAL*d1)
[T2] APJ
東京国際(羽田)[T1] SFJ(ANA)・ANA・JAL
[T2] T2発の定期運航便なし
新潟[T1] T1発の定期運航便なし
[T2] APJ
福岡[T1] T1発の定期運航便なし
[T2] APJ
長崎[T1] T1発の定期運航便なし
[T2] APJ
宮崎(宮崎ブーゲンビリア)[T1] T1発の定期運航便なし
[T2] APJ
鹿児島[T1] T1発の定期運航便なし
[T2] APJ
奄美[T1] T1発の定期運航便なし
[T2] APJ
那覇[T1] JTA・ANA・JJP(JAL*d1)
[T2] APJ
宮古[T1] ANA・JTA
[T2] T2発の定期運航便なし
新石垣(南ぬ島石垣)[T1] JTA・ANA
[T2] APJ
[T1]:第1ターミナルビル発着
[T2]:第2ターミナルビル(国内線)発着
*海外航空会社が共同運航されている場合があります。
*d0:一部曜日のみの運航
*d1:JAL共同運航便はJAL国際線との乗継時のみ
*d2:エアロプラザ発旅客ターミナル(現第1旅客ターミナル)着
*d3:ANKまたはAKXによる運航便あり
*d4:JEXによる運航便あり
*d5:AKXによる運航便あり
*d6:ANKによる運航便あり
*d7:JTAによる運航便あり
*d8:到着便は直行便、出発便はなし
*d9:出発便は直行便、到着便は那覇経由便


就航路線変遷(平成22年04月01日以降)
※平成21年06月01日:ANA*d6稚内・ANA*d6女満別 就航(季節就航)
※平成21年07月17日:JAL釧路・JAL帯広 就航(夏期期間就航)
※平成21年08月08日:ANA*d6福江 就航(夏期期間就航)
※平成21年08月22日:ANA*d6福江 運休(8/21最終運航)
※平成21年09月01日:JAL釧路・JAL帯広 運休(8/31最終運航)
※平成21年10月01日:ANA*d6稚内・ANA*d6女満別・JAL旭川 運休(9/30最終運航)
※平成21年11月01日:ANA高知・ANA松山・ANA鹿児島 運休(10/31最終運航)
※平成22年06月01日:JTA*d8宮古 運休(5/31最終運航)、ANA*d6稚内・ANA*d6女満別・ANA*d6旭川 就航(夏期期間就航)
※平成22年08月07日:ANA*d6福江 就航(夏期期間就航)
※平成22年08月21日:ANA*d6福江 運休(8/20最終運航)
※平成22年10月01日:ANA*d6稚内・ANA*d6女満別・ANA*d6旭川 運休(9/30最終運航)
※平成22年10月31日:JAL福岡 運休(10/30最終運航)、JAL成田国際 就航(国内線化)
※平成23年05月01日:ANA*d6旭川 就航(夏期期間就航)
※平成23年06月01日:ANA*d6稚内・ANA*d6女満別 就航(夏期期間就航)
※平成23年08月06日:ANA*d6福江 就航(夏期期間就航)
※平成23年08月20日:ANA*d6福江 運休(8/19最終運航)
※平成23年09月08日:JTA宮古 就航
※平成23年09月27日:JTA宮古 運休(09/26最終運航)
※平成23年10月01日:ANA*d6稚内 運休(9/30最終運航)
※平成23年10月30日:ANA*d6旭川・ANA*d6女満別 運休(10/29最終運航)
※平成24年03月01日:APJ*d2新千歳・APJ*d2福岡 就航
※平成24年03月08日:JTA宮古 就航
※平成24年03月23日:JTA宮古 運休(03/22最終運航)
※平成24年03月25日:SKY新千歳・SKY東京国際・APJ*d2長崎・SKY那覇 就航
※平成24年04月01日:APJ*d2鹿児島 就航、ANK合併によりANAに変更(ANA*d6/ANA*d3→ANA/ANA*d5)
※平成24年04月27日:ANA旭川・ANA女満別 就航(夏期期間就航)
※平成24年04月30日:SKY東京国際 運休(出発便は04/30最終運航)
※平成24年06月01日:ANA稚内・ANA石垣 就航(夏期期間就航)
※平成24年07月01日:JAL*d4成田国際 運休(出発便は07/01最終運航)、SKY旭川 就航(夏期期間就航)
※平成24年07月09日:JJP成田国際 就航
※平成24年07月13日:JTA那覇 関空発就航
※平成24年08月24日:JJP新千歳・JJP福岡 就航
※平成24年09月08日:JTA宮古 就航(秋期期間就航)
※平成24年10月01日:ANA稚内・JTA宮古・ANA石垣 運休(09/30最終運航)
※平成24年10月18日:APJ*d2那覇 就航
※平成24年10月28日:ANA女満別・ANA旭川・JAL那覇 運休(10/27最終運航)、JJP那覇・ANA石垣 就航、APJ*d2新千歳・APJ*d2福岡・APJ*d2長崎・APJ*d2鹿児島・APJ*d2那覇 エアロプラザ発第1ターミナルビル着から第2ターミナルビル発着へ移転
※平成24年11月15日:SKY旭川 運休(11/14最終運航)
※平成25年03月06日:JJP新千歳・JJP成田国際・JJP福岡・JJP那覇 JAL*d1共同運航便化(JAL国際線乗継時のみ)
※平成25年03月07日:JTA*d9石垣・ANA石垣 運休(03/06最終運航)、JTA新石垣・ANA新石垣 就航
※平成25年04月01日:SKY新千歳・SKY那覇 運休(03/31最終運航)
※平成25年04月12日:APJ仙台 就航
※平成25年05月31日:ANA女満別 就航(夏期期間就航)
※平成25年06月01日:ANA旭川 就航(夏期期間就航)
※平成25年06月14日:APJ新石垣 就航
※平成25年10月01日:ANA旭川・ANA女満別 運休(9/30最終運航)、SFJ福岡 就航
※平成25年10月27日:APJ成田国際 就航
※平成26年02月01日:APJ松山 就航
※平成26年02月20日:SFJ福岡 運休(02/19最終運航)
※平成26年06月01日:ANA旭川・ANA女満別 就航(夏期期間就航)
※平成26年10月01日:ANA旭川・ANA女満別 運休(9/30最終運航)、JEX合併によりJALに変更(JAL*d4→JAL)
※平成26年10月09日:JJP(JAL*d1)大分 就航
※平成26年10月26日:JJP(JAL*d1)熊本 就航
※平成27年03月29日:ANA函館 運休(3/28最終運航=季節運航化)
※平成27年04月24日:ANA函館 就航(夏期期間就航)
※平成27年06月01日:ANA*d5旭川・ANA女満別・ANA宮古 就航(夏期期間就航)
※平成27年08月28日:APJ宮崎 就航
※平成27年10月01日:ANA*d5旭川・ANA女満別・ANA宮古 運休(9/30最終運航)
※平成27年10月25日:ANA函館・JJP(JAL*d1)大分 運休(10/24最終運航)
※平成28年03月27日:JJP(JAL*d1)熊本 運休(3/26最終運航)、ANA宮古 就航
※平成28年07月15日:ANA*d5旭川・ANA女満別 就航(夏期期間就航)
※平成28年09月28日:SJO成田国際 就航
※平成28年10月01日:ANA*d5旭川・ANA女満別 運休(9/30最終運航)
※平成29年02月19日:VNL成田国際 就航
※平成29年03月18日:VNL函館 就航
※平成29年03月26日:VNL奄美 就航
※平成29年04月06日:VNL函館 運休(4/5最終運航)
※平成29年04月10日:SJO成田国際 運休(4/9最終運航、短期間運休)
※平成29年04月15日:SJO成田国際 再開
※平成29年07月03日:SJO成田国際 運休(7/2最終運航、短期間運休)
※平成29年07月08日:SJO成田国際 再開
※平成29年07月14日:ANA*d5旭川・ANA女満別 就航(夏期期間就航)
※平成29年07月15日:VNL函館 就航(夏期期間就航)
※平成29年09月01日:VNL函館 運休(8/31最終運航)
※平成29年09月15日:VNL函館 就航(秋期期間就航)
※平成29年09月20日:VNL函館 運休(9/19最終運航)
※平成29年10月01日:ANA*d5旭川・ANA女満別 運休(9/30最終運航)
※平成29年10月29日:SJO成田国際 運休(10/28最終運航)
※平成29年12月29日:VNL函館 就航(冬期期間就航)
※平成30年01月04日:VNL函館 運休(1/3最終運航)
※平成30年03月01日:APJ新潟 就航
※平成30年06月16日:VNL成田国際 運休(6/15最終運航)
※平成30年07月14日:ANA女満別 就航(夏期期間就航)
※平成30年08月01日:APJ釧路 就航
※平成30年08月02日:SJO*d0成田国際 再開(短期間就航)
※平成30年08月16日:SJO*d0成田国際 運休(8/12最終運航)
※平成30年10月01日:ANA女満別 運休(9/30最終運航)
※平成30年10月27日:JJP(JAL*d1)熊本 就航
※平成30年12月19日:JJP(JAL*d1)高知 就航
※令和元年05月07日:VNL奄美 運休(5/6最終運航)
※令和元年07月03日:JJP(JAL*d1)*d0下地島 就航
※令和元年07月13日:ANA女満別 就航(夏期期間就航)
※令和元年10月01日:ANA女満別 運休(9/30最終運航)
※令和元年12月03日:JJP(JAL*d1)*d0下地島 運休(11/30最終運航)
※令和元年12月26日:APJ奄美 就航
※令和02年03月27日:JJP(JAL*d1)*d0下地島 就航
※令和02年03月29日:APJ松山 運休(3/28最終運航)
※令和02年04月01日:ANA福岡 長期欠航
※令和02年04月08日:JTA新石垣 長期欠航
※令和02年04月10日:APJ釧路・JJP(JAL*d1)新千歳・APJ新潟・JJP(JAL*d1)高知・JJP(JAL*d1)福岡・JJP(JAL*d1)熊本・APJ長崎・APJ宮崎・APJ奄美・JJP(JAL*d1)那覇・JJP(JAL*d1)*d0下地島 長期欠航
※令和02年04月17日:ANA新石垣 長期欠航
※令和02年04月20日:ANA那覇 長期欠航
※令和02年04月24日:APJ福岡・APJ新石垣 長期欠航
※令和02年04月29日:ANA*d5新千歳・ANA宮古 長期欠航
※令和02年05月01日:APJ釧路・APJ福岡・APJ長崎・APJ宮崎 再開
※令和02年05月02日:ANA東京国際 長期欠航
※令和02年05月07日:APJ釧路・JAL新千歳・JAL東京国際・APJ福岡・APJ長崎・APJ宮崎 長期欠航
※令和02年05月08日:JJP(JAL*d1)那覇 再開
※令和02年05月11日:JJP(JAL*d1)高知 運休
※令和02年05月12日:JJP(JAL*d1)那覇 長期欠航
※令和02年06月01日:JJP(JAL*d1)成田国際 長期欠航
※令和02年06月15日:JAL新千歳 再開
※令和02年06月19日:APJ釧路・JJP(JAL*d1)成田国際・APJ新潟・APJ福岡・APJ長崎・APJ宮崎・APJ奄美・APJ新石垣 再開、JJP(JAL*d1)那覇 再開(一部曜日のみの運航で再開、JJP(JAL*d1)→JJP(JAL*d1)*d0)
※令和02年06月20日:JJP(JAL*d1)新千歳 再開(一部曜日のみの運航で再開、JJP(JAL*d1)→JJP(JAL*d1)*d0)
※令和02年06月26日:JTA新石垣 再開
※令和02年07月09日:JJP(JAL*d1)*d0新千歳 毎日運航に変更(JJP(JAL*d1)*d0→JJP(JAL*d1))
※令和02年07月10日:JJP(JAL*d1)下地島 再開(一部曜日のみの運航で再開、JJP(JAL*d1)→JJP(JAL*d1)*d0) 、JJP(JAL*d1)*d0那覇 毎日運航に変更(JJP(JAL*d1)*d0→JJP(JAL*d1))
※令和02年07月22日:ANA*d5新千歳・JAL新千歳・ANA東京国際・JAL東京国際・ANA那覇・ANA宮古・ANA新石垣 再開、JJP(JAL*d1)下地島 毎日運航に変更(JJP(JAL*d1)*d0→JJP(JAL*d1))
※令和02年07月23日:JJP(JAL*d1)福岡・JJP(JAL*d1)熊本 再開(一部曜日のみの運航で再開、JJP(JAL*d1)→JJP(JAL*d1)*d0)
※令和02年08月01日:JJP(JAL*d1)*d0熊本 毎日運航再開(JJP(JAL*d1)*d0→JJP(JAL*d1))
※令和02年08月06日:JJP(JAL*d1)*d0福岡 毎日運航再開(JJP(JAL*d1)*d0→JJP(JAL*d1))
※令和02年08月18日:JJP(JAL*d1)福岡・JJP(JAL*d1)熊本 一部曜日のみの運航に変更(JJP(JAL*d1)→JJP(JAL*d1)*d0)
※令和02年08月19日:APJ奄美 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和02年08月20日:APJ新潟 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和02年09月01日:JJP(JAL*d1)下地島 一部曜日のみの運航に変更(JJP(JAL*d1)→JJP(JAL*d1)*d0)、ANA新石垣 長期欠航(再欠航)
※令和02年09月08日:APJ釧路・APJ長崎・APJ宮崎 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和02年09月28日:JJP(JAL*d1)*d0福岡 運休(9/27最終運航)
※令和02年10月01日:APJ*d0釧路・APJ*d0奄美 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和02年10月25日:JJP(JAL*d1)新千歳・JJP(JAL*d1)*d0熊本・JJP(JAL*d1)那覇・JJP(JAL*d1)*d0下地島 運休
※令和02年10月30日:APJ*d0長崎 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和02年11月01日:JAL新千歳 一部曜日のみの運航に変更(JAL→JAL*d0)
※令和02年11月04日:JAL東京国際 一部曜日のみの運航に変更(JAL→JAL*d0)
※令和02年12月01日:ANA新石垣 再開、JAL*d0新千歳・JAL*d0東京国際 毎日運航に変更(JAL*d0→JAL)
※令和02年12月25日:JJP(JAL*d1)下地島 就航
※令和02年12月26日:APJ*d0宮崎 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和03年01月04日:JJP(JAL*d1)下地島 運休
※令和03年01月06日:APJ長崎・APJ奄美 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年01月07日:APJ宮崎 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年01月19日:ANA*d5新千歳・APJ*d0新潟・APJ*d0長崎・APJ*d0宮崎・APJ鹿児島・ANA那覇・ANA宮古・ANA新石垣 長期欠航
※令和03年01月26日:JTA新石垣 長期欠航
※令和03年02月01日:JAL新千歳・JAL東京国際 長期欠航
※令和03年02月08日:ANA*d5新千歳・ANA那覇 再開
※令和03年02月20日:JAL新千歳・JAL東京国際 再開(一部曜日のみの運航に変更(JAL→JAL*d0))
※令和03年03月01日:JAL*d0新千歳・JAL*d0東京国際 毎日運航に変更(JAL*d0→JAL)
※令和03年03月05日:ANA新石垣 再開(一部曜日のみの運航に変更(ANA→ANA*d0))
※令和03年03月08日:JTA新石垣 長期欠航
※令和03年03月12日:APJ*d0長崎・APJ鹿児島・ANA宮古 再開、ANA*d0新石垣 毎日運航に変更(ANA*d0→ANA)
※令和03年03月13日:APJ*d0新潟・APJ*d0宮崎 再開
※令和03年03月24日:APJ*d0長崎 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和03年03月25日:APJ*d0釧路 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和03年03月26日:APJ*d0奄美・APJ*d0宮崎 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和03年03月28日:ANA福岡 運休(長期欠航のまま)、JJP(JAL*d1)新千歳・JJP(JAL*d1)那覇 就航
※令和03年04月06日:APJ長崎・APJ宮崎 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年04月07日:APJ奄美 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年04月12日:APJ釧路 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年04月19日:APJ新千歳 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)、JJP(JAL*d1)新千歳 一部曜日のみの運航に変更(JJP(JAL*d1)→JJP(JAL*d1)*d0)
※令和03年04月28日:APJ*d0釧路・APJ*d0新千歳・APJ*d0宮崎・APJ*d0奄美 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)、JJP(JAL*d1)新千歳 毎日運航に変更(JJP(JAL*d1)*d0→JJP(JAL*d1))
※令和03年04月29日:APJ*d0長崎 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)、JTA宮古 就航(GW期間就航)
※令和03年05月06日:JTA宮古 運休、APJ宮崎・APJ長崎 長期欠航、JJP(JAL*d1)新千歳 一部曜日のみの運航に変更(JJP(JAL*d1)→JJP(JAL*d1)*d0)、APJ鹿児島 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年05月07日:APJ釧路 長期欠航
※令和03年05月08日:JTA*d0新石垣 長期欠航(到着便は5/7迄)
※令和03年05月10日:APJ*d0新潟・APJ奄美 長期欠航
※令和03年05月11日:JJP(JAL*d1)那覇 一部曜日のみの運航に変更(JJP(JAL*d1)→JJP(JAL*d1)*d0)、APJ仙台 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年05月15日:ANA*d5新千歳 長期欠航
※令和03年05月17日:JTA*d0新石垣 再開
※令和03年05月18日:APJ新石垣 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年05月27日:APJ*d0仙台 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和03年06月01日:JTA*d0新石垣 長期欠航、ANA*d5新千歳 再開
※令和03年06月03日:APJ釧路 再開(一部曜日のみの運航/APJ→APJ*d0)
※令和03年06月11日:JTA新石垣 再開
※令和03年06月16日:JJP(JAL*d1)*d0那覇 毎日運航に変更(JJP(JAL*d1)*d0→JJP(JAL*d1))
※令和03年06月17日:APJ*d0新石垣 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和03年06月18日:APJ宮崎・APJ奄美 再開(一部曜日のみの運航/APJ→APJ*d0)
※令和03年06月20日:JJP(JAL*d1)*d0新千歳 毎日運航に変更(JJP(JAL*d1)*d0→JJP(JAL*d1))
※令和03年06月23日:APJ仙台 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年07月01日:APJ女満別・JTA宮古 就航、APJ*d0仙台 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和03年07月02日:APJ新潟・APJ長崎 再開(一部曜日のみの運航/APJ→APJ*d0)
※令和03年07月05日:APJ女満別 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年07月15日:APJ*d0鹿児島 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和03年07月21日:APJ*d0女満別・APJ*d0釧路・APJ*d0新潟・APJ*d0長崎・APJ*d0宮崎 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和03年07月28日:APJ新潟 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年07月29日:APJ*d0奄美 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和03年08月01日:APJ*d0新潟 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和03年08月25日:APJ長崎 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年09月01日:APJ女満別・APJ釧路・APJ新潟・APJ宮崎・APJ奄美 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年09月08日:JTA新石垣 長期欠航(到着便は9/7〜)
※令和03年09月09日:APJ鹿児島 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年09月17日:JTA新石垣 再開(到着便は9/16〜)
※令和03年09月22日:JJP(JAL*d1)那覇 一部曜日のみの運航に変更(JJP(JAL*d1)→JJP(JAL*d1)*d0)
※令和03年09月28日:JTA新石垣 長期欠航(到着便は9/27〜)
※令和03年09月30日:APJ*d0鹿児島 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)、JJP(JAL*d1)*d0那覇 毎日運航に変更(JJP(JAL*d1)*d0→JJP(JAL*d1))
※令和03年10月01日:APJ*d0女満別・APJ*d0釧路・APJ*d0奄美 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和03年10月02日:JJP(JAL*d1)新千歳 一部曜日のみの運航に変更(JJP(JAL*d1)→JJP(JAL*d1)*d0)
※令和03年10月10日:JTA新石垣 再開(到着便は10/9〜)
※令和03年10月14日:APJ*d0長崎・APJ*d0宮崎 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和03年10月29日:JJP(JAL*d1)*d0新千歳 毎日運航に変更(JJP(JAL*d1)*d0→JJP(JAL*d1))
※令和03年10月31日:APJ女満別・APJ釧路・APJ長崎・APJ宮崎 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年11月01日:JTA宮古 運休
※令和03年12月24日:JTA宮古 就航、APJ*d0新潟・APJ*d0長崎・APJ*d0宮崎 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和04年01月05日:JTA宮古 運休
※令和04年01月25日:JJP(JAL*d1)那覇 一部曜日のみの運航に変更(JJP(JAL*d1)→JJP(JAL*d1)*d0)
※令和04年02月01日:ANA宮古・ANA新石垣 長期欠航、APJ奄美 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和04年02月02日:APJ新潟・APJ長崎・APJ新石垣 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和04年02月09日:APJ宮崎 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和04年02月10日:ANA宮古 再開(一部曜日のみの運航/ANA→ANA*d0)
※令和04年02月17日:JJP(JAL*d1)*d0那覇 毎日運航に変更(JJP(JAL*d1)*d0→JJP(JAL*d1))
※令和04年02月25日:JTA新石垣 一部曜日のみの運航に変更(JTA→JTA*d0)
※令和04年02月26日:APJ*d0新石垣 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和04年03月01日:ANA新石垣 再開、ANA*d0宮古 毎日運航に変更(ANA*d0→ANA)
※令和04年03月10日:APJ*d0新潟・APJ*d0長崎・APJ*d0宮崎・APJ*d0奄美 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)
※令和04年03月11日:JTA*d0新石垣 毎日運航に変更(JTA*d0→JTA)
※令和04年03月27日:JTA宮古 就航(期間就航)
※令和04年04月04日:JTA宮古 運休
※令和04年04月06日:JTA新石垣 一部曜日のみの運航に変更(JTA→JTA*d0)
※令和04年04月15日:JTA*d0新石垣 毎日運航に変更(JTA*d0→JTA)
※令和04年04月29日:JTA宮古 就航(期間就航)
※令和04年05月09日:JTA宮古 運休
※令和04年07月01日:JTA宮古 就航(期間就航)
※令和04年07月06日:APJ新潟 一部曜日のみの運航に変更(APJ→APJ*d0)
※令和03年07月15日:APJ*d0新潟 毎日運航に変更(APJ*d0→APJ)

※事前購入型または特定便のみしかない乗継割引設定路線は平成25年7月から公開を終了しました。(H22.4.1 ANA新千歳・秋田・庄内・那覇 新設、H22.7.1 ANA利尻・函館 新設、H23.1.5 ANA大館能代 新設、H23.2.1 ANA大館能代 廃止、JAL旭川・女満別・帯広・三沢・宮古・石垣 新設、H23.3.27 ANA帯広 新設、H24.3.25 ANA那覇 廃止、H24.10.1 ANA利尻 廃止、JAL釧路・帯広 新設、H25.3.7 ANA石垣・JAL石垣 廃止、ANA新石垣・JAL新石垣・与那国 新設、H25.6.1 ANA利尻 新設)

■国際線就航路線
令和4年8月14日(2022年夏ダイヤ)現在、第1ターミナルビルからJAL、アシアナ航空、ジンエアー、大韓航空、チェジュ航空、ティーウェイ航空、エアプサン、春秋航空、上海吉祥航空、天津航空、キャセイパシフィック航空、香港エクスプレス航空、エバー航空、チャイナエアライン、スターラックス航空、Tigerair Taiwan、フィリピン航空、ベトナム航空、ベトジェット、タイ国際航空、シンガポール航空、エミレーツ航空、KLMオランダ航空、エールフランス、ハワイアン航空、ユナイテッド航空、ジェットスター航空により16路線が運航しています。
※第2ターミナルビル(国際線)発着は全便欠航しています。
※第2旅客ターミナル(国内線)からの国際線路線の発着はありません。
※令和4年8月14日現在、COVID-19パンデミックの影響で大幅な欠航が生じています。
※令和4年8月14日現在、COVID-19パンデミックの影響で全便欠航中の航空会社:ANA、APJ、イースター航空、エアソウル、長竜航空、中国国際航空、中国東方航空、中国南方航空、上海航空、深圳航空、厦門航空、山東航空、北京首都航空、奥凱航空、海南航空、中国西部航空、香港航空、墺門航空、雲南祥鵬航空、四川航空、九元航空、セブパシフィック航空、ジェットスター・パシフィック航空、エアアジアX、タイ・エアアジアX、タイ ライオンエアー、マレーシア航空、スクート・タイガーエア、ガルーダ・インドネシア航空、S7航空、フィンエア、ルフトハンザ・ドイツ航空、スイスインターナショナルエアラインズ、ブリティッシュエアウェイズ、デルタ航空、カンタス航空、ニュージーランド航空

就航先運航会社
( )内は共同運航による運航会社
■東アジア 
[韓国] ソウル ICN(仁川)[T1] AAR・KAL・JJA・JNA・TWB・ABL
[韓国] プサン[T1] ABL
[中国] 大連[T1] DKH*i2
[中国] 天津[T1] GCR
[中国] 上海 PVG(浦東)[T1] DKH(ANA)*i3
[中国] 南京[T1] CQH*i3
[中国] 香港[T1] CPA・HKE
[台湾] 台北 TPE(桃園)[T1] EVA(ANA)・CAL・SJX・TTW
■東南アジア 
[フィリピン] マニラ ニノイ・アキノ[T1] PAL
[ベトナム] ハノイ[T1] HVN・VJC
[ベトナム] ホーチミン[T1] HVN・VJC
[タイ] バンコク BKK(スワンナプーム)[T1] JAL・THA
[シンガポール] シンガポール チャンギ[T1] SIA
■南アジア・中央アジア・西アジア 
[UAE] ドバイ[T1] UAE
■ヨーロッパ 
[フィンランド] ヘルシンキ[T1] FIN
[オランダ] (経由便)アムステルダム スキポール*i41[T1] KLM*i41
[フランス] パリ シャルル・ド・ゴール[T1] AFR
[英国] ロンドン LHR(ヒースロー)[T1] JAL*i3
■アフリカ(定期就航路線なし)
■北米・中南米 
[米国] ロサンゼルス[T1] JAL
[米国] ホノルル ダニエル・K・イノウエ[T1] JAL・HAL
[米国] グアム[T1] UAL
■オセアニア・太平洋 
[オーストラリア] ケアンズ[T1] JST
[T1]:第1ターミナルビル発着
[T2]:第2ターミナルビル(国際線)発着
[T1着/T2発]:第1ターミナルビル着・第2ターミナルビル(国際線)発
*曜日・便によって共同運航の航空会社が一部のみとなります。
◆:新型コロナウイルス感染症パンデミックに伴う欠航が生じていることがはっきり確認できていない路線
*i1:定期チャーター便
*i2:出発便のみの運航
*i3:到着便のみの運航
*i4:国際線のため、関西国際-成田国際区間のみの利用は不可
*i5:JALによる運航便あり
*i6:AJXによる運航便あり
*i7:ROUによる運航便

*i10:南京 経由便あり
*i11:瀋陽 経由便あり
*i12:大連 経由便あり
*i13:煙台 経由便あり
*i14:済南 経由便あり
*i15:上海 浦東 経由便あり
*i16:福州 経由便あり
*i17:香港 経由便あり
*i18:香港・デリー 経由便あり
*i19:広州 経由便あり
*i20:長沙 経由便あり
*i21:台北 桃園 経由便あり
*i22:マニラ 経由便あり
*i23:コタキナバル 経由便あり
*i24:シンガポール 経由便あり
*i25:出発便でプノンペン 経由便あり
*i26:出発便でルクソール 経由便あり
*i27:桂林 経由便あり
*i28:青島 経由便あり
*i29:バンコク ドンムアン 経由便あり
*i30:高雄 経由便あり
*i31:ケアンズ 経由便あり
*i32:ゴールドコースト 経由便あり
*i33:南寧 経由便あり
*i34:徐州 経由便あり
*i35:南昌 経由便
*i36:揚州 経由便
*i37:南通 経由便
*i38:クラーク 経由便
*i39:連雲港 経由便
*i40:臨沂 経由便
*i41:ソウル 仁川 経由便
*i51:到着便で成田国際 経由便あり
*i52:成田国際 経由便


就航路線変遷(平成21年04月01日以降)
※平成21年04月01日:JAL*i4成田国際・ANA*i4成田国際 就航
※平成21年04月09日:CSZ無錫 就航
※平成21年05月01日:ANAソウル仁川 就航
※平成21年05月01日:CSZ福州 ANA共同運航便化、CSZ*i16深圳 就航 ANA共同運航便化
※平成21年06月06日:CXA(JAL)厦門 休止(6/5最終運航)
※平成21年06月15日:EVA(ANA)ロサンゼルス 休止(6/14最終運航)
※平成21年07月01日:ANA*i4成田国際 休止(6/30最終運航)・CSN(乗継路線)長春 就航
※平成21年07月07日:MGLウランバートル 就航
※平成21年08月29日:MGLウランバートル 休止(8/28最終運航)
※平成21年10月25日:JAL(KAL)ソウル仁川・JAL(CES)大連 休止(10/24最終運航)・ANA(CCA)大連 就航
※平成21年10月26日:CSNハルビン 休止(瀋陽経由便に変更)
※平成21年11月27日:JJAソウル金浦 就航
※平成21年12月07日:JAL(CES)杭州 休止(12/6最終運航)
※平成21年12月23日:CMIグアム 就航
※平成22年01月13日:JAL(HVN)ハノイ路線・JAL(KAL)釜山 休止(01/12最終運航)・HVN(JAL)ハノイ 就航
※平成22年01月18日:JAL(QFA)シンガポール・JAL(QFA)*i22クアラルンプール 休止(01/17最終運航)
※平成22年01月31日:NWA運航便をDAL運航便に変更(成田国際線・グアム線・ホノルル線)
※平成22年03月02日:CDG(CCA)済南 就航
※平成22年03月28日:ANA(AAR)ソウル金浦・ANA(CCA)*i6厦門・THAマニラ・THA*i17バンコク 休止(03/27最終運航)
※平成22年04月01日:AAR(ANA)サイパン 運休(03/31最終運航)・JST(JAL/QFA)ケアンズ・JST(QFA)*i32シドニー 就航
※平成22年04月26日:QTR(ANA)ドーハ路線 延長(成田国際発着)・ABL(AAR)釜山 就航
※平成22年05月10日:JST(QFA)*i32シドニー 就航
※平成22年06月07日:DALシアトル 就航
※平成22年06月09日:DAL*i4成田国際 運休(6/8最終運航)
※平成22年06月21日:KAL清州 就航(定期チャーター便)
※平成22年07月01日:AMUマカオ ANA共同運航化
※平成22年07月05日:JSA台北・JSA*i21シンガポール 就航
※平成22年09月01日:KAL清州 就航(定期便化)
※平成22年10月01日:JAL(CSN)広州・JAZ(JAL)*i5デンパサール・JAZ*i5グアム・JAL香港・JAL(CES)北京 運休(9/30最終運航)
※平成22年10月31日:JAL*i4成田国際 国内線化
※平成22年11月05日:MDA*i1高雄 就航
※平成22年12月01日:JALウェイズ運航便を日本航空運航便に統合(JAZ→JAL/バンコク・ホノルル)、JALホノルル CPA共同運航便化
※平成22年12月11日:HKE香港 就航
※平成22年12月16日:AAR(ANA)サイパン 就航
※平成22年12月22日:コンチネンタル・ミクロネシア航空運航便をコンチネンタル航空運航便に統合(CMI→COA/グアム)
※平成23年01月18日:MAS*i2*i23クチン 就航
※平成23年02月04日:MSR(AAR)*i26カイロ・MSR(AAR)ルクソール 運休(渡航延期に伴う運休)
※平成23年03月11日:東日本大震災に伴い一部便運休及び臨時便就航
※平成23年03月27日:CCA(ANA)深圳 運休
※平成23年03月29日:CDG*i14西安 就航
※平成23年04月01日:KAL清州・UZB*i51タシケント 運休(03/31最終運航)
※平成23年04月04日:AARサイパン 運休(04/03最終運航)
※平成23年04月07日:CCA(ANA)大連・CCA(ANA)*i12成都 運休(04/06最終運航)
※平成23年04月11日:CSH(CES)上海 浦東 運休(04/10最終運航)
※平成23年04月28日:CALニューヨークJFK・AARサイパン 就航
※平成23年05月04日:マンダリン航空運航便をチャイナエアライン運航便に統合(MDA→CAL/高雄定期チャーター便)
※平成23年06月01日:CCA(ANA)大連・CCA(ANA)*i12成都 就航、COAグアム ANA共同運航便化
※平成23年06月22日:JJA済州 就航
※平成23年07月05日:MGLウランバートル 就航(夏期運航)
※平成23年07月13日:HALホノルル 就航
※平成23年07月?*日:MAS*i2*i23クチン 運休
※平成23年08月31日:MGLウランバートル 運休(08/30最終運航)
※平成23年09月05日:AAR(ANA)サイパン 運休(09/04最終運航)
※平成23年10月08日:CES南京・CES烟台 JAL共同運航便化
※平成23年10月30日:CSN*i12長春・CSN*i11ハルビン 直行便化
※平成23年11月30日:XAXクアラルンプール 就航
※平成23年12月17日:UALロサンゼルス 就航
※平成23年12月22日:AAR(ANA)サイパン 就航
※平成24年01月06日:MAS(ANA)コタキナバル 運休(01/03最終運航)、MAS(ANA)クアラルンプール コタキナバル経由便運休
※平成24年03月03日:コンチネンタル航空運航便をユナイテッド航空運航便に統合(COA→UAL/グアム)
※平成24年03月25日:CCA*i12西安・JSAマニラ・JSA*i22シンガポール 就航、ANZオークランド JAL共同運航終了、ANA共同運航開始
※平成24年03月30日:ESRソウル仁川 就航
※平成24年04月26日:CES*i1合肥 就航
※平成24年05月08日:APJソウル仁川 就航
※平成24年06月01日:MAS(ANA)クアラルンプール ANA共同運航終了
※平成24年06月19日:CAL*i1高雄を定期便化
※平成24年06月28日:TNA桃園 就航、CDG済南 ANA共同運航開始、ANA青島 CDG共同運航開始
※平成24年07月01日:APJ香港・CSH*i15鄭州 就航、MASクアラルンプール JAL共同運航開始
※平成24年07月12日:MGLウランバートル 就航
※平成24年09月01日:MGLウランバートル 運休
※平成24年09月04日:AAR(ANA)サイパン 運休(関空発は8/31・関空着は9/3最終運航)
※平成24年09月27日:CSN長春 運休(09/26最終運航)
※平成24年10月16日:APJ桃園 就航
※平成24年10月21日:CCA(ANA)大連・CCA(ANA)*i12成都 運休(10/20最終運航)
※平成24年10月28日:HKE香港 運休、APJ仁川・APJ香港・APJ桃園 第1ターミナルビルから第2ターミナルビルへ移転
※平成24年10月30日:CES(JAL)南京 運休(10/26最終運航)、CCA(ANA)大連・CCA(ANA)*i12成都 運休(10/20最終運航)
※平成24年11月01日:CES*i1合肥 運休(09/30最終運航)、JSTシンガポール・JST*i15ダーウィン 就航
※平成24年11月15日:JALバンコク BKP共同運航開始
※平成24年12月02日:MSRカイロ 再開
※平成24年12月03日:ANA香港 JAI共同運航開始
※平成24年12月20日:MASコタキナバル 就航
※平成24年12月21日:AARサイパン 就航
※平成24年12月22日:CDG(ANA・CCA)済南 就航
※平成24年12月31日:JJA済州 運休(12/30最終運航)
※平成25年01月09日:CDG(ANA・CCA)済南・CDG(CCA)*i14西安 運休(01/08最終運航)
※平成25年02月23日:CCA*i12西安 運休(02/22最終運航)
※平成25年02月28日:SIAシンガポール VAU共同運航便化
※平成25年03月31日:ANA(AAR・ANZ・UAL)ソウル 仁川 運休(03/30最終運航)、ANZ(ANA)オークランド 運休(03/30最終運航、運休後も一部日程で運航)
※平成25年04月03日:AARサイパン 運休(04/02最終運航)
※平成25年04月26日:AARサイパン 就航
※平成25年05月06日:AARサイパン 運休(到着便は05/06最終運航)
※平成25年07月01日:ANZ(ANA)オークランド 就航、KAL(JAL)ソウル CSA共同運航便化
※平成25年07月02日:CES(JAL)南京、MGLウランバートル 就航
※平成25年07月13日:AAR(ANA)サイパン 就航
※平成25年09月01日:MGLウランバートル 運休
※平成25年09月02日:AARサイパン 運休(到着便は09/02最終運航)
※平成25年09月11日:AAA*i1バンコク 就航
※平成25年09月13日:APJ釜山 就航
※平成25年09月28日:AAA*i1バンコク 運休(09/27最終運航)
※平成25年10月01日:ANZ(ANA)オークランド 運休(09/30最終運航、運休後も一部日程で運航)
※平成25年10月21日:MSR(ANA)カイロ 運休(10/20最終運航)
※平成25年10月23日:JST(JAL・QFA)*i31ゴールドコースト 運休(10/22最終運航)
※平成25年10月24日:JST(QFA)*i32シドニー 運休(10/23最終運航)
※平成25年10月25日:MAS(JAL)コタキナバル 運休(10/24最終運航)
※平成25年10月29日:CDG(ANA・CCA)済南 就航
※平成25年11月01日:JSTシンガポール・JST*i24ダーウィン 運休(10/31最終運航)
※平成25年11月04日:DALシアトル 運休(11/03最終運航)
※平成25年11月08日:GIAジャカルタ 就航
※平成25年11月21日:HKE香港 就航
※平成25年11月27日:MDA台中 就航
※平成25年12月03日:QTR(ANA)ドーハ JAL共同運航便化
※平成26年01月18日:APJ高雄 就航
※平成26年02月21日:AAR(ANA・ABL)釜山 運休(2/20最終運航)
※平成26年03月01日:CCA(ANA)大連・CCA(ANA)*i12天津 就航
※平成26年03月15日:CQH上海 就航
※平成26年03月29日:JST(JAL・QFA)*i31シドニー 運休(到着便は3/27最終運航)
※平成26年03月30日:MDA台中 運休(3/29最終運航)、CAL台中・JST(JAL・QFA)*i32シドニー 就航、ジャカルタGIA・デンパサールGIA ANA共同運航便化
※平成26年04月**日:CPA(JAL)香港 QTR共同運航便化
※平成26年04月02日:AARサイパン 運休(4/1最終運航)
※平成26年04月15日:DKH上海 就航
※平成26年05月05日:JST(JAL・QFA)*i32シドニー 運休(5/4最終運航)、JST*i31メルボルン 就航
※平成26年05月08日:JST(JAL・QFA)ゴールドコースト 運休(5/7最終運航)
※平成26年05月29日:QTR(JAL)ドーハ ドーハ空港移転(ドーハ国際→ハマド国際)
※平成26年07月01日:MGLウランバートル 就航
※平成26年07月04日:AIC香港 CRK共同運航便化
※平成26年07月18日:CQH天津・CQH武漢 就航
※平成26年07月19日:CQH重慶 就航
※平成26年09月01日:TAXバンコク ドンムアン 就航、QTR(ANA・JAL)ドーハ ANA共同運航解消
※平成26年09月02日:MGLウランバートル 運休(8/30最終運航)
※平成26年09月22日:CAL台中 運休(9/20最終運航)
※平成26年10月01日:CALニューヨークJFK 運休(出発便9/29・到着便9/30最終運航)
※平成26年09月08日:MMA*i1*i25ヤンゴン・MMA*i1*i2プノンペン 就航
※平成26年10月26日:CES北京 就航、PALマニラ ANA共同運航便化
※平成26年10月27日:DKH*15銀川 就航
※平成26年11月03日:MMA*i1*i25ヤンゴン・MMA*i1*i2プノンペン 運休(出発便10/27・到着便11/1最終運航)
※平成26年12月02日:JALバンコク ALK共同運航便化
※平成26年12月19日:PALセブ 就航
※平成26年12月28日:CES*i13西安 就航
※平成27年01月24日:CQH青島・CQH*i15蘭州 就航
※平成27年01月27日:CES*i10成都 就航
※平成27年02月05日:EVA高雄 就航
※平成27年02月13日:DER杭州 就航
※平成27年02月21日:CES温州 就航
※平成27年02月28日:JJP香港 就航
※平成27年03月02日:JNAソウル 仁川 就航
※平成27年03月20日:JAL(AAL)ロサンゼルス 就航
※平成27年03月29日:JAL(KAL)ソウル金浦 運休(3/28最終運航)、TWBソウル仁川・CES寧波・CQH成都 就航
※平成27年03月30日:CES温州 運休(3/28最終運航)・AZAローマ 運休(出発便3/28・到着便3/29最終運航)、TWB大邱・CQH泉州・CQH西安 就航
※平成27年03月31日:CQH鄭州・CXA厦門 就航
※平成27年04月03日:JJA釜山金海・JST*i31シドニー 就航
※平成27年04月17日:CES長沙・CES昆明*i20 就航
※平成27年05月02日:ACA*i7バンクーバー 就航
※平成27年05月11日:CES温州 就航
※平成27年05月15日:GCR天津・GCR西安 就航
※平成27年05月16日:CSN桂林・CSN*i27南寧 就航
※平成27年05月21日:CSN貴陽 就航
※平成27年06月02日:DER*i1塩城 就航
※平成27年06月15日:DER*i1石家荘 就航
※平成27年06月18日:FAT台中 就航
※平成27年06月25日:CSN鄭州 就航
※平成27年07月01日:CSZ北京首都・CCA杭州 就航
※平成27年07月02日:CSN*i12長春 就航
※平成27年07月03日:TTW台北桃園・TTW高雄 就航
※平成27年07月04日:CSN長沙・CES延吉 就航
※平成27年07月08日:SCOバンコクドンムアン・SCO*i29シンガポール 就航
※平成27年07月09日:SCO高雄・SCO*i30シンガポール 就航
※平成27年07月16日:CXA福州 就航
※平成27年07月23日:CSN深圳 就航
※平成27年08月02日:CSZ深圳 就航
※平成27年09月01日:CXA福州 CSN共同運航便化、DER*i1塩城 定期便化
※平成27年09月03日:DER*i1石家荘 定期便化
※平成27年09月13日:CES南寧・CES*i33昆明 就航
※平成27年09月25日:JNA釜山 金海・LKE徐州・LKEi34昆明 就航
※平成27年09月27日:CQH長春 就航
※平成27年10月01日:TWBグアム 就航
※平成27年10月08日:DER南昌・DER*i35海口 就航
※平成27年10月17日:USA合併によりAALに変更(USA→AAL)
※平成27年10月25日:CCA成都 就航
※平成27年10月26日:ACA*i7バンクーバー 運休(10/24最終運航)、ESR釜山金海 就航
※平成27年10月28日:CAL台南 就航
※平成27年11月12日:DER南昌・DER*i35海口 運休(11/08最終運航)
※平成27年12月02日:CAL台中 運休(11/29最終運航)
※平成27年12月10日:CSZ南通 就航
※平成27年12月11日:JJP台北桃園 就航(到着便は12/12〜)
※平成28年01月08日:CES杭州 就航
※平成28年01月15日:GCR西安 運休(1/8最終運航)・OKA天津 就航
※平成28年01月19日:CSC成都 就航
※平成28年01月23日:VAX台北桃園 就航
※平成28年01月25日:CSN鄭州 就航
※平成28年02月25日:CQH泉州 運休(2/24最終運航)
※平成28年03月?*日:DER石家荘 運休
※平成28年03月27日:CQH鄭州 運休(3/25最終運航)、DAL(AFR・KLM)*i4関西国際・CQH揚州・CQH*i36鄭州・CSN上海浦東・GCR西安・DAL*i52ニューヨーク 就航
※平成28年03月28日:CQH福州 就航
※平成28年03月29日:DER塩城・DER*i35海口 運休(3/25最終運航)、DER瀋陽 就航
※平成28年03月30日:CSN桂林・CSN*i27南寧 運休(3/26最終運航)
※平成28年04月01日:QTR(JAL)ドーハハマド 運休(3/31最終運航)、DER済南 就航
※平成28年04月07日:JJPマニラ 就航
※平成28年04月12日:CQH成都 運休(4/7最終運航)
※平成28年04月28日:VNL台北桃園 就航
※平成28年05月06日:CSN鄭州 運休(5/2最終運航)
※平成28年05月15日:ACA*i7バンクーバー 就航
※平成28年05月18日:DER瀋陽 就航
※平成28年06月01日:CSN*i12長春 運休(5/28最終運航)
※平成28年06月02日:OKA天津 運休(5/30最終運航)
※平成28年06月21日:CSN貴陽 運休(6/19最終運航)
※平成28年06月24日:CSN鄭州 就航
※平成28年06月25日:PAL台北桃園・PAL*i21マニラ 就航
※平成28年07月01日:JJPマニラ 運休(6/30最終運航)
※平成28年07月03日:GCR大連 就航
※平成28年07月05日:CSN貴陽 就航
※平成28年07月15日:CRK香港 就航
※平成28年08月01日:DKH南京 就航
※平成28年08月02日:CCA杭州 運休(7/29最終運航)
※平成28年08月21日:GCR大連 運休(8/17最終運航)
※平成28年09月01日:CDG*i14昆明 就航
※平成28年09月02日:CES杭州 運休(8/29最終運航)
※平成28年09月09日:DER済南 運休(9/2最終運航)
※平成28年09月26日:OKA天津 就航
※平成28年10月01日:VAX台北 運休(9/30最終運航)
※平成28年10月04日:DAL(AFR・KLM)*i4成田国際・DAL*i52ニューヨークJFK 運休(10/3最終運航)
※平成28年10月30日:CSZ(ANA)福州・CSZ(ANA)*i16深圳 運休(10/28最終運航)、ACA*i7バンクーバー 運休(10/29最終運航)、CSN*i37西安・JJPマニラ 就航、HVNハノイ・HVNホーチミン JAL共同運航解消、ANA共同運航化
※平成28年10月31日:CES温州・CES長沙・CES*i20昆明 運休(10/28最終運航)、DAL(KLM)グアム 運休(到着便は10/31最終運航)、CES杭州 就航
※平成28年11月01日:APJ上海浦東 就航
※平成28年11月03日:CES南寧・CES*i33昆明 運休(10/27最終運航)
※平成28年11月04日:JST(QFA)*i31シドニー 運休(10/28最終運航)、ANZ(ANA)オークランド 就航
※平成28年11月07日:KALグアム 就航
※平成28年11月21日:CQH淮安 就航
※平成28年11月22日:TNA台北 運休(11/21最終運航)
※平成28年11月24日:CQH掲陽 就航
※平成28年11月28日:JJPマニラ 運休(出発便は11/27、到着便は11/28最終運航)
※平成28年12月01日:JJP台北 運休(出発便は11/27、到着便は11/28最終運航)
※平成28年12月16日:JJPマニラ 就航
※平成28年12月23日:JJP台北桃園 就航
※平成28年12月23日:ABL大邱 就航
※平成29年01月06日:KALグアム 運休(1/5最終運航)
※平成29年01月13日:JJPマニラ・JJP台北 運休(出発便は1/9、到着便は1/10最終運航)
※平成29年02月02日:THY(ANA)イスタンブール 運休(1/31最終運航)
※平成29年02月03日:JJP台北桃園 就航(到着便は2/4-)
※平成29年02月07日:JJPマニラ 就航(到着便は2/8-)
※平成29年02月17日:JJP台北 運休(出発便は2/16、到着便は2/17最終運航)
※平成29年02月21日:JAL台北 CAL共同運航便化、CAL台北・CAL高雄 JAL共同運航便化
※平成29年02月22日:CAL台南 JAL共同運航便化
※平成29年03月01日:JJPマニラ 運休(出発便は2/28、到着便は3/1最終運航)、CQH長春・CQH天津・CQH青島・CQH淮安・CQH揚州・CQH上海浦東・CQH福州・CQH掲陽・CQH武漢・CQH西安・CQH重慶・CQH*i36(経由便)鄭州・CQH*i15(経由便)蘭州 第1発着から第2国際線発着に変更
※平成29年03月26日:CQH*i36(経由便)鄭州 運休(3/24最終運航)、CSZ*i37(経由便)西安 運休(3/25最終運航)、JJP台北桃園 就航
※平成29年03月27日:CQH長春・CQH淮安 運休(3/20最終運航)、CQH福州 運休(3/25最終運航)、DER瀋陽・CQH*i36洛陽北郊 就航
※平成29年03月28日:JJPマニラ 就航
※平成29年03月29日:ANZ(ANA)オークランド 運休(3/26最終運航)、JST(QFA)*i3*i31メルボルン 就航
※平成29年03月30日:CQH掲陽 運休(3/23最終運航)
※平成29年04月28日:SBI(JAL)ウラジオストク 就航
※平成29年05月08日:JJP台北 運休(出発便は5/7、到着便は5/8最終運航)
※平成29年05月11日:GCR西安 運休(5/7最終運航)
※平成29年05月14日:ACA*i7バンクーバー 就航
※平成29年06月02日:DER瀋陽 運休(5/29最終運航)、JJP台北桃園 就航(到着便は6/3〜)
※平成29年06月28日:XAXホノルル 就航
※平成29年06月30日:TWB済州 就航
※平成29年07月01日:JJPマニラ 運休(出発便は6/29、到着便は6/30最終運航)・JJP台北 運休(出発便は6/30、到着便は7/1最終運航)、TWB釜山金海 就航
※平成29年07月25日:SCO高雄・SCOバンコク ドンムアン・SCO*i29シンガポール・SCO*i30シンガポール TGW運航に変更
※平成29年09月01日:PICハノイ 就航(到着便は9/2〜)
※平成29年09月02日:PICダナン 就航(到着便は9/1〜)
※平成29年09月12日:ASVソウル仁川 就航
※平成29年10月05日:JJP台北桃園 就航(到着便は10/6〜)
※平成29年10月18日:SBI(JAL)ウラジオストク 運休(10/13最終運航)
※平成29年10月27日:ANZオークランド 就航
※平成29年10月29日:JJP台北 運休(出発便は10/27・到着便は10/28最終運航)・ACA*i7バンクーバー 運休(10/28最終運航)、CES大連 就航、THA(JAL・ANA)バンコクスワンナブーム JAL共同運航解消
※平成29年10月30日:CSN武漢 運休(10/28最終運航)
※平成29年11月20日:DKH*i15(経由便)銀川 運休(11/19最終運航)
※平成29年12月12日:JJP香港 運休(出発便は12/11・到着便は12/12最終運航)
※平成29年12月14日:QFAシドニー 就航
※平成29年12月15日:CXA(CSN)福州 運休(12/13最終運航)
※平成29年12月16日:DKH*i15(経由便)銀川 就航
※平成29年12月19日:JJP香港 就航(到着便は12/20〜)、TGWホノルル 就航
※平成29年12月20日:TGWシンガポール 就航
※平成29年12月28日:JJP台北桃園 就航
※平成30年01月02日:CXA(CSN)福州 就航
※平成30年01月04日:ESR清州 就航
※平成30年01月10日:JJP台北 運休(出発便は1/9・到着便は1/10最終運航)
※平成30年01月14日:CXA(CSN)福州 運休(1/12最終運航)
※平成30年02月01日:ESR清州 運休(1/31最終運航)
※平成30年02月09日:JJP台北桃園 就航
※平成30年02月10日:JJPマニラ 運休(出発便は2/8・到着便は2/9最終運航)
※平成30年02月26日:JJP台北 運休(出発便は2/25・到着便は2/26最終運航)
※平成30年03月25日:HALホノルル JAL共同運航便化、JAL台北・JALホノルル HAL共同運航便化、DKH上海・DKH南京 ANA共同運航便化、ANA上海 DKH共同運航便化
※平成30年03月26日:CSN*i12武漢 運休(3/24最終運航)
※平成30年03月27日:CES*i10成都 運休(3/24最終運航)、JSAクラーク・JSA*i38シンガポール・ESR清州 就航
※平成30年03月28日:ANZ(ANA)オークランド 運休(3/26最終運航)
※平成30年04月02日:ACI(AFR)ヌーメア 運休(3/29最終運航、期間運休)
※平成30年04月04日:CSN武漢 就航
※平成30年04月29日:JJP台北桃園 就航(到着便は4/30〜)
※平成30年04月30日:JJA務安 就航
※平成30年05月03日:ESR清州・ACI(AFR)ヌーメア 就航
※平成30年05月07日:JJP台北 運休(出発便は5/6・到着便は5/7最終運航)
※平成30年05月13日:ACA*i7バンクーバー 就航
※平成30年05月25日:SBI(JAL)ウラジオストク 就航
※平成30年06月03日:JJP台北桃園 就航
※平成30年07月01日:JJP台北 運休(6/28最終運航)
※平成30年07月03日:JJPマニラ 運休(出発便は6/30・到着便は7/1最終運航)
※平成30年07月21日:JJA清州・JJAグアム 就航
※平成30年08月*?日:KALソウル DAL共同運航便化、CRK香港 FJI共同運航便化
※平成30年10月02日:JJPマニラ 就航(到着便は10/3〜)
※平成30年10月26日:ANZ(ANA)オークランド 就航
※平成30年10月28日:ESR釜山・ANA(ANZ・JAI・SAA)香港・JJP香港 運休(10/27最終運航)、CXA杭州・HVNダナン 就航
※平成30年10月29日:ACA*i7バンクーバー 運休(10/27最終運航)、NCTバンコク ドンムアン 就航
※平成30年11月01日:JJAソウル仁川・JJAソウル金浦・JJA清州・JJA務安・JJA釜山・JJAグアム 第1発着から第2国際線発着に変更
※平成30年11月15日:JJP香港 就航
※平成30年11月25日:CQH大連 就航
※平成30年11月30日:CSC西安 就航
※平成30年12月01日:JJPマニラ 運休(出発便は11/29・到着便は11/30最終運航)
※平成30年12月10日:JJP香港 運休(出発便は12/9・到着便は12/10最終運航)
※平成30年12月14日:VJCホーチミン 就航
※平成30年12月15日:JJPマニラ 就航(到着便は12/16〜)
※平成30年12月22日:JJP香港 就航(到着便は12/23〜)
※平成30年12月28日:JJP台北桃園 就航(到着便は12/29〜)
※平成31年01月07日:ESR釜山金海 就航
※平成31年01月10日:JJPマニラ 運休(出発便は1/8・到着便は1/9最終運航)、PICダナン 運休(1/8最終運航)
※平成31年01月11日:JJP台北 運休(出発便は1/9・到着便は1/10最終運航)
※平成31年01月30日:XAX台北桃園・XAX*i21クアラルンプール 就航
※平成31年01月31日:JJP台北桃園 就航(到着便は2/1〜)
※平成31年02月01日:CCA杭州・CQH広州 就航
※平成31年02月02日:CHH深圳 就航
※平成31年02月11日:JJP台北桃園 運休(出発便は2/10、到着便は2/11最終運航)
※平成31年02月12日:JJPマニラ 就航(到着便は2/13〜)
※平成31年02月24日:ANA(ANZ)香港 就航
※平成31年02月26日:JJPマニラ 運休(出発便は2/23、到着便は2/24最終運航)
※平成31年02月28日:CHH海口 就航
※平成31年03月20日:CCA天津 就航
※平成31年03月28日:TLMバンコクドンムアン 就航
※平成31年03月31日:CSN*i19三亜 運休(3/30最終運航)、DKH青島・CES*i13太原 就航
※平成31年04月01日:DLH(ANA)フランクフルト 運休(3/31最終運航)、DLH(ANA)ミュンヘン・BAW(JAL)ロンドンヒースロー 就航
※平成31年04月02日:DALシアトル 就航・JJPマニラ 就航(到着便は4/3〜)
※平成31年04月03日:ANZ(ANA)オークランド 運休(3/31最終運航)
※平成31年04月17日:CQH合肥 就航
※平成31年04月18日:CQH鄭州 就航
※平成31年04月27日:SBI(JAL)ウラジオストク 就航
※令和元年05月08日:VNL台北 運休(出発便は5/6、到着便は5/7最終運航)、GIAジャカルタ JAL共同運航便化
※令和元年05月09日:TGWホノルル 運休(出発便は5/7、到着便は5/8最終運航)
※令和元年06月02日:ACAバンクーバー 就航
※令和元年06月03日:CXA杭州・CXA福州・CXA厦門 JAL共同運航便化
※令和元年07月01日:JJP香港 運休(出発便は6/30・到着便は7/1最終運航)、CHH西安・DKH長沙・EZDマニラ 就航
※令和元年07月02日:JJPマニラ 運休(出発便は6/29・到着便は6/30最終運航)
※令和元年07月03日:MGLウランバートル 就航
※令和元年07月18日:PICハノイ 運休(7/16最終運航)
※令和元年08月19日:CSC張家界 就航
※令和元年08月29日:RNAカトマンズ 就航
※令和元年09月01日:MGLウランバートル 運休(8/28最終運航)・ESR釜山 運休(8/30最終運航)・ABL大邱 運休(8/31最終運航)
※令和元年09月06日:ESR清州 運休(9/4最終運航)
※令和元年09月15日:TGWバンコクドンムアン・TGW*i29シンガポール 運休(9/13最終運航)
※令和元年09月16日:KAL(JAL・CSA)釜山 運休(9/15最終運航)
※令和元年09月19日:AIC(CRK)香港・AIC*i17デリー・AIC*i18ムンバイ 運休(9/17最終運航)
※令和元年09月24日:AAR(ANA)ソウル仁川 運休(9/23最終運航)、JJPマニラ 就航
※令和元年10月25日:ANZオークランド 就航
※令和元年10月26日:CES昆明 就航
※令和元年10月27日:ACAバンクーバー 運休(10/25最終運航)、DKH*i15銀川・DALシアトル 運休(10/26最終運航)、CES南昌・CSZ南昌・DKH哈爾濱・DKH武漢・DKH温州 就航
※令和元年10月28日:JJA務安 運休(10/27最終運航)、DKH常州 就航
※令和元年10月29日:CHH北京首都 就航
※令和元年11月02日:KAL(JAL)済州(出発便は10/31、到着便は10/30最終運航)
※令和元年11月05日:JNA釜山 運休(11/4最終運航)
※令和元年11月20日:CXA青島 就航
※令和元年11月25日:CHH連雲港・CHH*i39蘭州 就航
※令和元年11月26日:CHB鄭州・CHB重慶 就航
※令和元年12月02日:CDC杭州 就航
※令和元年12月03日:ACI(AFR)ヌメア JAL共同運航便化
※令和元年12月12日:JJP香港 就航
※令和元年12月17日:CQH厦門 就航
※令和元年12月22日:JYH広州 就航
※令和元年12月?*日:OKA臨沂・OKA*i40長沙 就航
※令和02年01月07日:APJ釜山 運休(1/6最終運航)
※令和02年01月11日:CES延吉 運休(1/7最終運航)
※令和02年01月13日:CQH瀋陽 就航
※令和02年01月17日:CSH(CES)上海 JAL共同運航便化
※令和02年01月21日:JJPマニラ 運休(出発便は1/18・到着便は1/19最終運航)
※令和02年01月24日:CSN武漢・DKH武漢・CQH武漢 長期欠航(武漢空港閉鎖による欠航)
※令和02年01月30日:CHB鄭州 長期欠航
※令和02年02月01日:CCA天津・CSZ南昌・CES(JAL)*i13北京・CES杭州・CSN長沙・CHH北京・CHH深圳 長期欠航
※令和02年02月02日:CES南昌・CHH西安 長期欠航
※令和02年02月03日:CES寧波・CES大連・CES昆明・CQH鄭州・CQH合肥・CQH瀋陽・CQH西安・CHH連雲港・CHH*i39蘭州 長期欠航
※令和02年02月04日:CES(JAL)煙台・CES*i13太原・CQH天津・CQH厦門・CHB重慶 長期欠航
※令和02年02月05日:CES(JAL)青島・CES*i28西安・CQH重慶・CQH揚州 長期欠航
※令和02年02月06日:CXA青島 長期欠航
※令和02年02月07日:CSN鄭州 長期欠航
※令和02年02月08日:OKA臨沂・OKA*i40長沙 運休(2/6最終運航予定)
※令和02年02月09日:CCA(ANA)杭州・CES(JAL)北京 長期欠航
※令和02年02月10日:ANA(CCA・CDG)青島・ANA(CCA)大連・APJ上海・CSN深圳・CES(JAL)南京・CCA(ANA)成都・CSH(CES・JAL)上海・CSH*i15鄭州・CQH*i36洛陽 長期欠航
※令和02年02月11日:CCA(ANA)大連・CCA(ANA)*i12天津 長期欠航
※令和02年02月12日:CSN貴陽 長期欠航
※令和02年02月13日:CSN(JAL・CXA)広州 長期欠航
※令和02年02月17日:ANA(ANZ)香港・CES(JAL)*i15昆明 長期欠航
※令和02年02月18日:JJPマニラ 就航(到着便は2/19〜)
※令和02年02月19日:CSZ(CCA)南昌 運休(1/31最終運航)
※令和02年02月20日:CSN上海・CSZ(CCA)南通 長期欠航
※令和02年02月22日:JJP香港 運休(2/19最終運航)
※令和02年02月23日:CSZ(ANA・CCA)深圳・CSZ(ANA・CCA)無錫 長期欠航
※令和02年02月24日:CSZ(ANA・CCA)北京 長期欠航
※令和02年02月25日:TWB釜山・TWB大邱 長期欠航
※令和02年02月29日:CXA(JAL・CSN)厦門・TWB済州 長期欠航
※令和02年02月?*日:DKH哈爾浜・OKA天津・GCR(CHH)天津・CDG(ANA・CCA)済南・LKE徐州・DKH常州・DER杭州・CXA(JAL・CSN)杭州・CDC杭州・DKH温州・JYH広州・CHH海口・CSC(CSN)西安・CSC(CSN)成都・CDG(CCA)i14昆明・LKEi34昆明・CDG*28烏魯木斉 長期欠航
※令和02年03月01日:ASV(AAR)ソウル仁川・ANA(CCA)*i6杭州・APJ香港・APJ高雄 長期欠航
※令和02年03月02日:SWR(ANA)チューリヒ 就航、ANA(CCA・DKH)上海・JJP台北 長期欠航
※令和02年03月03日:RNAカトマンズ 運休(2/29最終運航)、ANA(CCA・CSZ)*i6北京 長期欠航
※令和02年03月05日:JAL(CAL・HAL)台北 長期欠航
※令和02年03月06日:AAR(ANA)ソウル金浦 長期欠航
※令和02年03月07日:JJPマニラ 長期欠航
※令和02年03月08日:KAL(JAL)ソウル金浦・DALシアトル 長期欠航
※令和02年03月09日:APJソウル仁川・AAR(ANA)ソウル仁川・ESRソウル仁川・JNAソウル仁川・TWBソウル仁川・JJAソウル金浦・ABL(AAR)釜山・JJA釜山 長期欠航
※令和02年03月11日:KAL(JAL・DAL)ソウル仁川 長期欠航
※令和02年03月13日:CPA台北・CPA(JAL・QTR)香港・HKE香港・CPA(JAL)*i21香港 長期欠航
※令和02年03月15日:CQH広州 長期欠航
※令和02年03月16日:CQH瀋陽 運休(2/2最終運航)、TAXバンコクドンムアン・TLMバンコクドンムアン 長期欠航
※令和02年03月17日:TWB済州 長期欠航
※令和02年03月18日:JAL(CES)上海・TTW高雄 長期欠航
※令和02年03月19日:CEBマニラ・HVN(ANA)ダナン・TWBグアム 長期欠航
※令和02年03月20日:APJ台北・HVN(ANA)ハノイ・EZDマニラ 長期欠航
※令和02年03月21日:TGW高雄・TGWシンガポール・TGW*i30シンガポール・JJAグアム 長期欠航
※令和02年03月23日:PAL台北・JSAマニラ・PAL(ANA)マニラ・PAL*i21マニラ・HVN(ANA)ホーチミンシティ・SIA(ANA・VAU)シンガポール・JSA*i21シンガポール・SWR(ANA)チューリッヒ・AFRパリ・JST(JAL・QFA)ケアンズ・ACI(JAL・AFR)ヌメア 長期欠航
※令和02年03月24日:JSAクラーク・JSA*i38シンガポール・JAL(ALK・BKP)バンコクスワンナプーム・FIN(JAL・BAW)ヘルシンキ・DLH(ANA)ミュンヘン 長期欠航
※令和02年03月25日:JAL(AAL・CPA・HAL)ホノルル・ANZオークランド 長期欠航
※令和02年03月26日:UAE(JAL)ドバイ・UAL(ANA)サンフランシスコ・UAL(ANA)グアム 長期欠航
※令和02年03月27日:THA(ANA)バンコクスワンナプーム・HAL(JAL)ホノルル 長期欠航
※令和02年03月28日:XAXクアラルンプール・XAXホノルル 長期欠航
※令和02年03月?*日:CCA(ANA)北京首都・CSN哈爾浜・CSN(JAL)瀋陽・CSN大連・CQH大連・CDG青島・CQH青島・CCA(ANA)上海・CES(JAL・CSH)上海・CQH上海・DKH(ANA)南京・CXA(JAL)福州・ CRK(FJI)香港・CSC張家界・CQH*i15蘭州・PALセブ・VJCハノイ・VJCホーチミンシティ・NCTバンコク(3/25迄に欠航)・QFAシドニー 長期欠航
※令和02年03月29日:DKH長沙・SBI(JAL)ウラジオストク 長期欠航
※令和02年03月30日:XAX台北・XAX*i21クアラルンプール・BAW(JAL)ロンドン 長期欠航
※令和02年03月31日:JJPマニラ 長期欠航
※令和02年04月01日:JSA台北・MAS(JAL)クアラルンプール ・JSA*i22シンガポール 長期欠航
※令和02年04月?*日:CAL(JAL)高雄・EVA高雄・CAL(JAL)台南・AMU(ANA)マカオ・DALホノルル 長期欠航
※令和02年04月08日:ANZオークランド 運休
※令和02年04月10日:JAL(AAL)ロサンゼルス 長期欠航
※令和02年04月12日:GIA(ANA・JAL)ジャカルタ 長期欠航
※令和02年04月13日:GIA(ANA)デンパサール 長期欠航
※令和02年05月03日:GIAジャカルタ 再開
※令和02年05月?*日:CAL(JAL)台北桃園 長期欠航
※令和02年06月05日:JNAソウル仁川 再開
※令和02年06月12日:SIAシンガポール 再開
※令和02年06月22日:PALマニラ 再開
※令和02年06月26日:NCTバンコク 運休(運航停止)
※令和02年07月01日:AARソウル仁川・MASクアラルンプール 再開
※令和02年07月07日:UAEドバイ・AFRパリ 再開
※令和02年07月21日:TTW台北桃園 長期欠航
※令和02年07月25日:CDC杭州 再開
※令和02年08月06日:DKH南京 再開
※令和02年08月07日:CQH常州 就航
※令和02年09月01日:JALバンコクスワンナプーム 再開
※令和02年09月03日:CAL台北桃園 再開
※令和02年09月04日:CEBマニラ 再開(出発便のみ)
※令和02年09月12日:JALロサンゼルス 再開(到着便のみ)
※令和02年09月13日:CDC杭州 長期欠航(再欠航)
※令和02年09月20日:TGW高雄・TGW*i30シンガポール(シンガポールまでの利用は不可) 再開
※令和02年09月30日:KALソウル仁川 再開
※令和02年10月**日?:MASクアラルンプール 長期欠航
※令和02年10月25日:JJPマニラ 運休(出発便は3/6・到着便は3/7最終運航)、APJ台北桃園 再開(到着便は10/26〜)
※令和02年11月**日?:TGW高雄・TGW*i30シンガポール(シンガポールまでの利用は不可)長期欠航
※令和02年11月01日:THAバンコクスワンナプーム 再開(出発便のみ)
※令和02年11月05日:TWBソウル仁川 再開
※令和02年11月21日:CPA香港 再開
※令和02年12月15日:SJX台北桃園 就航
※令和02年12月21日:HALホノルル 再開(到着便は12/20〜)
※令和03年01月02日:CRK香港 再開
※令和03年01月10日:THAバンコクスワンナプーム 到着便再開
※令和03年02月08日:JAL*i3ロンドンヒースロー 再開(到着便のみ)
※令和03年03月19日:CEBマニラ 長期欠航
※令和03年03月28日:ANA(ANZ)香港 運休(長期欠航のまま)
※令和03年04月13日:JAL*i3ロンドンヒースロー 長期欠航
※令和03年05月28日:TWBソウル 長期欠航
※令和03年06月01日?:JNAソウル 長期欠航
※令和03年06月24日:GIAジャカルタ 長期欠航(到着便は6/23〜)
※令和03年07月02日:JAL*i3ロンドンヒースロー 再開(到着便のみ)
※令和03年07月07日:APJ台北 長期欠航
※令和03年08月26日?:DKH南京 長期欠航
※令和03年09月01日:JAL*i3ロンドンヒースロー 長期欠航
※令和03年09月13日:JJAソウル 長期欠航
※令和03年10月02日:FINヘルシンキ 再開
※令和03年10月31日:HVN*i2ハノイ・HVN*i2ホーチミン 再開
※令和03年11月22日:JAL*i3ロンドンヒースロー 再開(到着便のみ)
※令和03年**月?*日:CRK香港 長期欠航
※令和04年02月01日?:JNAソウル 再開
※令和04年02月09日:HVNハノイ 到着便再開(定期便化)
※令和04年02月11日:TTW台北 再開
※令和04年02月24日:KLMアムステルダム・AFRパリ 運休(ロシア侵略起因の運休)
※令和04年02月27日:CPA香港 長期欠航、FINヘルシンキ 運休(ロシア侵略起因の運休)
※令和04年03月01日?:JJAソウル 再開
※令和04年03月04日:AFRパリ 再開
※令和04年03月07日:JALロサンゼルス 出発便再開
※令和04年03月14日:KLM*i41アムステルダム 再開(ソウル仁川経由便で再開)
※令和04年03月22日:DKH(ANA)上海 出発便長期欠航(DKH(ANA)→DKH(ANA)*i3)、DKH*i2大連 再開
※令和04年03月?*日:DKH南京 到着便のみ再開(DKH→DKH*i3)
※令和04年03月27日?:CQH*i3上海 到着便のみ再開
※令和04年03月30日:HVNホーチミン 再開
※令和04年04月02日:CPA香港 再開
※令和04年04月02日:CQH*i3上海 長期欠航
※令和04年04月18日:VJCハノイ 再開
※令和04年04月30日:VJCホーチミン 再開
※令和04年05月04日:TWBソウル仁川 再開
※令和04年05月27日:ABLソウル仁川 就航
※令和04年**月**日:CQH常州 長期欠航
※令和04年07月01日:ABLプサン・UALグアム 再開、JAL*i3バンコクスワンナプーム 出発便再開
※令和04年07月12日:GCR天津 再開
※令和04年07月15日:JALホノルル 再開
※令和04年07月26日:JSTケアンズ 再開
※令和04年08月14日:HKE香港 再開

※「情報交通ホットライン」は日本の空港を紹介する私設サイトです。
※関西国際空港の公式サイトではありません。

開設月日 2009.03.29
初調査日 2008.12.14

ラベル:関空 空港概要
posted by johokotu at 11:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 関西国際空港(関空) | 更新情報をチェックする

2022年08月13日

空港検疫8/13_都内の3倍 青8人

◇空港検疫 8月13日発表分
[検体数] 538件 異常極少 97%自動すり抜け中
[陽性数] 22人も異常発生
[有症状] 8人も異常発生 本当に出発前陰性?
[複数国] 0人
[青国から陽性] 8人も異常発生 本当に青?
[罹患率] 5.7%超 再び悪化気味 機内は全員濃厚接触状態


さあ、日本人起因の陽性が急増する
盆帰国時期到来!
空港検疫は東京都内より3.1倍も危険
空港検疫の放置は狂気

  ついに罹患率三%突破    
自動的に機内全員濃厚接触者に  
 飛行機移動が危険な割合に   


     国際線到着空港       
どのデータ見ても大量すり抜け確定的  
 国内悪化で水際緩和の危険が証明   


厚生労働省(厚労省)は8月13日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無、ワクチン摂取状況等に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施してきました。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定として臨時的に実施してきました。日本で唯一正確な罹患率を把握できました。
※2022年6月1日より非上陸拒否国も含めた入国者全員検査は廃止され、上陸拒否国からの入国者全員検査も一部の国では行われなくなりました。現在は特定国(2か国のみ)からの入国者全員と、特定国からの入国者の一部に対して検査を実施しています。


  【直前7日間の罹患率】5.732%  
▲近々7日間国際線到着空港は現在の東京都内より3.1倍危険!
(比較用)東京都:現罹患率1.829%=要治療256,705人/人口14,036,078人(2022年7月)

(比較用)東京都:罹患率17.966%=感染2,521,752人、死亡率0.0345%=死亡4,856人/人口14,036,078人(2022年7月)

※罹患率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で出発前に陽性の人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。





空港検疫 全員検査結果(8月11日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2022年4月30日発表分までは別にまとめています。

2020年4月4日〜2022年7月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/490387133.html

2020年04月04日〜2022年08月01日:対象2,321,745件、陽性20,552人/罹患率0.885% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年08月02日:対象2,322,236件、陽性20,571人/罹患率0.885%
2020年04月04日〜2022年08月03日:対象2,322,745件、陽性20,589人/罹患率0.886%
2020年04月04日〜2022年08月04日:対象2,323,249件、陽性20,614人/罹患率0.887%
2020年04月04日〜2022年08月05日:対象2,323,730件、陽性20,639人/罹患率0.888%
2020年04月04日〜2022年08月06日:対象2,324,233件、陽性20,676人/罹患率0.889%
2020年04月04日〜2022年08月07日:対象2,324,661件、陽性20,703人/罹患率0.890%
2020年04月04日〜2022年08月08日:対象2,325,398件、陽性20,735人/罹患率0.891%
2020年04月04日〜2022年08月09日:対象2,325,823件、陽性20,768人/罹患率0.892% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年08月10日:対象2,326,273件、陽性20,789人/罹患率0.893%
2020年04月04日〜2022年08月11日:対象2,326,789件、陽性20,815人/罹患率0.894% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年08月12日:対象2,327,324件、陽性20,851人/罹患率0.895%

2020年04月04日〜2022年08月13日:対象2,327,862件、陽性20,884人/罹患率0.897% 




・昨日単日データでの罹患率:6.134%=陽性33人/検体538件  

全員検査をすると、
 入国者が2万人だとすると1千2百人超の陽性者
 入国者を少なく見積もって1万人だとしても6百人超も陽性者
がいる
ことになります。
異常に危険過ぎます。




・直前7日間の罹患率:5.732%=陽性208人/検体3,629件  
本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

(参考)2022年5月25日着〜5月31日着7日間:1.067%=陽性765人/検体71,722件
(参考)2022年6月01日着〜6月07日着7日間:0.913%=陽性70人/検体7,664件 悪化状況横ばい


全員検査をすると、
 入国者が14万人/週だとすると8千人超/週の陽性者
 入国者を少なく見積もって7万人/週だとしても4千人超/週も陽性者がいる
ことになります。
異常に危険過ぎます。

[週間検体数] 4,000件/週を切っています。検査しない人が多過ぎです。
[週間陽性数] 再び増加を始めており、210人/週(=30人/日)を超えてしまいました。
[週間罹患率] 5%台が続いていますが、ジリジリ悪化が始まりました。
72時間前までに陰性が確認された安全側に振れているはずの集団なのに17人に1人は陽性者で、まだまだ異様で異常な状況です。
それだけ世界の感染が異常なのか、もしくは、入国者は感染しやすい行動をしている、いわゆる危険人物の割合が異常に多いかのどちらかですね。


通常の検疫措置(2-row rules)ですと、機内全員が自動的に濃厚接触者となってしまう罹患率3%を超え続けています。
異常に異常に異常に異常に異常に異常に危険です。


新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年8月13日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27403.html















空港検疫検査 到着日別詳細結果(8月12日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
2022年4月30日到着分までは、別にまとめています。

2020年4月3日〜2022年7月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/490387133.html

08月01日:症状 有4 無14=陽性18人 20287・20288・20289・20290・20291・20292・20293・20294・20295・20296・20297・20298・20299・20300・20301・20302・20303・20304
08月02日:症状 有6 無19=陽性25人 20305・20306・20307・20308・20309・20310・20311・20312・20313・20314・20315・20316・20317・20318・20319・20320・20321・20322・20323・20324・20325・20326・20327・20328・20329
08月03日:症状 有3 無22=陽性25人 20330・20331・20332・20333・20334・20335・20336・20337・20338・20339・20340・20341・20342・20343・20344・20345・20346・20347・20348・20349・20350・20351・20352・20353・20354

08月04日:症状 有13 無24=陽性37人 20355・20356・20357・20358・20359・20360・20361・20362・20363・20364・20365・20366・20367・20368・20369・20370・20371・20372・20373・20374・20375・20376・20377・20378・20379・20380・20381・20382・20383・20384・20385・20386・20387・20388・20389・20390・20391
 [空港別] 成田21・羽田5・中部1・関空3・福岡6・那覇1
 [男女別] 男19・女18
 [年代別] 10下5・20代9・30代7・40代7・50代7・60代2・70代0・80上0
 [渡航元] 韓国1・フィリピン1・ベトナム16・マレーシア1・インド5・スリランカ1・パキスタン1・レバノン1・ウズベキスタン2・ベラルーシ1・米国7
 [居住地] 宮城1・福島1・埼玉1・千葉5・東京10・神奈川5・愛知2・三重1・大阪2・兵庫1・広島2・福岡1・熊本2・長崎2・沖縄1
08月05日:症状 有14 無15=陽性29人 20392・20393・20394・20395・20396・20397・20398・20399・20400・20401・20402・20403・20404・20405・20406・20407・20408・20409・20410・20411・20412・20413・20414・20415・20416・20417・20418・20448・20459
 [空港別] 成田11・羽田7・中部6・関空4・福岡1
 [男女別] 男15・女14
 [年代別] 10下8・20代8・30代6・40代5・50代0・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] 韓国4・フィリピン1・ベトナム7・タイ2・インド2・トルコ1・イタリア1・アイルランド/スペイン1・米国8・米国/カナダ2
 [居住地] 千葉5・東京9・神奈川3・岐阜5・愛知2・三重1・兵庫3・長崎1
08月06日:症状 有12 無19=陽性31人 20419・20420・20421・20422・20423・20424・20425・20426・20427・20428・20429・20430・20431・20432・20433・20434・20435・20436・20437・20438・20439・20440・20441・20442・20443・20444・20445・20446・20447・20449・20450
 [空港別] 成田12・羽田8・中部1・関空3・福岡7
 [男女別] 男18・女13
 [年代別] 10下8・20代7・30代6・40代3・50代6・60代0・70代0・80上1
 [渡航元] フィリピン2・ベトナム13・インドネシア1・スリランカ2・インド2・パキスタン2・ジョージア1・マルタ3・米国4・豪州1
 [居住地] 埼玉4・千葉1・東京8・神奈川3・愛知1・三重1・京都1・大阪1・岡山1・徳島1・愛媛1・大分1・福岡4・沖縄3
08月07日:症状 有5 無22=陽性27人 20451・20452・20453・20454・20455・20456・20457・20458・20460・20461・20462・20463・20464・20465・20466・20467・20468・20469・20470・20471・20472・20473・20474・20475・20476・20477・20478
 [空港別] 成田11・羽田8・中部2・関空6
 [男女別] 男17・女10
 [年代別] 10下10・20代8・30代5・40代2・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム13・ネパール1・インド1・スイス1・マルタ3・オランダ/ドイツ1・スペイン/ポルトガル1・米国6
 [居住地] 青森2・宮城2・埼玉2・東京3・神奈川5・山梨2・愛知2・大阪4・兵庫2・福岡2・宮崎1
08月08日:症状 有4 無17=陽性21人 20479・20480・20481・20482・20483・20484・20485・20486・20487・20488・20489・20490・20491・20492・20493・20494・20495・20496・20497・20498・20499
 [空港別] 成田4・羽田5・中部7・関空5
 [男女別] 男13・女8
 [年代別] 10下3・20代9・30代5・40代2・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム13・インドネシア1・インド2・パキスタン1・トルコ3・ドイツ1
 [居住地] 千葉1・東京3・神奈川1・長野1・静岡1・岐阜1・愛知8・大阪3・兵庫1・沖縄1
08月09日:症状 有11 無13=陽性24人 20500・20501・20502・20503・20504・20505・20506・20507・20508・20509・20510・20511・20512・20513・20514・20515・20516・20517・20518・20519・20520・20521・20522・20523
 [空港別] 成田12・羽田1・中部1・関空4・福岡6
 [男女別] 男16・女8
 [年代別] 10下4・20代5・30代11・40代2・50代2・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン1・ベトナム11・インドネシア2・インド1・スリランカ2・パキスタン1・カナダ2・米国3・フィジー1
 [居住地] 埼玉3・千葉2・東京4・神奈川2・石川1・岐阜1・大阪3・兵庫1・島根2・山口1・福岡2・沖縄2
08月10日:症状 有11 無25=陽性36人 20524・20525・20526・20527・20528・20529・20520・20521・20522・20523・20524・20525・20526・20527・20528・20529・20530・20531・20532・20533・20534・20535・20536・20537・20538・20539・20540・20541・20542・20543・20544・20545・20546・20547・20548・20549・20550・20551・20552・20553・20554・20555・20556・20557・20558・20559
 [空港別] 成田18・羽田6・中部8・関空3・福岡1
 [男女別] 男20・女16
 [年代別] 10下9・20代8・30代9・40代4・50代3・60代0・70代3・80上0
 [渡航元] ベトナム21・インド2・スリランカ1・トルコ/イラン3・ウズベキスタン4・ロシア/ウズベキスタン1・フランス1・ベルギー/ドイツ/スイス1・米国2
 [居住地] 岩手1・福島1・埼玉3・東京9・神奈川4・長野3・山梨1・静岡5・石川2・愛知3・三重1・大阪1・兵庫1・佐賀1
08月11日:症状 有11 無22=陽性33人 20560・20561・20562・20563・20564・20565・20566・20567・20568・20569・20570・20571・20572・20573・20574・20575・20576・20577・20578・20579・20580・20581・20582・20583・20584・20585・20586・20587・20588・20589・20590・20591・20592
 [空港別] 成田12・羽田8・中部3・関空8・福岡2
 [男女別] 男21・女12
 [年代別] 10下4・20代16・30代8・40代2・50代2・60代0・70代1・80上0
 [渡航元] ベトナム18・タイ1・カンボジア/タイ/ベトナム1・インド4・スリランカ1・パキスタン2・トルコ1・ハンガリー/ポルトガル1・米国4
 [居住地] 茨城2・群馬3・東京8・神奈川4・山梨1・愛知4・大阪4・兵庫4・香川1・熊本1・沖縄1
08月12日:症状 有8 無14=陽性22人 20593・20594・20595・20596・20597・20598・20599・20600・20601・20602・20603・20604・20605・20606・20607・20608・20609・20610・20611・20612・20613・20614
 [空港別] 成田4・羽田8・中部2・関空5・福岡3
 [男女別] 男17・女5
 [年代別] 10下7・20代5・30代6・40代1・50代2・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] 韓国1・ベトナム8・タイ2・インドネシア2・インド1・パキスタン1・トルコ4・米国3
 [居住地] 茨城2・群馬2・埼玉1・東京1・神奈川3・山梨1・岐阜1・愛知5・大阪1・兵庫1・島根1・岡山1・山口1・熊本1





空港検疫でのCOVID-19陽性確認数(到着日ベース)
・2020年4月3日〜2022年8月12日着累計(862日間):20,531人  
・本日発表された空港検疫での陽性者数:22人  
 [入国時陽性分と推定] 8月12日着 22人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し
(参考)2022年5月25日着〜5月31日着7日間:陽性者764人(109.1人/日)
(参考)2022年6月01日着〜6月07日着7日間:陽性者68人(9.7人/日)▼激減


東京都居住者が少し減少気味でしょうか。日本国内の治療必要者が増加し続ける中、東京都の治療必要者が頭打ちになっているのと何か関係があるのでしょうか、、、。
それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
少ないように見える数字に騙されやすいですが、検体数が著しく少ない中での数値であることに注意が必要です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





有症状者状況
・累計:有症状4,003人・無症状16,528人=無症状率80.5%  
・本日発表された空港検疫での有症状者数:8人  
(参考)2022年5月25日着〜5月31日着7日間:有症状者188人(26.8人/日)
(参考)2022年6月01日着〜6月07日着7日間:有症状者14人(2.0人/日)▼激減


20594 福岡 8月12日 10歳未満 男性 山口県 韓国 発熱
20595 福岡 8月12日 20代 女性 熊本県 インドネシア 発熱
20597 中部 8月12日 50代 男性 岐阜県 ベトナム 発熱、咽頭痛、咳
20603 羽田 8月12日 10歳未満 男性 東京都 インドネシア 発熱
20605 羽田 8月12日 10歳未満 男性 群馬県 ベトナム 咳、咽頭痛
20608 羽田 8月12日 60代 男性 大阪府 タイ 咳
20609 羽田 8月12日 10代 男性 愛知県 トルコ 発熱、咽頭痛、関節痛
20611 成田 8月12日 20代 男性 埼玉県 タイ 頭痛、発熱、咽頭痛

(入国時検査に当たる8月12日着以降)
韓 国:福岡まで直行便でわずか1時間強の飛行で、現地発症の可能性が非常に高いです。10歳未満ですから、搭乗時には文句言えないか、「我慢しなさい!」で連れてこられた可能性がありますね。
ベトナム:羽田・中部まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
インドネシア:羽田・福岡まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
タイ:成田・羽田まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
その他各国は直行便・乗継便いずれも10時間程度以上の飛行で、機内発症とみられます。(米国は機内発症か微妙な短距離路線としてグアムが含まれています)

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
72時間前までに陰性を確認した人たちの集団なのに、何故か有症状事例が異常に多いです。
超極少の検体数で、この超大人数の有症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





国別陽性確認数
・10人以上の超危険国:該当無し  
・5人以上の危険国:ベトナム8人  
(参考)2022年5月25日着〜5月31日着7日間:米国353.2人/ベトナム39.5人/タイ39.3人
(参考)2022年6月01日着〜6月07日着7日間:米国4人/ベトナム29.5人/タイ0.5人黄国横ばい/▼青国ほぼ消滅


・複数国滞在者:0人  
(参考)2022年5月25日着〜5月31日着7日間:複数国滞在者79人(11.3人/日)
(参考)2022年6月01日着〜6月07日着7日間:複数国滞在者3人(0.4人/日)▼ほぼ消滅


6月以前と比べ、複数国滞在者が減少傾向にある気がします。まだ大陸間移動者などもポツポツ出てはいるものの、トルコやドイツ、フランスなど乗り継ぎ滞在で仕方なく複数国滞在になっていると思われる事例が多いです。
帰国前に周遊するのを自重している人が増えたとか、複数国周遊の出張・旅行が減少傾向なのかもしれません。



・青国からの陽性者:8人  
・青国のうち無症状:米国3人  
検査も隔離も不要な安全国と認定されているはずなのに、ここのところ多過ぎます。異常過ぎます。

検査も隔離も不要な安全国である青国からの「無症状」陽性が多過ぎます。異常過ぎます。
米国の無症状者は、神奈川居住3人でした。またキチ有県です。
それにしても72時間前までに陰性だったはずの人たちが、入国時検査が必要ない青国なのに無症状で検査をして、かつ陽性とは、謎謎謎です。しかも、検体数激減中なので普通だったら天文学的確率になるはずなのに、こんなにも大量に謎事例が出るなど、謎謎謎です。何か告知できないような特別運用している可能性がありますね。




団体感染疑い状況
・団体感染が疑われる事例:7組7人  
(1)連番確認(同一日同一空港着同一国からの同一地域居住者=同一団体疑い):2組4人
・20598 関空 8月12日 30代 女性 愛知県 トルコ 無症状
 20599 関空 8月12日 30代 男性 愛知県 トルコ 無症状
・20605 羽田 8月12日 10歳未満 男性 群馬県 ベトナム 咳、咽頭痛
 20606 羽田 8月12日 10歳未満 男性 群馬県 ベトナム 無症状

(2)10歳未満(同行者がいる団体感染すり抜け疑い):5人(※は上記のうちの1人)
20594 福岡 8月12日 10歳未満 男性 山口県 韓国 発熱
20601 関空 8月12日 10歳未満 女性 愛知県 トルコ 無症状
20603 羽田 8月12日 10歳未満 男性 東京都 インドネシア 発熱
20605 羽田 8月12日 10歳未満 男性 群馬県 ベトナム 咳、咽頭痛※
20606 羽田 8月12日 10歳未満 男性 群馬県 ベトナム 無症状※

(参考)2022年5月25日着〜5月31日着7日間:団体感染疑い111組221人(29.7人/日)
(参考)2022年6月01日着〜6月07日着7日間:団体感染疑い13組20人(2.9人/日) ▼激減


団体疑い、10歳以下が異常に増加しています。
ここのところ、多人数団体疑いで、有症状者が多い印象です。感染しやすいあるいは感染防止が甘い集団が多い可能性があります。





強制隔離中の影響
・強制隔離中の陽性とみられる事例:0人(全体の0%)  

・対象国増2021年3月5日-2021年9月19日200日間 強制隔離中陽性563人(2.8人/日)
・対象国減2021年9月20日-2021年11月7日49日間 強制隔離中陽性79人(1.6人/日)
・対象国減2021年11月8日-2021年11月26日19日間 強制隔離中陽性23人(1.2人/日)
・対象国増2021年11月27日-2022年2月28日94日間 強制隔離中の陽性2,151人(22.8人/日)
・対象国減2022年3月1日着-2022年4月28日着の59日間 強制隔離中陽性840人(14.2人/日)
・対象国減2022年4月29日着-2022年5月31日着の33日間 強制隔離中陽性22人(0.7人/日)

・対象国壊滅2022年6月1日着-2022年8月9日着の70日間 強制隔離中陽性35人(0.5人/日)

空港検疫の結果から、水際緩和が異常に危険であることが示されてしまいました。
激減を喜びたかったですが、単に大量すり抜けとなったであろうことがほぼ確実なだけに、全く喜べませんね。非常に危険です。





大量すり抜け危機勃発
結果を見れば一目瞭然
隔離規制緩和は大失敗!!!
結局、隔離規制をしないとダメなんです。


新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27404.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

緊急警報!20人超!5.7%!

緊急警報! 本日発表分陽性2桁!
[検体数] 異常 538件 入国者の97%無検査!
[陽性数] 異常 22人も異常発生
[罹患率] 異常 再び悪化気味?5.7%超 全世界赤国級!


      国際線到着空港      
  大量すり抜け危機でただただ危険  


空港検疫での入国者に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査で、本日発表分で2桁人数の感染が確認されました。



本日発表された空港検疫でのCOVID-19陽性確認数
・ 本日発表された空港検疫での陽性者数:22人  
 [入国時陽性分と推定] 8月12日着 22人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し

超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。




本日発表された空港検疫でのCOVID-19国別陽性確認数(数の多い国)
・10人以上の超危険国:該当無し  
・5人以上の危険国:ベトナム8人  

・青国からの陽性者:8人  




昨日単日データでの罹患率
・昨日単日データでの罹患率:6.134%=陽性33人/検体538件  

昨日発表分の検体数が今日出ましたので、昨日単日データでの罹患率が出ました。
過去のデータから、入国後数日内陽性(強制隔離対象の時に強制隔離中に発症した人)が30〜40%程、完全なすり抜け陽性は15%程いるようですので、入国者の陽性率は、上記数字の1.3〜1.4倍ほどと推定されます。入国者の8%程が「検査対象国」の昨日の入国者の陽性率と推定できます。




直前7日間の罹患率
・直前7日間の罹患率:5.732%=陽性208人/検体3,629件  

本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

(参考)2022年5月25日着〜5月31日着7日間:1.067%=陽性765人/検体71,722件
(参考)2022年6月01日着〜6月07日着7日間:0.913%=陽性70人/検体7,664件


週間検体数が再び4千件を切り始めています。検査している人があまりにも少なすぎます。
週間陽性者数が再び210人/週(=30人/日)近くなっています。
罹患率は5%台で、上下しながら横ばい気味です。
それでも17人に1人は陽性者。国際線到着空港は、異常に異常に異常に異常に異常に危険です。





これらの詳細内容は8月13日23時付でアップ予定の日々の記事で書く予定です。



入国者のすり抜けが強く懸念される事態となっています
国際線の発着する空港への不要不急の来港や
入国者のお迎え、入国者との接触は今すぐ中止しませんか
入国者が乗車する可能性の高い空港直結鉄道の利用を今すぐ中止しませんか

入国者が7日間程度接触しなければウイルス付着させませんから
日本国内の人が7日間程度接触されなければウイルス付着させられませんから


空港検疫の結果を見れば一目瞭然
結果が全てを物語っています
やっぱり隔離をしなきゃダメなんです


新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27404.html
新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年8月13日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27403.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

検疫週間速報7月4_最悪6.2% 邦人10%超+複数国邦人多→密輸元凶 邦人

  過去最悪罹患率更新    
 国際線到着空港 超危険   


◇空港検疫(週間速報)7月4週目
[罹患率]異常 過去最悪6.20% 全世界赤国級
[国籍別]異常 邦人激烈危険10%超、外人横這4%超
[陽性国]異常 緩和ネパールとパキスタン急減
[旅客数]4週連続未発表


検体100件以上で3%超5国も出現
ベトナムが激烈悪化で超危険状態
邦人10%超激烈危険/複数国邦人多
→やはりウイルス密輸の元凶は邦人。今年は旅行帰国者もいるので密輸状態悪化は盆明けまで続きそうですね。


厚生労働省(厚労省)は8月12日、空港検疫での新型コロナウイルス感染症検査状況の7月4週目(7月24日〜7月30日)分の速報値を発表しました。

厚労省の速報は、週間の検体数と陽性者数を、日本国籍者、外国籍者別に、滞在国ごとに出した非常に細かいデータです。2020年11月11日以降毎週金曜日に過去4週間分が発表されています。8月12日の公表で、2020年10月4日〜2022年7月30日分が公表されたことになります。
速報のため、日々の発表のデータとかなりのズレが生じてる場合もありますが、分析に活用できます。




[罹患状況推移分析] 罹患率 過去最悪6.20%
 外人 4%超で横ばい 超危険状態続く
 邦人 10%突破の激烈危険状態 今すぐ全検すべきレベル

2020年
10/04-10/10 検体12,421・陽性57=罹患率0.46%(日本国籍0.46%:外国籍0.46%)
10/11-10/17 検体 7,364・陽性24=罹患率0.33%(日本国籍0.29%:外国籍0.34%)
10/18-10/24 検体12,213・陽性46=罹患率0.38%(日本国籍0.39%:外国籍0.37%)
10/25-10/31 検体17,833・陽性47=罹患率0.26%(日本国籍0.22%:外国籍0.29%)
  <11/01〜入国者の多い低感染国9か国が検査解除>
11/01-11/07 検体10,589・陽性84=罹患率0.79%(日本国籍0.75%:外国籍0.83%)
11/08-11/14 検体10,823・陽性89=罹患率0.82%(日本国籍0.54%:外国籍1.02%)
11/15-11/21 検体11,627・陽性79=罹患率0.68%(日本国籍0.52%:外国籍0.79%)
11/22-11/28 検体13,789・陽性90=罹患率0.65%(日本国籍0.61%:外国籍0.65%)
11/29-12/05 検体14,226・陽性89=罹患率0.63%(日本国籍0.50%:外国籍0.74%)
12/06-12/12 検体16,488・陽性86=罹患率0.52%(日本国籍0.43%:外国籍0.64%)
12/13-12/19 検体18,554・陽性74=罹患率0.40%(日本国籍0.28%:外国籍0.62%)
12/20-12/26 検体18,835・陽性98=罹患率0.52%(日本国籍0.51%:外国籍0.54%)
12/27-01/02 検体13,123・陽性83=罹患率0.63%(日本国籍0.49%:外国籍0.75%)
2021年
01/03-01/09 検体14,098・陽性76=罹患率0.54%(日本国籍0.23%:外国籍0.72%)
  <01/09〜全入国者検査開始>
01/10-01/16 検体21,399・陽性67=罹患率0.31%(日本国籍0.31%:外国籍0.31%)
01/17-01/23 検体22,678・陽性41=罹患率0.18%(日本国籍0.31%:外国籍0.15%)
01/24-01/30 検体10,076・陽性25=罹患率0.25%(日本国籍0.12%:外国籍0.37%)
01/31-02/06 検体10,435・陽性20=罹患率0.19%(日本国籍0.13%:外国籍0.27%)
02/07-02/13 検体 9,423・陽性19=罹患率0.20%(日本国籍0.15%:外国籍0.26%)
02/14-02/20 検体 9,523・陽性19=罹患率0.20%(日本国籍0.11%:外国籍0.28%)
02/21-02/27 検体11,779・陽性23=罹患率0.20%(日本国籍0.22%:外国籍0.17%)
02/28-03/06 検体14,086・陽性29=罹患率0.21%(日本国籍0.16%:外国籍0.26%)
03/07-03/13 検体14,467・陽性27=罹患率0.19%(日本国籍0.14%:外国籍0.25%)
03/14-03/20 検体17,879・陽性49=罹患率0.27%(日本国籍0.20%:外国籍0.41%)
03/21-03/27 検体14,040・陽性42=罹患率0.30%(日本国籍0.15%:外国籍0.48%)
03/28-04/03 検体14,615・陽性70=罹患率0.48%(日本国籍0.24%:外国籍0.81%)
04/04-04/10 検体12,694・陽性62=罹患率0.49%(日本国籍0.16%:外国籍0.85%)
04/11-04/17 検体11,974・陽性74=罹患率0.62%(日本国籍0.40%:外国籍0.90%)
04/18-04/24 検体11,268・陽性60=罹患率0.53%(日本国籍0.26%:外国籍0.89%)
04/25-05/01 検体13,039・陽性95=罹患率0.73%(日本国籍0.29%:外国籍1.30%)
05/02-05/08 検体11,551・陽性82=罹患率0.71%(日本国籍0.25%:外国籍1.29%)
05/09-05/15 検体12,891・陽性50=罹患率0.39%(日本国籍0.23%:外国籍0.59%)
05/16-05/22 検体11,644・陽性39=罹患率0.33%(日本国籍0.33%:外国籍0.34%)
05/23-05/29 検体13,680・陽性32=罹患率0.23%(日本国籍0.19%:外国籍0.29%)
05/30-06/05 検体16,066・陽性40=罹患率0.25%(日本国籍0.14%:外国籍0.41%)
06/06-06/12 検体16,515・陽性17=罹患率0.10%(日本国籍0.08%:外国籍0.14%)
06/13-06/19 検体16,771・陽性44=罹患率0.26%(日本国籍0.18%:外国籍0.39%)
06/20-06/26 検体16,536・陽性45=罹患率0.27%(日本国籍0.19%:外国籍0.41%)
06/27-07/03 検体22,338・陽性60=罹患率0.27%(日本国籍0.24%:外国籍0.32%)
07/04-07/10 検体23,362・陽性79=罹患率0.34%(日本国籍0.38%:外国籍0.29%)
07/11-07/17 検体32,329・陽性97=罹患率0.30%(日本国籍0.44%:外国籍0.22%)
07/18-07/24 検体35,885・陽性67=罹患率0.19%(日本国籍0.33%:外国籍0.13%)
07/25-07/31 検体24,273・陽性89=罹患率0.37%(日本国籍0.50%:外国籍0.24%)
08/01-08/07 検体21,987・陽性94=罹患率0.43%(日本国籍0.33%:外国籍0.57%)
08/08-08/14 検体19,809・陽性78=罹患率0.39%(日本国籍0.37%:外国籍0.42%)
08/15-08/21 検体25,444・陽性101=罹患率0.40%(日本国籍0.38%:外国籍0.40%)
08/22-08/28 検体20,067・陽性69=罹患率0.34%(日本国籍0.30%:外国籍0.38%)
08/29-09/04 検体18,832・陽性86=罹患率0.46%(日本国籍0.32%:外国籍0.60%)
09/05-09/11 検体17,834・陽性78=罹患率0.44%(日本国籍0.29%:外国籍0.58%)
09/12-09/18 検体16,952・陽性56=罹患率0.33%(日本国籍0.19%:外国籍0.49%)
09/19-09/25 検体16,964・陽性56=罹患率0.33%(日本国籍0.13%:外国籍0.48%)
09/26-10/02 検体21,484・陽性71=罹患率0.33%(日本国籍0.17%:外国籍0.49%)
10/03-10/09 検体17,264・陽性43=罹患率0.25%(日本国籍0.10%:外国籍0.40%)
10/10-10/16 検体18,780・陽性46=罹患率0.24%(日本国籍0.23%:外国籍0.26%)
10/17-10/23 検体19,305・陽性45=罹患率0.23%(日本国籍0.19%:外国籍0.27%)
10/24-10/30 検体20,038・陽性34=罹患率0.17%(日本国籍0.13%:外国籍0.21%)
10/31-11/06 検体21,718・陽性58=罹患率0.27%(日本国籍0.27%:外国籍0.27%)
11/07-11/13 検体21,462・陽性47=罹患率0.22%(日本国籍0.18%:外国籍0.26%)
11/14-11/20 検体21,739・陽性45=罹患率0.21%(日本国籍0.16%:外国籍0.26%)
11/21-11/27 検体24,309・陽性46=罹患率0.19%(日本国籍0.16%:外国籍0.22%)
11/28-12/04 検体28,216・陽性71=罹患率0.25%(日本国籍0.20%:外国籍0.33%)
12/05-12/11 検体29,138・陽性86=罹患率0.30%(日本国籍0.28%:外国籍0.32%)
12/12-12/18 検体30,643・陽性167=罹患率0.54%(日本国籍0.56%:外国籍0.48%)
12/19-12/25 検体27,769・陽性321=罹患率1.16%(日本国籍1.22%:外国籍0.94%)
12/26-01/01 検体17,094・陽性494=罹患率2.89%(日本国籍2.11%:外国籍4.05%)※
01/02-01/08 検体21,488・陽性1,135=罹患率5.28%(日本国籍5.00%:外国籍5.54%)
01/09-01/15 検体20,185・陽性1,087=罹患率5.39%(日本国籍4.14%:外国籍6.42%)
01/16-01/22 検体16,973・陽性1,051=罹患率6.19%(日本国籍3.33%:外国籍8.84%)
01/23-01/29 検体16,342・陽性745=罹患率4.56%(日本国籍2.57%:外国籍6.90%)
01/30-02/05 検体15,382・陽性604=罹患率3.93%(日本国籍2.72%:外国籍5.30%)
02/06-02/12 検体16,881・陽性357=罹患率2.11%(日本国籍1.65%:外国籍2.53%)
02/13-02/19 検体18,436・陽性380=罹患率2.06%(日本国籍1.74%:外国籍2.37%)
02/20-02/26 検体20,729・陽性395=罹患率1.91%(日本国籍1.70%:外国籍2.14%)
02/27-03/05 検体26,014・陽性393=罹患率1.51%(日本国籍1.15%:外国籍1.95%)
03/06-03/12 検体32,360・陽性476=罹患率1.47%(日本国籍1.04%:外国籍2.04%)
03/13-03/19 検体44,626・陽性615=罹患率1.38%(日本国籍0.98%:外国籍1.89%)
03/20-03/26 検体51,546・陽性702=罹患率1.36%(日本国籍1.05%:外国籍1.62%)
03/27-04/02 検体63,169・陽性821=罹患率1.30%(日本国籍0.99%:外国籍1.51%)
04/03-04/09 検体62,997・陽性725=罹患率1.15%(日本国籍0.99%:外国籍1.25%)
04/10-04/16 検体63,038・陽性541=罹患率0.86%(日本国籍0.97%:外国籍0.79%)
04/17-04/23 検体64,145・陽性491=罹患率0.77%(日本国籍0.90%:外国籍0.69%)
04/24-04/30 検体68,473・陽性450=罹患率0.66%(日本国籍0.77%:外国籍0.58%)
05/01-05/07 検体69,831・陽性565=罹患率0.81%(日本国籍1.00%:外国籍0.63%)
05/08-05/14 検体83,082・陽性763=罹患率0.92%(日本国籍1.34%:外国籍0.64%)
05/15-05/21 検体79,888・陽性697=罹患率0.87%(日本国籍1.36%:外国籍0.55%)
05/22-05/28 検体78,884・陽性761=罹患率0.96%(日本国籍1.47%:外国籍0.55%)
05/29-05/31 検体30,514・陽性403=罹患率1.32%(日本国籍1.86%:外国籍0.83%)3日間
  <05/31全入国者検査終了>
06/01-06/04 検体 4,896・陽性 35=罹患率0.71%(日本国籍1.09%:外国籍0.67%)4日間
06/05-06/11 検体 7,400・陽性101=罹患率1.36%(日本国籍3.88%:外国籍0.95%)
06/12-06/18 検体 6,412・陽性115=罹患率1.79%(日本国籍5.34%:外国籍1.14%)
06/19-06/25 検体 5,871・陽性125=罹患率2.13%(日本国籍4.33%:外国籍1.59%)
06/26-07/02 検体 4,656・陽性167=罹患率3.59%(日本国籍7.59%:外国籍2.42%)
07/03-07/09 検体 4,333・陽性168=罹患率3.88%(日本国籍8.17%:外国籍2.58%)
07/10-07/16 検体 4,264・陽性171=罹患率4.01%(日本国籍7.50%:外国籍2.79%)
07/17-07/23 検体 4,547・陽性245=罹患率5.39%(日本国籍7.75%:外国籍4.49%)

07/24-07/30 検体 4,242・陽性263=罹患率6.20%(日本国籍10.69%:外国籍4.55%)




・検体数(発表値)
 日本人:1,141件 前週比-111の急減
 外国人:3,101件 前週比-194の急減
 合 計:4,242件 前週比-305の急減
日外比率は前週1:2.63→今週1:2.72で、横ばい気味でした。
検査対象が全入国者になっています。検査数(≒入国者)の多さは、ベトナム、インド、検査不要のはずの青国の米国、パキスタン、ネパールの順でした。

・陽性数(発表値)
 日本人:122人 前週比+25の急増
 外国人:141人 前週比 -7の減少
 合 計:263人 前週比+18の急増
日外比率は前週1:1.53→今週1:1.16です。だいぶ日本国籍者が増加してきた印象です。(検体数の偏りからすると、日本国籍者に異常過ぎる偏りになっています。)

・罹患率(計算値)
 日本人:10.69% 前週比+2.94Pと爆増(急激悪化)。
 外国人:4.55% 前週比+0.06Pと微増(悪化)。
 合 計:6.20% 前週比+0.81Pと急増(悪化)。

この結果、罹患率は、日本国籍者は爆増(急激悪化)、外国籍者は微増(悪化)でした。日本国籍者は急激悪化で、ついに10%超。激烈に危険状態です。外国籍者は4%超えの超危険状態が横ばいでした。
全体の罹患率は前週5.39%→今週6.20%と急増(悪化)、ついに過去最悪となってしまいました。

日本国籍者の方が状況は著しく悪いです。




[検体数]傾向変わらず千件超は1か国のみ、ベトナムは増加続く
 黄国で検査対象外の入国者は結構多い状況
 青国の米国が謎の多い状態続く

最 多 ベトナム:2,112件(前週比+224)=5月末まで(推定9,079件)と比較し-76.7%の急減。
二番目 イ ン ド: 405件(前週比-84)=5月末まで(推定1,526件)と比較し-73.5%の急減。
三番目 米  国: 323件(前週比 +18)=5月末まで(推定17,071件)と比較し-98.1%の急減。青国ですので、有症状者がいなければゼロ人のはずです。異常に多いのは何か理由があるのでしょうか。多い状態が続いてい異常に不気味な存在です。
四番目 パキスタン: 250件(前週比-120)=5月末まで(推定362件)と比較し-30.9%の急減。7月27日から黄国になったので、一気に検体数が少なくなってきました。
五番目 ネパール: 153件(前週比-232)=5月末まで(推定2,254件)と比較し-89.7%の急減。7月27日から青国になったので、検体数が消滅気味になりました。来週は圏外の可能性が高いです。

100件以上だったのは上記の5か国とスリランカを加えた6か国のみ、千件超は1か国(前週比±0)でした。
6月1日から提供座席数制限が1万人から2万人に2倍に増加しており、5月末までと比べると単純に検体数は2倍になるはずですが、減少が続いています。ここのところ傾向はほとんど変わらない状況です。

パキスタンは7月26日着までは赤国。5月31日までは3日間強制隔離国でしたので、6月1日を境にした検査状態変化はありませんでした。つまり、入国者数の増加がそのまま検体数増加になります。いまのところ入国者数の増加状況が推定できる唯一の国でした。
7月27日着分から黄色国になったため、今週分からは単純比較が出来なくなってしまいました。

一部検査無しの人もいる黄国は、減った分は検査未対象者と推定できます。
ネパールは急に9割弱の減少。入国者が2.0倍になっているのだとすると、検査対象は入国者の20人に1人程度(=0.1/2.0)と推定できます。
ベトナム、インドは7割強の減少。入国者が2.0倍になっているのだとすると、検査対象は入国者の7人に1人程度(=0.3/2.0)と推定できます。


=======================
検体数の変化状況

<入国者の多い国>
米 国
 5月5週目3日間:7,316件(7日間換算で17,071)
 6月1週目4日間:2件(7日間換算で4)
 6月2週目7日間:51件
 6月3週目7日間:198件(日20/外178) 青国なのに異常な急増中!
 6月4週目7日間:210件(日23/外187) 青国なのに異常な急増中!
 6月5週目7日間:237件(日33/外204) 青国なのに異常な急増中!
 7月1週目7日間:272件(日16/外256) 青国なのに異常な急増中!邦人帰国有症隠し増加?
 7月2週目7日間:302件(日22/外280) 青国なのに異常な急増中!邦人帰国有症隠し増加?
 7月3週目7日間:305件(日29/外276) 青国なのに異常な急増中!邦人帰国有症隠し増加?
 7月4週目7日間:323件(日26/外297) 青国なのに異常な急増中!邦人帰国有症隠し増加?
ベトナム
 5月5週目3日間:3,891件(7日間換算で9,079)
 6月1週目4日間:2,218件(7日間換算で3,882)
 6月2週目7日間:3,326件
 6月3週目7日間:2,835件(日349/外2,486)
 6月4週目7日間:2,688件(日425/外2,263)
 6月5週目7日間:2,136件(日348/外1,788)
 7月1週目7日間:1,799件(日353/外1,446)
 7月2週目7日間:1,853件(日474/外1,379)
 7月3週目7日間:1,888件(日556/外1,332)
 7月4週目7日間:2,112件(日533/外1,579)
フィリピン
 5月5週目3日間:2,172件(7日間換算で5,068)
 6月1週目4日間:4件(7日間換算で7)
 6月2週目7日間:10件
 6月3週目7日間:9件
 6月4週目7日間:17件
 6月5週目7日間:21件
 7月1週目7日間:28件
 7月2週目7日間:16件
 7月3週目7日間:22件
 7月4週目7日間:28件
タ イ
 5月5週目3日間:1,619件(7日間換算で3,778)
 6月1週目4日間:16件(7日間換算で28)
 6月2週目7日間:35件
 6月3週目7日間:52件(日25/外27) 青国なのに増加中!
 6月4週目7日間:36件(日21/外15)
 6月5週目7日間:43件(日26/外17)
 7月1週目7日間:59件(日35/外24) 青国なのに増加中!
 7月2週目7日間:49件(日36/外13)
 7月3週目7日間:64件(日43/外21) 青国なのに増加中!
 7月4週目7日間:66件(日45/外21) 青国なのに増加中!
中 国香港、澳門 含む)
 5月5週目3日間:1,515件(7日間換算で3,535)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:1件
 6月3週目7日間:1件
 6月4週目7日間:3件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:3件
 7月2週目7日間:7件
 7月3週目7日間:12件
 7月4週目7日間:7件
韓 国
 5月5週目3日間:1,447件(7日間換算で3,376)
 6月1週目4日間:3件(7日間換算で5)
 6月2週目7日間:3件
 6月3週目7日間:5件
 6月4週目7日間:11件
 6月5週目7日間:8件
 7月1週目7日間:6件
 7月2週目7日間:25件
 7月3週目7日間:20件
 7月4週目7日間:17件
シンガポール
 5月5週目3日間:1,323件(7日間換算で3,087)
 6月1週目4日間:13件(7日間換算で23)
 6月2週目7日間:15件
 6月3週目7日間:19件
 6月4週目7日間:30件
 6月5週目7日間:23件
 7月1週目7日間:19件
 7月2週目7日間:20件
 7月3週目7日間:28件
 7月4週目7日間:28件
ネパール
 5月5週目3日間:966件(7日間換算で2,254)
 6月1週目4日間:1,145件(7日間換算で2,004)
 6月2週目7日間:1,464件
 6月3週目7日間:1,298件(日15/外1,283)
 6月4週目7日間:991件(日22/外969)
 6月5週目7日間:602件(日16/外586)
 7月1週目7日間:588件(日 7/外581)
 7月2週目7日間:483件(日15/外468)
 7月3週目7日間:385件(日14/外371)
 7月4週目7日間:153件(日 5/外148)
インドネシア
 5月5週目3日間:895件(7日間換算で2,088)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:3件
 6月3週目7日間:10件
 6月4週目7日間:10件
 6月5週目7日間:14件
 7月1週目7日間:8件
 7月2週目7日間:8件
 7月3週目7日間:19件
 7月4週目7日間:21件
英 国
 5月5週目3日間:731件(7日間換算で1,706)
 6月1週目4日間:1件(7日間換算で2)
 6月2週目7日間:13件
 6月3週目7日間:6件
 6月4週目7日間:15件
 6月5週目7日間:9件
 7月1週目7日間:18件
 7月2週目7日間:18件
 7月3週目7日間:11件
 7月4週目7日間:10件
ドイツ
 5月5週目3日間:685件(7日間換算で1,598)
 6月1週目4日間:5件(7日間換算で9)
 6月2週目7日間:15件
 6月3週目7日間:11件
 6月4週目7日間:7件
 6月5週目7日間:7件
 7月1週目7日間:13件
 7月2週目7日間:6件
 7月3週目7日間:11件
 7月4週目7日間:20件
インド
 5月5週目3日間:654件(7日間換算で1,526)
 6月1週目4日間:592件(7日間換算で1,036)
 6月2週目7日間:1,026件
 6月3週目7日間:837件(日225/外612)
 6月4週目7日間:739件(日202/外537)
 6月5週目7日間:554件(日172/外382)
 7月1週目7日間:397件(日118/外279)
 7月2週目7日間:429件(日140/外289)
 7月3週目7日間:489件(日173/外316)
 7月4週目7日間:405件(日144/外261)
フランス
 5月5週目3日間:641件(7日間換算で1,496)
 6月1週目4日間:3件(7日間換算で5)
 6月2週目7日間:11件
 6月3週目7日間:8件
 6月4週目7日間:13件
 6月5週目7日間:18件
 7月1週目7日間:11件
 7月2週目7日間:23件
 7月3週目7日間:16件
 7月4週目7日間:18件
豪 州
 5月5週目3日間:496件(7日間換算で1,157)
 6月1週目4日間:1件(7日間換算で2)
 6月2週目7日間:5件
 6月3週目7日間:13件
 6月4週目7日間:8件
 6月5週目7日間:8件
 7月1週目7日間:11件
 7月2週目7日間:12件
 7月3週目7日間:9件
 7月4週目7日間:4件
カナダ
 5月5週目3日間:462件(7日間換算で1,078)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:1件
 6月3週目7日間:3件
 6月4週目7日間:2件
 6月5週目7日間:3件
 7月1週目7日間:2件
 7月2週目7日間:13件
 7月3週目7日間:7件
 7月4週目7日間:7件

<デルタ株等で10日間隔離経験国>※インド、インドネシア、ネパールは上述
アフガニスタン
 5月5週目3日間:12件(7日間換算で28)
 6月1週目4日間:2件(7日間換算で4)
 6月2週目7日間:3件
 6月3週目7日間:2件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:3件
 7月1週目7日間:2件
 7月2週目7日間:1件
 7月3週目7日間:3件
 7月4週目7日間:1件
キルギス
 5月5週目3日間:16件(7日間換算で37)
 6月1週目4日間:3件(7日間換算で5)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:1件
 6月5週目7日間:2件
 7月1週目7日間:3件
 7月2週目7日間:2件
 7月3週目7日間:1件
 7月4週目7日間:4件
ザンビア
 5月5週目3日間:6件(7日間換算で14)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:1件
 7月1週目7日間:1件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:1件
 7月4週目7日間:0件
スリランカ
 5月5週目3日間:204件(7日間換算で476)
 6月1週目4日間:190件(7日間換算で333)
 6月2週目7日間:164件
 6月3週目7日間:166件(日12/外154)
 6月4週目7日間:125件(日15/外110)
 6月5週目7日間:133件(日11/外122)
 7月1週目7日間:143件(日15/外128)
 7月2週目7日間:112件(日10/外102)
 7月3週目7日間:131件(日 9/外122)
 7月4週目7日間:129件(日 7/外122)
パキスタン
 5月5週目3日間:155件(7日間換算で362)
 6月1週目4日間:343件(7日間換算で600)
 6月2週目7日間:578件
 6月3週目7日間:376件(日52/外324)
 6月4週目7日間:209件(日37/外172)
 6月5週目7日間:219件(日67/外152)
 7月1週目7日間:312件(日81/外231)
 7月2週目7日間:280件(日53/外227)
 7月3週目7日間:370件(日72/外298)
 7月4週目7日間:250件(日44/外206)
バングラデシュ
 5月5週目3日間:249件(7日間換算で581)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:2件
 6月3週目7日間:3件
 6月4週目7日間:2件
 6月5週目7日間:2件
 7月1週目7日間:1件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:2件
 7月4週目7日間:0件
モルディブ
 5月5週目3日間:14件(7日間換算で33)
 6月1週目4日間:4件(7日間換算で7)
 6月2週目7日間:5件
 6月3週目7日間:7件
 6月4週目7日間:40件(日33/外7) 急増
 6月5週目7日間:20件(日16/外4)
 7月1週目7日間:12件(日10/外2)
 7月2週目7日間:9件
 7月3週目7日間:17件(日 9/外8)
 7月4週目7日間:25件(日20/外5)

<オミクロン株で10日間隔離経験国>※ザンビアは上述
アンゴラ
 5月5週目3日間:1件(7日間換算で2)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:24件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:1件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:1件
 7月2週目7日間:2件
 7月3週目7日間:0件
 7月4週目7日間:0件
エスワティニ
 5月5週目3日間:0件(7日間換算で0)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:0件
 7月4週目7日間:0件
コンゴ民主共和国
 5月5週目3日間:2件(7日間換算で5)
 6月1週目4日間:2件(7日間換算で4)
 6月2週目7日間:3件
 6月3週目7日間:8件
 6月4週目7日間:6件
 6月5週目7日間:4件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:2件
 7月3週目7日間:5件
 7月4週目7日間:1件
ジンバブエ
 5月5週目3日間:3件(7日間換算で7)
 6月1週目4日間:2件(7日間換算で4)
 6月2週目7日間:2件
 6月3週目7日間:0件
 6月3週目7日間:5件
 6月5週目7日間:2件
 7月1週目7日間:6件
 7月2週目7日間:1件
 7月3週目7日間:5件
 7月4週目7日間:3件
ナミビア
 5月5週目3日間:0件(7日間換算で0)
 6月1週目4日間:1件(7日間換算で2)
 6月2週目7日間:3件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:6件
 6月5週目7日間:1件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:3件
 7月3週目7日間:1件
 7月4週目7日間:0件
ボツワナ
 5月5週目3日間:1件(7日間換算で2)
 6月1週目4日間:1件(7日間換算で2)
 6月2週目7日間:18件
 6月3週目7日間:1件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:3件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:3件
 7月3週目7日間:2件
 7月4週目7日間:0件
マラウイ
 5月5週目3日間:6件(7日間換算で14)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:0件
 7月4週目7日間:0件
南アフリカ
 5月5週目3日間:37件(7日間換算で86)
 6月1週目4日間:1件(7日間換算で2)
 6月2週目7日間:1件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:2件
 6月5週目7日間:2件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:1件
 7月3週目7日間:0件
 7月4週目7日間:3件
モザンビーク
 5月5週目3日間:12件(7日間換算で28)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:0件
 7月4週目7日間:0件
レソト
 5月5週目3日間:0件(7日間換算で0)
 6月1週目4日間:0件(7日間換算で0)
 6月2週目7日間:0件
 6月3週目7日間:0件
 6月4週目7日間:0件
 6月5週目7日間:0件
 7月1週目7日間:0件
 7月2週目7日間:0件
 7月3週目7日間:1件
 7月4週目7日間:0件

青国()は、検査不要国です。
入国者数は分かりませんが、検体数を見てみると、なぜか欧米で十人単位で検体が出ている国があります。唯一「有症状」の場合に、入国時検査になると推定されますが、超安全なはずなのに有症状者が多い国ということであり、非常に危険です。
「有症状」の場合にのみ入国時検査になると推定されていますが、なぜか「無症状」でも陽性者が出ている場合があります。
「無症状」の場合、「72時間前検査をしていないため、入国時検査で代用」した可能性が考えられますが、公式には、強制退去対象になることになっていますし、対象になるとすると日本人のみと考えられます。ところが、米国は検体数が323件も出ていますが、入国者に日本人が多いにもかかわらず、検体のほとんどが外国人。タイは日本人の方が多く、米国特有の何かがある可能性があります(キチガイ関係だとは思いますが、、、)。

黄国()も、減少気味でしょうか。対象外となるワクチン接種等が進んでいますでしょうか。

は6月1日以降の国分けの色を示したものです。(中国は、本土と香港は青、澳門は黄)
それにしてもアフリカは入国者数少ないのに黄国が多いですね。入国者数が少ないということはすり抜けられても国内への影響は少ないのですが、、、。ウイルスを入れない検疫の考え方を優先するなら、入国者の多い国こそ積極的に赤、黄気味に指定すべきもので、この指定一つとってみても、検疫は二の次であることが分かります。
この青黄赤指定は、陽性率で判断しているとか検査の信用度で分類しているとかいった報道もありました。実際には現地感染や空港検疫での感染状況(罹患率)にもあっておらず、検査の信頼度は図りようがないので、基準が不明確です。
上記のような分析をしてみると、細かくは見ていませんが、何となく、日本国籍者の多い国は優先的に青、外国籍者の多い国は優先的に黄や赤としているように見えます。まさか人種で判断してないですよね、、、。

ちなみに、この国分けをする基準として、一部の報道で「現地検査の不正確さ」を考慮していると報じられています。仮にそうなのだとすると、青国なのに323件も検査対象者が出て、23人も陽性者がいる米国こそ、「現地検査の不正確」な危険国家と言わざるを得ませんが、、、。
キチガイが72時間前検査を免除されているのなら、現地検査の不正確さは無関係になるので、その点では納得なわけですが、一方で、免除されていることが問題になります。いずれにせよ、おかしなことになってしまいます。そして、有症状がこれだけの人数がいたのだとすると、陽性じゃなくても「風邪ひいた状態で飛行機乗るなよ」状態ですね。どう捉えても異常です。





[陽性者数多い国分析] 42か国にバラける 少人数国の外国籍者も増える
 ベトナムが倍増超の96人と激烈悪化!


今週陽性者が確認されたのは、前週に続いて陽性者が出ているベトナム25、インド12、米国・、パキスタン32、タイ7、ドイツ6、フランス7、ネパール15、タジキスタン1、ウズベキスタン5、マルタ1、フィリピン4、フィジー2、スリランカ6、カザフスタン2、エジプト1、英国7、メキシコ1、トルコ7、シンガポール6、モルディブ3、セネガル1、ジョージア1、カタール1、アラブ首長国連邦1などを含めて42か国(前週比±0)からの入国者に陽性者が出ました。横ばいです。
豪州が4週ぶりに陽性者が出ませんでした。
青国が原則検査無しになりましたので、国数としては5月末までと比べると爆減するはずですが、欧米を中心に再び増加傾向です。原則検査が必要ないのに、普通に陽性者がいる(しかも有症状が多い)わけですから、それだけ危険ということですね。


==========================
[ベトナム] この週は強制隔離なし!!!!!
現地感染は収まり気味なのにいつまで経っても陽性者確認が続くベトナムが最悪。超爆増で96人(前週比+53)。激烈に危険な状況です。そして悪化しているのに検体数は増え続けるという非常に危険な状態に陥っています(増加しているのは外人で、邦人の帰省需要でないところがさらに止めてほしい点ですね)。
・日本人:検体 533件(前週比 -23)/陽性39人(前週比+20)/前週3.42%→今週7.32%
・外国人:検体1,579件(前週比+247)/陽性57人(前週比+33)/前週1.80%→今週3.61%
日本国籍者は7%超、外国籍者は3%超の非常に危険な状態。全体の罹患率は4%を超えています。悪化しています。
検体数が8割近く減っており、検査対象になっていない人が相当いるとみられます。検査している国なのに、すり抜けが相当増えている可能性があります。

[インド] この週は強制隔離なし!!!!!
多めが続く中さらに悪化し28人(前週比+2)。非常に危険な状況です。
・日本人:検体144件(前週比-29)/陽性13人(前週比+1)/前週6.94%→今週9.03%
・外国人:検体261件(前週比-55)/陽性15人(前週比+1)/前週4.43%→今週5.75%
日本国籍者は9%超、外国籍者は5%超の非常に危険状態。全体の罹患率は6%超の非常に危険な状況です。急激に悪化しています。
検体数が7割以上減っており、検査対象になっていない人が相当いるとみられます。検査している国なのに、すり抜けが相当増えている可能性があります。

[米 国] この週は強制隔離なし!!!!!
多めが続いており23人(前週比-5)。非常に危険な状況です。
・日本人:検体 26件(前週比 -3)/陽性 9人(前週比-1)/前週34.48%→今週34.62%
・外国人:検体297件(前週比+21)/陽性14人(前週比-4)/前週6.52%→今週4.71%
日本国籍者は34%超の緊急避難的な異常に危険な状態が継続、外国籍者は4%超の非常に危険な状態でした。全体の罹患率は7%超の非常に危険な状態です。異常な悪さが続いています。
青国で原則検査無しの国なのに陽性者が多過ぎます。息をするように陽性者が紛れている状態で、異常に危険です。すり抜けが相当いる可能性があります。
元々入国者数は日本国籍者が多めの国ですが、なぜか検体数は外国籍者の方が多いです。無症状の人も多く、外国籍者を中心に現地で検査をせずに飛んできている人が多いとみられる結果となっています。キチガイ関係が特例黙認で飛んできているわけではありませんよね、、、。マジキチガイ関係だとすると、昨年末〜今年初めに続き、日本へのウイルス密輸攻撃・国内まん延が米キチ原因となります。そうだとすれば、沖縄がなかなか収まらないのも納得ですけど、さて、どうなのでしょうか(マスコミの皆さん、出番ですよ〜)。

[パキスタン] この週は26日まで強制隔離3日間→27日以降強制隔離なし!!!!!
黄国化の影響もあってか減少し22人(前週比-16)。それでも20人を超えており、非常に危険な状況です。
・日本人:検体 44件(前週比-28)/陽性 6人(前週比 -1)/前週9.72%→今週13.64%
・外国人:検体206件(前週比-92)/陽性16人(前週比-15)/前週10.40%→今週7.77%
日本国籍者が急激悪化して13%超の異常に危険な状態。外国籍者は7%超の非常に危険な状態。全体の罹患率は8%超の非常に危険な状況です。

20人以上だったのは4か国(前週比-1)でした。

10人超えは、以上の4か国(前週比-1)。今週は減少でしたが、20人超ばかりになったので、特定国に集中した感じでしょうか。
検査国でも、黄国ですら相当のすり抜けが出ている可能性があり、赤国以外特徴が全く読めなくなってしまっています。



==========================
[その他の国]
10人未満のその他の国の状況です。

9人:0か国

8人:1か国 タイ(前週比±0)
タイは、日8・外0。元々日本国籍者に偏り気味でしたが完全に日本国籍者のみになりました。罹患率は、日本国籍者は17%超の異常に危険な状態。全体では12%超の異常に危険な状態です。

7人:1か国 ドイツ(前週比+4)
ドイツは、日5・外2。日本国籍者への偏りがなくなりました。罹患率は、日本国籍者は41%超、外国籍者は25%の異常に危険な状態。全体では35%の異常に危険な状態です。

6人:0か国

5人:3か国 ネパール(前週比-20)、イタリア(前週比皆増)、フランス(前週比+4)
ネパールは、日0・外5。外国籍者への異常な偏りが続いています。罹患率は、外国籍者は3%超の非常に危険な状態。全体では3%超の非常に危険な状態です。
イタリアは、日3・外2。罹患率は、日本国籍者は42%超、外国籍者は66%の異常に危険な状態。全体では50%の異常に危険な状態です。
フランスは、日5・外0。日本国籍者に偏っています。罹患率は、日本国籍者は41%超の異常に危険な状態。全体では27%超の異常に危険な状態です。

4人:3か国 ウズベキスタン(前週比-4)、タジキスタン(前週比+2)、スペイン(前週比皆増)
ウズベキスタンは、日0・外4。外国籍者への偏りが続いています。罹患率は、外国籍者は7%超えの非常に危険な状態。全体では6%超で非常に危険な状態です。
タジキスタンは、日0・外4。外国籍者に偏っています。罹患率は、外国籍者は57%超の異常に危険な状態。全体では50%で異常に危険な状態です。
スペインは、日4・外0。日本国籍者に偏っています。罹患率は、日本国籍者は57%超の異常に危険な状態。全体では36%超の異常に危険な状態です。

3人:7か国 英国(前週比+1)、エジプト(前週比+2)、カザフスタン(前週比-1)、スリランカ(前週比+1)、フィジー(前週比-4)、フィリピン(前週比±0)、マルタ(前週比+1)
英国は、日3・外0。日本国籍者に偏っています。罹患率は、日本国籍者は42%超の異常に危険な状態。全体では30%の異常に危険な状態です。
エジプトは、日1・外2。罹患率は、日本国籍者は3%超の非常に危険な状態、外国籍者は12%超の異常に危険な状態。全体では6%超の非常に危険な状態です。
カザフスタンは、日3・外0。日本国籍者に偏っています。罹患率は、日本国籍者は30%の異常に危険な状態。全体では9%超の非常に危険な状態です。
スリランカは、日0・外3。外国籍者に著しく偏っています。罹患率は、外国籍者は2%超の非常に危険な状態。全体では2%超の非常に危険な状態です。
フィジーは、日2・外1。罹患率は、日本国籍者は25%、外国籍者は14%超の異常に危険な状態。全体では20%の異常に危険な状態です。
フィリピンは、日1・外2。罹患率は、日本国籍者は25%の異常に危険な状態、外国籍者は8%超の非常に危険な状態。全体では10%超の異常に危険な状態です。
マルタは、日3・外0。日本国籍者に偏り続けています。罹患率は、日本国籍者は23%超の異常に危険な状態。全体では20%の異常に危険な状態です。

2人:8か国 カナダ(前週比皆増)、韓国(前週比皆増)、カンボジア(前週比皆増)、キルギス(前週比皆増)、シリア(前週比皆増)、シンガポール(前週比-2)、トルコ(前週比-6)、メキシコ(前週比+1)
カナダ、キルギスは2人とも日本国籍者、韓国、シリアは2人とも外国籍者、残り4か国は日外1人ずつでした。

1人:15か国
(日本国籍者)アラブ首長国連邦、アンドラ、インドネシア、コソボ、セルビア、ハンガリー、ポルトガル、モルディブ、モロッコ
(外国籍者)オランダ、カタール、グアム、ジョージア、セネガル、ロシア

連続してバラけてきた印象です。7月迄は少人数の国は日本国籍者が多かったですが、先週ぐらいから外国籍者も増えてきた印象です。
日本人の夏期休暇帰国が増えているかと思いましたが、そうではないのでしょうか。
特定国に完全に集中していますね。




[罹患率高い国分析] 陽性確認42か国すべてが1%超え
 青国は検査すると陽性になる印象、連続確認国は邦人悪い印象


罹患率1%超えが42か国(前週比±0)。うち罹患率10%超えは26か国(前週比-6)です。

・検体数100人以上または陽性者数10人以上の国には◆印をつけました。◆印付きの国は特に危険な国家と言えるかと思います。
」「」「」の表示は、6月1日からの区分です。


==========================
[10%超えの超異常/超危険国・地域]
最悪 (青)[欧州]セルビア:100.00%(検体1件中1人陽性=全員邦人)
最悪 (黄)[欧州]コソボ:100.00%(検体1件中1人陽性=全員邦人)
(青)[欧州]イタリア:50.00%(検体10件中5人陽性=外人 検体3件中2人陽性)
(黄)[中央]タジキスタン:50.00%(検体8件中4人陽性=外人 検体7件中4人陽性)
(青)[中央]キルギス:50.00%(検体4件中2人陽性=全員邦人)
(青)[中米]メキシコ:50.00%(検体4件中2人陽性=邦人 検体2件中1人陽性)
(青)[欧州]スペイン:36.36%(検体11件中4人陽性=邦人 検体7件中4人陽性)
(青)[欧州]ドイツ:35.00%(検体20件中7人陽性=邦人 検体12件中5人陽性)
(黄)[欧州]アンドラ:33.33%(検体3件中1人陽性=全員邦人)
(青)[阿州]モロッコ:33.33%(検体3件中1人陽性=邦人 検体2件中1人陽性)
(青)[欧州]英 国:30.00%(検体10件中3人陽性=邦人 検体7件中3人陽性)
(青)[北米]カナダ:28.57%(検体7件中2人陽性=邦人 検体4件中2人陽性)
(青)[欧州]フランス:27.78%(検体18件中5人陽性=邦人 検体12件中5人陽性)
(青)[東南]カンボジア:25.00%(検体8件中2人陽性=邦人 検体4件中1人陽性)
(黄)[中東]シリア:22.22%(検体9件中2人陽性=全員外人)
(赤)(黄)[大洋]フィジー:20.00%(検体15件中3人陽性=邦人 検体13件中3人陽性)
(黄)[欧州]マルタ:20.00%(検体15件中3人陽性=邦人 検体13件中3人陽性)
(青)[中央]ロシア:20.00%(検体5件中1人陽性=全員外人)
(青)[欧州]ハンガリー:20.00%(検体5件中1人陽性=邦人 検体2件中1人陽性)
(黄)[欧州]ジョージア:20.00%(検体5件中1人陽性=外人 検体3件中1人陽性)
(青)[欧州]オランダ:14.29%(検体7件中1人陽性=外人 検体2件中1人陽性)
(青)[中東]カタール:12.50%(検体8件中1人陽性=外人 検体7件中1人陽性)
(青)[東南]タ イ:12.12%(検体66件中8人陽性=邦人 検体45件中8人陽性)
(青)[東亜]韓 国:11.76%(検体17件中2人陽性=外人 検体15件中2人陽性)
(黄)[阿州]セネガル:11.11%(検体9件中1人陽性=外人 検体6件中1人陽性)
(青)[東南]フィリピン:10.71%(検体28件中3人陽性=邦人 検体4件中1人陽性)

二桁割合の超異常国は26か国(前週比-6)でした。青国は有症状者などごく少数しか検査しないため、罹患率が跳ね上がっています。
青国は連続、黄色国は単発での陽性確認が多い印象です。=青国の方が危険?
先週から外人も多くなっており、単発発生国は特に外人に偏った印象です。



==========================
[1%超えの異常/危険国・地域]
(黄)[中央]カザフスタン:9.38%(検体32件中3人陽性=邦人 検体10件中3人陽性)
(赤)(黄)[南亜]◆パキスタン:8.80%(検体250件中22人陽性=邦人 検体44件中6人陽性)
(青)[東南]シンガポール:7.14%(検体28件中2人陽性=邦人 検体10件中1人陽性)
(青)[北米]◆米 国:7.12%(検体323件中23人陽性=邦人 検体26件中9人陽性)
(黄)[南亜]◆インド:6.91%(検体405件中28人陽性=邦人 検体144件中13人陽性)
(黄)[阿州]エジプト:6.82%(検体44件中3人陽性=外人 検体16件中2人陽性)
(黄)[中央]ウズベキスタン:6.78%(検体59件中4人陽性=外人 検体51件中4人陽性)
(青)[中東]アラブ首長国連邦:6.25%(検体16件中1人陽性=邦人 検体11件中1人陽性)
(青*)[北米]グアム:4.76%(検体21件中1人陽性=全員外人)
(青)[東南]インドネシア:4.76%(検体21件中1人陽性=邦人 検体3件中1人陽性)
(黄)[東南]◆◆ベトナム:4.55%(検体2,112件中96人陽性=邦人 検体533件中39人陽性)
(黄)[欧州]ポルトガル:4.55%(検体22件中1人陽性=邦人 検体12件中1人陽性)
(黄)[南亜]モルディブ:4.00%(検体25件中1人陽性=邦人 検体20件中1人陽性)
(黄)(青)[南亜]◆ネパール:3.27%(検体153件中5人陽性=外人 検体148件中5人陽性)
▲自動的に機内の全員が濃厚接触者となる超危険な罹患率(3%以上)▲
(黄)[南亜]◆スリランカ:2.33%(検体129件中3人陽性=外人 検体122件中3人陽性)
(黄)[中東]トルコ:2.13%(検体94件中2人陽性=邦人 検体40件中1人陽性)
▲オミクロン前の空港検疫の最悪の時の瞬間罹患率(約1.2%)=2020年11月の外人新規入国解禁・低感染国無検査化による濃化(自動的悪化)直後▲
▲搭乗者数上限100人搭乗だと自動的に機内に2人以上陽性がいる危険な罹患率(1%以上)▲
▼日本の第六波(オミクロン後)で最悪の時の罹患率(約0.7%)▼
▼オミクロン前の空港検疫の罹患率平均(約0.3〜0.4%)▼
▼日本の第五波(オミクロン前)で最悪の時の罹患率(約0.2%)▼


1%(100人に1人陽性)超えは以上の42か国(前週比±0)でした。
10%未満の陽性者確認国は邦人の悪い国が目立ちます。

3%以上で検体100件以上の国が出ました。パキスタン、米国、インド、ベトナム、ネパールです。異常です。

陽性者発生も1%未満だったのは、0か国(前週比±0)でした。

米国はここ数週間10%前後が米国の今の罹患率と考えられます。5月末の入国者数が1万7千人でしたから、入国者数を少なく見積もってそのままだとしても、単純計算で1,700人程度陽性者がいる計算になりますね。異常です。いますぐ赤国にすべき超危険国ですね。

少なくとも、検体100件以上で3%超の国は今すぐ赤国、検体100件未満でも3%超の国は今すぐ黄国すべき危険なレベルですね。

==========================
[連続で10%超えの超異常国] 11か国(前週比+3)
タジキスタン、メキシコ、ドイツ、英国、マルタ、フィジー、ジョージア、カタール、タイ、セネガル、フィリピン
[連続で1%超えの異常国] 14か国(前週比+1)
フランス、カザフスタン、◆パキスタン、シンガポール、◆米国、◆インド、エジプト、ウズベキスタン、アラブ首長国連邦、◆◆ベトナム、モルディブ、◆ネパール、◆スリランカ、◆トルコ
「2週連続で1%超の異常な国」は25か国(前週比+4)で増加しています。

※注意:検体数=入国者数ではありませんので、実際の罹患率は出ている数字より高いはずです。




[航空便利用者数分析] 発表なし

4週連続で発表がありませんでした。
国際線の利用状況の復活状況、乗り継ぎ利用での復活状況を知ることが出来る、かなり有用なデータだったのですが、残念な限りです。
来週以降は復活しない限り項目から削除します。




毎週データは更新されているようですので、今後も注視していきます。

週間速報内容
2022/07/24-2022/07/30
全検査
合計 検体4,242/陽性263 6.20%↑ 急増(悪化)
邦人 検体1,141/陽性122 10.69%↑ 爆増(急激悪化)・激烈に危険
外人 検体3,101/陽性141 4.55% 微増(悪化)


検体数の多い国
(黄)ベトナム:合計 検体2,112、陽性96=4.55% <急激悪化・悪化状態継続中>
  日本人 検体 533、陽性39=7.32% <急激悪化・悪化状態継続中>
  外国人 検体1,579、陽性57=3.61% <急激悪化>
(黄)イ ン ド:合計 検体405、陽性28=6.91% <急激悪化・悪化状態継続中>
  日本人 検体 144、陽性13=9.03% <急激悪化・悪化状態継続中>
  外国人 検体 261、陽性15=5.75% <急激悪化・悪化状態継続中>
(青)米  国:合計 検体323、陽性23=7.12% <悪化状態継続中>
  日本人 検体 26、陽性 9=34.62% <激烈に危険状態!!>
  外国人 検体 297、陽性21=4.71% <悪化状態継続中>
(赤)(黄)パキスタン:合計 検体250、陽性22=8.80% <悪化状態継続中=緩和とは激烈に悪手>
  日本人 検体 44、陽性 6=13.64% <急激悪化・激烈に危険状態!!>
  外国人 検体 206、陽性16=7.77% <悪化状態継続中>
(黄)(青)ネパール:合計 検体153、陽性5=3.27% <悪化状態継続中=緩和とは激烈に悪手>
  日本人 検体 5、陽性0=0% <急激改善>
  外国人 検体 148、陽性5=3.38% <悪化状態継続中>

罹患率の高い国
(青)セルビア:合計 検体1、陽性1=100.00%
  日本人 検体 1、陽性 1=100.00%
  外国人 検体 0、陽性 0=0%
(黄)コソボ:合計 検体1、陽性1=100.00%
  日本人 検体 1、陽性 1=100.00%
  外国人 検体 0、陽性 0=0%
(青)イタリア:合計 検体10、陽性5=50.00% <人数多く激烈に危険状態!!>
  日本人 検体 7、陽性 3=42.86%
  外国人 検体 3、陽性 2=66.67%
(黄)タジキスタン:合計 検体8、陽性4=50.00%
  日本人 検体 1、陽性 0=0%
  外国人 検体 7、陽性 4=57.14%
(青)キルギス:合計 検体4、陽性2=50.00%
  日本人 検体 4、陽性 2=50.00%
  外国人 検体 0、陽性 0=0%
(青)メキシコ:合計 検体4、陽性2=50.00%
  日本人 検体 2、陽性 1=50.00%
  外国人 検体 2、陽性 1=50.00%




毎日の個別発表との誤差状況(7月24日〜7月30日)
(A)週間発表(今回の滞在国・地域ごとの検査実績発表):263人
(B)毎日発表:238人中非公表0人(複数国滞在者19人(うち3か国6人)=UAE/インド、アンドラ/スペイン、イタリア/ドイツ2、インド/タイ、インドネシア/タイ、英国/フランス、カザフスタン/キルギス2、カンボジア/タイ、ジョージア/ロシア、タイ/ベトナム、フィリピン/米国、コソボ/セルビア/ハンガリー、ドイツ/スペイン/フランス、イタリア/スペイン/フランス2、イタリア/ドイツ/マルタ、フランス/ポルトガル/モロッコ)263

 (誤差が出ている国)Aが超過していると非公表の可能性有
 米 国 A:23人、B:24人(Bが1人超過)
 グアム A:1人、B:0人(Aが1人超過)
 グアムは毎日発表の集計では米国に含まれるとみられます。
 この結果、誤差は出ませんでした。

 スペインは他国経由、フランス、ドイツは日本行航空便への乗り継ぎ客も多いせいか、複数国滞在が多いです。

 <感染予防する気が薄いと思われる複数国滞在者19人の国籍>
 UAE/インド=邦人
 アンドラ/スペイン=邦人
 インド/タイ=邦人
 インドネシア/タイ=邦人
 英国/フランス=邦人
 カザフスタン/キルギス2=邦人2
 カンボジア/タイ=邦人
 ジョージア/ロシア=外人
 タイ/ベトナム=邦人
 コソボ/セルビア/ハンガリー=邦人
 ドイツ/スペイン/フランス=邦人
 フランス/ポルトガル/モロッコ=邦人

 イタリア/スペイン/フランス2=邦人2
 イタリア/ドイツ/マルタ=邦人
 →イタリア/ドイツ2=外人2

 フィリピン/米国=?
 ということで、感染予防する気が薄いと思われる複数国滞在者19人は18人が国籍判明し、邦人15人、外人3人でした。複数国滞在は邦人が圧倒的に多い状況が続いています。複数国滞在して動き回っている意識低い系はむしろ邦人であることが明白となってしまいました。「外人は衛生意識が低いから、あまり気にせずウイルス密輸をする=だから外人の新規入国を禁止すべし!!」といった過激な差別発言を時々聞きますが、複数国滞在者を分析すると、それが嘘であることが非常によく分かります。
複数国滞在者がどういう方々なのかはよく分かりませんが、乗り継ぎ以外の理由だとすると、
 ・旅行者→このコロナ禍に、海外で動き回って感染する非常識
 ・仕事で短期渡航→このコロナ禍に、海外で動き回るよう指示して感染させる非常識
 ・在留邦人→このコロナ禍に、帰国前に海外で動き回って感染する非常識
と言ったところでしょうか。
せめて入国前14日間ぐらいは動き回るの自重できないんですかね、、、。
あなたの母国を危険にさらしていることが分からないんでしょうか。たぶん、海外に活躍の場を求めている時点で、グローバルな視点をお持ちでしょうから、母国がどうとか関係ないんでしょうね、、、。やってること、元々同じ民族だと難癖付けて自分の住んでいない国土を蹂躙している某国と変わらないことが露となってますよ、、、。


検疫に関するデータ(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/border_data.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 01:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

2022年08月12日

空港検疫8/12_危険放置5.8%超

◇空港検疫 8月12日発表分
[検体数] 535件 異常極少 97%自動すり抜け中
[陽性数] 33人も異常発生 ベトナム18.3人*も
[有症状] 11人も異常発生 本当に出発前陰性?
[複数国] 2人発生
[青国から陽性] 6.2人*も異常発生 本当に青?
[罹患率] 5.8%超 再び悪化気味 機内は全員濃厚接触状態


さあ、日本人起因の陽性が急増する
盆帰国時期到来!
空港検疫は日本国内より3.5倍も危険
空港検疫の放置は狂気

  ついに罹患率三%突破    
自動的に機内全員濃厚接触者に  
 飛行機移動が危険な割合に   


     国際線到着空港       
どのデータ見ても大量すり抜け確定的  
 国内悪化で水際緩和の危険が証明   


厚生労働省(厚労省)は8月12日現在の、空港検疫を含めた最新の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の状況を発表しました。
空港検疫の数字は、2020年4月3日午前0時から症状の有無や濃厚接触の有無、ワクチン摂取状況等に関係なく、上陸拒否国からの入国者全員検査を実施してきました。さらに2021年1月9日午前0時からは非上陸拒否国も含めた入国者全員検査を、緊急事態宣言中限定として臨時的に実施してきました。日本で唯一正確な罹患率を把握できました。
※2022年6月1日より非上陸拒否国も含めた入国者全員検査は廃止され、上陸拒否国からの入国者全員検査も一部の国では行われなくなりました。現在は特定国(2か国のみ)からの入国者全員と、特定国からの入国者の一部に対して検査を実施しています。


  【直前7日間の罹患率】5.899%  
▲近々7日間国際線到着空港は現在の日本国内より3.5倍危険!
(比較用)日本国内 現罹患率1.676%=要治療2,092,606人/人口約1億2484万人(2022年7月)

(比較用)日 本:罹患率12.084%=感染15,086,304人、死亡率0.0276%=死亡34,537人/約1億2484万人(2022年7月)

※罹患率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の概要発表分を元に算出しています。
※無症状率は空港検疫の特定国の全員検査が始まった2020年4月3日以降の詳細結果発表分を元に算出しています。
両数値は、元にしている数値に若干の差異があります。
また、海外で出発前に陽性の人や有症状の人はそもそも海外から飛行機に乗ることができないため、実際の罹患率や隠れ感染者数は算出された数値より高く、実際の無症状率や無症状病原体保有者数は算出された数値より低いと考えられます。
あくまでも参考程度にお考え下さい。





空港検疫 全員検査結果(8月10日到着分までが反映されていると推定)
2日遅れで情報が反映していると思われる概要結果は以下の通りです。
2022年4月30日発表分までは別にまとめています。

2020年4月4日〜2022年7月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/490387133.html

2020年04月04日〜2022年08月01日:対象2,321,745件、陽性20,552人/罹患率0.885% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年08月02日:対象2,322,236件、陽性20,571人/罹患率0.885%
2020年04月04日〜2022年08月03日:対象2,322,745件、陽性20,589人/罹患率0.886%
2020年04月04日〜2022年08月04日:対象2,323,249件、陽性20,614人/罹患率0.887%
2020年04月04日〜2022年08月05日:対象2,323,730件、陽性20,639人/罹患率0.888%
2020年04月04日〜2022年08月06日:対象2,324,233件、陽性20,676人/罹患率0.889%
2020年04月04日〜2022年08月07日:対象2,324,661件、陽性20,703人/罹患率0.890%
2020年04月04日〜2022年08月08日:対象2,325,398件、陽性20,735人/罹患率0.891%
2020年04月04日〜2022年08月09日:対象2,325,823件、陽性20,768人/罹患率0.892% ※海港検疫含む
2020年04月04日〜2022年08月10日:対象2,326,273件、陽性20,789人/罹患率0.893%
2020年04月04日〜2022年08月11日:対象2,326,789件、陽性20,815人/罹患率0.894% ※海港検疫含む

2020年04月04日〜2022年08月12日:対象2,327,324件、陽性20,851人/罹患率0.895% 




・昨日単日データでの罹患率:6.729%=陽性36人/検体535件  

全員検査をすると、
 入国者が2万人だとすると1千3百人超の陽性者
 入国者を少なく見積もって1万人だとしても6百人超も陽性者
がいる
ことになります。
異常に危険過ぎます。




・直前7日間の罹患率:5.899%=陽性212人/検体3,594件  
本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

(参考)2022年5月25日着〜5月31日着7日間:1.067%=陽性765人/検体71,722件
(参考)2022年6月01日着〜6月07日着7日間:0.913%=陽性70人/検体7,664件 悪化状況横ばい


全員検査をすると、
 入国者が14万人/週だとすると8千人超/週の陽性者
 入国者を少なく見積もって7万人/週だとしても4千人超/週も陽性者がいる
ことになります。
異常に危険過ぎます。

[週間検体数] 4,000件/週を切っています。検査しない人が多過ぎです。
[週間陽性数] 再び増加を始めており、210人/週(=30人/日)を超えてしまいました。
[週間罹患率] 5%台が続いていますが、ジリジリ悪化が始まりました。
72時間前までに陰性が確認された安全側に振れているはずの集団なのに17人に1人は陽性者で、まだまだ異様で異常な状況です。
それだけ世界の感染が異常なのか、もしくは、入国者は感染しやすい行動をしている、いわゆる危険人物の割合が異常に多いかのどちらかですね。


通常の検疫措置(2-row rules)ですと、機内全員が自動的に濃厚接触者となってしまう罹患率3%を超え続けています。
異常に異常に異常に異常に異常に異常に危険です。


新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年8月12日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27374.html















空港検疫検査 到着日別詳細結果(8月11日到着分までが反映と推定、下記の数字には海港検疫の数は含めていません)
1日遅れで情報が反映していると思われる空港検疫の詳細も発表されています。
2022年4月30日到着分までは、別にまとめています。

2020年4月3日〜2022年7月31日:https://johokotu.seesaa.net/article/490387133.html

08月01日:症状 有4 無14=陽性18人 20287・20288・20289・20290・20291・20292・20293・20294・20295・20296・20297・20298・20299・20300・20301・20302・20303・20304
08月02日:症状 有6 無19=陽性25人 20305・20306・20307・20308・20309・20310・20311・20312・20313・20314・20315・20316・20317・20318・20319・20320・20321・20322・20323・20324・20325・20326・20327・20328・20329

08月03日:症状 有3 無22=陽性25人 20330・20331・20332・20333・20334・20335・20336・20337・20338・20339・20340・20341・20342・20343・20344・20345・20346・20347・20348・20349・20350・20351・20352・20353・20354
 [空港別] 成田10・羽田6・関空8・福岡1
 [男女別] 男18・女7
 [年代別] 10下1・20代11・30代8・40代3・50代2・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム12・インド1・スリランカ1・パキスタン3・シリア1・トルコ1・ウズベキスタン1・米国2・米国/カナダ2・米国/メキシコ1
 [居住地] 茨城3・埼玉2・東京4・神奈川4・静岡1・京都2・大阪4・兵庫2・広島1・大分1・沖縄1
08月04日:症状 有13 無24=陽性37人 20355・20356・20357・20358・20359・20360・20361・20362・20363・20364・20365・20366・20367・20368・20369・20370・20371・20372・20373・20374・20375・20376・20377・20378・20379・20380・20381・20382・20383・20384・20385・20386・20387・20388・20389・20390・20391
 [空港別] 成田21・羽田5・中部1・関空3・福岡6・那覇1
 [男女別] 男19・女18
 [年代別] 10下5・20代9・30代7・40代7・50代7・60代2・70代0・80上0
 [渡航元] 韓国1・フィリピン1・ベトナム16・マレーシア1・インド5・スリランカ1・パキスタン1・レバノン1・ウズベキスタン2・ベラルーシ1・米国7
 [居住地] 宮城1・福島1・埼玉1・千葉5・東京10・神奈川5・愛知2・三重1・大阪2・兵庫1・広島2・福岡1・熊本2・長崎2・沖縄1
08月05日:症状 有14 無15=陽性29人 20392・20393・20394・20395・20396・20397・20398・20399・20400・20401・20402・20403・20404・20405・20406・20407・20408・20409・20410・20411・20412・20413・20414・20415・20416・20417・20418・20448・20459
 [空港別] 成田11・羽田7・中部6・関空4・福岡1
 [男女別] 男15・女14
 [年代別] 10下8・20代8・30代6・40代5・50代0・60代1・70代1・80上0
 [渡航元] 韓国4・フィリピン1・ベトナム7・タイ2・インド2・トルコ1・イタリア1・アイルランド/スペイン1・米国8・米国/カナダ2
 [居住地] 千葉5・東京9・神奈川3・岐阜5・愛知2・三重1・兵庫3・長崎1
08月06日:症状 有12 無19=陽性31人 20419・20420・20421・20422・20423・20424・20425・20426・20427・20428・20429・20430・20431・20432・20433・20434・20435・20436・20437・20438・20439・20440・20441・20442・20443・20444・20445・20446・20447・20449・20450
 [空港別] 成田12・羽田8・中部1・関空3・福岡7
 [男女別] 男18・女13
 [年代別] 10下8・20代7・30代6・40代3・50代6・60代0・70代0・80上1
 [渡航元] フィリピン2・ベトナム13・インドネシア1・スリランカ2・インド2・パキスタン2・ジョージア1・マルタ3・米国4・豪州1
 [居住地] 埼玉4・千葉1・東京8・神奈川3・愛知1・三重1・京都1・大阪1・岡山1・徳島1・愛媛1・大分1・福岡4・沖縄3
08月07日:症状 有5 無22=陽性27人 20451・20452・20453・20454・20455・20456・20457・20458・20460・20461・20462・20463・20464・20465・20466・20467・20468・20469・20470・20471・20472・20473・20474・20475・20476・20477・20478
 [空港別] 成田11・羽田8・中部2・関空6
 [男女別] 男17・女10
 [年代別] 10下10・20代8・30代5・40代2・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム13・ネパール1・インド1・スイス1・マルタ3・オランダ/ドイツ1・スペイン/ポルトガル1・米国6
 [居住地] 青森2・宮城2・埼玉2・東京3・神奈川5・山梨2・愛知2・大阪4・兵庫2・福岡2・宮崎1
08月08日:症状 有4 無17=陽性21人 20479・20480・20481・20482・20483・20484・20485・20486・20487・20488・20489・20490・20491・20492・20493・20494・20495・20496・20497・20498・20499
 [空港別] 成田4・羽田5・中部7・関空5
 [男女別] 男13・女8
 [年代別] 10下3・20代9・30代5・40代2・50代1・60代1・70代0・80上0
 [渡航元] ベトナム13・インドネシア1・インド2・パキスタン1・トルコ3・ドイツ1
 [居住地] 千葉1・東京3・神奈川1・長野1・静岡1・岐阜1・愛知8・大阪3・兵庫1・沖縄1
08月09日:症状 有11 無13=陽性24人 20500・20501・20502・20503・20504・20505・20506・20507・20508・20509・20510・20511・20512・20513・20514・20515・20516・20517・20518・20519・20520・20521・20522・20523
 [空港別] 成田12・羽田1・中部1・関空4・福岡6
 [男女別] 男16・女8
 [年代別] 10下4・20代5・30代11・40代2・50代2・60代0・70代0・80上0
 [渡航元] フィリピン1・ベトナム11・インドネシア2・インド1・スリランカ2・パキスタン1・カナダ2・米国3・フィジー1
 [居住地] 埼玉3・千葉2・東京4・神奈川2・石川1・岐阜1・大阪3・兵庫1・島根2・山口1・福岡2・沖縄2
08月10日:症状 有11 無25=陽性36人 20524・20525・20526・20527・20528・20529・20520・20521・20522・20523・20524・20525・20526・20527・20528・20529・20530・20531・20532・20533・20534・20535・20536・20537・20538・20539・20540・20541・20542・20543・20544・20545・20546・20547・20548・20549・20550・20551・20552・20553・20554・20555・20556・20557・20558・20559
 [空港別] 成田18・羽田6・中部8・関空3・福岡1
 [男女別] 男20・女16
 [年代別] 10下9・20代8・30代9・40代4・50代3・60代0・70代3・80上0
 [渡航元] ベトナム21・インド2・スリランカ1・トルコ/イラン3・ウズベキスタン4・ロシア/ウズベキスタン1・フランス1・ベルギー/ドイツ/スイス1・米国2
 [居住地] 岩手1・福島1・埼玉3・東京9・神奈川4・長野3・山梨1・静岡5・石川2・愛知3・三重1・大阪1・兵庫1・佐賀1
08月11日:症状 有11 無22=陽性33人 20560・20561・20562・20563・20564・20565・20566・20567・20568・20569・20570・20571・20572・20573・20574・20575・20576・20577・20578・20579・20580・20581・20582・20583・20584・20585・20586・20587・20588・20589・20590・20591・20592
 [空港別] 成田12・羽田8・中部3・関空8・福岡2
 [男女別] 男21・女12
 [年代別] 10下4・20代16・30代8・40代2・50代2・60代0・70代1・80上0
 [渡航元] ベトナム18・タイ1・カンボジア/タイ/ベトナム1・インド4・スリランカ1・パキスタン2・トルコ1・ハンガリー/ポルトガル1・米国4
 [居住地] 茨城2・群馬3・東京8・神奈川4・山梨1・愛知4・大阪4・兵庫4・香川1・熊本1・沖縄1





空港検疫でのCOVID-19陽性確認数(到着日ベース)
・2020年4月3日〜2022年8月11日着累計(861日間):20,509人  
・本日発表された空港検疫での陽性者数:33人  
 [入国時陽性分と推定] 8月11日着 33人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し
(参考)2022年5月25日着〜5月31日着7日間:陽性者764人(109.1人/日)
(参考)2022年6月01日着〜6月07日着7日間:陽性者68人(9.7人/日)▼激減


それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
少ないように見える数字に騙されやすいですが、検体数が著しく少ない中での数値であることに注意が必要です。
超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





有症状者状況
・累計:有症状3,995人・無症状16,514人=無症状率80.5%  
・本日発表された空港検疫での有症状者数:11人  
(参考)2022年5月25日着〜5月31日着7日間:有症状者188人(26.8人/日)
(参考)2022年6月01日着〜6月07日着7日間:有症状者14人(2.0人/日)▼激減


20560 福岡 8月11日 20代 女性 熊本県 ベトナム 咳、咽頭痛
20562 中部 8月11日 10歳未満 女性 愛知県 ベトナム 発熱
20564 中部 8月11日 20代 男性 愛知県 ベトナム 発熱
20571 関空 8月11日 50代 女性 兵庫県 米国 発熱、倦怠感
20572 関空 8月11日 20代 女性 兵庫県 米国 発熱
20573 羽田 8月11日 20代 女性 東京都 インド 発熱、咽頭痛、下痢
20574 羽田 8月11日 30代 男性 東京都 ベトナム 咽頭痛
20575 羽田 8月11日 30代 男性 東京都 インド 咳、咽頭痛
20577 羽田 8月11日 40代 男性 東京都 タイ 発熱、咳
20580 羽田 8月11日 70代 女性 東京都 トルコ 発熱
20582 成田 8月11日 20代 男性 東京都 ベトナム 頭痛

(入国時検査に当たる8月11日着以降)
ベトナム:成田・羽田・中部・福岡まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
インド:羽田まで直行便で8時間程度の飛行で、機内発症か微妙です。
タイ:羽田まで直行便で8時間未満の飛行で、機内発症か微妙です。
その他各国は直行便・乗継便いずれも10時間程度以上の飛行で、機内発症とみられます。(米国は機内発症か微妙な短距離路線としてグアムが含まれています)

それにしても異常に異常に異常に異常過ぎる多さが続いています。
72時間前までに陰性を確認した人たちの集団なのに、何故か有症状事例が異常に多いです。
超極少の検体数で、この超大人数の有症状陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。





国別陽性確認数
・10人以上の超危険国:ベトナム18.3人*  
・5人以上の危険国:該当無し  
(参考)2022年5月25日着〜5月31日着7日間:米国353.2人/ベトナム39.5人/タイ39.3人
(参考)2022年6月01日着〜6月07日着7日間:米国4人/ベトナム29.5人/タイ0.5人黄国横ばい/▼青国ほぼ消滅


・複数国滞在者:2人  
(参考)2022年5月25日着〜5月31日着7日間:複数国滞在者79人(11.3人/日)
(参考)2022年6月01日着〜6月07日着7日間:複数国滞在者3人(0.4人/日)▼ほぼ消滅


ここ1か月ほど、6月以前と比べ、複数国滞在者が減少傾向にある気がします。まだ大陸間移動者などもポツポツ出てはいるものの、トルコやドイツ、フランスなど乗り継ぎ滞在で仕方なく複数国滞在になっていると思われる事例が多いです。
帰国前に周遊するのを自重している人が増えたとか、複数国周遊の出張・旅行が減少傾向なのかもしれません。



・青国からの陽性者:6.2人*  
・青国のうち無症状:米国2人  
検査も隔離も不要な安全国と認定されているはずなのに、ここのところ多過ぎます。異常過ぎます。

検査も隔離も不要な安全国である青国からの「無症状」陽性が多過ぎます。異常過ぎます。
米国の無症状者は、東京居住と神奈川居住でした。またキチ有都県です。
それにしても入国時検査が必要ない青国なのに、無症状で検査をして陽性とは、謎謎謎です。しかも、検体数激減の中で、こんなにも大量に謎事例が出るなど、天文学的確率の謎です。何か告知できないような特別運用している可能性がありますね。




団体感染疑い状況
・団体感染が疑われる事例:7組12人  
(1)連番確認(同一日同一空港着同一国からの同一地域居住者=同一団体疑い):4組10人
・20565 関空 8月11日 20代 男性 大阪府 ベトナム 無症状
 20566 関空 8月11日 20代 女性 大阪府 ベトナム 無症状
 20567 関空 8月11日 30代 男性 大阪府 ベトナム 無症状
・20571 関空 8月11日 50代 女性 兵庫県 米国 発熱、倦怠感
 20572 関空 8月11日 20代 女性 兵庫県 米国 発熱
・20584 成田 8月11日 50代 男性 茨城県 パキスタン 無症状
 20585 成田 8月11日 30代 女性 茨城県 パキスタン 無症状
・20590 成田 8月11日 30代 男性 群馬県 ベトナム 無症状
 20591 成田 8月11日 30代 女性 群馬県 ベトナム 無症状
 20592 成田 8月11日 10歳未満 男性 群馬県 ベトナム 無症状

(2)10歳未満(同行者がいる団体感染すり抜け疑い):3人(※は上記のうちの1人)
20562 中部 8月11日 10歳未満 女性 愛知県 ベトナム 発熱
20583 成田 8月11日 10歳未満 男性 東京都 カンボジア、タイ、ベトナム 無症状
20592 成田 8月11日 10歳未満 男性 群馬県 ベトナム 無症状※

(参考)2022年5月25日着〜5月31日着7日間:団体感染疑い111組221人(29.7人/日)
(参考)2022年6月01日着〜6月07日着7日間:団体感染疑い13組20人(2.9人/日) ▼激減


団体疑い、10歳以下が異常に増加しています。
ここのところ、多人数団体疑いで、有症状者が多い印象です。感染しやすいあるいは感染防止が甘い集団が多い可能性があります。





強制隔離中の影響
・強制隔離中の陽性とみられる事例:0人(全体の0%)  

・対象国増2021年3月5日-2021年9月19日200日間 強制隔離中陽性563人(2.8人/日)
・対象国減2021年9月20日-2021年11月7日49日間 強制隔離中陽性79人(1.6人/日)
・対象国減2021年11月8日-2021年11月26日19日間 強制隔離中陽性23人(1.2人/日)
・対象国増2021年11月27日-2022年2月28日94日間 強制隔離中の陽性2,151人(22.8人/日)
・対象国減2022年3月1日着-2022年4月28日着の59日間 強制隔離中陽性840人(14.2人/日)
・対象国減2022年4月29日着-2022年5月31日着の33日間 強制隔離中陽性22人(0.7人/日)

・対象国壊滅2022年6月1日着-2022年8月8日着の69日間 強制隔離中陽性35人(0.5人/日)

空港検疫の結果から、水際緩和が異常に危険であることが示されてしまいました。
激減を喜びたかったですが、単に大量すり抜けとなったであろうことがほぼ確実なだけに、全く喜べませんね。非常に危険です。





大量すり抜け危機勃発
結果を見れば一目瞭然
隔離規制緩和は大失敗!!!
結局、隔離規制をしないとダメなんです。


新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27380.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 23:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする

国際線_運航中路線8/12

■国際線 運航中路線 8月12日更新

新型コロナウイルス感染症パンデミックに伴う需要急減で国際線では大幅な欠航が生じています。
運航が継続しているまたは再開した路線について、航空会社公式サイト、空港公式サイト、都道府県公式サイト、現地大使館公式サイトで発表されている情報で確認できた内容をまとめています。
個人で調べているため、反映しきれていない部分がありますのでご了承ください。


・状況は毎日変化しています。状況により運休していることがあります。
 あくまでも参考程度でご覧いただき、正確な情報は公式サイト等で各自ご確認ください。

下記は定期的に運航されている便のみです。このほかに政府や地元日本人会等が手配する帰国用チャーター便が単発的に複数運航されていますので、旅レジに登録し、各国大使館の発出する情報を確認することをお勧めします。

■8/1時点で定期的な双方向国際線旅客便の就航が確認できた空港
・新千歳
・成田国際
・東京国際
・中部国際
・関西国際
・福岡
・那覇 ※8/2〜再開


■8/1時点で定期的な双方向の運航が確認できた国際線旅客便
※一部日程で欠航予定の路線があります、一部臨時便も記載
※8/1現在新規に就航が確認できたものを加えています。(新規に欠航になったものは未反映です)
<東アジア>
韓国路線は成田国際、関西国際到着に限定中、他空港も順次再開(日本の規制)
・東京国際-ソウル GMP(金浦):KAL週7
・東京国際-ソウル GMP(金浦):AAR週7
・東京国際-ソウル GMP(金浦):JAL週7
・東京国際-ソウル GMP(金浦):ANA週7 ※7/31迄週2
・新千歳 -ソウル ICN(仁川):KAL週2
・新千歳 -ソウル ICN(仁川)★:TWB週7
・成田国際-ソウル ICN(仁川)★:TZP週7 ※10/30〜週6
・成田国際-ソウル ICN(仁川):KAL週14
・成田国際-ソウル ICN(仁川):AAR週14 ※7/31迄週10、8/17〜週11
・成田国際-ソウル ICN(仁川):JNA週7
・成田国際-ソウル ICN(仁川):TWB週7
・成田国際-ソウル ICN(仁川):JJA週7 ※7/31迄週4
・成田国際-ソウル ICN(仁川)★:ABL週7 ※8/9迄週2
・中部国際-ソウル ICN(仁川):KAL週4
・中部国際-ソウル ICN(仁川):AAR週4 ※7/31迄週2、8/17〜週2
・関西国際-ソウル ICN(仁川):AAR週7
・関西国際-ソウル ICN(仁川):KAL週7
・関西国際-ソウル ICN(仁川):JJA週7 ※7/31迄週4
・関西国際-ソウル ICN(仁川):JNA週7
・関西国際-ソウル ICN(仁川):TWB週7
・関西国際-ソウル ICN(仁川)★:ABL週7 ※8/11迄週2、9/15〜週3
・関西国際-プサン :ABL週4 ※8/3迄週2
・福岡  -ソウル ICN(仁川):JNA週3 ※8/11迄週2
・福岡  -ソウル ICN(仁川):AAR週5 ※8/17〜週3
・福岡  -ソウル ICN(仁川):KAL週3
・福岡  -ソウル ICN(仁川):TWB週7
・福岡  -ソウル ICN(仁川)★:ABL週2
・福岡  -ソウル ICN(仁川):JJA週2 ※8/10〜再開
・福岡  -プサン :ABL週2 ※8/1迄週1
・那覇  -ソウル ICN(仁川):TWB週3 ※8/2〜再開
中国路線は成田国際、関西国際到着に限定中、他空港も順次再開(日本の規制)/1社週1往復+感染者無輸送運航継続による段階的許可便数迄に限定中(中国の規制)
・成田国際-北京 PEK(首都):ANA週1 ※7/31迄日本着のみ週1、8/18〜日本発週1・日本着週2
・成田国際-哈爾浜 :SJO週1
・成田国際-大連  :JAL週3 ※9/1〜週2
・成田国際-天津  :SJO週0.5 ※2週に1往復
・成田国際-天津  :JAL週1
・関西国際-天津  :GCR週1
・成田国際-青島  :ANA週1
・成田国際-上海 PVG(浦東):ANA週1
・成田国際-上海 PVG(浦東):CQH週1 ※7/31迄日本発済南行に変更、8/1〜日本発週1再開
・成田国際-上海 PVG(浦東):CCA週1 ※7/31迄日本発太原行に変更、8/4〜日本発週1再開
・成田国際-上海 PVG(浦東):CES週1 ※7/31迄日本発昆明行に変更、8/5〜日本発週1再開
・成田国際-杭州  :ANA週1
・成田国際-杭州  :CCA週1
・成田国際-南京  :SJO週0.5 ※2週に1便
・成田国際-福州  :CXA週2
・成田国際-広州  :ANA週1
・成田国際-広州  :CSN週1
・成田国際-深圳  ★:ANA週1
・成田国際-深圳  :CSZ週1
・成田国際-香港  :ANA週3
・成田国際-香港  :JAL週7.5 ※日本発週5・日本着週10
・成田国際-香港  :CPA週4
・成田国際-香港  :HKE週1 ※6/24〜再開
・関西国際-香港  :CPA週2
・福岡  -香港  :HKE週1 ※8/4〜再開
・成田国際-西安  :CES週1
・東京国際-台北 TSA(松山):ANA週3
・東京国際-台北 TSA(松山):JAL週6
・東京国際-台北 TSA(松山):CAL週7
・成田国際-台北 TPE(桃園):JAL週1.5 ※日本発週1・日本着週2
・成田国際-台北 TPE(桃園):EVA週3 ※8/23〜週4
・成田国際-台北 TPE(桃園):CAL週3 ※8/20〜週4
・成田国際-台北 TPE(桃園)★:SJX週2
・成田国際-台北 TPE(桃園):TTW* ※月1程度
・成田国際-台北 TPE(桃園):TGW週4
・中部国際-台北 TPE(桃園):CAL週2 ※8/30〜週3
・関西国際-台北 TPE(桃園):EVA週3 ※8/20〜週4
・関西国際-台北 TPE(桃園):CAL週3 ※8/19〜週4
・関西国際-台北 TPE(桃園)★:SJX週4 ※8/5迄週3
・関西国際-台北 TPE(桃園):TTW* ※月1程度
・福岡  -台北 TPE(桃園):EVA週2 ※8/24〜週3
・福岡  -台北 TPE(桃園):CAL週2 ※8/19〜週3
・福岡  -台北 TPE(桃園)★:SJX週2
・成田国際-ウランバートル:MGL週5
・成田国際-ウランバートル★:MNG2週に1往復
<東南アジア>
・成田国際-マニラ :ANA週7
・成田国際-マニラ :JAL週12.5 ※日本発週13・日本着週14、9/27〜日本発週14・日本着週15
・成田国際-マニラ :PAL週10
・成田国際-マニラ :CEB週3
・東京国際-マニラ :ANA週7
・東京国際-マニラ :PAL週7
・東京国際-マニラ :JAL週3.5 ※日本発週4・日本着週3
・中部国際-マニラ :PAL週5
・中部国際-マニラ :CEB週4
・関西国際-マニラ :PAL週7
・関西国際-マニラ :CEB週2
・福岡  -マニラ :PAL週7
・福岡  -マニラ :CEB週3
・成田国際-セブ  :PAL週7
・成田国際-ハノイ :ANA週7
・成田国際-ハノイ :JAL週7
・成田国際-ハノイ :HVN週3
・成田国際-ハノイ :VJC週7
・成田国際-ハノイ :BAV週4
・東京国際-ハノイ :HVN週4
・中部国際-ハノイ :HVN週4
・中部国際-ハノイ ★:VJC週4
・関西国際-ハノイ :HVN週5
・関西国際-ハノイ :VJC週7
・福岡  -ハノイ :HVN週2
・福岡  -ハノイ :VJC週3
・成田国際-ホーチミン:ANA週11 ※9/1〜週7
・成田国際-ホーチミン:JAL週7
・成田国際-ホーチミン:HVN週4
・成田国際-ホーチミン:VJC週7
・東京国際-ホーチミン:JAL週7
・東京国際-ホーチミン:ANA週7
・中部国際-ホーチミン:HVN週2
・関西国際-ホーチミン:HVN週3
・関西国際-ホーチミン:VJC週7
・福岡  -ホーチミン:HVN週2
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム)★:TZP週7
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム):JAL週10 ※7/31迄日本発12・日本着10
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム):ANA週14 ※9/2〜週7
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム):THA週14
・成田国際-バンコク BKK(スワンナプーム)★:TAX週2
・東京国際-バンコク BKK(スワンナプーム):ANA週10
・東京国際-バンコク BKK(スワンナプーム):JAL週9
・東京国際-バンコク BKK(スワンナプーム):THA週7
・中部国際-バンコク BKK(スワンナプーム):THA週5
・関西国際-バンコク BKK(スワンナプーム):JAL週1
・関西国際-バンコク BKK(スワンナプーム):THA週7
・福岡  -バンコク BKK(スワンナプーム)★:VTJ週3
・成田国際-ヤンゴン:MMA週1 ※臨時便
・成田国際-クアラルンプール:ANA週7
・成田国際-クアラルンプール:JAL週7
・成田国際-クアラルンプール:MAS週4
・成田国際-シンガポール:AJX(ANA)週7
・成田国際-シンガポール:JAL週7
・成田国際-シンガポール★:TZP週5 ※9/1〜週3
・成田国際-シンガポール:SIA週14
・成田国際-シンガポール:TGW週7 ※8/1〜再開
・成田国際-シンガポール:TGW週4 ※台北桃園経由便
・東京国際-シンガポール:ANA週7
・東京国際-シンガポール:JAL週7 ※7/31迄週5
・東京国際-シンガポール:SIA週7
・中部国際-シンガポール:SIA週3
・関西国際-シンガポール:SIA週7
・福岡  -シンガポール:SIA週2
・成田国際-ジャカルタ:JAL週12
・成田国際-ジャカルタ★:ANA週7
・東京国際-ジャカルタ:ANA週4
・東京国際-ジャカルタ:GIA週2
<南アジア・中央アジア・西アジア>
 ロシア路線はロシアによるウクライナ侵略に伴う欠航が相次いでいます。
・成田国際-カトマンズ:RNA週1
・成田国際-デリー :JAL週1 ※9/28〜長期欠航
・成田国際-デリー :AIC週3
・東京国際-デリー :ANA週4
・東京国際-デリー :JAL週3 ※9/28〜週4
・東京国際-デリー ★:VTI週1
・成田国際-ムンバイ:ANA週3
・成田国際-ベンガルール★:JAL週3 ※7/31迄週2
・成田国際-コロンボ:ALK週4
・成田国際-ドーハ :QTR週7
・成田国際-アブダビ:ETD週3
・成田国際-ドバイ :UAE週5
・関西国際-ドバイ :UAE週4
・東京国際-イスタンブール★:THY週7
<ヨーロッパ>
 欧州路線はロシアによるウクライナ侵略に伴う迂回・欠航が相次いでいます。(▼は侵略の影響による減便中の路線)
・成田国際-ヘルシンキ:FIN週7 ※10/29迄予定決定
・東京国際-ヘルシンキ★:JAL週4 ※9/30迄予定決定
・成田国際-ワルシャワ:LOT週1 ※10/23迄予定決定
・成田国際-ウィーン:AUA週3 ※10/27迄予定決定
・成田国際-フランクフルト:JAL週5 ※9/30迄予定決定
・東京国際-フランクフルト:ANA週10 ※10/29迄予定決定
・東京国際-フランクフルト:DLH週3 ※10/29迄予定決定
・東京国際-ミュンヘン:DLH週5 ※10/29迄予定決定
・成田国際-チューリヒ:SWR週4 ※8/29迄予定決定
▼成田国際-アムステルダム:KLM週4→▼KLM週2(ソウル仁川経由・経由時再保安検査必要) ※10/29迄予定決定
▼関西国際-アムステルダム:KLM週2→▼KLM週2(ソウル仁川経由・経由時再保安検査必要) ※10/29迄予定決定
・成田国際-ブリュッセル:ANA週2 ※10/29迄予定決定
・成田国際-パリ  :AFR週5 ※10/29迄予定決定
・東京国際-パリ  :JAL週7 ※9/30迄予定決定
・関西国際-パリ  :AFR週3 ※10/29迄予定決定
・東京国際-ロンドン LHR(ヒースロー):JAL週11 ※8/1迄週10、9/30迄予定決定
・東京国際-ロンドン LHR(ヒースロー):ANA週7 ※10/29迄予定決定
<アフリカ>
・成田国際-アディスアベバ:ETH週2 ※韓国乗り入れ禁止に伴う一時措置
<北米・中南米>
・成田国際-バンクーバー:JAL週5 ※7/31迄週4
・成田国際-バンクーバー★:ANA週5
・成田国際-バンクーバー:ACA週7
・成田国際-トロント:ACA週5
・成田国際-モントリオール:ACA週2
・成田国際-ワシントンD.C.★:ANA週3.5 ※日本発週4・日本着週3
・成田国際-ボストン:JAL週7 ※7/31迄週5
・成田国際-ニューヨーク JFK(ジョンFケネディ)★:JAL週3
・東京国際-ニューヨーク JFK(ジョンFケネディ):JAL週7
・東京国際-ニューヨーク JFK(ジョンFケネディ):ANA週7
・成田国際-ニューアーク:UAL週7
・東京国際-デトロイト:DAL週3 ※
・中部国際-デトロイト:DAL週1
・成田国際-シカゴ :ANA週12.5 ※日本発週12・日本着週13、7/31迄週7、9/1〜週7
・成田国際-シカゴ ★:JAL週5 ※日本発週6・日本着週4、7/31迄週4、9/1〜日本発週4・日本着週3
・東京国際-シカゴ :JAL週3
・東京国際-シカゴ :UAL週7
・東京国際-アトランタ:DAL週4 ※
・成田国際-ヒューストン★:ANA週6.5 ※日本発週7・日本着週6、8/31〜日本発週4・日本着週3
・成田国際-ヒューストン:UAL週4
・成田国際-ダラス ★:JAL週4
・成田国際-ダラス :AAL週7
・東京国際-ダラス :JAL週3
・東京国際-ダラス ★:AAL週3
・成田国際-シアトル:JAL週7
・成田国際-シアトル★:ANA週4
・東京国際-シアトル:DAL週4
・成田国際-サンフランシスコ★:JAL週7
・成田国際-サンフランシスコ★:ANA週7
・成田国際-サンフランシスコ:UAL週7
・東京国際-サンフランシスコ★:ANA週5
・東京国際-サンフランシスコ:JAL週3
・成田国際-ロサンゼルス:ANA週7
・成田国際-ロサンゼルス:JAL週8.5 ※日本発週9・日本着週8、7/31迄週7、8/15〜日本発週10・日本着週9
・成田国際-ロサンゼルス★:TZP週7
・成田国際-ロサンゼルス:UAL週7
・成田国際-ロサンゼルス:SIA週7
・東京国際-ロサンゼルス:JAL週7
・東京国際-ロサンゼルス:AAL週7
・東京国際-ロサンゼルス:ANA週10
・関西国際-ロサンゼルス:JAL週1.5 ※日本発週1・日本着週2
・成田国際-サンディエゴ:JAL週4
・成田国際-ホノルル:TZP週7 ※9/1〜週3
・成田国際-ホノルル:JAL週8 ※7/31迄週6、8/21〜週7、10/1〜週8
・成田国際-ホノルル:ANA週2
・成田国際-ホノルル:HAL週7 ※7/31迄週4、9/1〜週6
・東京国際-ホノルル:ANA週5
・東京国際-ホノルル:JAL週14 ※7/31迄週11
・東京国際-ホノルル:HAL週7 ※8/2〜再開、9/1〜週6
・中部国際-ホノルル:JAL週2 ※8/1〜再開、8/25〜週1
・関西国際-ホノルル:JAL週4 ※7/31迄週1
・関西国際-ホノルル:HAL週7 ※7/31迄週1
・成田国際-コナ  :JAL週3 ※8/2〜再開
・成田国際-グアム :JAL週2 ※8/4〜再開
・成田国際-グアム :UAL週14
・中部国際-グアム :UAL週2 ※8/1〜再開
・関西国際-グアム :UAL週3
・福岡  -グアム :UAL週2 ※8/4〜再開
・成田国際-メキシコシティ:ANA週7
<オセアニア・太平洋>
・東京国際-シドニー:ANA週7
・東京国際-シドニー:JAL週5
・成田国際-ケアンズ:JST週5
・関西国際-ケアンズ:JST週4
・成田国際-ゴールドコースト:JST週3 ※8/2〜再開
・成田国際-メルボルン:JAL週2 ※9/1〜週3
・成田国際-オークランド:ANZ週1
・成田国際-ヌメア :ACI週4

■8/1時点で片方向の運航が確認できた国際線旅客便
※一部日程で欠航予定の路線があります、一部臨時便も記載
※8/1現在新規に就航が確認できたものを加えています。(新規に欠航になったものは未反映です)
日本発→現地着のみ(現地発→日本着は欠航)
・成田国際→大連  :CHH週0.5 ※日本着のみ週1、7/13〜再開
・関西国際→大連  :DKH週0.5 ※日本発のみ週1 ※8/31迄運航確定(日本発上海行からの変更)
・東京国際→広州  :JAL週0.5 ※日本発のみ週1、6/10〜日本発のみ再開
・東京国際→香港  :JAL週2.5 ※日本発のみ週5

現地発→日本着のみ(日本発→現地着は欠航)
・成田国際←北京 PEK(首都):CHH週0.5 ※日本着のみ週1、7/13〜再開
・関西国際←上海 PVG(浦東):DKH週0.5 ※日本着のみ週1 ※8/31迄日本発大連行に変更確定
・成田国際←広州  ★:JAL週0.5 ※日本着のみ週1、6/9迄週1


========================
■近日中に国際線定期便が再開になる予定の空港
-

■近日中に再開になる予定の路線は新規路線)
・関西国際-香港  :HKE週1 ※8/14〜再開予定
・東京国際-クアラルンプール★:MAS週2 ※8/15〜再開予定
・成田国際←上海 PVG(浦東):JAL週0.5 ※日本着のみ週1、8/20〜再開予定
・成田国際-北京 PEK(首都):CCA週1 ※8/23〜再開予定
・新千歳 -台北 TPE(桃園):CAL週2 ※8/23〜再開予定
・関西国際-ソウル ICN(仁川):APJ週3 ※8/28〜再開予定
・成田国際-ダナン :HVN週3 ※9/1〜再開予定
・成田国際-サイパン★:UAL週3 ※9/1〜就航予定
・関西国際-台北 TPE(桃園):APJ週2 ※9/16〜再開予定
・成田国際-台北 TPE(桃園):APJ週2 ※9/22〜再開予定

■近日中に欠航になる予定の路線
-

■ロシアによるウクライナ侵略に伴う欠航路線
・東京国際-モスクワ SVO(シェレメチェボ)★:JAL週7→9/30迄 欠航決定
・東京国際-モスクワ SVO(シェレメチェボ):AFL週1→8/1以降も欠航継続
・成田国際-ウラジオストク:SHU週1→8/31迄 欠航決定
・関西国際-ヘルシンキ:FIN週3→8/1以降も欠航継続
・東京国際-コペンハーゲン★:SAS週1→8/1以降も欠航継続
・東京国際-パリ  :ANA週3→8/20迄 欠航決定、8/21〜再開(7月中も単発運航あり)、10/29迄予定決定
・東京国際-パリ  :AFR週3→9/7迄 欠航決定、9/8〜再開予定

 JAL https://www.jal.co.jp/jp/ja/info/2022/other/220303/index.html
 ANA https://www.ana.co.jp/asw/topinfo/info.jsp?infoID=i20220224205430&info_tool_flag=1
 AFL https://www.aeroflot.ru/ru-ru/cancellations
 SHU 公式サイトでは確認できず / 日本総代理店で情報発信有 https://uts-air.com/aurora/info/20220308487/
 FIN https://www.finnair.com/jp-ja/japan-information / 日本支社公式Twitter更新細かいです https://twitter.com/finnairjapan
 SAS https://www.flysas.com/jp-ja/traffic-information/message/
 LOT https://www.lot.com/pl/en/explore/coronavirus-travel-information/procedure-rebooking-refund-ukraine
 DLH https://www.lufthansa.com/xx/en/flight-information.html / 日本路線時刻表(随時更新) https://www.lufthansa.com/jp/ja/local-page/schedule-for-japan-routes
 SWR https://www.swiss.com/ch/de/customer-support/breaking-news/entry-switzerland / 日本路線時刻表(随時更新) https://www.swiss.com/jp/ja/japan-route-schedule
 KLM https://www.klm.co.jp/information/bulletin-board/klmjapan-info
 AFR https://wwws.airfrance.co.jp/ja/information/meilleures-offres/info


<日本>
ANA/AJX https://www.ana.co.jp/ja/jp/
JAL https://www.jal.co.jp/jp/ja/
APJ https://www.flypeach.com/
JJP/JST/JSA https://www.jetstar.com/jp/ja/
SFJ https://www.starflyer.jp/
SJO https://jp.ch.com/
TZP https://www.zipair.net/
<東アジア>
AAR https://flyasiana.com/C/JP/JA/index
ASV https://flyairseoul.com/CW/ja/main.do
ESR https://www.eastarjet.com/newstar/PGWHC00001
JJA https://www.jejuair.net/jejuair/jp/main.do
JNA https://www.jinair.com/booking/index
KAL https://www.koreanair.com/
TWB https://www.twayair.com/app/main
CCA https://www.airchina.jp/JP/JP/
CDC https://www.loongair.cn/
CDG http://www.sda.cn/
CES/CSH https://jp.ceair.com/
CHB http://www.westair.cn/portal/
CHH https://www.hainanairlines.com/JP/JP/Home
CQH https://www.ch.com/
CSC http://global.sichuanair.com/JP-JP
CSN https://global.csair.com/JP/JP/
CSZ http://www.shenzhenair.com/
CXA https://www.xiamenair.com/ja-jp/
DER http://www.jdair.net/
DKH http://www.juneyaoair.com/
GCR https://www.tianjin-air.com/
LKE http://www.luckyair.net/
OKA https://www.okair.net/
CPA/HDA https://www.cathaypacific.com/cx/ja_JP.html
CRK https://www.hongkongairlines.com/ja_JP/homepage
HKE https://www.hkexpress.com/ja/
AMU https://airmacau.jp/
CAL/MDA https://www.china-airlines.com/jp/jp
EVA https://www.evaair.com/ja-jp/
TTW https://web.tigerairtw.com/jp/
SJX https://www.starlux-airlines.com/ja-JP
MGL http://www.miat.com/index.php?lang=jp
MNG https://www.aeromongolia.mn/en/
<東南アジア>
CEB https://www.cebupacificair.com/ja-jp
PAL https://www.philippineairlines.com/ja-jp/jp/home
BAV https://www.bambooairways.com/global-en/
HVN https://www.vietnamairlines.com/jp/ja/home
VJC https://www.vietjetair.com/Sites/Web/ja-JP/Home
PIC https://www.pacificairlines.com/vn/vi/
THA https://www.thaiairways.com/ja_JP/index.page
TLM https://www.lionairthai.com/jp/
RBA https://www.flyroyalbrunei.com/japan/ja/
MAS https://www.malaysiaairlines.com/
MXD https://www.malindoair.com/
EZD/TAX/XAX https://www.airasia.com/ja/jp
GIA https://www.garuda-indonesia.com/jp/ja/index
SIA/SLK https://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/home
TGW https://www.flyscoot.com/jp/
<南アジア・中央アジア・西アジア>
RNA https://nepalairlines.com.np/home/
AIC http://www.airindia.in/→在インド日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.in.emb-japan.go.jp/
VTI https://www.airvistara.com/in/en→在インド日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.in.emb-japan.go.jp/
ALK https://www.srilankan.com/en_uk/
QTR https://www.qatarairways.com/ja-jp/homepage.html→在カタール日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.qa.emb-japan.go.jp/
UAE https://www.emirates.com/jp/japanese/
ETD https://www.etihad.com/ja-jp/
THY https://www.turkishairlines.com/ja-jp/
UZB https://www.uzairways.com/en→在ウズベキスタン日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.uz.emb-japan.go.jp/
VSV http://www.scat.kz/en/
AFL https://www.aeroflot.ru/jp-en/
SBI https://www.s7.ru/en/
SHU https://www.flyaurora.ru/jp/→在ユジノサハリンスク日本国総領事館公式サイトで情報有(https://www.sakhalin.ru.emb-japan.go.jp/
<ヨーロッパ>
FIN https://www.finnair.com/jp-ja
SAS https://www.flysas.com/jp-ja/→在デンマーク日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.dk.emb-japan.go.jp/
LOT https://www.lot.com/jp/ja→在ポーランド日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.pl.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
DLH https://www.lufthansa.com/→在ドイツ日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.de.emb-japan.go.jp/
AUA https://www.austrian.com/?sc_lang=ja&cc=JP
SWR https://www.swiss.com/jp/JA
KLM https://www.klm.com/home/jp/ja
AFR https://www.airfrance.co.jp/JP/ja/
BAW https://www.britishairways.com/travel/home/public/ja_jp/→在英国日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.uk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
ITY https://www.itaspa.com/content/itaspa/itaspa-pl/en/homepage.html
IBE https://www.iberia.com/jp/→在スペイン日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.es.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
<アフリカ>
MSR https://www.egyptair.com/en/Pages/HomePage.aspx→在エジプト日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.eg.emb-japan.go.jp/)臨時便情報豊富
ETH https://www.ethiopianairlines.com/jp/ja
<北米・中南米> 
ACA https://www.aircanada.com/jp/ja/aco/home.html#/
AAL https://www.americanairlines.jp/intl/jp/index.jsp?locale=ja_JP
DAL https://ja.delta.com/jp/ja
HAL https://www.hawaiianairlines.co.jp/
UAL https://hub.united.com/c/japan
AMX https://aeromexico.jp/
<オセアニア・太平洋>
QFA https://www.qantas.com/jp/ja.html→在オーストラリア日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
VOZ https://www.virginaustralia.com/jp/en/→在オーストラリア日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.au.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
ANZ https://www.airnewzealand.jp/
ACI https://jp.aircalin.com/jp/
ANG http://www.airniugini.jp/
FJI https://www.fijiairways.com/ja-jp/→在フィジー日本国大使館公式サイトで情報有(https://www.fj.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
THT https://www.airtahitinui.com/jp-ja

再欠航路線
08/01
・成田国際→太原  :CCA週0.5 ※日本発のみ週1 ※7/31迄運航確定(日本発上海行からの変更)※8/1〜長期欠航
・成田国際→済南  :CQH週0.5 ※日本発のみ週1 ※7/31迄運航確定(日本発上海行からの変更)※8/1〜長期欠航
・成田国際→昆明  :CES週0.5 ※日本発のみ週1 ※7/31迄運航確定(日本発上海行からの変更)※8/1〜長期欠航

**/**(**/**現在欠航確認)

再開延期
・成田国際-バンダルスリブガワン:RBA週2 ※8/3〜再開予定

posted by johokotu at 22:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ◆ダイヤの話題 | 更新情報をチェックする

緊急警報!33人!越国止まらず

緊急警報! 本日発表分陽性2桁!
[検体数] 異常 535件 入国者の97%無検査!
[陽性数] 異常 33人も異常発生
[罹患率] 異常 再び悪化気味?5.8%超 全世界赤国級!


      国際線到着空港      
  大量すり抜け危機でただただ危険  


空港検疫での入国者に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の検査で、本日発表分で2桁人数の感染が確認されました。



本日発表された空港検疫でのCOVID-19陽性確認数
・ 本日発表された空港検疫での陽性者数:33人  
 [入国時陽性分と推定] 8月11日着 33人
 [隔離後陽性分と推定] 該当無し

超極少の検体数で、この超大人数の陽性が出ているのに、黄国や赤国を増やそうとする動きすら一切無いなど、狂気の沙汰ですね。




本日発表された空港検疫でのCOVID-19国別陽性確認数(数の多い国)
・10人以上の超危険国:ベトナム18.3人*  
・5人以上の危険国:該当無し  

・青国からの陽性者:6.2人*  




昨日単日データでの罹患率
・昨日単日データでの罹患率:6.729%=陽性36人/検体535件  

昨日発表分の検体数が今日出ましたので、昨日単日データでの罹患率が出ました。
過去のデータから、入国後数日内陽性(強制隔離対象の時に強制隔離中に発症した人)が30〜40%程、完全なすり抜け陽性は15%程いるようですので、入国者の陽性率は、上記数字の1.3〜1.4倍ほどと推定されます。入国者の9%程が「検査対象国」の昨日の入国者の陽性率と推定できます。




直前7日間の罹患率
・直前7日間の罹患率:5.899%=陽性212人/検体3,594件  

本日発表された昨日分とみられる検体数と、昨日発表の陽性者数を踏まえ、直前7日間の罹患率(海港検疫含む、発表日ベース)を計算しました。

(参考)2022年5月25日着〜5月31日着7日間:1.067%=陽性765人/検体71,722件
(参考)2022年6月01日着〜6月07日着7日間:0.913%=陽性70人/検体7,664件


週間検体数が再び4千件を切り始めています。検査している人があまりにも少なすぎます。
週間陽性者数が再び210人/週(=30人/日)を超えてしまいました。
罹患率は5%台で、上下しながら横ばい気味です。
それでも17人に1人は陽性者。国際線到着空港は、異常に異常に異常に異常に異常に危険です。





これらの詳細内容は8月12日23時付でアップ予定の日々の記事で書く予定です。(更新は大幅に遅れる見込みです)



入国者のすり抜けが強く懸念される事態となっています
国際線の発着する空港への不要不急の来港や
入国者のお迎え、入国者との接触は今すぐ中止しませんか
入国者が乗車する可能性の高い空港直結鉄道の利用を今すぐ中止しませんか

入国者が7日間程度接触しなければウイルス付着させませんから
日本国内の人が7日間程度接触されなければウイルス付着させられませんから


空港検疫の結果を見れば一目瞭然
結果が全てを物語っています
やっぱり隔離をしなきゃダメなんです


新型コロナウイルス感染症の患者等の発生について(検疫)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27380.html
新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和4年8月12日版)(厚生労働省公式サイト)
https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_27374.html
ラベル:検疫 感染症
posted by johokotu at 19:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ◇COVID-19関連 | 更新情報をチェックする